1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:17:20.80 ID:XPRJ30xeo

春香「…真美、なにしてるの?」

真美「…?」

春香「いや、そんな「何言ってんの?」って目で見られても……」

亜美「はるるん、真美はかめはめ波の練習をしているんだから、邪魔しないであげてよ」

春香「……亜美も、なにしているの?」

亜美「…?」

春香「いや、亜美が右手を上げて腰をおとして、足を広げてて…
   気円斬を出す格好をしているのは、わかってるんだよ?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1456838240

引用元: 真美「か~め~は~め~波ァーー!!」 


 

THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 3 08 双海真美
双海真美(CV:下田麻美)
日本コロムビア (2015-07-08)
売り上げランキング: 14,108
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:18:00.01 ID:XPRJ30xeo

真美「わかってるんなら聞かないでYo!」

亜美「そうだよはるるん!亜美たちは真剣なんだからね!!」

春香「ご、ごめん」

真美「真美は今日中に、悟空が初めて撃ったかめはめ波くらいは出せるようにするんだから!」

春香「え~っとあれだよね、車破壊したやつだよね」

亜美「亜美も今日中に、クリリンが初めて放った気円斬くらいは出せるようにするんだから!」

春香「え~っとあれだよね、ナッパの頬を切って岩山を真っ二つにしたやつだよね……って怖ッ!?」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:18:26.05 ID:XPRJ30xeo

真美「真美、なんだか気のタメ方がわかってきた気がするよ」

亜美「真美も?素質あるのかもね、亜美たちは……はああああ!」

春香(あぁ……若いなぁ)

真美「はああああああ~~」
亜美「はああああああ~~」



春香(……でも、私にもこんな時期が…)



真美「~~~………ふぅ」
亜美「~~~………ふぅ」

春香「?」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:19:05.40 ID:XPRJ30xeo

真美「疲れたね」

亜美「そろそろ帰ろっか」

春香「え?帰るの?」

真美「うん、疲れたからね」

亜美「残念だけど疲れたならちかたないね」

春香「あ~……うん、疲れたなら仕方ないよね……」

真美「バイバ~イ、はるるん」

亜美「またあした~」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:19:33.54 ID:XPRJ30xeo

春香「………」

春香「………」


春香「………」



春香「………」




春香「………ま」





春香「魔貫光殺砲!!」


春香「……な、な~んて」


真美「…」パシャパシャ

亜美「…」パシャパシャ

春香「あ、ちょ!と、撮らないで!!」






ドラゴンボール編   完


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:20:03.05 ID:XPRJ30xeo

千早「あら?なんでこんなところにピンポン玉が?」ヒョイ

千早「…?文字が書いてあるわね……〈爆〉?」

??「千早お姉ちゃんあぶなーーーい!!!」

??「ボカーーーーーーーン!!!」

千早「きゃっ……どうしたの亜美、急に飛びついてきて」

亜美「危なかったね、千早お姉ちゃん もう少しで文殊の爆発に巻き込まれるところだったよ」

千早「爆発って…さっきのボカーンって真美の声よね?」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:21:04.56 ID:XPRJ30xeo

真美「いや~ めんごめんご、真美の文殊が迷惑かけたねぇ」

亜美「もう、気をつけてよ真美!亜美の魔装術がなかったら、どうなってたと思ってるのさ!」

千早「さっきから気になってたんだけど
   亜美はダンボールを繋ぎ合わせた服?を着て何をしているのかしら?」


真美「………」

亜美「………」

千早「………?」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:21:34.42 ID:XPRJ30xeo

真美「ちなみに千早お姉ちゃん、神通棍ってしってる?」

千早「いいえ」

亜美「破魔札はしってるよね?」

千早「いいえ」

真美「見鬼くんは!?」
亜美「栄光の手(ハンズ・オブ・グローリー)は、しってるっしょ!?」

千早「ごめんなさい、わからないわ」

真美「………」

亜美「………」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:22:13.79 ID:XPRJ30xeo

千早「ねえ、今のっていったい……」

真美「サイキック猫だまし!!」パッチーン

千早「きゃっ!」

亜美「そしてゴキブリのように逃げーー→る!!」


千早「………」ポカーン


千早「なんだったの……」






GS美神 極楽大作戦!!編   完


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:22:40.69 ID:XPRJ30xeo

真「違うよ、マッハ突きは背骨を含む全身27箇所の関節を連結加速することによってのみ
  可能となる絶技なんだから!はい、もう一回やり直し!」

亜美「オッスまこちん!…せいっ!!」シュッ

真「うん、今のは中々いいね!その調子で修行を積むように」

亜美「オッス!」

真「それで……」チラッ

真美「…………」

真「真美は、ずっと座っているけど どうしたのかな?」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:23:15.14 ID:XPRJ30xeo

亜美「こ、これはまさか……」

真「知ってるの、亜美?」

亜美「これは、刃牙対ビスケット・オリバ戦でオリバが使用した、パックマン!!」

真「あ~あれね…筋肉量がまったくないから、胡座をかいて俯いてるようにしか見えないけど」

真美「ふふ……この真美のパックマンフォームに、まこちんの攻撃が効くか試してみるかい?」

真「いや普通に効くでしょ」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:23:50.57 ID:XPRJ30xeo

真美「ふふ……なら試してみなよ……ただし!もしも守護りきれたら
   まこちんを オレサマ オマエ パックンチョ させてもらうよ……ふふふ」

真「ん~別に構わないけど、僕の正拳突きはコンクリートブロックを破壊するよ?」


真美「………」


真「あと刃牙もやっていたように、鼻に指を突っ込むのもありだよね?」


真美「………」


真「まあとりあえず、やってみようか」



亜美「あの~まこちんさん、真美が涙目なんで止めてあげてくださいませんか?」






グラップラー刃牙編   完


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:24:40.60 ID:XPRJ30xeo

真美「竜巻旋風脚!!」グルグル

あずさ「真美ちゃんすごいわ~、2回転もしたわよ」パチパチ

亜美「昇竜拳!!」シュバッ

あずさ「亜美ちゃんも手の伸ばし方と背中の張り方が完璧ね、二人共スゴイわ~」

真美「えへへ~」

亜美「これくらいヨユーっしょ!」

あずさ「懐かしいわね~、ストリートファイター~、昔はよくやったわ~」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:25:15.56 ID:XPRJ30xeo

あずさ「わたしも何かできるかしら~、百裂脚とか~」

真美「サバ折りでお願いします」

あずさ「え?」

真美「エドモンド本田の使うサバ折りでお願いちます」

あずさ「え、え~……と、もう少し可愛らしい方が……」

真美「お願いしますッ!!!」ドゲザ

あずさ「えぇ!?ま、真美ちゃん、頭をあげて……亜美ちゃんもなにか言ってあげ」

亜美「お願いしてますッ!!!」ドゲザ

あずさ「ええぇ~~!?」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:26:03.13 ID:XPRJ30xeo

亜美「ROUND1,Fight!」カーン


真美「んっふっふ~」    あずさ「うぅ………」


亜美「さあ始まりました世紀でもない一戦、実況は双海亜美でお送りいたします」


真美「………」ジリジリ    あずさ「………」


亜美「お~っと、真美選手少しずつ間合いを詰める!
    相対するあずさ選手は動かない!いや動けないのか!?」


真美「………」グググ     あずさ「………」


亜美「おや?真美選手少しカガんだ、若干中腰姿勢だ!……そして」


     →真美「!!」ダッ  あずさ「…!?」


亜美「一気にいったーーーー→!!!あずさ選手どうする!?」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:26:33.16 ID:XPRJ30xeo

あずさ「え、えい!」ガシッ

亜美「あずさ選手が真美選手をカウンターで捕まえた!そしてそのまま――」


あずさ「えい、えい、えい」グッグッグッ

亜美「サバ折りだぁぁぁぁぁ!!真美選手ピーーーーーンチ!!」

真美「ぶふっぶふっぶふっ♪」

亜美「いや……こ、これは喜んでいる!?あ、真美選手の顔の位置が偶然にも
   あずさ選手の胸の谷間に…いや、先ほどビミョウにカガんだのは頭の位置を
   胸の谷間にあわせる為!?なんという策士!双海真美!!」


あずさ「えい、えい、えい」グッグッグッ

真美「ぶふっぶふっぶふっ~♪」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:27:13.31 ID:XPRJ30xeo

真美「………」チーン


亜美「試合にも負けたし勝負にも負けたけど、真美は本望だとおもうよ……」

あずさ「ま、真美ちゃんは大丈夫なのかしら……」

亜美「きれいな顔してるでしょ」

あずさ「真美ちゃんヨダレと鼻水で顔が凄いことになってるわ……」

亜美「……汚い顔してるでしょ。うそみたいだけど死んでるんだよ。それで……」



真美「いや、普通に生きてるけどね」






ストリートファイター編   完


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:27:47.34 ID:XPRJ30xeo

真美「さいしょはグー……じゃん!けん!グー!!」ブォン

雪歩「ひゃっ!」ビクッ

真美「おぉ!?ご、ごめんゆきぴょん、あやうくゆきぴょんをお星様にするところだったよ」

雪歩「だ、大丈夫だけど、お星様って……」

亜美「真美のジャジャン拳は強力だからね、しょうがないね」

雪歩「ジャジャン拳?ああ、もしかしてH×Hの?」

亜美「そのとおり!」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:28:13.98 ID:XPRJ30xeo

雪歩「ふふ、そうなんだ……亜美ちゃんもなにか念能力を使えるの?」

亜美「使えるよ、まあ見ててよ」フッ

雪歩「?」

亜美「………」

雪歩「???」

亜美「………」

真美「あ、亜美?どこにいるの??亜美が見えなくなっちゃったよ……」

雪歩「――ほ、本当亜美ちゃんが消えちゃった」

亜美「…………」

雪歩「ど、どこにいるの~亜美ちゃん~」

亜美「……………」

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:29:12.74 ID:XPRJ30xeo

亜美「ぷはぁ~~!」

真美「うお!亜美そんなところにいたの!?」

雪歩「本当、全然気付かなかったよ」

亜美「はぁはぁ…こ、これが亜美の念能力『神の不在証明(パーフェクトプラン)』だよ
   亜美が、息を止めてるかぎりは誰にも気づかれないんだ」ハァハァ

雪歩「わ、わぁ~すごいね、すごい能力だね…なんていうか、すごいね」

亜美「まあ、ね……」ハァハァ

雪歩「す、すごいよ、本当にすごいなあ~」

真美「………」

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:29:48.81 ID:XPRJ30xeo

雪歩「………あっ」

雪歩「わ、わたし用事の途中だったんだ、ちょっと失礼するね」

真美「………」

亜美「………」ハァハァ



真美「………あの反応は、ないよね……」

亜美「………亜美ね、息止めながら、泣きそうになったよ……」

真美「ああいう、ぞんざいな反応が一番傷つくよね……」

亜美「傷ついたよ……」

真美「完っ全に子供扱いの、それだね」
亜美「だね……」

真美「………」
亜美「………」

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:30:29.60 ID:XPRJ30xeo

真美「うがーーーーー!!許すまじ、ゆきぴょん!!」

亜美「この亜美たちの怒りと哀しみをゆきぴょんはまだ知らない!!」

真美「こうなったら、伸縮自在の愛(バンジーガム)にジョブチェンジして
   ゆきぴょんを噛んだあとのガムでベトベトにしてやる!!」

亜美「じゃあ亜美は淋しい深海魚(ウィングブルー)だよ!これでゆきぴょんの秘密を」


雪歩「二人とも~、お茶とお菓子が用意できたけど一緒に食べない~?」


真美「わーーーい!」

亜美「食べるーー!」






ハンター×ハンター編   完


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:31:11.57 ID:XPRJ30xeo

真美「我は放つ光の白刃!!」

亜美「我は呼ぶ破裂の姉妹!!」

貴音「甘い!我は踊る天の楼閣 !」


真美「くぅ!避けたか…さすがはお姫ちん!」

亜美「チャイルドマン教室の最秘奥マジツをいとも簡単に使いこなすなんて!!」


貴音「ふふふ、貴女達の魔術も中々のものですよ」

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:31:58.85 ID:XPRJ30xeo

貴音「しかし、このままでは埓があきませんね………奥の手を使わせていただきます」グググ

真美「なにぃ!お姫ちんにはまだ奥の手が!?」

亜美「防御マジツの準備を!」

貴音「ふふふ、無駄ですよ…この魔王術の前には魔術など塵芥にすぎません」

真美「………は?」

亜美「魔王術?」

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:32:24.68 ID:XPRJ30xeo

貴音「おや?存じ上げませんか?魔王スウェーデンボリーの操る魔法を、人が擬似的に
   再現して、常世界法則の根幹に干渉する術なのですが……」

真美「もっと、わからなくなったYo!」

亜美「言っとくけど亜美たちは原作全部読んだからね!魔王術なんてなかったよ!!」

貴音「ふむ…二人共、新シリーズを読んでなかったとは…うかつでした」

真美「新シリーズ?」

亜美「そんなのあったの?」

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:33:18.43 ID:XPRJ30xeo

貴音「ええ、TOブックス様より出版された『魔術士オーフェン はぐれ旅』新シリーズが
   全8巻短編集全2巻で発売されております」

真美「な、なんだって→」

貴音「舞台は前作の約20年後、キエサルヒマ大陸を旅立ち現大陸へと移ったオーフェン
   新たな敵、陰謀や裏切りその他様々な困難に立ち向かっていきます」

亜美「ワオ!そいつは楽しみだねお姫ちん!」

貴音「オーフェンの娘達を含め個性的な登場キャラクターに、秋田禎信先生が書く
   独特な世界観、草河遊也が描く挿絵はまさに必見!」

真美「こいつはすぐに本屋に買いに行かなきゃ!」

亜美「お姫ちんが横文字をスラスラ読むほど、オススメしてるんだからね!」

貴音「さあ二人共、今すぐ書店に向かうのです!」

真美亜美「OKー!」






真美「ここにきてガチの宣伝がくるとは……」
亜美「さすがはお姫ちんだね……」






魔術士オーフェン 宣伝編   完


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:33:44.80 ID:XPRJ30xeo

真美「ひびきんの全てを否定してやる……」

響「出会い頭に自分の全てを否定されるとは思わなかったぞ」

真美「悪・即・斬 が真美のモットーなんで」

響「あれ?自分ナチュラルに悪人扱いされてる?」

真美「くらえひびきん!!牙突零式!!」シュバッ

響「うお!?危な!」ヒョイ

真美「なに!?真美の牙突零式が……くっ殺せ!」

響「いやいや、諦め早くないか?狙われた自分が言うのもなんだけど、もう少し頑張ろうよ」

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:34:49.68 ID:XPRJ30xeo

亜美「真美のピンチに亜美登場!大丈夫、真美?」

真美「亜美っ…ふふふ、ひびきん!お前のメイウンもここまでだ!!」

響「切り替え早!ついさっき殺せとか言ってたよな!?」

亜美「くらえひびきん!!二重の極み!!」ペチッペチッ

響「痛!普通に拳の2連撃が痛い!」

亜美「なに!?ひびきんが粉砕できない……くっ殺せ!」

響「だから諦めが早い…って、自分を粉砕するつもりだったのか!?」






るろうに剣心編   完


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:35:19.67 ID:XPRJ30xeo

真美「双海真美の名において命ずる!出でよ土爪(トウチャオ)!!」

亜美「双海亜美の名において命ずる!出でよ哭蛹(クーヨン)!!」

真美「うあうあ~、無効化系は卑怯だよ亜美!」

亜美「んっふっふ→、勝負に卑怯はないのだ!」

伊織「楽しそうね、アンタたち今度はなんの遊び?」

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:35:57.19 ID:XPRJ30xeo

真美「獣魔術は遊びじゃないYo!」

亜美「无(ウー)以外が使うと、最悪命を落としてしまう危険な術なんだから!」

伊織「あ~はいはい、というか獣魔術ってなによ?漫画?」

真美「おやおや亜美さんや、ここに獣魔術も知らない 田舎者がおりますよ~」

亜美「まったくとんだお上りさんだNe!このデコりんは」

伊織「………」

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:36:23.09 ID:XPRJ30xeo

伊織「そんなに言うなら見せてみなさいよ」

真美「別にいいけど……真美は手加減できないよ?」

伊織「構わないわ」

真美「ふふ~ん、なら喰らうがいいよ!!双海真美の名において命ずる!!」

伊織「………」

真美「出でよ!光牙(コァンヤア)!!!」







真美「ぐぎゃああああああああ!!!」

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:36:56.00 ID:XPRJ30xeo

亜美「真美ィ!?」

伊織「なんで真美がダメージ受けてるのよ……」


真美「う、うぅぅ……」

亜美「真美!大丈夫?いったいなにが……はっ!まさか!?」

真美「うぅ、光牙は光系だから…光を反射するモノに、跳ね返されるのを忘れていたよ……」

伊織「………」

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:37:30.85 ID:XPRJ30xeo

亜美「真美のバカ!影牙(インヤア)を使えば勝てたのに!!」

真美「ごめんね亜美……でも、光牙は……男の…ロマン」ガクッ

亜美「真美ィーーーーーーー!!!」


伊織「色々とツッコミたいけど、とりあえずあんた達を引っ叩いていいわよね?」


真美「…………」

亜美「…………」






3×3 EYES編   完


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:38:30.14 ID:XPRJ30xeo

真美「邪王炎殺黒龍波は真美が使うの!!」

亜美「い→や!亜美が使うの!!真美は霊剣でも使ってなよ!!」

真美「イヤだよ!なんか地味じゃん!せめて次元刀にしてYo!」


やよい「二人とも、今日も元気だね」

亜美「おお、やよいっち!ちょうどいいところに!」

真美「やよいっち、邪王炎殺黒龍波の使い手に
   もっともふさわしいのは真美だって、亜美に言ってやってよ!」

亜美「違うYo!亜美こそが邪眼の力を使えるんだよ!」

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:39:13.53 ID:XPRJ30xeo

やよい「う~ん……二人とも使うっていうのはダメなの?」

真美「それはダメ」

亜美「ありえないね」

やよい「そっかぁ……」


真美「亜美、そろそろ あきらめなよ……いまなら霊丸を使ってもいいからさ」

亜美「真美こそあきらめなよ、爆肉鋼体をゆずってあげるから」

やよい「う~ん、う~ん……」

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:39:41.31 ID:XPRJ30xeo

やよい「あ、それじゃあこうしたらどうかな?邪王炎殺黒でゅッ……」

真美「………」

やよい「じゃ邪王炎殺黒ぢゅッ……、いたた噛んじゃった……」

亜美「………」

やよい「邪王炎殺……邪王……黒龍……じゃおうえんさつこくじゅうは!」


真美「………」
亜美「………」

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:40:23.69 ID:XPRJ30xeo

真美「邪王炎殺黒龍波は、やよいっちにゆずるよ」

やよい「え?」

亜美「亜美たちは他の技を使うね」

やよい「ええ?」


真美「いくよ!爆肉鋼体!!」

亜美「霊っガーーーン!!」

やよい「あうぅ……」






やよい「邪王炎殺黒ひゅーは!!」






幽遊白書編   完


38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:40:50.64 ID:XPRJ30xeo

真美「ふむふむ……」

亜美「ほうほう……」


律子「あら、亜美に真美?今日は静かね」


真美「真美たちは今読書中だからねぇ……」

律子「読書?偉いわね…って、漫画か……」

亜美「漫画だって本なんだから読書でいいっしょ」

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:41:48.97 ID:XPRJ30xeo

律子「まあそれはそうだけど……その読んでいるのは、面白いの?」

真美「ん~~……よくわかんない」

亜美「なんか、むずかしいことがいっぱい書いてあるからね」

律子「難しい?社会派の漫画なのかしら…でも二人とも熱心に読んでるじゃない」

真美「漫画にでてくる魔法がかっこいいんだよ!」

亜美「後々亜美たちも使おうとおもってね!」

律子「魔法…ジャンルはファンタジー系?」

真美「そだよ、BASTARD!!っていうの」

40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:42:30.62 ID:XPRJ30xeo

亜美「ピヨちゃんが貸してくれたんだけどね、ファンタジーと思ったらSFっぽくなったり
   うんちくがすっごく長かったり……」

真美「話が急に飛んだり、過去編?がはじまったり、新キャラが出てきたと思ったら
   よくわかんないまま退場したり……」

律子「ふ~ん…」


亜美「女の子がスライムで服溶かされたり耳たぶ噛まれたり、毒を吸い出されたり……」

律子「ん?」

真美「愛の絶頂だったり、D.S様は4人までなら同時にOKだったり……」

律子「…………」

41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:43:16.57 ID:XPRJ30xeo

律子「………小鳥さん、少しお話が……」

亜美「ねぇねぇ、りっちゃん」

真美「がんしゃってなに??分身の術?」

律子「小鳥さぁーーーんん!!!すこしぃ!お話ぃ!!がぁぁぁぁぁ!!!!」






BASTARD!!編   完


43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:43:56.29 ID:XPRJ30xeo

真美「イオナズン!」

亜美「ベギラゴン!」

美希「zzzz~」


真美「マヒャデドス!!」

亜美「バギムーチョ!!」

美希「zz………」


真美「はぁはぁ……やるね、亜美…」

亜美「ふ…ふふ…そっちこそ……」

美希「二人ともうるさいの」

44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:44:41.97 ID:XPRJ30xeo

真美「ごめんよミキミキ……」

亜美「でも、この最後の戦いだけは……おたがいに負けられないんだYo!!」

美希「最後の戦い?よくわかんないけど楽しそうだね」

真美「やってるこっちは真剣なんだよ、ミキミキ!真美たちは…」

美希「あ、美希も実は呪文を使えるんだよ」

亜美「あいかわらず人の話を聞いてくれないね……」

45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:45:08.63 ID:XPRJ30xeo

真美「ミキミキが呪文?」

美希「うんそうだよ、ミキ的にはこれが最強って思うな~」

亜美「どうせあれでしょ?ラリホーでしょ?」

美希「………」

真美「もしくは、めいそう……あ、呪文じゃないか」

美希「…………」

亜美「シンプルに、ねる じゃないの?」

美希「……………」

46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:45:51.36 ID:XPRJ30xeo

美希「…亜美、真美」

真美「ん?」
亜美「どしたの?」

美希「そういう返し方は、よくないとミキは思うの……」

真美「え?」

美希「今のような、ぞんざいな扱い方をされるとね……とても傷つくの、心がね……」

亜美「ミ、ミキミキ?」


美希「二人はそんな経験ないの?」

47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:46:33.50 ID:XPRJ30xeo

真美「――っ!」

亜美「――っ!?」



真美「ご、ごめんよミキミキ!真美たちが間違っていたよ!!」

亜美「亜美たちが一番されてイヤなことをミキミキにしていたなんて……うぅ」

美希「わかってくれれば、それでいいの」

真美「ごめん…ごめんね……お詫びに―――」



真美「―――お詫びにミキミキの はらわたを 喰らいつくしてあげるよ!!」

48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:47:06.20 ID:XPRJ30xeo

美希「ふふ~ん、ミキが返り討ちにしてあげるの!いくよ!!」


真美「マホカンタ!!」

美希「ラリホー!!」




美希「あふぅ!!」

49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:48:10.27 ID:XPRJ30xeo

美希「うぅ……ミキの最大呪文を…はねかえすなんて……さすが真王……なの……」バタッ


真美「ラリホー予測の先行マホカンタ余裕でした」

亜美「まあ、こうなるだろうとは思ってたし、わかっていたよ」






ドラゴンクエスト編   完


50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:48:39.16 ID:XPRJ30xeo

美希「zzz~zzz~」

真美「おぉ~ミキミキ、本当に寝てるね……」

亜美「気持ちよさそうだね~」



真美「どうする?もっかい最後の戦いする?」

亜美「いや、今日はもういいよ、ミキミキをまた起こしても、かわいそうだし」

真美「そうだね」

亜美「うん」

51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 22:49:29.82 ID:XPRJ30xeo

真美「じゃあ、次に会うときまで……死ぬんじゃないよ」

亜美「真美こそ……亜美以外のやつにやられないでね」


真美「ふっ」

亜美「ふふっ」


真美「シーユーアゲイン!」

亜美「レッツミートアゲイン!」

















真美「たっだいま~」

亜美「お腹すいた~~」









真美「か~め~は~め~波ァーー!!」    完