2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 03:19:12.03 ID:0Kj00qJo0
アニ「だって私の人生にどんな意味もないって信じているから」

アニ「ずっと感情を隠して生きてきたのに」

アニ「私は一人なんだ。そう思って生きてきたから」

アニ「このままずっと一人なんだ。そういう未来しか想像できない」

アニ「最近はそんなことばっか考えている。少し疲れているのかもしれないな」

アニ「いや…ずっと思っていたことだけど。考えないようにしていた」

アニ「だけどあいつと話してからどうもおかしいな」

アニ「なぜこんな気持ちになったのかはもうわからない」

アニ「きっと初めて話した時からずっとかもしれない」

アニ「そのときは私は口から空気しかでなくって

アニ「なにもいえなかったな」

引用元: アニ「期待はしてない」 


 

進撃の巨人
進撃の巨人
posted with amazlet at 16.03.10
コーエーテクモゲームス (2016-02-18)
売り上げランキング: 55
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 03:22:45.50 ID:0Kj00qJo0
アニ「いま思うと恐い顔をしていたかもしれない」

アニ「いまはずっと話してみたいって思う」

アニ「こんな感情を持つこともなかったのに。持ちたくなかった」

アニ「幸せになる資格も理由もないのに」

アニ「矛盾しているのはわかっているのに」

アニ「もう今年いっぱいでこの状況も終わりだ」

アニ「そうしたら離れ離れになってしまう」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 03:26:36.96 ID:0Kj00qJo0
アニ「そうなったら私はきっと手遅れだ

アニ「感情なんてなくなってしまうのだろうか」

アニ「その前に」

アニ「もっと私に勇気がほしい」

アニ「あいつと話せるような勇気が」

アニ「誰かを幸せにできるような勇気が」

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 03:30:41.36 ID:0Kj00qJo0
アニ「自分を幸せにする思いがあれば」

アニ「生きていた理由があるかもしれない」

アニ「少しの勇気をだして話してみようか」

アニ「なにを話そうかな」

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 03:34:25.47 ID:0Kj00qJo0
アニ「朝から話そうとしているけどいざとなると難しいな」

アニ「もう夕食の時間だ」

アニ「周りに人がいたりタイミングが悪かったり」

アニ「だいたいいつもあいつは話かけようとするときは」

アニ「だれかと話していないときでも落ち着いてなくて」

アニ「トイレにいったり次になにか用事があるかもって思って」

アニ「…はぁ。言い訳ってことはわかってるけど」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 03:37:18.76 ID:0Kj00qJo0
アニ「だいたいさ何を話さばいいんだ?」

アニ「まずは自己紹介からかな?」

アニ「いやまずはあいさつからかな?」

アニ「それで好きなこととか聞いて自分の言いたいこともいって…」

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 03:40:42.14 ID:0Kj00qJo0
エレン「…っおい。どうしたんだボーっとして」

アニ「ぇえ?! あっおはようございます」

エレン「あっえっと おはよう…いや夜だけど」

アニ「私はアニ・レオンハートです。あなたの名前は?」

エレン「えっ知ってるだろ?」

アニ「あなたの名前は?」

エレン「???俺はエレン・イェーガーです」

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 03:44:46.48 ID:0Kj00qJo0
アニ(だめだ!自分でもなにいってるのかわからない)

アニ(絶対おかしいって思われてるよ)

エレン「えーとどうしたんだお前?」

アニ「あっあんたさ…好きな色ってなに?」

アニ(だからなにを言ってるの)

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 03:48:42.85 ID:0Kj00qJo0
エレン「なんで急にそんなこと?まぁいいや…うーん そうだ俺は青が好きだな」

アニ「そう…」

アニ …

エレン …

エレン「…それで?」

アニ「…(マッシロ)」

アニ「あなたに会えて嬉しかったです」

アニ「じゃ、じゃあね。(なんかすごいこといってしまった)」

エレン「なんだぁ」

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 04:03:37.93 ID:0Kj00qJo0
アニ「はぁーもう死にたい」

アニ「けどまぁ話せたしいいかぁ。頭がおかしいとか思われてなきゃいいけど…」



アニ「この前話してから何日もたってしまった」

アニ「とはいえ,次はどうしようか?もう手詰まりだ…」

アニ「えっとそういえば今日は食事の当番だったな」

アニ「作るのは嫌いじゃないけど片付けはめんどくさいな」

15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 04:07:48.21 ID:0Kj00qJo0
アニ「…じゃみんな食べ終わったからそろそろ片付けしなくっちゃ」

アニ「あれ?一人分残ってる。まだ時間があるから大丈夫だけど」

アニ「だれだろうな。早く食べてもらって片付けたいのに」

タッタッタ

アニ「あっ来たみたいだ」

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 04:10:57.48 ID:0Kj00qJo0
エレン「悪いまだあるか」

アニ「!!あっあるよ」

エレン「あ…アニか。悪い遅くなって」

アニ「いいよ別に。スープくらい温める?」

エレン「あぁ頼む」

ゴトゴト

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 04:13:50.45 ID:0Kj00qJo0
エレン ジー・・・

アニ(なんか見られてる。やりずらいな)

アニ(なんでよりによってあいつが)

アニ「はい。どうぞ」

アニ「ありがとな」

アニ「なんで今日はおそかったの?」

エレン「あぁ自主練してたんだ」モグモグ

アニ「へぇ熱心だね。あとそんなに急いでたべないでいいよ」

エレン「そうか悪いな」

エレン モクモク

アニ ジー・・

エレン(すげぇ見られてる。食いづれぇ)

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 04:21:39.90 ID:0Kj00qJo0
エレン「あー他の当番は?」

アニ「全員は残っててもしかたないから」

アニ「他は帰ったよ。(じゃんけんでまけたからね)」

エレン「そっか。・・・あー食ったごちそうさま」

アニ「はいどうも。食器こっちにもってきてもらえる?」

エレン「はいよ。えっと俺も一緒に片付けるよ」

アニ「別にいいけど」

エレン「じゃやるか」

アニ「っえ?(否定のいいけどなんだけど)」

19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 04:31:24.04 ID:0Kj00qJo0
アニ「じゃじゃあ洗った食器をしまって」

エレン「うん」

アニ(素直だ)

アニ(こうして二人で家事をしていると家族みたいだな)

エレン「なんかこうしていると家族みたいだな」

アニ「なにいってるの?(言われた?というかそう思ってたの?)」

アニ(というか思ってても言う?)

エレン「悪い。けどお前を見てたらそう思ってさ」

22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 09:05:21.76 ID:0Kj00qJo0
アニ「(どういう意味だろう)私は家族って柄じゃないね。」

エレン「そうかお前は一人のほうが好きそうだもんな」

アニ ・・・。

アニ「すきじゃない」ボソッ

エレン「っえ?」

アニ「すきじゃないっていったんだ」

23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 12:06:58.14 ID:0Kj00qJo0
アニ「ひとりでいることが好きな訳ないだろ」

アニ「喜ぶことも泣くこともできないし」

アニ「したってそれがなんなのかよくわからないだろ?」

アニ「だってだれもみていないし,誰も知らないんだから!」

エレン「ちょっ悪かった。落ち着いてくれよ」オロオロ

アニ「でも私は一人だから…」

24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 12:32:52.92 ID:0Kj00qJo0
アニ「自分で自分の感情しか知らないのはもう嫌なんだ」

アニ「だけどもう自分が手遅れだと思うこと」

アニ「まだ間に合うという気持ちと」

アニ「みんないなくなってほしいと思う気持ちは」

アニ「まだ私の中にあって」

アニ「それは私が弱いせいだ」

アニ「奪うだけの人生が正しいのか人を幸せにできなくて」

アニ「自分も幸せにできずになんのために。生きて死ぬのか」

アニ「考えてしまうともう…」

25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 12:43:13.35 ID:0Kj00qJo0
エレン「なんでだよ。なんでそんなこと…俺に…」

アニ「なんでって…」

アニ「あんたは思うように生きているじゃないか」

アニ「何よりも強い意志で感情で…」

アニ「仲間もいて」

アニ「それらは私にはないものだから」

アニ「あぁもっと考えてからはなしたかったよ」

アニ「ずっと考えていたけど変わらなかったかもしれないけど」

26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 12:54:43.35 ID:0Kj00qJo0
エレン「正直お前のいっていることが俺にはよくわからないんだ」

エレン「でも…お前が悩んでいたりするのが俺は嫌なんだ」

エレン「長い間ずっと考えていて苦しんでいてつらかったんだから」

エレン「お前が望むならいつでもそばにいるし話を聞くからさ」

エレン「だからさうつむいたり,悲しい顔をしなくても…」

エレン「一人にはしないから…えーと」

28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 13:09:49.90 ID:0Kj00qJo0
アニ「…っふ。」

エレン「何で笑う!?」

アニ「いや…悪いね」

アニ「あんたも喋るのが苦手だなぁと思ってさ」

アニ「…けどありがとね。私なんかのために考えたりしてくれて」

アニ「えーとさ…最後に最後でいいんだ。手を手を…つないでくれないか?」

29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 13:19:34.07 ID:0Kj00qJo0
エレン「あぁ…。これでいいか?」スッ

アニ「うん」キュッ

アニ(私は世界中の誰からも嫌われていいと思っていた)

アニ(それはいまもそうだけど,そういうことをしたから当然だ)

アニ(これからもずっと幸せでなくていいからさ)

アニ(いまだけはこのままでこの気持ちでいさせて)

30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 13:49:39.62 ID:0Kj00qJo0
アニ「ありがとう。これで私は…」

エレン「俺からもいいか?」

アニ「なに?」

エレン「もう一回だ」

アニ「?いいけど…」スッ

エレン「うん。明日もよろしくな!」ギュッ

アニ「…えっ?」

エレン「っおい。どうしたんだ?泣くなよ」

31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 14:03:56.08 ID:0Kj00qJo0
エレン「嫌だったか?」

エレン「なんかさ」

エレン「最後みたいでいやだった」

エレン「それだけだ。いなくなったら寂しいしさ」

アニ(あぁ…私は弱いな。こんなにもさっきまで思っていたことと)

アニ(違うことを思うなんてさ)

アニ「なにいってるの?あんたは・・・」

アニ「・・・うん。そうだね。よろしくね。」

32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 16:11:50.34 ID:0Kj00qJo0


アニ「あれから少し話すようになった」

アニ「変化といえばそれくらいだ」

アニ「今日も食事が終った後の食堂で」

アニ「少し話す」

エレン「よう。どうしたんだ。なんか体調悪そうだな」

アニ(以前ならまぁねだけで終らしていただろうけど)

アニ(今の私は弱くなったのか強くなったのかよくわからない)

アニ(とりあえず話すことにしてる)

33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 16:13:57.23 ID:0Kj00qJo0
アニ「いや…うんまぁ怖い夢を見たんだよ」

エレン「へぇ子供っぽい理由だな」

アニ「うるさいね…」

エレン「…でどんな?」

アニ「聞いても楽しい話じゃないよ?」

エレン「いいからさ」

アニ「じゃ…その夢っていうのは昔からたまに見ていて」

アニ「気がついたら周りは血にまみれた」

アニ「なにかがあった見たくなかった。理解したくなかったから」

アニ「それはなにかなんだけど。恐くて手で顔を覆っていたら自分の手の皺から」

アニ「血がにじんできてそれがこわかったんだ」

アニ「そう…いつもは怖いままで夢から覚めても…もう嫌だったんだ」

アニ「最悪なことに最近はその夢が怖くなくってきたんだ」

アニ「怖いことが怖くなくなったらもう私は…」

アニ「あー…だめだうまくしゃべれていないね」

アニ「うん。とにかくそんな夢を見たんだよ」

34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 18:51:21.65 ID:0Kj00qJo0
エレン「へー」

アニ「…聞いてもらってなんだけどもうちょっとなんか言えないの?」

エレン「うーん…」

アニ「期待した私が馬鹿だったよ」

アニ「とにかく。聞いてくれてありがと」ニコッ

エレン「おぅ。(前より笑うようにようになったな)」

エレン(けどなんでいつも寂しそうに笑うんだろう?)

アニ「なに?」

エレン「っえ?いやなんでもない。そういえば」

エレン「明日は休みだけどなんか予定あるか?」

アニ「特にないけど。」

エレン「じゃあさ訓練を一緒にしないか?」

アニ「えー最近暑くなってきたからな。ちょっと面倒だな」

エレン「じゃ午後過ぎてからやろうか。それなら段々涼しくなるしな」

アニ(こいつはあんまり人の話聞かないね)

アニ「わかったいいよ。午後からね」

35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 18:56:21.06 ID:0Kj00qJo0
次の日

エレン「ようっ来たな。早速やるか?」

アニ「いいけどやっぱり暑いね」

エレン「そうだな。まぁ軽めにやるか」

エレン「じゃお前が暴漢役な」

アニ「OK。いくよ」

エレン(とりあえず来たところを右ローキックで止める)

エレン(げっあたんねえ。途中で止まりやがった。)

エレン(あっちょっと笑ってる。あれっ?視界がなくなってく)顔面右ストレート

エレン「いってー。やっぱり強いなお前は」

アニ「別にあんたが弱いわけじゃないよ。ただ」

エレン「ただ?」

アニ「動きがわかりやすい。最初からローを打つ体勢になってたし」

アニ「目線もバレバレあとそのあまった手でガードくらいしなよ」

エレン(いや。弱いっていわれてるよな。)

36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 19:03:44.24 ID:0Kj00qJo0
エレン「…じゃ俺が暴漢役な」

アニ「うん」

エレン(あれ?あいつも右ローの姿勢だな)

エレン(あっ来たな。予想通りだこれをガードして反撃してやる)

エレン(軌道が変わった!またみえなくなった。)首蹴り

エレン「いってー…。なんで右ローが上段にくるんだ…」

アニ「はっはっは。悪い悪いあまりにもあんたがわかりやすかったから」

エレン「…いくら俺でも少し傷つくぞ」

アニ「悪かったってさっきの技教えるから」

エレン「ほんとか?」パァァ。

アニ「ほんと(やっぱ単純だな)」

エレン(なんか楽しそうだな)

37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 19:14:14.75 ID:0Kj00qJo0
・・・

エレン「…じゃこんな感じにして休憩するか?」

アニ「そうだね休憩しよう」

エレン「あそこに木陰があるからあそこいこうぜ」

アニ「そうだね。けどその前に井戸で顔洗ってくるよ」

エレン「あっ俺もいく」

バシャバシャ

エレン「あー気持ちいいな」

アニ「そうだねってあんた頭から水かぶって」

アニ「びしょびしょじゃないか?」

エレン「すぐ乾くからいいだろ?」

アニ「よくない。ほらタオル貸すから拭いて」

エレン「はいはい」フキフキ

アニ ・・・

エレン「休むか。タオルも木にかけて乾かしたいし」

エレン「おっやっぱり木の下は涼しいな」

アニ「そうだね。日も暮れてきたのもあるけど」

エレン「あーなんか涼しいし,疲れたから少し寝ていいか?」

アニ「いいよ。私も少し休みたいから」

エレン スー,スー・・・

アニ(あっ5分もたたずに寝たな。)

アニ(寝つきいいな。私も眠くなってきた。)

アニ スー.スー・・・

38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 19:16:51.23 ID:0Kj00qJo0
アニ(あーまたこの夢か。)

アニ(けどなんかいつもと違うな)

アニ(なんか温かいな。あっそうかそうだね)

アニ(夢の中でも眠たくなってきた・・・)

・・・

エレン「おい。おきろアニ」

アニ「わっ」

エレン「なに驚いてるんだ?」

エレン「もうすっかり夜になっちまったよ」

アニ「そうみたいだね。(タオルがかかってる。かけてくれたのか…)」

エレン「じゃ帰ろうぜ。今日は月がでているから帰りやすいからな。

アニ「うん…。」

39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 19:31:28.07 ID:0Kj00qJo0
エレン「しっかしじっくり見たことなかったけど星ってすごい数があるな」

エレン「どのくらいあるんだろう?人の数より多いかな?」

アニ「さぁね・・・」

アニ「そういえばさ。ねぇなんで青が好きなの?」

エレン「なんだ突然?えっと…」

エレン「青はなんか自由って感じするだろ空の色で」

アニ「あぁそういう理由か。納得したよ」

エレン ・・・

エレン「…いや悪い。今のは後付の理由だ」

アニ「後付?」

エレン「あぁいまだから言うけどさ。あのときは急に聞かれたからな」

エレン「目の前にあった綺麗な色をいったんだ」

アニ「あのときは食堂だよ?そんな色なかったじゃない」

エレン「いや目の前にあったんだよ」

アニ「えーなかったよ」

40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 19:38:16.27 ID:0Kj00qJo0
エレン「お前の目がさ,綺麗な色してた」

アニ「!!!・・・」

エレン「…黙るなよ」顔マッカ

アニ「…ずいぶんとまぁ恥ずかしいこというね」顔マッカ

エレン「俺も恥ずかしいって。いまだけしか言わないよ」

アニ「ふーん。じゃ私もいまだけってことで」

アニ「手をつないで」

41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 19:42:34.82 ID:0Kj00qJo0
エレン「あぁ…わかった」

アニ「今日さ怖い夢を見たっていったろ」

エレン「うんそうだな。そういえばさっきも少しうなされていたな」

アニ「そうその夢をあのとき見ていたんだ」

アニ「夢の中で私はあーあの夢かって思っていて」

アニ「いつものように見たくないのに自分の手を見ていて」

アニ「血にまみれた自分の手を。けどいつもと違ったのは」

アニ「その手を誰かが手当てしてくれたんだ」

アニ「包帯を巻いて。手を握ってくれた」

アニ「その誰かは私がみたくないものに向けてキッと瞳を向けて」

アニ「なにかをいったんだ。そうしたら私の怖いと思う気持ちは」

アニ「段々薄まってきてそれで目が覚めた」

エレン「へー誰が助けてくれたんだろな?」

アニ「本気でいってる?」

エレン ・・・

アニ「目の前にいる」

エレン「うん…」

アニ「うん…」

42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 20:04:39.00 ID:0Kj00qJo0
エレン「そういえば俺も夢を見て泣くことがあったんだ」

エレン「俺の場合はどんな夢だか覚えていないけど」

エレン「起きてから目の前にしっているやつがいたから安心したな」

アニ「意外だね。あんたはもっと強いかも思っていたよ」

エレン「悪かったな」

アニ「いや悪くないよ」

エレン「そうか?まぁいいや。それよりもう着くぞ?」

アニ「うん。そうだね…」

エレン「どうした?」

アニ「一度目をつぶって?」

エレン「?わかった」

アニ「じゃいいよ目をあけて?」

アニ「どう?目の前にいるけど安心した?」

43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 20:09:04.70 ID:0Kj00qJo0
エレン「・・・」

アニ「なんか言ってよ」

エレン「正直 安心というかびっくりした」

エレン「うん。けど…ありがとな」ダキッ

アニ「ちょっ!くっつきすぎだって」

アニ「まぁいいか」

アニ「ねえ。私がもう一度目を瞑ってまた開けてもまたいてほしい」

エレン「いつでもそうするよ」

エレン「いつでもそばにいるから」

アニ「ふふっそうだったね。話も聞いてね?」

エレン「あっ笑ったな。(笑っていてくれよ)」

44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 20:13:34.08 ID:0Kj00qJo0







アニ「いまになってあの時のことを思いだすのは」

アニ「いろんな言葉じゃなくて」

アニ「訓練のときのあいつの単純さとか」

アニ「水をかぶっていたあいつの姿や」

アニ「たくさんの星と石炭袋と南十字星があったこと」

アニ「私はどうすればいいのだろう時間はもう少ないな」

45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 20:16:03.41 ID:0Kj00qJo0

終わりです。

ありがとうございました。



次回 アニ「どうしようか」