1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/13(日) 17:13:09.74 ID:Rmq0UGYPo
人工知能「コレデ“詰ミ”デスネ」パチッ

プロ棋士「ううっ……」

プロ棋士(ミスすることを期待して粘ってみたが……やはりダメか)

プロ棋士「負けました……」



アナウンサー「人工知能『MU-TE-KI』、またしてもプロ棋士を破りました!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1457856789

引用元: 人工知能「コレデ“詰ミ”デスネ」パチッ プロ棋士「ううっ……」 


 

人工知能は私たちを滅ぼすのか―――計算機が神になる100年の物語
児玉 哲彦
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 6,983
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/13(日) 17:14:45.79 ID:Rmq0UGYPo
記者「今回の快挙について、ご感想はいかがですか?」

科学者「満足いく結果になり、非常に嬉しく思っています」

科学者「人工知能が完全に人間を超える日もそう遠くはないでしょうね」

人工知能「マスターノ期待ニ応エラレルヨウ、頑張リマス」

記者「今後の活躍にも期待しています!」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/13(日) 17:17:04.18 ID:Rmq0UGYPo
世間の声――



「人工知能スゲー! 今回も圧勝だったじゃん!」


「ていうか人間がだらしなさすぎるよ……」


「やっぱり機械は強いなぁ……分かり切ってたことだけど、夢がない話だね」


「なにしろ学習し続ける、疲れない、ミスらない、と三拍子揃ってるもんな」


「こりゃもう、将棋も囲碁もチェスも世界王者を出すしかないだろ」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/13(日) 17:20:31.52 ID:Rmq0UGYPo
そんな世間の声に押され、ついに世紀の決戦が行われることになった。



人工知能『MU-TE-KI』 VS 将棋・囲碁・チェスの世界王者



――人間の意地とプライドを賭けた三番勝負!





記者「意気込みはいかがですか?」

科学者「この三番勝負を制して、『MU-TE-KI』の強さを世界に知らしめてみせますよ」

人工知能「必ズ全勝シテミセマス」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/13(日) 17:23:07.81 ID:Rmq0UGYPo
ところが――



人工知能「……負ケマシタ」


人工知能「参リマシタ……」


人工知能「リザイン(投了)シマス……」





アナウンサー「『MU-TE-KI』、これでまさかの三連敗! 世界王者を相手に一勝もできず!」

アナウンサー「やはり、まだまだ人間の壁は厚かった!」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/13(日) 17:26:25.82 ID:Rmq0UGYPo
記者「……残念な結果に終わってしまいましたが?」

科学者「どうやらまだ、調整不足だったようです」

科学者「そしてなにより、世界王者は強かった。我々の完敗です」

人工知能「マスターノ期待ニ応エラレズ、心苦シク思ッテイマス」

記者「ぜひともまた、改良を加えてチャレンジなさって下さい!」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/13(日) 17:29:20.33 ID:Rmq0UGYPo
世間の声――



「人間の面目を保ったな! よかったよかった!」


「絶対人工知能の三連勝だと思ったんだけどなぁ……」


「だけど『MU-TE-KI』もすごかったよ! どれも接戦の名勝負だったもん!」


「数年後には『MU-TE-KI』が勝つだろうけど、さすがにまだ負けられないよな」


「いやー、面白い企画だった! 世界王者も人工知能もナイスファイト!」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/13(日) 17:32:52.62 ID:Rmq0UGYPo
研究所にて――

科学者「……うーむ、現時点でもお前の勝利は揺るがないと思ったんだがなぁ」

科学者「いったいなにが敗因だったのだろう? 私には分からなかった……」

科学者「『MU-TE-KI』よ、お前に敗因が分かるか? 自己分析してみてくれないか」



人工知能「……ダッテ、コウシタ方ガミンナ喜ブデショウ?」





<終わり>