1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 11:23:37.54 ID:KAgbIiN80
男「何だここ・・・。見渡す限りのすすき野原?」ボー

犬娘「は、はわっ、ににに人間がどうしてここに!?」

男「俺、確かに家の布団で寝てた筈なのに・・・。いつの間に外に出たんだ?」

犬娘「ど、どうしよう。こういうときはどうしたら!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1375583017

引用元: 男「んぁ?ここは・・・」 犬娘「に、人間!?」 


 

BRUTUS (ブルータス) 2016年 3月15日号 No.819 [雑誌]
マガジンハウス (2016-03-01)
売り上げランキング: 286
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 16:10:55.10 ID:0btfxEMD0
男「えーと、確かに家の布団で寝てた筈なのに・・・」ボー

犬娘「(うぅ、怖くはなさそうだけど、人間なんてお話ししたことないよぅ・・・)」

男「しかも見渡す限りのすすき野原。空に星が散らばってるってことは、夜ってことだろうけど・・・」

犬娘「(はわわ、キョロキョロし始めた!な、何か探してるの!?)」

男「んーと、取り敢えずここを動かないと、何も分からないか」ヨッコイセ

犬娘「(た、立ち上がった!?)」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 16:17:38.82 ID:0btfxEMD0
男「えーと、どこかに民家の明かりとかないかなあ?」

犬娘「(さ、さらに遠くを見渡すようにキョロキョロし始めた!?)」

男「ん?星明かりに照らされてぼんやりとだけど、獣道が見える・・・」

犬娘「(はわっ!?し、しまった、私の通った跡だ!)」アセアセ

男「この道は・・・。あの遠くに見える山の麓に伸びてるのか?」

犬娘「(きゃー!きゃー!そ、そっちは私達の村が!!)」ジタバタゴロゴロ

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 16:28:23.66 ID:0btfxEMD0
男「んー、他にアテもないし、この道を進むか。何とかなるでしょ。うん」

犬娘「(あっ、あっ!行っちゃう!このままだと私の村に人間が!)」オロオロ

男「うし、そうと決まれば。行きますかー」スタスタ

犬娘「(どどどどうしよう!?と、止める!?いや、怖くてとてもじゃないけど声なんて掛けられない!でも止めないと、あーでも!でもー!)」ジタバタゴロゴロ

男「~~♪」

犬娘「(あっ、行っちゃった!こ、こうなったら、先回りして皆に人間のこと伝えないと!!)」ガサガサ スタタタタ!

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 16:35:09.32 ID:0btfxEMD0
~男side~
男「それにしても、本当にここどこだろう?見渡す限りずっとすすき野原。空はよく見れば薄紫色。月は同じみたいだけど、何倍も大きいし・・・」

男「・・・でも。何でかなあ。不思議と違和感ないんだよなあ。夢みたいな景色なのに・・・」

男「あ、夢か。そうか。そうだよな。何でこんな簡単なことに気付かなかったんだろう。夢に決まってるよコレ」

男「いきなり目が覚めたら自分の知らない世界。普通じゃないもんなー。明日大学受験だから緊張してるのかな・・・」

男「よし。夢だと分かれば悩むこともない。この幻想的で美しい景色を心行くまで楽しもう!知らない土地を進むのって、童心に帰るなー。ドンドン進もう!」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 16:45:34.01 ID:0btfxEMD0
~犬娘side~
犬娘「ハッ、ハッ!・・・」ダダダダダダダ!

犬娘「な、何で!人間、の、ハッ、男の人、が!ハァッ・・・!」ダダダダダダダ!

犬娘「こんな時に!ハァッ!ここにーー!ブハァッ!」ダダダダダダダ!

カラス「おや、犬娘!どうしたんだい、そんな必死な顔で!」スィー

犬娘「あ、か、カラスさん!ハァッ、ハァッ!」ダダダダダダダ!

カラス「おやおや、ただ事じゃなさそうだね」バサバサ

犬娘「そ、そうなの!ハァッ、さっき、すすき野原で、ハァッ、お祭り用のすすきを、ハッ、採っていたんだけど、ハッ」ダダダダダダダ!

カラス「ふむふむ」

犬娘「い、いき、なり!ハァッ、そ、空から、人間、が!」ダダダダダダダ!

カラス「ほほう!?人間!それは面白い!」カカカ 
犬娘「お、面白く、ないよ!?ハァッ、だから、早く、はっ、皆に、伝えに行くん、だよっ!」ダダダダダダダ!

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 17:00:22.04 ID:dZs2qaKA0


~犬娘の住む村『秋之村』~
ワイワイガヤガヤ

大狸「おう!犬のとこの!」

犬父「これは大狸の旦那!お元気そうで!」

大狸「ワッハッハ!そっちも元気そうで何よりじゃ!」バンバン

犬父「あはは」

大狸「それより、今年もまたこの時期が来たのう!」

犬父「ええ、この村で一年に一度行われる大祭事、『紫苑祭』」

大狸「ワッハッハ!儂はこの祭りが生き甲斐といっても良いくらいこの祭りが好きでなあ!」

犬父「ええ、私もですよ。一年に一度、5日間だけの祭りですからね。この時期しか、周囲の村々との交流も行えない」

大狸「ワッハッハ!儂は来れないこともないがのお!」

犬父「ははっ、確かに全盛期のあなたでしたらそうでしょうが、今はもう歳でしょう?隠居した身で、無理はしない方が良いですよ?娘さんに叱られたくないなら、ね?」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 17:32:14.06 ID:LPp9sB1A0
大狸「いやはや。それは勘弁願いたいのう・・・」ポリポリ

犬父「あはは」

大狸「ワハハ!」

猫少年「おぉーい!犬父さーん!」タッタッタッ

犬父「ん?どうしたんだい?」

猫少年「い、今、犬娘が村に駆け込んできて、急いで犬父さんと村長を連れてきてくれ、って!」ハァ ハァ

犬父「どうしたんだろうか・・・」

大狸「まあ、行けば自ずと知れるであろうよ。ほれ、行かんか」

犬父「そうですね。あ、良ければ一緒に・・・」

大狸「お?そうか?では、儂も行くとしようか」ウズウズ

犬父「ははっ、そう言うと思ってましたよ」

猫少年「あの、・・・」

犬父「ああ、すまない。どうもありがとう。君は祭りの手伝いに行ってくれないか?」

猫少年「は、はいっ」タッタッタッ

犬父「さて、と・・・」

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 18:15:53.90 ID:LPp9sB1A0
ガヤガヤ
ダイジョウブー?
ホラ オミズー

犬娘「(ゼーーハーー、ゼーーハーー・・・)」グッタリ

犬父「犬娘!」

大狸「おうおう。これはこれは・・・」

村長「ふがふが」プルプル

犬少年「あ、ほら、犬娘!犬父さんが来たよ!」ユサユサ

犬父「ああ、そのままで。犬娘、いったいどうしたんだ?すすきを採りに行っていたのだろう?何があったというんだ?」

犬娘「」プルプル スッ(指差し)

犬父「?」

カラス「あ、あっしが説明します」

犬父「カラス。君も一緒に?」

大狸「おお、ヤタの」

カラス「大狸の旦那、やめてくだせえ。もう昔の話でさあ」

犬父「カラス、それで何があった?」

カラス「ああ、すいやせん。実はですね。すすき野原に人間が出たらしいんですわ」

犬父「!」

大狸「ほう!」

村長「ふがふが」プルプル

カラス「しかも、真っ直ぐここを目指しているとか」

ニンゲンダッテー!
ホントカナ?
ニンゲンッテコワイノ?

ガヤガヤ

犬父「うーん・・・」

大狸「ワッハッハ!これは!久方振りに面白いぞ!」

村長「ふがふが」プルプル

犬父「あ、村長は自宅に戻ってください」

村長「ふが・・・」ヨロヨロ

大狸「それでカラスよ。その人間は今はどのあたりにおるか分かるか!?」

カラス「さあ、あっしはずっと犬娘に付いて来たもんで、実際に見た訳じゃあありゃあせんから・・・」

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 18:28:09.50 ID:LPp9sB1A0
犬父「大狸さん・・・」

大狸「何を深刻そうな顔をしておる犬父!」

犬父「しかし、流石に前例がありません。人間という存在は、我々はまだしも、子供達の間ではもはや物語の中の存在になりつつあるものです。さらには、相手の人格すら分からない。この状況で下手を打てば、また・・・」

大狸「ワッハッハ!構わん!また過去の再来となるならば、この儂が一命を賭してでもその人間を捻り潰すまでよ!」

犬父「しかし、それでは済まないかもしれない!あなただけでなく、村に集まっている皆に危険があるのですよ!?」

ニンゲンッテコワインダ!
ド、ドウスルンダロウ!?
セッカクノオマツリナノニ

ザワザワ

大狸「犬父よ、落ち着け。子供らに聞こえておる・・・」

犬父「・・・!す、すみません」

大狸「あー、皆よく聞け!これから人間が来るかもしれん!が、安心せい!この儂、大狸の爺が皆を守っておる!古来より生き抜いてきた大妖怪の力、信じて任せよ!」

ヨカッター
ソレナラアンシンダネ
サ、ジュンビヲツヅケルヨ

ガヤガヤ

犬父「ありがとうございます」

大狸「ワッハッハ!気にするな!犬父よ、確かに辛い過去はある。儂とて、人間を恨んでいた時期もあったわ」

犬父「・・・」

大狸「しかし、しかしの?儂らの恨み辛みを、何も知らぬ孫子の代まで受け継がせるのは、呪いであると、儂はそう思うのよ」

犬父「仰るとおりです」

大狸「ワッハッハ!まあ、その人間が救いようのない者であれば叩き伏せるがの!」バンバン

犬父「ははっ、期待してますよ」



16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 18:34:16.70 ID:LPp9sB1A0
カラス「大狸の旦那、犬父さん。その人間、1人で、若い男らしいですぜ」

大狸「ほう。何か得物は持っておったか?」

カラス「いえ。そこまでは・・・」

犬娘「わ、私が説明します」

犬父「犬娘。大丈夫か?」

大狸「おお!ようやっと目覚めたか」

犬娘「大狸のおじいさん、お久しぶりです」ニコッ

大狸「うむ、久方振りじゃ」ナデナデ

犬娘「えへへ。カラスさん、ありがとうね」

カラス「いやいや。あっしは大したことぁしてねえよ」

犬父「犬娘、それで、その男の特徴や、分かっていることを教えてくれるかい?」

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 18:47:59.85 ID:LPp9sB1A0
犬娘「はい、父さん。えーと、18、9の男の人で、武器や鎧は身に付けていませんでした」

犬父「うん。それで?」

犬娘「何か、面白い着物を着ていました。見たこと無いような、袷が無い物を着て、袴も履かず、足の形がそのままの布を履いていました」

大狸「ふむ。恐らくは西洋の召し物であろうよ」

犬父「ご存知で?」

大狸「おう。最後に人の里に降りたとき・・・ざっと200年前かの?その頃にはこの国に伝わっておったわ。確か洋服と言ったか」

犬娘「ほぇー・・・。あ、あと、何かを探しているような感じでした!」

犬父「何かを?」

犬娘「はい、辺りをキョロキョロ見渡して」

大狸「・・・恐らく、そこがどこであるかを把握しようとしていたのだろうて」

犬娘「なる程。あ、それで、暫くキョロキョロしてから、私たちがいつも使う獣道を見つけて、そこを辿ってここへ向かっています!あと暫くすれば着くかも!」

犬父「ふむ。相手は丸腰。そしてこの場所を何も知らない・・・。ならば何故ここへ現れた?」ブツブツ

大狸「犬父よ、ここで悩んでも仕方あるまいて。おいカラスよ、警備の者に外から人が現れたら知らせよと伝えてくれるか?」

カラス「へい!あっしに任せておくんなせえ!」バサバサ

犬父「犬娘、よく伝えてくれたね。一度家に戻って、休むといい」ポンポン

大狸「おお、そうじゃのう。よく休めよ?」

犬娘「はい。そうしますー」ペコリ トコトコトコ

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 19:03:25.60 ID:LPp9sB1A0
大狸「それにしても、愉快なことになったのう?犬父」

犬父「あはは。この件を『愉快なこと』と言えるあなたは本当に頼もしいですよ」

大狸「ワッハッハ!存分に頼れ!このジジイも、まだ捨てたもんではないぞ?」

犬父「ええ。ところで、大狸さん」

大狸「ん?」

犬父「今回の件、どう見ますか?」

大狸「どう、とは?」

犬父「私たち妖の者がこの国の各地に散り、それぞれが強固な結界を張り、一年に一度の交流のみで過ごしてきたこの約百年。かつて一度たりとも人間の侵入を許したことはありません」

大狸「うむ。確かに」

犬父「しかし、今回は人間の侵入を許した。それも突如として宙から現れた、と」

大狸「うむ」

犬父「一体何故だと思いますか?」

大狸「犬父よ、儂とて万能ではない。この手の考え事は、むしろお主の方が得意であろうよ」

犬父「それは、そうですが・・・」

大狸「ほれ、お主の悪い癖じゃ。物事の結論を急ぎすぎる」

犬父「あ・・・」

大狸「もう少し肩の力を抜かんか。焦っていてもどうにもなるまいよ」ポンポン

犬父「・・・ははっ。そうですね」

大狸「うむ。そうして笑っておれ。そうしていれば、自ずと答えは見えてこようよ」

犬父「はいっ!さ、私たちも祭りの設営の手伝いに行きましょうか」

大狸「おお、そうしようかの!」

19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 19:14:47.33 ID:LPp9sB1A0
男「フンフンフフーン♪フフンフーン♪」

男「お?あそこに見えるのは町明かりか?ようやく人の気配の有るところに着いたなー」

男「腹も減ってきたし、何か食べるものくれるかなあ?夢の中なのに、財布の中身は現実的だ・・・」

~秋之村 すすき野原方面入り口~

唐傘お化け「やや!?前方に人影を確認しましたぞ!?」ピョーンピョーン

カラス「何!?本当ですかい!?」

塗り壁「・・・いる」ボソッ

カラス「じゃあ、あっしが大狸の旦那達に伝えてきやす!それまでここで留めておいておくんなせえ!」バサバサ

唐傘お化け「あい!お任せを!」ピョーンピョーン

塗り壁「・・・通せんぼは、得意」ボソッ

20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 20:43:49.36 ID:LPp9sB1A0
男「おお、着いた着いた。それにしても綺麗だなー。江戸時代みたいな街並みが広がっていて、薄暗い世界を、軒先に吊されているランタンのようなものの暖かい光が照らしている」

唐傘お化け「お、おい!そこの人間!」ピョーンピョーン

男「お!ようやく人がぅおう!?」ビクッ

唐傘お化け「やいやい人間!ここへ一体何しに来た?」ピョーンピョーン

男「え、え?いや、あの・・・。てか傘が喋った!?」オロオロ

塗り壁「・・・唐傘、落ち着け」ボソッ

男「うわあ今度は壁まで!」

塗り壁「・・・お前も落ち着け、人間」ボソッ

唐傘お化け「いいか!間もなく大狸の旦那達が来る!それまでお前はここにいるんだ!」ピョーンピョーン

塗り壁「・・・待っていろ」ボソッ

男「この二人?だけでもビックリなのに、狸ときたか・・・。しかも『たち』って・・・」

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 20:51:54.71 ID:LPp9sB1A0
~秋之村中央広場・祭り会場~
カラス「お、大狸の旦那あぁぁ!」バサバサ

トンテンカン トンテンカン
大狸「お?なんじゃいヤタの」ヨッコラセ

カラス「いやだから今はただのカラス・・・じゃなくて!」

犬父「おやカラス。まさか・・・」

カラス「へ、へいっ!例の人間が・・・」ボソボソ

犬父「大狸さん」コクッ

大狸「ワッハッハ!待ちくたびれたわい!」

カラス「ささ、お二方、急いで!」バサバサ

・・・・・・・・・・・・・・・・

犬娘「・・・わ、私も!」

22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 20:55:29.05 ID:LPp9sB1A0
犬父「やはりすすき野原方面入り口ですか!」タッタッタ

カラス「へい!今は唐傘の兄さんと塗り壁の大将が足留めしてまさあ!」バサバサ

大狸「ワッハッハ!疼くのう!楽しいのう!」ドスンドスンドスン

カラス「見えましたぜ!お二方!」バサバサ

大狸「おお!」ドスンドスンドスン




24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 21:12:01.93 ID:LPp9sB1A0
唐傘お化け「あははは!本当かい!?」ゲラゲラ

男「おお、本当なんだそれが。こう、強い風が吹くとな?傘が逆さまにひっくり返るんだよ。雨を溜める器になっちまうんだ」

唐傘お化け「何だいそれ!?傘の風上にも置けないな!」アッハッハッハ

塗り壁「・・・ふっ」

カラス「・・・あれ?」

犬父「これは、一体?」ポカン

大狸「あやつら・・・」ハァー

唐傘お化け「あ、大狸の旦那に犬父さん!お疲れ様です!」ビシッ ピョーン

塗り壁「・・・」ペコリ

男「お、アンタらが狸に犬の」

カラス「こ、こら!人間!何て口のききかたを!」

男「おお、カラスもいるのか」

カラス「こ、こら!あっしに触るな!」
ギャーギャー

犬父「(唐傘くんに、塗り壁くん。これは一体?)」ボソボソ

唐傘お化け「(いやそれが、話してみるとなかなかどうして面白い奴でして・・・)」

塗り壁「(・・・人間、面白い)」ボソッ

犬父「(・・・)」チラッ

男「おお、狸の旦那。アンタ随分でかいなあ」

大狸「・・・人間」ギロッ

犬父「(大狸さん!?)」

25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 21:32:59.35 ID:LPp9sB1A0
大狸「人間。お主は、何をしにここへ?」

男「いや、まあいいじゃねえか。それよりアンタ・・・」

大狸「人間。儂の質問に答えろ・・・!」ゴッ!

男「・・・!すまない」スッ

大狸「(ほう。纏う空気が変わりよった)では、質問に答えろ。何をしにここへ?」

男「俺は、ふと気が付いたらすすき野原にいた。周りを見ても何も分からず、とにかく人を探そうと獣道を辿ってここへ来た。とにかく誰かしら人と会う。それが目的だ」

大狸「・・・嘘偽りはないな?」

男「誓って」

26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 22:08:59.45 ID:LPp9sB1A0
大狸「・・・」

男「・・・」

大狸「くっ、くはっ・・・」プルプル

犬父「え?」

大狸「ワッハッハッハッハ!良かろう人間!お主なかなか見所があるぞ!そやつらの言うとおり、面白い!」バンバン

男「ふぅー。お眼鏡に適って何より」ホッ

犬父「大狸さん・・・」

大狸「犬父よ、案ずるな。この人間は、儂らに何一つ害をもたらさんよ」

犬父「そう、ですか・・・」

男「じゃあ、改めて。男だ。大狸の旦那、それから犬父さんとやら。カラス。宜しく頼むよ」ペコリ

カラス「むう。大狸の旦那が言うのなら・・・」

犬父「ええ。宜しくお願いします」ペコリ

大狸「ワッハッハ!男よ!それにしてもいい時期に迷い込んできたのう!」

男「いい時期、とは?」

犬父「明日から5日間、年に一度の大きなお祭りがあるんですよ」

男「へえ!祭りか!」

大狸「儂ら妖の者が一番楽しみにしておる祭りじゃ。心行くまで楽しんでいけい!」

唐傘お化け「楽しいぞー!『紫苑祭』は!」ピョーンピョーン


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 22:15:07.35 ID:LPp9sB1A0
カラス「折角ここに留まるんだ。楽しんで行けよ」

男「ああ!」

大狸「しかし、お主も初めての土地で祭りを楽しむのも一苦労だろう」

男「む、確かにな」

大狸「そこで、だ。案内を付けよう」

男「本当か!?助かる」

犬父「しかし、誰を?あなたや私は立場上、自由な時間など無いに等しい。カラスも、塗り壁くんや唐傘くんも、当日は警備の仕事が殆どです。他の妖(ひと)達に頼もうにも、皆警戒してしまいますよ」

大狸「ワッハッハ!何を言う。もう1人おるではないか。この人間を知っていて、祭りの期間中は手の空いている者が」

犬父「それは?」

大狸「おうい、聞いておるのだろう!?犬娘!」

犬娘「はうあ!」ドキーン!

犬父「犬娘!?」

28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 22:27:26.26 ID:LPp9sB1A0
大狸「ワッハッハ!やはりな!お主なら付いてきておるだろうと思ったわ!」

犬父「犬娘・・・。帰って休んでいなさいと言ったのに・・・」

犬娘「うぅ・・・。父さん、ごめんなさい。でも、どうしても気になって・・・」シューン

男「ええっと?」

大狸「お主を、すすき野原で見かけた者じゃ。この娘の報せで、警備の者に足止めするように頼んでおったのよ」

男「ああ、なる程。でも、それならあの野原で声を掛けてくれれば良かったのに」

犬娘「あう、で、でも人間なんて見たの初めてだったから、そのぅ・・・」モジモジ

カラス「犬娘は、緊張しちまってそれどころじゃなかったんだぜ?」

犬娘「はうぅぅー///」プシュー

男「そっか。なら、これからよろしくな。犬娘」ナデナデ

犬娘「ふあっ!?」ビクン!

犬父「!?」

男「あ、悪い。なんか、つい撫でたくなって・・・」

犬父「あー、君。私の娘なんだが」ゴホン

男「分かってるって。もうしないから」ヒラヒラ 

犬娘「は、はうあうはうあうあー・・・///」プシュー バタン!

犬父「い、犬娘!?」

男「えー、と?」

大狸「ワッハッハ!気にするな!お主のせいではないわい。くっくっく、楽しみじゃのう!」

犬娘「あうあう・・・///」プシュー

犬父「犬娘!全くもう・・・」ハァー

29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 22:44:44.82 ID:LPp9sB1A0
~数時間後~
男「いやー、それにしても面白いなあここは」

犬娘「・・・」ドキドキ

男「お、あっちにいるのは猫の妖怪か?」

ワッ、ニンゲンダー
イヌムスメトアルイテル
ミタメハアンマリコワクナイネー
ザワザワ

男「ははっ、さっきからあちこちで噂になってら。犬娘、平気か?俺と一緒に騒がれてるけど」

犬娘「・・・」ドキドキ

男「犬娘?」ヒョイ

犬娘「ぅわひゃあ!な、ななな何ですか!?///」ドキーン!

男「いや、何かさっきから上の空だし、具合でも悪いのかなー、って」

犬娘「い、いえいえ!そんなことありませんですよ!?」ブンブン!

男「そうか?ならいいけど・・・」スタスタ

犬娘「(うう、父さんに大狸のおじいさんのばか!あんな事言われたら意識しちゃうよ!)」

~ちょっと前~
犬母「あら!殿方と祭りへ!?」

犬娘「か、母さん!勘違いしないでね!?別に変な意味じゃなくて、ただ迷い込んできて右も左も分からない人間の案内をするだけなんだから!」

犬母「まったく・・・。そんなこと言っているから、あなたは素敵な恋人の1人や2人もモノに出来ないのよ?」

犬父「確かに、思春期(盛り)を過ぎたというのに、特に親しい男の子が居ないというのは、どうだろうか・・・」ハァー

犬娘「父さんは普通安心する立場じゃないの!?」

犬父「いや、確かに一時期は男の影が無いことに安心していた時期もあったけど、流石に二周期を過ぎても恋人の1人もいないっていうのはねえ・・・」フゥー

犬母「そうよ?私たちも早く孫の顔が見たいですもの。焦りもするわ」ハァー

大狸「ワッハッハ!ならば今回あの男が迷い込んできて良かったではないか!」

犬娘「大狸のおじいさん!?」

犬父「大狸さん、それは流石に・・・」

30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 23:02:30.34 ID:LPp9sB1A0
大狸「何を言うか!今は滅多にないが、昔は人間と交わる事などざらにあったぞ!」

犬父「それは、そうですけど・・・」

犬母「あら、いいですわね!」

犬娘「母さん!おじいさんも!やめてくださいよもう!」プンプン

大狸「何を言うておる。あの人間、『男』は、儂が見込んだ男じゃぞ?お主も嫌っておるわけではないのだろう?」

犬娘「そ、それは!そうですけど!でも、まだ相手の事もよく知らないし、第一あの方が私のことをどう思っているのかだって・・・」

犬母「あら。なら、あなたがその男君の事をよく知って、男君があなたのことをどう思っているのか分かれば文句は無いと?」

犬娘「え!?いや、ちが・・・!///」カァァー

大狸「ワッハッハ!初々しいのう!この話、別室で待たせている男に聞かせてやりたいわ!」

犬娘「いや、ちょ、ダメですよ!」

犬父「むう。やはり娘に恋人が出来るというのは、それなりに複雑な心境だな・・・。しかも相手は人間、か」

犬娘「父さんまでー!」

大狸「まあ、ともかく」

犬父「そういった?可能性?もある、ということは覚えておいて」

犬母「頑張ってきなさい!祭りの期間は5日。それだけあれば、若い男女ですもの。嫌が応にでも、関係は進んでいきますわ!」

31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 23:17:03.14 ID:LPp9sB1A0
~現在~
犬娘「(まったく、皆勝手なんだから!そりゃ、私だって素敵な恋人くらい欲しいけどさ)」

男「・・・ーい」

犬娘「(大体父さんだってあまり人間の事好きじゃないみたいなこと言ってたのに、大狸のおじいさんが認めたらすぐこの人のこと認めちゃうし!)」

男「・・・すめー?」

犬娘「(ま、まあ?確かにこの人、背も高いし、結構筋肉もあるし、あ、頭撫でてくれたし・・・///)」ウフフ

男「ぃ・・ぬ・・・め・・・ってばー?」

犬娘「(さっき撫でられた時、気持ち良かったなぁ・・・。父さんとも、母さんとも違う、温かくて、大きな手・・・)」

男「・・・!・・・!!」 

犬娘「(こ、ここ恋人がどうとかは別として!)」ブンブン!

男「!?」ビクッ

犬娘「(も、もう一度撫でてほし・・・)」チラッ

男「い・ぬ・む・す・め!!」ガッ!

犬娘「きゃあぁーー!!」

男「うおっ!」

犬娘「ななな何ですかいきなり!ひ、妖(ひと)の肩を掴んで!!」ドキドキ

36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 08:52:59.55 ID:i/9Jk9SR0
男「いや、さっきから何度も声掛けてるのに全然返事しないし、上の空だったからどうしたのかな、と思ったんだよ」

犬娘「だ、大丈夫です!もう、全然大丈夫です!」アセアセ

男「そうか?顔、真っ赤だぞ?熱でもあるんじゃないか?」ピト

犬娘「!!!?」ドッキーン!!

男「んー、熱は無いか・・・?」

犬娘「(は、はわわわわわ!!お、おで、おでこ!さ、触られてるー!)」ドッキン!ドッキン!

男「うーん・・・ってあれ?何かさらに顔が赤く・・・って熱う!?」バッ!

犬娘「きゃん!」

男「あ、悪い!じゃなくて!犬娘、お前熱すごいじゃないか!」

犬娘「い、いや、これは・・・///」

男「具合悪いなら無理して案内してくれなくても良かったのに!」

犬娘「いや、あの、だから・・・///」

男「ほら、一度帰ろう。ゆっくり休んでいないとダメだ」グイッ

犬娘「ほぇ?ひゃあっ!

37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 09:07:55.57 ID:i/9Jk9SR0
男「ほら、一度帰ろう!ゆっくり休んでいないとダメだ」グイッ

犬娘「ほぇ?ひゃあっ!」ズテン!

男「うおっと!?」ヨロ

犬娘「あわわ、す、すいません!(どどどどうしよう!?あまりに緊張しちゃって、こ、腰が抜けちゃった・・・///)」

男「おいおい・・・。立てないほど体調悪いのか・・・。こうなったら!」グイッ ダキッ

犬娘「はわっ!?///」

男「よし、行くぞ、しっかり掴まってろよ!」ダッ!

犬娘「(こ、こここの体勢は!?///)」カァァー

オカアサン、イヌムスメノネエチャンガオヒメサマダッコサレテルー
アラアラ、ホホエマシイワネー
ジョウチャンオアツイネエ!

ワハハ ワハハ

犬娘「(ーーーーーーーー!!!!!)///」ギュウゥゥ

男「はっ、はっ・・・。犬娘、もうすぐだからな!!」ダッダッダッダッ

犬娘「(・・・あ、すごく、必死な顔・・・)」

男「はっ、はっ・・・!」ダッダッダッダッ

犬娘「(この人は、会ったばかりの私のこと、本当に心配してくれているんだ・・・)」

男「はっ、はっ・・・。あと、少しだ・・・!犬娘、頑張れよ!」ダッダッダッダッ

犬娘「(!!)」ドキーン!

犬娘「(どうしよう・・・。この人は人間なのに・・・)」

男「よし!はっ、はっ・・・。家が見えてきた!」ダッダッダッダッ

犬娘「(絶対に有り得ない、って思ってたのに・・・)」トクン トクン



犬娘「(本当に好きに・・・、なっちゃった)///」ボッ

男「うわあ!犬娘の熱がさらに高く!?」

38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 10:22:46.59 ID:i/9Jk9SR0
ー犬娘の家ー
犬母「まったくあの子ったら・・・」ハァ 

男「あ、犬母さん!犬娘は大丈夫なのか?」

犬母「あら男君。待っていてくれたのね。ええ、あの子は平気よ。何の問題もないわ」

男「そうか・・・」ホッ

犬父「それにしてもすまなかったね、男君。あの子も重かっただろうに、ここまで運んでくれて」

大狸「ワッハッハ!やはり、儂の見込んだ通りじゃのう!」ヒック

男「いや、そんな大層なことはしてないよ」

犬父「いやいや、出会って間もない妖(ひと)の為にあそこまで頑張れるというのは美徳だよ。君はとてもいい青年だ」クイッ コクコク

犬母「あなた、あまり飲み過ぎませんように」

犬父「あはは、分かっているよ。まだお猪口に2杯だ。まあ、そろそろ止めるがね」

大狸「何じゃ。もう終いかの?ならば男、お主はどうじゃ?」ドン!

男「いや、俺は未成年・・・だが、どうせ夢だ。頂こう」

大狸「ワッハッハ!話が分かるのう!」トクトク

犬父「ところで、『夢』とは?」

男「ん?いや、今のこの状況だよ。大学受験を明日に控えた俺の脳がせめてもの慰めに見せる夢だろうな、って」クイッ 

犬母「それは・・・」

男「まー、こんな不思議な体験、現実には有り得ないだろうしな!夢の中で、夢であることを把握するのって何て言うんだっけか?白昼夢?は、違うよなー」

犬父「あー、男君?」

大狸「・・・!」プルプル

男「ん?どうしたんだ?皆揃って妙な顔して」キョトン

犬父「ここは、紛れもなく現実だよ?」

男「はい?」

犬母「確かに、あなたの世界では起こり得ないことでしょうし、夢だと思い込みたくなる気持ちも分からなくもないけど・・・」

犬父「ここはちゃんと『現実』の世界だよ?」

男「・・・え?」

大狸「ワァーッハッハッハ!!こ、これは面白いぞ男!!」バンバン!

39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 10:30:24.81 ID:i/9Jk9SR0
男「え!?ちょ。本当か!?」

犬父「ああ。本当だよ。何なら君の頬でも抓ってみようか?」

男「そ、そんな・・・」ガックリ

犬母「あらあら。ここが夢なら良かった?」

男「いや、そんなことはない。そんなことはないけど・・・」

大狸「因みに、こことお主の住んでおったせかいの時間の流れは同じじゃ。ここの夜が明けるとき、お主の世界の夜も明ける」ゴクゴク

男「そ、そんな・・・!受験が!」

犬父「その、まあ、何というか・・・」

犬母「げ、元気を出して?」ポンポン

男「うう、必死に勉強してきたのに・・・」

大狸「ワッハッハ!諦めよ!これからはここで暮らすのじゃ!どの道諦めるしかないわい!」

男「おおっとお?予測はしてましたけど本当に帰れない設定まで?」

犬父「実を言えば、君はかなり特殊な例でね。ここ百年近くの年月において、ただの一度も前例が無いんだ」

40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 10:52:49.44 ID:cgGF+R6C0
男「そ、そんな・・・。対処のしようもないと?」

犬父「ああ、勿論、調査はするよ。今後また同じ事が起こらないとも限らないからね」

男「そうか・・・。じゃあ、任せてもいいか?」

犬父「ああ、任せてくれ」

大狸「男よ、安心せい。この犬父は、この村でも指折りの頭の良さを誇っておる」

男「ああ、信じる」

犬母「男君。あなたは、ここで暮らしなさいな」

男「えっ?」

犬父「ああ、そうするといい。というより、そうするほか無いだろう?」

男「いや、だけど・・・」

大狸「ワッハッハ!そうさせてもらえ!何も気にすることはあるまいよ!」

犬母「もちろん、相応に働いて貰いますけどね?」ウフフ

犬父「それに勿論、君さえ良ければ、だけどね」

男「・・・いや。願ってもない。帰れない以上、俺にはここで暮らす以外の選択肢は無いんだ。よろしく頼みます」ペコリ

大狸「ワッハッハ!年に一度の祭りの日に現れた人間!帰れずに妖怪の村で暮らす!実に面白いのお!」

男「まあ、滅多に出来ない体験ではあろうな」

犬父「そうと決まれば、男君。早速、明日の祭りの開催式で、君のことを村の皆や、ここに集まった他の村の者達に伝えたいんだが、いいかい?」

男「ああ。是非もない。これから暮らす以上、皆に知っておいてもらった方が、後々無用な騒ぎが起きなくて済むしな」

犬母「あらあら。結構豪気なのね」クスクス

大狸「頼もしいのう!ワッハッハ!」

41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 11:01:53.29 ID:cgGF+R6C0
大狸「さて、話も纏まったところで、儂は一度戻るとするかのう」ヨッコラセ

犬父「今回はすみませんでした。助かりましたよ」

大狸「なんのなんの。儂は楽しませて貰っただけよ!」

犬母「大狸さん、帰路、お気を付けて」  

大狸「おお。ではな!また明日来るわ!」


犬父「さて、男君。君も今日は疲れたろう。風呂が沸いている。湯に浸かってゆっくりしてくるといい」

男「そうか。有り難い」

犬母「もう。男君?ここはもうあなたの家も同然なんですからね?変な遠慮はしないように」

男「ははっ。分かったよ。じゃあ、行ってくる」

犬父「ああ、行ってらっしゃい」

犬母「着替えは脱衣場に置いてある浴衣を着てくださいねー」ヒラヒラ

42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 11:20:01.40 ID:rRI+PKDn0
ー犬娘の家・浴場ー
カポーン
男「おお、露天か!」

男「それにしても、妙なことになったなあ・・・」ゴシゴシ

男「未だに夢を見ているような感覚が残ってる」ザバー

男「まあ、悩んでいても仕方がないしなあ。明日からの生活、どうなっていくことやら・・・」ザブン

男「ふぅーー。いい湯だぁ・・・」




犬娘「(・・・・・・)」

犬娘「(お、男さんがどうしてここに!?)」

44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 11:46:48.29 ID:rRI+PKDn0
ー数分前・犬娘の部屋ー
犬娘「うぅ、ん・・・」パチッ

犬娘「あれ?私・・・」ムクリ キョロキョロ

犬娘「確か、男さんとお祭りの会場を回っていて・・・」

犬娘「急におでこ触られて、驚いて、お姫様抱っこで・・・。!!」ボッ

犬娘「ッーーーーーーー!!!」ジタバタ ゴロゴロ

犬娘「ぶはあっ!はあ、はあ・・・。うぅ、変な汗かいちゃった・・・」



大狸『ワァーッハッハッハ!こ、これは面白いぞ男!!』バンバン!



犬娘「まだ皆お話ししてる・・・。それに、お酒飲んでるのかな?」クンクン

犬娘「なら、汗もかいたし、お風呂行ってこよう・・・」コソコソ

犬娘「うう、抱っこされてたとき、汗臭くなかったかなあ・・・?」クンクン

45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 16:32:03.63 ID:rRI+PKDn0
カポーン
犬娘「ふう・・・」

犬娘「それにしても男さん、これからどうするんだろう?人間の村から来たってことは、この村に知り合いなんていないだろうし・・・」ウーン

犬娘「お、男さん、ウチに住んでくれないかなあ///」エヘヘ

犬娘「そしたら、きっとまた撫でてくれるよね?///」ポー


ほわわーーん
男『犬娘、可愛いね・・・』

犬娘『か、可愛いだなんてそんな!男さんたらお上手なんですから!///』アセアセ

男『本当に可愛いよ・・・。おいで、撫でてあげよう・・・』ギュウッ ナデリナデリ

犬娘『ふわっ!お、男さん・・・///』デレー



犬娘「きゃー!きゃー!お、男さんたらダイタンですぅー!///」バッシャバッシャ

犬娘「はあ、はあ、はあ・・・。私ったらな、何てはしたない妄想を・・・」チャプン

犬娘「うぅーー。でも、実際問題、男さんどうするのかな?」ウーン ブクブク


『おお、露天か!』


犬娘「!!」ドキーン!


46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 16:39:38.56 ID:rRI+PKDn0
犬娘「(お、男さんがどうしてここに!?)」

男『ふうー。それにしても・・・』

犬娘「(?)」

男『犬娘は大丈夫かな?』

犬娘「(へっ?)」

男『急に熱出して倒れるなんて・・・。悪い病気とかじゃないといいなあ』

犬娘「(お、男さん・・・!そこまで私の事を!?)」キューン!

犬娘「(うう、今すぐ男さんの側に行きたい!それで、また撫でてもらいたい!)」

男『さて、そろそろ上がるかな。あまり長湯してもなんだし』ザパッ

犬娘「(でもでも、お風呂で殿方の側に寄るなんてはしたないし!)」ウーンウーン ブクブク

カラカラカラ パタン

犬娘「(え、えーい、こうなったら、一か八かで男さんの胸の中に!)お、男さん!!」ザバッ!

しーーん

犬娘「・・・」

犬娘「ぐすっ」

47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 17:58:27.03 ID:i/9Jk9SR0
ー犬娘の家・茶の間ー
犬母「さあ、今日は腕によりをかけて作りましたからね!たんと食べなさいな!」

ズラァーー!!

男「おお!これはすごいな!」

犬父「妻の料理は村一番と言われるほどでね。是非味わってくれたまえ」

男「そういや、すすき野原で目が覚めてから、何も食べてないんだった。それじゃあ、頂きます!」

男「ふまい!ほれ、めひゃくひゃふまいぞ!?(訳:うまい!これ、めちゃくちゃうまいぞ!?)」ガツガツ モグモグ

犬母「あらあら。そんなに急いで食べなくても、まだまだあるわよ?」ウフフ

犬娘「あ、あの、男さん!」

男「ん?何だ?犬娘」ゴクン

犬娘「あ、あの、その・・・」モジモジ

男「?」

犬娘「こ、ここここれ!食べてくらしゃい!」バッ!

犬娘「(か、噛んじゃったーー!)///」プシュー

男「おお、肉じゃがか!好物だよ、頂きます」ヒョイパク モグモグ

犬娘「!!」

男「ふむふむ」モグモグ

犬娘「(ど、どうかな・・・!?)」ドキドキ

48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 20:12:45.23 ID:lrr1Vayk0
男「ん!美味い!すごく美味いぞ!!」

犬娘「ほ、ホントですか!?」パアァァ

犬母「ふふ、良かったわねー。一生懸命作った甲斐があって」

犬娘「も、もう!母さんってば!///」

男「これ、犬娘が作ったのか?料理、得意なんだな」モグモグ

犬娘「い、いえ、そんな・・・///」テレテレ

男「うん、これならいつでも嫁に行けるな!」

犬娘「お、お嫁さ・・・!?///」ボッ

犬父「おお、良かったな、犬娘。お墨付きだ」

犬母「うふふ、孫の顔が見られる日も近いかしら?」

犬娘「わー!わー!と、父さんも母さんも早く食べなよ!!///」

男「???」パクパク

51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 23:12:32.54 ID:i/9Jk9SR0
男「ごちそうさまぁっ!」パン!

犬母「あらあら。お粗末様でした。いい食べっぷりだったわー」ウフフ

犬父「ああ、見ていて気持ちが良かったよ」ズズー

男「犬母さん、めちゃくちゃ美味しかったよ!」

犬母「あらそう?うふふ、ならこれから毎日張り切っちゃおうかしら?」

男「いやー、ほんとに。毎日でも食べたいくらいだ」ポン、ポン

犬娘「ぅーー・・・」プルプル

犬母「(あらあら。)男君、参考までに聞くと、今日の献立の中で、どれが一番好みだったかしら?」

犬娘「!」ピーーン!

男「え?んーー・・・」

犬娘「(お、男さん・・・!?)」ドキドキ

男「・・・犬娘の肉じゃがかなあ。犬娘、お前の肉じゃが、一番好みだったぞ!」

犬娘「!!ほ、ホントですか!?」パタパタ

男「ああ。何て言うのかな・・・。こう、俺の求める、一番家庭的な味だった。将来は、こんな肉じゃがを作れる女の子と家庭を持てたらなあ、って思ったほどだ」

犬娘「っーーー!!///」パタパタパタパタ!!

犬母「うふふ、犬娘ったら。こんなに尻尾を振っちゃって」クスクス

犬娘「か、母さん!うるさいよ!///」

犬母「はいはい。それじゃあ、私は食器を片してきますね」スッ

男「あ、そのくらいは俺が・・・」

犬母「いいのよ。男子厨房に入るべからず。洗い物まで、女の仕事ですよ?」フフッ スタスタ

男「行っちゃった・・・」

犬父「はは。気配りも出来て、男君は本当にいい青年だなあ」ズズー

犬娘「ほら、父さん!いつまでもお茶飲んでないで、お風呂にでも行ってきたら?」

犬父「おお、そうだね。では、行ってくるとしよう。男君、君の部屋は後で案内しよう。それまで、ここで犬娘と待っていてくれるかい?」

男「ああ、構わないよ」

犬父「では、暫し失礼・・・」スタスタ スー パタン

男「ふうー」

犬娘「あ、お、男さん。よ、良かったらお茶、飲みますか?」

男「ああ。頂くよ」ニコッ
犬娘「(はうぅーーー!)わ、分かりました!すぐに淹れてきますね!///」パタパタ

男「・・・犬娘、また熱がぶり返したのかなあ・・・」

54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/06(火) 00:57:19.77 ID:Ty7DB1nB0
ー犬娘の家・台所ー
犬娘「母さん、お茶っ葉どこ?」ガサゴソ

犬母「あら、男君にお茶?」カチャカチャ ゴシゴシ

犬娘「うん、淹れてあげようと思って」エヘヘ

犬母「あらそう。結構順調に進んでいるのかしら?お二人は?」ウフフ

犬娘「か、母さん!そういう話はいいってば!////」

犬母「はいはい。ま、どうせこれからは一緒ですものね。焦らなくても良いでしょうし」カチャカチャ ゴシゴシ

犬娘「そうそう。これから一緒・・・え?」キョトン

犬母「あら、言ってなかったかしら?男君、これからここで暮らすのよ?」

犬娘「・・・え?」

犬母「あらあら。あなた、男君がこれからどうするか考えてなかったの?」

犬娘「いや、せいぜい一晩泊まっていくくらいかなーって思ってたのに!え!?暮らすの!?」

犬母「そうよ?父さんと私と出話して、決めたわ」


56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/06(火) 10:03:14.22 ID:Ty7DB1nB0
ー犬娘の家・茶の間ー
男「犬娘、遅いなあ・・・」

スッ パタン

犬娘「お、おおお男さん。お、おま、お待たせいたしました・・・」カタカタカタカタ

男「い、犬娘?」

犬娘「は、はい?なな何でしょう?あ、お茶です///」カタカタ スッ

男「あ、ああ。ありがとう」ズズ

犬娘「・・・///」プルプル

男「??」



ー犬娘sideー
犬娘「(う、うわあー。お、男さん、これから毎日一緒なんだー・・・!)///」プルプル

男「??」ズズー

犬娘「(ど、どうしよう!?か、顔が勝手に緩んじゃう!)///」プルプル ピクン!ピクン!

犬娘「(うう、気を抜くと尻尾もぶんぶん振っちゃいそうだし・・・///)」ギュゥゥゥ

男「ぷはあー。お茶も美味いなー」ホッコリ

犬娘「(か、かかか可愛いーー!)///」ドキーン!

男「ふう・・・」コト

犬娘「(あ、お湯のみを持つ手・・・)」

犬娘「(やっぱり大きいなぁ・・・)」ホウ

犬娘「(・・・うう、撫でて欲しいーーー!!///)」プルプル

57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/06(火) 11:31:20.90 ID:Ty7DB1nB0
男「(さっきから、犬娘が挙動不審だ・・・)」

犬娘「・・・///」イヤンイヤン

犬娘「・・・!」プルプル

犬娘「・・・///」ホウ

犬娘「・・・!///」ガクガクガク

男「・・・」

男「(正直少し怖いな)」ズズー

男「あ、そうだ。犬娘」

犬娘「ひ、ひゃい!?///」アセッ

男「もう聞いたかな?俺、今日からこの家で世話になるんだ」

犬娘「は、はい。さっき母さんから聞きました」

男「そっか。なら、そういうことだから。男の俺がいるなんて落ち着かないかもだけど、これからよろしくな」ポン ナデナデ

犬娘「!!ふぁ・・・!!///」プルプル

男「ん?あ、悪い。またやっちゃったな」パッ

犬娘「あ!!」

男「うおっ。な、何だ?」

犬娘「(お、思わず叫んじゃった!ど、どうしよう!?ま、まだ撫でて欲しいなんて、わがままかな?で、でも、折角の機会だし・・・!)」

男「犬娘?」

犬娘「(うう、も、もうわがままと思われてでも!!)あ、あの!も、もっと撫でてくれませんか!?」グイ

男「え?ああ、全然いいぞ」

犬娘「ほ、ホントですか!?」グイグイ

男「ああ、撫でる、撫でるよ。でもその前に・・・」

犬娘「な、何でしょう!?」キラキラ ワクワク

男「あー、ちょっと離れてくれるか?流石に近すぎる」

犬娘「へ?あ・・・///」カアァ

犬娘「す、すいません、私ったら///」チンマリ

男「あはは、いいよ。ほら、よしよーし」ナデリナデリ

犬娘「ふわあぁぁーーー・・・///」ウットリ パタパタパタパタ!!

62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/06(火) 16:03:03.37 ID:yGhCjA9x0
男「あはは、そんなに気持ちいいかー?顔、緩みっぱなしだぞー?」ナデナデ

犬娘「ふ、ふぁいーー・・・///お、男しゃん、とても上手でしゅーー・・・///」デレー ブンブン!!

男「尻尾もぶんぶん振ってる。可愛いなー犬娘は」ヨシヨシ

犬娘「か、かわっ・・・!?///」キュゥン!!

男「うん、まるで妹が出来たみたいだ」ナデナデ

犬娘「あう・・・。妹、ですか・・・」シューン フリ…フリ…

男「?犬娘?俺、何か不味いこと言ったかな?それとも、あまり気持ち良くなかったか?」

犬娘「あ、いえ、そんなことは!!」ブンブン

男「そうか?なんか、ちょっと元気無くなったから」

犬娘「いえ、これから私が成長して母さんみたいになればいいだけです!任せてください!」フンス

男「??ああ、頑張れよ」ナデナデ

犬娘「ふぇへへー///」デレー

男「(うん、やっぱり妹が出来た気分だ)」

63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/06(火) 16:36:49.97 ID:yGhCjA9x0
ー数分後ー
犬父「いやー、すまない。すっかり遅くなってしまった」ホッコリ

男「いやいや。そんなことはないさ」

犬娘「父さん、お帰り」テカテカツヤツヤ

犬父「ああ、ただいま(犬娘の血色が異常にいい?)」

犬母「あら、戻ったのね」スッ パタン

犬娘「母さん?随分かかったね?確かにお皿は多かったけど、母さんならもう少し早く・・・はっ!?」

犬母「(うふふ、早く私みたいになれるといいわねー?)」

犬娘「(の、覗いてたの!?)///」

犬母「(あらあら、あなたの気持ちよさそーーうな声が勝手に聞こえてきただけよ?)」ウフフ

犬娘「ーーー!!///」ポカポカ

犬母「あらあら、この子ったら」

男・犬父「???」

64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/06(火) 16:45:16.79 ID:yGhCjA9x0
犬父「さて、男君。夜も更けてきたし、そろそろ君の部屋へ案内しよう」

男「お、そうか。っていっても、空はここへ来たときから変わらないんだな。ずっと紫色で、大きな満月が浮かんでいる」

犬父「ああ、言っていなかったか。ここの空は、祭りが終わるまでずっとこうだよ。昼も、夜もね」

男「へえ!」

犬母「一年に一度訪れる、空が紫色の夜に変わる一週間。その間の5日間に行われるのが、『紫苑祭』よ」

男「そうなのか・・・。なぜ、こんな事が?」

犬娘「それが、詳しい理由は分からないんです」

男「分からない?」

犬父「ああ、この村を覆う結界に何らかの力が働いてこうなるのか、自然的な力でこうなるのか、誰かが意図的に行っていることなのか、仮説こそあれ、事実は判明していないんだ」

男「へえ。不思議なこともあるもんだな」

犬父「君も十分『不思議なこと』、なんだけどね」

男「おおっと、そうだったな」

65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/06(火) 16:55:52.83 ID:yGhCjA9x0
犬父「あはは。では、行こうか男君」

男「ああ。犬母さん、犬娘、おやすみなさい」

犬母「はい、おやすみなさい」

犬娘「あ、私の部屋もそっちなんで、途中までご一緒しますね!」フリフリ

男「ああ、行こうか」

ー犬娘の家・客間ー
犬父「男君、君はこれからはこの部屋を使ってくれ」スッ

男「おお、1人部屋にしては広いな。いいのか?」

犬父「構わないよ。それに、犬娘がここにしろとうるさ・・・」

犬娘「わー!わー!ほ、ほら父さん!もういいでしょ!?お休み!」グイグイ

犬父「おおっと、はいはい・・・。では男君、また明日ね」スタスタ

男「ああ。お休み」

犬娘「で、では、男さん!明日の朝、私が起こしに来るので!」ビシッ

男「おお、助かるよ」

犬娘「はい!おやすみなさい!」スッ パタン

男「・・・犬娘は隣か」

71: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/06(火) 21:21:59.58 ID:yGhCjA9x0
>>66>>67>>68>>70

ご指摘ありがとうございます。一番最初の構想で、主人公はルフィのような性格を考えて書き始めたので、ちょっと嫌なキャラかなーと思いつつも、始めてしまったものは仕方がないと、進めてきました。

これからの皆さんのご意見次第で、続投か、口調のテコ入れをしていこうか決めようと思います。

どうでしょうか?

80: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/06(火) 23:45:33.74 ID:Ty7DB1nB0
ー犬娘の家・犬娘の部屋ー
犬娘「(きゃー!きゃー!お、男さんの隣の部屋だー!)」ゴロゴロゴロゴロ!!

犬娘「あ、明日は男さんと一緒に、始まるお祭りを楽しむんだ!」フトン ギュゥゥゥ!!


ー数分後ー
犬娘「ふう・・・。それにしても、今日の夕方出会った人を、一日も経たないうちに好きになっちゃうなんて・・・」ホウ

犬娘「しかも、相手は人間・・・」

犬娘「そういえば、昔は、人間と交わることもあったらしいけど、どうして今は無いんだろう?・・・ふわあーー・・・あふ」シパシパ

犬娘「そもそも、どうして私たち妖は、人と違う世界で生きているんだろう・・・?」ウトウト

犬娘「男さん、私たち妖のこと、どう思ってるのかな・・・」コクッ コクッ

犬娘「・・・好きに、なってくれると・・・いい、な・・・」ポスン

犬娘「Zzz」スー スー

81: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/06(火) 23:51:29.85 ID:Ty7DB1nB0
ー犬娘の家・男の部屋ー
男「それにしても、本当に何でこんな所に来たんだろう、俺・・・」

男「家で大人しく昼寝してただけなのに。いきなり異世界召喚なんて・・・」

男「大狸さんも、犬父さんや犬母さん、犬娘も、皆良くしてくれるから助かったけど・・・」

男「くぁ・・・ーーふぅ。妖怪だらけのこの村で、俺、やっていけるかな・・・。いや、やっていくしか、ないのか・・・」

男「ま、何とかなるか・・・。また明日になったら考えよう・・・」

男「Zzz」グー グー

・・・・・・
・・・・
・・

82: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 00:04:59.38 ID:M6mAP53A0
ー翌朝 犬娘の家・男の部屋の前ー
犬娘「・・・ふ、普段より半刻も早く目が覚めちゃいました・・・!」

犬娘「ちょっと早いですけど、男さんを起こさなければ!」グッ!

犬娘「そ、そしたら、おはようの撫でなでをしてもらえるかも・・・」エヘヘ

犬娘「そ、それに、朝起こしてあげるのって、まるでふ、夫婦、みたいだし・・・///」ポッ

犬娘「よーし、そうと決まれば・・・!お、男さーん?朝ですよー?」コンコン

しーーん

犬娘「男さーん?起きてますかー?」コンコン

しーーん

犬娘「お、男さん、全然起きる気配がありません・・・。こ、こうなったら、お部屋に入って、直接起こしましょう!」

犬娘「こ、これは不可抗力です!け、決して男さんの寝顔がみたいとか、あわよくば隣で横になりたいなんて思っていませんし!そ、そう、男さんを起こすために仕方なくですから・・・!」

しーーん

犬娘「わ、私ったら、誰に言い訳してるんでしょうか・・・///」

83: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 00:20:22.03 ID:M6mAP53A0
犬娘「と、とにかく!いざ、お部屋へ・・・!」スー

犬娘「(お、男さーーん・・・?)」ソロソロ

男「・・・」Zzz Zzz

犬娘「(お、男さんの!ね、寝顔ーー!)///」キュン!

男「んん・・・。・・・」Zzz Zzz

犬娘「(いえいえ、いつまでも眺めてはいらません!起こさなければ!)」ブルブル

犬娘「お、男さーーん」ユサユサ

男「んんあ・・・。んんー・・・」ゴロン

犬娘「(お、男さん、大の字になって・・・。はっ!こ、これは、うう腕枕というやつでは!?)」

男「・・・」Zzz Zzz

犬娘「(お、男さんったら大胆です!い、いきなり腕枕だなんて・・・!)///」イヤンイヤン

男「・・・」Zzz Zz

犬娘「(で、でも、折角ですしね!お、起きない男さんが悪いんです!も、もしかしたら腕の重みで起きるかもしれませんし!)」フンス

男「・・・」

犬娘「(で、では、いざ・・・!)」ジリジリ

男「あー、おはよう、犬娘」パチッ

犬娘「きゃあ!」ビックウ!!

男「ああ、ごめん、驚かせたかな?」

犬娘「お、おおお男さん!?起きてらしたんですか!?///」カアァ

男「うん。何か、すごい圧力で」

犬娘「はうぅーー///」シューン

犬娘「(わ、私、勢いあまってなんてことを・・・!)///」

87: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 11:02:56.44 ID:M6mAP53A0
男「くぁーーー・・・。ふうー。おはよ、犬娘。起こしに来てくれて、有り難うな」ポン ナデナデ

犬娘「あっ。い、いえいえ、これくらいー///」テレテレ

男「ん。じゃあ、布団をたたむから、ちょっとどいていてな」ポンポン

犬娘「はっ、はい。あ、それとこれ、お着物です。父さんのですけど。男さん、お着物は今着ている寝巻きの浴衣と、昨日着ていた、ようふく?しかないでしょう?」スッ

男「ああ、そういえばそうだね。いつもこの浴衣っていうわけにもいかないだろうし。洋服は目立つだろうし。うん。有り難くお借りするね」タタミタタミ

犬娘「はい。男さん、きっと似合いますよ」ニコッ

男「うん、じゃあ早速着替えようかな」

犬娘「はい!」

男「・・・」

犬娘「・・・」

男「犬娘?」

犬娘「はい?」キョトン

男「あー、俺、着替えたいんだけど?」

犬娘「へ?あ、そ、そうですよね!わ、私ったら!///」エヘヘ

犬娘「じ、じゃあ襖の外で待っているので、お着替えが終わったら、声を掛けてください!///」スッ パタン

男「・・・犬娘って、天然?」

ー犬娘の家・男の部屋の外ー
犬娘「あうぅーー。私ったら、またはしたないことを・・・」ショボーン

犬娘「お、男さん、私のことをはしたない女の子だ、って思ってたらどうしよう?」ウー

犬娘「・・・ううん。まだこれからだもん!まだまだ巻き返せるはず!頑張れ私!」フンス

犬娘「・・・で、でも、ち、ちょっとだけ男さんのお着替えを覗いても・・・。ほ、ほら、お着物の着方、分からないかもだし・・・!」コクコク

犬娘「こ、これは決してはしたないことではなく、男さんが困っていないか確認するという、親切なことで、やましいところは何も・・・!」ソー

男「犬娘、終わったよ」スッ

犬娘「わひゃあっ!?」ビックウ!!

男「・・・犬娘?」キョトン

犬娘「いえいえ!な、何でもないですよ!?あ、お、お着物の着方、分かりました?」アセアセ

男「う、うん。着物っていっても、甚平みたいなもので、簡単だったよ」

犬娘「そ、そうですか!あ、母さんが朝ご飯を用意しているんです!さ、さあ、早く食べに行きましょう!」ピュー!

男「あっ、犬娘?」

ドタドタドタドタ!!

男「どうしたんだ?ホントに」

88: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 11:36:38.54 ID:M6mAP53A0
ー犬娘の家・茶の間ー
男「犬母さん、おはようございます」

犬母「あら、男君。おはよう。今ご飯よそうから、座って待っててね」スタスタ

男「はい、ありがとうございます」

犬娘「男さん、男さん!今朝のお味噌汁は、私が作ったんですよ!」フンス

男「へえ!それは楽しみだ。朝から家の手伝いなんて、えらいなー犬娘」ナデナデ

犬娘「ふぁ・・・。えへへー///」デレデレ フリフリ

男「(犬娘は撫でられるのが好きみたいだ。本当に犬みたいで愛らしいなー)」ナデナデ

犬母「あらあら。朝から仲睦まじいわねー」ウフフ

犬娘「か、母さんったら!か、からかわないでよもう・・・///」

男「いやあ、犬娘があまりに可愛らしいんで、つい撫でたくなっちゃうんですよ」ナデナデ

犬娘「か、かわっ!?///」プシュー

犬母「あらあら。良かったわねー、犬娘?」ウフフ

犬娘「あうあう・・・///」プシュー

男「あ、ところで、犬父さんは?」

犬母「ああ、あの人なら、今頃会場で最後の設営に行っているわ」ペタペタ

男「え?声をかけてくれれば、俺も手伝ったのに・・・」

犬母「うふふ。あなたは今日の主人公ですもの。登場は祭りが始まってから、よ?はい、ご飯」コト

男「あ、すみません、頂きます。んー、主人公と言われても、俺、ただの人間ですよ?」

犬母「あら。ただの人間だからこそ、とても珍しいのよ?はい、犬娘」ペタペタ コト

犬娘「ありがとう。・・・そうですよ、男さん。もう人間を見たことがある妖(ひと)なんて、大狸のおじいさんくらいなんですから」

男「へぇー」

犬母「まあまあ。込み入った話は後にして。まずは朝ご飯よ。頂きます」

男「頂きます!」

犬娘「頂きまーーす」

89: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 13:11:59.46 ID:M6mAP53A0
カチャカチャ 
男「お、犬娘、この味噌汁、美味いぞー」モグモグ ズー

犬娘「本当ですか!?良かったです!」ニコニコ ブンブン

男「犬母さんの焼いてくれた鮭も、塩加減が丁度良くて、美味しいです」ムシャムシャ

犬母「あら。嬉しいわー。まだお代わりありますからね?」ウフフ

男「はい!頂きます!」ガツガツ



ー数十分後ー
男「ぷはあー!ごちそうさまでした!」

犬母「はい、お粗末様でした。本当にいい食べっぷりねー」

犬娘「男さん、そんなに美味しかったですか?」

男「ああ。本当に美味しかったよ」ポン

犬母「さて、食事も終わったことだし。犬娘、男君。顔を洗っていらっしゃい。そしたら、男君は先にお祭りの会場に行っていなさいな。場所は分かるわね?」

男「ええ、分かります」

犬娘「母さん、私は?」

犬娘「あなたは、少し待っていなさい」

犬娘「えー・・・」ブー

犬母「少し用があるのよ。ほら、いいから顔を洗ってきなさい」パンパン

男「はい。行こうか、犬娘」スタスタ

犬娘「はーい」トテトテ





犬母「・・・うふふ」キュピーン

90: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 13:21:43.60 ID:M6mAP53A0
ー犬娘の家・洗面所ー
男「・・・」シャカシャカシャカシャカ

犬娘「・・・」シャコシャコシャコシャコ

男「・・・」ガラガラー ペッ

犬娘「・・・」ブクブクブク ペッ

男「・・・」バシャバシャ!

犬娘「・・・」パチャパチャ

ぴかーーん!

男「よし、終わり!」キラーン

犬娘「はい!」キラーン

男「それじゃあ、俺はこのまま祭りの会場へ行って、犬父さんを手伝ってくるよ」

犬娘「はい。私もご一緒したかったのですが・・・」ショボーン

男「あはは。用事が済んだら、後で合流しようよ。今度は、祭りの中を案内してくれる?」ナデナデ

犬娘「あふう・・・/// はい!必ず!」グッ!

男「うん。ありがとう。それじゃあ、また後でね」スタスタ

犬娘「行ってらっしゃいませ!」ブンブン

犬娘「・・・」アタマサスリ

犬娘「・・・えへへ///」

犬娘「よし、母さんのところへ行こう!」トテトテ

91: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 16:14:10.56 ID:7ooqMQvC0
犬娘「母さーん?どこー?」

犬母「ああ、犬娘。こっちよ」クイクイ

犬母「物置部屋?」

ー秋之村・中央広場 紫苑祭開会式会場ー

犬父「・・・では、そういうことで。よろしくお願いします」

男「おーい!犬父さーん!」タッタッタ

犬父「ん?ああ、男君。おはよう、よく眠れたかな?」

男「おはようございます。ええ、おかげさまでぐっすりと」

犬父「そうか。それは良かった」

男「それで、俺も何か手伝おうと思って・・・」

犬父「そうなのかい?気持ちはありがたいが、今丁度最後の打ち合わせが終わったところでね。特にすることはないんだよ」

男「そうですか・・・」

犬父「そんなに気落ちしないでくれ。あと半刻もすれば、祭りが始まる。君には、その時に目一杯働いてもらうよ」

男「はい!」

犬父「まあ、働くと言っても、中央の舞台上で祭りに来ている皆に、顔見せするだけだけどね」

男「そういえば、人間がここに来るのは、初めてだ、みたいなこと聞きましたけど」

犬父「ああ、君たち人間の世界から離れ、結界を作り、その中で暮らし始めてから約百年。今までに事例のない出来事だよ」

男「そう、なんですか・・・」

犬父「まあ、安心してくれ。君の帰る方法は、皆で探している。気長に待っていてくれないか?」

男「ええ。ありがとうございます」

犬父「じゃあ、あと半刻ほど、皆の前で話すことでも考えてくれ」

男「あ、はい!」

94: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 21:45:21.39 ID:7ooqMQvC0
ー半刻後 秋之村・中央広場ー
ワイワイ ガヤガヤ

大狸「皆の者!静まれー!」

ザワ…ザワ…  シーーン

大狸「よしよし。皆の者、待ちに待った紫苑祭じゃ。今年もこうして無事に祭りを迎えることが出来たこと、嬉しく思うぞ!」

大狸「そして、今年の紫苑祭は、1人の客を迎えておる」

キャク?
ダレダロウ?
アッ!モシカシテ!

大狸「あー、既に感づいておる者もおるじゃろう。そう!昨日突然現れた、人間の!男じゃ!(ほれ、男、上がって来んかい)」ボソボソ

男「は、はい!」タンタン

男「(う、うわ、凄い視線!)」

アレガニンゲン?
オモッタヨリフツウダネー

男「(く!何かめちゃくちゃ恥ずかしい!)」

シャベラナイネー
グアイワルイノカナ?

大狸「(ほれ、男、喋らんか!)」

男「!あ、えーと、人間の男です!昨日訪れたばかりで、分からないことだらけですけど、早く皆と仲良くなれるように頑張りたいと思います!よ、よろしくお願いします!」ガバッ!

男「(こ、これでいいのか?)」ドキドキ

パチ、、パチ、、

男「(え?)」

パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ!!!
ウワアーーー!!!

男「え?え?」

大狸「安心せい。皆がお前を受け入れてくれたんじゃ」ポン

男「そう、なんですか・・・」ホッ

大狸「よし!男の紹介も済んだ!これより、紫苑祭を開催する!!」

ドッ!ヒュルルーーー……ドパァ…ン!!!

ワーー!!

男「ふう・・・」

大狸「男、ご苦労じゃったの。ほれ、お主も遊んでこい」シッシッ

男「はい、行ってきます!」

95: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 22:02:36.31 ID:7ooqMQvC0
ー秋之村・常夜ノ森に続く道ー
サー!ウマイニクガトレタゾー!!
オジサン、ワタガシクダサイ!

ガヤガヤ ザワザワ

男「ふう。それにしても、ここどこだ?」キョロキョロ

男「はあ。何となくで知らない道に入るもんじゃないな・・・。戻ろうにも、この人混みの流れを逆らう気もしないし・・・」

男「犬娘、きっと待ってるよなあ・・・」ハア

砂かけ婆「おや!アンタさっきの人間じゃないかい!?」

男「え?あっ、はい。男といいます」ペコリ

砂かけ婆「へぇー!人間なのに礼儀がいいのかい!珍しいねえ!」

男「そうなんですか?」

砂かけ婆「そうだよ!人間なんて、アタシら妖を見たらすぅぐにやっつけにくるんだよ!問答無用でね!」

男「そんな・・・」

砂かけ婆「まあ、この話はアタシの婆さんから聞いた話なんだけどね!?」

男「すい、ません・・・」

砂かけ婆「やだねえ!アンタが謝る事じゃないよ!アタシだって、実際に人間に意地悪されたわけじゃないしねえ!」ポンポン

男「でも・・・」

砂かけ婆「いいのいいの!こんな話をしたアタシも悪かったね!ほら、これやるから、元気を出しな!」

男「あ、林檎飴・・・」

砂かけ婆「お、知ってるのかい?なら説明しなくてもいいね!ほれ、持っておいき!」

男「・・・ありがとうございます」

砂かけ婆「いいんだよ!あ!最後に一つ!」

男「ペロ 何でしょう?」

砂かけ婆「いいかい?アタシら妖は確かに人間に意地悪された。そりゃ、中には恨んでる奴らだっているだろうさ!」

男「はい」

砂かけ婆「でもね!結局は過去の話なんだ!今を生きる、若いアンタが過去に飲まれちゃいけないよ!しっかり前向いて歩いていきな!」

男「・・・はい!」

砂かけ婆「いい返事だ!それじゃあ、またおいで!」

男「必ず」ペコリ

96: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 22:15:58.60 ID:7ooqMQvC0
男「砂かけ婆さん、いい人だったなあ・・・」ペロペロ

男「やっぱり、昔は人と妖は敵対していたのか・・・」

男「・・・」

男「今は、俺が悩んでも仕方ないか!よし、犬娘を探そう」



ー秋之村・中央広場ー
犬娘「うう・・・。男さんがいない・・・」ドヨーン

犬娘「こうも人が多いと、ニオイも追えないし・・・」クンクン

犬娘「はあ・・・」

???「あら。犬娘?」

犬娘「え?あ!狐娘ちゃん!」タタッ

狐娘「ええそうよ。久しぶりね。丁度一年振りだわ」ニコ

犬娘「狐娘ちゃん、相変わらず綺麗だねー!」

狐娘「そ、そうかしら?///」

犬娘「うん、背も高いし、胸も大きいし、お腹はキュッと締まってるし・・・」

狐娘「な、何かくすぐったいわね///」ソワソワ

犬娘「脚も長いし、尻尾もふわふわで・・・あれ?」

狐娘「?何?どうかしたの?」

犬娘「狐娘ちゃん、尻尾・・・」

狐娘「え?ああ、そうよ。私、今年の始まりに、六尾になったのよ」ニコリ

犬娘「う、うわあー!凄いね!狐娘ちゃん!おめでとう!」ブンブン

狐娘「え、ええ。ありがとう///」テレ

犬娘「でも本当にすごいね!五尾以上は、とても難しい試練を突破しなくちゃいけないから、大人でも難しいって聞いていたのに!」

狐娘「そうね。確かにとても大変な試練だったわ。でもね、私は、どうしても九尾になりたい。そのためだと思えば、どんな努力も苦しくないわ」

犬娘「そっかぁ・・・。本当にすごいよ、狐娘ちゃんは」

狐娘「うふふ、ありがとうね、犬娘」ニコリ

犬娘「えへへ」

97: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 23:11:17.95 ID:M6mAP53A0
狐娘「そういえば、犬娘。あなたは随分とおめかししているけど、どうしたの?」

犬娘「あ!私、男さんを探しているの!狐娘ちゃん、見なかった?」

狐娘「男って、あの人間?」

犬娘「そうだよ。あの人」

狐娘「犬娘、どうして人間を?」

犬娘「うん。実は・・・」

ー説明中ー

犬娘「っていうことなの」

狐娘「成る程ね。それで、迷子になった男を探していると」

犬娘「うん・・・。ニオイも追えないし、困ってて・・・」ショボーン

狐娘「その男、人間なんでしょう?人間なんかのどこが・・・」

犬娘「な、なんかじゃないよ!」

狐娘「!?」ビクッ

犬娘「男さんは、確かに人間だけど、それだけだよ!」

狐娘「犬娘?」

犬娘「私は犬だし、狐娘ちゃんは狐。それと同じように、男さんは人間だけど、それだけだよ!」ガルル!!

狐娘「・・・そうね。ごめんなさい。私が悪かったわ。(あの犬娘にここまで言わせるなんて。その男とかいう人間、何者?)」

犬娘「あ、わ、私こそごめんね!熱くなって・・・///」

狐娘「犬娘。あなた、その人間のことが好きなのね?」

犬娘「ふぇっ!?い、いや!その!」アセアセ

狐娘「ふふ。隠さなくてもいいわよ。丸分かりだわ」

犬娘「うぅー・・・///」

狐娘「ふふ。いいわ、犬娘。私も一緒に探してあげるわ」

犬娘「え?本当!?」フリフリ

狐娘「ええ、私も、会ってみたいしね」

犬娘「え!?」

狐娘「え?あ、ち、違うわよ!?純粋に、人間がどういうものか気になるだけ!」

犬娘「そ、そっか、そうだよね!ごめんね、早とちりしちゃって」アセアセ

狐娘「ふふ。いいから。男を探しに行きましょう?」

犬娘「うん!」

98: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 00:23:36.49 ID:yFStbVYA0
ー男sideー
男「あの、すいません、中央広場はどっちでしょうか?」

小豆洗い「あン?中央広場なら、この道を真っ直ぐ進めばいいさね!」シャキシャキ 

男「そうですか。ありがとうございます」ペコリ

小豆洗い「なんのなんの。またな、兄ちゃん」シャキシャキ スタスタ

男「ふう。あと少しかな」

唐傘お化け「男ーー!」ピョーンピョーン

男「え?おお!唐傘!」

唐傘お化け「ぃよう!どうだい!?楽しんでいるかい!?」ピョーンピョーン

男「ああ。まあ、それなりには」

唐傘お化け「何だい、歯切れが悪いね!」ピョーンピョーン

男「まあ、道に迷ってなあ・・・」

唐傘お化け「あらら!そいつは大変だ!オイラが道案内してやろうか!?」ピョーンピョーン

男「おお、それは助かる!」

唐傘お化け「よっしゃ、任せておきな!中央広場でいいのかい!?」ピョーンピョーン

男「ああ。犬娘と合流したいんだ」

唐傘お化け「あいよ!ささ、こっちだぜ!」ピョーンピョーン

カラス「お、男じゃねえか!」バサバサ

男「ああ、カラス!いいところに!」

カラス「何だい。あっしに何か用かい?」バサバサ

男「ああ、犬娘を見かけたら、中央広場の舞台前に来てくれと伝えてくれないか?」

カラス「何だ。そのくらいならお安いご用だ。任せておきな!」バサバサ

男「頼んだぞー」

99: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 00:32:52.99 ID:yFStbVYA0
ー犬娘sideー
犬娘「男さんを見かけませんでしたか?」

一つ目男「ああ?そういやさっき、常夜ノ森方面の露店の、砂かけ婆が見かけたと言っていたぜ」

犬娘「そうですか!ありがとうございます」ペコリ

一つ目男「いいってことよ。そんじゃな、嬢ちゃん」ノッシノッシ

狐娘「その男っていう人、どうしてそんな所に行ったのかしら?」

犬娘「地理感覚が無いから、普通に迷ったのかも・・・」

狐娘「あら。結構おっちょこちょいさんなのかしら?」

犬娘「なのかなあ・・・」

犬娘「あ、すいません、男さんを見かけませんでしたか?」

猫少年「え、その人なら・・・」

狐娘「あら?あれは・・・」

カラス「お!お嬢!やっと見つけた!」バサバサ

犬娘「・・・。そうですか。ありがとうございました」

狐娘「犬娘、お客様よ」

犬娘「へ?あ!カラスさん!」

104: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 10:46:23.49 ID:yFStbVYA0
カラス「いやあ、意外とすんなり見つかったぜ!おや、狐の嬢ちゃんも!久しぶりだねえ」

狐娘「ええカラス。お久しぶりね」

犬娘「それで、カラスさん。何かあったの?」

カラス「おおっと、そうだそうだ。嬢ちゃんら、常夜ノ森方面の道に行こうとしているだろう?だけど、このまま中央広場の舞台前で待っていてくれないか?」

犬娘「え?どうして?」

カラス「男の奴がよ、唐傘に案内されて、もうすぐここへ来るんだよ」

狐娘「成る程。そういうことね」

カラス「ああ。だからよ、中央広場の舞台前。そこにいてくれよ?」

狐娘「ええ。分かったわ」

犬娘「ありがとうね、カラスさん!」

カラス「いいってことよ。じゃ、あっしも祭りを楽しんでくるとしますか!」バサバサ

狐娘「常夜ノ森方面の道に行く前で良かったわね」

犬娘「そうだねー。じゃあ、しばらく待ってようか」

狐娘「ええ、そうね」

105: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 11:23:37.45 ID:yFStbVYA0
ー数分後ー
犬娘「・・・っていうことがあったんだよ!」

狐娘「ふふ。そんなことがあったのね」クスクス

ワイワイ ガヤガヤ
…ヌ……メー!
ザワザワ

犬娘「!!」ピコーーン!

狐娘「犬娘?」

犬娘「今、男さんの声が聞こえた!」キョロキョロ

狐娘「この雑踏の中で!?」

ワイワイ ガヤガヤ
ィヌ…メー!
ザワザワ

犬娘「ほらまた!」キョロキョロ

狐娘「犬娘・・・。そんなに会いたいのね」ホロリ

犬娘「幻聴じゃないよ!?」

男「おーい!犬娘ー!」タッタッタッ

犬娘「ほら!男さーん!」ブンブン パタパタ

狐娘「本当にいた!?」

男「いやー、犬娘、ごめんな?待っただろうに」ハァハァ

犬娘「い、いえ!そんなこと!こうして合流できましたし!」

男「はは、そう言ってくれると嬉しいよ」ナデナデ

犬娘「ふあぁぁぁー・・・!///」ポー

狐娘「(犬娘がここまで気を許すなんて・・・)」

男「・・・あれ?犬娘、この娘は?」

犬娘「あ、はい。私のお友達の狐娘ちゃんです!狐娘ちゃん、この方が男さんだよ!」

狐娘「ええ、分かっているわ。初めまして、男さん。冬華村より参りました、狐娘と申します。以後、お見知り置きを」ペコリ

男「ああ、これはご丁寧にどうも。男です。人間だけど、君たち妖とも仲良くなれたらいいな、って思っているんだ。よろしくね」スッ

狐娘「・・・ええ。よろしく」キュッ

106: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 12:09:45.27 ID:yFStbVYA0
ー秋之村・中央広場 露店街ー
男「こうして見ると、人間の世界の出店と変わらないんだなー」

犬娘「そうなんですか?」

男「ああ。焼きそばに綿菓子、お好み焼きに人形焼き、射的に輪投げに金魚すくい。まんま同じだ」

狐娘「へえ。興味深いわね」

男「んー。こういう所に来ると、無性に腹が減るんだよなー」

犬娘「そうですね!全部食べたいくらいです!」

狐娘「そうね。私も何か食べたいわ」

男「んじゃあ、まずは・・・ってしまった!」

犬娘「男さん?」

狐娘「どうしたのよ?」

男「俺、この世界にお金はほとんど持ってきてないんだった・・・。2人とも、悪いんだけど安いものでいいかな?」 

犬娘「そ、そんな!男さん!自分の分は自分で出しますよ!」アセアセ

狐娘「そうよ。そのくらいのお金は持ってきているわ」

男「いや、でもなあ・・・。あ、ていうか、そもそも人間のお金は使えるのか?」

犬娘「そういえば、どうなんでしょう?」

狐娘「男さん、あなたのお財布の中、見せてくれるかしら?」

男「ああ、はい」
ー男の所持金 2,856円ー

狐娘「ええ、ここでも使える通貨だわ。ていうか、あなた・・・」

犬娘「お金いっぱいあるじゃないですか!」

男「・・・え?」

犬娘「男さん、これで少ないだなんて、贅沢ですよ?」

狐娘「まったく、少ないだなんて言うから、10円位かと思っていたのに・・・」

男「いや、え?」

犬娘「男さん?」

狐娘「!もしかして、人間の世界とここでは、物価が違うのかしら?」

男「そうなのかな?」

犬娘「?」

狐娘「じゃあ、手っ取り早く露店に行って、確認してみましょう」

焼きそば屋「いらっしゃい!おお、アンタ人間のお兄ちゃんだね!?いいなあ!綺麗どころを両脇に侍らせて!」 

犬娘「き、綺麗どころだなんてそんな///」テレテレ

男「おじさん、焼きそば一つ、いくらですか?」

焼きそば屋「あん?一つ40円だよ!」

男「40円!?」

焼きそば屋「おおっと、高いって言ってもダメだぜ!?これ以上はまけらんねえな!」

男「じ、じゃあ、3つください」

焼きそば屋「お!彼女の分も出すってかい!?かぁー!いいねえ!お兄ちゃん男だよ!気に入った!特別だぜ!?3つで100円だ!持ってけドロボー!」

男「あ、ありがとうございます」

焼きそば屋「いいってことよ!また来てくんな!」

107: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 12:16:25.90 ID:yFStbVYA0
狐娘「ね?私たちが十分だ、って言った通りだったでしょう?」

男「ああ、驚いたよ。まさかここまで安いなんて」

犬娘「ちなみに、人間の世界だと、焼きそばは一ついくらなんですか?」

男「んー、祭りっていう場合だと、祭りによって変わってくるんだけど、だいたい400円前後かな」

犬娘「わっ!そんなにするんですか!?」

狐娘「それはぼったくりって言うんじゃないの?」

男「いやいや。人間はこれくらいが普通なんだよ」

犬娘「へー。人間の世界って、お金がかかるんですねー」

男「うん。そうだね」

狐娘「そ、それより、早く焼きそばを食べましょう?私、お腹ペコペコだわ///」

犬娘「はっ!そうでした!焼きそばを食べましょう!」

男「あはは。そうだね。あそこの休憩所で食べようか」

犬娘「はいっ!」

108: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 13:11:01.85 ID:yFStbVYA0
ー休憩所ー
男「うん、美味い!」ズルズル

犬娘「美味しいですねー」ズルズル

狐娘「美味しいわ」モグモグ

アッ!ニンゲンジャナイ!?
ホントダ!
アンガイカッコイイカモ
ヒソヒソ ヒソヒソ

男「うーん」モグモグ

犬娘「お、男さん。気になりますか?」モグモグ

狐娘「無視していればいいわよ。物珍しさで目立っているだけで、しばらくすれば収まるわ」フキフキ

男「いや、なんかなあ・・・。俺と一緒にいるせいで、2人も悪目立ちしてるんじゃないかと思うとな」ウーン

狐娘「あら。自分のことより私達の心配?」

男「そりゃそうだろう。俺1人ならどうにでもなるが、2人はそうもいかないだろうし・・・。まあ、仮に俺が原因でいじめられたりしても、2人は守るよ」ズルズル

犬娘「お、男さん・・・///」キューン

狐娘「あ、ありがとう///」

男「いやいや。仲良くしてもらっている礼だと思ってくれ」

犬娘「・・・男さん?」

男「ん?」

犬娘「仲良くしてもらっている、だなんて言い方、しないでください」プンプン

男「え?」キョトン

狐娘「そうね。私も、犬娘も、あなたから礼を貰いたくて仲良く『してあげて』いるわけではないわ」

犬娘「そうです。私たちは、私たち自身で、男さんと一緒にいたいと思ったから、こうしているんです」

男「・・・」

狐娘「だから、そんな言い方で、私達の気持ちまで貶めるようなことはしないで」

男「・・・ああ。ごめん。ありがとうな、2人とも」

犬娘「いえいえ」

狐娘「分かればいいわ」

男「ははっ」

犬娘「えへへ」

狐娘「ふふっ」

111: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 18:07:04.45 ID:yFStbVYA0
男「さて、食べ終わったし、どこか行こうか?」

犬娘「そうですね!」

狐娘「でも、どこに行くの?」

男「うーん。俺はこの祭りのことも、どこに何があるのかも分からないから、2人に任せるよ」

犬娘「でしたら、村を案内しましょうか!」

男「え?いいのか?」

狐娘「そうね。私達はもうこの祭りは珍しくないから、あなたの案内をした方が有意義だわ」

犬娘「そうです!また迷子になったりしないためにも、村を案内します!」

男「じやあ、お言葉に甘えて」

狐娘「ふふ。行きましょう」

112: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 18:13:56.17 ID:yFStbVYA0
犬娘「まずはここ。基本中の基本、中央広場!」

男「うん。ここはもう分かるよ」

狐娘「ここは、まさに秋之村の中心よ。辿り着けないなんてことはまず有り得ないわ」

犬娘「そして、この中央広場は円形になっていて、東西南北に一本ずつ、それから、北東に一本の計五本の道が伸びていて、それぞれ・・・」

113: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 18:28:29.47 ID:yFStbVYA0
北>『常夜ノ森』 野生の動植物の生息地。木々が高密度で茂っているため、昼間でも暗い。肉や薬草は、ここで採る。

南>『秋之村・住宅街』 民家が密集している。犬娘の家も、勿論こっち。また、祭りの時は一部の民家を開放、宿屋に。また、一部は工業区になっていて、家具や道具、食糧の加工なども行われている。

東>『すすき野原』 何故か一年中すすきの生えている広原。余りに広大なため、一定の距離以上進むことは禁じられている。未開地域。

西>『農業区』 牛や豚、米や野菜はここで作る。当然、一年に一度しか他村と交流を持てない秋之村は、食糧自給率100パーセント!

北東>『荒海』 魚介類を採る狩り場。夏場は海水浴場に。また、広い浜を生かし、小さいが造船所もある。沖に出るとその名の通り大荒れの海となる。他村と隔てられている最たる原因。しかし、『紫苑祭』の時期は海が収まり、他村の者達は船で海を越えやってくる。

116: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 20:35:38.00 ID:yFStbVYA0
男「へー。でも、これを見ると、他の村は、島って感じか?」

犬娘「そうですね。少し小さな島が、村になっています」

狐娘「ちなみに、ここ『秋之村(あきのむら)』、私の住む『冬華村(とうかむら)』の他に、『春陽村(はるひむら)』と『夏雨村(なつめむら)』の、計4つの村・・・まあ、島ね。があるわ」

男「へえ。全部北東の海の向こうにあるんだよな?」

犬娘「いえ、それが少し違うんです。この地図を見てください」

118: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 21:38:25.96 ID:yFStbVYA0
 ー海図ー     
                  北
    ーーーー『冬華村』ーーー 西十東
   / 魔 /     \ 魔海 / 南
             \  /
  / 海 /  『荒海』 『春陽村』
 『夏雨村』
   ーーー ー     /
   / 魔 海 /     /
  ーーーーーーー『秋之村』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

犬娘「大まかな海図ですけど、大体はこうなっているわけです」

男「へー。この『荒海』を通って、他の村、島?村でいいか。村から人が来る、と」

犬娘「はい」

男「なあ、この『魔海』っていうのは?」

狐娘「決して入ることの出来ない海域よ」

男「決して入ることの出来ない海域?」

犬娘「はい。常に分厚い霧で覆われていて、その海域に入った船は、帰ってきた試しがありません」

狐娘「今じゃ誰も近寄ろうとしないわ」

男「でも、その中にこの『夏雨村』はあるんだろ?」

狐娘「確かに、『夏雨村』は、『魔海』に囲まれているけど、完全に囲まれているわけじゃないのよ」

犬娘「この海図は子供でも分かるように、って作られているので解りづらいと思いますけど、『夏雨村』の北東にも、港があって、そこから真っ直ぐに進む海路は、普通の海なんです」

男「へー。でも、そんな所からここまで来るのは大変そうだな。他の島じゃ『紫苑祭』はやらないのか?」

狐娘「そうね。確かに、『春陽村』や、『冬華村』の方が、『夏雨村』にしてみれば近いし、安全でしょうけど。でも、『冬華村』でやるには、『春陽村』が危険だし、『夏雨村』も、確実に安全とは言えないわ」

犬娘「それに、『春陽村』でやる場合も、『夏雨村』と『冬華村』、両方確実に安全とは言えません」

狐娘「でも、この『秋之村』でやる場合は、被害に遭う確率が高いのは『夏雨村』1つ。だから、ここ『秋之村』で行われるのよ」

119: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 22:41:08.88 ID:yFStbVYA0
男「それは・・・」

狐娘「勘違いしないで。私たちだって、全部の村が安全に交流を行える方がいいと思っているわ」

犬娘「でも、『夏雨村』の長が、この村で『紫苑祭』を行うことを決めたんです」

狐娘「『夏雨村』の長・・・大狸のお爺さまがね」

男「え!?」

犬娘「はい。なんでも、この村で『紫苑祭』を行うと決めた時・・・」



ー数十年前 夏雨村・大狸の屋敷ー
犬神(現・秋之村村長)『むう・・・。一体どうすれば・・・』

白狐姫(現・冬華村村長)『やはり、一年毎の交代制で・・・』

鬼神(現・春陽村村長)『オレらントコロは、
主な種族柄、軍備も揃ってるし、荒者揃いだから構わねェけどよ、平和ボケしたテメエらントコじゃあ、ちと辛くねェか?』ポリポリ

武者狸(現・大狸)「・・・」

鬼神「オイ、化け狸。テメエはどうしたらいいと思うよ?」

犬神「・・・」

白狐姫「・・・」

武者狸「・・・『紫苑祭』は、犬神の治める『秋之村』で行え」

犬神「それは・・・」

白狐姫「・・・しかし、それではあなた方のみに負担をかけることになってしまいます」

武者狸「構わぬ。既に、民には知らせておるし、了承も済んでおる」

鬼神「へェ。あれほど自分の領民が傷つくのを嫌っていたってェのに、どういう風の吹き回しだ?そりゃあ?」

武者狸「ふん。『夏雨村』の民は、儂自らが護ればよい。それならば民が傷つくこともなかろう。さらに、貴様等の民も、無駄な被害を出さずに済む」

鬼神「ハッ!傷つくのはテメエ1人でいいってか!泣かせるねェ」カッカッカ

白狐姫「鬼神!口を慎め!」カッ

鬼神「おぉおぉ。おっかねェな」

武者狸「鬼神よ。貴様の村の、軍船にも用いることの出来る造船技術と、技師、儂が借り受けるぞ。期限は、次の『静海』。一年後だ」

鬼神「あ?オレらの船は門外不出だぜ?それを貸せってンなら・・・」

白狐姫「き・し・ん・・・?」ゴゴゴ!!

鬼神「チッ!わぁったよ!技師50!これで文句ねェな!?」

武者狸「上々。犬神、貴様からは・・・」

犬神「ああ。技師50人分、加えて、予備として30人分の食料を・・・そうだな。半年分。確かに届けさせよう」

武者狸「助かる。白狐姫よ、貴様は・・・」

白狐姫「はい。次の航海が無事に行えるよう、総力を挙げて、海図の制作、量産を行います」

武者狸「うむ。では皆、よろしく頼むぞ」

犬神「応・・・!」

白狐姫「かしこまりまして御座います・・・」

鬼神「チッ!・・・御意に」




武者狸「未来を生きる者達に、せめてもの光となればよいが・・・」

120: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 23:38:11.31 ID:yFStbVYA0
男「そんなことが・・・」

犬娘「はい。それ以来、『紫苑祭』は、この村で行われてきました」

狐娘「私達の村も、『春陽村』も、おかげで今まで事故になんて遭ったことがないわ」

犬娘「『夏雨村』も、大狸のおじいさんのおかげで、大事に至ったことはありません」

男「ただ者じゃないとは思っていたけど、そんなにすごい妖(ひと)だったのか・・・」

狐娘「ふふ。今度本人にでも武勇伝を聞いてみなさいな」

犬娘「男さん、きっと驚きますよ!」

男「そうだね。今度機会があったら聞いてみるよ」

犬娘「はいっ!」 

狐娘「さて、他に質問はあるかしら?」

男「いや、正直頭がいっぱいだよ」

犬娘「ちょっと、お話が長かったですかね」

男「うん。そうかも」

狐娘「まあ、それなら、また分からないことが出てきたときにでも聞けばいいわ」

男「うん。そうするよ」

121: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 23:49:12.20 ID:yFStbVYA0
狐娘「あら。もうこんな時間なのね」

男「え?あ、もう夕方か」

犬娘「次はどうしましょうか?」

狐娘「悪いんだけど、私はここで帰るわね」

犬娘「え?」

狐娘「えっと、その・・・。ちょっと用事があるのよ」

男「そっか。なら、ここでお別れかな」

犬娘「またね、狐娘ちゃん。また明日!」

狐娘「ええ。またね、犬娘、男さん」フリフリ カランコロン カランコロン




犬娘「狐娘ちゃん、どうしたのかな?」

男「狐娘、様子がおかしかったな」

犬娘「あ、男さんも気づきましたか?」

男「まあ、あんな顔してたらなあ・・・」

犬娘「狐娘ちゃん、他の妖(ひと)に心配掛けないように無理するから、そこに心配です・・・」

男「犬娘は優しいんだね」ポンポン

犬娘「あ・・・。えへへ///」

男「まあ、明日も様子がおかしいようなら、聞いてみようよ」ナデナデ

犬娘「はい、そうします」コクッ

男「よし!じゃあ、俺達は出店を覗きながら、戻ろうか」

犬娘「はいっ!」

男「あー、あと、犬娘」

犬娘「はい?」

男「えっと、その・・・」

犬娘「?」キョトン

男「ゆ、浴衣、すごく似合ってる。と、とても可愛いよ///」テレ

犬娘「・・・」

122: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/09(金) 00:02:25.68 ID:oWS6Oojj0
男「本当は、合流した時に言おうと思ったんだけど、狐娘の手前、言えなくて」

犬娘「・・・」

男「もっと早く言えたらよかったんだけどね」

犬娘「・・・」プルプル

男「俺、昔からその辺の気が利かない、ってよく言われてて・・・」

犬娘「・・・」ブルブル!

男「だから、今度からは気を付け・・・犬娘?」

犬娘「・・・」ガタガタガタガタ!!!

男「い、犬娘!?」ガッ!

犬娘「っっーーーーーーー!!!!!???」ボンッ!!!

男「うわあ!?い、犬娘が噴火した!?」

犬娘「お!おと!男さ!男さんが、わ、かわ!?」ガクガクガクガク!!!

男「い、犬娘!ここ道のド真ん中だから!」

オカアサン、アノヒトタチナニヤッテルノー?
シッ!ミチャイケマセン!
ナンダ?チワゲンカカ!?
ヤレヤレー!
ヤンヤ ヤンヤ

男「ひ、妖(ひと)が集まってきた!」

犬娘「わ、わた!?わわわわ!かわ!?○△ぃ※×カ☆!ム△す※○メ>!?」クルクルクルクル!!!

男「こ、こうなったら!」

オ?オニイチャンイクカ!?
イケイケ!
オカアサ…
ミチャイケマセン!
ヤイノ ヤイノ

犬娘「わた!わたひが!かわかわわわ!」バタバタバタバタ!!

男「犬娘!ごめん!」ダキッ!

犬娘「!!!」ボンッ!!! パタンキュー

男「お、お騒がせしましたーー!!」ビュンッ!

123: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/09(金) 12:57:24.53 ID:oWS6Oojj0
ー犬娘の家・犬娘の部屋ー
犬母「ごめんなさいね、男君。この子ったら、二日続けて失神するなんて」ハァ

男「い、いえ」

犬娘「Zzz Zzz」

犬母「それにしても、今日はどうして失神したのかしら?」

男「さ、さあ!?何ででしょうね!?」

犬母「(うふふ。まあ大体の予想はつきますけど。)さて、男君。私はこれからお夕飯の支度をしてきますので、暫くこの子の様子を見ていてもらえるかしら?」

男「あ、はい。任せてください」

犬母「うふふ。お願いね。それじゃあ、お夕飯ができたら声を掛けるわ」スタスタ スッ パタン

男「ふう。犬娘には、あまりストレートな物言いは避けた方がいいかな?」

犬娘「Zzz Zzz」

男「まさか、ここまで恥ずかしがり屋だとは・・・」

犬娘「Zzz ・・・えへへ・・・。男さぁん・・・」ムニャムニャ

男「・・・!」

男「よしよし」ナデ…ナデ…

犬娘「Zzz ・・・///」スースー







犬母「うふふ・・・」キラーン!

125: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/09(金) 19:03:50.10 ID:PskwbA+10
ー紫苑祭二日目 犬娘の家・犬娘の部屋ー
チュンチュン チュンチュン

犬娘「ん・・・。あれ・・・?」ムクリ

犬娘「ここ、私の部屋・・・?」キョロキョロ

犬娘「どうし・・・わひゃあ!?」ビクッ

男「Zzz Zzz」グーグー

犬娘「(お、おおお男さんが私の横で寝てーーー!?)///」ドキーン!

男「んん・・・。ふむう・・・Zzz」モゾモゾ グーグー

犬娘「(お、男さんが!ま、丸まって!か、可愛いーー!)///」キュウン!

犬娘「(ていうか!どうして男さんが私の横で!?)」

男「んん。ふあーーー・・・ぁふ。あ、犬娘、おはよう」ムクリ

犬娘「あ、はい男さん。おはようございます・・・じゃなくて!」

男「んあ?」ファーー

犬娘「ど、どどどうして男さんがここで寝ていたんですか!?///」

男「あ。い、いやそれは・・・」

犬娘「ま、まさか。わ、私にやらしいことを・・・!!(も、もしそうなら!私のことも女の子として見てくれているって事に!?)///」ドキドキ

男「ち、違う違う!そんな気はこれっぽっちもないって!」

犬娘「え・・・?」

男「いや!昨日、祭りの途中で犬娘が失神したから、抱き抱えて連れ帰って、それからずっと看てたらつい寝ちゃっただけで!そんな、いやらしいことなんかしてないから!」アセアセ

犬娘「そ、そうなんですか。また私ったら・・・///ごめんなさい、男さん・・・」ショボン

男「い、いや、気にしないでよ!俺も、ちゃんと部屋に戻ればよかったね。ごめん」

犬娘「(・・・そんな気がこれっぽっちも無いって言われました・・・。私、魅力無いのかなあ・・・)」グス

127: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/09(金) 21:45:16.01 ID:oWS6Oojj0
男「い、犬娘?泣くほど嫌だったかな?本当にごめんね?」オロオロ

犬娘「え?あ、いや、違います!男さんが一緒に寝てくれたのは、すごく嬉しかったです!」

男「そ、そうなの?」

犬娘「はい!毎日でもお願いしたいくらいに!」フンス! グイグイ

男「え・・・!///」

犬娘「あ・・・///」カアァー

男「え、えと、犬娘。その・・・///」

犬娘「・・・さい」プルプル

男「・・・え?」

犬娘「ごめんなさーい!!」ワーン! スパァン! ダダダダダ!

男「・・・」ポカーン

130: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/10(土) 15:20:22.50 ID:w66Yd7/X0
ー犬娘の家・裏庭ー
犬娘「うぅ・・・。またおかしなこと言っちゃった・・・」トボトボ

犬娘「男さん、絶対私のこと、変な娘だって思ったよね・・・」トボトボ ピタ

犬娘「はあーーーーー・・・。これから、どんな顔して男さんに会えばいいのかなあ・・・」

犬娘「男さん、私のこと、嫌いになっちゃったかな・・・」ウルウル

犬母「あら。呼びに行ってもいないから、どこに行ったのかと思ったら」ヒョコ

犬娘「あ・・・母さん・・・」グスッ ゴシゴシ

犬母「・・・男君からある程度の話は聞いたけど・・・」

犬娘「うん・・・」

犬母「私から言えることは一つだけよ」

犬娘「・・・?」

犬母「大丈夫」ギュウ

犬娘「あ・・・」

犬母「初めての感情に、あなた自身も戸惑っているのね。でも、誰もが通る道だし、あなたは何も気にすることはないわ」ポンポン

犬娘「母、さ・・・」

犬母「ふふ。初恋で浮かれて、好きな人の前にいると、冷静ではいられなくなる。そんなの、当たり前じゃない。女の子ですもの」

犬娘「・・・うん」

犬母「男君のこと、好きなんでしょ?」

犬娘「うん。好き・・・。男さんが、大好き・・・///」キュッ

犬母「なら、それでいいじゃない。嫌われたかもしれなくても、今度は、前以上に好きになってもらえばいいじゃない」

犬娘「うん・・・!」

犬母「まあ、そもそも男君は、あなたのこと嫌ってなんかいないけど?」

犬娘「え?」

131: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/10(土) 15:31:52.34 ID:w66Yd7/X0
犬母「うふふ。あとは当人同士で、何とかしなさいな」スタスタ

犬娘「?」


タッタッタッ!
男「犬娘!」バッ

犬娘「お、男さん!?どうして・・・!」

男「はあ、はあ・・・。いや、犬娘が飛び出した後、慌てて追いかけてきたんだよ」ハァ…ハァ…

犬娘「男さん・・・」

男「ごめんな、犬娘。俺、本当に配慮が足りなくて・・・」

犬娘「・・・違うんです、男さん」

男「え?」

犬娘「私が、臆病だっただけなんです」

男「犬娘・・・?」

犬娘「(大丈夫。この気持ちは、誇っていい気持ちなんだ。)男さん」

男「何?犬娘」

犬娘「こ、今夜から、一緒に眠ってくださいますか・・・?///」

男「へっ!?」 

犬娘「だめ・・・でしょうか?」ウルウル

男「!!お、俺で、良ければ・・・///」

犬娘「えへへ。約束ですからね?///」

男「あ、ああ」

犬娘「さあ、母さんが朝ご飯を作って待っていますよ。行きましょう?」スッ

男「・・・うん」ギュッ ニコッ

犬娘「えへへ///」トコトコ








男「(い、犬娘、何か、色っぽかったな・・・///)」

135: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/10(土) 21:34:48.74 ID:w66Yd7/X0
ー犬娘の家・茶の間ー
犬娘「ーーー♪」パクパク

男「・・・」ボー

犬母「うふふ」ニコニコ

男「(あ、あの、犬母さん・・・)」ボソボソ

犬母「あら、何かしら?お代わりする?」パカッ

男「あ、いただきます。あ!そんなに多くなくていいです。その半分くらいで・・・」

犬母「はいどうぞ」コト

男「どうも・・・じゃなくて!)」

犬母「(うふふ。分かっているわ?犬娘の事よね?)」ヒソヒソ 

男「(ええ。今までろくに女の子と接した事なんてないんで、正直犬娘の考えていることや思っていることが分からないんですよ・・・)」ボソボソ チラッ

犬娘「んぐんぐ・・・。 ! ///」チビチビ

男「(犬娘、一体どうしたんでしょう・・・?俺、何かしたんでしょうか?)」ヒソヒソ

136: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/10(土) 21:40:57.67 ID:FCCF3bny0
犬母「(うふふ。男君?この事は、男君自身で気づいてあげなくちゃ、意味がないのよ)」

男「(はあ・・・)」

犬母「(うふふ。紫苑祭は今日を含めて、あと四日。時間はまだあるわ。焦らず、じっくりと考えなさいな)」

犬娘「ごちそうさま!男さん、早く顔を洗って、お祭りに行きましょう!」ウズウズ

男「あ、ああ!今食べちゃうから!」ガツガツ!!

犬母「(ああ・・・。楽しいことになるといいわあ・・・)」ウフフ

139: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/10(土) 23:58:21.41 ID:tjkVhfkj0
ー秋之村・中央広場ー
ワイワイ ガヤガヤ

犬娘「さあ!男さん、紫苑祭二日目ですよ!」フンス!

男「うん、そうだね」

犬娘「今日は十刻に、狐娘ちゃんがここへ来るので、それまでここで待機です」

男「あ、そうなんだ。いつの間に待ち合わせを決めてたの?」

犬娘「いえ、実は今朝、男さんが顔を洗っているときに、カラスさんが伝えに来てくれたんですよ」

男「カラス・・・。お前、いいように使われてるな・・・」

犬娘「男さん?」

男「ああ、何でもないよ。今度、カラスに豆でもやろうか・・・」ポンポン ナデナデ

犬娘「ふあ・・・!えへへ///」フリフリ

男「(あれ?昨日より赤くならない。流石に、もう慣れたのかな)」ナデナデ

犬娘「わふふふ・・・///」フリフリ

男「(尻尾振ってる・・・。お気に召したようで何より)」ウンウン

男「さて、狐娘はまだ来ないし、待っている間、どうしようか?出店で、何か買う?」

犬娘「あ、で、でしたら!」

男「うん。何かな?」

犬娘「も、もうしばらく撫でてくれませんか?///」ワクワク

男「え?構わないけど・・・。それでいいの?」

犬娘「はい!是非!」キラキラ ブンブンブンブン!!

男「うお!?尻尾が!?わ、分かった、いくよ?」

犬娘「はい・・・!」

男「ん。はい」ナデ…ナデ…

犬娘「ふ、ふわあーーー・・・!」ウッットリ… 

男「(そういえば、犬娘から撫でてくれ、なんて言われたの、初めてだ)」ナデリナデリ

犬娘「くぅーーーん・・・///」フリフリ

男「(犬娘も、本当に心を開いてくれた・・・ってことかな?)」ナデナデ

140: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/11(日) 00:07:18.29 ID:cXZfYld30
ー数分後ー
狐娘「犬娘、男さん、お待たs・・・」

男「い、犬娘、流石に腕が・・・!」ナデリナデリ

犬娘「も、もうちょっとお願いします。あと少し・・・」

狐娘「・・・何をしているの?衆人環視のド真ん中で・・・」

犬娘「あ、狐娘ちゃん!おはよう!」シュタッ

男「ああ、狐娘。お、おはよう」ナデナデ

狐娘「ええ、おはよう・・・じゃなくて。ていうか一度撫でるのをやめなさいよ」

犬娘「そうですね。男さん、どうもありがとうございました」

男「腕が・・・!」プルプル

犬娘「わわ!ご、ごめんなさい!」

男「い、いやいや。気にしないでよ。俺の筋力不足だから」プルプル

犬娘「うぅ・・・」シュン

狐娘「・・・朝っぱらから見せつけてくれるわね」

142: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/11(日) 08:52:15.76 ID:cXZfYld30
男「い、いや、そんなつもりは・・・!


狐娘「・・・ふふ。分かってるわ。冗談よ」クスクス

犬娘「(男さん、そんなに慌てて否定しなくても・・・)」ブスー

男「犬娘?」

犬娘「何でもないです」プイッ

男「??」

狐娘「ふふ。さ、そろそろ行きましょうか」

男「あ、ああ。今日はどこへ行くんだ?」

狐娘「そうね。今日は・・・。!!(隠れて!)」グイッ!

男「お、おい!?」

犬娘「ひゃあ!?」

狐娘「(しっ!)」ソー





忍び狐1「おい、おられたか?」

忍び狐2「いや、どこにもおらぬ」

忍び狐3「全く・・・。あの方にも困ったものだ」

忍び狐2「とにかく、早く彼女を見つけよう。さもなくば・・・」

忍び狐3「ああ、坊ちゃんに何を言われるか分からぬからな」

忍び狐1「よし、では、見つけ次第呼び子で連絡。直ちに捕らえる。急げよ、お前達」バッ

忍び狐2・3「応」バッ




狐娘「・・・ふう。行ったようね」

男「どうしたんだ?狐娘。あの人達は?」

狐娘「・・・何でもないわ。怪しい格好していたから、近付きたく無かっただけよ」

犬娘「狐娘ちゃん?」

狐娘「いいから。この話はもう終わり。さ、行きましょう」

143: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/11(日) 09:06:59.20 ID:cXZfYld30
男「あ、ああ。それで、結局どこへ行くんだ?」

狐娘「ええ。実は、残りの祭りの期間をどう過ごすか、ある程度は考えてみたのよ」

犬娘「というと?」

狐娘「今日も含めて、紫苑祭は残り4日。その4日間で、各島を一周してみようと思ってね」

男「へえ!でも、祭りはこの村で行われているんだろ?他の島でも、何かやっているのか?」

狐娘「ここほど大したことはやっていないけどね。もっと小さな、市場程度のものはやっているはずよ。それに祭りの期間中は、各島からやってくる人や帰る人の為に、船はずっと行き来しているから、いつでも行けるわ」

犬娘「私、昔に冬華村と、夏雨村に一度だけ行きましたけど、どちらもとてもいいところでしたよ!」

男「へえ!それは行ってみたいな」

狐娘「どの道、今年の祭りは、あなたの案内で終えるつもりだったしね」

男「あ。なんか、悪いな」 

狐娘「気にしなくていいのよ。今までと違う祭りは面白いしね」

犬娘「そうですよ、男さん。私も、また色んな村に行けるって、ワクワクしてますもん!」

男「・・・ああ。よし!行こうか!」

犬娘「はいっ!」

狐娘「最初に行く島は、一番遠い島。常夏の気候で、漁業に特化した村。大狸のお爺さまがおられる、夏雨村よ」

144: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/11(日) 09:22:37.69 ID:cXZfYld30
ー夏雨村・港ー
男「すごいな!船が沢山並んでる!」

犬娘「ここは、一年を通して温暖な気候が続くため、お魚がいっぱい穫れるんですよ!」

狐娘「あと、果物もよく採れるわね。甘くて、とても美味しいのよ」

男「へえー。今は、ずっと同じ紫の空だけど、また太陽が出るようになったら、海も綺麗に輝くんだろうなー」

大狸「おお!男に犬娘、狐娘まで!来ておったか!」ドシンドシン

犬娘「あ、大狸のお爺さま!こんにちは!」

男「どうも!」

狐娘「ふふ。お久しぶりです」

大狸「む?狐娘、そういえばお主は・・・」

狐娘「お爺さま、そのお話は・・・」

男「・・・?」

犬娘「あ、カニ・・・!」

大狸「む。すまんすまん。ところで、こんな所まで何をしに来たんじゃ?」

犬娘「あ、はい。男さんに、各島を案内しようと思って!」

狐娘「ええ。残りの4日間で、各島を巡ります」

大狸「ほう!それは面白そうじゃのう!よし、ならばこの村、楽しんで行ってくれ、お主ら」

男「はい」

大狸「うむ。それと、今晩は儂の家に泊まってゆけ。お主らの保護者には、儂が伝えておこう。(狐娘、お主のことも、儂が何とかしておこう。4日間、楽しんでくるといい)」

狐娘「(お気遣い、感謝いたします)」

男「ありがとうございます」

犬娘「ございます!」

大狸「ワッハッハ!よいよい。ほれ、時間が無くなるぞ?行ってこい!」

犬娘「そうですね。男さん、狐娘ちゃん。行きましょう!」タッタッタ

男「あ、犬娘!それじゃ、行って来ます!」タッタッタ

狐娘「それでは、これで」ペコリ タッタッタ







大狸「むう・・・」

145: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/11(日) 14:10:50.35 ID:cu6MJzlm0
ー夏雨村・商業区ー
ガヤガヤ ザワザワ

男「へえ、祭りの期間でも、結構賑わってるな」

犬娘「まあ、祭りと言っても、貿易が主ですからね。あまり関係のない人は、残ることも多いんですよ」

狐娘「そうね。特にこの夏雨村は、危険もあるしね」

男「そうなんだ」

犬娘「では、男さん、夏雨村に来たら、まずは海へ行きましょう!」

男「海?」

狐娘「ええ、魔海に囲まれてはいるけれど、実際には、海水浴に使えるだけの範囲には普通の海があるの。そこは、ここのいい観光名所なのよ」

男「へー。ここは秋之村よりも暖かいし、泳ぐにはいい気候みたいだしな」

犬娘「はい!というわけで、早速行きましょう!」

146: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/11(日) 18:08:47.09 ID:cXZfYld30
ー夏雨村・海水浴場ー
アハハ キャー ザザァーン

男「おお、綺麗な海だな!それに、予想よりも広いし」

犬娘「はい、ここは四島の中でも随一の広さです」

狐娘「さ、泳ぎましょう?」

男「あれ?水着なんかあるのか?」

犬娘「ありますよー。ちゃんと、男さんの分もあります」ジャン!

男「・・・今俺が着ている甚平と、何が違うんだ?」

犬娘「強いて言うなら生地、ですね。より軽く、薄い物になっています」

狐娘「私達のも、生地を泳ぎやすいように変えた物になっているわ。見た目はそのままよ」

男「へー。じゃあ、着替えて、またここに集合しようか」

犬娘「そうですね。あ、更衣室はあっちです」

狐娘「じゃあ、また後でね、男さん」

男「うん、また」


ー夏雨村・海水浴場 男子更衣室ー
男「うーん。やっぱり、俺の知っているような水着は、この世界には無いか」ヌギヌギ

男「まあ、本当に江戸時代みたいに、ふんどし一丁とか、最悪全裸とかじゃなくて、本当に良かった・・・」モゾモゾ

狸親父「お?おい、兄ちゃん!あんた、人間かいな!?」


男「へ?あ、そうです。一昨日の午後、秋之村に来ました」

狸親父「ほうか。あんたが、長の言っておった人間かいな。思っとったよりもおもろないな」

狸爺「なんやなんや・・・。人間ちゅうたら、ちょんまげゆう髪型して、刀差してるんとちゃうんか?何でしとらんねん」

狸少年「兄ちゃん、人間の落ちこぼれなのかー!?」
ワイワイ

男「あ、あはは・・・」

狸親父「人間を最後に見たのは、ワシらの爺さん、そこのおとんや、長が現役やった時代や。その頃から、人間も変わった、っちゅうことやろ」

男「ええ。そうですね。大分変わりましたよ、人間は」

狸爺「なんや。わしのように200くらい、気合いで生きんか」

男「200は流石に・・・」

狸親父「まあ、兄ちゃんら人間から見たら、信じられんやろうなー」

男「ええ。ここに来てから、驚いてばかりです」

狸親父「せやろな。まあ、困ったことがあったら、誰かに頼りぃや。皆、いい奴らばかりやからの」

狸少年「なあおとんー。早よ行こー?」

狸親父「おお。せやな。ほな、兄ちゃん、楽しんでいきや」

男「あ、はい。そうします」

狸少年「じゃあな兄ちゃん!落ちこぼれでも、落ち込むなよー」

男「あはは・・・」




男「・・・ふう。ここでも、思ったより受け入れてもらえたな。珍しいけれど、大した奴じゃないからかな・・・」

男「昔は人間と争っていた、みたいな話も聞いたから、気にはなっていたけど・・・」

男「・・・思ったより時間かかっちゃったな。早く行こう」

147: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/12(月) 09:55:04.03 ID:9lzQ/lIM0
ー夏雨村・海水浴場 女子更衣室ー
犬娘「・・・」ヌギヌギ ジー

狐娘「犬娘?どうしたの?」ヌギヌギ

犬娘「・・・うぅ。狐娘ちゃん、綺麗だなあって思って・・・」

狐娘「ちょ、ちょっと、どうしたのよいきなり///」

犬娘「元々綺麗なのは知ってたけど、改めて見ると、歴然の差に落ち込むよ・・・。特に胸とか・・・」

狐娘「む・・・!?何をおかしなことを言っているのよ!///」

犬娘「どうやったら胸が大きくなるのかなあ・・・?狐娘ちゃん、何か秘訣とかある?」

狐娘「知らないわよ!///」

犬娘「うう。男さんが、大きい方が好きだったらどうしよう?」

狐娘「気になるなら、本人に聞けばいいじゃない」

犬娘「・・・恥ずかしくて聞けないよ///」

狐娘「はあーー・・・。なら、気にしないの。あなたはあなたなんだから。自分に自信を持てない女の子に、男の子は見向きもしないものよ」

犬娘「わ、分かった!私は、私らしく頑張るよ!」

狐娘「ふふ。その意気よ」

犬娘「うん!じゃあ、行こう!狐娘ちゃん!」タッタッタ

狐娘「・・・犬娘。あなたは自由に恋が出来る。私には、それが何よりも羨ましいわ」

148: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/12(月) 22:51:24.26 ID:OZ9r9cq80
ー夏雨村・海水浴場ー
男「おー、やっぱりいざ泳ぐとなるとテンション上がるなー」

犬娘「男さーん!お待たせしましたー」タッタッタ

狐娘「ごめんなさいね」タッタッタ

男「あ、二人とも。いや、俺も今来たところだからさ」

犬娘「そうなんですか?なら、良かったです」

狐娘「さ、準備運動をして、泳ぎましょう」

ー準備運動中ー

犬娘「よし、完璧です!」

狐娘「さ、行きましょう!」

犬・狐娘「わー!」ザパーン!

男「あはは。狐娘もああやってはしゃげるんだな。昨日の様子が気になってたから、良かったな。元気そうで。よーし、俺も行くか!」ザブザブ

犬娘「狐娘ちゃん、潜りっこしましょう!どっちが長く潜っていられるか、勝負です!」

狐娘「あら。あなた、今まで私に勝った試しがないのに、いいのかしら?」フフン

犬娘「私だって、お風呂で特訓を積んできました!今年こそは負けませんよ!」メラメラ

狐娘「その意気やよし!返り討ちにしてあげるわ!」

犬娘「男さん、審判をお願いします!」

男「はいはい。それじゃあいくよ?用ー意・・・」

犬娘「・・・すうーーー!」

狐娘「・・・!」

男「始め!」

犬娘「・・・!」ザブン!

狐娘「・・・!」ザブン!

150: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 01:19:09.60 ID:rQGhCcKq0
ー数秒後ー
狐娘「がぼぼ・・・」

犬娘「ばぼぼ・・・」

男「おお、二人とも、結構保つな」


ー数十秒後ー
犬娘「ーーーー!ーーーー!」バタバタ

狐娘「ごぼっ・・・!」ブクブクブク

男「お?狐娘が優勢か?」


ー数分後ー
犬娘「・・・」

狐娘「・・・!ぷはあっ!はあ・・・はあ!」

男「お!狐娘の負けか!」

狐娘「くう、初めて負けたわ!なかなかやるわね、犬娘!」

犬娘「・・・」

男「犬娘?」

犬娘「・・・」プカー

男狐・娘「うわあ!?犬娘ーー!!」

154: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 09:44:50.98 ID:rQGhCcKq0
男「い、犬娘!しっかりしろ!」ユサユサ

狐娘「お、男さん、落ち着いて!こ、こういうときは妖工呼吸よ!」ガバッ

犬娘「・・・わ、ど、どうせなら男さんに!」パチッ

男「・・・」

狐娘「・・・」

犬娘「あ・・・」

狐娘「・・・はあ。あなた、本当にいい度胸ね」ゴゴゴゴ

犬娘「い、いや、最初は本当に気を失ってたんだよ!男さんに揺すられて目が覚めたの!」

男「・・・犬娘」スッ

犬娘「ひゃい!?ご、ごめんなさい男さん!」

男「・・・大事にならなくて良かったよ」ポンポン

犬娘「あ・・・。男さん・・・」

男「でも。俺も狐娘も、本当に心配したんだ。もう、あんなことはしないでくれよ?」

犬娘「・・・はい。ごめんなさい」シューン

男「よし、じゃあ狐娘」

狐娘「ええ」

犬娘「・・・え?」

男「悪いことしたなら・・・」ニコッ

狐娘「お仕置き、よね?」ニコッ

犬娘「あ、あはは、は」タラー

狐娘「この・・・バカーー!!」グリグリ!

犬娘「ご、ごめんなさいーーー!!!」ヒーン

男「ふう。本当によかったなあ」

犬娘「男さん助けてくださいーー!!」

男「んー。もう少ししたらね」

犬娘「男さんひどいーー!!」

狐娘「うふふー。反省したのかしら?」グリグリ

犬娘「し、しました!すごくしましたー!」

狐娘「・・・なら、許してあげるわ」パッ

犬娘「あう・・・。うう、頭がジンジンします・・・」シクシク

狐娘「これに懲りたら、もう変な真似はしないこと。いいわね?」

犬娘「はい・・・」

男「よし!じゃあ、気を取り直して、泳ごうか」

狐娘「そうね」

犬娘「は、はい!」

155: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 10:51:47.01 ID:F/WoxEKl0
ー数十分後ー
男「ふうー!結構泳いだな」

犬娘「男さーん!私たち、少し休んでますねー!」

男「おーう!俺はもう少し泳いだら、休むよー!」

狐娘「分かったわー!」

男「よし、もう少し沖に出てみるか」バシャバシャ




???「だ、誰か!た、たぶぇ、がぼっ、たふけてー!」バッシャンバッシャン

男「え?って、溺れてる!?」

???「あ、あひが、つ、つりっ!?ごぼごぼ!」バタバタ

男「くっ。おーい!今行くから!もう少し堪えてくれー!」

???「がぼっ!ごぼっ!」バタバタ

男「急げ・・・!」

158: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 16:37:53.49 ID:F/WoxEKl0
男「おい、大丈夫か!?」ガシッ

???「わきゃあ!?さ、鮫!?うわーん!食べても美味しくないよーー!?」バッシャンバッシャン

男「うわ、この・・・!暴れるな!俺は鮫じゃない!君を助けに来たんだ!」グイッ

???「もうイヤー!お祖父様ーー!」エーン

男「ああもう!大丈夫だ!君は必ず助ける!!」ダキッ

???「いやあー・・・!あ、あれ?」パチクリ

男「ったく、暴れたら余計に危ないっていうのに」

???「え?きゃっ!と、殿方!?あ、あの・・・///」

男「ああ、ごめんな、抱きつくような形になっちゃって」

???「い、いえ、その・・・///」ゴニョゴニョ

男「?まあいいや。俺、後ろ向くから、首に腕を回してくれるか?おぶさる感じで」クル

???「で、でも・・・」

男「足、つってるんだろ?治ったかもしれないけど、またつるかもしれないし。浜まで連れて行くから」

???「は、はい」オズオズ ギュッ

男「よし、行くぞー」バシャバシャ

???「(・・・これが、殿方の背中)///」ポー

男「あ、喋らなくていいから、そのままで聞いてくれ。水が顔につきそうだったり、飲みそうになったら、肩を叩いてくれ。話そうとすると、余計に水を飲むから」

???「(それに、とても優しい・・・)///」

男「おい?聞いてるか?」

???「へ?は、はぃがぼっ!」ケホケホ!

男「聞いてないな・・・。何かあったら、話さずに肩をたたく。いいな?」

???「ーーーーーー!(がぼっ!だなんて、変な声聞かれちゃったー!)///」トントン

男「ん。よし」

159: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 19:08:36.18 ID:rQGhCcKq0
ー浜辺ー
男「ふう、到着」

???「あ、あの・・・」

男「ん?ああ、大丈夫?まだ息が苦しかったりする?」

???「い、いえ大丈夫ですわ。本当にありがとうございました」

男「いやいや。何ともないならよかった。えーと?」

???「わ、私としたことが!申し遅れましたわ。私、狸娘と申します」

男「狸娘ちゃんか。俺は男だよ。よろしく」

狸娘「男様、ですね。改めて、本当にありがとうございます」

男「様だなんてやめてくれよ。普通に男でいいって」

狸娘「そ、そんなわけには!」

男「うーん。まあ、それで気が済むならいいけど・・・」

狸娘「はい。男様、何かお礼をさせてくださいませ」

男「え!?いや、いいよ!気にしないで!」

狸娘「しかし、それでは私の気が済みませんわ!」

男「うーん。そう言われてもなあ・・・」

狸娘「で、では!今晩のお夕飯をご馳走させてくださいませ!」

男「それはありがたいけど、今夜は行かなくちゃいけないところがあって・・・」

狸娘「そ、そんな・・・!」ガーン

男「(なんか、悪いことしてる気がしてきた・・・)」

160: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 22:36:18.23 ID:rQGhCcKq0
犬娘「男さーん!そろそろ着替え・・・。誰ですかその娘?」

狐娘「男さん、まさか・・・」

男「違う!何を考えたかは知らないけど、狐娘の考えているようなことじゃないと断言できる!」

狸娘「男様、この方々は?」

男「あ、ああ。俺がここでお世話になっている、犬娘と、狐娘だよ」

犬娘「・・・犬娘です。よろしく(男様!?様って何!?何なのこの娘!)」

狐娘「狐娘よ。よろしくね(あらあら。犬娘にライバル登場かしら?)」

男「それで二人とも、こっちは、狸娘ちゃん。さっき溺れかけていたから、助けたんだ」

狸娘「狸娘と申します。よろしくお願いしますわ(お、お世話しているですって!?お、男様を!?なんてうらやま・・・んっんん!破廉恥なことを!)」

161: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 23:40:25.54 ID:rQGhCcKq0
男「えーと、狸娘ちゃん。悪いんだけど、俺達・・・」

狸娘「どうか、狸娘と、呼びつけでお呼びください」

男「あ、うん。なら、狸娘。俺達、そろそろ行かなくちゃいけないからさ」

狸娘「・・・うう。名残惜しいですが、仕方ないですわね・・・」

犬娘「そうです!出会ったばかりで寂しいですけど、ここまでなんです!」

狸娘「くっ・・・!」

狐娘「犬娘。落ち着きなさい」

男「じゃあ、悪いけどこれで。また、きっと会えるから」

狸娘「・・・男様!」

男「え?」

狸娘「また、近い内必ず、お会いいたしましょう!」

男「・・・うん。そうだね!」

狐娘「男さん、そろそろ」

犬娘「そうです!早く行きましょう!」グイグイ

男「わっ、とと。それじゃあまたねー!」ブンブン

狐娘「失礼するわね」ペコリ スタスタ






狸娘「ああ、男様・・・///」


164: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/14(水) 09:54:22.73 ID:gK8ju5DK0
犬娘「・・・」ムスー

男「(なあ、狐娘。犬娘、何か機嫌悪いみたいなんだけど、何か知ってるか?)」ボソボソ

狐娘「(ふふ。私は何も知らないけど?)」ヒソヒソ

男「(うーん。どうしたんだろうか・・・)」

犬娘「・・・男さん」

男「な、何かな?」

犬娘「・・・今朝の約束、覚えてますよね?」

狐娘「約束?」

男「お、覚えてるよ!大丈夫、約束は守るから!」

犬娘「ならいいです♪」

狐娘「男さん、約束って?」

男「聞かないでくれ・・・。嫌でも分かるから・・・」

狐娘「そ。なら、楽しみにしているわね」

165: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/14(水) 16:06:40.35 ID:gK8ju5DK0
ー夏雨村・大狸の屋敷ー
男「へえー。思ったよりは小さいお屋敷なんだな。昔ながらの田舎の家みたいだ」

犬娘「大狸のおじいさんはこのくらいがちょうどいい、って言ってこのお家にしたらしいですよ」

狐娘「あら、お迎えが来たみたいよ」

狸侍女「お三方、お待ち申し上げておりました。主がお待ちしております。どうぞ、こちらへ」

男「侍女がいるとか、すごいなやっぱり」

犬娘「大狸のおじいさんですからねえ」

狐娘「大狸のお爺さまだからね」

男「・・・その認識で伝わるのもすごいよ」

166: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/14(水) 16:39:05.06 ID:gK8ju5DK0
ー大狸の屋敷・客間ー
大狸「おお!よう来たのう、お主ら!ささ、座れ座れ!」

男「失礼します」

犬娘「こんばんは、大狸のおじいさん!」

狐娘「お招き頂き、ありがとうございます」

大狸「堅い堅い!もっと楽にせんか!犬娘のように!」

男「はあ・・・」

狐娘「そう仰るのでしたら、そのように。こんばんは、大狸のお爺さま」

大狸「うむ。そういえば、祭りの期間中に全ての村を回るということは、明日には冬華村か春陽村へ行くのじゃろう?」

犬娘「はい!」

狐娘「・・・明日は、春陽村へ行こうと思っています」

男「え?でも、冬華村の方が近くないか?」

犬娘「きっと、自分の故郷は最後のとっておきなんですよね、狐娘ちゃん?」

狐娘「・・・ええ。そうよ。楽しみにしていなさい?男さん。とても綺麗な所なんだから」

男「・・・?」

大狸「・・・。よし!まあ、明日のことは良い。お主らが来るのを待ちわびて、腹が減ってしまった!飯にしよう!」パンパン!

狸侍女「はい、主様」スタッ

男「(いつの間に大狸さんの後ろに!?)」

大狸「うむ。飯の用意を頼むぞ」

狸侍女「かしこまりました。すぐに」ヒュッ

男「(今度は消えた!?)」

大狸「ん?おお、男は、当然会うのは初めてじゃったのう。儂に古くから仕えておる、狸侍女じゃ。あやつはなかなか優秀でのう。何でもこなすゆえ、つい頼りすぎてしまう」

狸侍女「お褒めに与り、恐悦至極にございます」

男「今度は俺たちの真後ろに!?しかも両手に大皿を何枚も持って!実は忍者か何かだったんですか!?」

狸侍女「侍女にございます」

男「あ、あはは・・・」

犬娘「狸侍女さんは、本当に何でも出来るんですよ!」

狐娘「ええ、家事や炊事はもちろん・・・」

犬娘「狩りや漁、建築の技術もすごいです!さらには槍を持たせたら敵無し!あの槍捌きは思わず見とれちゃいますよ!」

男「そんなことまで出来るの!?」

狸侍女「侍女ですので」

男「いやいや・・・」

大狸「ワッハッハ!まあよいではないか!それより、狸侍女よ、あやつはどうしておる?」

狸侍女「はっ。今はあのお方以外の誰とも会える気分ではないと。客人には申し訳ないが、よろしく伝えてくれと仰っておりました」コト コト

大狸「あやつめ。帰ってきたものの、様子がおかしいと思ったら、誰にも会わぬとは・・・。お、すまんの」

狸侍女「無理矢理にでも、引きずってきましょうか?」コト コト

犬娘「どなたか、いらっしゃるんですか?・・・あ、ありがとうございます」

狐娘「美味しそうですね。頂きます。・・・大狸のお爺さま、もしかして・・・」

大狸「うむ。儂の娘じゃ」

男「ええ!?大狸さん、娘さんいらっしゃったんですか!?・・・あ、どうも」

大狸「まあ、娘と言っても、実の親子ではないがの。孤児を1人、引き取ったんじゃ」

167: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/14(水) 18:19:09.75 ID:gK8ju5DK0
男「孤児を・・・」

狸侍女「はい。狐娘様の一つ下、犬娘様と同い年でございます」

大狸「むう。狸侍女よ、引きずってこいとは言わんが、何とか連れてきてくれぬか?」

狸侍女「かしこまりました」ヒュッ

男「・・・もう慣れた自分がちょっと怖い」

大狸「ワッハッハ!いつまでも驚くよりいいじゃろうて」

狸侍女「連れてきました」スタッ

男「屋根裏から!?」

狐娘「流石に驚いたわね」

???「いやですわー!私は、あのお方にお会いしたいのです!」ジタバタ

狐娘「あらあら。随分とお転婆なのね。ていうか、この声・・・」

犬娘「も、もしかして!」ワナワナ

大狸「まったく・・・。客人の前じゃぞ!いい加減にせんか狸娘!」

男「狸娘!?」

狸娘「お祖父様までそんなことを仰るのですか!?私は、男様とだけお会いしたいと男様あ!?」

大狸「なんじゃ、知り合いか?」

男「い、いやまあ・・・。てか、え?狸娘?」

狸娘「ッーーーーー!!!!!/////」カアァーーー

狐娘「大狸のお爺さま、実は・・・」カクカクシカジカ

大狸「なんと!男よ、本当に感謝するぞ!狸娘の命を救ってくれたとは!!」

犬娘「こ、こんなことが・・・!」ガーン

狸侍女「これはこれは・・・」

大狸「ワッハッハ!何とも面白い偶然もあるものよ!」

狸娘「お、男様が行かねばならなかった場所って・・・///」

男「う、うん。ここだったんだよ。大狸さんに呼ばれていてね」

狸娘「お、お祖父様!どうして男様が来ると、一言仰ってくださらなかったのですか!?」

大狸「儂がこの者らを招いたとき、お主は既に海へ行っておっただろうに」

狸侍女「さらにお嬢様は、客人が来ると申し上げましても、会いたくないの一点張りで、わたくしの話をお聞きにならなかったからだと思われますが」

狸娘「ーーーっ!!も、もう分かりました!私が悪かったですわ!」スタスタ スッ

狐娘「まさか、こんなことがあるなんてねえ」

男「あはは。でも、また会えてよかったよ」

狸娘「お、男様・・・。はしたない姿をお見せしましたわ。お恥ずかしい・・・///」テレテレ

犬娘「ぅーー・・・」プルプル

大狸「(ほう。これはこれは)」クックック

狸侍女「主様、そろそろ・・・」

大狸「うむ。よし!男よ、此度のことの礼も兼ねて、改めて楽しんでくれ。では乾杯!」

全員『かんぱーい!』ガチャン!

170: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/14(水) 21:44:56.25 ID:SjqBO0E30
ー数十分後ー
大狸「ワッハッハ!男よ!酒は飲まんのか!?/////」ウィー ヒック

男「いや、俺は未成年なんで!」

狸侍女「男様、主が絡んで申し訳ありません。主様、お酒でしたら私がお相手いたします。さ、こちらへ」

狐娘「狸侍女さん、相手するって、あなた既にお銚子7本分のお酒を飲み干してるわよ?」

狸侍女「いえ、これしきのお酒は水と変わりません。私には何の影響もありませんので、問題ありません」ケロリ

狸娘「うふふ、狸侍女は優秀ですもの。お酒などモノともしませんわ」

男「醸造酒ではべらぼうにアルコール度数が高い日本酒を、お銚子に7本も飲んで問題ないって・・・」

犬娘「ある、こーるどすう?」

男「ああ、お酒の強さみたいなものだよ。その数字が高いほど、お酒が強い、ってことなんだ」

犬娘「へー!」

大狸「何じゃい!狸侍女は酔わぬから面白うないわい。男ぉー。少しでいいんじゃ。飲まんか?の?/////」ヒック

男「いやいや・・・」

狸侍女「でしたら、男様でも飲めるよう、甘酒をお持ちいたしましょうか」

男「甘酒?」

狸侍女「はい。犬娘様の故郷、秋之村のお米で造った、自信の一品です。これは子供でも飲めるようにと造ったので、男様でも問題無く飲めるかと」

狐娘「『造った』、って・・・」

犬娘「『自信の一品です』、って・・・」

狸侍女「はい。わたくしが造りました」

狸娘「それはいいですわね!狸侍女、すぐにお持ちなさい」

狸侍女「かしこまりました」ヒュッ

男「・・・もう何でもありか」

171: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/14(水) 23:00:15.07 ID:gK8ju5DK0
狸侍女「お持ちいたしました」ヒュッ

男「あ、すいませんわざわざ」

狸娘「お、男様!私がお酌いたしますわ!」

犬娘「! お、男さん、お酌なら私に!父さん相手で慣れてますから、私の方が上手ですよ!?」

狸娘「な!?わ、私だってお祖父様に毎日のようにお酌していますわ!?」

犬娘「くぬぬ・・・!」

狸娘「むむむ・・・!」

狐娘「二人とも、そんなことしている間に・・・」

二人『・・・え?』

狸侍女「ささ、男様、ご一献」トクトク

男「いや、すいませんどうも。頂きます」

犬・狸娘『あーー!!』

狐娘「・・・ね?」

狸娘「た、狸侍女、何を・・・?」ワナワナ

犬娘「うう・・・。男さんにお酌したかったのに・・・」プルプル

狸侍女「いえ、お二方は仲良く喧嘩をなされていたので、そのままにしておいた方が宜しいかと判断いたしました。しかし、そうなりますと男様がお暇になってしまわれますので、主様のお酌をするわたくしが適任かと思い、男様にもお酌をいたしました」

犬・狸娘『くっ・・・!』

大狸「ワッハッハ!男!では・・・!」

男「ええ、乾杯、です」カチャン

大狸「んぐっ、んぐっ・・・。ぷはあーー!!やはりのう!お主と飲む酒は美味いわ!」

男「あはは。ありがとうございます。・・・あ、この甘酒、本当に美味しい。何て言うか、香りがいいですね」

狸侍女「はい。老若男女、全ての方が飲めた方がいいかとも思いまして、ほんの少し果物の汁を入れてあります」

男「へえ・・・。うん、本当に美味しい」コクン

狸侍女「お褒めの言葉、ありがたく承ります」

男「本当にすごいんですね、狸侍女さん。何でも出来て・・・。心から尊敬しますよ」

狸侍女「・・・い、いえ。侍女ですので、このくらいは当然です///」ポッ

犬娘「うー・・・!!」

狸娘「わ、私だってあんなこと言われていませんのに・・・!」

狐娘「・・・あ、この煮物美味しいわ・・・」モグモグ

172: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/15(木) 00:10:55.72 ID:sOVOGfQd0
大狸「ワッハッハ!のう、男よ!今日の件も何かの縁!どうじゃ?狸娘を嫁に貰ってはくれぬか!?」

男「へっ?」

犬娘「はぅわ!?」

狸娘「お、おおおお祖父様!?///」ボンッ

狸侍女「狐娘様、こちらの煮魚も自信作でございます」スッ

狐娘「あら、金目鯛ね。頂くわ・・・うん、凄く美味しいわ」モグモグ

大狸「お主、今付き合いのある女子(おなご)はおるのか?」グビグビ

男「い、いえ。いませんけど」

大狸「ならよかろう!狸娘は、多少わがままではあるが、儂の娘じゃ!器量はよいぞ?」

男「い、いや、そんなこといきなり言われても!今日会ったばかりの女の子と、いきなり結婚だなんて言われても困りますって!」アタフタ

狸娘「お、お祖父様!男様の言うとおりです!性急過ぎますわ!」

大狸「何じゃ。お主とてまんざらでも・・・」

狸娘「わー!わー!お祖父様!?おかしなことを言うようでしたら、私でも怒りますわよ!?///」

犬娘「そうですよ!男さんはそんな気はこれっぽっちもありませんから!」

大狸「おお、犬娘。お主も男のことが・・・」

犬娘「わー!わー!お、大狸のお爺さま!?それ以上言ったら、私でも怒るんですからね!?///」

狸侍女「まあまあ、お二方。落ち着いてください。主様も、あまり煽るのはお控えになりますように」

狸娘「うるさいですわ狸侍女!男様に褒められたからっていい気になって!」

狸侍女「な・・・!わ、わたくしは別に、いい気になってなど・・・!///」

犬娘「あー!その反応、まさか狸侍女さんまで!?」

狸侍女「な!?そ、そんなことはございません!」

ギャーギャー! ワイワイ

179: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/15(木) 10:17:59.55 ID:Itffa4ep0
狐娘「結婚、ね・・・」トクトク クイッ

狐娘「あら、この甘酒、本当に美味しいわ」ホウ

男「・・・なあ、狐娘?」ソロソロ

狐娘「あら、男さん。あの騒ぎの中心人物が、ここに来ていいのかしら?」  

男「勘弁してよ・・・。狸娘と結婚だなんて、いきなり過ぎるよ・・・」

狐娘「あら。なら、狸侍女さん・・・はともかく。犬娘はどうかしら?」

男「あはは。犬娘は、兄貴を取られるみたいで嫌がってるんだろ」

狐娘「・・・犬娘。頑張りなさいね・・・」

男「?」

狐娘「それで、男さん。私に何かお話でもあるのかしら?」

男「ああ、うん。狐娘」

狐娘「何かしら?」

男「・・・何を隠してる?」

狐娘「・・・・・・は?」 

男「今朝、秋之村の中央広場で忍者みたいな格好した妖(ひと)達から身を隠したとき、狐娘は少し震えてた。まるで恐れているみたいに」

狐娘「そ、そんなこと・・・」

男「それだけじゃない。初めて会った日の帰り道だって、どこか物憂げだった。何があった?」

狐娘「っ・・・!」

大狸「おぉーい!男よ!もっと付き合わんか!飲み足りないわい!」

犬娘「あ!男さん!次は私がお酌を!」

狸娘「い、いえ!次こそは私が!」

狸侍女「僭越ながら、先程もお酌したわたくしが」

ギャーギャー! ワイワイ

狐娘「ほ、ほら、呼んでるわよ。行ってきなさい」

男「でも・・・」

狐娘「男さん。あなたは、とても優しい人。でも、今の私には、その優しさは辛いだけなのよ。・・・祭りの最終日、明後日の冬華村。そこで、全てを話すわ。だから、それまで待っていて・・・?」フルフル

男「きっとだぞ?・・・俺で力になれることがあるなら言ってくれよ?絶対に助けるから」

大狸「おぅい男ぉー!」

男「ああ、はい!今行きますよ!」

大狸「で、どうじゃ!狸娘を嫁に!なんなら、狸侍女もつけるぞ!一夫多妻もありじゃろうて!」

男「い、いやいや!俺にはそんな甲斐性ありませんから!」

狸娘「お、男様と夫婦(めおと)に・・・!///」

犬娘「うぅーー!」プルプル

狸侍女「わたくしは侍女ですので、夫婦の契りなどは・・・。主様がわたくしがおらずとも生活出来るようになってからでないと・・・」

大狸「ほほう?その気はあると?」

狸侍女「・・・主様、後ほど、わたくしと組み手をしましょうか。ああ、大丈夫です、ほんの500本ほどですので。おや、どうしました?涙目で首を横に振って」
ガヤガヤ ワイワイ





狐娘「・・・ふ、ふふっ・・・。私だって、皆みたいに・・・っ」グスッ

180: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/15(木) 11:04:35.33 ID:G584KXo40
ーさらに数十分後ー
犬娘「うーん、うーん・・・。おとこひゃあん・・・」スースー

狸娘「お、おとこしゃま・・・。ふぇへへ・・・」ムニャムニャ

大狸「ワッハッハ。子供らは眠ってしもうたか」グイッ

狸侍女「主様、そろそろお控えになりますよう。お身体に障ります」

男「そうですよ、飲み過ぎです」

大狸「うむ、すまんの。ついつい酒が進んでしもうたわ」

狐娘「うぅ・・・ん・・・」スヤスヤ

男「あ、狐娘も寝ちゃったか」

狸侍女「既に、別室に布団を敷いてあります。お風呂は明日の朝入っていただくことにして、今夜はこのまま眠って貰いましょう」

狸侍女「では、三人を運んで参ります」

男「あ、俺も手伝いますよ」

狸侍女「いえ、大丈夫ですので、男様は、主とお話でもしていてくださいませ」ヒュッ

男「眠っている妖(ひと)三人抱えて移動したのか?本当に何者なんだあの妖(ひと)・・・」


大狸「あやつは儂ら狸の一族でも上位に位置した戦闘系家系の出身でのう。その一族においても特に有能であると言われておったのよ」

男「へえ。それはすごいですね」

大狸「男、お主は怖がらんのか?」

男「え?」

大狸「いや、実はの。儂ら妖の者らが戦を止めてから、あやつの一族はその力を生かせず、衰退していったのじゃよ。戦の事のみを追求してきた一族であったがゆえ、戦のない世の中になっては、滅ぶしかなかったのじゃろう」

男「・・・」

大狸「じゃが、衰退していく一族を見ていることが出来なくなったのであろう・・・。先代当主、狸侍女の父親じゃな。あやつは、人の世への侵攻を企ておったのよ。再び戦になれば、一族は復興出来ると考えたのじゃろう。そして、その侵攻軍の中に、まだ幼かった狸侍女はおった」

181: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/15(木) 11:21:23.02 ID:G584KXo40
ー10年前・夏雨村 戦狸(せんり)一族の里ー武者狸(現・大狸)「考え直せ!戦狸!」

戦狸(狸侍女の父)「考えは変わらぬ!再び人との争乱を巻き起こす!そうなれば、我ら一族は再び栄華を巻き起こす事が出来る!」

武者狸「人との争いが終わり、幾年もの月日が流れた!今更人との争いを求める者などおらぬ!貴様のやろうとしていることは、いたずらに民を傷付けることだぞ!」

戦狸「ならば!!我らは滅べと!?戦のない世の中では、我らは生きること叶わぬ!武者狸よ!貴様は、他の民を傷付けぬ為、我らに滅びよと!そう言うのか!?」

武者狸「違う!戦う以外の生き方を探せと!そう言っておる!何故解せぬ!?」

戦狸「・・・武者狸よ。もう無理なのだ・・・!我ら戦狸一族は、もう止まらぬ!かつては二千を誇った我ら一族も、今ではわずか576だ!戦を生業とし、ここまで来た我らの誇り。今更捨て去ること叶わぬ!」

武者狸「・・・!どうしても行くと言うのであれば、我らは貴様らを力ずくでも止めるぞ!」スラッ

戦狸「武者狸よ!我らの邪魔をするなら、我らも貴様らを推し通る!」チャキッ

武者狸・戦狸『全軍・・・』

ガチャガチャッ!!

スラッ シャキン! シャキン!

武者狸・戦狸『かかれえぇぇ!!』


ーーーーーーーーーーー
ーーーーーーー
ーーー

182: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/15(木) 13:11:07.49 ID:xP705r820
男「そんなことが・・・」

大狸「今思えば、あれがあ奴らの最期の意地だったのじゃろう・・・。どうせ滅びるのなら、せめて戦いの中で散ろうと・・・」

男「・・・」

大狸「あ奴らは、その戦いでほぼ全滅した・・・。自刃した者も、数多くおった。戦狸は、最期に言っておったよ。『何故、我らは滅びねばならぬ?戦の無い世の中。多くの民の望んだ世の中。民の望んだ世の中に、我らはどうしていられない?』、とな・・・」

大狸「あ奴らも、本当は分かっておったのよ。戦わずとも生きる術を見つけ、生きていくのが一番よいと。じゃが、戦狸一族としての誇りが、それを許さなかった。戦を捨てるのなら、生きていないのも同じであると、そう思っておったのよ」

男「・・・それで、狸侍女さんは?」

大狸「うむ。戦いが終わった後、自失呆然といった様子で屍の真ん中に座っておった。父親の使っておった槍を抱き締めての」

男「やっぱり、狸侍女さんも、向かってきたんですか?」

大狸「いや。あ奴は、何もしなかった。ただ、座っておるだけでの。あ奴の忘れ形見、殺す訳にもいかず、あ奴が見つけることの出来なかった、戦う以外の道。それを見つけさせるために、連れ帰ってきたのよ」

男「そうだったんですか・・・」

大狸「当然、始めの頃は村の皆から避けられておってのう。皆、怖がっておったのよ。槍さえ持たせれば、どんな獲物でも一撃で仕留めて帰ってくる。まだ幼いのにも関わらず、じゃ。今でこそ皆も狸侍女と接してきて、当たり前のように接してはおるが。お主は、どうじゃ?この話を聞いて、怖いと思うか?」

男「え?何でです?」

大狸「何で、とは。戦闘系一族の形見。戦いにおいては並ぶもの無しとさえ言われていた者じゃぞ?恐れはせんのか?」

男「いえ、全然。確かに、話だけ聞けば、恐ろしいですけど、実際に話してみましたし、恐ろしいなんてことは全然思いませんよ。狸侍女さんは、何でも出来る、素晴らしい女の人ですよ。それに、可愛らしいですし」

大狸「・・・!くっくっく。なるほど、犬娘や狸娘の気も知れるというものじゃ・・・!のう、狸侍女!」

男「えっ!?」

狸侍女「っ・・・///」

男「い、いや、あはは・・・。恥ずかしいこと言っちゃいましたね・・・///」テレ

狸侍女「い、いえ。その・・・ありがとうございます、男様。そのようなこと言われたのは初めてですので、その・・・どう言ったらいいのか・・・///」

男「あ、あはは・・・」

大狸「ワッハッハ!これはこれは!面白いのう!」

狸侍女「主様、組み手を二倍に増やしましょうか?」

大狸「すまんすまん!くっくっく。じゃが、こんな展開になるとは・・・!」

狸侍女「っーーー///」

大狸「ワッハッハ!さて、男よ、風呂に行かぬか?ここの風呂は儂自慢での!」

男「はい、是非ご一緒させてください」

大狸「うむうむ。では、行こうか」

狸侍女「で、では、お二方のお着替えを用意しておきます」

大狸「うむ。頼むぞ」

男「すいません、お願いします」

狸侍女「行ってらっしゃいませ」ペコリ

183: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/15(木) 21:47:05.96 ID:RMAJmqNM0
ー大狸の屋敷・浴場ー
カポーン
男「うわあ、結構広いんですね」

大狸「うむ。風呂には拘りたかったからのう」

男「細かいところまで装飾が凝っていて、とても気持ちよさそうです」

大狸「ワッハッハ!見る目があるのう、男は」

男「俺も、風呂は好きですからね」

大狸「よし、では浸かるとしようか!」

カポーン

男「・・・ふぅー。いい気持ちですねー」

大狸「じゃろう?儂自慢の風呂じゃ」

男「ふう・・・」

大狸「はぁーー・・・」

カポーン

男「・・・大狸さん」

大狸「・・・んー?」

男「狐娘の様子がおかしい理由、知ってますよね?」

大狸「・・・うむ」

男「教えてはもらえないでしょうか?」

大狸「狐娘本人はお主に話したか?」

男「いいえ」

大狸「なら、儂が言うわけにもいくまいよ」

男「・・・でも、気になるんです。狐娘がたまに見せるあの悲しげな顔。きっと理由がある」

大狸「それを知ってどうする?お主にはどうにも出来ぬ事かも知れぬ。狐娘はお主には助けを求めておらぬかも知れぬ」

男「それでも。困っているなら、助けてあげたいんです。友達ですから」

大狸「なら、信じて待っておれ。あ奴も、今は整理する時間が欲しいじゃろうて・・・」

男「・・・はい」

184: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/15(木) 22:34:19.05 ID:bv3jZgZi0
ー数分後ー
大狸「よし。では、儂はそろそろ上がるとしよう」ザパッ

男「あ、俺も上がります」ザバッ

ガラッ

大狸「うむ。着替えもあるな。では、着替えたら、今日は寝るとしようかの。明日も早いのであろう?」

男「そうですね。春陽村に行くと言っていましたから。一番遠い春陽村に行くってことは、早めに出ないと時間が無くなるでしょうし」

大狸「そうじゃのう。名残惜しいが、狸娘か狸侍女の婿に来れば、また会えるからの」

男「いやいや・・・」

大狸「ワッハッハ!まあ、儂も冗談で言っておるのではないからの。よく考えておいてくれ」ノッシノッシ

男「あ、お休みなさい」

男「・・・はあ。大狸さん、冗談じゃない、とか言っていたけど、婿になるとか嫁にするとか、いきなり過ぎるよなあ・・・」

狸侍女「男様」ヒュッ

男「うわあ!?た、狸侍女さん!」

狸侍女「驚かせてしまい申し訳ありません。主様より、寝室へとご案内せよとのことでしたので、参上いたしました」

男「あ、そうなんですか。よろしくお願いします」

狸侍女「はい。では、こちらへ」スタスタ

男「(てっきり、俺も『ヒュッ』で連れて行かれるのかと思った)

186: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/16(金) 10:45:01.61 ID:UtLMjkx30
狸侍女「・・・」スタスタ

男「・・・」テクテク

男「(・・・き、気まずい)」

狸侍女「(お嬢様、不義理をお許し下さい。)・・・男様」

男「は、はい?」

狸侍女「男様は、その・・・」

男「?」

狸侍女「主の言っていた、婿入りの話、いかがお考えでしょうか?」

男「え?あ、ああ。うーん、まだ俺には早いんじゃないかなー、としか」

狸侍女「そ、そうですか」

男「すいませんね、狸侍女さんまで、こんな話に巻き込んじゃって」

狸侍女「・・・いえ。戸惑いはしましたが、実のところ、嬉しくもありました」

男「え?」

狸侍女「主が仰っていたように、わたくしは、戦うことだけが存在意義である、という風習の中で育ってきました」

男「それは・・・」

狸侍女「もちろん、今となってはそんなことはございません。村の皆も、良くして下さいます。しかし、どこか距離を取られがちなのも、また事実なのです」

男「・・・」

狸侍女「私が見つけた、戦う以外の道。それは、普通の、一人の女として生きていく道でした」

男「・・・はい」

狸侍女「しかし、村の皆は、わたくしをどこかで恐れていて、そんな色っぽい話などあるわけがないと、やはり、わたくしに普通の幸せなど手に入ることは無いのだと、諦めておりました」

男「そんなことは・・・!」

狸侍女「では!・・・では、男様は、わたくしを受け入れて下さいますか・・・?」

男「!?」

狸侍女「・・・出会ってからまだ一日も経っていないのに何を、と申されるかもしれません・・・。でも、わたくしの胸にある、このもどかしい気持ち・・・!」

男「・・・」

狸侍女「主が男様にわたくしの生い立ちをお話になっていたとき、わたくしは、男様に嫌われると思っていました・・・。また、距離を取られてしまうと・・・」

狸侍女「しかし、男様は、わたくしを恐れるどころか、か、可愛らしいとまで仰って下さいました・・・///」

男「あ、あはは・・・」

狸侍女「男様。あなた様に『怖くない』と言われたとき、途方もないような喜びを感じました。確かに、いきなり婚姻などの話になったのは驚きましたが」

男「で、ですよねー」

狸侍女「・・・でも、そうなればよいとも思いました」

男「・・・へ?」

192: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/16(金) 16:39:53.58 ID:t+59gMHh0
狸侍女「男様。・・・わたくし、狸侍女は。あなた様を、心よりお慕い申し上げております///」

男「っ・・・!」

狸侍女「多くは望みません・・・。わたくしの、たった一つの望みは。男様、あなた様と、添い遂げることにございます///」

男「た、狸侍女さん。俺は・・・っ!」

狸侍女「・・・」スッ

男「!」

狸侍女「・・・男様。今すぐにお返事は頂けません。お受けになって下さるとしても、お断りになるとしても、わたくしの、心が追い付きません・・・。卑怯ですね、男様には、心の準備などさせませんでしたのに・・・」

男「・・・いえ。よく分かります・・・」

狸侍女「わたくしも、明日より男様と共に参ります。男様があと二つの島を巡り、時間を掛けてお考えになった上で、わたくしをお選び頂けたのなら、最終日、答えをお聞かせ下さい。わたくしは、その時までお待ちいたしております・・・///」

男「・・・はい」

狸侍女「・・・ふふっ。ああ、こんな気持ちになったのは初めてです。嬉しくて、楽しくて、でも、どこか寂しくて・・・。でも、それが嫌じゃなくて・・・」

男「・・・ははっ」

狸侍女「ふふ。さ、お部屋に着きました。長いお話に付き合わせてしまいましたね」

男「いえ。何というか、その・・・。ありがとうございます」

狸侍女「・・・!ふふっ、おかしな方ですね。それでは、お休みなさいませ」ペコリ

男「ええ。お休みなさい」スッ パタ…

狸侍女「大好きです、男様・・・///」ボソッ

男「・・・!///」…ン

196: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/16(金) 17:12:12.79 ID:t+59gMHh0
ー大狸の屋敷・男の部屋ー
男「・・・狸侍女さんに告白された・・・」

男「女の子から告白されたのなんて初めてだから、嬉しいとかいうより、どうしたらいいのか、って感じだな・・・」

リー リー 

男「・・・虫が鳴いてる。いい声だ、な・・・」ウトウト

男「また、明日も・・・、楽しくなると、いいな・・・」Zzz Zzz

ーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーー
ーーーーー
ーー

199: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/16(金) 17:24:22.49 ID:t+59gMHh0
ー紫苑祭・三日目ー
チュンチュン チチチ コケコッコー!!
犬娘「・・・!」パチッ ガバッ! キョロキョロ

狸娘「うふふ、男様ったらぁ・・・///」クークー

狐娘「んんー・・・」モゾモゾ スースー

犬娘「(むっふっふ。昨夜は不本意な結果に終わりましたが、今日は男さんを起こしに行くことで、狸娘ちゃんや狸侍女さんよりも一歩先んじます!)」ソロソロ スー

犬娘「(男さんと一番長く過ごしたのは私です。男さんは鈍感で、なかなか私の気持ちには気付いてくれないけど、きっと振り向かせて見せます!)」グッ!

犬娘「(今行きます!男さん!)」スタタタタ

200: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/16(金) 17:51:53.08 ID:t+59gMHh0
ー大狸の屋敷・男の部屋前ー
犬娘「ふっふっふ。男さんの匂いを追えば、寝室を見つけるくらい簡単です・・・!」

犬娘「昨日は私が先に寝てしまったから、一緒に寝るって約束を守ってもらえませんでしたからね、これくらいはさせてもらわないと・・・!」

犬娘「では早速・・・!男さーん、朝ですよー!」スッ

男「うぅん・・・。犬娘、あと少し・・・」ムニャムニャ

犬娘「はうぅ!こ、この遣り取り、父さんと母さんの遣り取りとほぼ同じ・・・!///」キュウン

犬娘「お、男さん。起きないと、朝ご飯無くなっちゃいますよー?」

男「もう、少しー・・・」

犬娘「(男さん寝ぼけてる?なら・・・!)じ、じゃあ男さん。その、私も一緒に寝てもいいですか?///」ドキドキ

男「おー・・・。いいよー。おいでー・・・」モゾモゾ

犬娘「ほ、本当ですか!?で、では早速・・・!///」ソーー

201: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/16(金) 22:14:08.08 ID:t+59gMHh0
狸娘「そうはさせませんわ!」スパァン!!

男「!?」ビクッ

犬娘「わきゃあっ!?た、狸娘ちゃん!?」

狸娘「あ、危ないところでしたわ!犬娘さん、抜け駆けは卑怯でしてよ!?」

犬娘「も、もうちょっとだったのに!」

狸娘「抜け駆けなんてさせませんわよ!」

ギャーギャー

男「あー、二人とも?何してるの?」

犬娘「・・・」

狸娘「・・・」

コンコン

狸侍女『男様、朝でございます。起きていらっしゃいますか?』

狐娘『それから、犬娘と狸娘が来ていると思うのだけど』

男「あ、おはようございます。わざわざすみません。二人はここで遊んでるよ」

犬娘「・・・また失敗・・・」ズーン

狸娘「また狸侍女が・・・!」ドヨーン

狐娘「ま、予想通りね」

202: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/16(金) 23:32:47.84 ID:eCGEjq0e0
狸侍女「皆様、おはようございます」

狸娘「・・・おはよう」

犬娘「・・・おはようございます・・・」

男「あ・・・。お、おはよう!狸侍女さん!」

狸侍女「っ!お、おはようございます男様。女性陣がお風呂を上がるまで、朝食は待っていて下さいませ。そ、それでは!」ヒュッ

狐娘「あらあら?」

犬娘「・・・。・・・!?」

狸娘「お、おお男様?昨夜、狸侍女と何かありましたの?」ワナワナ

男「な、何もないよ?そ、それよりほら!お風呂行ってきなよ!俺、着替えて大狸さんと待ってるからさ!それじゃ!」ピュー!

犬娘「あ!男さん!」

狸娘「まだ何も聞いておりませんわよ!?」

狐娘「ま、この後もどうせ男さんと一緒なんだから、その時聞けばいいでしょう?それより、早くお風呂に行きましょう?昨夜は入らなかったから、早く入りたいわ」

犬娘「仕方ないね。後で必ず聞こう!」

狸娘「そ、そうですわね。みっちりお話を聞かないと・・・!」






狐娘「男さん、大変ね」

204: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/17(土) 00:41:15.92 ID:LokkcWvP0
ー数十分後 大狸の屋敷・居間ー
大狸「おお、三人とも上がったか」

犬娘「お待たせしました!」

狐娘「さっぱりしたわ」

狸娘「おはようございます、お祖父様」

大狸「うむうむ。よし、皆揃ったことじゃ、朝食にしようかの。おうい」パンパン

狸侍女「既に用意は出来ております」

ズラー!

男「一瞬で朝食が食卓に並んだ!?」

狸侍女「侍女ですので」

男「いやいや・・・」

大狸「ワッハッハ!気にするな!では、頂こうかの」

全員『頂きます!』

カチャカチャ ズズー モグモグ

犬娘「(お、男さん・・・)」コソコソ

男「(ん、何?)」

犬娘「(わ、私、ネギ類だけはどうしてもだめで・・・)」チョコン

男「(ああ、この焼いたタマネギか。うん、いいよ。俺が食べるよ)」

犬娘「(あ、ありがとうございます!それで、あのう・・・)」スッ

男「(ん?まだ何か苦手なもぬぁ!?)」

犬娘「(い、一度やってみたかったんです・・・。はい、あーん、って///)」

男「(い、いや、それは・・・///)」

犬娘「(だめ、ですか・・・?)」ウルウル

男「(う・・・!わ、分かったよ!・・・あーん)」

犬娘「(えへへ。あ、あーん///)」

男「(あむっ。んぐんぐ。うん、美味しいよ)」

犬娘「(そ、そうですか!えへ。えへへ///)」ニコニコ パクパク

狸娘「・・・」

狸侍女「・・・」

男「・・・はっ!?」

狐娘「小声で話してたって、こんなに近いんだもの。何してるかなんて丸見えよ」ハァ…

狸娘「い、犬娘さん・・・。また抜け駆けを!」

狸侍女「ふむ・・・。男様。次は私が男様に食べさせてあげましょうか?」

狸娘「なあ!?狸侍女、あなたまで!?」

犬娘「だ、だめです!男さんには、私が食べさせてあげるんです!」

ギャーギャー!

大狸「これはこれは。本当に賑やかじゃのう・・・」ズズー モグモグ

狐娘「はあ・・・。少し賑やか過ぎる気もするけどね・・・」

205: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/17(土) 10:34:38.07 ID:4VzbuxP60
ー数分後ー
全員『ごちそうさまでした!』

狸侍女「では、わたくしは食器を片付けて参ります」ヒュッ

男「今度は食卓から一度に食器が消えた・・・」

大狸「さて、狐娘よ。もうすぐに出るのであろう?」

狐娘「ええ。次は春陽村へ。少し時間が掛かるから、早めに出ないと」

狸侍女「主様。わたくしも男様と共に参ろうと思います」ヒュッ

大狸「おお!そう言うと思っておったわい。儂のことは気にせず、存分に楽しんでくるといい!」

狸侍女「ありがとうございます」ペコリ

犬娘「た、狸侍女さんも来るんですか!?」

狸娘「お、お祖父様!私も行って参ります!」

犬娘「狸娘ちゃんまで!?」

大狸「ワッハッハ!構わん構わん!行ってこい!」

狐娘「また賑やかになるわねえ・・・」 

男「あはは。楽しくていいじゃない」

犬娘「(こ、これは早急に何らかの対策を立てねば・・・!!)」

狸娘「(この旅行で、一気に男様との仲を縮めてみせますわ!)」

狸侍女「(お二人には申し訳ないですが、わたくしとて負けませんよ・・・?)」

ピカァッ! ゴロゴロ!

狐娘「さ、そろそろ行きましょうか」

206: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/17(土) 23:50:36.23 ID:LokkcWvP0
ー夏雨村・港ー
大狸「ではの!また最終日にでも会おうではないか!」

男「はい、そうですね」

犬娘「大狸のおじいさん、ありがとうございました!」

狐娘「ありがとうございました」

大狸「なんのなんの!またいつでも来るがよいぞ!」

狸娘「ではお祖父様、行って参ります!くれぐれもお身体には気を付けて下さい!」 

狸侍女「行って参ります。2日間は屋敷を空けますが、決して不摂生などしませぬよう、お願いいたします」

大狸「分かっておるわい。二人も、気を付けるのじゃぞ?」

一つ目船頭「ではー、夏雨村発ー、春陽村行き便ー。出発いたしますー」

大狸「男よ!皆のこと、くれぐれも頼んだぞ!」

男「はい!」

大狸「よし!気を付けていけー!」

全員『行ってきます!』

207: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 00:49:36.55 ID:5ZLwG9T50
ー船上・甲板ー
男「うわ、風が強いな・・・」ビュオォーー!

狐娘「そうね、魔海から出るには、この強風を抜けなければいけないのよ。魔海に入るときは問題ないのにね・・・」バタバタ!

犬娘「か、風が強いと、よろけちゃいますー!お、男さん、掴まっててもいいですか?」ヨロヨロ

男「ああ、犬娘は小柄だから、余計にこの風は辛いよね。いいよ、おいで」

犬娘「わっふっふー///」ギュウ

狸娘「く!犬娘さん!?何度も抜け駆けして、卑怯ですわよ!?」

犬娘「ひ、卑怯じゃないよ!」

狸娘「やーい!卑怯者ー!」

犬娘「な、何をー!?」

ギャーギャー!

男「あ、犬娘!・・・行っちゃった」

狸侍女「(・・・次に船に乗るときは、後ろから男様に抱き締めて頂きましょうか・・・)」ポワワーン…

ーー
ーーーーー
ーーーーーーーーー
男『狸侍女・・・』ギュウ

狸侍女『あ、お、男様・・・///』

男『狸侍女は、暖かいな。それに、いい匂いがする・・・』スンスン

狸侍女『お、男様、駄目です・・・。髪の匂いを嗅ぐなんて・・・!は、恥ずかしいです・・・///』

男『そんなこと言って、本当はこういう事、されたかったんだろ・・・?もうお前は俺だけの侍女だ・・・。ずっと俺の傍にいろ・・・』スッ

狸侍女『あ、男・・・様・・・』チュッ

ーーーーーーーーー
ーーーーー
ーー

狸侍女「(うふふ、男様、そんなこと・・・はっ!?わ、わたくしとしたことが、何て妄想を・・・///)」カアァー

208: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 00:50:21.50 ID:5ZLwG9T50

狐娘「・・・」ボー… 

男「狐娘?」

狐娘「・・・あ、ご、ごめんなさいね。少しぼうっとしていたわ。あら。犬娘は?」

男「ああ、何か狸娘と遊んでるよ。狸侍女さんは、向こうで海を見てるみたい」

狐娘「あら、そう・・・。それで?何か用かしら?」

男「いや、その・・・大丈夫か?」

狐娘「ええ、大丈夫よ。本当に、少しぼうっとしただけだから」

男「そうか?ならいいけど・・・」

狐娘「ふふっ、わざわざそんなことを言いに来てくれたの?ありがとうね」

男「・・・うん、まあ。寂しそうな顔、してたからさ」 

狐娘「・・・ふふっ。本当にあなた、妖(ひと)のことよく見てるのね」

男「そうかな?」

狐娘「そうよ。私は、あまり表情に変化なんて見せないのに」

男「そうなのか?でも、辛いだろ?そうやって、自分の中に溜め込むのは」

狐娘「ふふ。もう慣れたわ」

男「それでも、だよ。心があるんだから、辛くないわけ無いよな」

狐娘「・・・そう、かもね」

男「・・・」

狐娘「・・・」

男「俺は、狐娘が話してくれるまで待つよ。待っていてくれ、って言われたしな」

狐娘「・・・ええ」

男「でも、悩み事とかじゃなくても、辛かったら辛い、って言ってくれよ?具体的なことは言わなくていいからさ」

狐娘「そうね。そうするわ・・・」

男「うん。頑張れよ」ナデナデ

狐娘「っ・・・!///」ビクン! 

男「あ、悪い。嫌だったか?」

狐娘「い、いいえ。急だったから、少し驚いただけよ///」

男「そっか。でも、悪かったな。いきなり女の子の頭に触るなんて」

狐娘「い、いえ、その・・・」

男「?」

狐娘「よ、よければ、もう少しだけ撫でてくれないかしら?///」

男「・・・いいよ。俺でよければ、好きなだけ」ナデナデ

狐娘「・・・ふふっ」

男「ん?」

狐娘「くすぐったいけど、気持ちいいわ・・・///」

男「それは良かった」

狐娘「ええ。とてもいい気持ち・・・。これからも時々、お願いしようかしら?」

男「ははっ、喜んで」ナデナデ

ーーーーーーーー
ーーーーー
ーー

212: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 10:53:49.68 ID:TAhdtARf0
ー春陽村・港ー
男「着いたー!」

狸娘「ここが春陽村ですわ。一年を通して緩やかな暖かさが続くため、野菜や果物が美味しいですわね」

男「へー」

狐娘「ここは、主に鬼族が暮らしているわね」

男「鬼?あ、そういえば、前に紫苑祭の開催場所を決めるときの話し合いで、春陽村代表の名前が、確か・・・」

犬娘「鬼神様ですね」

男「そうそう、鬼神、様?だったよな。結構恐そうな名前だよなー」

狐娘「ふふっ。でも、そうでもないわよ?愉快な方よ」

男「そうなの?」

狸侍女「鬼神様は、豪放磊落。この言葉がまさにぴったりかと」

男「へえー」

犬娘「さ、とにかく行きましょう!ここの果物は安くて美味しいから楽しみにしてたんです!」

男「よし、それじゃ、行こうか」

214: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 22:07:40.62 ID:UsDtW0920
ー春陽村・中央区ー
ワイワイガヤガヤ ザワザワ

男「へえー。結構賑わってるな」

犬娘「確かに、賑わっていますけど、気を付けて下さいね?」

男「え?何に?」

狸娘「ここ、春陽村は結構無法地帯なのですわ」

男「え!?」

狸侍女「一応、最低限の法はあるのですが、盗みや喧嘩などは日常茶飯事です」

狐娘「まあ、暮らしている妖(ひと)達の大部分の種族柄、仕方ないことではあるけどね」

男「鬼族、だっけ?本当に鬼なんだ・・・」

狐娘「ええそうよ。周りを見て、気付かない?」

男「あ、確かに。耳や尻尾が無いから、とても人にそっくりだけど、角が生えてる」

犬娘「鬼族は、強い方が正義、っていうちょっと乱暴な考え方を持っていますからね」

男「こえー・・・」

狸侍女「安心なさってくださいませ、男様。鬼だろうが何だろうが、わたくしがやっつけてご覧に入れます」

男「ありがとうございます、狸侍女さん。でも俺は男ですからね。いざという時は、俺も頑張りますよ」

狸侍女「と、いうと?」

狐娘「男さんも、昔武術をやっていたの?」

男「うん。『獅神流(ししんりゅう)』っていう流派の武術を、護身術程度にね」

狸娘「で、では、いざという時は守って下さいますか?」

男「あはは。鬼を相手にどこまでやれるかは分からないけど、皆を守れるように頑張るよ」

犬娘「男さん、かっこいいです!///」

狸娘「(早速誰か絡んでこないかしら?)」キョロキョロ

狸侍女「男様。宜しければ今度、わたくしと手合わせをしていただけないでしょうか?」

男「どこまでやれるか分かりませんけど、いいですよ」

狐娘「ふふっ。その時は私も観戦させて貰うわね」

男「あはは。みっともないところは見せられないな」

犬娘「それも楽しみですけど・・・」

男「え?」

犬娘「な、何か食べに行きませんか?///」クゥー

狸娘「そうですわね。長らく船に揺られていたお陰で、お腹が空きましたわ」

狸侍女「では、この通りを真っ直ぐ進んだ所にある、観光客向けの比較的安全な食事処へ行きましょうか」

男「そうですね。よし、行こう!」

全員『おー!』

215: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 23:18:50.93 ID:5ZLwG9T50
ー春陽村・中央区 食事処『雲』ー
ガラガラ

ガヤガヤ ザワザワ

男「こんにちはー」

鬼店員1「いらっしゃいませ!何名様でお越しですか?」

男「あ、五人です」

鬼店員1「五名様ですね?当店、全席禁煙となっておりますが宜しいでしょうか?」

男「はい、大丈夫です」

鬼店員1「恐れ入ります。それでは、お席の方へご案内いたします、こちらへどうぞー。五名様ご案内でーす!!」




鬼店員1「それでは、お絞り失礼いたします。ご注文がお決まりになりましたら、店員へお声をお掛けくださいませ!失礼いたします」スタスタ

男「・・・」

狐娘「? 男さん、どうかしたの?」

男「いや、何か懐かしい気分になって泣きそうになった・・・」

犬娘「?」

男「いや、何でもないんだ!さ、食べるもの決めようか!」ペラッ

216: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 23:37:23.17 ID:5ZLwG9T50
    ー食事処『雲』・お品書きー

  ー冷前菜ー       ー温前菜ー
 ・筑紫のお浸し     ・里芋煮っ転がし
 ・新玉葱の盛り合わせ  ・筍と大根の煮物          

  ーご飯物ー       ー麺物ー 
 ・春陽豚の豚丼     ・月見そば
 ・焼き魚定食      ・とろろそば
 (味噌汁・漬け物付き) ・掛けそば
 ・お茶漬け       ・肉そば

  ー飲み物ー
 ・米酒(秋之村産米使用)
 ・果実酒(夏雨村産果実使用)
 ・清酒(冬華村産清水使用)
 ・果実濁り酒(春陽村産果実使用)

217: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 23:46:57.90 ID:5ZLwG9T50
男「へー。品数は少ないけど、どれも美味しそうだな」

狸侍女「ここは、調理する者が一人しかいないので、自然と品数を絞るしか無かったのだとか」

男「そうなんですか?」

狸侍女「はい。実は、ここの店主はわたくしの知り合いでして」

犬娘「そうだったんですか?」

狸娘「私も初耳ですわね」

狐娘「よっぽど、これらの料理にこだわりがあるのかしら?」

狸侍女「いえ。単純に調理場の面積の問題で・・・」

男「? まあ、その話は食べながらでも聞くとして。皆、注文するもの、決まった?」

犬娘「私は、春陽豚の豚丼にします!」

狸侍女「わたくしは月見そばに」

狸娘「私はお茶漬けにしますわ」

狐娘「んー、そうね・・・。肉そばにするわ」

男「よし、俺は焼き魚定食だな。すいませーん!」

鬼店員2「あ、はーい!お待たせいたしました。ご注文お伺いいたします!」

男「えーと、豚丼を一つと、月見そばを一つ。それから、お茶漬けを一つと、肉そばを一つと、焼き魚定食を一つで」

鬼店員2「かしこまりました!お料理出るまで、少々お待ちくださいませー!」ペコリ テクテク

218: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/19(月) 00:07:20.25 ID:7v0CNJ4v0
男「よし。それで、さっきの話ですけど、面積の問題って、どういうことですか?」

犬娘「確かに、このお店は広くは無いですけど、調理場に一人しか入れない、ってほどじゃないですよね?」

狸侍女「はい。実は、ここの店主は蜘蛛女と申しまして、土蜘蛛の一族なのです」

狐娘「ああ、成る程ね」

犬娘「そういう事でしたか」

狸娘「それなら、まあ」

男「つ、土蜘蛛の一族?あ、店の名前も確か・・・」

狸侍女「はい、言葉遊びですね」

狸娘「土蜘蛛の一族と言えば、この春陽村でもかなり有名な家系ですわね。鬼の一族と互角に争えるだけの力を持ちながら、その力を振るいたがらない平和主義、だったかしら?」

狐娘「そのいいとこのお嬢様が、何で小さな料理屋を?」

狸侍女「はい。元々土蜘蛛の一族は平和主義も相まって、庶民的なことでも有名でしたが、蜘蛛女は特にその傾向が強く、名門の家に生まれながら、幼い頃から抱いていた夢が、『料理屋の女主人』だったそうで」

犬娘「へー!素敵な夢ですね!」

狸侍女「はい。わたくしと蜘蛛女は、数年前にこの春陽村で出会いました。特にこれといった出来事があったわけではないのですが、何故か気が合い、交流が続いています」

男「へー。そういえば、さっき皆納得していたけど、どうして蜘蛛女さんが調理場にいると、他に妖(ひと)が入れないんです?」 

狐娘「単純な話しよ。土蜘蛛の一族は、上半身は私達と同じ、人に近い形。でも、下半身はそのまま蜘蛛なのよ」

男「・・・えっ」

狸侍女「はい。そういう訳で、下半身がどうしても大きい為、幅が無くなってしまったらしいのです。まあ、少し動けば端から端まで手が届くので、問題は無いそうですが」

男「下半身が蜘蛛かあ・・・。それは予想してなかったなー」

狸侍女「実は、この島に着いたときに、蜘蛛女に文を出しておきました。わたくしが、人間の男様を連れてゆくと書いておいたので、男様に会いに出てくるかと」

男「そうですか。土蜘蛛の一族かー。どんな妖(ひと)なんだろう」

221: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/19(月) 06:16:05.93 ID:7J8UhVhX0
ー数分後ー
鬼店員1「失礼いたしまーす。お待たせいたしました、こちら月見そばとお茶漬け、肉そばでございます!」

男「あ、どうも。この辺に置いておいてください」

鬼店員1「かしこまりました!失礼いたしまーす」コト コト

狐娘「どうも」 

狸娘「ありがとうございますわ」

鬼店員1「まもなく店長が参りますので、少々お待ちくださいませ!」ペコリ トコトコ

男「店長直々に料理を運んできてくれるのか」



蜘蛛女「お待たせいたしました。こちら春陽豚の豚丼と、焼き魚定食でございます」

鬼客1「お!蜘蛛女ちゃん!調理場から出てくるなんて珍しいね!俺に会いに来てくれたのかい!?」

犬客1「馬鹿言うな!俺にだよな!」

鬼客2「オメエも何言ってやがるんでえ!俺に決まってらあな!」

狸客1「何をー!?俺だろ!」

ギャーギャー!

蜘蛛女「うふふ。あちらの方々は気にしないでね?初めまして、皆さん。そして、男くん。私は蜘蛛女よ。よろしくね?」スッ

男「あ、男です。よろしくお願いします」ギュッ

蜘蛛女「ふふ。あなた、面白いわね。人間なのに、私が恐ろしくないのかしら?」

男「恐くはないですよ。正直なところ、驚きはしましたけどね」

狸侍女「久し振りですね、蜘蛛女」

蜘蛛女「本当にね。変わりないようで何よりだわ、狸侍女」

222: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/19(月) 11:58:17.21 ID:n7u9KAtZ0
狸侍女「あなたこそ。変わりないようで」

蜘蛛女「ええ。忙しくて、病気になる暇もないわ」

男「それはいいことですよ」

蜘蛛女「そうね。お陰様で大繁盛ですもの」

犬娘「蜘蛛女さん!これ、とても美味しいです!」パクパクモグモグ 

狸娘「ええ、ただのお茶漬けだと思っていたのに、この美味しさ。なかなか出来ますわね」

男「あ、じゃあ俺も・・・」パクッ

蜘蛛女「ふふ。どうかしら?」

男「うん!美味しいです。これなら、この盛況ぶりも頷けますね」

狸侍女「良かったですね、蜘蛛女」

蜘蛛女「ええ。ふふ、ありがと。さて、私は調理場に戻るけど、、ゆっくりしていってね。また今夜にでも会いましょう?」トコトコトコトコ

男「・・・綺麗な人だったな」ボソッ

狐娘「あら。男さんはああいう妖(ひと)が好みなのかしら?」

犬娘「!」

狸娘「!」

狸侍女「そうなのですか?男様」

223: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/19(月) 20:08:43.93 ID:7v0CNJ4v0
男「い、いや、違うって!そういう話じゃなくて、純粋に綺麗だな、って思っただけ!」

犬娘「そうなんですか?」

男「う、うん。ほら、紅い和服がすごくぴったりだったじゃない?それで、すごく綺麗だな、って」

狸娘「成る程・・・。男様は赤が好きなのですね?」

男「え?あ、ああ。まあ、好きな方だね」

狸娘「(荷物の中に赤い着物はあったかしら?)」

狸侍女「まあ、男様の好みは追々明らかにしていくとして・・・」

男「えぇー・・・」

狐娘「今は、料理を食べてしまいましょう?」

犬娘「そうですね!こんなに美味しいんですから、温かい内に頂きましょう!」

男「そうだね。食べちゃおうか」




狐娘「・・・あ。油揚げが入ってる・・・」

225: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 11:00:08.14 ID:jeymIcQ90
ー数十分後ー
男「ごちそうさまでした!」

犬娘「とても美味しかったですねー」

狐娘「そうね。また来たいわ」

狸娘「ですわね」

狸侍女「はい。蜘蛛女も喜ぶかと」

犬娘「さて!じゃあご飯も食べましたし、行きましょうか!」

狐娘「そうね、お会計しましょうか」

男「おっと、俺が払うから。先に出てて」サッ

狸娘「お、男様。このくらいは私が!」

狸侍女「そうですよ。申し訳ないです」

男「あはは。気にしないでよ。すいませーん、お会計お願いします」

鬼店員3「はいありがとうございます!お会計、250円でございます!」

男「相変わらず安いな・・・。それじゃあ、これで」チャリン

鬼店員3「はい、250円丁度お預かりいたします!こちら領収証のお返しでございます!ありがとうございました!またお越しくださいませ!」

蜘蛛女「あら、お帰り?また来てちょうだいね」

男「あ、はい!どうもごちそうさまでした!」

犬娘「ごちそうさまでしたー!」

狐娘「油揚げ、ありがとうございました」

狸娘「また必ず寄りますわ!」

狸侍女「では蜘蛛女。また後程」

蜘蛛女「ええ、また夕方に会いに行くわ。それじゃあね、楽しんでいらっしゃいな」フリフリ

男「はい。行って来ます」ガラガラ

ガラガラ ピシャッ



蜘蛛女「・・・人間、か・・・。無事に帰れるといいけれど・・・」

鬼店員1「て、店長!注文溜まってきましたよ!?」

226: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 11:45:05.29 ID:jeymIcQ90
ー春陽村・大通りー
ワイワイ ガヤガヤ

男「それで、次はどこへ?」

狐娘「そうねえ。春陽村と言えば、美しい山々を登るのが楽しいわね」

狸侍女「そうですね。山の中には綺麗な花が沢山咲いていたりして、なかなか良いものです」

犬娘「だけど確か・・・」

狸娘「山賊紛いの行為をする鬼もいるとか・・・」

男「えっ」

狐娘「まあ、確かにそういう輩もいるけど・・・」

狸侍女「わたくしがおりますので問題は無いかと」

男「成る程・・・」

狐娘「まあ、いざとなれば奥の手もあるしね」

犬娘「奥の手?」

狐娘「心配しないで、ってことよ。私だって、一応六尾なんだしね」

狸娘「な、なら、大丈夫そうですわね」

狸侍女「はい。それでは、参りましょうか」

230: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 18:31:32.75 ID:8ca+Lpnt0
ー春陽村・巡山登山口ー
男「おお、予想よりは小さいんだな」

狐娘「まあ、今日一日だけだしね。あまり高い山に登って、帰れなくなったりしたら大変だもの」

狸侍女「それに、この山は特に美しい景色を見ることが出来ますしね」

犬娘「ほえー!楽しみです!」

男「確かに、俺達の他にも登山客が見えるな」

犬娘「どんな景色があるんでしょうねー?」

狸娘「わ、私、あまり体力に自信は・・・」

狸侍女「大丈夫です。道のりこそ多少は長くありますが、急な坂などがあるわけではないので、お嬢様程度の体力でも登り切れるかと」

狸娘「て、程度で悪かったですわね!いいですわ!登り切って見せますわよ!」

狐娘「ふふ。・・・狸侍女さん、いざという時は頼りにしてますからね?」

狸侍女「はい。わたくしにお任せくださいませ。皆様の安全は保証いたします」

男「ありがとうございます、狸侍女さん。よし!それじゃあ、行こうか!」

全員『おー!』

231: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 19:20:36.49 ID:8ca+Lpnt0
ー巡山・二合目付近ー
男「いやー、結構緩やかなんだね」

犬娘「それに、道の端に色々な花が咲いていて、とても綺麗ですねー」

狐娘「ふふ。気に入ってくれたかしら」

狸娘「ええ。とてもいい所ですわ!でも、狐娘さんはよくこのような所を知っていましたわね?」

狐娘「ええ。実は何年か前に、父上と来たことがあるのよ」

狸侍女「そこで、わたくしと話し合い、皆様にここの景色をご覧に入れて差し上げたいとのことでしたので、この登山を計画いたしました」

男「そうだったんですか」

狐娘「昔に、父上と見た景色をもう一度見たい、っていう私のわがままもあったんだけれどね」

男「そのくらい、わがままでも何でもないさ。こんなにいい所だし、そう思うのは当たり前だって」

犬娘「そうだよ、狐娘ちゃん。こんなにいい所、連れてきてくれてありがとうね!」

狐娘「二人とも・・・。ふふっ、どういたしまして」

狸侍女「では、まだ登山は始まったばかりですので、一層張り切って参りましょう」

狸娘「そうですわね。まだ二合目でここまで素晴らしいんですもの。他にどんな綺麗な景色が見られるか、楽しみですわ」

犬娘「よーし!頑張りましょう、男さん!」

男「そうだね。頑張ろうか!」

236: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 23:38:35.03 ID:8ca+Lpnt0
ーその頃 巡山・四合目ー
牛頭1「ヒッヒ!この山にゃあ、まだカモがネギしょってくるな!」

馬頭1「おおともよ!しかも、ちょっと顔を隠して襲えば、馬鹿共は勝手に鬼族の連中の仕業だと勘違いしてくれるからな!」

牛頭1「こんな簡単な儲け話を思い付くなんて、俺たち天才じゃねえか?」

馬頭1「違ぇねえや!」

ギャハハ!!

馬頭2「頭ぁ!次の獲物ですぜ!ひょろひょろした男が一人に、女子供が四人でさあ!」

牛頭1「お、今度は女だらけの登山客だってよ!俺あ先に配置に着いてるぜ!」バッ

馬頭1「よっし!ここに差し掛かったらいつも通り行くぞ!」バッ

馬頭2「へいっ!」ガサガサ






???「・・・やっと見つけた・・・!」バッ

237: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 00:35:38.50 ID:wH8W//ie0
ー巡山・三号目ー
サラサラ サラサラ

男「お、この辺は小川でも流れてるのかな?」

犬娘「せせらぎの音に癒されますねー」

狐娘「もう少し先に進むと、小川の横に小さな休憩所があるわ。そこで一度休みましょうか」

狸娘「そうですわね。少し小川も見に行きたいですわ」

狸侍女「では、休憩所へ向かいましょう」

テクテク

…………

……ガサッ

牛頭1「(ヒヒッ・・・!今日のカモを発見・・・!)」

馬頭2「(それじゃあ、手はず通りに!)」

馬頭1「(しくじるなよ!)」

牛頭2「(任せといてくだせえ!)」





男「ふぅー。着いた着いた!」ドカッ

犬娘「小川の横の小さな庵っていいですねー」

狐娘「そうね。この軒先から見える小川はとても綺麗で、私の記憶にも強く残っていたわ」

狸侍女「奥にお茶汲みの道具がありましたので、お茶を入れて参ります」スタスタ

狸娘「では、わたしはそれまで小川の横で涼んでいますわね。お、男様。よ、よろしければご一緒にいかがですか?///」モジモジ

男「え?ああ、いいよ。一緒に行こうか」

犬娘「わ、私も行きます!」アセッ

男「うん、そうだね。一緒に行こう。狐娘はどうだ?」

狐娘「ふふっ、遠慮しておくわ。ここに狸侍女さんを残して行くのもなんだしね」

男「そっか。すぐ戻ってくるから、少し待っててな」スタスタ

犬娘「(た、狸娘ちゃんも狸侍女さんを待っていた方がいいんじゃないですか!?)」ヒソヒソ

狸娘「(な、何を仰いますの!?それなら犬娘さんこそ待っていればいいのではなくて!?)」

犬娘「(うぐぐ・・・!)」

狸娘「(むぐぐ・・・!)」

男「? 二人とも、行かないの?」

犬娘「はっ・・・!」

狸娘「い、今行きますわ!」

タッタッタ


238: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 10:46:55.63 ID:7iZzCeHM0
ー巡山・小川ー
サラサラ サラサラ

男「おお。綺麗なかわだなー。涼しいし」

犬娘「足が冷たくて気持ちいいですねー」

狸娘「そうですわねー」

ガサガサ! バッ!

鬼男?1「おいそこのガキ共!金目のもんを置いてきなあ!」

鬼男?2「そうだぜ!?俺たちは泣く子も黙る鬼族!大人しく出さねえと、痛い目に遭うぜ!?」

犬娘「お、男さん!どどどどうしましょう!?」オロオロ

男「・・・」

狸娘「お、男様!?どうなさいましたの!?」アセアセ

鬼男?2「何だあ!?男の方は、鬼族の俺らにビビって気でも失ったか!?」

鬼男?1「みっともねぇなあ!まあ俺らはお・に!だからな!ギャハハ!」

犬娘「お、男さん!しっかりしてください!」

男「・・・いや、あのさ。あの妖(ひと)達、多分鬼族じゃないでしょ」

鬼男?1,2『ギクッ!』

狸娘「と、申しますと?」

男「うん。本当に鬼族なら、あそこまで自分を強調しないと思うんだ。でも、あの妖(ひと)達は、やたら鬼族、ってことを強調してる。まるで、鬼族の仕業に仕立て上げようかとしてるみたいに。わざわざ変な面を着けてる時点で怪しいけどね」

犬娘「じとー・・・」

狸娘「じろー・・・」

鬼男?1「う、うるせえ!何か証拠でもあんのかよ!?」

鬼男?2「そ、そうだぜ!証拠を見せろよ証拠を!」

男「証拠ねえ・・・」

239: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 10:55:47.50 ID:7iZzCeHM0
男「じゃあ、その面を外してくれる?」

鬼男?2「な、何でだよ!」

男「いや、だから証拠だよ。面を外せば、鬼族かそうじゃないか分かるよ」

鬼男?1「別にそんなことしなくても、こんなことするのは鬼族だろ!」

鬼男?2「そ、そうだぞ!鬼族と言えば、野蛮で横暴!自己中心的!今の状況が証拠だあ!」

男「その言い方も、第三者が鬼族を悪く言っているように聞こえるんだよね。それこそ、鬼族のせいにするために」

鬼男?1「ぐ・・・!う、うるせえ!ともかく、俺らは泣く子も黙る鬼族!」

鬼男?2「大人しく金を渡さねえなら、力ずくで頂いていくぜ!」

ドンッ! ダダダダ!

犬娘「お、男さん!逃げましょう!」

狸娘「そ、そうですわ!早く!」

男「論破されたら諦めてくれるかと思ったけど、逆上させちゃったか・・・!よ、よし、こっちへ・・・!」

鬼男?1「逃がすか、よお!」ブンッ!

男「あ、危なっ!?そんな勢いで殴られたら大怪我するぞ!?」ヒョイッ

鬼男?2「うるせえ!テメエはいっぺん痛い目に遭えばいいんだ!」ブオッ!

男「・・・っとお!危ないっつーのに!」ダン!

犬娘「お、男さん!」

男「いいから!二人は先に庵に戻って・・・どわっ!?」ブンッ! サッ

狸娘「で、でも!」

男「俺は!おわっ!だ、大丈夫ぅわっ!だから!早く狐娘達に!おっとお!」ヒョイッ サッ タンッ

犬娘「わ、分かりました!行くよ、狸娘ちゃん!」

狸娘「ーーーっ!男様、どうかご無事で!」

タッタッタッタッ……

240: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 15:39:38.51 ID:7iZzCeHM0
鬼男?1「ちっ!女の方は逃がしたか!」

鬼男?2「気にするな!庵には頭達が行ってる!この男を潰すことを考えろ!」

男「え!?金目の物盗るんじゃなくて潰すの!?ていうか、庵に頭って・・・!」

鬼男?2「散々コケにされて黙ってられるか!」

鬼男?1「そうだな!待てやゴラア!」

男「くっ、流石に分が悪い!庵の皆のことも気になるし・・・!逃げるが勝ちで!」ダッ!

鬼男?1「待てやあ!」ダッ!

鬼男?2「逃がさねえぞ!」ダッ!

男「と、とにかく庵で皆と合流しよう!」タッタッタッタッタ……

241: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 18:13:51.23 ID:wH8W//ie0
ー少し前 巡山・庵ー
サラサラ サラサラ

狸侍女「狐娘様、お茶が入りました」コト

狐娘「ありがとうございます、狸侍女さん」フー、フー…コク

狐娘「美味しい・・・」ホウ…

狸侍女「それにしても、少々遅いですね」

狐娘「ふふ、男さんが二人と何をしているか気になるんですか?」

狸侍女「な・・・っ!そ、そんなことはございません!///」アセッ

狐娘「・・・っふふ。大丈夫ですよ。今男さんが一番異性として意識しているのは、間違い無く狸侍女さんでしょうし」

狸侍女「ほ、本当ですか・・・?」

狐娘「ええ。きっと」

狸侍女「そ、そうですか・・・/// ってそ、そんなことは考えておりません!」

狐娘「・・・ちょっと無理がありません?」

狸侍女「・・・不覚でした」

狐娘「・・・ぷっ。あははは!」

狸侍女「ーーーーっ///」

狐娘「ご、ごめんなさいね?笑ったりして。別にからかおうとか思った訳じゃないんですよ。ただ、少し意外だったから・・・」

狸侍女「・・・ええ。自分でも解っております。色恋は性分ではありませんから」

狐娘「そんなことないですよ。狸侍女さん、男さんに恋をしてから、心なしか表情が明るくなりましたもの」

狸侍女「そ、そうでしょうか?」

狐娘「ええ。・・・素敵な恋ね」

狸侍女「・・・はい。男様と出逢って、わたくしの世界は変わりました。とても素敵なことだと思います」

狐娘「ふふっ。羨ましいわ」

狸侍女「? 狐娘様は・・・。!!」 

ガサガサ バッ

鬼男?3「おい、そこの女共!怪我したくなけりゃあ、金目のモノを置いてきな!」

鬼男?4「お前ら、見た所狸と狐だろ?オレたち鬼には従った方が身のためだぞ?」

狐娘「鬼・・・ねぇ。狸侍女さん?」

狸侍女「ええ。・・・あなた方、牛頭と馬頭ですね?」

鬼男?3改め牛頭1「・・・ほう!よくぞ一目で見抜いたな!」

鬼男?4改め馬頭1「ただのカモかと思ったら、賢いカモだったか!」

狐娘「あら、以外と簡単に白状するのね?」

牛頭1「本当はもっと粘った方がいいんだろうが、アンタらには隠しても無駄だろうしな」

馬頭1「あまり取りたくない手段ではあるが、口封じさせて貰うぜ?悪く思うなよ!」

ダッ!

狸侍女「! 狐娘様、わたくしの後ろへ!」チャキッ! ブン!

牛頭1「うおっ!槍を使うのか!」サッ

馬頭1「だが!俺らは牛頭と馬頭!戦場において活躍してきた種族!」

牛頭1「ちょっと槍が使えるからと粋がると、痛い目見るぜ!」

狸侍女「・・・かつて、鬼族と並ぶ力を持つと畏怖された戦狸の一族。そして、一族に伝わる名槍『九十九貫(つくもぬき)』。その力、とくとお見せいたしましょう!」ヒュンヒュンヒュン……パシッ!



次回 男「んぁ?ここは・・・」 犬娘「に、人間!?」 後編