1: ◆ji5zpvWQ2s 2016/03/15(火) 00:46:04.70 ID:BKS/PgQ30

P「ん……ここは?」

小鳥「プロデューサーさん! 気がつきましたか!」

P「小鳥さん? ここは……?」

小鳥「ここは病室です。なにがあったか覚えていないんですか?」

P「いや、たしか遊園地にいて……」

小鳥「そうです。遊園地でのステージを下見している最中にセットが倒れてきて……」

P「そうだ、俺はその下敷きに……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1457970364

引用元: P「病室、きっと夕暮れ」 


 

THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 3 FINALE Destiny【限定盤CD+BD-A】
765PRO ALLSTARS
日本コロムビア (2016-02-17)
売り上げランキング: 526
2: ◆ji5zpvWQ2s 2016/03/15(火) 00:48:02.49 ID:BKS/PgQ30
小鳥「思い出しましたか。三日も寝たままだったので心配したんですよ」

P「三日も!? 仕事はどうなってますか!?」

小鳥「心配しなくても、社長と律子さんがフォローしてくれていますよ」

P「はぁ……よかった……」

小鳥「だいたい、仕事をしすぎなんですよプロデューサーさんは!」

P「すみません……逆に怒られるとは」

小鳥「その頑張りもいいところですけど、無理はしすぎないでくださいね?」

P「肝に銘じます」

小鳥「よろしい♪ ではリンゴをどうぞ!」

3: ◆ji5zpvWQ2s 2016/03/15(火) 00:48:36.31 ID:BKS/PgQ30
P「っと……おなか一杯になったら眠くなってきたな……」

小鳥「無理せず寝ても大丈夫ですよ」

P「すみません……」

小鳥「体力の回復を優先してください。そうしないと体がもちませんよ?」

P「へっ?」

小鳥「事務所のほうにも連絡しましたから、私以外の子たちもお見舞いに来てくれると思います」

P「ああ……なるほど」

4: ◆ji5zpvWQ2s 2016/03/15(火) 00:50:05.36 ID:BKS/PgQ30
小鳥「みんな心配していましたから、元気に相手をしてあげてくださいね」

P「わかりました」

小鳥「特に貴音ちゃんは、すごく心配してましたから」

P「そうですか……悪いことしたな」

小鳥「あと……その、プロデューサーさん」

P「なんでしょう」





小鳥「……気を落とさないでくださいね」

P「……ええ、ありがとうございます」

8: ◆ji5zpvWQ2s 2016/03/15(火) 00:52:35.83 ID:BKS/PgQ30

P「…………ん。寝すぎたかな」

「……起きましたか、あなた様」

P「……来てくれたのか、ありがとな」

貴音「ええ、あなた様が目を覚ましたと聞いて、いてもたってもいられなくなりました」

P「そうか……心配かけたみたいだな、すまん」

貴音「謝ることはありませんよ」

P「じゃあ……ありがとうな、来てくれて」

9: ◆ji5zpvWQ2s 2016/03/15(火) 00:54:43.34 ID:BKS/PgQ30
貴音「ところで、あの日のことは覚えているのですか?」

P「ああ、ぼんやりとだけどな」

貴音「そうですか。あの事故の前のこともですか?」

P「……ああ、なんとなくな」

貴音「……そうですか」

貴音「あなた様とはじめて回った遊園地……たくさんの驚きがありました」

13: ◆ji5zpvWQ2s 2016/03/15(火) 00:57:56.91 ID:BKS/PgQ30

P「そうだったな」

貴音「こーひぃかっぷなるものは、もうしばらくは遠慮したいところですが」

P「はは、さすがに回しすぎたか」

貴音「あんなに回るものだとは知らず……恥ずかしい姿を見せてしまいました」

P「あれは貴音が回しすぎたんだろう」

貴音「あ、あれは! あなた様のほうが面白がって回していましたよ!」

21: ◆ji5zpvWQ2s 2016/03/15(火) 00:59:48.11 ID:BKS/PgQ30
P「まぁまぁ、そうムキになるなよ」

貴音「あなた様はいけずです……」

P「いけずで結構。で、悪いんだけど棚の上にある花瓶の水を換えてくれないか」

貴音「棚の上……ですか」

P「ん、どうした?」

貴音「あなた様、申し訳ないのですが先程のれっすんで腰を痛めてしまい……高い所にあるものをとるのは難しそうです」

P「そうか……大丈夫なのか? 腰は」

貴音「安静にしていれば大丈夫、とのことです」

P「わかった、無理はするなよ」

貴音「ありがとうございます、あなた様」

P「じゃあ、リンゴをむいてくれないか」

27: ◆ji5zpvWQ2s 2016/03/15(火) 01:00:46.98 ID:BKS/PgQ30
貴音「できました」

P「じゃあ、あーんしてくれ」

貴音「あ、あーん、ですか!?」

P「病人だしさ、これくらいは甘えてもいいかなって」

貴音「少し恥ずかしいですが……わかりました」

P「よっしゃ!」

貴音「では、あーん……」

P「あーん。ん、うまいなぁ」

32: ◆ji5zpvWQ2s 2016/03/15(火) 01:01:15.32 ID:BKS/PgQ30
貴音「ところであなた様」

P「ん?」

貴音「あの時の約束は覚えていますか?」

P「あの時……?」

貴音「あの、満月の日に言っていただけた言葉は、覚えていらっしゃいますか?」

P「ああ……覚えているよ」

貴音「とっぷあいどるになれたら……」

P「貴音の気持ちに応える」

貴音「…………ええ」

P「そう、貴音に言ったな」

P「覚えてるよ、もちろん」

40: ◆ji5zpvWQ2s 2016/03/15(火) 01:02:13.84 ID:BKS/PgQ30
貴音「おぼえていらっしゃいましたか」

P「もちろんだ。忘れるわけはない」

貴音「良かったです」

P「良かった、か」

貴音「もちろんです」

P「そうか、それなら……いいんだ」

44: ◆ji5zpvWQ2s 2016/03/15(火) 01:02:44.57 ID:BKS/PgQ30
P「……おっと!」

ガチャン!

貴音「あなた様!? 大丈夫ですか!?」

P「ああ、ちょっと不注意だっただけさ」

貴音「ああ、こーひぃが床に……」

P「申し訳ない……ふいてくれると助かるよ」

貴音「ふふっ、これくらいのことはいたしますよ」

P「すまないなぁ……こんな年下の世話になるのは申し訳ない気もするよ」

貴音「たまにはよいと思いますよ?」

51: ◆ji5zpvWQ2s 2016/03/15(火) 01:04:28.33 ID:BKS/PgQ30
貴音「さて……ではそろそろ日も落ちてきましたね」

P「ん? そうか、もうそんな時間だな」

貴音「夕日が差し込み、遠くでからすも飛んでいます」

P「そうみたいだな。じゃあ帰ってしまう前に、ちょっといいか」

貴音「なんでしょう?」

P「お前に謝らなくちゃいけないことがある」

56: ◆ji5zpvWQ2s 2016/03/15(火) 01:06:32.83 ID:BKS/PgQ30
P「ごめんな、俺はもう目が見えないから、お前のプロデュースはできそうにないよ」

57: ◆ji5zpvWQ2s 2016/03/15(火) 01:07:23.31 ID:BKS/PgQ30
貴音「いいえ、謝ることはありません……わかっていましたから」

P「そうか、そりゃ……そうだよな」

貴音「それより、わたくしの方からもあなた様に謝らねばいけないことがあります」

P「なんだ?」

59: ◆ji5zpvWQ2s 2016/03/15(火) 01:10:34.60 ID:BKS/PgQ30






貴音?「だましてごめんね、大好きだったよ」


ナイフで胸を刺された。激しい痛みとともに動機が早まり、流れる血は止まらない。

60: ◆ji5zpvWQ2s 2016/03/15(火) 01:11:48.53 ID:BKS/PgQ30
P「ぐぅっ……まさかいきなりとはな……」

貴音?「もうこうするしかないでしょ?」

P「……そっか、そこまで好きでいてくれたのか」





P「真美」

真美「……兄ちゃん、やっぱ気づいてたんだね」

61: ◆ji5zpvWQ2s 2016/03/15(火) 01:12:19.75 ID:BKS/PgQ30
P「当たり前だろ……どれだけ……お前たちのプロデューサーをしていたと思ってんだ」

P「真美のモノマネか本人かなんて、わかるに……きまってるさ」

真美「そっか……ありがとね」

真美「ほんとうに、大好きだよ」

P「ああ……なんとなく気づいてたよ」

真美「兄ちゃんとお姫ちんが付き合ってるってウワサを聞いてからも、ずっと」

真美「だから、確かめたかったんだ。だましてごめんね」

62: ◆ji5zpvWQ2s 2016/03/15(火) 01:13:06.79 ID:BKS/PgQ30
P「いや、いいさ……」

真美「お姫ちんの遊園地デート、楽しかったよね」

P「ああ……楽し……かった」

真美「そっかぁ。真美も、兄ちゃんと遊園地デートしたかったなー……」

真美「でももう、兄ちゃんは真美のものにならないってわかっちゃったから」

……もう、意識がもたない。

真美「でも、最後だからこれくらい……いいよね」

64: ◆ji5zpvWQ2s 2016/03/15(火) 01:13:42.86 ID:BKS/PgQ30
小さな唇と舌が俺の口内を激しく貪った。

それは、寂しさ、愛しさ、憎しみがないまぜになった濃いもので、



真美「好きだから、ちかたなかったんだ。ごめんね」

そして二回目の刺突を受け、俺は――――