1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 03:11:44.27 ID:3ojj7LV5o
響「(今日は事務所でお留守番かー)」

響「(みんながいないと退屈だなー)」

P「……」カタカタ…

響「(プロデューサーは仕事してるけど…)」

響「(話しかけても平気かな?)」

響「(…うん、きっと大丈夫だよね)」

響「(それじゃあ話題は…)」

響「(うーん…もう春だからなー…)」

響「(こ、恋の話題とか?)」

響「…ねーねープロデューサー?」

P「ん?なんだ?」

響「プロデューサーは自分のこと…好き?」

P「もちろん好きだぞ」

響「なーんて…」

響「……」

P「……」

響「うぎゃあっ!?」

P「おおっ!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1457115104

引用元: P「愛してるから」響「かなさんどー」 


 

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)
ファット・カンパニー (2014-05-20)
売り上げランキング: 2,725
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 03:12:55.14 ID:3ojj7LV5o
P「ど、どうした!?またハム蔵が逃げたか!?」

響「今日はまだ逃げてないもん!」

P「いや、いつも逃がさないようにしておけ!」

響「わかった!!」

P「よし!!」

響「……」

響「そ、そんなことよりもーだよ!」

響「プロデューサー…自分のこと…」

P「ん?」

響「その…」

響「…好きって」

P「そりゃあ好きだよ」

響「うっきゃあ!?」

P「うっきゃあ!?」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 03:13:41.45 ID:3ojj7LV5o
P「うっきゃあってなんだ!?沖縄での悲鳴か!?」

P「うぎゃあよりも若干かわいいぞ!!」

響「か、かわいいとかかわいくないとかは別にいーの!」

響「ていうか、うっきゃあで話題を広げないでほしいぞ!」

P「す、すまん…流石に初めて耳にした言葉だったもんだから…」

響「うぅっ…」

響「そんなに変だったか…?」

響「自分の驚いた声、変だった…?」ぐすっ…

P「……」

P「(こんなことを思うのも失礼だが…)」

P「(かわいい)」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 03:14:29.05 ID:3ojj7LV5o
P「変だなんて思ってないよ」

響「…ホントに?」

P「もちろん」

P「でも、ごめんな。響がそういう風に誤解しちゃう態度とっちゃったな」

響「…ううん」

響「自分、みんなとはちょっと違うのかなって思うことはたまにあるし…」

P「響…」

響「沖縄出身のくせに暑がりだし…ペットの餌をつまみ食いしたりもするし…」

P「餌のつまみ食いはよくないな…」

響「そうだよね…」

響「やっぱり自分って完璧なんかじゃなくて、変わり者でしか…」

P「いやいやまてまて」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 03:15:23.23 ID:3ojj7LV5o
P「餌のつまみ食いはともかくとしてだ…」

P「俺は響のことを一度も変な子だとか思ったことはないぞ!」

響「でも…」

P「信じてもらえないか?」

響「……」

響「信じる…」

響「プロデューサーの言葉なら…」

P「そっか…ありがとう」

響「自分もプロデューサーにだけは、変な子って思われたくないから…」

響「嬉しいな…」

響「…こちらこそありがとっ!」ニコッ

P「うん、やっぱり響は笑顔の時が一番かわいいよ」

響「え、えっへへ…♪」

響「なんだか照れちゃうな…♪」

P「(かわいい)」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 03:16:19.03 ID:3ojj7LV5o
P「それでさ、響」

響「お?」

P「返事はもらえたりするのか?」

響「返事って…なんの?」

P「俺、響のこと好きって言ったんだけど…」

P「この話題はそれっきりか?」

響「……」

響「あ、え、えう…」

響「それは…その…!」

P「うん?」

響「…じ、自分も」

響「プロデューサーが…好き、だよ」

P「そっか。嬉しいよ」

響「うぎゃう…」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 03:17:11.12 ID:3ojj7LV5o
響「な、なぁ!プロデューサー!!」

P「ん?」

響「自分の好きは、かなさんどーなんだぞっ!!」

P「かなさんどー…」

響「愛してるっ!」

P「おおっ!?」

響「愛してるんだからねっ!!」

P「……」

P「じゃあ、俺もかなさんどーってことか…」

響「えっ?」

P「俺も、愛してるぞ響」

響「……」

響「は、はい…」

響「末永くよろしくお願いします…」

P「まてまて、どこまで飛躍した?」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 03:18:14.13 ID:3ojj7LV5o
響「え?恋人同士じゃないの…?」

P「まぁ…表向きには出来ないけど、たった今から恋人同士ではあるな」

響「恋人同士は結婚しないの…?」

P「いつかはするかもしれないけど…」

響「けど…?」ぐすっ…

P「うん、結婚しよう。これからもずっと一緒だ」

響「…!」

響「…うんっ」

響「じぶ……ううん…」

響「私をあなたのお嫁さんにしてください…」

P「うん…約束するよ」

響「……」

響「なんでこんな話になったんだっけ?」

P「それなー」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 03:19:07.56 ID:3ojj7LV5o
P「響が突然、自分のこと好きかって聞いてきたもんで…」

響「それに対してプロデューサーが、さらっと好きだって言っちゃうから…」

P「駄目だったか?」

響「自分はちょっとからかう感じで聞いたつもりだったから…」

響「あんな風に返されるなんて思ってもみなかったぞ…」

P「あれ?からかってたのか?」

響「ううん、ホントに大好きだよ」

P「……」

響「あっ!今、キュンってきたな!?」

P「正直かなりときめいた」

響「えっへへー♪やっぱり自分のかわいさは完璧だなっ!」

P「(好きかどうか聞かれた時からドキドキしていたが…)」

P「(今の大好きはかなり効いたな…)」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 03:20:01.84 ID:3ojj7LV5o
響「まぁ、やっぱり自分ぐらい完璧だとプロデューサーが好きになっても…」

P「あぁ、仕方ないさ」

響「えっ?」

P「愛してるよ、響」

響「あ、えと…」

響「あ、ありがと…ございます…」

P「キュンときたか?」

響「キュンっていうか…ギュン…?」

P「ギュン!?」

響「こう…締め付けられてる感がすんごい…」

P「ときめいてもらえたことは間違いないのかな…?」

響「うん…」

響「だって…今きっと自分の顔、真っ赤だもん…」

P「(かわいい)」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 03:21:05.66 ID:3ojj7LV5o
P「…あ、ところで響?」

響「ん?なぁに?」

P「最初はからかう感じで好きかどうか聞いてみたって言ってたけどさ…」

P「なんで今日、そんなこと思ったんだ?」

響「なんで、かぁ」

響「……」

響「春だからかなー…」

P「そっか、春だもんな」

響「でも、夏が来て、秋が来て、冬が来て…」

響「また来年の春が来ても…」

響「ずっとプロデューサーのこと…」

P「かなさんどー」

響「…!」

響「うんっ!」

響「自分もかなさんどー!!」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 03:22:17.58 ID:3ojj7LV5o
おわり

いおりんとかやよいとか響を見てるとたまに胸を締め付けられる時ってあるよね