1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/31(土) 21:50:55.67 ID:F8n2B3ld0
~娯楽部~

綾乃「歳納京子ー!」バーン

京子「お、綾乃じゃん~、どうしたの?」

綾乃「貴女ねえ、何時も何時も、本当にいい加減にしなさいよ!」

京子「え、どうしたの突然、今日はちゃんとプリントも出してたと思うけど…」

綾乃「プリントじゃないわよ!」

京子「えー、じゃあなんでそんなに怒ってるの?」

綾乃「…あのね、歳納京子」

京子「な、なに?綾乃、真剣な顔で」

綾乃「……貴女の存在自体に、本気で迷惑してるの、私」

綾乃「いい加減にして」

引用元: 綾乃「歳納京子って本当に迷惑よね」 


 

ゆるゆり うた♪ソロ!04「GO!GO!ミラクる」/歳納京子(CV.大坪由佳)
歳納京子(CV.大坪由佳)
ポニーキャニオン (2015-11-18)
売り上げランキング: 78,308
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/31(土) 21:54:23.55 ID:F8n2B3ld0
京子「え、え?私、何か綾乃に迷惑かける事しちゃった…かな…?」

綾乃「したわよ、してるわよ」

京子「……」

京子「あ、そ、そうか、これ冗談だよね?」

京子「私を脅かそうって言うんでしょ?あはははは、引っかかっちゃった!」

結衣「京子」

京子「な、なに、結衣まで真剣な顔で…」

結衣「ちゃんと本気で綾乃の言葉聞かないとだめだよ」

京子「え?」

結衣「正直に言うと、私も京子には迷惑してる」

京子「……え?え?」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/31(土) 21:56:52.27 ID:F8n2B3ld0
ちなつ「そうですね…私も、京子先輩には迷惑してます」

あかり「あははは…正直に言うと、あかりもなんだぁ…」

京子「……」

京子「え?」

結衣「……だめだ、綾乃、京子は全然自覚してないみたい」

綾乃「はぁ…どうやらそのようね、船見さん」

京子「あ、あの、冗談…だよね?みんなで、私に悪戯してるだけで…」

結衣「京子…!」ドンッ

京子「……!」ビクッ

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/31(土) 21:59:04.33 ID:F8n2B3ld0
結衣「いい加減にしろよ、京子…どんだけ自覚がないんだよ」

結衣「どれだけ他人に迷惑かければ気が済むんだ…!」

京子「ゆ、ゆいぃ…」ウルッ

綾乃「私達だけじゃないわ、古谷さんや、大室さんも迷惑してるのよ?」

京子「あ、あやのぉ…」グスン

結衣「泣くなよ、京子、そういう所が迷惑だって言ってるんだ」

京子「う、うう…だって、だって、私、そんな…」ゴシゴシ

結衣「…」チッ

京子「……」ビクッ

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/31(土) 22:04:45.01 ID:F8n2B3ld0
結衣「私達がどれだけ怒っても、京子に自覚がないなら意味無いな」

綾乃「そうね…じゃあ、これから順番に、歳納京子からどんな迷惑を受けたか、語って行きましょうか」

綾乃「そうすれば、歳納京子も自分がどれだけ他人に迷惑かけてるのか、自覚できるでしょうし」

京子「わ、わたし、そんな、皆に迷惑かけるような事…してないよぉ…」ヒック

京子「そ、そうだよね?ちなつちゃん、あかり…?」チラッ

ちなつ「…どの口がそれを言うんですか?」

京子「ち、ちなつちゃん…」

あかり「……本当だよ、京子ちゃん、今回はあかりでも庇いきれないかな…」

京子「あかりまで…」ウルッ

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/31(土) 22:07:36.31 ID:F8n2B3ld0
~数分後~

綾乃「歳納京子から迷惑をかけさせられた人達に集まって貰ったわ」

結衣「じゃあ、まず古谷さんから行く?前に言ってたよね?酷い事されたって」

向日葵「はい…」

京子「ひ、ひまっちゃん、私、何もしてないよね?ね?」

向日葵「……」キッ

京子「ひっ…!」ビクッ

向日葵「…あれは、私が本屋さんに出かけた日の事でした」

向日葵「歳納先輩が、後ろから音も無く近づいてきて…」

向日葵「私の胸を、その、後ろから鷲掴みに…」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/31(土) 22:11:16.13 ID:F8n2B3ld0
ちなつ「え?そ、それって公然の場でって事なの?向日葵ちゃん」

向日葵「そうです…不特定多数の人間が出入りする場所で、揉まれたんです…」

あかり「そ、そんな…」

向日葵「常識では、考えられないですよね…」

向日葵「他の誰かに見られるかもしれない場所で、そんな事をするなんて…」

向日葵「私、凄くショックを受けました…」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/31(土) 22:13:40.60 ID:F8n2B3ld0
結衣「京子、それに対して弁明は?」

京子「い、いや、あれは、その、スキンシップというか…」

向日葵「スキンシップで、おっぱいを揉むんですか、歳納先輩…」

向日葵「酷いです…本当に、私があの時、どんな気持ちだったのか…判ろうともしないで…」ウルッ

京子「ひ、ひまっちゃん…」

京子「ごめん、ひまっちゃん…確かに、やり過ぎだったよ…ごめん…」

向日葵「そ、それだけじゃないんです…」

ちなつ「え、向日葵ちゃん、他にも何かされたの?」

向日葵「は、はい…おっぱいを揉まれた後…」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/31(土) 22:16:24.80 ID:F8n2B3ld0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

京子「ふふ、ひまっちゃんのおっぱい、揉み応えがあるなあ…」モミモミ

向日葵「ちょ、歳納先輩、止めてください!こ、こんな人が来るかもしれない場所で…!」

京子「いいじゃない、ひまっちゃん…見せつけてあげようよ…」

向日葵「や、やめて!そ、そんな、服の中に手を入れて直接揉んでくるなんて…!」

京子「ふふふ、ひまっちゃん…気持ちいい?直接揉まれて気持ちいいの…?」

京子「…いやらしい子だよね、ひまっちゃんは…」チュッ

向日葵「ひっ!そ、そんな、気持ちいいわけ…ふぁんっ」

京子「そんな事言って…身体は正直だよ、ひまっちゃん…」

京子「この可愛いお耳も食べてあげる…」ハムッ

向日葵「だ、だめですわ、歳納先輩…だ、だめぇ…」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/31(土) 22:18:21.13 ID:F8n2B3ld0
向日葵「こんな感じで…弄られて…」

結衣「京子…まさかそんな事までやってたのか!」

京子「え、い、いや、そんな事やってないよ!やってないって!」

綾乃「さっきはスキンシップでやったって認めた癖に、数分も経たずに前言を撤回するのね、歳納京子…」

京子「い、いや、確かにおっぱいを揉んだのは事実だけど…」

結衣「ああ、やっぱりやってたんだな…」

京子「ち、ちがっ!それは…!」

ちなつ「京子先輩!」

京子「……!」

ちなつ「止めてください…これ以上は、向日葵ちゃんが可哀そう…」

向日葵「う、うう…」シクシク

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/31(土) 22:20:55.67 ID:F8n2B3ld0
結衣「じゃあ、次は、ちなつちゃんかな?」

ちなつ「…そうですね、私も、色々と京子先輩には迷惑かけさせられてますし」

京子「ち、ちなつちゃん…」

ちなつ「何時も、何時も、抱きついてきますよね」

ちなつ「抱きついてくるだけじゃなくて…その、キスを強要しようとしたりも、してます」

京子「あ、あれは…」

ちなつ「スキンシップだって言うんでしょ?京子先輩」

京子「う、うん…」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/31(土) 22:22:40.19 ID:F8n2B3ld0
ちなつ「確かに、相手が拒絶しないなら、スキンシップとして成り立ちます…」

ちなつ「けど、私は何度も何度も止めてくださいって言いました」

あかり「……うん、ちなつちゃん、何度も言ってたよね、あかり、聞いてた…」

ちなつ「けど…けど…」ウルッ

ちなつ「相手が先輩だからって理由で私が強く出れないのを良い事に…私に頬擦りしたり…」ヒック

ちなつ「お、押し倒そうとしたり…」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/31(土) 22:25:16.70 ID:F8n2B3ld0
ちなつ「そんな事されて、私がどんな気持ちだったか…京子先輩、判りますか…?」

京子「ち、ちなつちゃん…」

ちなつ「判らない…ですよね、京子先輩には…」

京子「ご、ごめん…ちなつちゃん…そ、そんなに嫌がってるなんて、私…」

ちなつ「そ、それだけじゃ、ないです…」

結衣「え、ちなつちゃん、もしかして私達が知らない所でもっと酷い事をされてたの…?」

ちなつ「はい…」

ちなつ「先日、京子先輩と部室で二人きりになった時に…」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/31(土) 22:27:44.94 ID:F8n2B3ld0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ちなつ「ちょっと、京子先輩、抱きついて来ないでくださいって何度も…」

ちなつ「そ、それに、その、胸が…当たってますよ…」

京子「ふふふ、私の小さな胸が気になるの?ちなつちゃんはえっちだなあ…」

ちなつ「な!?気、気になるわけないじゃないですか…!」

京子「えー、そんな寂しい事言わないでよ…私は、ちなつちゃんの小さな胸に興味あるよ…?」

ちなつ「やっ!胸触らないで…!」

京子「勿論、胸だけじゃなくて、お尻も…」サワッ

ちなつ「ひゃっ」

京子「可愛い首筋も…」チュッ

ちなつ「う、あんっ…」

京子「フルーツみたいな唇も、興味あるけどね…」チュッ

ちなつ「や、やめてください…わ、わたしには、ゆいせんぱいが…」

京子「結衣の事なんて、私が忘れさせてあげるから…だから、私の物になって、ちなつちゃん…」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/31(土) 22:30:02.39 ID:F8n2B3ld0
ちなつ「こ、こんな感じで、私の色んな所にキスマークを…」グスン

結衣「京子…お前、いい加減にしておけよ?」

京子「い、いや、そんなこと絶対やってないよ!?」

綾乃「抱きついたりしたのは認めた癖に…本当に歳納京子は前言を撤回するのが好きね」

あかり「京子ちゃん…ちなつちゃんに謝って?」

京子「や、やってないよ…そ、そんな、えっちな事…」

京子「だって、私、まだキスなんて、一度も…」モジモジ

あかり「京子ちゃん…!」

京子「あ、あかり?」

あかり「……今までは、あかりも我慢してたけど…あかりも、もう限界だよ」

京子「え、え?」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/31(土) 23:11:36.62 ID:F8n2B3ld0
あかり「京子ちゃん、何時もあかりの事を透明呼ばわりするよね…」

京子「う、うん、け、けどあれは、その…」

京子「あかりを構う為の特別な口実って言うか…その…」チラッ

あかり「……」ニコ

京子「ごめん…私が構う事が、嫌だったんだね…あかりは…」ショボン

あかり「…別に、嫌じゃないよ、京子ちゃんが構ってくれるのは…あかりは嬉しいし」

京子「あ、あかり…」パァッ

あかり「けどね、京子ちゃん、構ってくれるなら、他に方法があったと思うんだ…」

京子「あかり…?」

あかり「何時も何時も特別な扱いされると、凄く迷惑なの…」

京子「え…」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/31(土) 23:12:07.02 ID:F8n2B3ld0
あかり「友達なら、そんな特別な口実用意する必要ないよね、京子ちゃん」

あかり「つまり、あかりは京子ちゃんの友達じゃない…って言う事だよね」

あかり「そんな特別扱いされて、あかりがどんな気持ちだったか…」

京子「そ、そんな、特別扱いって、そう言う意味じゃ…」

ちなつ「京子先輩は、確かにあかりちゃんを特別扱いしてると思います…」

結衣「うん、私達に対する態度と、あかりに対する態度は明らかに違うからな」

あかり「それだけじゃないよ…」

あかり「あれは、あかりが京子ちゃんが掃除した後のトイレに駆け込んだ時の話だけど…」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/31(土) 23:25:10.78 ID:F8n2B3ld0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あかり「ふー、さっぱりしたよぉ…」ジャー

京子「~♪」キィー

あかり「え、え、京子ちゃん!?あ、あかり、入ってるよ!?」

京子「さて、掃除の続きするかなあ…隅々まで掃除してあげないとね…」ペロッ

あかり「あっ///きょ、京子ちゃん、首筋舐めないで///」

京子「あれえ、何かあかりの匂いがするなあ、気のせいかな?」クンクン

あかり「ふあああ…きょ、京子ちゃん、髪のにおい嗅がないでよぉ///」

京子「不思議だなあ、誰もいないのにあかりの良い匂いがする…どこからするんだろ、ここかな?」スリスリ

あかり「んっんっ、ひゃぁっ…く、くすぐったい///」

京子「うん?あかりの匂いがどんどん濃く…」モゾモゾ

あかり「きょ、京子ちゃん、胸元に顔埋めないで///」

あかり「ふぁぁっだ、だめだよぉ、あかり、あかり、もう立ってられないぉ…」ポー

京子「ふふふ、あかり、見ーつけたっ」チュッ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/31(土) 23:26:01.54 ID:F8n2B3ld0
あかり「こ、こんな感じで、あかりの、あかりのサクランボにずっとキスされてたの…」

京子「あかり、ど、どうしてそんな嘘つくの?」ウルッ

結衣「私はあかりを信じるよ…あかり、辛かったよね…」ナデナデ

あかり「う、ううう、結衣ちゃん、あ、あかり、あかりぃ…」グスン

綾乃「これで三人目…歳納京子、貴女、どれだけの人間に迷惑をかければ気が済むの?」

京子「綾乃も結衣も、信じてくれないんだ…」ヒック

綾乃「信じられないわよ…だって、私も歳納京子のせいで迷惑被ってるんだから」

京子「綾乃…」

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/31(土) 23:39:36.23 ID:F8n2B3ld0
綾乃「何時もプリントを忘れてきたり」

京子「ごめん…何時も、綾乃に甘えてたよね、ごめんなさい…」ウルッ

綾乃「私が持ってきてたプリンを勝手に食べたり」

京子「それも、ごめんね…今度、今度アイス奢るから、お願い、嫌わないで…」ヒック

綾乃「……」

京子「あ、あやの…?」ビクビク

綾乃「そういう、簡単に謝る所が、迷惑だって、言ってるのよ!」ドン

京子「ひっ…」

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/31(土) 23:41:11.74 ID:F8n2B3ld0
綾乃「何時も私が問い詰めたら簡単に笑って謝って、次の日にはまた同じ事して!」

綾乃「それの繰り返しでしょ!?」

京子「う、ううう…」グスン

綾乃「そんな事を何度も何度も何度も何度も繰り返して、私がどんな思いで…!」

京子「ふ、ふええ…あ、あやの、おこらないで、ごめん、ごめんよぉ…」ヒックヒック

綾乃「それだけじゃないわ!こないだなんて生徒会室で!」

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/31(土) 23:50:22.72 ID:F8n2B3ld0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

京子「綾乃~、プリン無いんだけど」

綾乃「そんな毎日は持ってきてないわよ…というか、私のプリンなんだから食べないで!」

京子「そういえばさ、綾乃って何時もプリンばっかり食べてるから、キスしたらプリンの味がするんじゃない?」

綾乃「そ、そんな訳…んむっ!?」

チューッ

京子「ぷはっ…ん、やっぱり、プリンの味がするや」

京子「もっと、食べさせてよ、綾乃のプリン」チュッ

綾乃「あっ///」

京子「んっ、美味しい、綾乃のプリン、美味しいよ…」チュッレロッ

綾乃「と、としのう…んっ、だ、だめよ、や、やめて///」

京子「止めないよ…だって、綾乃のプリン、凄く美味しいんだもん…」チューッ

京子「それに、あんまり抵抗してないじゃない、綾乃…本当は、綾乃も私に食べて貰いたいんでしょ?」ギュッ

綾乃「あっ…と、歳納京子、そ、そんなに強く抱きしめないで…私、私///」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 00:05:25.49 ID:wtaJr6Gx0
京子「う、うう、してないよ、そんなこと、してないよぉ…」ヒックヒック

結衣「京子…皆がこんなに迷惑してるのに、まだそれが判らないのか?」

京子「結衣…信じて、私、そんなえっちな子じゃないよ…そんなこと、してないよ…」グスン

結衣「いいや、京子はえっちな子なんだよ」

結衣「私の家に泊りに来た時だって、京子、何時も私にベタベタしてくるだろ?」

結衣「お風呂だって、時々一緒に入ろうとするし…」

京子「ゆ、ゆい、嫌だったの?そういうの、いやだったの?」ヒック

京子「じゃあ、じゃあこれからは、しないようにするから…」ウルッ

京子「ゆいのお家にも、もういかないようにするから、もう許してよぉ…」グスン

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 00:35:32.33 ID:wtaJr6Gx0
ちなつ「結衣先輩の家に泊りに行かなくなっても、京子先輩の態度が変わらなければ意味は無いんですよ」

あかり「そうだよ、京子ちゃん…あかり達は京子ちゃんの為を想って言ってるんだよ?」

向日葵「ええ、そうですわ、尊敬する先輩だからこそ、ちゃんとして欲しいですし…」

綾乃「歳納京子がちゃんと皆に迷惑かけないようにしてくれれば、それで済む事なのよ…わかって?」

結衣「そうだぞ、京子、こないだだって、夜中に突然…」

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 00:36:38.40 ID:wtaJr6Gx0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

結衣「ん?京子…どうしたの、こんな時間に…って、あれ?」

結衣「京子、あの、どうして私をロープで縛ってるの?」

京子「だって、私の体力では結衣を押し倒そうとしても勝てないからさ…」

京子「こうしておけば、結衣、何されても抵抗できないでしょ…」スッ

結衣「ちょ、京子?怒るよ?ロープ解いてっ!というか、パジャマ脱がさないでっ」

京子「いいじゃない、一緒にお風呂入った事もあるんだし…今さら照れなくても」サワッ

結衣「んっ///ちょ、京子、おっぱい触らないで///」

京子「結衣、声出しても、いいよ、私、結衣のえっちな声、聞きたいから」モミッ

結衣「やっ、だめ、京子っ///」

京子「ここを触ったら、どんな声が出るかな?」

結衣「ひ、ひゃっ///」

京子「ふふふ、何時も強気な結衣が、そんな声を出して…可愛いなあ…もっと、もっと良い声で鳴いてね、結衣、夜は長いから…」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 01:05:06.50 ID:wtaJr6Gx0
京子「ゆいだけは…ゆいだけは、嘘つかないと思ってたのに…」ヒック

京子「ゆ、ゆいのばかーっ!みんなも、きらい!だいきらい!」タッ

結衣「あ!京子!待って!」

京子(う、うう、もう誰も信じられないよ…)タッタッタッ


ドーンッ


京子「い、いたた…」

櫻子「いたたた…あ、あれ、歳納先輩?」

京子「さ、櫻子ちゃん!?」

京子「さ、櫻子ちゃんも、嘘つきに来たの…?」ビクビク

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 01:14:35.95 ID:wtaJr6Gx0
櫻子「うそ?」

京子「わ、私に、えっちな事されたとか、言うつもりなの?」ビクビク

櫻子「あー、良く判らないですけど、歳納先輩、ビクビクしてる様子も可愛いですね///」

京子「え…?そ、そんな、私、可愛くないよ…だって、皆から迷惑がられてるし…」

櫻子「あー、はい、向日葵とか杉浦先輩は何時も言ってますね、可愛すぎて迷惑だって、仕事が手に付かないって」

京子「…は?」

櫻子「親しくして貰った時の事を思い出すとドキドキするし、色々妄想が止まらないとか」

京子「え?」

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 01:15:32.13 ID:wtaJr6Gx0
『私があの時、どんな気持ちだったのか…判ろうともしないで…』

『そんな事されて、私がどんな気持ちだったか…京子先輩、判りますか…?』

『そんな特別扱いされて、あかりがどんな気持ちだったか…』

『そんな事を何度も何度も何度も何度も繰り返して、私がどんな思いで…!』


京子「……ん?」

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 01:18:10.78 ID:wtaJr6Gx0
向日葵「はぁ…はぁ…やっと追いつきましたわ…」

ちなつ「京子先輩、いきなり部室から飛び出すんだもん…」

あかり「あかり、びっくりしたよお」

綾乃「歳納京子、ほら、部室に戻るわよ?」

結衣「あ、大室さん、遅刻だよ?」

櫻子「えへへ、すみません、船見先輩」

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 01:18:34.49 ID:wtaJr6Gx0
京子「あ、あの、ひまっちゃん、本屋さんで私におっぱい揉まれた事、嫌だったんじゃ…?」

向日葵「スリルがあって、凄くドキドキしましたわ///もう電撃を受けたかのようなショックも受けましたし///」

向日葵「ただ、スキンシップ程度じゃなく、ちゃんと愛を持って揉んでほしかったですけど…」

京子「ちなつちゃんも、拒絶してたのに迫られるのは嫌とか言ってなかった…?」

ちなつ「スキンシップ程度なら、嫌ですけど、ちゃんと愛があるなら強引な事されても、嫌じゃないですよ///」

ちなつ「ただ、やっぱり、その、ちゃんと告白してからしてほしいなって…そう思うとちょっと切なく…」

京子「あ、あかりも、特別扱いは嫌だって言ってなかった?友達じゃないって…」

あかり「友達じゃなかったら、そ、その、恋人だよね///」

あかり「そういう特別扱いされると、その、あかりも我慢できなくなっちゃうよぉ///」

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 01:21:07.58 ID:wtaJr6Gx0
京子「あ、綾乃も、何度も同じことを繰り返すのは嫌だって…?」

綾乃「嫌じゃないわよ、それだけ多く歳納京子と接する事ができるんだから、寧ろ嬉しいわ」

綾乃「た、ただ、あの、歳納京子、可愛すぎるから、時々、理性を失いそうになるの///」

京子「ゆ、ゆいも、家に来るのは迷惑とか…」

結衣「言ってない、一言も言ってない」

結衣「ただ、綾乃も言ってたけど…京子は可愛すぎるから、本気で理性を失いそうになるんだ」

結衣「京子の可愛さは皆の迷惑になってるんだから、もう少し可愛い行動を控えてくれないと、困る///」

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 01:22:23.78 ID:wtaJr6Gx0
京子「じゃあ、じゃあさっき皆で言ってたえっちな描写は!?」

結衣「あれは、京子が可愛いせいであんな感じの妄想をしちゃうって事を説明しただけだよ」

京子「けど、結衣、私の事をえっちだとか何とか…」

結衣「私の中では京子はドMだしえっちだよ!」

京子「わ、私、Mじゃないよ…」

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 01:24:07.85 ID:wtaJr6Gx0
京子「みんな…みんな、本当に、私の事を嫌いな訳じゃないの?」

一同「「「「「「うん」」」」」」

京子「そ、そうなんだ…よ、よかった、よかったよぉ…」ウルッ

京子「わたし、てっきり、みんなから嫌われたのかもって…」ポロポロ

結衣「嫌いな訳ないじゃないか、京子…」

綾乃「そうよ、歳納京子はみんなの天使なんだから…」

ちなつ「よし、京子先輩も判ってくれた事ですし、胴上げしてあげましょう!」

あかり「うん、そうだね!」

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 01:25:15.40 ID:wtaJr6Gx0

ワッショイワッショイ


京子「え、えへへへ、みんな、だいすき!だいすき!」


ワッショイワッショイ


京子(あー、けどこれ何か夢落ちっぽい流れだなあ…)

京子(こんなに幸せなのに、夢落ちはいやだなあ…)


………

……


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 01:47:57.58 ID:wtaJr6Gx0
結衣「ほら、起きろ、京子」

京子「……う、うん、おはよう、結衣…なにか、変な夢見てた…」

綾乃「へえ、初夢ってわけね、どんな夢なの?歳納京子」

京子「あのね、綾乃、私がみんなから迷惑がられる夢なの」

ちなつ「えー、京子先輩が迷惑な訳ないじゃないですか」

京子「ちなつちゃんありがと…」

あかり「あはは、京子ちゃん、夢でそんなに落ち込むなんて、可愛いなあ」

京子「うう、子供扱いしないでよ、あかり」

向日葵「ほら、京子先輩、御節出来てますわよ」

櫻子「一緒に食べましょうよ!」

京子「ん、ありがと、ひまっちゃん、櫻子ちゃん」

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 01:48:33.95 ID:wtaJr6Gx0
結衣「さ、じゃあ、皆で御節で持つ突くか」

綾乃「んー、けど何か忘れてない?」

ちなつ「なんだろ…」

あかり「なんだろね?」

向日葵「お餅も、今焼けましたわよ?」

櫻子「餅の話はしてない」

京子「あ、そっか」

結衣「ん?」

京子「年が明けたら、まっさきにする、あれを忘れてるよ」

綾乃「あー、あれね、そう言えば忘れてたわ」

ちなつ「じゃあ、京子先輩、お願いします!」

あかり「京子ちゃん頑張れぇ」

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 01:48:50.17 ID:wtaJr6Gx0


京子「みなさん」

京子「あけましておめでとう!」

京子「今年も京子ハーレムを宜しくね!」