1: ◆LYNKFR8PTk 2016/03/17(木) 19:40:50.62 ID:IWA7PNez0
佐倉「うん分かった!! こ↓こ↑だね!!」

野崎「ああ、こ↑こ↓にな」

佐倉「……」ベタベタ

野崎「……」スラスラ

佐倉「……野崎くん」

野崎「なんだ?」

佐倉「……こ↓こ↑じゃない?」

野崎「こ↑こ↓だろ」

佐倉「……」

野崎「……」

佐倉「……そうだね!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1458211250

引用元: 野崎「佐倉、こ↑こ↓にベタしてくれ」 


 

月刊少女野崎くん Blu-ray BOX
KADOKAWA メディアファクトリー (2016-03-18)
売り上げランキング: 41
2: ◆LYNKFR8PTk 2016/03/17(木) 19:41:24.80 ID:IWA7PNez0
別の日

堀「……」

佐倉(あっ!! 堀先輩だ!!)

佐倉「堀先輩! おはようございます!」

堀「……おう、佐倉か」

佐倉「……どうしたんですか? 顔色があんまりよくないですけど……」

堀「ああ、実は昨日……」

3: ◆LYNKFR8PTk 2016/03/17(木) 19:41:59.65 ID:IWA7PNez0
堀『あー疲れた……』

堀『……あれ。 なんで俺の部屋、電気ついてんだ?』

鹿島『堀先輩の枕……』ギュウウ

堀『鹿島!!!』

鹿島『!!』

堀『てめぇ何勝手に俺の家に侵入してんだ!!』

鹿島『ご、ごめんなさい!! 堀先輩がヒロインに憧れてるかどうか部屋を見たら分かると思って……』

堀『じっとしてろお前!! 警察に通報してやるからな!!』

鹿島『そ、そんな!!』

堀『……あ、もしもし。 警察ですか? 不法侵入で……はい、そうです。 変態演劇部員が入り込んで……』

4: ◆LYNKFR8PTk 2016/03/17(木) 19:42:26.45 ID:IWA7PNez0
堀「……てことがあってな」

佐倉「ええっ!? じゃあ鹿島くん捕まったんですか!?」

堀「いや、捕まってねぇよ……その後に警察と一緒に俺を襲って来てな」

佐倉「ええっ!?」

堀「返り討ちにしようとしたけど流石に3対1はきつかったな」

佐倉「3!? 鹿島くんと警察ともう一人誰ですか!?」

堀「知らないやつだったな」

佐倉「!!?」

堀「……あ、わりい。 もう行くな、今日日直だから」

佐倉「は、はい!!」

佐倉「……」

佐倉(堀先輩も大変なんだなぁ)

5: ◆LYNKFR8PTk 2016/03/17(木) 19:42:59.19 ID:IWA7PNez0
瀬尾「千代ーおはよー」

佐倉「あっ結月!! おはよう!!!」

瀬尾「つーか聞いてよ私の話」

佐倉「なになに?」

瀬尾「昨日ライブやったんだ」

佐倉「ええっ!? ライブ!? 結月が!? 歌ったの!?」

瀬尾「うん」

佐倉「コンクールとかじゃなくて!? ライブ!?」

瀬尾「うん、ライブハウスで」

瀬尾「私バンドでボーカルやってるって言わなかったっけ?」

佐倉「言ってないよ!!」

6: ◆LYNKFR8PTk 2016/03/17(木) 19:43:31.06 ID:IWA7PNez0
瀬尾「まーいいや知らなかったら知らなかったで。 それで昨日ライブやったの」

佐倉「う、うん……」

瀬尾「それでさ、その日はスペシャルゲスト呼んだんだけどさ」

佐倉「スペシャルゲスト?」

瀬尾「うん、元ヤク中の人」

佐倉「それ絶対危ない人だよね!?」

瀬尾「そんでその人と歌ったんだけどさ、すげー楽しかったの」

瀬尾「けどあいつリハーサル不足でさ、歌詞フライングしたりおっはーとか古いネタ使い出すしさ」

瀬尾「私怒ってボール投げちゃった」

佐倉「投げちゃったの!? ダメだよ結月!!」

瀬尾「いやーあの日はマジでダイナモ感覚だったわー」

佐倉「ダイナモ感覚って何!?」

7: ◆LYNKFR8PTk 2016/03/17(木) 19:44:01.87 ID:IWA7PNez0
昼休み

佐倉(そういえば昨日は野崎くんのアシスタントに行けなかったなぁ……)

若松「佐倉先輩!! こんにちは!!」

佐倉「あっ! 若松くん!!……そういえば昨日、アシスタントしに行ったんだっけ?」

若松「はいっ!! 実は昨日……」

8: ◆LYNKFR8PTk 2016/03/17(木) 19:44:34.69 ID:IWA7PNez0
若松『野崎先輩、最近アシスタントに来れなくてすみません……』

野崎『気にすることはない。 大会が近いからな、しょうがない』

若松『野崎先輩……』

野崎『若松、今日はここまでにしよう』

若松『はいっ!!』

野崎『……そうだ若松』

若松『なんですか?』

野崎『実はこのマンション、屋上があるんだ。 よかったら焼いていかないか?』

若松『焼くって……肌をですか?』

野崎『ああ』

若松『あーいいですね!!』

野崎『じゃあパンツ一丁になって屋上に行こう』

若松『やっぱいやです』

9: ◆LYNKFR8PTk 2016/03/17(木) 19:45:02.44 ID:IWA7PNez0
野崎『若松、アイスティー飲むか?』

若松『いいんですか!?』

野崎『ああ……どうぞ』

若松『ありがとうございます!!』

ゴクゴク……

野崎『……』

若松『……?』

野崎『……』プチッ

〜〜・

若松(!! これはローレライさんの……)

バタッ

若松『zzz……』

10: ◆LYNKFR8PTk 2016/03/17(木) 19:45:28.83 ID:IWA7PNez0
若松『……』

若松『……っは!!』

若松『……あれ、なんで俺、両腕が拘束されて……』

野崎『暴れるな若松、暴れるな』

若松『野崎先輩!? 何してるんですか!?』

野崎『拘束されてるシーンを描きたかったからお前を眠らせて拘束させてもらった』

若松『やめてくださいよ!!』










若松「……てことがあったんですよ」

佐倉「あはは……野崎くんって偶に大胆な行動に出るよね」

12: ◆LYNKFR8PTk 2016/03/17(木) 19:45:57.60 ID:IWA7PNez0
佐倉(堀先輩は鹿島くんが家に侵入したり、結月はライブしたり、若松くんは拘束されたり……)

佐倉(……みんな大変だなぁ)

野崎「佐倉」

佐倉「あ、野崎くん!!」

野崎「今日はアシスタントに来れるか?」

佐倉「うん! 大丈夫だよ!!」

野崎「そうか、なら良かった。 今日は御子柴も来るから」

佐倉「分かった!!」

13: ◆LYNKFR8PTk 2016/03/17(木) 19:46:34.89 ID:IWA7PNez0
その日の夜

御子柴「野崎、花描き終わったぜ」

佐倉「私もベタ終わったよ!!」

野崎「よし、じゃあ今日はここまでにするか」

佐倉「うん!」

野崎「……ぬわああん……疲れた……」

佐倉(ぬ、ぬわああん!?)

野崎「やめたくなるな漫画家」

佐倉「の、野崎くん!?」

14: ◆LYNKFR8PTk 2016/03/17(木) 19:47:05.51 ID:IWA7PNez0
佐倉「野崎くんもしかして……今後の展開とかで悩んでるの?」

野崎「いや、そういうわけじゃない……気にしないでくれ」

佐倉「な、何かあったら言ってね!! 私、相談に乗るよ!!」

野崎「ありがとう……そうだ」

御子柴「なんだよ?」

野崎「二人とも、腹減ってないか?」

御子柴「そういや腹減ったな」

野崎「実はこの辺に美味いラーメン屋の屋台が来てるらしいんだ」

御子柴「マジか……行きてえな」

野崎「だろ? じゃあこのまま三人で食べに行こう」

御子柴「そうだな」

佐倉(野崎くんと夜に外食なんて初めてかも……)

15: ◆LYNKFR8PTk 2016/03/17(木) 19:47:36.35 ID:IWA7PNez0
御子柴「あっそうだ」

佐倉「どうしたのみこりん?」

御子柴「なぁ佐倉。さっきお前、俺が花描いてる時に俺をチラチラ見てたろ?」

佐倉「えっ……私? 見てないけど……」

御子柴「嘘つくんじゃねえよ。 絶対見てたろ」

佐倉「な、なんでみこりんを見る必要があるの?」

野崎「なぁ佐倉」

佐倉「な、何?」

野崎「……さっき脱ぎ終わった時になかなか出てこなかったよな?」

佐倉「いつの話!?」

御子柴「そうだよ」

佐倉「みこりん!?」

16: ◆LYNKFR8PTk 2016/03/17(木) 19:48:09.15 ID:IWA7PNez0
御子柴「……ったくお前は……見たかったら素直に見たいって言えばいいのによ」

バッ

佐倉「!! ちょ、ちょっとみこりん!! なんで急にズボン脱いでるの!?///」

御子柴「ほら、見ろよ見ろよ」

佐倉「や、やだ!!///」

野崎「何やってるんだ佐倉、ちゃんと見ろ」

佐倉「野崎くん!!!?」

御子柴「ちゃんと見ろよ。 嬉しいだろ?」

佐倉「嬉しくないよ!!」

17: ◆LYNKFR8PTk 2016/03/17(木) 19:48:46.01 ID:IWA7PNez0
佐倉「みこりんどうしちゃったの急に!? 野崎くんも止めようとしないし……二人ともおかしいよ!!」

野崎「ホラ、ちゃんと口開けて」

御子柴「舌使えよ」

佐倉「や、やだ!! やめて!!」

野崎「後で俺にもしてくれ。 溜まってるんだ」

佐倉「!!!!!?」

佐倉「の、野崎くん……私に……してほしいの?」

御子柴「当たり前だよな?」

野崎「ああ」

佐倉「じゃ、じゃあ……」

佐倉「私……頑張ります!!///」














宮前課長「……っは!!」

宮前課長「……」

宮前課長「……なんで俺があんな夢見なきゃいけねえんだよ」

ONDISK「これって……僕のアイデアですよ……」

〜終わり〜