2: ◆Ee6aKqE1Tg 2016/03/21(月) 13:22:28.52 ID:gHydqPPF0
みんなの背中が見える。

それでも私は追いかけることができない。

みんなの背中が離れていく。

それでも私は立ち上がることができない。


「待って、置いていかないで!」


私は叫ぶことしかできない。

私は…。

引用元: 松尾千鶴「私はここにいる」 


 

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT ORIGINAL SOUNDTRACK 豪華特殊デジパック仕様[CD3枚+BDA1枚 計4枚組]
音楽:田中秀和(MONACA)
日本コロムビア (2016-03-30)
売り上げランキング: 63
3: ◆Ee6aKqE1Tg 2016/03/21(月) 13:23:08.21 ID:gHydqPPF0
「はっ!はあ、はあ…。」


私はそんな悪夢で目を覚ました。


「また嫌な夢みちゃったなあ。」


今は夜の12時をまわろうとしているところだ。

明日も仕事があるのに。

だから早く寝ないといけないのに。

私はベッドから立ち上がり、寮の部屋に備え付けられた流しに向かう。

グラスを取り出し、水道水をそそぎ、それを口に運ぶ。

中身を飲み干そうとすると、携帯がなっていることに気づいた。


「こんな時間にどうしたんだろう。」


携帯を見ると『佐藤心』と表示されていた。

私は少し迷ったが、結局電話に出ることにした。


「はい松尾です。こんな夜遅くになにがあったんですか心さん?」

『……。それマジで言ってんの?』

「はい?」


マジもなにもないと思うのだけれど、こんな日付の変わる時間に。


『まあ、いいや。今から部屋行くからちょっとまっててねぇ、千鶴ちゃん☆』

「えっ?今からですか?って切れてるし。」


相変わらず自由すぎる人…。

4: ◆Ee6aKqE1Tg 2016/03/21(月) 13:23:51.24 ID:gHydqPPF0
30分後部屋のドアがノックされる音が聞こえた。


「ケーキもってきたよ~。」


私がドアを開けるとケーキの箱をかかげつつ心さんが部屋に入ってきた。


「ホントに来た…。」

「ホントに来たぞぉ☆ってどうした目真っ赤だぞぉ、おい。」

「はっ!なんでもありませんから。」


無意識に泣いていたんだ、私は。


「ホントに、ホントぉ?うそついちゃやだぞぉ☆」

「ホントです!ただちょっと悪夢を見ただけで…。はっ!」

「うそつけないよねえ、千鶴ちゃんてっさ。」


なぜか心さんは嬉しそうな顔をしていた。

5: ◆Ee6aKqE1Tg 2016/03/21(月) 13:24:27.49 ID:gHydqPPF0
「それでそれで、どした?このしゅがぁはぁとに話してみ?」

「どしたも何もありませんよ。」

「ふーん。誕生日を忘れちゃうくらいなのに。」

「えっ?嘘?」

「マジで気づいてなかったかあ。誕生日を忘れるにはちょっと若すぎだぞ☆」

「ホ、ホントだ…。」

慌ててカレンダーを確認すると明日は、いやもう今日だけど、私の誕生日だった。


「おい、どうしたんだよ千鶴ちゃん。」

「どうもなにもありませんよ。」

「強情だなあ、おい☆。そんなにはぁとが信用ならんか。」

「そうじゃなくて、くだらないことだから。」

「じゃあなんでそんなに悩んでいるのかなぁ?」

「悩んでませんよ!みんなにおいてかれそうだなんて。はっ!」


またしても墓穴を掘った私に、心さんは千鶴ちゃんはやっぱり可愛いよねぇ、と言った。

6: ◆Ee6aKqE1Tg 2016/03/21(月) 13:25:34.32 ID:gHydqPPF0
「ふーん。つまり最近仕事が少なくて不安なのか。」

「またあけすけに…。それもありますけど、それだけではなくて…。」

「それだけじゃなくて?」

「私やっぱりアイドルに向いてないんじゃないかなって。」

「なんじゃいそりゃ☆」

「一人になると後ろ向きな思いでいっぱいになるんです。」

私は可愛くなんてない。

努力なんて報われない。

なんでみんなはそんなにきらきらしてるの。

こんなネガティブな思いは断ち切ったと思ってたのに。

「なぁるほどね。」

「ね?くだらないでしょ?」


心さんはふと唇を結びまじめな顔になった。

そしてこう言った。


「今から年上としてアドバイスしてあげよう。」

「いつも年齢のこと言うと怒るくせに。」

「おい。黙れや☆」

「はい、すいません…。」


さすがに今のは私が悪い。

7: ◆Ee6aKqE1Tg 2016/03/21(月) 13:26:19.91 ID:gHydqPPF0
「まず最初に言っとくとそんな悩みはみんな抱えてんだよ。」

「だから最初にいったじゃない、くだらないって。」

「おい結論を急ぐな☆」


心さんは話を続けた。


「悩まない人間なんて人間じゃなくて化け物でしょ?」

「それはいくらなんでも言い過ぎですよ。」

「そうかなぁ?じゃあ天使ってことで似たようなもんだし。」


まあいま大事なのはそこじゃねえと続けて言った。


「つまりみんな悩んでいるってことだ☆そういうときはこれだ。」


そこで持ってきたケーキの箱を開けた。

中に入ってたのはオーソドックスな生クリームといちごのケーキ。


「甘いものでも食べりゃいいってこと☆」

「それ、なにも解決してませんよね。」

「別にいいんだよそれで。世の中解決できない悩みばっかりなんだから。」


大人なら酒があるけどなあと心さんはつけたした。


「それにみんな千鶴ちゃんのこと大好きみたいだしねぇ☆」


心さんは携帯を指さした。

私は携帯を確認した。

たくさんのメールが届いていた。

きらりさん、菜々ちゃん、ほたるちゃん、晶葉ちゃん。

たくさんのお誕生日おめでとうのメールだった。

「私も言わないとなあ。」

8: ◆Ee6aKqE1Tg 2016/03/21(月) 13:26:58.88 ID:gHydqPPF0
「お誕生日おめでとう千鶴ちゃん。」

9: ◆Ee6aKqE1Tg 2016/03/21(月) 13:28:14.47 ID:gHydqPPF0
以上です。

こんなSS書いてますが松尾千鶴ちゃんが大好きです。

お誕生日おめでとう。

10: ◆Ee6aKqE1Tg 2016/03/21(月) 13:29:10.82 ID:gHydqPPF0
【おまけ】

「ところでこのケーキ心さんの手作りですか?」

「そうだよん☆よくできてるでしょ?」

「上にのっているこの人形も?」

「そうそう。千鶴ちゃんによく似てるでしょ?」

「私こんな怖い顔してませんよ!」

「そうかあ?いつも眉間にしわ寄せてんじゃん。」

「寄せてません!」


ほんとこの人は…。