1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 23:06:38.24 ID:RHEG3/7O0
カチカチ

結衣「……」

京子「結衣、何やってんの?」

結衣「ギャルゲー」

京子「ふ~ん、きらナモ以外にも持ってたんだ?」

結衣「うん、最近買ったやつだけど…」

京子「なんていう、タイトルの?」

結衣「シスター・クインセブン」

京子「……」

京子「シスター…何?」

結衣「シスター・クインセブン、妹ゲーだよ」

引用元: 結衣「可愛い妹達に囲まれて幸せに過ごしたい」 


 

もうミスらない 脱オタクファッションバイブル
久世
KADOKAWA (2016-03-18)
売り上げランキング: 50
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 23:12:35.55 ID:RHEG3/7O0
結衣「主人公は7人の妹のお姉ちゃんになって」

結衣「個性豊かな妹達と、仲良くなって行くんだよ」

京子「へ、へぇ~…」

結衣「特に、私はこの子がお気に入りでさぁ」カチカチ

『お姉たま、今日は何して遊ぶの?』

京子「ぷっ、お姉たまだってぇ~」

結衣「いや、確かに呼び方はアレだけど…」

京子「お姉たま」

結衣「……」

京子「お姉たま、お姉たま、お姉たまぁ~」ニヤニヤ


ゴッ

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 23:21:54.23 ID:RHEG3/7O0
京子「……」プスプス

結衣「……」カチカチ

京子「結衣、妹とか欲しいの?」

結衣「欲しいと言えば欲しいかな、小さい子好きだし」

京子「…誘拐とかすんなよ?」

結衣「毎日毎日、ちなつちゃんにちょっかい出すお前にだけは言われたくない」

京子「今日も突っ込みが冴えてるね、結衣にゃん!」

結衣「はぁ…」

京子「そう言えば、ちなつちゃんって妹じゃなかったっけ?」

結衣「…うん、そうだね」

京子「後、あかりも」

結衣「……」

京子「……」

京子「…黙るなよ」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 23:31:15.87 ID:RHEG3/7O0
京子「結衣、あの2人にお姉ちゃんのように慕われたら嬉しい?」

結衣「少なくとも、お前に『お姉たま』呼ばわりされるよりかは嬉しいよ」

京子「…さっきの、そんな根に持ってるの?」

結衣「お気に入りの子だって言っただろ?」

京子「許してよ、お姉たまぁ~」

結衣「また殴られたいの?」

京子「ちぇ、なんだよ」

京子「私は結衣のお気に入りになりたいだけなのに…」

結衣「まさか、ゲームの子に嫉妬してる?」

京子「そ、そんなんじゃないやい!」プイ

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 23:40:55.32 ID:RHEG3/7O0
翌日

京子「…と、言う訳で!」

あかり「んんっ!?」

京子「どうした、あかり。何かおかしなとこでもあったか?」

あかり「おかしなところも何も、京子ちゃんまだ何も話して無いよねぇ!?」

ちなつ「一体、何が『と、言う訳』なんですか?」

京子「いやぁ~、結衣の趣味を言いふらすのは良くないかなっと思ったので…」

京子「全部、私の回想で済ませておきました!」

あかり「それじゃ、あかり達には何も伝わらないんじゃ無いかなぁ!?」

ちなつ「結衣先輩の趣味って何ですか!?お、教えて下さいよっ!!」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/10(火) 23:54:25.34 ID:RHEG3/7O0
京子「まぁまぁ、2人共落ち着けって…」

京子「あかりもちなつちゃんも、普段結衣に迷惑かけてるだろ?」

あかり「一番迷惑かけてるのは、京子ちゃんだと思うんだけど…」

ちなつ「私、結衣先輩に迷惑なんてかけてないもん!」

京子「だから、ここらで1つ恩返ししてみない?」

あかり「結衣ちゃんに恩返しかぁ…」

ちなつ「いいですね。やりましょうよ、恩返し!!」

ちなつ「膝枕に耳掃除、マッサージまでしちゃうよ♪」

あかり「!!」ドキッ

あかり「そ、そこまでしたら結衣ちゃん遠慮しちゃうんじゃないかなぁ?」アセアセ

ちなつ「そうかな?」

京子「そうだよ、そういう事は結衣じゃなく私にすべきだ!」

ちなつ「京子先輩にはしたくありませんから」プイ

京子「ちぇ、なんだよ。釣れないなぁ~」

あかり「…命拾いしたね、京子ちゃん」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11(水) 00:08:58.42 ID:TDaE/hRF0
京子「あかりは、結衣への恩返しにどんな事をすればいいと思う?」

あかり「う~んと、あかりはねぇ……えへへ」

京子「まぁ、もう私が考えてあるんだけどね!」

あかり「じゃあ、なんで聞いたの!?」ガーン

ちなつ「どーせ、京子先輩の考える事なんてロクなもんじゃありませんよ!」

京子「いやいや、今日のは本当に結衣を喜ばす為だから!」

ちなつ「…信用しても、いいんですね?」

京子「おうよ!」

ちなつ「何か、かけますか?」

京子「んじゃ、私はあかりの左のお団子をかけるよ」

あかり「んんっ!?」

ちなつ「それじゃ、もし結衣先輩が喜んだら右のお団子あげますね!」

あかり「ちょっと、待ってよぉ!!」

京子「良かったな、あかりのお団子をあげるって提案が役に立ったぞ!」

あかり「あかり、そんな事一言も言ってないからぁ!!」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11(水) 00:22:03.77 ID:TDaE/hRF0
登校中

結衣「……」

結衣「…何故、私は1人で登校してるんだ?」

京子『結衣にはナイショであかり達に話をするから、結衣は先に行っててよ!』

結衣「はぁ…」

結衣「どーせ、あいつの考える事なんてロクなもんじゃないよな」

???「…だよう!!」

???「…ですわ!!」

結衣「んっ、校門で騒いでるのは…」

結衣「大室さんと、古谷さん?」

櫻子「あっ、船見先輩だぁ~」

向日葵「あら。おはようございます、船見先輩」ペコッ

結衣「2人共、こんな所で何を騒いでるの?」

櫻子「聞いて下さいよぉ~、向日葵が…」

向日葵「櫻子が、ですわよっ!!」

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11(水) 00:37:00.24 ID:TDaE/hRF0
櫻子「先に校門をくぐったのは自分だって、言い張ってるんです!」

結衣「…はっ?」

向日葵「あなたがどちらが先に入ったかを聞いたから、素直に答えたまでですわ!」

櫻子「どこが素直にだよ、向日葵が先にくぐったような言い方してただろう!?」

向日葵「事実、わたくしの方が先にくぐりましたもの!」

櫻子「なんだよ、証拠でもあんのかぁーっ!?」

向日葵「胸囲の差、ですわよ!」

櫻子「なっ」カチン

櫻子「普段コンプレックスとか言ってる癖に、こういう時だけ利用しやがって!」

向日葵「自分の体をどう使おうと、櫻子に文句を言われる筋合いはありませんわ!!」

結衣「あの…」

櫻子「きぇ~~、おっぱい禁止ぃ~っ!!」ポヨン

向日葵「きゃあ!?///」ビクン

向日葵「あなた、言い返せないからって胸を叩くのは止めなさいなっ!!///」

結衣「はぁ…」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11(水) 00:49:58.12 ID:TDaE/hRF0
結衣「ちょっと、2人共いいかな?」

櫻子「へっ?」

向日葵「はい?」

結衣「このままじゃ、拉致があかないから再戦しない?」

櫻子「再 ですか?
向日葵 戦ですの?」

結衣「2人共、ここから3歩下がって…」

櫻子「」スタスタ

向日葵「」スタスタ

結衣「よーーい…」

2人「「!!」」ヒクッ

結衣「どんっ!!」

櫻子「うおぉぉぉぉぉおお!!」
向日葵「負けませんわあぁ!!」

京子「ごぉ~~るっ!!」ダッ

3人「「「えっ?」」」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11(水) 01:00:43.27 ID:TDaE/hRF0
京子「はぁ…はぁ…」

結衣「きょ、京子!?」

京子「わったしっが、いっちばぁ~~んっ!!」

2人「「ポカーン」」

タッタッタ

ちなつ「ふふふ、私が二番だよ!」

あかり「うわ~ん、あかりは三番だよぉ!」

結衣「あかりに、ちなつちゃんまで…」

京子「結衣は馬鹿だなぁ、2人だけなら敗者と勝者しか居ないけど…」

京子「3人以上居れば、揉めてる2人を丸ごと敗者に出来るんだよん!」

結衣「はは。京子は相変わらず滅茶苦茶だなぁ」

櫻子「えっ、私歯は治せないよ?」

向日葵「それは歯医者ですわよ!」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11(水) 01:13:19.20 ID:TDaE/hRF0
京子「…と、言う訳で」

京子「敗者の2人には、勝者である私の言う事を1つ聞いてもらいます!」

櫻子「え゛ぇ!?」

向日葵「いつ、そのような取り決めが行われましたの!?」

京子「細かい事はいいじゃーん!」

京子「そこは、その大きなおっぱいのように関大な心で流してくれよ」ムニムニ

向日葵「いやぁ!!///」ビクン

結衣「おいこら、すぐそういう事するのやめろよな!!」ゴッ

京子「いでっ」パッ

櫻子「わぁ~、私はおっぱい小さいから聞かなくてもいいんですね!?」

あかり(小さい?)

ちなつ(無いの間違いでは?)

京子「ちっぱいちゃん、自分で言ってて悲しくない?」

櫻子「!!」ドキッ

櫻子「聞きます、聞かせて下さい~」ゲザァ

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11(水) 01:26:28.82 ID:TDaE/hRF0
結衣「本当、こいつのペースに乗せられたらおしまいだよな…」

京子「あっ、これからナイショの話するから結衣は先に教室行ってて」

結衣「またそれかよ!?」

京子「それもこれも、みーんな結衣の為なんだからね!」

結衣「はいはい、期待しないで待ってるよ」スタスタ

京子「もー、このツンデレさんめぇ~」

櫻子「先輩、ツンデレって何ですか?」

あかり「人前ではツンツンしてるけど、2人きりだとデレデレする人の事だよぉ」

向日葵「!!」ドキッ

櫻子「ふぇ~、あかりちゃん者知り~」

あかり「えへへ、あかりが解説しちゃったよ♪」

ちなつ「結衣先輩が京子先輩と2人きりの時にデレデレなんてあり得ませんから!!」

京子「ふっ…」

ちなつ「なんなんですか、その含み笑いは!?」

ちなつ「結衣先輩が京子先輩にデレデレだなんて、認めませんからねっ!!」

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11(水) 01:43:01.29 ID:TDaE/hRF0
教室

結衣「……」ソワソワ

千歳「船見さん、おはようさん」

綾乃「太陽さんさんサンフランシスコよ!」

結衣「ぶふっ」

綾乃(これ、イケるわねっ!?)

千歳(綾乃ちゃん、船見さんは基本何でも笑うで…)

結衣「2人共、私に何の用?」

千歳「いや~、歳納さんはどしたんかなって」

千歳「…綾乃ちゃんが」

綾乃「ち、千歳ーーっ!!///」カァー

結衣「はは、あいつならとっくに学校来てるよ」

綾乃「そ、そうなの?」ホッ

千歳「あはは、綾乃ちゃん今ホッとしたやろ?」

綾乃「べ、別に。歳納京子が船見さんと一緒じゃ無いから休みなのかしら、それは心配ね……とか、そんな事全然思って無いんだからねーーっ!?///」フシャー

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11(水) 01:57:29.67 ID:TDaE/hRF0
結衣「……」

結衣「ハッ!!」

京子『もー、このツンデレさんめぇ~』

結衣(もしかして、綾乃はツンデレなのか?)

綾乃「大体、何で私があいつの事心配しなきゃいけないのよっ!?///」ブツブツ

綾乃「理由が無いじゃないの、理由がっ!!///」

結衣(なるほど、京子の事が好きだからか…)

結衣(まさか『一緒に帰って噂されると恥ずかしいし』とか言っちゃう人なのか?)

結衣「綾乃、今日は京子と一緒に帰ってみない?」

綾乃「!!」ピクン

綾乃「……」プルプル

結衣「えっ」

綾乃「今日は…京子と…ふふ……」プルプル

結衣(今日は京子と…イケるなっ!!)

結衣(…あれ、私はさっきまで何を考えてたんだっけ?)

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11(水) 02:16:06.23 ID:TDaE/hRF0
京子「おはよーヨーロッパ!」ガラッ

結衣「……」シーン

京子「ッパ!!」

結衣「…何故、そこだけ繰り返した?」

綾乃「歳納京子、ちょっと来るのが遅いわよっ!!」

京子「わりぃわりぃ……って、なんで綾乃が怒るの?」

綾乃「!!」ドキッ

綾乃「そそそそれは、その……生徒会副会長だからに決まってるでしょ!?///」カァー

千歳「んふ~ふぅ~♪」ボタボタ

結衣「うわぁ!?」ビクッ

京子「ふぅ~ん、まぁいいや」

京子「悪いついでに、生徒会の1年生2人を今日1日借りていい?」

綾乃「か、構わないけど……あの2人に何の用があるの?」

京子「ナ・イ・ショ♪」ウィンク

綾乃(可愛い…///)

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11(水) 02:37:28.27 ID:TDaE/hRF0
放課後

京子「よし、全員娯楽部に集まったな?」

5人「「「「「……」」」」」」

京子「それじゃ、点呼を取るぞぉ~!」

あかり(これって、またあかりが忘れられるパターンなんじゃ無いかな…)

あかり(ううん、これはピンチじゃなくてチャンスだよ!)

あかり(ここであかりが1番を取って、存在感を発揮するんだから!)

あかり「いーちっ!!」

京子「いちじゃなくて、ワンと言えっ!!」

あかり「えぇ!?」ガーン

京子「ワンツーさんしー、基本だろ?」

あかり「うぅ…分かったよぉ……」

あかり「ワ、ワンっ!!」

京子「わぁ~、あかりわんわんだぁ~」

あかり「酷いっ!!」ガーン

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11(水) 02:58:13.64 ID:TDaE/hRF0
京子「ほんじゃ、作戦開始しますか!」

あかり「あれ、点呼はっ!?」

京子「いや、どう見たって全員居るじゃん?」

あかり「うわぁ~ん、またあかりだけ恥ずかしい思いしちゃったよぉ~」

あかり「」チラッチラッ

4人「「「「……」」」」

あかり「……」

京子「一区切りついたところで、ここから先は結衣に主役交代だ!」

結衣「おいこら、初めから主役は私だよ!!」

京子「あっ、そうだっけ?」ケロッ

京子「まぁ、結衣が一歩引いてくれてたお陰で」

京子「私とあかりじゃ、話が全っ然進まない事が証明されたよ!」

あかり「半分、あかりのせいなんだ…」

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11(水) 03:11:02.92 ID:TDaE/hRF0
結衣「はぁ、しょうがないなぁ…」

結衣「それじゃ、京子の言うナイショで準備していた出し物(?)を見せてくれよ」

京子「よし来た、トップバッターはあかりわんわん!」

あかり「気持ちを切り替えなくちゃ…」

あかり「……」

あかり「」キリッ

結衣(あかりがいつに無く真剣な表情に!?)

結衣(これは、私が思っているより真面目な事なのか?)

あかり「……」

あかり「」ニコッ

結衣「えっ」

あかり「えへへ、結衣……お姉ちゃ~ん♪」

結衣「……」

結衣「……」

結衣「…おぉ、あかりが妹だ!」

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11(水) 03:19:32.91 ID:TDaE/hRF0
あかり「結衣お姉ちゃん、結衣お姉ちゃん♪」ピョコピョコ

京子「どうだ、結衣。気に入ったか?」ニヤニヤ

結衣「うん、流石リアルの妹だね」

結衣「京子と違って、とてもふざけているようには見えないよ」

京子「ぐっ…」

京子「なんだか、あかりに負けたような複雑な気分だ」

あかり「結衣お姉ちゃん、結衣お姉ちゃん♪」ピョコピョコ

結衣「…でも」

結衣「あかり、他に何か無いの?」

あかり「えっ!?」ドキッ

あかり「う~んと、う~~んとねぇ…」

結衣「……」

4人「「「「「……」」」」」

あかり「結衣お姉ちゃん、行って来ま~す♪」ガラッ

京子「あっ、あかりが逃げた…」

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11(水) 03:32:49.92 ID:TDaE/hRF0
京子「気を取り直して…」

京子「2人目もリアル妹だよ、ちなつちゃ~ん!」

ちなつ「うふふ、結衣お姉様~」キラキラ

結衣「お、お姉様!?」ビクッ

ちなつ「結衣お姉様、チーナをあなたのスールにしてぇ」キラキラ

結衣「ちなつちゃんは妹と言うより、何かの役に入り込んじゃってるよ!」

結衣「顔まで、少女漫画風になってるし…」

ちなつ「結衣お姉様、ロザリオはどこにあるんですか?」

結衣「ロザリオって…」

結衣「京子、そんなの用意してあるの?」

京子「先生、打ち合わせと違うじゃないですかーっ!!」

結衣「アドリブかよっ!?」ガーン

ちなつ「そこ、ブラウスの中に閉まってあるのね?」サワサワ

結衣「ひぃぃーっ!!」ゾワゾワ

京子「ちなつちゃん、ストップストーップ!!」

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11(水) 03:46:47.94 ID:TDaE/hRF0
ちなつ「はぁはぁ…結衣お姉様ぁ…」サワサワ

結衣「あわわわわ…」ガクガク

京子「全員、ちなつちゃんを取り押さえるんだ!」

櫻子「任せて下さい、歳納先輩っ!!」スクッ

向日葵「わ、わたくしも!?」ドキッ

ガシッガシッ

ちなつ「ちょっと、今いいとこなんです離して下さい!!」

京子「こんなの、誰も望んで無いから!!」グイグイ

ちなつ「私が望んでるんです。結衣お姉様、結衣お姉様ぁ~」ガラッ

ピシャッ

結衣「はぁ…はぁ…」

京子「…どうだった?」

結衣「あれを見て、感想を聞くんだ?」

京子「一応…」

結衣「あの顔で間近に迫られたから、かなりの迫力があったよ」

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11(水) 04:04:05.93 ID:TDaE/hRF0
京子「さて、途中アクシデントもありましたが…」

京子「3人目もまたまたリアル妹、ちっぱいちゃ~ん!!」

櫻子「船見のねーちゃん!」

結衣「ぶっ」

結衣「…大室さん、それじゃ近所の子供だよ」

櫻子「ふぇ?」

櫻子「私、ねーちゃんの事をねーちゃんって呼んでるんですけど」

結衣「そうじゃなくて……あっ」

結衣「そもそも、2人は私の事を下の名前で呼んで無いんだっけ?」

結衣「大室さん、今日は…」

結衣「いや、これからも私の事を結衣って呼んでよ」

櫻子「へへ、了解です。結衣ねーちゃんっ!!」ビシッ

結衣「…あぁ、こういうタイプの妹もいいかも」

166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11(水) 17:05:24.99 ID:TDaE/hRF0
京子「おや、今までで一番反応いいんじゃない?」

結衣「…かもね」

結衣「正直、あかりやちなつちゃんは元々妹みたいなものだったし」

京子「それ、あかりは兎も角ちなつちゃんが聞いたらショック受けるよ?」

結衣「そうかな、今の私は妹にしか興味ないんだけど」

京子「私は土俵にすら立ててないのかよ!?」ガーン

櫻子「つまり、妹代理である私は結衣ねーちゃんに愛されてるって事ですか!?」

結衣「大室さんさえ、迷惑じゃなければ…」

櫻子「そんなぁ、私の前世から来世まで愛しちゃって下さいよ~っ!!」

結衣「はは、今度は姉妹になれるといいね」ナデナデ

櫻子「へへへ~、結衣ねーちゃんはウチのねーちゃんと違って優しいや♪」ウキウキ

向日葵「……」

176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11(水) 17:37:49.96 ID:TDaE/hRF0
京子「では、結衣の壮絶なカミングアウトが聞けたところで…」

結衣「おいこら、私がおかしな事を言ったような言い方するなよ!」

結衣「1人っ子の妹への憧れなんて普通だろ?」

京子「私も1人っ子だけど、妹が欲しいなんて思ったこと無いよ?」

京子「なんせ、自分1番ですから!!」

結衣「それこそ、カミングアウトだろ!」

京子「スーパーナルシスト・京子ちゃん!!」

櫻子「うはぁー、それ超格好いいじゃないですか!?」

結衣「うわっ、食い付いて来た!?」ビクッ

京子「だろぉ~?」ドヤァ

櫻子「それで、一体どういう意味なんですか!?」ワクワク

結衣「凄い自己中な京子」

京子「その言い方、明らかに悪意あるだろ!?」ガーン

結衣「妹好きを馬鹿にした報いだよ、スーパーナルシスト・京子」

向日葵「……」

181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11(水) 17:58:52.39 ID:TDaE/hRF0
京子「こうやって、適度にじらしつつ…」

京子「ラストォ、おっぱいちゃん!」

向日葵「……」

向日葵「……」

京子「…あれ?」

京子「おっぱいちゃんの番だよ」

京子「ほら、そこのシスコンに『お姉たま』って言ってやりなよ」

結衣「後で覚えてろよ」

向日葵「……」

櫻子「なんで黙ってるんだよう、向日葵?」

結衣「…古谷さん?」

向日葵「わたくし……じゃ、ありませんの」

結衣「えっ?」

向日葵「わたくしは、妹じゃありませんのよ!!」

188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11(水) 18:18:54.42 ID:TDaE/hRF0
京子「な、なんだってぇーー!?」ガーン

京子「それでは、シスコマンダー・結衣を満足させる事が出来ないじゃないか!」

櫻子「シ、シスコマンダー!?」ピクン

結衣「あぁ、また変な肩書きに大室さんが反応してる…」

結衣「古谷さん、私は別にリアルな妹にこだわってる訳じゃないよ」

向日葵「いえ、そうではなくて…」

向日葵「こちらの問題ですわ」

結衣「…古谷さんの?」

京子「して、その問題とは!?」ワクワク

向日葵「人を姉のように呼んだ事が無いものですから…その……」モジモジ

向日葵「恥ずかしいん…ですの///」カァー

3人「「「……」」」シーン

櫻子「…うわ、ブリっ子きもっ」

向日葵「うるさいわねぇ、恥ずかしいものは恥ずかしいんですわっ!!」

196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11(水) 18:42:52.10 ID:TDaE/hRF0
結衣「え、えっと…」

結衣「それじゃ、どうしたら私の事をお姉ちゃんって呼んでくれるのかな?」

向日葵「それは…」

京子「おやぁ~?」ニヤニヤ

京子「さっきまで、淡々とこなしているような素振りだったのに」

京子「結局、結衣もノリノリなんじゃないか!」

結衣「…それは、否定出来ないかも」

向日葵「わたくしには、やっぱり無理…」

櫻子「仕方ないなぁ、駄目駄目駄目な向日葵に櫻子様がお手本を見せてやろう!」

向日葵「なっ!?」カチン

櫻子「結衣ねーちゃ~~ん♪」ダキッ

結衣「うわっ!?」ビクッ

櫻子「どーだ!これなら、ブリっぱいにも分かるだろう?」

向日葵「くっ…」ギリリ

向日葵「たかが船見先輩を姉呼ばわりしただけで、調子に乗りすぎですわっ!!」

199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11(水) 18:58:46.88 ID:TDaE/hRF0
向日葵「分かりました、船見先輩の事を姉と呼びますわよ!」

結衣「おぉ、流石ライバル同士だね」

向日葵「ただし、条件として櫻子には退出願いますわ!」

櫻子「なんだとぉ~!?」

櫻子「先輩方、向日葵の言うことなんて聞く必要ありません!」

京子「……」

櫻子「そうだ、拷問して無理矢理言わせちゃいましょうよぉ~」

京子「…ちっぱいちゃん」

櫻子「なんですか、歳納先輩?」

京子「外に行って、あかりとちなつちゃんと一緒に反省会やってて」

櫻子「そんなぁ…」

櫻子「結衣ねーちゃんは、私の事を見捨てませんよね!?」

結衣「大室さん…」

結衣「後で、いっぱい遊んであげるよ」

櫻子「うわぁぁ、グレてやるぅぅぅ!!」ダッ

201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11(水) 19:14:18.29 ID:TDaE/hRF0
向日葵「ふぅ、清々しましたわ!」

京子「…それで」

京子「おっぱいちゃんは結衣の事、なんて呼ぶの?」

向日葵「えっ、あの…その……」

向日葵「ふ、船見先輩のリクエストに従いますわよ///」

結衣「私は別に何でもいいけど」

京子「お姉たまでいいじゃん!」

結衣「!!」ドキッ

向日葵「…はっ?」

京子「結衣は、お姉たまが一番好きなんだよねぇ~」

結衣「おいこら、そういうこと言いふらすなよ!!」

向日葵「船見…先輩……?」

結衣「違うんだよ、古谷さん。それはあくまでゲームの話であって…」

京子「お姉たま、お姉たま、お姉たまぁ~」ニヤニヤ

結衣「」イラッ

205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11(水) 19:29:07.10 ID:TDaE/hRF0
ゴッ


ーーーーー

京子「…と、言う訳で」プスプス

京子「私も追い出されてしまいましたとさ!」

あかり「へぇ、結衣ちゃんはお姉たまがお気に入りなんだ…」

ちなつ「それじゃ、今部室は結衣先輩と向日葵ちゃんの2人きりなんですか!?」

櫻子「結衣ねーちゃんを独り占めなんて、向日葵ずりぃー!!」

京子「まぁまぁ、結衣さんは妹好きらしいし…」

京子「リアル妹にはかなわないっしょ!」

ちなつ「きゃーーっ、それ本当ですかぁ!?」

櫻子「あっ、それ私も聞いたから本当だよ!」

あかり「…あれ?」

あかり「でも、京子ちゃんは1人っ子だよねぇ?」

京子「うん、泣いていい?」

242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11(水) 21:49:40.67 ID:TDaE/hRF0
京子「もういっそのこと、誰かの妹になっちゃおっかな?」チラッ

ちなつ「?」キュルン

京子「ちなちゅお姉ちゅあ~ん!」ダキッ

ちなつ「ちょっと止めて下さいよぉ~、京子…」グイグイ

ちなつ「先・輩っ!!」ドンッ

京子「うわぁ~~!!」

京子「どうして私は、ちなつちゃんの先輩に生まれてしまったんだぁ!?」

京子「どなたか、3年生の方を知りませんか~」

櫻子「確か、ウチの生徒会長が3年生ですよ!」

京子「なぬぅ!?」ピクン

京子「よっしゃ~、生徒会室に妹になり行くぞぉ~!!」

京子「ばびゅーーんっ☆」ダダッ

シーン

3人「「「……」」」

あかり「…反省会、しよっか?」

249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11(水) 22:00:04.55 ID:TDaE/hRF0
結衣「……」

向日葵「……」

結衣「…あっ」

向日葵「えっ?」

結衣「いや」

向日葵「はい?」

結衣「うん…」

向日葵「……」

結衣「……」

結衣(京子を追い出したのはいいけど…)

結衣(古谷さんと2人きりで、お姉ちゃんと呼ばせるなんて気まず過ぎるだろ!!)

向日葵「…ふふっ」

結衣「えっ!?」ビクッ

向日葵「これでは拉致が開きませんわね」ニコ

結衣「あはは、そうだね…」

257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11(水) 22:32:31.32 ID:TDaE/hRF0
向日葵「それで、先程の件ですが…」

向日葵「やはり、歳納先輩の仰っていた呼び方が宜しいんでしょうか?」ヒクヒク

結衣「そ、それはいいよ!!」ガタッ

結衣「あいつの言ってた事は忘れてくれていいから!」アセアセ

向日葵「それは、安心しましたわ」ホッ

結衣「…ごめんね、古谷さん」

結衣「こんな罰ゲームみたいになっちゃって」

向日葵「いえ、そんな…」

向日葵「船見先輩は一人っ子と仰られてましたし」

向日葵「わたくしのような妹持ちに分からないような…その……」

向日葵「とても寂しい想いをしていたと思うと、ほっとけませんもの!」

結衣「古谷さん…」

結衣(まさか、ギャルゲーの影響で妹好きに目覚めたなんて言えないよな)

結衣(…いや、元々小さい子を好きではあったけど)

265: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11(水) 22:48:47.67 ID:TDaE/hRF0
向日葵「それにしても、困りましたわねぇ…」

向日葵「船見先輩の事を、どのように呼んで差し上げれば宜しいのか」

結衣「古谷さん、さっき妹が居るって言ってたけど」

結衣「その妹の呼び方を参考にしてみるのはどうかな?」

向日葵「わたくしの妹の呼び方を…」

向日葵「……」

楓『向日葵お姉ちゃん♪』

向日葵『結衣お姉ちゃん♪』

向日葵「///」ボッ

結衣「うわぁ!?」ビクッ

向日葵「むむむむむ無理無理、そんなの呼び方絶対に出来ませんわよっ!!///」カァー

結衣「えっ、あぁ、そうなの?」

向日葵「はぁ…はぁ…」

結衣(普段、一体どんな呼ばれ方されてるんだ?)

271: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11(水) 23:07:28.18 ID:TDaE/hRF0
向日葵「まさか、妹がここまでハードルの高いものだとは思いませんでしたわ…」

結衣(今のセリフ、『お姉たま』を聞いた瞬間連呼した京子に聞かせてやりたい)

向日葵「……」ズーン

結衣「ハッ!!」

結衣「そ、それじゃあさぁ!」

結衣「私の事を如何に恥ずかしくないよう呼ぶか、じゃなくて」

結衣「仮に古谷さんに姉が居たらどんな風に呼んでたか、を考えてみない?」

向日葵「わたくしに姉が居た場合…ですの?」

結衣「そう、一度くらいは姉が居たらって考えた事ないかな?」

向日葵「確か小さな頃に一度、大室さんのお姉さんを見て…」

向日葵「……」

向日葵「…お姉さん」

向日葵「そうですわ、わたくしが姉を呼ぶのでしたら『お姉さん』ですわよ!」

結衣「おぉ、お姉さんか…」

結衣「うん、古谷さんらしくていいね!」

287: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11(水) 23:38:33.81 ID:TDaE/hRF0
向日葵「ふぅ、やっと決まりましたわ!」

結衣「それじゃ、さっそく言ってみて欲しいな」

向日葵「はい、では……お姉」

結衣「……」ジー

向日葵「ちょっ!?///」ドキッ

結衣「…えっ?」キョトン

向日葵「そんな、ジッと見つめられたら照れますわよ!///」

結衣「ご、ごめん。別に、古谷さんの邪魔をしようとした訳じゃなくて!」アセアセ

結衣「いざ、古谷さんに『お姉さん』って呼ばれると思うと緊張するんだ…」

向日葵「あの船見先輩が……緊張を?」

結衣「そんな意外そうな顔しないでよ、私だって人間だよ?」

向日葵「す、すみません。わたくし、そんなつもりでは…」

結衣「はは、いいよ。これでおあいこかな?」

向日葵「船見先輩…」

293: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/12(木) 00:06:34.71 ID:0eT6/+Jt0
結衣「緊張すると、見つめちゃうみたいだから」

結衣「言い終わるまで、私は目を瞑ってるね」ツムリ

向日葵「気をつかわせてしまい、申し訳ありませんわ」

結衣「じゃあ、改めてお願いするよ。古谷さん」

向日葵「……」

結衣「……」

向日葵「……」ゴクッ

結衣(あっ、今唾を飲んだ)

向日葵「……」

向日葵「…おねすっ」

向日葵「///」ボッ

結衣(あぁ、噛んじゃったよ…)

向日葵「ふぅ…ふぅぅぅ……」スーッハーッ

結衣(頑張って、古谷さん!)

向日葵「……」

300: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/12(木) 00:30:46.84 ID:0eT6/+Jt0
ガラッ

櫻子「反省会おっわりぃ~♪」

あかり「えへへ、ちなつちゃんを説得するのに時間かかっちゃったよぉ」

ちなつ「最後の砦『お姉様』は守り抜きましたよ、結衣お姉…」

2人「「……」」

ちなつ「……」

結衣「あっ」

向日葵「あっ」

ちなつ「えええぇぇぇぇぇええ!?」ガーン

櫻子「おい、向日葵。結衣ねーちゃんと見つめ合って、何やってたんだよう!?」

向日葵「ななな何って、わたくし達は特別何もしていませんわよ!?///」

結衣「そうだよ。私はさっきまで目を瞑ってたから、見つめあってはいないよ!」

櫻子「へっ、そうなんですか?」キョトン

櫻子「なぁ~んだ、2人が向かいあってるから勘違いしちゃったん♪」

結衣「…ふぅ」ホッ

305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/12(木) 00:50:53.05 ID:0eT6/+Jt0
あかり「…あれ?」

あかり「でも、なんで結衣お姉ちゃんは目を瞑ってたの?」

結衣「いや、目を開いてると古谷さんが照れちゃうからさぁ」

ちなつ「向日葵ちゃんが、照れる?」

櫻子「う~ん、ますます訳分かんない」

櫻子「あかりちゃん、ちょっと私と向かい合って目を閉じてよ!」

あかり「こう?」ツムリ

櫻子「……」

あかり「……」

ちなつ「…ちょっと、これって!?」

2人「「ハッ!!」」ドキッ

あかり「えっ、えっ?」パッ

櫻子「ちなつちゃん。2人が何をしてたのか、分かったの?」

ちなつ「もしかして結衣お姉様、向日葵ちゃんと」

ちなつ「キス、しようとしてたんですかぁーーっ!?」

319: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/12(木) 01:28:40.20 ID:0eT6/+Jt0
あかり「結衣お姉ちゃんと向日葵ちゃん、キスしちゃったのぉ~~!?///」アセアセ

櫻子「私を追い出して結衣ねーちゃんとキスするとか、ふざけんなよぉ!!」バタバタ

結衣「みんな、少し落ち着きなよ!」

向日葵「そうですわよ、誤解ですわ!」

向日葵「わたくしと船見先輩はまだ、そういう関係じゃありませんのよ!」

ちなつ「まだ、そういう関係!?」ピクン

ちなつ「ちょっと、それどういう意味よ!?」

向日葵「いえ、ですから船見先輩とわたくしは姉妹関係では無いと…」

ちなつ「姉妹じゃないなら、なんなのよ!?」

あかり「恋人…かなぁ?」

櫻子「キスしようとしてたし…」

ちなつ「こここここ恋人ですってぇーーっ!?」ガーン

結衣「うわっ、コンボが繋がった!!」

向日葵「この子達は、何故そう悪い方向に事を運びやがりますの!?」

326: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/12(木) 01:57:28.73 ID:0eT6/+Jt0
ワーワー

結衣「はぁ…」

結衣「これ以上騒ぐと、お姉ちゃん怒るよっ!!」カッ

3人「「「!!!」」」ビクッ

向日葵「!!」キュン

結衣「みんなが妹である限り、私は絶対みんなの事を裏切ったりしないから!!」

あかり「結衣お姉ちゃん…///」ドキドキ

ちなつ「結衣お姉様…///」ドキドキ

櫻子「結衣ねーちゃん…///」ドキドキ

向日葵「船見…先輩……///」ドキドキ

結衣(ふふ。シスター・クインセブンの名台詞、一度言ってみたかったんだ!)

330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/12(木) 02:24:51.83 ID:0eT6/+Jt0
結衣「よし、これからみんなで私の家に行こう」

結衣「流石に、一緒に住もうとまでは言えないけど」

結衣「それでも、ここに居るよりはずっと雰囲気が出るハズだからさ」

あかり「わぁ~い、結衣お姉ちゃんちで遊んで貰えるよぉ♪」

ちなつ「ふふふ、今日は妹としてワンランク上のイベントを狙うよ☆」

櫻子「結衣ねーちゃんの家に一番乗りして、ご褒美貰うぞぉーーっ!!」ダッ

結衣「えっ!?」

ちなつ「櫻子ちゃん、抜け駆けはズルいよっ!!」ダッ

あかり「うわはぁ~ん、あかりを置いてかないでよぉ~」タッタッタ

向日葵「お待ちなさい、櫻子っ!!」

向日葵「あなたはそもそも、船見先輩の家を知らないでしょーーっ!?」

シーン

向日葵「…みんな、行ってしまわれましたわ」

結衣「はぁ、しょうがない妹達だなぁ」

向日葵「全くですわね」

332: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/12(木) 02:40:21.30 ID:0eT6/+Jt0
結衣「あれ、古谷さんは行かないの?」

向日葵「はい、あの子達に足並みを揃えるメリットがありませんもの」

結衣「ご褒美は、欲しくないの?」

結衣「みんながノリノリな以上、ちゃんとあげるよ」

結衣「夕飯のメニューの決定権とか、そんなもんだけど」

向日葵「あら、ご褒美ならもう貰っていますわよ?」

ギュッ

結衣「!!」ドキッ

結衣「ちょ、古谷さん!?」

向日葵「出来るだけゆっくり、時間をかけて歩きましょうね」





向日葵「…お姉さん///」ポッ




お わ り !