2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/14(月) 21:20:10.34 ID:117M2k1d0
天海春香「『がなはるトーク!』やってやりましょう!」

我那覇響「この番組は毎回ゲストを招き、ゲストとともにあるテーマに沿ってトークする番組だぞ」

響「そういえば春香、最近勉強できてるか?」

春香「どうしたの?藪からブティックに」

響「できてないみたいだな」

引用元: 春香・響「がなはるトーク!」??「はぁ、帰りたい……」 


 

錦織敦史 アニメーションワークス Telegenic!
錦織 敦史
一迅社
売り上げランキング: 5,317
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/14(月) 21:20:48.02 ID:117M2k1d0
響「最近仕事が忙しくてなかなか勉強の時間が取れないだろ?だからどうしようかと思ってな」

春香「じゃあわたしが問題だしてあげるよ」

響「いや、いいよ。どうせバカな問題出すんだろ?」

春香「そんなことないよ!じゃあいくよ。ヨーロッパの首都はどこでしょう?」

響「ほらもうバカ」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/14(月) 21:21:35.48 ID:117M2k1d0
響「春香、無理しなくていいからな。今日は帰って地図帳でも眺めてろって」

春香「さすがに冗談だよ。これは響ちゃんの学力を試しただけだよ」

響「どんだけ自分のこと下にみてたんだよ」

春香「これが本当の問題です!アフリカの首都はどこでしょうか?」

響「ほらもうやっぱりおバカ」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/14(月) 21:22:24.74 ID:117M2k1d0
春香「あれ、響ちゃん答えられないの?」

響「答える以前の問題だぞ」

春香「こんなに簡単な問題なのに?」

響「なら正解はなんなんだ?」

春香「正解はリベリア共和国です!」

響「どこだよそこ。せめてもっとメジャーな国を正解にしろよ。南アフリカ共和国とかエジプトとか」

春香「えぇ!?メジャーだよ!ほら、シエラレオネ共和国の隣の」

響「それもどこだよ!!」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/14(月) 21:23:13.87 ID:117M2k1d0
春香「響ちゃんは勉強不足だね」

響「はいはい、それじゃあゲスト呼んでもいいか?」

春香「あっ、待って。最後の問題だけ出させて」

響「……手早く頼むな」

春香「分かったよ。それじゃあ問題!わたしと響ちゃんの関係を何と言うでしょうか?」

響「ゲストの方どうぞー」

春香「ちょっと!」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/14(月) 21:24:05.28 ID:117M2k1d0
双葉杏「はぁ……杏もう帰っていい?」

響「来て早々にすごい一言だな」

春香「杏ちゃん、わたしと響ちゃんの関係を何て言うでしょうか?」

響「その面倒くさいクイズだすのやめろよ。酔っ払いのオヤジか?」

杏「……水魚の交わり?」

春香「さっすが杏ちゃん!正解です!」

響「不正解だろ。水と油だぞ」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/14(月) 21:25:01.24 ID:117M2k1d0
春香「いやー、わたしと響ちゃんは現代の監督とコーチだね」

響「それを言うなら玄徳と孔明だろ」

杏「監督とコーチでもギリギリ意味が通じそうだけどね」

春香「響ちゃんが水、わたしが魚。切っても切れない関係なんだよ」

響「じゃあ自分汚水になるぞ」

春香「じゃあわたしアメリカザリガニになるよ」

響「やめろ!環境に順応するなよ!」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/14(月) 21:25:53.19 ID:117M2k1d0
杏「よし、それじゃあ問題に答えたから杏帰っていい?」

春香「まあまあ、ゆっくりしていきなよ」

響「今日は一段とやる気がないよな。まだTシャツの方がやる気だしてるぞ」

春香「『見敵必殺』ってなかなか物騒なTシャツ着てるよね」

響「やる気というか殺る気というか……」

杏「じゃあTシャツだけ置いて帰るね」

響「ダメだぞ」

春香「というか上半身ブラジャーだけで帰る気?」

杏「違うよ」

響「だよな。さすがに替えの服ぐらいあるよな」

杏「今日はブラしてないからね」

響「なおさらTシャツ脱ぐなよ!絶対だぞ!」

春香「マジで!?」ガタッ

響「春香は座ってろ!!」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/14(月) 21:26:40.91 ID:117M2k1d0
杏「ま、さすがに冗談だよ」

響「だ、だよな。びっくりしたぞ……」

杏「さすがの杏もお仕事の途中に帰ったりはしないよ」

響「そっちが冗談なのか!?」

春香「カメラさん、杏ちゃんの胸をアップで映してください!今日はその位置で固定で!」

響「春香やめろ!!」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/14(月) 21:27:30.28 ID:117M2k1d0
杏「それじゃあ早く終わりたいからトークボックス持ってきてよ」

響「ああ、分かったぞ」

春香「待って、響ちゃん。さすがに杏ちゃんのやる気がないまま次に進むのはまずいよ」

響「でも、本人にやる気がないんだからしょうがないだろ」

春香「ふっふっふっ、甘いね響ちゃん。わたしはたまたま秘密兵器を持ってるんだよ」

響「ん?何を持ってるんだ?」

春香「じゃじゃーん!杏ちゃんこれなーんだ?」

杏「あっ、飴だぁ!」パァァ

響「へぇ、すごいな春香。今日のゲストが杏だって予想してたのか?」

春香「さっきたまたまポケットの中に手を入れたら入っててね。いやー、いつの飴だろうね?」

響「杏、ストップ!その飴は食べるな!」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/14(月) 21:28:21.97 ID:117M2k1d0
杏「うーん、たぶん大丈夫だよ。ありえないほど袋がしわくちゃで湿ってて変な匂いがするけど」

響「大丈夫な要素が一つも無いだろ!」

春香「でもわたしが持ってた飴だよ?きっと加護がついてるから大丈夫だよ」

響「加護は加護でも悪霊の加護だろ。杏、ホントにやめた方がいいぞ。お腹でも壊されたらたまったもんじゃないぞ」

杏「じゃあ撮影後に飴買ってほしいな」

響「あぁ、分かったぞ。ドロップを買ってやるからな」

春香「ハッカ味を全部杏ちゃんに食べさせる気だね!響ちゃんはあくどい!」

響「春香にはアルミサッキを買ってあげるからな。楽しみにしてろよ?」

春香「あちゃー、シマヘビだったか」

響「それを言うならウミヘビだろ」

杏「藪ヘビだよ」

春香「あはは、勉強不足だったよ。ほい、それじゃあどうぞ引いちゃって」

杏「はいはい、よっこらしょっと。えーと、『もし結婚するならどんな人?』だね」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/14(月) 21:29:10.61 ID:117M2k1d0
『もし結婚するならどんな人?』

春香「わたしは響ちゃんがいいかな」

響「テレビの前の響さん、ご指名です。ぜひ結婚したいという方はこちらのあて先までご応募ください」

杏「いや、我那覇の響ちゃんのことでしょ?」

春香「もちろんだよ」

響「前々から聞きたかったんだけど、それで自分が本気にしたらどうするんだ?」

春香「そりゃもう…………………………ね?」

杏「何も考えてないんだね……」

響「ま、普通に考えてありえないしな」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/14(月) 21:30:03.49 ID:117M2k1d0
春香「いやいや、急に言われたから困っただけだよ」

響「見栄を張らなくてもいいぞ」

春香「ホントだって!ちゃんと子どもの名前も考えてるんだから!」

杏「まず同性間じゃ子どもはできないけどね」

響「ちなみになんて名前をつけようと思ってるんだ?」

春香「わたしと響ちゃんから一文字ずつとって『天覇(そらは)』だよ」

杏「すっごい仰々しい名前だね」

響「絶対学校でのあだ名『天パー』だぞ」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/14(月) 21:30:57.44 ID:117M2k1d0
響「よし、それじゃあおふざけはやめてどんな人がいい?」

春香「うーん、子ども好きで優しい人かな?」

杏「普通の回答だね」

響「普通だな」

春香「いいじゃん普通で。結局普通が一番だよ

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/14(月) 21:31:44.86 ID:117M2k1d0
春香「ほら、わたしって子どもが好きじゃない?」

響「ああ、性的な意味でな」

杏「えぇ、じゃあ杏結構ヤバイ感じ?」

春香「見た目には騙されないよ」

響「もうその発言がヤバイよな。何のプロだよ」

杏「ちょっと早苗さんと電話してくる」

春香「ちょっと待って」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/14(月) 21:32:36.11 ID:117M2k1d0
春香「結婚したら子どもは三人くらい欲しいからさ。それなら子ども好きな人がいいよね」

響「たしかに夫が子ども嫌いなら大変そうだよな」

春香「たっぷり愛情を与えてやさしい子に育ってほしいよね」

杏「杏は子育てなんて勘弁だけどね」

春香「そんなこと言っちゃって、いざ子どもが生まれたらぶつくさ言いながらもちゃんと子育てするんでしょ?」

杏「しないしない。ベビーシッターでも雇うよ」

春香「いやいや、絶対ちゃんとするって!」

杏「しないよ。杏面倒くさいの嫌だもん」

春香「いや、絶対するする!だから予行演習しよう。わたし赤ちゃんするから杏ちゃんお母さんやってね」

響「やっばい発言だな」

杏「やけに食い下がるなと思ったらそういうことか……」

響「春香、収録はいいから病院行ってきたら?」

春香「そうだね。まずは生まれるところから再現しないとね」

響「そうじゃないぞ」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/14(月) 21:33:26.28 ID:117M2k1d0
杏「響ちゃんはどんな人がいい?」

響「自分か?うーん……」

春香「響ちゃんは動物が好きだからやっぱりチンパンジー?」

響「ははっ、ぶっ飛ばすぞ?」

春香「じゃあバンバンジー?」

響「生き物ですらなくなったな」

杏「バンバンジー言いたかっただけでしょ」

春香「?」

杏「えっ、違うの……?」

響「素でこんなことを言うのが春香の恐ろしいところなんですよ」

春香「あはは、さすがに冗談だよ」

杏「あっ、ホント?良かった~冗談じゃなかったら『マジやっべえなこいつ』みたいな目で見るところだったよ」

春香「響ちゃんの好みのタイプはオランウータンだもんね」

杏「」

響「あっ、これが『マジやっべえなこいつ』って目か。参考になるぞ」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/14(月) 21:34:16.75 ID:117M2k1d0
春香「で、響ちゃんは結局どんな人と結婚したいの?スカイオーシャンさん?スプリングスメルさん?」

杏「いやそれどっちも春香ちゃんでしょ」

響「こいつ絶対自分の子どもに『愛』って名づけて『ラブリー』って読ませるタイプだぞ」

春香「そんなこと言ったら響ちゃんなんて自分の子どもに『ヒト美』とか名づけちゃうんじゃないの?」

響「それならもう『瞳』でいいだろ!」

杏「……響ちゃんなら名づけそう」

響「杏まで!」

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/14(月) 21:35:05.80 ID:117M2k1d0
杏「まあまあ、子どもの話はひとまず置いておこうよ。今はどんな人と結婚したいかって話でしょ?」

響「あ、ああそうだな。うーん、……明るくて楽しい人?」

杏「普通だね」

響「まあな。そんなこと考えたことなかったから普通の答えしかでないぞ」

春香「むしろ具体的に言われても困るけどね」

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/14(月) 21:35:58.61 ID:117M2k1d0
響「やっぱり人生何があるか分からないからな。どんなときでも明るく楽しい人がいいぞ」

春香「ここにいるじゃない。どんな時でも明るく楽しい人が!」

響「ドMって無敵だよな。プラスもマイナスもすべて己の力にしちゃうんだもんな」

春香「じゃあ響ちゃんの結婚したい相手はドMってことでいい?」

響「いいはずないだろ!」

杏「でも的を射てるんじゃない?その考察」

響「杏まで!」

杏「人生山あり谷ありだからさ。やってられないときもあるよ。そんなときに笑ってられるのなんて相当なポジティブかドMくらいだよ」

響「……そうかもな」

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/14(月) 21:36:43.09 ID:117M2k1d0
響「杏はどうだ?結婚するならどんな人がいい?」

杏「杏はまず結婚なんてしないよ」

春香「そうだよね。同性婚は日本では認められてないもんね」

杏「何でそんなに話が飛躍できるの?」

響「他人に興味が無いからだぞ。どんな話を聞いても自分の中だけで完結しちゃってるんだよ」

杏「あっ、そうか」

春香「わたしが悪かったからマジっぽい解説は勘弁して!」

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/14(月) 21:37:31.03 ID:117M2k1d0
杏「でもまぁ、もし結婚するなら趣味の合う人がいいかな」

響「趣味か。たしかに大切だよな」

春香「やっぱり楽しいものは共有したいもんね」

杏「後は経済的に余裕のある人だね。杏が働かなくていいように」

春香「杏ちゃんらしいね」

響「だな」

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/14(月) 21:38:18.91 ID:117M2k1d0
杏「ま、杏がどれだけダラダラしてても文句言わなくて、暖かい家とご飯を用意してくれる人なら誰でもいいかな」

春香「その発言なんだかネコみたいだね」

響「エサ(飴)があったら寄ってくるところとかも完全にネコだよな」

杏「ちょっとやめてよ。後で面倒くさいことになるから」

響「……あ、そういうことか」

杏「またアイデンティティのクライシスにさせちゃ悪いからね」

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/14(月) 21:39:08.13 ID:117M2k1d0
春香「杏ちゃんはそういう人と結婚したいんだね」

杏「もしも結婚するならって話だけどね」

響「まぁ自分たちはまだ高校生だし、まだまだ先の話だよな」

杏「そうそう。そんなに生き急がなくていいよ」

春香「今はアイドル活動を頑張らないとね!」

響「春香は勉強も頑張れよ?」

春香「大丈夫だよ。ちゃんと授業中は睡眠学習してるから」

杏「寝てるんだね」

響「涎垂らしながらな」

春香「涎は垂らしてないね」

響「じゃあ鼻水か?」

春香「もはや睡眠関係ないじゃん」

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/14(月) 21:39:54.73 ID:117M2k1d0
春香「あっ、もうそろそろ時間だね」

響「そうだな。杏、最後によろしく頼むぞ」

杏「はいはい、来週日曜○時に『芸能界クイズ王決定戦!』が放送されるよ。杏も出てるから暇なら見てね」

春香「クイズか~。わたしも出たかったなぁ」

響「全国に恥を晒すだけだから出なくて良かっただろ」

春香「そんなことないよ!響ちゃん、何か問題出してみて?」

響「パンはパンでも食べられないパンはパ~ンダ?」

春香「このバカにされようですよ」

杏「それじゃあまた来週ね」

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/14(月) 21:40:48.75 ID:117M2k1d0
収録後

春香「お疲れ様です!」

響「お疲れ様だぞ」

杏「お疲れ様~」

響「よし、それじゃあ飴でも買いに行くか」

杏「え、本当に買ってくれるの?」

春香「当たり前だよ。ねぇ、響ちゃん?」

響「そうだな。デパートにでも行くか」

杏「デパート?そこら辺のスーパーでいいよ」

響「でもアルミサッキが置いてないかもしれないし」

杏「アルミサッキも冗談じゃなかったんだね……」

春香「そもそもデパートにもないんじゃないの?」

響「それもそうだな。フィンランドから取り寄せるよ」

杏「めちゃくちゃ労力使うね……」

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/14(月) 21:41:40.46 ID:117M2k1d0
響「よし、それじゃあスーパーにでも行くか」

春香「そうだね」

杏「歩くの疲れるからタクシーで行かない?」

響「お金がもったいないからな。歩くのが嫌なら春香がおぶるぞ?」

春香「バッチ来いだよ!」

杏「車椅子ってない?」

響「あぁー、確かにそっちのがいいな」

春香「えっ、わたし車椅子に負けたの?」

響「さらに言うならクルマ海老の方がマシだ」

春香「たしかに、クルマ海老には負けるよ……」

響「なんで納得できるんだよ」

杏「まあまあ、タクシーも車椅子も冗談だよ。ちゃんと歩くから早く行こうよ」

響「そうだな」

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/14(月) 21:42:35.25 ID:117M2k1d0
…………

春香「そういえば響ちゃん、冷蔵庫の中身がそろそろなくなりそうって言ってなかった?」

響「あっ、たしかそうだったな。うーん、今日の夕飯何にしようかな?」

杏「出前でも取ったら?一番楽だよ」

響「いや、節約しないとな」

杏「たまにはいいんじゃない?」

響「そんな贅沢はダメだ。もっと特別な日じゃないとな」

春香「~♪」

杏「ん?どうしたの春香ちゃん?」

春香「ふふふ、こうやって歩いていると夫婦みたいだと思ってね。ねっ、響ちゃん!」

響「そっ、そんな照れること言わないでよー!!」

杏「おや、珍しい反応」

春香「これはついに――」

響「自分と杏が夫婦だなんて照れるぞ」

杏「あ、そっちかー」

春香「Shot!!」

杏「それを言うならShitでしょ?」

響「何を打ったんだよ」

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/14(月) 21:43:33.13 ID:117M2k1d0
春香「杏ちゃん、響ちゃんを返しなさい!」

杏「別にいいよ。そもそも取ってないし」

響「春香のところに行くぐらいなら舌噛んで死ぬぞ」

春香「そこまで言わなくてもよくない?」

杏「日ごろの行いのせいじゃない?」

響「そうそう」

春香「それじゃあ今度から神棚に響ちゃんの写真を飾るよ」

響「悪化したな」

春香「生け贄用に」

杏「さらに悪化したね」

響「自分は何の生け贄にされるんだよ」

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/14(月) 21:44:39.90 ID:117M2k1d0
響「はぁ、最近は春香のせいで頭痛がするぞ」

春香「わたしも響ちゃんを見てると目まいがするよ。眩しすぎて」

響「」

杏「あっ、これが『マジやっべえなこいつ』って目か。杏もこんな目をしてたんだね」

響「はあ、杏。頭痛に効くものって何がある?」

杏「んー、漢方とかじゃない?」

響「そうか。ならスーパーに着いたら買っておこうかな」

春香「あっ、わたしも買おうっと」

響「なんでだよ。春香のは冗談だろ?」

春香「うん。でも漢方の交わりって言うじゃない?だから買っておこうって」

杏「」

響「」

春香「ん?どうしたの二人とも?『マジやっべえなこいつ』って目なんかしちゃって?」

杏「春香ちゃん」

響「春香」

杏・響「ちゃんと勉強しような」


END