1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/23(火) 15:58:53 ID:bvezg81c
※スレタイにダンスと書きながら、ダンスの描写はほぼ無し。 意味不


ハンジ「大丈夫?エレン」

エレン「は…はい…」

ハンジ「リヴァイは歯止めの利かないおっさんだからね」

ハンジ「ともあれこうして生きていられるんだから許してあげてね」

エレン「は…はい」

リヴァイ「おい」ドカッ

エレン「! は、はい」 



進撃の巨人(19) (週刊少年マガジンコミックス)
講談社 (2016-04-08)
売り上げランキング: 3
3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/23(火) 15:59:50 ID:bvezg81c
リヴァイ「俺を憎んでいるか?」

エレン「いえ…必要な演出として理解しています」ビクビク

リヴァイ「ならよかった」


エルヴィン「ミケ…あれもってこい」

ミケ「わかった」スタスタ


エレン(…? 何を話しているんだ?) 


4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/23(火) 16:00:45 ID:bvezg81c
ミケ「エルヴィン…持ってきたぞ」

エルヴィン「ごくろう」


エレン(…?)

リヴァイ「エレン」

エレン「はいっ」ビクッ

リヴァイ「…まあそう怯えるな」

ハンジ「仕方ないよー」

リヴァイ「…チッ」 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/23(火) 16:01:48 ID:bvezg81c
ハンジ「さて、実はエレンに見せたいものがあるんだ」

エレン「俺に…ですか?」

ハンジ「うん。きっとこれをみれば元気がでるよ」

エレン「元気…ですか」

エレン(そういやエルヴィン団長が持ってこさせたのって…)チラッ

エレン(CDプレーヤー?)

リヴァイ「てめえら…配置につけ」

「「「「…」」」」バラバラ

エレン(…? いったい何をするんだ?) 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/23(火) 16:02:46 ID:bvezg81c
リヴァイ「準備はいいか?」

エルヴィン「もちろんだ」

リヴァイ「…ミュージック」

エルヴィン「…スタート」

カチ

デン!

エレン「!」

デン! デン! デンデンデン!

「「「「ハァーーーーイ!!!」」」」

エレン「!?」 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/23(火) 16:03:55 ID:bvezg81c
リヴァイ「どきゅーん ずきゅーん むねっうーつー」

リヴァイ「眼差しはぁかなりぃぃぃぃぃぃぃい↑↑!!」


エレン「!?!?」

リヴァイ「ちょうはつてぇきなやぁつぅだぁ」ンバンバ

エレン「!?!?」

リヴァイ「めっだつんだ パーーリィィィィィッ」

リヴァイ「ごきげん!」

「「「「ハァーーーーーン!!」」」」

エレン(奇行種…?) 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/23(火) 16:05:15 ID:bvezg81c
リヴァイ「まぶい まるぅい むねっにーはー」

リヴァイ「たくらみがぁ かなりぃぃぃぃぃぃいい↑↑!!」

リヴァイ「あっふれてるっよなやぁつぅだぁ」

リヴァイ「デンジャァッなレイデーー」

リヴァイ「ごきげん! だーぜーー…」

WoW WoW WoW Yeah-♪


エレン(なんだなんだなんなんだ…!?) 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/23(火) 16:06:33 ID:bvezg81c
~間奏~♪

エレン(なんだこの集団…)

エレン(俺は確か…審議所の地下牢にいて…裁判をうけて…)

エレン(そして調査兵団のトップクラスの人達が集まってるこの部屋に連れて来られた)

エレン(なのに…どうしてこの人達は今ダンスをしている!?)

リヴァミケエルハン「」バババッ

エレン(ハンジさんは元気がでるって言ってたな…)

エレン(確かに元気がでるようなダンスかもしれない…だけど、今見せ付ける必要はあるのか!?)

エレン(くそっ…頭が割れそうだ…何も理解できねえ…)

ハンジ「エレンッ!」トビチルアセッ

エレン「っ!!!」 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/23(火) 16:08:06 ID:bvezg81c
ハンジ「ほらほら! 考えてても無駄だよ!」

ハンジ「ダンスは考えるんじゃなくて、感じるんだ!」

ハンジ「レッツトライ!」

エレン「え?え?え…?」

リヴァイ「よせ…ハンジ」

エルヴィン「そうだ。エレンはまだ子供だ」

ミケ「…」 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/23(火) 16:08:57 ID:bvezg81c
ハンジ「エレン。私達が今踊ってるダンス、わかる?」

エレン「いえ…見たこともありません」

ハンジ「だってさ」ボソッ

リヴァイ「ちっ…時代を感じるな」ボソッ

エルヴィン「まったくだ…」ボソッ

ミケ「時が過ぎるのは早いな…」ボソッ

ハンジ「私のしわも歳を刻んだのかな…」ボソッ

エルヴィン「私は…」ボソッ

エレン「?????」 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/23(火) 16:10:14 ID:bvezg81c
エレン(何なんだ…何なんだよこれ…!!)

エレン(ぐっ! 頭痛が…!)ズキンッ

ハンジ「エレン! もうそろそろ歌入るから!」

エレン「えぇ!?」

リヴァイ「…」スーーーッ

エルヴィン「…よく聴くんだエレン」

ミケ「リヴァイの歌声は滅多に聴けない」

エレン(調査兵団は奇人変人の巣窟だ…!) 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/23(火) 16:11:41 ID:bvezg81c
Wow Wow Wow Yeah~♪

リヴァイ「ナーッシン バット サムシーング もぉとめてる~」

リヴァイ「実は 愛されーたーいー」

リヴァイ「皆 おんっなじきーもちでぇぇぇぇー」ピョン

エレン(皆一斉にジャンプした…!)

エレン(・・・)チラッ

エレン(ヅラも…!)

リヴァイ「踊る スルーーーーザ ナァァァァァァァァアアイ!」

エレン(待てよ…)

エレン(そうだ…このダンスだって何か意味があるんじゃないか?) 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/23(火) 16:12:49 ID:bvezg81c
エレン(それもそうだ…この人達は仮にも壁外で何年も生き残ってきた猛者…)

エレン(そんな人達がこんな無意味なことをするか?)

エレン(…このダンスには何かしらの意味が込められてる…?)ジーッ


エレン(きっと普通の人がこの光景を見れば気が触れたダンス集団に見えるかもしれない)

エレン(けど、俺にはわかる…なんとなくだけど、俺に何かを伝えようとしている)

エレン(このダンスを通じて…俺は…!)ジーッ 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/23(火) 16:13:49 ID:bvezg81c
ハンジ(どうやらエレンもこのダンスに興味をもったみたいだね)

ハンジ(エレンも交えて踊りたいな)

リヴァイ(…ガキが)

エルヴィン(ヅラが…)ズルッ

ミケ(歌詞どんなんだっけ…。口パクでいいか)

ハンジ(…次は私か) 



17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/23(火) 16:15:16 ID:bvezg81c
RAP

ハンジ「なーんてこった かなりはまってる! 朝と帰りのラッシュが死ぬほど嫌いな俺!」

エルヴィン「そのくせこんな風にひしめきあうクラブでリズムに泳ぐのが」

「「「「グーッ!」」」」

リヴァイ「もう! 今週だって月曜以外はっ 通い詰め 汗が気持ちいーッてのも本音だけど」

リヴァイ「一個だけっ 気になることがある」

リヴァイ「それが」

「「「あ い つ !」」」 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/23(火) 16:15:52 ID:bvezg81c
―――省略ー―― 

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/23(火) 16:16:35 ID:bvezg81c
リヴァイ「ばくーん どくーん 高なーるぅぅぅぅぅ」

リヴァイ「俺の鼓動 かなりぃぃぃぃぃぃいい↑↑!!」

エルヴィン(ここの上体を反らして回転する動き…私には辛いものがある)グルングルン

エルヴィン「あっ」ズルッ

パサッ・・・

ミケ(!? エルヴィンのヅラが俺の足元に!?)

ミケ「あっ」ズルッ ブワッ

ドシーン 

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/23(火) 16:17:32 ID:bvezg81c
リヴァイ「!?」クルッ

ハンジ「!?」クルッ

ミケ「ぐ・・・足首が・・・!」

エルビン「すまない・・・すまない・・・!」

エレン(ヅラが・・・! そんな偶然・・・!) 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/23(火) 16:18:16 ID:bvezg81c
ヅラ「」ヒュー

エレン(蒼穹を舞う…ヅラ!)

エルビン「!」スポッ

エルヴィン「おぉ…」ホッコリ

ミケ「足が…あああ…」ジタバタ

エレン「ミケさん…!」 

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/23(火) 16:19:31 ID:bvezg81c
ハンジ「…どうすんのリヴァイ!」

ハンジ「エルヴィンとミケが・・・!」

リヴァイ「落ち着け・・・」

ハンジ「くっ…」

エレン(ハンジさんが・・・あのハンジさんがあんなに取り乱して・・・!)

ハンジ「もうダンスは・・・!」

リヴァイ「落ち着けといっている」

エレン(・・・!) 

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/23(火) 16:20:11 ID:bvezg81c
リヴァイ「まだ俺たちが残っている」

リヴァイ「お前は二人踊れなくなったぐらいで諦めるのか? その程度か? 諦めたらそこでダンスは終了だ」

リヴァイ「まだだろう。俺たちの…」

リヴァイ「人類としての踊りを魅せろ」

ハンジ「!!」

エレン(リヴァイ兵長…!) 

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/23(火) 16:21:30 ID:bvezg81c
ハンジ「そうだね…よし!」メラメラ

リヴァイ「遅えぞクソめがね…」


エレン(何となくわかってきた…)

エレン(そうだ。この調査兵団が俺に伝えたいこと…それは)

エレン(壁外での心のもち方。生き方) 

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/23(火) 16:22:19 ID:bvezg81c
エレン(まず・・・エルヴィン団長のヅラ騒動…)

エレン(あれは予測不可能な事態がいつどのように発生するかわからない…)

エレン(俺はまだ新兵だから解釈は間違ってるかもしれないけど、たぶんそうだ)

エレン(そして、ミケさんはその犠牲になった…)

エレン(人類屈指の実力者でもどのようになるかはわからない)

エレン(事実、あのミケさんがすってんころりんして足を痛めた)

エレン(これは多分そういうことを示している…と思う) 

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/23(火) 16:25:01 ID:bvezg81c
エレン(そして…皮肉にもミケさんの事故によってエルヴィン団長がヅラを取り戻し、笑顔も取り戻した)

エレン(誰かの犠牲は誰かの糧になる…)

エレン(そういうことを身を持って見せてくれた…)

エレン(…ということか…?) 

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/23(火) 16:26:33 ID:bvezg81c
エレン(そして…奇人ハンジさんのうろたえ…)

エレン(ハンジさんだってうろたえるんだ…人間なんだ)

エレン(とんだ変人だと思っていたけど、ちゃんと人の情があるんだ)

エレン(人を見た目で判断してはいけない…)

エレン(つまり、物事を見た目だけで決めるのではなく、奥底まで見ることが大事)

エレン(そういうことを示している)

エレン(そして…乱れたその場を収めたリヴァイ兵長)

エレン(厳しい人かと思っていたけど、そうでもないみたいだ)

エレン(しっかりとその場の状況を見て迅速な行動ができる…)

エレン(さすが…人類最強の兵士) 

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/23(火) 16:27:13 ID:bvezg81c
――――――――
―――――
――

ハンジ「ハァ…ハァ…」

リヴァイ「…」

エルヴィン「フゥ…フゥ…」

ミケ「」

エレン「すごい…すごいですよ皆さん!!」パチパチ

「「「!!」」」 


30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/23(火) 16:28:59 ID:bvezg81c
エレン「俺…感動しました…」ウッウッ

ハンジ「…そう…?」

エレン「はい…!」

ハンジ「そっか…嬉しいなぁ…」

エルヴィン「それはよかった」

リヴァイ「…フン」

ミケ「」 

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/23(火) 16:29:40 ID:bvezg81c
こうして調査兵団のトップの面々はエレンの信頼をもぎ取り、お互いに心と心で繋がった間柄になった。

エレンはあの日からダンスの腕を磨いている…


ハンジ「ねえリヴァイ」

リヴァイ「なんだ」

ハンジ「…リヴァイ班のほうはどう?」

リヴァイ「…順調だ」 

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/23(火) 16:30:11 ID:bvezg81c
リヴァイ「班の奴らと上手く踊れない程度じゃこの先やっていけねえ…」

リヴァイ「…ダンスも悪くねえ」ホノボノ

ハンジ「そうだよねぇ~…」ホノボノ 

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/23(火) 16:31:19 ID:bvezg81c
――――旧調査兵団本部――――

エレン「ここが俺の初の実践場…!」ドキドキ

ハンジ「…頑張れエレン」

ハンジ「リヴァイ班と上手く打ち解ける…そう信じてるよ」

エレン「…はい!」

リヴァイ「…いってこい」

ポンッ

エレン(…よし…!) 

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/23(火) 16:32:28 ID:bvezg81c
エレン「失礼します!」ガチャッ

「「「「来た…!!」」」」


オルオ「やっと来たか…。俺の美声を―――――」

ペトラ「ちょっとオルオ…わかってる? 私がメインボーカルだからね」

オルオ「…」

エルド「まあまあ落ち着けよ」

グンタ「そうだ。そんなことよりだな…」 

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/23(火) 16:33:23 ID:bvezg81c
オルオ「グンタ!エルド!」

グンタ「わかってる。そう焦るなよ」

エルド「…ミュージック」

グンタ「…スタート」

カチ

デン!

エレン(…! この感覚…!)

エレン(そして…このタイミング…!)

デン! デンデンデン!

「「「「「ハァーーーーイ!!」」」」」

~♪

――――
―――
―― 


36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/23(火) 16:34:10 ID:bvezg81c
飛び散る汗…輝く瞳…

空を舞う埃…楽しい時間…

ダンスによって離れた心は一つに…


    終