1: ◆5F5enKB7wjS6 2016/03/14(月) 00:41:26.15 ID:UefD66RJO


―――事務所


李衣菜「…………」

泰葉「…………」

加蓮「…………」


李衣菜「……おかしくない?」

泰葉「うん、おかしいと思う」

加蓮「な、なっなにが? お、おかしいところなんてひとつもないと思うけど?」

李衣菜「……泰葉、まずはトークバトルショーお疲れさま!」

泰葉「ふふ、李衣菜も職業体験のお仕事お疲れさま。衣装も相まってかっこよかった……♪」

李衣菜「へへ、さんきゅ♪ ……で、そこの北条さんは?」

泰葉「そうね、北条さんはどんなお仕事してきたの? 教えてほしいな……ふふっ」

加蓮(あわわわわわわ……!)ガクブル

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1457883686

引用元: 李衣菜「職業体験」泰葉「TBS」加蓮「デート」 


 

2: ◆5F5enKB7wjS6 2016/03/14(月) 00:44:49.60 ID:UefD66RJO
李衣菜「なんだっけ、デート? ……あぁそっか、デート企画ってやつ?」

泰葉「映像がそのまま恋人の視点になって、アイドルとのデート気分を味わえるアレね」

李衣菜「なるほどー、撮影のお仕事だったんだね北条さん?」

加蓮「え、えと、そのぉ……」

泰葉「ロケーションは……遊園地だったかな?」

李衣菜「そうそう、遊園地。ジェットコースターとか、コーヒーカップとか……LINEでたくさん写真が送られてきたよ」

泰葉「北条さん、どれもとっても楽しそう。……あれ? どうして映像じゃなくて写真なの?」

李衣菜「なんでだろうね?」

加蓮「う、うぅぅぅ……!」

3: ◆5F5enKB7wjS6 2016/03/14(月) 00:48:13.34 ID:UefD66RJO
泰葉「それに、隣に写ってる男性……私、どこかで見たことがあるんだけど」

李衣菜「奇遇だね、私も見たことあるんだ。うーん、誰だっけ?」

泰葉「たしか……私たちのプロデューサーじゃなかった?」

李衣菜「あー、そういえばそうだね! よく見たらPさんだ」

泰葉「ふふっ、変なの。どうしてPさんがデート企画のお仕事で顔出ししてるのかな」

李衣菜「手まで繋いじゃって。これじゃまるで、ほんとのデートみたい。ねぇ泰葉?」

泰葉「そうね李衣菜、これじゃデートよね」


「「ねぇ加蓮?」」ニコー

加蓮「ひぃぃぃぃ……!」

4: ◆5F5enKB7wjS6 2016/03/14(月) 00:51:08.99 ID:UefD66RJO
李衣菜「いや別に、Pさんとデートするのは構わないよ? 私たちも了解してたから」

加蓮「はい……」

泰葉「でもね加蓮、実況したり5分置きにツーショット写真を送ってきたりするのは困っちゃうかな」

李衣菜「ちょっと目を離した隙に40、50も未読溜まってたときはさすがにイラッとしたね」

加蓮「すみませんでした……」

李衣菜「あはは……気持ちは分かるけどさ。初めてだったんでしょ? こういうふうに遊んだのって」

加蓮「う、うん……だから舞い上がっちゃって。……ごめんね、2人はお仕事だったのに私だけ……」

5: ◆5F5enKB7wjS6 2016/03/14(月) 00:53:25.57 ID:UefD66RJO
泰葉「ふふ、気にしないで。いっぱい楽しめたみたいでよかった」

李衣菜「うん、そだね。加蓮が楽しんだのならそれでよし!」

加蓮「え、あの……お、怒ってないの……?」

李衣菜「えへへ、そんなわけないでしょ。ちょっとからかってみただけっ」

泰葉「加蓮が本当に幸せそうだったから、意地悪したくなっちゃったの。ふふっ!」

加蓮「な、……なにそれぇ!? あんまりいじめると泣くよ私……!?」

6: ◆5F5enKB7wjS6 2016/03/14(月) 00:56:31.09 ID:UefD66RJO
李衣菜「へへ、泣いちゃったときは甘ーいカフェモカでも淹れて、慰めてあげるよ」

加蓮「……ふーんだ。泣かせる側がそんなこと言ったって説得力ないんだからっ」ツーン

泰葉「そんな顔しないで、加蓮。ほら、私の笑顔で元気になって♪」ニパッ

李衣菜「お、じゃあ私も! へへっ♪」ニカッ

加蓮「たかが笑顔で……もー、ふふ♪」


加蓮「まったくぅ、かわいいから許しちゃうー!」ムギューッ

李衣菜「うひょー♪ ってどこ触って、んにゃあっ!?」

泰葉「ふふっ、ぎゅー……♪」


―――

――


7: ◆5F5enKB7wjS6 2016/03/14(月) 00:58:44.39 ID:UefD66RJO
加蓮「――今度は一緒にお出かけしようね、2人ともっ」

李衣菜「うん! どこ行こっか? 泰葉は行きたいところある?」

泰葉「んー、水族館とかいいかな……イルカショーとかも面白そうだし。李衣菜は?」

李衣菜「おー、いいね。私は……あ、そうだ! ちょうどホワイトデーだしさ、スイーツ巡りとかどう?」

泰葉「あっ、私もそれがいいっ。Pさんに甘いもの、プレゼントしてもらいたいな……♪」

加蓮「……あっ」

泰葉「え?」

李衣菜「ん?」

8: ◆5F5enKB7wjS6 2016/03/14(月) 01:00:37.28 ID:UefD66RJO
加蓮「…………」

泰葉「…………」

李衣菜「…………」


泰葉「…………」

李衣菜「……加蓮?」

加蓮「は、はひ」


泰葉「……もしかして、遊園地で」

李衣菜「もうバレンタインのお返し、もらってた……とか?」

加蓮「……あ、あはっ♪」

9: ◆5F5enKB7wjS6 2016/03/14(月) 01:03:08.73 ID:UefD66RJO
李衣菜「おっかしーなぁ? LINEにもそんな写真上がってなかったけど?」グニー

泰葉「まさか、黙ってたの? そうなの加蓮? ねぇ加蓮?」ムニムニ

加蓮「うゅゅゅゅ! いひゃいいひゃいごめんにゃひゃい!」

李衣菜「そうだよねデートだもんね、プレゼントのひとつやふたつ、思い出に買ってもらえるよね」

泰葉「羨ましいな加蓮、どんな素敵な贈り物だったのかな? 私たちにも話せないくらい大切なものなのかな?」

加蓮「いう、いうからぁ! はなひてぇぇ!」

10: ◆5F5enKB7wjS6 2016/03/14(月) 01:05:52.21 ID:UefD66RJO
李衣菜「――なんだ、普通のココアか……つまんないの」

泰葉「もっと指輪とか、直接的なものかと思ったのに……残念」

加蓮「うぅぅ、ほっぺた千切れるかと思ったぁ……!」ヒリヒリ…

泰葉「それで? どうして内緒にしてたの?」

加蓮「だ、だって恥ずかしかったの! 不意打ち食らったから顔真っ赤になっちゃって、Pさんにも笑われたし……!」

李衣菜「よく言うよ、散々いちゃついてる写真送りつけてきたくせに……」

11: ◆5F5enKB7wjS6 2016/03/14(月) 01:10:12.92 ID:UefD66RJO
泰葉「そうだ、もらったときの写真はないの?」

加蓮「あ、あるわけないでしょ! 私とPさんだけの秘密――」


李衣菜「『Pさん、加蓮にプレゼントしたときのリアクション写真ありますか?』……っと」

泰葉「李衣菜、素敵!」

加蓮「ちょっ……!?」


ぴろんっ


プロデューサー
『あるぞ。こっそり撮ったから』


李衣菜「――ぶふっ! あは、あはははははは! と、トマトかなこれ? あっははははは!!」

泰葉「ふ、ふふふっ! 顔ってこんなに赤くなるんだ……デレデレしちゃって、ふふっ、うふふふふ♪♪」

加蓮「なんであるのPさんのばかぁぁぁぁあああああッ!!!」

12: ◆5F5enKB7wjS6 2016/03/14(月) 01:12:15.92 ID:UefD66RJO


加蓮「」


李衣菜「いやー、面白いの見れた♪」

泰葉「ホワイトデーのプレゼント、これでもう充分かも……♪」

加蓮「」

李衣菜「……おーい? 生きてるー?」

加蓮「…コロシテ。コロシナサイ」

泰葉「元気出して、加蓮。生きてればきっといいことあるから♪」

13: ◆5F5enKB7wjS6 2016/03/14(月) 01:16:08.39 ID:UefD66RJO
加蓮「もうやだぁ」グスン

李衣菜「あ、泣いた。じゃあ約束通り、カフェモカでも飲もっか!」

泰葉「ふふ。カフェの店長さん、よろしくね?」

加蓮「今のこの気持ちを忘れさせるくらい甘いのお願いぃ……」メソメソ…

李衣菜「えへへ、任せてよ! ちょっと待っててねっ」

泰葉「加蓮、泣かないの……よしよし」

加蓮「うぅ~……!」

14: ◆5F5enKB7wjS6 2016/03/14(月) 01:19:36.64 ID:UefD66RJO
加蓮「――もう、Pさんのばかぁ。隠し撮りなんて……!」

李衣菜「ずずっ……あはは、まだ言ってる――甘っ。チョコシロップ入れすぎたかな」

加蓮「あぁ、甘い……Pさんのくれたココアよりずっと美味しい……あんな人知らないっ」

泰葉「ふふ、独り占めするとこうなるのね。うん、いい香り……♪」



加蓮「だいたいさ、Pさんはいつもいつも――!」グチグチ…!

李衣菜「はいはい、そうだね――♪」ケラケラ

泰葉「ふふふ……楽しい♪」ニコニコ



おわり