1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 03:23:19.18 ID:VO13mZvj0
まどか「あのね... 相談があるの...」

ほむら「わたしでよければいつでも相談に乗るわよ」

まどか「あ、あのね... 相談というよりね...」

ほむら「ええ」

まどか「わたしと付き合って下さい!!」

引用元: まどか「大切なお話があるの」 


 

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 03:25:01.37 ID:VO13mZvj0

ほむら「え...?」

まどか「ご、ごめんね... 女の子同士なんて気持ち悪いよね、忘れて...」

ほむら「そうね、女の子同士は...ないわよね」

まどか「....」

ほむら「どうしたの、まどか?」

まどか「そこまでいうことあるのかな?」

ほむら「ちょ、ちょっとまどか... どうしたの?」

まどか「そんなこというなんて... ひどいよ... がんばったのに...」

ほむら「まどかは本当にわたしのことがすきなの?」

まどか「好きっていうもんじゃないよ わたしを助けようとして色々してくれた子で...」

まどか「美人で、優しくて、何でもできて...」

ほむら「...」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 03:26:37.53 ID:VO13mZvj0
まどか「決めた、わたし契約するよ」

ほむら「ま、まどか?」

まどか「ほむらちゃんがわたしと付き合ってくれないなら 契約するよ」

ほむら「...本気なの?」

まどか「もう...心が痛いの ラブレターを入れようと思ったら 先客がいっぱいで」

まどか「誰かに先を越されるんじゃないか心配で... それで、それでもほむらちゃんは誰とも付き合わなかったから」

まどか「わたしにもチャンスがあるかなって...」

ほむら「まどか...」

まどか「ごめん... ちょっと頭冷やしてくるね...」

ほむら「少し時間をくれないかしら 心の整理がしたいの」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 03:28:17.68 ID:VO13mZvj0
まどか「いいんだよ、無理しないで... 無理だと思うんだけど、これからも友達でいてくれないかな?」

ほむら「...」

まどか「ごめんね... 女の子同士なんて気持ち悪いよね... わたしなんかと口をもう聞きたくないよね」

ほむら「そんなことないわ... それでも契約だけは...」

まどか「ほむらちゃんはわたしのことを別に思ってくれてるわけじゃないよね...」

まどか「わたしが魔法少女になって、世界を壊さないか見張ってるだけなんだよね...」

ほむら「ち、違う...」

まどか「いいんだよそれで... ごめんね...わたしはこんな子で... ごめんね... 」

まどか「ばいばい、ほむらちゃん」

ほむら「ま、まどか....」

ほむら「...」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 03:29:45.42 ID:VO13mZvj0
ほむら(ま、まどかを契約させないと思って行動してきたけど)

ほむら(わたしは、何かを見逃してるのかしら...)

ほむら(女の子のラブレターをみて何とも思わなかったのって...)

ほむら(わからない)

ほむら(わからないよ、まどか)

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 03:31:25.14 ID:VO13mZvj0
ほむら「.......」

さやか「まどか、ほむらはどうしたの?」

まどか「話せないこともあるんだよ」

さやか「そ、そう ごめん」

まどか「ごめんね、今日は先に帰るから じゃあね!」

ほむら「あっ...」

さやか「.......ほむら、あんたまどかと何かあったの?」

ほむら「...ちょっとね」

さやか「わたしにも言えないことなの?」

ほむら「ちょっと、言えそうにないわ」

さやか「そう...」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 03:34:30.20 ID:VO13mZvj0

さやか「わたしにも言えないことなの?」

ほむら「ちょっと、言えそうにないわ」

さやか「そう...」

さやか「でもね、あんたに何度も助けられ来たのに わたしには相談される権利もないの?」

ほむら「...気を悪くさせたのなら 謝るわ...」

ほむら「でも、これはわたし以外の人の名誉に関わるのよ」

さやか「そっか、でもまどかのことでしょ? わたしも友達になって長いし たぶん大丈夫だよ」

ほむら「...」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 03:36:10.41 ID:VO13mZvj0
ほむら「女の子同士ってどう思う?」

さやか「......え?」

ほむら「女の子同士ってどう思う?」

さやか「え? え? どういうことなの?」

ほむら「ちょっとね... いろいろあったのよ」

さやか「まどかと...関係は?」

ほむら「関係はないわ」

さやか「嘘だよね」

ほむら「ええ」

さやか「あんた、真顔でうそつくから怖いわよ」

ほむら「ごめんなさいね、表情作ろうと努力してるのだけど」

さやか「それも嘘」

ほむら「もちろんよ」

18: 修正 誤変換とちょっと抜けてました 2012/01/10(火) 03:37:35.41 ID:VO13mZvj0
ほむら「女の子同士ってどう思う?」

さやか「.....え?」

ほむら「女の子同士ってどう思う?」

さやか「え? え? どういうことなの?」

ほむら「ちょっとね... 色々あったのよ」

さやか「まどかと...関係は?」

ほむら「関係はないわ」

さやか「嘘だよね」

ほむら「ええ」

さやか「あんた、真顔で嘘つくから怖いわよ」

ほむら「ごめんなさいね、表情作ろうと努力してるのだけどね」」

さやか「それも嘘」

ほむら「もちろんよ」

さやか「...」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 03:41:31.74 ID:VO13mZvj0
さやか「わたしは、わからないよ... ちょっと難しすぎるよ」

ほむら「そうよね...」

さやか「あんたはまどかに告白された そして、どうしていいかわからなくなったと」

ほむら「...」

さやか「あんたの無言は肯定っと」

さやか「何度も助けてくれようとした相手、才色兼備、文武両道、友達思い、美人か...」

さやか「男なら間違いなく惚れてるよ」

ほむら「...なんでわたしのことをみんなそう高く評価するの?」

さやか「だって、そうだものわたしだって、そう思うもの」

ほむら「わたしはどれでもないのよ... 魔法少女になってすべてを手に入れた...」

ほむら「友達思いなんて、途中で失ったわ」

ほむら「このわたしは偽物なのよ...」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 03:42:38.63 ID:VO13mZvj0

さやか「そうだとしても、あんたはやりとおして望みの時間を歩めるようになった」

ほむら「そうかもしれない、何度もあなた達を、見捨てた見返りはあったわ」

さやか「あっはっは、そう言ってくれるとうれしいかもね」

ほむら「あなたってポジティブね...」

さやか「そういうほむらはネガティブね」

さやか「うん...」

さやか「まぁ、そうじゃないと やってられないからね」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 03:45:31.22 ID:VO13mZvj0
ほむら「あなただって、一図でとても魅力的よ?」

さやか「あはは、あははは それはないわ、ほむらー」

ほむら「これは結構本音なのだけど...」

さやか「そ、そうなのかな... だとしたらね」

さやか「あんたの魅力はね、あんた以外がもっとわかってるの!」

ほむら「そういうものかしら...」

さやか「そういうものなの!」

ほむら「さやかは魅力的と」

さやか「だから、こういう時におちょくらないでよ!」

ほむら「むぅ... どうせわたしも長くないし...」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 03:48:04.77 ID:VO13mZvj0
さやか「はぁ... あんたねぇ...」

さやか「まどかと付き合うのはなしでも 一緒に色々してみなよ」

ほむら「え?」

さやか「だってそうじゃん、あんたはまどかに対して少なくても好感を抱いている」

ほむら「そ、そうかしら...」

さやか「そうだよ、まどかに告白されて嫌だったっていう感情はわたしには感じられないよ」

ほむら「...」

ほむら「そうね」

さやか「一晩考えてみなよ」

ほむら「そう...するわ...」

さやか「自分が石ころだからっていうのは、考えるんじゃないよ」

さやか「わたしに言った言葉、責任とってよね」

ほむら「ええ!」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 03:51:13.87 ID:VO13mZvj0

まどか「わたしって、最低だ...」ヒック

まどか「ほむらちゃんが、絶対に許せないこと言っちゃった... 」

まどか「契約を...契約を脅しに使うなんて...」ヒック

まどか「わたしは...わたしは...」

まどか「死んでしまいたいよ... でも、わたしが死んだらまたほむらちゃんが...」

まどか「どうしたらいいんだろ... ほむらちゃんに嫌われた これはとてもつらい」

まどか「許してなんてもらえない、逃げようとしても 方法は死ぬくらいしか...」

まどか「死んだら、ほむらちゃんは、また過去に戻って...」

まどか「駄目だよ... 駄目だよ... そんなの」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 03:53:44.15 ID:VO13mZvj0
まどか「どうしようもないのかな... ほむらちゃんに嫌われたまま生き続けるしか...」

まどか「嫌だよ... 嫌だよ... 契約しようかな...」

まどか「そうだよ、契約しちゃえば... でも、約束を破らせることになる...」

まどか「そんなことしたら、ほむらちゃんが....」

まどか「うわああああああん、どうしようもないよおおおおお うわあああああああんん」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 03:56:07.55 ID:VO13mZvj0
ほむら「さやかに言った言葉か...そうだよね.,.」

ほむら「でも、わたしは何度もみんなを見捨てた 極悪人」

ほむら「そんな、わたしがね...」

ほむら「あれ... なんでかな... まどかと...

ほむら「いや 女の子同士について考えていたのに...」

ほむら「うん... そうなのよね、わたしは女の子同士が///」

ほむら「明日、受け入れよう わたしはまどかのことが...」

ほむら「こんな、わたしを... 好きになってくれるのなら...」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 03:59:18.84 ID:VO13mZvj0

まどか「うぅ、寝れなかったよ」

まどか「おはよう、パパ」

和久「おはよう、まどかって どうしたんだいそのくまは?」

まどか「悩みことで、寝れなくて...」

和久「今日は...休みなさい」

まどか「はい...」

バタン

まどか(学校生きたい気分じゃないし、よかったかな)

まどか「ほむらちゃん... 寂しいよ... 会いたいよ...」

まどか「ずっと一緒にいてほしいよ」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 04:02:35.41 ID:VO13mZvj0
まどか「...無理だよね 死んでしまいたいよ」

ソウダヨ シンジャエバイインダヨ

まどか「そうだよね....そうだよね...」

ソウダヨ ソウダヨ

まどか「そうだよ、わたしなんて生きてる価値ないものね」

カチナンテナイヨ ムイミダヨ

まどか「ほむらちゃんにとっても、わたしなんて契約させないために渋々友達やってるだけだろうし」

ソウソウ アナタハヒトリ 

まどか「そうだよ、死んじゃえば 楽になれるのよね」

ソウダヨ イッショニイコウヨ

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 04:05:16.25 ID:VO13mZvj0

ほむら「まどかが...休み?」

仁美「珍しいですわね」

さやか「ほむら...」

ほむら「昨日の今日でこうだから...」

ほむら「ごめんなさい、仁美 今日は、学校休むわ」

さやか「ごめん、わたしも! 仁美 頼んだよ!」

仁美「ちょ、ちょっと二人とも...」

仁美「も、もしかして いけませんわそんな関係なんて...」

仁美「しかも、それに三角関係なんて...」

仁美「それに修羅場とは...素晴らしいですわ!」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 04:09:21.52 ID:VO13mZvj0
ほむら「魔女の結界... まさか...」 

ほむら「まどか!」

さやか「落ち着いて、ほむら...」

ほむら「あなたが、あなたが、いなくなったら...」

ほむら「わたしは、どうすれば...」

さやか「ほむら!」

ほむら「!?」

さやか「気持ちはわかるけど、あんたまで変になったら」

さやか「まどかを救えなくなっちゃうよ」

ほむら「ごめんなさい...」

さやか「いくよ!」

ほむら「ええ!」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 04:12:21.12 ID:VO13mZvj0
まどか「いい気分だなぁ... とても死のうとしてる気分じゃないよ」

イイトコダヨ イイトコ

まどか「そうだね、きっと素晴らしいとこだよね」

ウン ソウダヨ

まどか「ほむらちゃんには、わたしはいないほうがいいはず」

ソウダネ ラクニシテアゲレルヨ

まどか「うん、そうだね 幸せにしてあげれそうだよ!」

シアワセニデキルヨ ナンデモデキルヨ

ほむら「あなたといるのが幸せなのよ」

キュー

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 04:16:13.85 ID:VO13mZvj0

ダン

まどか「ほ...ほむらちゃん?」

さやか「てやあああああああ!」

キン ザシュッ

まどか「さやかちゃんまで...」

さやか「間に合って よかったよまどか!」

まどか「なんでなの...なんで?」

まどか「わたしは、わたしは」

まどか「死なせてもらおうと思って ここに来たのに!」

まどか「どうして、止めるの?」

まどか「邪魔なんでしょ?」

まどか「わたしが契約したら 大変なことになるんだよ!」

まどか「そんな子 この世界にいないほ バシンッ

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 04:19:40.38 ID:VO13mZvj0
さやか「ほ、ほむら...?」

ほむら「ふざけないで... ふざけないでよ...」

ほむら「そんな言葉、あなたの口から絶対聞きたくない...」

ほむら「どれだけ、わたしにとってあなたが大切な存在か」

ほむら「どれだけ、わたしがあなたが好きなのか...」

ほむら「あなたには... あなたには、理解してもらえないの...?」

まどか「ほむらちゃん... そんな... え?」

ほむら「今なら、言えるわ」

ほむら「わたしは、あなたのことが好き 大好きなの!」

ほむら「この世界のすべてを敵に回そうとも!」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 04:22:13.10 ID:VO13mZvj0
まどか「そ、そんな... わたしは...」

ドサッ

ほむら「ま、まどか!」

さやか「魔女の口付けだよ 気を失っただけ」

ほむら「そう...」

さやか「それよりさ、早くこの魔女をどうにかしないとね」

さやか「いくよ、ほむら!」

ほむら「...ええ!」

ドゴーン

43: ゾンビ 2012/01/10(火) 04:24:26.53 ID:VO13mZvj0
まどか「う...うぅ...」

ほむら「気がづいた? まどか」

まどか「う、うん ほむらちゃん」

ほむら「何があったか、覚えてる?」

まどか「凄く怖い夢を見たの」

ほむら「そう...」

まどか「でもね、最後はほむらちゃんが助けてくれたんだ」

ほむら「うんうん...」

まどか「それでね、わたしに好きだって言ってくれたの...」

ほむら「...」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 04:25:49.07 ID:VO13mZvj0
まどか「都合のいい夢だよね ごめんね」

まどか「昨日の今日なのに優しくしてもらっちゃって」

まどか「わたしのこと、気持ち悪いよね」

まどか「もう、大丈夫だから ありがとう」

ほむら「...」

まどか「どうしたの?」

46: これ最初につけるか、最後につけるかで結構印象変わるのに... 2012/01/10(火) 04:26:45.14 ID:VO13mZvj0
まどか「都合のいい夢だよね ごめんね」

まどか「昨日の今日なのに優しくしてもらっちゃって」

まどか「わたしのこと、気持ち悪いよね」

まどか「もう、大丈夫だから ありがとう」

ほむら「...」

まどか「どうしたの?」

チュッ

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 04:29:09.25 ID:VO13mZvj0
まどか「え? えええええ」カァァァ

ほむら「さっきの出来事を 夢だと思ってるから...」カァァァァ

ほむら「その、しかえしよ...」

まどか「そ、それじゃあ さっきのって夢じゃなくて...」

ほむら「げ、現実よ...」

まどか「そうすると... ほむらちゃんはわたしのことが...」

ほむら「大好きよ」

まどか「...わたしも」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 04:30:39.13 ID:VO13mZvj0
まどか「おーい、ほむらちゃん!」

ほむら「どうしたの、まどか」

まどか「ティヒヒヒ、呼んでみたかっただけ」

ほむら「そう...」

ほむら「まどか」

まどか「え?」

ほむら「好きよ」

まどか「うん、わたしもだよ!」

ほむら「これから、ずっと一緒にいてくれるのよね?」

まどか「もちろんだよ!」


おしまい

今回は、あっさり目に書かさせていただきました
もうちょっと、ドロ臭く沼沼させようとしたのにどうしてこうなった...

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 04:35:21.07 ID:VO13mZvj0
外がうるさくなったので、もうちょっとやらさせて...除雪北

あれから、ずっと一緒にいようって約束したのに

その約束は、あっさりと破られてしまった

ほむらちゃんのソウルジェムは時間をめぐることによって

限界を迎えていた

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 04:37:37.32 ID:VO13mZvj0
まどか「ほむらちゃん...」

ほむら「まどか... 約束守れそうにないわ...」

まどか「ほむらちゃんは、頑張ってくれたよ」

ほむら「わたしは魔女になりたくない...」

まどか「わかってるよ... わかってる...」

まどか「わたしに最後は...」

ほむら「ありがとう...」

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 04:41:03.03 ID:VO13mZvj0
マミさん達がグリーフシードをたくさん持ってきてくれたおかげで

ほむらちゃんは、もう駄目かと思われたときから

半年も長く生きることができた...

ほむら「はぁ... はぁ...」

マミ「...もう、グリーフシードはないの ごめんなさい」

まどか「本当に、助かりました... ありがとうございました」

杏子「まどか... お前はそのままでいいのか?」

まどか「契約だけは... 約束だから...」

杏子「そうか...」

ほむら「あり、がとう... まどか...」

ほむら「辛い思いをさせるけど... ごめんね...」

まどか「いいんだよ、すごく幸せだったよ!」

ほむら「それだけでも...」

56: 訂正 2012/01/10(火) 04:42:02.71 ID:VO13mZvj0
マミさん達がグリーフシードをたくさん持ってきてくれたおかげで

ほむらちゃんは、もう駄目かと思われたときから

半年も長く生きることができた...

ほむら「はぁ... はぁ...」

マミ「...もう、グリーフシードはないの ごめんなさい」

まどか「本当に、助かりました... ありがとうございました」

杏子「まどか... お前はそのままでいいのか?」

まどか「契約だけは... 約束だから...」

杏子「そうか...」

ほむら「あり、がとう... まどか...」

ほむら「辛い思いをさせるけど... ごめんね...」

まどか「いいんだよ、すごく幸せだったよ!」

まどか「それだけでも...」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 04:45:06.69 ID:VO13mZvj0
ほむら「優しいのね... ほんと...」

まどか「ほむらちゃんも...」

ほむら「うぅ... ごめんなさい、最後は二人きりになりたいわ」

ほむら「さやか、マミ、杏子 本当にありがとう」

ほむら「あなた達のおかげで、まどかを救えて それに、こんなグリーフシードまで...」

杏子「気にするんじゃないよ、あの世で払ってもらうからな」

さやか「...おつかれさま、ほむら」

マミ「後輩が、先に行くなんてさみしすぎるわよ...」

ほむら「ほんと、いい子達にめぐまれて幸せだったわ」

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 04:46:46.03 ID:VO13mZvj0
ほむら「それじゃあね」

三人「さようなら」

ほむら「さようなら」

ガチャン

ほむら「まどか... これ」

まどか「うん...」

ほむら「使い方わかる?」

まどか「ほむらちゃんの使ってるの何度も見たから」

ほむら「そう...」

まどか「あとどれくらいかな?」

ほむら「あと十分くらいだと思うわ」

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 04:49:41.22 ID:VO13mZvj0
まどか「そっか、短いね でも今まで一番長くて充実した十分にしようよ」

ほむら「ええ」

まどか「キスは最後にして...」

まどか「どうだった、わたしとの生活?」

ほむら「楽しかったわ... 何もかもが...」

まどか「嬉しいな...」

ほむら「最後にこんなこと言ってごめんね、やっぱり離れたくないよ...」

まどか「わたしもだよ... どうしてこんなことに」

ほむら「でも、わたし決めたのよ 最後まで笑顔で別れようって」

まどか「わたしもだよ」

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 04:51:58.90 ID:VO13mZvj0
ほむら「...時間が流れるのって早いのね」

まどか「そうだね...一瞬だったね」

ほむら「そろそろソウルジェムが...」

まどか「キスしてよ...」

ほむら「うん...」

まどか「大丈夫、ほむらちゃんを魔女にはさせないよ」

ほむら「ありがと...」

まどか「さよならは、いわないよ」

ほむら「きっと、また会えるよね?」

まどか「絶対だよ!」

チュッ チュパチュパ...

ズキューン

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 04:53:08.99 ID:VO13mZvj0
パリンッ

まどか「わたし、泣かないよ」

まどか「今度、会う時まで涙ためといて」

まどか「全部うれし涙にするから」

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 04:57:35.23 ID:VO13mZvj0
それから、さやかちゃん、マミさん、杏子ちゃんも死んじゃった...

QBによると魔法少女の中では長生きした方らしい

QBは、そしてわたしにまだ魔法少女になることを望んでるみたいで...

こんなおばさんが、あんなフリフリの格好するのもおかしいよ

たっくんにも子供ができて、孫ができて.... パパもママも死んじゃった

わたし? 毎日、ほむらちゃんのお墓参りに行って 学校の先生になって
 
魔法少女になった子に知ってることを教えてあげて 充実した日々を過ごしています

ついに年で退職することになりました


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 05:00:54.88 ID:VO13mZvj0
それでも、わたしは泣かなかった

自分から勝手に作ったものだけど、それでも...

わたしに迎えが来たとき、精一杯うれし涙を流そうと思って



まどか「今日も来たよ、ほむらちゃんにさやかちゃん、マミさん、杏子ちゃん」

まどか「パパ、ママ それにたくさんの教え子たち...」

まどか「わたし、今日で定年退職しました」

まどか「遂に、無職だよ...」

まどか「心にまた、大きな穴があいたような気がしたけど」

まどか「それでも、わたしは元気です」

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 05:04:09.30 ID:VO13mZvj0
まどか「ほむらちゃん、わたしはいつになったら」

まどか「迎えが来るのでしょうか」

まどか「たっくんともあまり連絡もとらなくなったし、これからずっと一人ぼっちなのかな」

まどか「...生きたくて 死んじゃった人もいたのにこんなこと言ったら失礼だよね」

QB「やぁ、まどか」

まどか「あら...どうかしたの? おやつはないよ」

QB「最後のお願いに来たんだよ」

まどか「最後,,,?」

QB「僕と契約して魔法少女になってよ!」

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 05:06:15.96 ID:VO13mZvj0
まどか「御断りだよ、QB」

QB「残念だよ、まどか 契約してくれれば楽だったんだけどな」

まどか「最後か...」

QB「最後だよ」

まどか「御疲れ様、QB」

QB「君こそ、お疲れ様だよ」

まどか「うぅん、何十年も契約を取ろうとして、あなたは頑張ったよ」

QB「そうかい、こんなケースは初めてだからね」

まどか「......」

QB「さようなら、鹿目まどか」

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 05:10:02.64 ID:VO13mZvj0
まどか「不思議な感じがするな...」

まどか「これは...死んだのかな?」

ほむら「そうだよ、まどか...」

まどか「...ほむらちゃん」

ほむら「御疲れ様、まどか...」

まどか「待たせてごめんね...ほむらちゃん...」

ほむら「全然、待ってないよ」

まどか「わたしもだよ」

二人「あはは」

まどか「他のみんなは?」

ほむら「輪廻に導かれていったわ、さやかがね、先いって私が二人を使ってやる、なんてね」

まどか「あはは...ヒック」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 05:12:47.66 ID:VO13mZvj0
ほむら「まどか?」

まどか「ごめんね、うれしくて... うれしくて」

まどか「ほむらちゃんとこうしていれるとね...」

ほむら「来生はもっと幸せなれるわよ」

まどか「どうして?」

ほむら「一緒にね、導かれるとね 次の人生でも一緒になれるんだって」

まどか「うれしいな」

ほむら「もっと、もっと幸せになろうよ」

まどか「うん!」

まどか「でも、ちょっとまってよ」

ほむら「え?」

まどか「どっちが男の子になるんだろうね」

ほむら「わたしはあなたと一緒なら、男同士でも、女同士でもいいわ」

まどか「そうだね!」

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 05:13:53.74 ID:VO13mZvj0
まどか「行こうか」

ほむら「うん」

二人「これからもずっとね,,,」



おしまい

除雪帰ったんで、切りよくさせました では、ノシ