1 : ◆jeROGf.vfs:2013/07/22(月) 15:22:27 ID:xuHPjF8U
青葉「碇司令って、ちょっとウザいよな。」

日向「わかる。『ああ』とか『問題ない』しか言わないし。」

マヤ「ちょっと不潔ですよね…」

日向「どっかに飛ばされないかな~…。」

ゲンドウ「何の話をしている。」

青葉「ああ、碇司令。碇司令がウザいって話をしてたんスよ。」

日向・マヤ(バカ~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!) 


 

2 : ◆jeROGf.vfs:2013/07/22(月) 15:24:11 ID:xuHPjF8U
日向「クビ…か」

マヤ「これからどう生活しよう。。。」

青葉「マヤちゃん、俺の家に来ない??」

マヤ「いいです。不潔…」

青葉「」

日向「…」 


4 : ◆jeROGf.vfs:2013/07/22(月) 15:27:48 ID:xuHPjF8U
ミサト「オペレーターが一気に3人もクビなんて…絶対裏に何かあるわね。」

リツコ「あら、ミサトは知らないの?あの3人、碇司令の悪口を言ってたそうよ。」

ミサト「マジ?あのオヤジ、私情で首を切ったの!?」

リツコ「そうなるわね」

ミサト「…ったく、どうもあのオヤジは好きになれないのよね…。死ねばいいのに。」

リツコ「ミサト、控えなさい。…でも確かに、話が通じない時も多いわね。」

ゲンドウ「何の話をしている。」

ミサト「ああ、碇司令。碇司令がウザいって話をしてたんですよ。まったくあのオヤジときたら…」

リツコ「無様ね」 

5 : ◆jeROGf.vfs:2013/07/22(月) 15:31:08 ID:xuHPjF8U
ミサト「クビ…」

リツコ「私までクビになったじゃない。あなたのせいよ、ミサト。」

ミサト「えっ」

ゲンドウ「葛城元三佐からは、パイロットの保護者としての地位も剥奪する」

ミサト「ええっ!??シンジ君やアスカはどこで…!?」

ゲンドウ「本人たちから希望をとる。もう君はあの2人と関わることもないだろう。」 

6 : ◆jeROGf.vfs:2013/07/22(月) 15:34:28 ID:xuHPjF8U
シンジ「えっ、ミサトさんがクビ!?」

アスカ「アンタ知らなかったの?相変わらず情弱ね…」

シンジ「僕たちこれからどこに住めばいいんだろう??」

アスカ「アンケート来てるわよ。ま、ネルフの寮に住むことになるでしょうね。」

シンジ「僕のアンケート用紙は?」

アスカ「アタシが持ってるわけ無いでしょ?」

シンジ「やはり」 

7 : ◆jeROGf.vfs:2013/07/22(月) 15:38:02 ID:xuHPjF8U
ゲンドウ「君たちの新たな住居が正式に決定した。」

ゲンドウ「まず、アスカくん。君は希望通り、ネルフ職員寮のSB-8049号室だ。」

アスカ「はーい」

ゲンドウ「次に、レイ」

レイ「はい」

アスカ「えっ、ファーストも希望取ったの?」

ゲンドウ「そうだ。」

レイ「私がお願いしたの」

アスカ「ふ~ん」

ゲンドウ「レイはネルフ職員寮のCB-2284号室だ。」

レイ「はい」 

8 : ◆jeROGf.vfs:2013/07/22(月) 15:40:25 ID:xuHPjF8U
ゲンドウ「…さて、シンジ。お前はネルフ職員寮のCB-2284号室だ。」

シンジ「はい。」

レイ「キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!」

アスカ「えっ、ファーストと同じ部屋!?」

シンジ「えっ!?」

アスカ「ダメよそんなの!!」

ゲンドウ「命令に背く気か。」

アスカ「あったり前じゃない!あんなオヤジの命令、聞いてられるかっつーの!!!!」

ゲンドウ「クビ」 

9 : ◆jeROGf.vfs:2013/07/22(月) 15:41:42 ID:xuHPjF8U
アスカ「」

レイ「バカね」

シンジ「アスカ…」

ゲンドウ「…ということで、シンジ、レイは速やかに家財道具を新居へ移すように」

シンジ・レイ「はい」

アスカ(殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる) 

11 : ◆jeROGf.vfs:2013/07/22(月) 15:43:42 ID:xuHPjF8U
シンジ「えっと、これからよろしくね…////」

レイ「ええ…」

アスカ「死ねぇぇぇぇ!!!!!!!!!!」

シンジ「え?」クルッ

ザシュッ

シンジ「いたっ!!な、何をするんだよ!!!」

アスカ「うるさい!黙れ!」ザシュザシュザシュ

レイ「碇君!!」 

12 : ◆jeROGf.vfs:2013/07/22(月) 15:51:45 ID:xuHPjF8U
アスカ「死ね!!!!死ね!!!!」ザシュザシュ

シンジ「う…酷い……アス…カ…」ガクッ

レイ「碇君!!!」

レイ「碇君を、返せ!!!!」 

13 : ◆jeROGf.vfs:2013/07/22(月) 15:55:17 ID:xuHPjF8U
ゲンドウ「よくやったぞ、レイ。」

レイ「はい。」

15か所もアスカに刺されたシンジは、奇跡的に一命を取り留めた。

レイはアスカの両腕を破壊して行動不能にしてから、アスカを独房にほうり込んだのだ。

シンジ「ありがとう、はやなみ…」

レイ「たいしたことないわ」 

14 : ◆jeROGf.vfs:2013/07/22(月) 15:57:00 ID:xuHPjF8U
ミサト「職員はクビだけど、独房のアスカと面会する許可だけは下りたわ。」

ミサト「アスカ、いる??」

シーン

ミサト「あたしよ、ミサト。」

シーン

ミサト「入るわよ、アスカ!」

ガチャ

ミサト「な、ナニコレ!?」 

15 : ◆jeROGf.vfs:2013/07/22(月) 15:58:37 ID:xuHPjF8U
アシカ「」グーグー

ミサト「やだ、オットセイじゃない…」

アシカ「…ミサト?来てたの?」

ミサト「ぎゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!喋ったああああああああああ!!!!!!」

アシカ「ちょっと、あたしが喋っちゃいけないの!?」

ミサト「助けてええええええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」 

16 : ◆jeROGf.vfs:2013/07/22(月) 16:05:06 ID:xuHPjF8U
ゲンドウ「葛城元三佐、どうした」

ミサト「いいい碇司令、独房におおおおオットセイが!!!!!!!!!」

ゲンドウ「…なに?冬月、見て来い」

冬月「人使いが荒いな、お前は…」

ゲンドウ「…副司令でありながら、司令の命令に背くのだな。」

ゲンドウ「クビ」

冬月「ふざけるな、碇。」

ゲンドウ「ここの司令は私だ。おい、つまみ出せ」

黒服A「失礼します、元副司令。」

冬月「離せ!」

黒服B「手荒なまねはしたくありません。おとなしくして!」 

17 : ◆jeROGf.vfs:2013/07/22(月) 16:08:18 ID:xuHPjF8U
ゲンドウ「…では改めて、オットセイの確認を…。」

ガチャ

アシカ「げっ、碇司令」

ゲンドウ「…この独房の管理責任者は誰だ。」

管理責任者「私ですけど…。」

ゲンドウ「被拘留人を逃走させ、その独房にはオットセイが代わりに入っている。貴様の責任だ。今すぐネルフから出て行け。」

管理責任者「ええっ!?私知りませんよ!?」

ゲンドウ「つまみ出せ」 

18 : ◆jeROGf.vfs:2013/07/22(月) 16:11:48 ID:xuHPjF8U
アシカ「だからあたしはここにいるってば!!!」

黒服C「おとなしくしろ!!」

管理責任者「離してください!」

ネルフ下っ端職員A「このアシカはどうします?」

ゲンドウ「新兵器の実験に使え」

ネルフ下っ端職員A「はい。」

アシカ「な、な、何ですって!!??」

ガチャン

ネルフ下っ端職員A「おーい、檻に施錠しろ。」

ネルフ下っ端職員B「ほいよ」カチャ

アシカ「出しなさいよ!こら!おい!」ガッチャガッチャ 

19 : ◆jeROGf.vfs:2013/07/22(月) 16:13:47 ID:xuHPjF8U
――数日後

ゲンドウ「…あれ?」

ゲンドウ「周りには…誰もいない。」

ゲンドウ「…何故だ。」

ゲンドウ「…みんなクビにしてしまった…」

ゲンドウ「シンジやレイまでも…」

ゲンドウ「……懐かしい。皆が懐かしい。」 


20 : ◆jeROGf.vfs:2013/07/22(月) 16:15:09 ID:xuHPjF8U
ゲンドウ「…」

シンジ『父さん』

レイ『碇司令』

アスカ『碇司令』

日向『碇司令』

マヤ『碇司令』

青葉『碇司令』

リツコ『碇司令』

ミサト『碇司令』

冬月「碇。」 

21 : ◆jeROGf.vfs:2013/07/22(月) 16:18:14 ID:xuHPjF8U
ゲンドウ「ああ。皆が懐かしい…すまなかった…えっく…ひぐっ…」グズッ

冬月「いーかーりー!!」

ゲンドウ「冬月!」ハッ!ガバッ!

冬月「お前は何を寝ながら泣いているのだ。」

ゲンドウ「…寝ながら?…そうか、なんだ、そうだったのか…」ホッ

ゲンドウ「夢か…」

冬月「泣くな、碇。悲しい夢でも見たのか?」

ゲンドウ「…いや。問題ない。」

冬月「そうか。…ところで、碇。独房でオットセイが発見されたそうだ。」

ゲンドウ「」

ゲンドウ「ぎゃあああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

【完】 

26 : ◆jeROGf.vfs:2013/07/23(火) 11:31:10 ID:.asxyZ/Q
【After episode】

ミサト「本当にアスカなの??」

アシカ「さっきからそうだって言ってるでしょ!?」

リツコ「信じられないわ…。精密検査をしてみたけど…、恐らく、99.88%アスカ本人ね。」

ミサト「そうなの?」

アシカ「100%アスカ本人よ!!早くここから出して!!」ガチャガチャ

リツコ「でも、その体じゃパイロットとしての業務は無理ね。」

アシカ「何とかしなさいよ!!」

リツコ「無茶を言わないの。そもそも、なんでアシカになったのかすら分からないのよ?」

アシカ「それを解明すんのがアンタの役目でしょうが!!」 

27 : ◆jeROGf.vfs:2013/07/23(火) 11:35:29 ID:.asxyZ/Q
リツコ「…できるだけのことはやるわよ。だからさっきから、『アシカになったときのことを思い出して』って…」

リツコ「何度言っても『意識がなくなった』とか『知らない』ばっかり。それじゃあアシカになった時刻の推定すらできないわ。」

ミサト「場所は独房で間違いないのよね?」

アシカ「そうよ。」

ミサト「何でそんなところに??」

アシカ「こっちが聞きたいわよ!!!!」

ミサト「…そう。」

リツコ「そうだわ、ミサト。独房には監視カメラがあるはずね。そこの映像を見せてもらえないかしら。」

ミサト「ああ、そうねー、何で気付かなかったんだろ。もしもし、日向君?独房のカメラの映像を送ってくれる??」 

28 : ◆jeROGf.vfs:2013/07/23(火) 11:37:55 ID:.asxyZ/Q
日向「分かりました。」ピッ

日向「おいシゲル、独房のカメラの映像を。」

青葉「あー、あれならマヤちゃんが。マヤちゃーん、独房のカメラの映像、前にお願いしたよね?」

マヤ「あ、今とってきます。」

マヤ「先輩!前にお願いした、独房のカメラの映像、渡してもらえませんか?」

リツコ「え?」

マヤ「…え」

ミサト「…リツコ??」

リツコ「知らないわよ??」 

29 : ◆jeROGf.vfs:2013/07/23(火) 11:40:27 ID:.asxyZ/Q
マヤ「ええっ!?一昨日に、持ってて下さいってお願いしたばかりですよ?」

リツコ「…あ、ああ。あ、ああああ、そう、だったかしら。あ、そんなような記憶も…」アセアセ

アシカ「どうしてくれるのよ」

ミサト「だからアンタはね…」

リツコ「いいこと思いついた!!独房のカメラの回線をたどっていけば、どこにつながっているかが分かるはずだわ。」

ミサト「…それしかないわね。」 

30 : ◆jeROGf.vfs:2013/07/23(火) 11:42:22 ID:.asxyZ/Q
ミサト「…で、ここに行きついたわけね。」

『第三新東京ゴミ処理センター』

ミサト「アンタ、捨てちゃってたのね。」

リツコ「無様ね。」

ミサト・アシカ「あんたでしょうが」

リツコ「すいません、今朝回収したごみはありますか?」

係員「あー、ちょうど今燃やしてますけど…」

リツコ「」

ミサト・アシカ「お い テ メ ェ」 

31 : ◆jeROGf.vfs:2013/07/23(火) 11:44:41 ID:.asxyZ/Q
リツコ「あ、あたしじゃないわよ!!燃やしちゃった、係員が悪いのよ!!!」

係員「俺!?」

ミサト・アシカ「リ ツ コ ゴ ル ァ!!」

リツコ「きゃーーー!!!!!!!」コワイヨー

ボカボカ

リツコ「」フルボッコ

係員「…大事なものを入れてしまったなら、特別に焼却炉を停止してもいいですけど…。」

リツコ「今すぐお願い!!急いで!!!!!!!!!!!!」 

32 : ◆jeROGf.vfs:2013/07/23(火) 11:47:14 ID:.asxyZ/Q
ミサト「…この大量の半焼けのゴミの中からさがすわけね。」

石原良純「そんなときにタウンページが便利なんですよ。」

リツコ「…なるほど!名案ね。」

アシカ「なんでもいいから、早くして」

石原良純「大きな機械が要りますよね。…あった!」

『ゼーレエヴァ貸出センター』

リツコ「もしもし?」 

33 : ◆jeROGf.vfs:2013/07/23(火) 11:50:42 ID:.asxyZ/Q
キール・ローレンツ『ハイ毎度、ゼーレエヴァ貸出センターでございます!』

リツコ「大至急、エヴァを2機貸していただけないでしょうか。」

ミサト「2機で足りるの?」

キール・ローレンツ『ヘイかしこまりました!お名前は?』

リツコ「赤木リツコです」

キール・ローレンツ『お電話番号は?』

リツコ「080-xx-yy-zz」

キール・ローレンツ『お届け場所は?』

リツコ「第三新東京ゴミ処理センターです。」

キール・ローレンツ『ハイ了解です!今すぐお届けにまいります!!』 

34 : ◆jeROGf.vfs:2013/07/23(火) 11:53:24 ID:.asxyZ/Q
キイイイイン

アシカ「エヴァシリーズ!?完成していたのね!?」

ウナゲリオンA「ウナー」ストッ

ウナゲリオンB「ウナー」ストッ

リツコ「この中から、この写真と同じものを探してちょうだい。」

ウナゲリオンA・B「ウナー」ガシャーン

ミサト「エヴァの無駄遣いね」

アシカ「早くしてよ!!」

リツコ「!?」

ウナゲリオンA「ウナー」ムッシャムシャ

ミサト「何よアレ…」

リツコ「ゴミを…食ってる…」 

35 : ◆jeROGf.vfs:2013/07/23(火) 11:55:23 ID:.asxyZ/Q
ウナゲリオンA・B「ウナー」ムシャムシャガツガツ

ミサト「…うっ、気分悪い…。生ゴミじゃない、あれ…」

リツコ「どういうことなの…」

アシカ「うえー」

ミサト「こらえるのよ、アシカ…」

アシカ「アスカよ」 

36 : ◆jeROGf.vfs:2013/07/23(火) 11:59:40 ID:.asxyZ/Q
――3時間経過

リツコ「ゴミを全部食いつくしたのに、出てこない…」

ゴミ処理センター職員「す、素晴らしい機械だ!さっそくエヴァを5台購入して、ゴミを処理してもらおう!!!」

ミサト「…探してたヤツまで食っちゃったんじゃないの??」

ウナゲリオンA・B「ウナウナ」フルフル

リツコ「そんなことは絶対ないそうよ。」

アシカ「じゃあどこにあるのよ…」

職員「あのー…第三新東京ゴミ処理センターの焼却炉、あと558719あるんですけど…」

リツコ「ご、ごじゅうごまん…」

ミサト「はっせん…」

アシカ「ななひゃくじゅうきゅう!?!?」 

37 : ◆jeROGf.vfs:2013/07/23(火) 12:10:51 ID:.asxyZ/Q
ミサト「えっと、全部の焼却炉を順々に2機のエヴァで探して回ると…えっと…一つの焼却炉に3時間だから…」

リツコ「1676157時間かかる計算になるわ。これは69839日と52分30秒。閏年を考えず単純計算すれば、約191年4ケ月かかるわ。」

アシカ「暗算だけは早いのね。」

リツコ「ドヤァ」

ミサト「じゃあどうすんのよ。」

職員「ちなみに焼却炉のうち85%は、既に焼却完了してます。」

アシカ「」

ミサト「」

リツコ「何て事!?474911炉も焼却が終わってしまった…」

アシカ「…計算早っ」

ミサト「すごいわね」 

38 : ◆jeROGf.vfs:2013/07/23(火) 12:16:49 ID:.asxyZ/Q
リツコ「残る手段はたった一つ!!アシカのA.T.フィールドを解放して、魂を取り出します。」

リツコ「そして、それをサルベージ!!すれば!アスカになる!筈!!」

リツコ「失敗したら終わりだけどね!!!さっそくやろう!エヴァ用意!!」

アシカ「何てぶっそうな!!」

ミサト「ちょ」

二号機「ほいよ!」ドーン

アシカ「ひぇっ」

二号機「エントリーしたまえ」

アシカ「ちょ、何を、ぎゃー!」 

39 : ◆jeROGf.vfs:2013/07/23(火) 12:19:47 ID:.asxyZ/Q
マヤ「正常(?)にエントリーしました。」

リツコ「よし、プラグ深度めっちゃ深く!!」

青葉「ほい!」

日向「もう限界だ!」

マヤ「アスカがエヴァに取り込まれかけてます!」

青葉「プラグ内部の映像、主モニターに回します!」

リツコ「とけてる!よっしゃサルベージ開始!!!」

ミサト「がんばれアスカ!」

日向「僕らオペレーター3人衆!!」

マヤ「力を合わせて」

青葉「どんな困難も」

日向・マヤ・青葉「乗り越えろ!!」

リツコ「なにこれ」 

40 : ◆jeROGf.vfs:2013/07/23(火) 12:23:22 ID:.asxyZ/Q
日向「サルベージ成功!」

青葉・マヤ「よっしゃ!」

ミサト「おめでとう」

リツコ「おめでとう。」

青葉「おめー」

マヤ「おめでとう!」

日向「おめでとう」

青葉「…あれ、返事ありません。プラグ内部の映像、出ます!」

ピュイーン

リツコ「…あ」 


41 : ◆jeROGf.vfs:2013/07/23(火) 12:24:23 ID:.asxyZ/Q
青葉「…あ」

マヤ「…何と言ったらいいか、わかりません…」

アシカ『…』

アシカ『ちっともめでたくなーい!!!』

アシカ『確かにサルベージは成功したけど!』

アシカ『なんでアシカのままサルベージされてんのよ!?』

リツコ「失敗ね…」

リツコ「てへぺろ☆」

ミサト「…………アンタねぇ…。」

【完】