1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 00:52:16.52 ID:ZNmuCv4k0
P「あ゛あ゛あああああ!!」

ちひろ「いやああああああ!!」

バタバタバタッ ガチャッ

未央「どうしたのプロデューサー!?」

卯月「すごく大きな声でしたよ!?」

凛「そんな大声出して…何かあったの?」

ちひろ「で、出たんですよ…!」

卯月「出たって、何がですか?」

P「そんなの、茶色くてテカテカしたアイツに決まってんだろ!」

卯月未央「」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1375631536

引用元: モバP「茶色くてテカテカしたアイツ」 


 

アイドルマスター シンデレラガールズ シンデレラガールズ劇場 (3) (電撃コミックスEX)

KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2015-09-25)
売り上げランキング: 1,585
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 00:53:32.35 ID:ZNmuCv4k0
凛「え、ゴキブリが出たの?」

P「あ゛あ゛ああっ! その名前を言うな!」

ちひろ「私とPさんは…その、Gがすごく苦手なんですよ!」

未央「そりゃそうだよ…好きな人なんているわけないし!」

卯月「さすがに頑張っても好きにはなれないと思います…」

凛「まったく、大人なのにゴk…Gが出たくらいで情けないな」

P「じゃあ、凛が退治してくれよ!?」

凛「えっ」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 00:55:40.43 ID:ZNmuCv4k0
卯月「こ、この場で一番落ち着いてるから大丈夫だよね?」

未央「凛、私は…信じてるよ!」

凛「待って待って、ちょっと話が飛びすぎじゃないかな」

凛「事務所を見てみなよ、今はどこにも見つからないじゃん」

P「そ、そうだけどさ…」

凛「だからゴキブリホイホイとか仕掛けておけば捕まr」(カサカサ…

Pちひろ「」

卯月「で、出た…!」

凛「え、ちょっと、え、心の準備が」

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 00:57:14.26 ID:ZNmuCv4k0
G「………」

凛「」

未央「り、凛、これ、新聞紙丸めたから!」

P「すまない…頼んだぞ凛!」

ちひろ「事務所の平和は凛ちゃんにかかってるの!」

凛「………」

G「………」

凛(どうしよう、この状況)

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 00:59:09.82 ID:ZNmuCv4k0
凛「…動かないでよ…?」

G「………」カサッ

凛「」ビクッ

G「………」カサカサカサッ

凛「ごめん無理私もさすがにゴキブリに耐性とかあるわけじゃないしそもそも男であるPさんがやるべきだと思うんだよねそれn(ry」

P「凛が負けた…」

未央「Gは無理だったか…」

ちひろ「このままだと、ぜ、全滅ですよ!?」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 01:00:52.83 ID:ZNmuCv4k0
未央「スプレーとか無いの!?」

ちひろ「経費節約でここには無いの…」

凛「わかった、買ってくるよ」スッ

P「えっ」

卯月「わ、私も頑張って買ってきます!」

ちひろ「えっ」

卯月凛「行ってきます!」

バタン

未央「………」

未央(まずい、逃げ忘れた…!)

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 01:02:47.74 ID:ZNmuCv4k0
P「未央、あれだ、旅は道連れっていうしな?」

ちひろ「一緒にここにいましょう」

未央「本当に道連れになるっていうか全滅するよね?」

G「………」カサカサカサ…

3人『うわあああああ!!?』

未央「な、なんなのあのゴキ!? まるで私達を馬鹿にしてるみたい!」

P「くそ…なんでああ無駄にすばしっこいんだ」

ガチャッ

3人『!!』

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 01:04:24.69 ID:ZNmuCv4k0
みく「おはようだにゃ!…って、どういう状況?」

P「ちょうど良かった! 急な頼みなんだがな…」

みく「頼み? できることなら何でもするにゃ!」

未央「た、頼もしいね! だったら…」

G「………」カサカサカサッ

みく「…にゃ?」

ちひろ「その茶色い虫を退治してほしいのよ」

みく「ふにゃあああああ!?」

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 01:06:24.60 ID:ZNmuCv4k0
みく「無理無理無理無理! 絶対無理だにゃ!」

P「みくは猫だろ!? 猫ってたまに虫の死骸とかで遊んでるだろ!」

みく「それとこれとは話は別にゃ!」

P「普段は猫キャラなくせに!」

みく「猫にも好き嫌いくらいあるに決まってるにゃ!?」

未央「ちょっとちょっと二人とも!」

ちひろ「言い争いしてる場合じゃありませんよ!」

15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 01:07:42.43 ID:ZNmuCv4k0
未央「…そ、そうだ! あのゴキにエサをあげよう!」

ちひろ「な、何を言ってるの?」

未央「何か適当なエサに食いついてるうちに、この新聞紙で叩くんだよ!」

P「それは妙案だ!」

ちひろ「でも、エサって誰が持ってるんですか?」

未央「あっ」

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 01:09:10.66 ID:ZNmuCv4k0
P「そ、そうだ…誰もそんな感じの食べ物は持ってないぞ!?」

みく「みくが持ってるにゃ!」

ちひろ「みくちゃんが!?」

みく「みくが普段から持ち歩いているおやつのキャットフード!」

未央「そんなの持ち歩いてるの?」

みく「もったいないけど、一個だけなら…それ!」

コロン…

P「頼む、食いついてくれ…!」

ちひろ「お願い…!」

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 01:11:25.96 ID:ZNmuCv4k0
10分後

みく「全然出てこないにゃ…」

P「あの虫にキャットフードは無理があったか?」

G「………」カサカサカサッ

未央「ひゃっ!? …エサには目もくれずに動き回るだけだね」

P「そのおかげで少しは驚かないようにはなってきたけどな」

ちひろ「慣れって恐ろしいですね」

未央「それでも次出てきた時には驚いちゃうんだよねー」

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 01:13:37.54 ID:ZNmuCv4k0
G「………」カサッ

ちひろ「…? 動きが止まりましたよ」

未央「もしかして、エサに気付いたかな!?」

G「………」

G「………」ブワッ

ちひろ「」

4人『飛んだあ゛あ゛ああああああ!!?』

P「いや゛あ゛あああああ!!」

19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 01:14:48.77 ID:ZNmuCv4k0
P「ふざけんなふざけんなふざけんな!」

ちひろ「あなたの羽は飾りでいいんですよ!」

みく「フーッ! フーッ!」

未央「みくちゃん落ち着いて! 息整えて!」

G「………」カサカサ…

ちひろ「まるで私達をあざ笑うかのようですよ…」

ガチャッ

4人『!!』

20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 01:17:03.49 ID:ZNmuCv4k0
ちひろ「また誰か来ましたよ!」

P「救世主来い! あいさん来い! 木場さん来い!」

未央「卯月!? 凛!? 戻ってきてくれたの!?」

みく「拓海ちゃんかにゃ、晴ちゃんかにゃ!?」

李衣菜「おはようございまーす」

4人『………』

李衣菜「え、何ですかこの空気」

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 01:18:39.12 ID:ZNmuCv4k0
P「いや、だって…なあ?」

李衣菜「なんなんですか…朝からテンション下がるなー」

夏樹「それより、何かあったのか?」

李衣菜「あ、そうそう。なんで皆ソファの上に立ってるんですか」

みく「ゴ、ゴキブリが出たんだにゃ」

P「その名前を言うなあああ!」

夏樹「マ、マジかよ!?」

ちひろ「本当よ…」(カサカサ…

李衣菜「うわ、本当だ…」

23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 01:21:20.96 ID:ZNmuCv4k0
P「頼むぞ夏樹、退治してくれ」

夏樹「急に言われても困るって!?」

未央「夏樹も駄目なんて、どうしたらいいの…」

李衣菜「…ねえ未央、その新聞紙貸して」

未央「えっ」

李衣菜「いいから。私もその虫好きじゃないし」

未央「わ、わかった」

25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 01:23:25.80 ID:ZNmuCv4k0
ちひろ「り、李衣菜ちゃん退治してくれるの!?」

P「本当なのか!? 李衣菜が!? できるのか!?」

夏樹「おいだりー。今は見栄張らなくていいんだぞ?」

みく「無理をするのはよくないにゃ!」

未央「そうだよ! 後悔しないよね!?」

李衣菜「馬鹿にしすぎじゃないですか!?」

26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 01:25:09.75 ID:ZNmuCv4k0
G「………」カサカサッ

李衣菜「えいっ!」スパーンッ!

夏樹「うお、だりーすげえ!?」

みく「全く動じてないにゃ!」

ちひろ「なんだかんだ言ってやっぱりクール属性なのね!」

P「今の李衣菜、すごくロックだぞ!」

李衣菜「全然嬉しくないんですけど!?」

28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 01:27:40.90 ID:ZNmuCv4k0
G「………」カサカサカサ…

李衣菜「そこか!」スパンッ!

G「………」カサカサカサッ

李衣菜「逃げないでよ!」スッパーン!

P「…でも、あそこまでGが平気ってどういうことだ?」

P「…もしかしてギターの時もそうだったように、色んな物を放置してて部屋が汚いとか?」

未央「ちょ、失礼すぎるよプロデューサー!?」

李衣菜「…私は今日はレッスンだし、別に退治しなくてもいいんですよ?」

P「ごめん、悪かったからそれだけは勘弁して」

30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 01:29:33.42 ID:ZNmuCv4k0
李衣菜「ああもう!」スパーンッ!

G「………」カサカサカサッ

ちひろ「まったく、何を考えてるんですか」

みく「そうだにゃ! りーなちゃんはせっかく退治しようとしてくれてるのに!」

P「…命中精度に難があるみたいだけどな」

未央「…なんか李衣菜に対してだけ辛辣じゃない?」

P「いや、ただ単にG退治の方もにわかなのかなーって」

李衣菜「…あっち行っていいよ」

G「………」カサカサカサカサッ!

P「いや゛あ゛あ゛あああ!! ごめんなさいいいい!!」

31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 01:31:29.48 ID:ZNmuCv4k0
・ ・ ・

ちひろ「どうするんですか。李衣菜ちゃん、怒って出て行っちゃいましたよ」

夏樹「アタシを置いて一人で行くとか、相当怒ってるな」

みく「そもそもG退治のにわかってなんなのにゃ」

夏樹「…もういい、アタシがやる!」

未央「できるの夏樹?」

夏樹「この中でなら一番耐性があるからな…」

32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 01:34:03.05 ID:ZNmuCv4k0
G「………」カサッ

夏樹「そこだああああ!」ブンッ

ペシッ

5人『………』

G「………」カサカサカサカサ

夏樹「だ、駄目だ。この虫が潰れるってことを考えたら…!」

5人『』ゾクッ

33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 01:35:25.22 ID:ZNmuCv4k0
P「こうなれば、次来る人に賭けよう!」

ちひろ「結局他人任せですか…」

みく「ちひろちゃんには言われたくないにゃ」

ガチャッ

5人『!!』

P「のあさん来い、巴来い、早苗さん来い!」

未央「早苗さんは微妙じゃないかな?」

ちひろ「晶葉ちゃん来て! 都合よくG退治ロボ造って来て!」

愛海「おはようございまーす!」

5人『』

34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 01:37:01.18 ID:ZNmuCv4k0
P(おい、面倒くさいヤツが増えただけだぞ)ヒソヒソ

夏樹(Gを無視してこっちに向かってくる予感がするぞ)ヒソヒソ

未央(被害者が増えただけだよ)ヒソヒソ

みく(いっそのこと帰しちゃっていいんじゃないかにゃ)ヒソヒソ

ちひろ(いえ、いい利用h…方法があります!)ヒソヒソ

P(今の言い換える必要無いですよね?)ヒソヒソ

ちひろ「ねえ、愛海ちゃん。頼みがあるの」

P(何をする気だ…?)

35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 01:39:41.92 ID:ZNmuCv4k0
愛海「なんでしょうか? もし頼みを叶えられたら…?」

ちひろ「…私のを…揉んでいいわよ?」

4人『!?』

愛海「おお! 本当ですか!」

ちひろ「え、ええ。本当よ」

みく「ちひろちゃん、捨て身すぎるにゃ!」

夏樹「なんか感動してきた」

未央「しなくていいと思うよ」

36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 01:40:55.47 ID:ZNmuCv4k0
愛海「いいんですね! 約束ですよ!」

P「い、いいんですか!?」

ちひろ「いいんです。Gを消し去るためには!」

愛海「え、G? 何ですかそれ」

未央「Gっていうのは…」(カサカサ…

G「………」カサッ

みく「あれのことだにゃ」

愛海「う…」

38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 01:43:10.49 ID:ZNmuCv4k0
未央「あ、無理しなくてもいいからね!?」

愛海「いや、ガードの固いちひろさんのを揉めるなら関係無いよ!」

みく「そこまでの価値があるのかにゃ…?」

愛海「だから、こんな虫なんかに負けたりはしないよ!」

G「………」カサカサッ

愛海「動き回っても無駄だからね!」

P「おお、頼もしい!」

40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 01:44:31.83 ID:ZNmuCv4k0
愛海「さあさあ、隙あらば叩くよ!」

G「………」カサカサッ

愛海「ふふふ…少しでも止まった時が最期だよ」

G「………」ブワッ

愛海「いやああああ!! 飛ぶのは無理!」

P「なんてことだ…女の胸が絡んだ愛海でさえ適わないなんて」

42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 01:45:51.23 ID:ZNmuCv4k0
未央「プロデューサー、本格的にヤバイよ」

夏樹「このままじゃ被害者が増えるばかりだぞ…」

愛海「美優さんか木場さんさえ来てくれれば一石二鳥なのに…!」

P「それはお前が楽しみたいだけだろ?」

愛海「その通りだよ」

みく「漫才をやってる場合じゃないにゃ!」

ちひろ「どうすればこの状況を突破できるか考えないと!」

46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 01:49:56.55 ID:ZNmuCv4k0
愛海「…そもそもさ、唯一の男のPさんがやればいいんじゃないかな?」

みく「あ、そういえば」

P「げ! い、いや待て、未央は俺がどれだけG嫌いか知ってるよな!?」

未央「でもさ、全部アイドルに押し付けようとするのはどうかと思うよ」

夏樹「まあ、少しは自分もやろうって意気込みは見せてほしいな」

P「で、でもさ、それはちひろさんにも言えることだし…」

愛海「ちひろさんは女の人だからまだいいんだよ」

P「解せぬ」

47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 01:52:20.58 ID:ZNmuCv4k0
G「………」カサ…

P「………」

ちひろ「Pさん、頼みましたよ!」

未央「プロデューサー、応援するから!」

P「だったら交代してくれ」

未央「そ、それは…」

P「」

49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 01:54:40.94 ID:ZNmuCv4k0
P(…そうだ。何も考えないでいよう。俺はただ、新聞紙を振るだけなんだ)

G「………」

P(もう…)

G「………」カサッ

P(どうにでも)

G「………」カサカサカサッ

P(なーれ!)

スパンッ

50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 01:57:05.63 ID:ZNmuCv4k0
ちひろ「や、やりましたよ!」

P「え?」

ちひろ「だから、Pさんが振るった新聞紙が退治したんですよ!」

P「え? ほ、本当に?」

夏樹「ほ、ほら、ちゃんと叩けてる!」

未央「う…ほ、本当だね」

P「確認しなくていいぞ!?」

51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 01:58:31.93 ID:ZNmuCv4k0
ちひろ「とにかく、Pさんありがとうございます!」

みく「すごいにゃPちゃん!」

愛海「本当本当!」

夏樹「見直したぜ!」

未央「一時はどうなるかと思ったけど…」

P「や、やった…」

6人『やったー!』

52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 01:59:40.69 ID:ZNmuCv4k0
ちひろ「それじゃこんな新聞紙は…処分しま…しょう…」

6人『………』

P「処分するってつまり、この新聞紙をティッシュで包むなりして?」

未央「それでゴミ袋の中に捨てるってこと?」

ちひろ「わ、私は潰れたGに近づくなんて無理ですよ!」

みく「みくも絶対耐えられないにゃ!」

P「俺はもうG倒しましたし! 一仕事しましたし!」

愛海「さ、さすがに…揉んでよくても…うん」

夏樹「どうする…だりー呼ぶか?」

54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 02:02:20.54 ID:ZNmuCv4k0
プルルル…

夏樹「あ、もしもしだりー? アタシだけど」

夏樹「うん、退治はしたんだけど、その後処理がさ…」

ちひろ「…そもそも、Pさんが最初からああしてくれれば早く収まったのに…」

P「仕方ないでしょう。俺だってパニックだったんですし」

未央「プロデューサー、すごい大声だったもんねー」

55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 02:04:36.29 ID:ZNmuCv4k0
みく「…これ、誰が処理するんだにゃ?」

夏樹「待ってろ。今だりーからいい処理法聞いてるから」

愛海「でもまあ、とりあえず退治できてよかったよ!」

ちひろ「そうそう! 1匹退治できたし、当分安全ね!」

未央「そうだね! さすがにすぐにもう1匹なんてことは…」(カサ…

6人『!?』

57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 02:06:26.64 ID:ZNmuCv4k0
 この時、6人はすっかり油断していた。

愛海「う、嘘…!」

 たった1匹を退治しただけで、安心しきっていたのだ。

みく「にゃぁぁぁ…」

 そして、6人はすっかり忘れていた。

未央「あ、あああああ…!?」

 Gに関する有名な文章を。

ちひろ「い…いや…!」

 Gの個体数を例えてくれている、あの文章を。

夏樹「おい、さっきからどうし…た………!?」

59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 02:07:30.38 ID:ZNmuCv4k0
 『1匹見かけたら30匹』

P「あ…あ゛あ゛…!」

6人『うわあ゛あ゛あああああ!!!』

60: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 02:10:46.17 ID:ZNmuCv4k0
十数分後

李衣菜「はあ…まったく…」

卯月「あれ? 李衣菜さん!」

李衣菜「ん、どうしたの2人とも?」

凛「ゴキブリ対策グッズをこんなに買っちゃって」

李衣菜「両手がふさがるくらい買うのはやりすぎじゃない!?」

卯月「すごく時間かかっちゃいました!」

61: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 02:12:15.69 ID:ZNmuCv4k0
李衣菜「スプレー、ホイホイ、色々買ったんだね…」

凛「それだけじゃないよ。ほら」

李衣菜「由愛ちゃんのヒョウくんに、拓海さんの拾い猫!?」

李衣菜「…いくらなんでも重装備すぎない?」

卯月「だって、事務所の皆はゴキブリ退治を頑張ってるんです!」

凛「そうだね。早く届けないと」

李衣菜「あー…私も事務所に行くよ」

63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 02:15:52.81 ID:ZNmuCv4k0
>>61
うわ、また間違えた… すいません

訂正文

李衣菜「スプレー、ホイホイ、色々買ったんだね…」

凛「それだけじゃないよ。ほら」

李衣菜「小春ちゃんのヒョウくんに、拓海さんの拾い猫!?」

李衣菜「…いくらなんでも重装備すぎない?」

卯月「だって、事務所の皆はゴキブリ退治を頑張ってるんです!」

凛「そうだね。早く届けないと」

李衣菜「あー…私も事務所に行くよ」

64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 02:19:30.18 ID:ZNmuCv4k0
凛「さあ、早速ドア開けようか」

李衣菜「ちょっと待って。先に私が入る」

凛「どうかしたの?」

李衣菜「なつきちが叫んだってことは、多分もう1匹出たと思うんだよね」

李衣菜「だから二人は、まだ入らなくてもいいよ」

卯月「その時はこの装備達でなんとかします!」

李衣菜「あはは、さすがにそんなには使わないと思うよ」

ガチャッ

66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 02:23:22.40 ID:ZNmuCv4k0
6人『』

G達『………』カサカサカサカサ…

李衣菜「」

バタン

卯月「ど、どうかしたんですか!?」

李衣菜「…二人とも、グッズ、使うよ」

凛「え?」

李衣菜「いいから。全部使っても1匹は逃げられる可能性あるから!」

卯月「わ、わかりました!」

69: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 02:26:05.03 ID:ZNmuCv4k0
 後の李衣菜の話によると、事務所のドアを開けて見たものは、
 6人がソファの上で立ちすくんでいる光景。そして…

 新聞紙とそれに潰されたGと、その周りで動き回るG達だったという。

 おわれ