1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/06(火) 01:18:32.06 ID:TRkxLFb/0


 ――事務所


伊織「」ソワソワ

P「どうした、伊織。トイレでも我慢してるのか?」

伊織「違うわよ、バカプロデューサー」


 ガチャ


やよい「ただいま戻りました~!」

伊織「」ガタッ

P「おかえり、やよい」

やよい「はいー! あ、伊織ちゃーん!」

伊織「おっ! おおおおつかれやよい!」

やよい「? どうしたの、伊織ちゃん?」

伊織「べべ別に、なんでもないわ! なんでも」

やよい「そうなの?」

伊織「あ! やっぱナシ! アリよ! ありまくりよ!」

やよい「???」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1375719511

引用元: P「基本のやよいおり」 


 

PETIT IDOLM@STER Twelve Campaigns ! Vol.1 高槻やよい&やよ + 水瀬伊織&いお
高槻やよい&やよ(CV:仁後真耶子) 水瀬伊織&いお(CV:釘宮理恵) 仁後真耶子 釘宮理恵
メディアファクトリー (2014-05-28)
売り上げランキング: 106,440
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/06(火) 01:19:21.92 ID:TRkxLFb/0

伊織「や、やよい!」

やよい「はいっ!」

伊織「今日は何の日!?」

やよい「うっうー! もやしまつりです!」

伊織「そう! そうよね……よかった……」

やよい「もやしまつりがどうかしたの?」

伊織「やよい。以前あなたに招待してもらったもやしまつりは楽しかったわ」

やよい「うん!」

伊織「だ、だから、今日はその…………お、お礼をしてあげる!」

やよい「えぇっ!? お礼なんていいよぉー!」

伊織「ダメ! 私がしたいって言ってるんだから」

やよい「う、うん」

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/06(火) 01:19:58.82 ID:TRkxLFb/0

伊織「そう、私はもやしまつりが楽しかった」

やよい「いおりちゃん?」

伊織「だから、今日のもやしまつりは、水瀬家で開催させてもらうわ!」

やよい「えぇー!? 伊織ちゃん家でもやしまつりですかー!?」

伊織「そうよ、もちろんお金はウチで負担するわ」

やよい「あ、でもでも、ウチのごはん作らなきゃー……」

伊織「何言ってるのよ、やよいの家族みんなご招待に決まってるじゃないの」

やよい「み、みんな……伊織ちゃん、お金はだいじょうぶなの?」

伊織「アンタねぇ……前にやった時は二千円かかってないじゃないのよ」

やよい「そ、そうだよね。伊織ちゃん家はお金持ちだったもんね。うっうー! お金持ちってすごいです!」

伊織「……」グスッ

やよい「はわっ! 伊織ちゃん、どうして泣いてるの!? お腹痛いの!?」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/06(火) 01:20:31.44 ID:TRkxLFb/0

伊織「な、なんでもないのよ。さぁ、外に車を用意しているわ。早く行きましょう」

P「あ、あのぅ、伊織……さん」

伊織「あら、いたの変態プロデューサー?」

P「いや、この後ライブの打ち合わせを――」

伊織「あ?」ギュッ

P「あぅっ! ありがとうございますっ/// じゃなくて、あ痛っつぅ/// 今日この後……」

伊織「なに?」ギュゥゥ

P「オフッ/// あ、明日! 明日の朝ヒュンッ!」

伊織「あんだって?」ギュギュゥ

P「す、好きな時間ッ! 好きな時間にお願いしますッ!!」

伊織「プロデューサー、だーいすきっ♪(裏声)」クギュッ

P「い、胃薬、胃薬……」

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/06(火) 01:21:17.93 ID:TRkxLFb/0


 ――事務所の外


新堂「お疲れ様です。お嬢様、やよい様」

やよい「わぁ~! 大きな車だねー!」

伊織「何着か衣装持ってきてるから、この中で着替えてもらおうと思ってね」

やよい「えぇ、でも私、汚しちゃうかも……」

伊織「いいわよ、タダでもらったようなものばかりだし」

やよい「でも、こんなにキラキラした服、いったいいくらなんだろうー?」

新堂「そちらはフランスで少し注目されているもので、30000ユーふぐっ!」

やよい「さ、さんまん……えん……?」

伊織「そ、そうよ! 30000円くらいかしらね! ちょっと高いかもしれないけど、まーでもあいさつがわりのもらいものだから着ていいのよ!」

やよい「うわー……やっぱり伊織ちゃん家ってすごいんだねー」

伊織「まあ、ね……ほら、さっさとしなさい新堂」

新堂「少々、お待ちを……ボディーがお上手になりましたな、お嬢様……」

伊織「……ま、一日二、三発は打ってれば、ね」

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/06(火) 01:21:52.67 ID:TRkxLFb/0

 ――高槻家


やよい「ただいまー!」

長介「おかえりー! うわ! なんだ姉ちゃん、その格好!?」

やよい「なんだとはなによー? 伊織ちゃんが貸してくれたんだよー」

長介「い、伊織さんが!?」

伊織「にひひ♪ 元気そうね、長介」

長介「こっ、こここんにちわ、伊織さん! 姉ちゃんがいつもお世話されっ! させられてます!」

伊織「なに言ってるか訳わかんなくなってるわよ? お世話になってますでいいわよ。ま、私も世話になってるけどね」

やよい「かすみー、みんなー、いるー?」

かすみ「おねえちゃんおかえりー、わーっ! きれー!」

やよい「えへへー、かすみのもあるよ」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/06(火) 01:22:27.00 ID:TRkxLFb/0

かすみ「あー! ひつじのおじさんこんにちはー!」

新堂「こんにちは。かすみ様のお召し物はこちらになります。めぇ」

かすみ「めぇーめぇー♪」

伊織「ほら、長介も着替えるのよ」

長介「は、ハイ!」

伊織「あら、やよいのご両親は?」

新堂「申し訳ありません。ただいま国内にいらっしゃらないようでして……」

伊織「はぁ?」

やよい「あっ! そういえば……さ、さきぼそかまぼこがどうとかー……」

新堂「先物取引でございますな。その仕入れの手伝いとかで……」

伊織「それ、マトモな仕事なんでしょうね……?」

新堂「命じられれば、調査いたしますが……」

伊織「……明日からでいいわ。とりあえず、今日は新堂も骨を休めなさい」

新堂「ありがとうございます」

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/06(火) 01:22:57.49 ID:TRkxLFb/0

 ――事務所


P「うぅぅ、ゆきほ……ゆきほー……」

雪歩「あぅぅ、プロデューサー……はぅ、あぅぅ……」

小鳥「なにお茶でくだ巻いてるんですか、プロデューサーさん……」

ゆきぽ「ぽぇぇぇぇぇ♪」

ちひゃー「くぅぅぅぅぅ♪」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/06(火) 01:23:44.97 ID:TRkxLFb/0


 ――水瀬家 敷地内


長介「もしかして……こっから先が伊織さんの家……?」

伊織「ま、水瀬家の土地よ」

かすみ「じゃあ、あのお城みたいなのも?」

やよい「あれが伊織ちゃん家だよ」

浩太郎「すごーい!」

浩司「ごーい!」

浩三「だーっぷ!」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/06(火) 01:24:19.33 ID:TRkxLFb/0

浩太郎「あれ、曲がっちゃったよ?」

伊織「今日は屋外パーティにするから、本邸じゃなくて、迎賓館でやるのよ」

かすみ「げいひんかん?」

伊織「お客様をおもてなしする専用の屋敷よ。本邸よりは小さいけれど、大人数でパーティをやるときは、こっちの中庭の方がいいのよ」

長介「へぇ~」

新堂「……もともと、本日は私め使用人どもの慰労会だったのでございます」

伊織「ちょっと新堂!」

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/06(火) 01:24:58.21 ID:TRkxLFb/0

新堂「そこに偶然、お嬢様がご友人を招きたいとおっしゃられましてな」

伊織「ちょっと! ここを開けなさい!」バシバシ

新堂「お話を聞けば、なるほどもやしまつりとはおもしろそうだと使用人一同盛り上がってしまいましてな。しかも、本日のデザートはお嬢様が自ら手作りなされましたので、ぜひご賞味を」

やよい「えぇ~っ!? 伊織ちゃんすごいです~!!」

伊織「~っ!! 新堂! 後で覚えときなさいよ!!」ゲシゲシ

新堂「はっはっは、運転席一つに守られた新堂は強うございますぞ」

伊織「バーカバーカ!」

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 00:34:09.41 ID:i396Y+vr0

 ――迎賓館


 「「「「お帰りなさいませ、お嬢様」」」」

 「「「「ようこそいらっしゃいました、高槻家の皆様」」」」

長介「すっげー……」

伊織「もう、今日は出迎えなくていいって言ったのに」

新堂「お嬢様がはじめてパーティを主催なされたのです。使用人一同でおもてなしさせていただきます」

やよい「ふわー……何人ぐらいいるんですかぁー?」

新堂「常時200人ほどが領内におります。執事、メイドからコック、庭師なども含めます」

かすみ「200人だってー、ウチよりいっぱいだねー」

浩太郎「ねー」

新堂「寮を設けて共同生活を送っておりますので、家族とも呼べますな」

伊織「ふぅん……」

19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 00:35:07.18 ID:i396Y+vr0


 ――庭


やよい「わぁ~! まるでお祭りの屋台みたいです~!!」

新堂「200人も集まっておりますからな。コックも腕を奮いまして、数多くのもやし料理をご用意させていただいております」

コック「やよい様、まずはこちらをどうぞ」

やよい「あ、はーい。んむっ、んぐんぐ……これ! おいしいです~! まるでウチのもやしみたいです~!」

コック「こちらのもやし炒めは伊織お嬢様の記憶を頼りに高槻家の味を再現させていただきました」

やよい「え~! 一回食べただけなのに、伊織ちゃんすごーい!」

伊織「ま、なろうと思えばソムリエになれるくらいには私の舌は肥えているからね」

コック「その伊織様を唸らせた高槻家の秘伝のタレ……再現してみればたしかに味わい深いものです」

伊織「うーん、でも、本物に比べるとまだちょっと味が薄いかしら」

コック「ほう」

新堂「まだまだ修行不足ですな」

 「「はっはっはっは!」」

執事(あの人、三ツ星レストランの料理長だったよな……)

20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 00:36:05.96 ID:i396Y+vr0


伊織「もやしのカルパッチョ、もやしとコンソメのスープ、もやしのステーキ、もやしのソテー……よくもまあ、あれこれ考え付いたものね」

やよい「うっうー! もやしいっぱいで楽しいですー!」

??「やよい様、こちらも真美味ですよ」

やよい「あっ、もやしラーメンですー!」

??「えぇ、共に食べましょう」ズルズル

伊織「ちょっと待ちなさい、貴音」

??「はて、わたくしは貴音などというとっぷあいどるではありません。ただのめいどです」

伊織「すでに二十皿は空けている食い意地張ったメイドを雇った覚えはないわ」

??「それはそうでしょう。わたくしも雇われた覚えはありませぬゆえ」

伊織「新堂、つまみ出しなさい」

??「ところで、このもやし、なかなか面妖なものですね」

伊織「は?」

??「とてもよくらあめんに合ってます。まさにらあめんのためのもやし。めん用のもやし。麺用のもやし」

伊織「帰れ! 引っ立てなさい!」

??「めんようなー」ズルズル

伊織「まったく、油断も隙もないわね……やよい。あら、やよい? やよいー!?」

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 00:37:10.66 ID:i396Y+vr0


やよい「うぅー……お手洗いが見つかったのはいいけど、迷っちゃいましたー……」

 「おや、君は……?」

やよい「あっ、ごめんなさい。迷っちゃって……」

 「ひょっとして、君は高槻やよいさんかい?」

やよい「あ、はい、そうですけど……」

 「あ、失礼。伊織の兄の一郎です」

やよい「伊織ちゃんの……お兄さん?」

22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 00:37:43.81 ID:i396Y+vr0


伊織「あーもう、やよいったら、どこに行っちゃったのかしら……?」

長介「あ、伊織さん!」

伊織「長介? あぁ、ちょうどよかったわ。やよい知らない?」

長介「え? 姉ちゃんならトイレ借りるって」

伊織「あぁ、そう。屋敷内にいあるならまだいいわ」

長介「行かなくていいの?」

伊織「迷ってもぐるぐる回ってればこっちに出てこれるわ。屋敷内より安全な場所は世界にはないだろうし」

長介「そ、そうなんだ……あの、伊織さん」

伊織「なに?」

長介「俺、ちゃんとお礼言ってなくて……」

伊織「お礼?」

長介「その……前に、姉ちゃんとケンカして、見つけてもらった時のこと……あ、ありがとう!」

伊織「……そのことね」

長介「お、俺! 伊織さんのこと――!」

伊織「あぁぁっ! なによあれ!」

長介「」ビクッ

23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 00:39:06.70 ID:i396Y+vr0


伊織「ちょっと新堂! 新堂!」

新堂「はっ」シュタッ

長介「」ビクッ

伊織「なんでやよいとお兄様が一緒にいるのよ! ていうかなんでこっちにいるのよ!」

新堂「申し訳ありません。伏せておくように言いつけられていたものですから……」

やよい「もう! やよいったら!」

長介「あっ……」

新堂「――長介様」

長介「あ、う……」

新堂「これっきり、という訳ではございません。背筋を張って、男らしくなさいませ」

長介「う、うん!」

新堂「後ろをご覧ください」

長介「?」

新堂「ここにいる200余名が水瀬家に仕える者でございます。わたくしどもをすべて受け入れる器の大きさこそが水瀬家の当主たるにふさわしいお方です」

長介「……???」

新堂「同時に、お嬢様のハートを射止める方でございますな」

長介「――ッ!?」

新堂「はっはっはっはっは」

27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/09(金) 00:37:46.12 ID:ZpLE4Zdi0

 ――部屋


一郎「楽にしていいよ。料理ならここにも運んである」シュポッ

やよい「あ、あの、わたし未成年なんですけど……」

一郎「あぁ、心配しなくていいよ。君のこの一本はただのぶどうジュースだから」

やよい「そ、そうですかー。良かったですー」

一郎「伊織と飲もうと思って持ってきたんだけどね。これは、経営難の農場をいくつか水瀬グループで買い取って、初めて完成した一本なんだよ」

やよい「あ、あの、それなら伊織ちゃんも一緒に呼んで……」

一郎「――あの子は、僕らを嫌っているからね」

やよい「そ、そんなことないと思います!」

28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/09(金) 00:38:13.67 ID:ZpLE4Zdi0

一郎「……」

やよい「あ、あの……ごめんなさい」

一郎「いや、たしかに嫌ってはいないだろう。遠慮しているんだ」

やよい「えんりょ……ですか?」

一郎「アイドルになって、竜宮小町のリーダーになった伊織は、ワガママを言わなくなった。代わりに、僕らにどう接していいのかわからなくなったんだと思う。そして、僕らもまた、伊織にどう接していいかわからなくなってしまった」

やよい「……」

一郎「伊織が祖父に君の話をしている時があった」

やよい「えっ?」

一郎「伊織が友達を家に招くなんて何年ぶりだろう。準備をしている彼らを見てわかった。君といるのが楽しいんだろうね」

やよい「わっ、私もっ! 伊織ちゃんと一緒にいるとわくわくして楽しいです!」

一郎「……飲んでみて」

やよい「はいっ……わぁ~、おいしいですっ!」

一郎「それは良かった。これは君にあげよう」

やよい「えぇっ! ほんとうですか!?」

一郎「あぁ、家族のみんなと飲んでくれ」


 ガチャン!


伊織「やよいっ!」

やよい「あ、伊織ちゃーん!」

29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/09(金) 00:38:43.07 ID:ZpLE4Zdi0

伊織「だいじょうぶ、やよい!? お兄様、帰ってきているなら一言おっしゃってください!」

一郎「はは、ごめんよ。びっくりさせたくてね」

伊織「う、ぅ……やよい、行くわよ!」

やよい「あ、伊織ちゃん、引っ張ったら伸びちゃうよー」

一郎「伊織」

伊織「……」

一郎「とっておきの一本を用意してある。五年後に開けよう」

伊織「……約束はできません」

一郎「どうして?」

伊織「五年後の私は、とっても忙しい予定で、先約もありますので」


 ドタドタ、バタン!


一郎「……新堂」

新堂「はっ」シュタッ

一郎「一杯、付き合ってくれ」

新堂「かしこまりました」

30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/09(金) 00:39:10.25 ID:ZpLE4Zdi0


 ――廊下


伊織「あー、もう! 走って汗かいちゃったじゃないの!」

やよい「私も、ちょっと汗かいちゃったー」

伊織「――ッ! や、やよい……」

やよい「なぁに?」

伊織「そ、その……いいっしょに、お風呂なんてどう、かしら……?」

やよい「お風呂? いいよー!」

31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/09(金) 00:39:52.06 ID:ZpLE4Zdi0

 ――脱衣所。音声だけでお楽しみください


壁「――……」

やよい『わー、広いねー!』

般若「――……」

伊織『走ると危ないわよー』

やよい『あわわっ』ガシャーン

伊織『あぁ、もう言わんこっちゃない』

やよい『えへへ、ごめんねー』

伊織『――! やよい……アンタ、生えてるのね』

壁「――!!?」

やよい『あ、うん……えへへ、なんだか恥ずかしいね』

伊織『そう、うらやましいわ……』

般若「――!!?」

32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/09(金) 00:40:32.17 ID:ZpLE4Zdi0

やよい『えへへ、伊織ちゃん、洗いっこしよー?』

伊織『あ、あらいっこ!? い、いいわよ、やるわ!』

やよい『やったぁー! えへへ、先に洗ってあげるね』

伊織『……ど、どうぞ』

やよい『……あの、伊織ちゃん』

伊織『な、なに……?』

やよい『仰向けで寝ちゃったら洗えないよ』

般若「――!!!??」


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/09(金) 00:41:00.90 ID:ZpLE4Zdi0

やよい『はい、今度は伊織ちゃんの番だよ』

伊織『え、えぇ……』

やよい『んー……』

伊織『やよい……なにやってるのかしら?』

やよい『どうしたら、あずささんや四条さんみたいにおっぱい大きくなるのかなぁ?』

壁「――……」

伊織『そういえば、律子もけっこう大きいわね』

般若「――……」

やよい『美希さんもだねー……うーん、さんにんの共通点はー……のんびり屋さん?』

伊織『律子はキリキリしてるけどね、主に胃が』

やよい『私たちも、のんびり生きればおっぱい大きくなるのかな?』

伊織『なに? アンタは大きくなりたいの?』

34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/09(金) 00:41:29.76 ID:ZpLE4Zdi0

やよい『あ、でもでも、おっきくなるとすぐ買い換えなくちゃいけないからタイヘンって美希さん言ってたよ』

伊織『そうね、あずさも言っていたわ。ま、春香も中三くらいから大きくなってきたって言ってたし、気長に待てばいいんじゃない?』

やよい『うーん……じゃあやっぱりまだ買わない方がいいのかな?』

壁「――……」ピクッ

伊織『やよい……アンタまさか……つけてないの?』

やよい『えっと……たまに、かな? 寒い日とか』

壁「――!!」ガタッ

やよい『きゃっ!?』

伊織『じ、地震!?』

35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/09(金) 00:42:48.17 ID:ZpLE4Zdi0

 ――寝室


やよい「わぁ~、みんなで寝ても広いね~!」

伊織「キングサイズだからね」

かすみ「ふかふかー」

浩太郎「うぅ、ふぁ……」

浩司「ぐー……」

浩三「かー……」

長介「……――」

新堂「お嬢様、電気を消しますぞ」

伊織「えぇ、ありがとう、新堂」

新堂「皆様、おやすみなさいませ」

かすみ「は~い」

やよい「おやすみ、伊織ちゃん」

伊織「おやすみ、やよい」

やよい「えへへ」

伊織「なによ?」

やよい「今日はとっても楽しかったね。明日はも~っと楽しくなるよね、伊織ちゃんっ」ギュッ

伊織「……そうね。きっと楽しいわ」ギュッ



 おわいおり