1: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/05(月) 21:08:09.39 ID:u9VvUwrr0
がちゃっ

古鷹「あ、提督」

愛宕「おはようございまーす」

提督「おはよう」

愛宕「あら?その娘は?」

古鷹「もしかして、新しい艦娘ですか?」

提督「ああ、本日を持ってうちで預かることになった・・・

文月「文月って言うの よろしくぅ~」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1375704489

引用元: 文月ちゃんの呉鎮守府日誌 


 

3: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/05(月) 21:16:56.19 ID:u9VvUwrr0
古鷹「初めまして、わたしは古鷹って言います」

愛宕「わたしは愛宕 よろしくね」

文月「よろしくぅ~」

愛宕「あらあら」

愛宕「とーーーっても可愛い娘ですね、提督」

提督「そ、そうだな」

愛宕「あらぁ?どうして目を反らすんです?」

提督「いや、反らしてないし」

愛宕「わたしの目を見て言ってくださいよー」

提督「いや、だからね」





古鷹(提督も、やましい所がないなら堂々としてればいいのに)

4: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/05(月) 21:23:08.70 ID:u9VvUwrr0
文月「ねぇねぇ」

文月「どして提督は怒られてるのぉ?」

古鷹「えっとね、あれは怒られてるんじゃないの」

文月「んぅ?」

古鷹「愛宕と提督は恋仲なのね」

古鷹「焼きもち妬いてるって言えば、分かりやすいかな」

文月「ふぅん」

愛宕「古鷹ちゃーん、何を話してるのかなぁ?」

古鷹「い、いえ、何も」

5: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/05(月) 21:29:59.59 ID:u9VvUwrr0
文月「提督とぉ愛宕ちゃんはぁ、恋人さん?」

提督「なっ!?」

愛宕「何を言ってるのー!?///」

文月「だって、すごぉくお似合いだからぁ」

愛宕「そ、そうかしらー」

愛宕「いい娘ねー、文月ちゃんは」





提督(あの愛宕をあっさり手なずけただと!?)

古鷹(この娘、あなどれないかも)

6: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/05(月) 21:39:00.96 ID:u9VvUwrr0
提督「そういえば、そろそろミーティングの時間じゃないのか?」

古鷹「そうなんですけど」

愛宕「まだ加古ちゃんが来なくてー」

古鷹「・・・面目ありません」

こんこん

愛宕「はーい」

がちゃっ

加古「ふぁぁ、はよぉ」

提督「・・・加古、お前」

加古「あれっ!?」

加古「提督がどうしてここに!?」

7: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/05(月) 21:44:40.14 ID:u9VvUwrr0
提督「俺が会議室に居て、何か問題でも?」

加古「い、いやー」

加古「提督も参加するって聞いてなかったからー」

愛宕「安心して遅れて来たってことねー」

加古「だって、古鷹が出てんなら後で聞けばいいかなーと思ってぇ」

提督「・・・・・・」

愛宕「・・・・・・」

古鷹「・・・・・・」

加古「ダメぇ?」

提督「今日からトイレ掃除3日な」

加古「えーーーーー!?」

8: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/05(月) 21:47:34.91 ID:u9VvUwrr0
文月MEMO

わかったこと



・ていとくとあたごちゃんは、こいびと

・ふるたかちゃんは、いいひと

・かこちゃんは、ざんねんなひと




9: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/05(月) 21:53:52.77 ID:u9VvUwrr0
提督「じゃあ俺は、みんなに文月の紹介して来るから」

愛宕「はいはーい」

古鷹「行ってらっしゃい」

加古「・・・しゃーい」

ぽんぽん

加古「ん?」

文月「加古ちゃん、がんばぁ」

加古「何か心配されてる!?」

提督「まあ、頑張れ」

加古「提督まで!?」

10: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/05(月) 22:04:23.45 ID:u9VvUwrr0
提督「えーっと、あそこに居るのは」

提督「おーい、電!」

電「!?」

ずさささーっ

電「はわわわ!びっくりしたのです!」

提督「・・・そんなに驚かんでも」

電「ご、ごめんなさいっ!」

提督「今日は新人の紹介だ」

文月「わたし文月 よろしくぅ~」

電「よっ、よろしくお願いします!」

提督「同じ駆逐艦同士、仲良くしてやってくれ」

電「ははは、はいなのです!」

提督「・・・電は、もうちょっと肩の力抜こうか」

11: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/05(月) 22:14:42.36 ID:u9VvUwrr0
文月「さっきずさーって、すごぉく速かったぁ」

電「そ、そうかな?」

???「速い!?」

電「ふぇ!?」

提督「ん?」

島風「わたしより速い艦なんか、居るわけないじゃない!」

提督「島風か、ちょうど良かった」

島風「提督、タービン周りの整備の予定、どうなっちゃったんですか!?」

提督「そ、その話はまた今度な」

提督「ほら、新人が入ったんだ」

島風「その娘、わたしより速い!?」

電「わ、わたしに聞かれてもー」

12: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/05(月) 22:24:19.89 ID:u9VvUwrr0
電「では、射撃訓練に行くのです」

島風「じゃあね、今度かけっこしようね!」

文月「ばいばぁい」

提督「・・・何か、始まったばっかなのに疲れたなー」

???「騒がしいと思ったら、提督でしたかー!」

文月「んぁ?」

提督「なんだ、あぶ・・・あぶ・・・

阿武隈「まだ名前覚えてくれてないんですか!?」

提督「冗談だよ、阿武隈」

阿武隈「なら、ちゃんと書けるようになったんですよね!?」

提督「い、いやー」

13: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/05(月) 22:29:26.60 ID:u9VvUwrr0
阿武隈「なったんですよねぇ!?」

提督「あ、当たり前じゃないかー」

阿武隈「じゃあ、書いてみてください!」

提督「えっと、いまツキ指しててペンが握れなくて」

阿武隈「絶対ウソですー!」

文月「わたし、書けるぅ」

阿武隈「へ?」

提督「本当か?」

文月「よいしょっと」

かきかき

文月「はぁい」

14: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/05(月) 22:32:44.07 ID:u9VvUwrr0
[ あ ぶ く ま ]





阿武隈「・・・・・・」

提督「・・・えーっと」

阿武隈「すごい!この年でもうわたしの名前が書けるなんて!」

阿武隈「提督も少しは見習ってください!」

提督「ひらがなでいいのかよ!!!」

15: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/05(月) 22:35:24.10 ID:u9VvUwrr0
文月MEMO

わかったこと



・いなづまちゃんは、びっくりやさん

・しまかぜちゃんは、はやい

・あぶくまちゃんは、なまえをかくとよろこぶ



19: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/06(火) 20:56:59.01 ID:5vbfpGSl0
提督「さて、次はと」

文月「あそこ、誰かお話してるぅ」

提督「・・・・・・」

文月「提督ぅ?」

提督「・・・あいつらに紹介しちゃいかん気がしてならんのだが」

文月「どして?」

提督「文月は中二病って知ってるか?」

文月「・・・?」

提督「まあ、世の中には知らなくても問題ないこともある」

提督「見ろ、あれが中二病だ」

20: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/06(火) 21:08:14.54 ID:5vbfpGSl0
天龍「フッ、本当はオレが怖くて仕方ないんじゃないか?」

木曾「何でオレがアンタのこと怖がらなくちゃいけないのか、分からないねぇ」

天龍「フフフ、オレにはお前の動揺が手に取るように分かるんだぜ?」

木曾「この鋼鉄のハート、見くびってもらっちゃあ困るな」

天龍「なあ龍田、お前はオレ達のどっちが最強だと思う?」

木曾「賢明なアンタなら、分かるよな」

龍田「んーとねぇ」

龍田「どっちも鬱陶しいから、死んじゃえ♪」

どんっ どごぉぉん

提督「って、コラぁぁぁぁぁ!!!」

21: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/06(火) 21:19:36.25 ID:5vbfpGSl0
提督「あれだけ建物の中じゃ撃つなって言ってあるだろう!」

龍田「あらぁ、提督」

龍田「いきなり後ろから現れると、間違えて撃っちゃいますよ?」

提督「だから、ここじゃ撃つなっつってんだ!」

龍田「あらあら?その可愛らしい娘はどなたかしら?」

文月「わたし文月 今日からなのぉ」

龍田「わたしは龍田 よろしくねぇ」

龍田「それで、あっちに転がってるのが天龍ちゃんと木曾ちゃん」

天龍「フッ、オレが怖いか?」

木曾「おはよう、可愛いお嬢ちゃん」

提督「・・・お前らボコボコ過ぎて、セリフに説得力ないからな?」

22: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/06(火) 21:22:27.88 ID:5vbfpGSl0
文月MEMO

わかったこと



・きそちゃんは、ちゅうにびょう

・てんりゅうちゃんも、ちゅうにびょう

・たつたちゃんは、うしろからはなすとあぶない



23: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/06(火) 21:33:21.39 ID:5vbfpGSl0
提督「あそこに居るのは、お前の姉妹じゃないか」

文月「菊月ちゃんとぉ、皐月ちゃん」

提督「おい、菊月!皐月!」

菊月「ん?」

皐月「ボクを呼んだかい?」

文月「文月なのぉ 久しぶりぃ」

皐月「久しぶりだなぁ 元気だったかい?」

提督「今日から、また一緒だ」

菊月「で?」

提督「で?」

菊月「それが何?」

24: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/06(火) 21:38:09.13 ID:5vbfpGSl0
提督「それが何って言われても、よろしく面倒見てやれとしか」

菊月「そうか」

菊月「皐月、頼む」

提督「・・・ドライだなー」

文月「菊月ちゃん、いつもこうなのぉ」

提督「ま、まあいい」

提督「皐月、よろしく頼むぞ」

皐月「まっかせてよ、司令官!」

皐月「鎮守府内の案内以外なら、何でも来いさ!」

提督「・・・いい加減、道覚えれ」

文月「皐月ちゃん、いつもこうなのぉ」

25: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/06(火) 21:46:33.46 ID:5vbfpGSl0
伊168「初めまして、伊168よ」

文月「い いちろく・・・

伊168「覚えづらいんなら、イムヤでいいわ」

提督「なぁ、いつも思うんだが」

提督「読みやすさなら、イロハでいいんじゃないか?」

伊168「何を言ってるの!?」

伊168「イムヤの方が、カッコイイじゃない!」

提督「・・・理由、それかよ」

26: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/06(火) 21:48:27.66 ID:5vbfpGSl0
文月MEMO

わかったこと



・きくづきちゃんは、いつもどおり

・さつきちゃんも、いつもどおり

・いむやちゃんは、かっこいいよびかたがすき



28: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/06(火) 21:56:21.79 ID:5vbfpGSl0
大潮「おっはようございます、司令官!」

提督「ああ大潮か、ちょうど・・・

ひゅぉぉぉん

提督 ・・・良かった」

大潮「大潮、常に全力疾走です!」

・・・・・・・・!

・・・・・・!

・・・・!

提督「・・・・・・」

文月「・・・・・・」

提督「あれが大潮だ 全力で走ってないと死んでしまうらしい」(大嘘)

文月「お疲れさまぁ」

29: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/06(火) 21:58:18.03 ID:5vbfpGSl0
提督「お、あの後姿は」

山城「姉様!?」

提督「山城の方だったか」

山城「・・・なんだ提督か」

提督「司令官に向かって、なんだとは失礼だな」

扶桑「そうですよ山城 提督に謝りなさい」

山城「姉様ぁ♡」

提督「・・・このシスコンが」

30: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/06(火) 22:03:18.43 ID:5vbfpGSl0
山城「なななな、何を言っているの!?」

提督「いや、見たままを言ったんだが」

扶桑「まあまあ、提督も山城も・・・あら?」

文月「はぁぁ」キラキラ

提督「どうした文月、そんなに目を輝かせて」

文月「でんどろびうむが、2機もぉ」

提督「・・・お前の身内に、絶対ガノタが居るだろう」

31: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/06(火) 22:06:22.67 ID:5vbfpGSl0
文月MEMO

わかったこと



・おおしおちゃんは、とまるとしぬ

・ふそうちゃんは、でんどろびうむ1ごう

・やましろちゃんは、でんどろびうむ2ごう(しすこん)



35: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/08(木) 20:27:54.98 ID:aKgfGAfZ0
赤城「文月?いえ、知らない娘ですね」

提督「だから紹介してるんだろ」

赤城「なるほど、そうでした」

文月「よろしくぅ~」

赤城「はい、よろしくお願いしますね」

赤城「ところで、お昼ごはんはまだでしょうか」

提督「お前、朝に丼飯3杯食べてたじゃないか」

赤城「ええ、みんなが食べ過ぎって言うから3杯で我慢してるんです」

ぐーーーっ

赤城「あら、いやだ///」

提督(こいつも一応、気を使ってるんだな)

提督(仕方ない 今週は小遣いで給糧艦を呼んでやるか)はぁ

36: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/08(木) 20:34:01.51 ID:aKgfGAfZ0
提督「おーい、満潮!」

満潮「うるさいわね、大声出さなくても聞こえてるわよ」

満潮「で、何?」

提督「新人が入ったんだ」

文月「文月って言うのぉ~」

満潮「あっそ」

満潮「こんな部隊に配属されちゃって、あなたも災難ね」

提督「・・・そうか、満潮はこの鎮守府が嫌いなのか」

提督「仕方ない 文月も入ったことだし、配置転換してやるか」

満潮「へ?」

37: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/08(木) 20:42:56.86 ID:aKgfGAfZ0
満潮「ちょ、ちょっと待ちなさいよ」

提督「短い間だったが、他の鎮守府に行っても元気でやれよ」

提督「そうだ、いまなら警備府なんかでも歓迎されちゃうかもなー」

満潮「え、あの」

提督「いやいや、残念だ」

ぐすっ

満潮「なんでそんなこと言うのよぉ」

満潮「いい、配置転換なんかしたら魚雷全弾撃ち込んじゃうんだからね!」

提督「はっはっは、そりゃ怖いなぁ」

満潮「提督のバカー!うわーん!」

提督「はっはっはっはっは」





文月(提督、楽しそぉ)

38: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/08(木) 20:48:06.99 ID:aKgfGAfZ0
夕立「てーとくさん、ご用事はなーに?」きゃぴっ

提督「今日はねー、新人の紹介なのー」きゃぴっ

文月「わたし、今日から入ったのぉ」

夕立「そうなんだ、よろしくねー」

提督「気を使ってくれたら、助かっちゃうなーなーんて」

夕立「もうヤダー、てーとくさんったらー」

提督「えへへー」





文月(提督、楽しそぉ)

39: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/08(木) 20:50:58.62 ID:aKgfGAfZ0
文月MEMO

わかったこと



・あかぎちゃんは、いっぱいたべる

・みちしおちゃんは、つんでれ

・ゆうだちちゃんは、ていとくとなかよし



40: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/08(木) 20:58:39.10 ID:aKgfGAfZ0
暁「文月ちゃんですか よろしく、なのです」

雷「よろしくね!」

文月「・・・?」

暁「どうかしましたか、なのです」

提督「ああ、この二人はさっきの電の姉妹なんだ」

提督「良く似てるだろ?」

文月「そっくりぃ」

暁「そういうことでしたか、なのです」

雷「わたしは"いかづち"よ"かみなり"でも"いなづま"でもないわ」

雷「そこのところも、よろしく頼むわね!」

41: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/08(木) 21:03:08.03 ID:aKgfGAfZ0
提督「羽黒じゃないか」

羽黒「し、司令官さん!?」

羽黒「ごごご、ごめんなさいっ!」

提督「・・・なぜに謝る?」

羽黒「いえ、なんとなく」

提督「新しい艦娘が入ったんだ」

文月「文月って言うのぉ 今日からなのぉ」

羽黒「わ、わたし羽黒って言います」

羽黒「こんなわたしですが、精一杯頑張りますね!」

提督「・・・どっちが先輩なんだか」

42: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/08(木) 21:05:27.61 ID:aKgfGAfZ0
文月MEMO

わかったこと



・あかつきちゃんは、いなづまちゃんとなのですがにてる

・いかづちちゃんは、いなづまちゃんとなまえがにてる

・はぐろちゃんは、こわがりやさん



43: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/08(木) 21:14:03.57 ID:aKgfGAfZ0
綾波「司令官、お茶のおかわりいかがですか?」

提督「あ、もらおうかな」

鳳翔「文月さんですか とても良いお名前ですね」

文月「ほんとぉ?」

鳳翔「ええ、音の響きもいいですし」

綾波「どうぞ、司令官」

提督「ありがとう」

ずずずっ

提督「ああ、お茶が美味い」

鳳翔「今日は良い風ですから、たまには外で飲むのも良いものです」

提督「そうだな」





提督(これだよ!)

提督(これこそ、俺が求めてた艦娘との正しい鎮守府生活だよ!)ぶわわっ

文月「提督、どして泣いてるのぉ?」

44: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/08(木) 22:02:57.73 ID:aKgfGAfZ0
如月「あら?文月ちゃん?」

文月「如月ちゃんなのぉ」

提督「そうか、如月も文月と姉妹だったな」

提督「今日からうちで預かる よろしくな」

文月「よろしくぅ~」

如月「それじゃ、今日は提督と一緒に挨拶回り?」

如月「いいなー文月ちゃん 提督、わたしとは全然一緒に居てくれないんだよ?」

提督「い、いやー これでも忙しいからな」

如月「今日だって提督のために入浴(入渠)してたのに」

如月「ほら、こんなにお肌すべすべ」

提督「そ、そうか 良かったなー」

如月「ほら、もっと近くで見てよ♡」

45: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/08(木) 22:10:58.05 ID:aKgfGAfZ0
提督「ここでも十分見えるから!」

如月「嘘ばっかり」

如月「そんな提督には、えーいっ!」

ぎゅうううっ

提督「うわ!ちょ、マズいから!」

如月「何がマズいんですかぁ?」

提督「こんなとこ誰かに見られたら、誤解されるだろ!」

如月「えー?わたしは全然構いませんけど」





愛宕「て い と く 、 な に し て る ん で す か ?」





提督「うぎゃぁぁぁぁぁぁ!!!」

47: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/08(木) 22:16:07.31 ID:aKgfGAfZ0
no title

48: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/08(木) 22:23:23.71 ID:aKgfGAfZ0
愛宕「ということで」

愛宕「昼食は、文月ちゃんの分も一緒に提督室に用意します」

提督「・・・はひ」

愛宕「間違っても、他の娘と食べたりしないでくださいね!」ぎろっ

如月「ちっ」

愛宕「如月ちゃーん、何か問題でも?」

如月「いいえ、何もありませーん」

愛宕「それなら良かったわー」

如月「ええ、良かったですー うふふ」

愛宕「うふふふふふー」

提督(こ、怖いよぅ)ぶるるっ

49: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/08(木) 22:26:10.44 ID:aKgfGAfZ0
文月MEMO

わかったこと



・あやなみちゃんは、やまとなでしこ

・ほうしょうちゃんも、やまとなでしこ

・きさらぎちゃんは、いつもどおり



53: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/10(土) 07:48:59.18 ID:Si9hXPNQ0
初雪「・・・おつかれさま・・・」

提督「あのな初雪、新人の文月だ」

初雪「・・・よろしく・・・」

文月「よろしくぅ~」

初雪「・・・では・・・」

提督「・・・・・・」

文月「・・・・・・」

提督「ふむ、無口キャラもなかなか」

文月「提督はぁ、綾波レイちゃん派なのぉ?」

提督「いや、言うなれば長門派かな」

文月「そっかぁ」

54: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/10(土) 07:53:50.09 ID:Si9hXPNQ0
がたたっ

提督「!?」

長門「い、いたた」

提督「長門か、どうしたんだ?」

長門「い、いや・・・別に///」

提督「おい、顔が赤いぞ?」

長門「ななな、何でもない!///」

提督「何でもないことないだろう ほら、話してみろ」

長門「え、えっと///」

長門「提督が長門派なんて言うからさ///」

提督「お前のことじゃねーよ!」びしぃっ

長門「えええええ!?」

55: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/10(土) 07:59:16.67 ID:Si9hXPNQ0
提督「いや、悪かった・・・そういう意味じゃなくてだな」

長門「もういい、分かってたよ」

長門「最近、わたしを旗艦にしてくれないしな」

提督「そ、それは愛宕を秘書にしないとマズいからだ」

提督「お前にも分かるだろ?」

長門「・・・・・・」

提督「・・・・・・」

長門「ああ、なるほど」

長門「提督も色々と大変なんだな」

提督(くそぅ、俺が慰めてたはずなのに)

56: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/10(土) 08:08:55.63 ID:Si9hXPNQ0
霰「霰(あられ)です・・・よろしく」

文月「・・・・・・」わくわく

霰「んちゃ、とかは言いませんよ」

文月「・・・・・・」わくわく

霰「・・・・・・」

文月「・・・・・・」わくわく

霰「ん・・・んちゃ///」

文月「わぁ♪」きゃっきゃっ

提督「霰、グッジョブだ!」

霰「・・・もう帰っていいですか?」

57: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/10(土) 08:12:40.72 ID:Si9hXPNQ0
文月MEMO

わかったこと



・はつゆきちゃんは、むくちきゃら

・ながとちゃんは、きかんになりたい

・あられちゃんは、あられちゃん



58: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/10(土) 08:24:10.88 ID:Si9hXPNQ0
名取「珍しいですね、わたしに声を掛けるなんて」

名取「へ?もしかして出撃?冗談ですよね!?」

足柄「出撃ですって!?」

足柄「任せなさい!戦場がわたしを呼んでいるわ!」

提督「・・・・・・」

文月「・・・・・・」

名取「あれ、違うんですか? 良かったー」

名取「・・・では、わたしはこれで」こそこそ

足柄「なんだ違うの?」

足柄「ムダにテンション上がっちゃったから、演習でぶっ放してくるわね!」





提督(こいつら足して2で割ったら、理想的な艦娘が出来そうだなー)

59: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/10(土) 08:33:05.28 ID:Si9hXPNQ0
[ 子 日 ]





文月「んぅ?」

子日「・・・・・・」どきどき

文月「えとぉ」

子日「・・・・・・」どきどき

文月「こひ!」

子日「うわーん!やっぱりわたしの名前、読みにくいんだよねぇ!」

だだだだだっ

提督「おーい、戻って来ーい!」

60: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/10(土) 08:34:47.04 ID:Si9hXPNQ0
文月MEMO

わかったこと



・なとりちゃんは、しゅつげきがきらい

・あしがらちゃんは、しゅつげきだいすき

・ねのひちゃんは、なまえよめないといじける



63: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/11(日) 06:25:02.95 ID:B85EL0KI0
漣「お帰りなさい、ご主人さま♪」

文月「ご主人さまぁ?」

提督「・・・こいつは前職が萌えメイドっていう、異色の艦娘なんだ」

漣「初めましてお嬢さま、よろしくお願いするにゃん♪」

文月「にゃん?」

提督「ネコミミメイドだな」

漣「さすが、ご主人さま」

漣「うちの常連だっただけのことはある・・・

提督「わーーー!わーーー!」

64: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/11(日) 06:52:24.76 ID:B85EL0KI0
那珂「艦隊のアイドル、那珂ちゃんでーす!」

那珂「よっろしくぅ!」

文月「わぁぁ」キラキラ

提督「おお、意外にミーハーなんだな文月は」

文月「お団子が可愛いのぉ」

那珂「ありがとー!」

那珂「でもね、アイドルっていいことばっかりじゃないんだよ」はぁ

提督「ん?それってどういう・・・

時雨「あー、またこんなとこで油売ってるんだね!」

那珂「ま、マネージャー」

65: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/11(日) 07:06:16.45 ID:B85EL0KI0
時雨「急がないとリハ遅れちゃうじゃないか」

時雨「怒られるのはボクなんだからね、まったく」

那珂「あ、あの、新しい艦娘の文月ちゃんだって」

時雨「そんなの、あとあと!」

時雨「もうかなり押してるんだから!」

那珂「は、はい」

時雨「じゃあ、走るよ!」

ぐいっ

那珂「えぇぇぇ?」

提督「頑張れよー」

那珂「てーとくー、やすみくださーい」うわーん

・・・・・・・・!

・・・・・・!

・・・・!

提督「・・・これから全国鎮守府・警備府慰問ツアーだそうだ」

文月「がんばぁ」

66: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/11(日) 07:09:29.04 ID:B85EL0KI0
文月MEMO

わかったこと



・さざなみちゃんは、めいどにゃん

・なかちゃんは、やすみがほしい

・しぐれちゃんは、おにまねーじゃー



70: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/12(月) 23:11:03.59 ID:deCvek9n0
提督「おい、北上」

ぽんっ

北上「もー」

北上「大井っち、体触るのやめてよぉ///」

提督「は?」

北上「って、提督じゃん・・・何やってんの?」

提督「何やってんのはこっちのセリフだろ」

提督「お前を呼んでるんだよ」

北上「そか、何か用?」

提督「今日から入った新人を紹介する」

文月「あたし、文月って言うのぉ」

71: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/12(月) 23:17:35.53 ID:deCvek9n0
北上「駆逐艦じゃん、あぁウザイ」

文月「駆逐艦だめなのぉ?」

北上「ダメだっての・・・いいか、駆逐艦なんてもんは・・・

提督「あーそうだ、明日から大井と訓練を別々にする手もあるな」

北上「いやいや、ウソウソ!」

北上「わたし駆逐艦だーい好き!」

ぎゅぎゅぎゅーっ

文月「わぁ」

提督「・・・作り笑顔が痛々しいぞ、北上」

72: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/12(月) 23:22:18.22 ID:deCvek9n0
荒潮「ああ、ご挨拶まだでしたかー」

荒潮「わたし、荒潮ですー」

文月「あたし、文月なのぉ」

荒潮「そうでしたかー」

文月「そうなのぉ」

荒潮「・・・・・・」

文月「・・・・・・」

荒潮「それで、お名前なんでしたっけー」

文月「んぅ?」

提督「こいつは不思議ちゃん枠なんだ」

提督「むしろ、お前が面倒見てやってくれ」

文月「はぁい」

73: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/12(月) 23:27:50.44 ID:deCvek9n0
霧島「霧島よ よろしくお願いしますね」

文月「お勉強出来そうなのぉ」

霧島「わたしなんて、まだまだよ」

霧島「艦隊の頭脳って呼ばれるように、頑張ってる所なの」

文月「すごぉい」

霧島「ところで、次の作戦はまだでしょうか」

霧島「早くご命令を、提督」うずうず





提督(知っている・・・俺は知っているぞ)

提督(メガネで隠した仮面の下は、ただの脳筋戦艦だということを!)

74: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/12(月) 23:35:40.41 ID:deCvek9n0
文月MEMO

わかったこと



・きたかみちゃんは、おおいちゃんってもうそうのともだちがいる

・あらしおちゃんは、ふしぎちゃん

・きりしまちゃんは、めがねちゃん



文月へ

大井は、ほんとうにいます
北上は、つきあいづらいかもしれないけど、なかよくしてやってくれ

                                      提督より



75: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/12(月) 23:50:48.87 ID:deCvek9n0
龍驤「ほんまなんかなぁ、牛乳がええてぇ」

文月「聞いたことあるぅ」

龍驤「あと腕立てもええゆうけど、うち筋トレとか苦手やねん」

文月「如月ちゃんはねぇ、お風呂でまっさーじしてるのぉ」

龍驤「ほぅ、それは効果あったんか?」

文月「この前、ちょと大きくなったってゆってた」

龍驤「そりゃぜひに、うちも試さんと!」

龍驤「如月んとこ、行って来るわぁ!」

文月「行ってらっしゃぁい」

提督「・・・何の話をしてたんだ?」

文月「内緒ぉ」

76: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/13(火) 00:04:16.78 ID:LHMqyOSE0
白露「提督ぅ、そんなにわたしとお話ししたいの?」

陽炎「提督は、わたしとお話がしたいのよ」

白露「わたしですよね、提督」

陽炎「もちろん、わたしよね」

白露「・・・・・・」

陽炎「・・・・・・」

白露「なんなんですか?」

陽炎「アンタこそ、なによ?」





提督(女って、こんな年から女なんだな)

提督(俺、この位の年ってセミ追っかけてなかったっけ)

77: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/13(火) 00:05:58.70 ID:LHMqyOSE0
文月MEMO

わかったこと



・りゅうじょうちゃんは、おおきくしたい

・しらつゆちゃんは、ていとくとおはなししたい

・かげろうちゃんも、ていとくとおはなししたい



81: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/14(水) 20:14:42.61 ID:IDATAFk50
提督「さて、そろそろ昼食だな」

文月「はぁい」

がちゃっ

漣「お帰りなさいませ、ご主人さま♪」

提督「は?」

愛宕「すみません、提督」

愛宕「文月ちゃんと提督がこちらで食事すると言ったら、メイドをやるって聞かなくて」

提督「自前でメイド服持ってたのか」

漣「てへっ」

漣「お店から、勝手に持って来ちゃった」

提督「・・・それ、普通に犯罪だからな」

82: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/14(水) 20:40:20.43 ID:IDATAFk50
雷「わたし達も居るよ!」

暁「初めて着たー」

電「は、恥ずかしいのです///」

愛宕「すみません、提督」

愛宕「漣ちゃんだけずるいって、聞かなくてー」

雷「どうどう?もちろん似合ってるよね!」

文月「すごく可愛いのぉ」

雷「やっぱりね!」

電「かかか、顔から火が出ちゃうのです!///」


83: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/14(水) 20:46:30.07 ID:IDATAFk50
暁「文月ちゃんも着てみれば、なのです」

漣「まだ1着ありますよ、お嬢さま♪」

文月「わぁい」

提督「・・・ちょっと待て」

愛宕「提督、どうしましたー?」

提督「漣・・・お前、店から何着持って来たんだ?」

漣「んー?」

提督「・・・・・・」

愛宕「・・・・・・」

漣「てへっ」こつん

提督「てへじゃねーよ!」

84: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/14(水) 21:02:29.19 ID:IDATAFk50
響「・・・おぉ」

提督「居たのか、響」

提督「自分の写った鏡にみとれてどうした」

響「・・・別に」

文月「響ちゃん?」

響「ん、ああ・・・響だよ、よろしく」

文月「よろしくぅ~」

響「・・・しかしこれは、なかなか」





提督(気に入ったんだな)

愛宕(気に入ったのねー)

86: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/15(木) 06:50:32.00 ID:1KXOQc5X0
こんこん

提督「どうぞ」

がちゃっ

蒼龍「提督・・・来ちゃいました」

提督「・・・蒼龍」

蒼龍「・・・・・・」

提督「・・・・・・」

蒼龍「えっと・・・あの・・・九九艦爆が、はみ出ちゃうから」

提督「蒼龍!」

蒼龍「ダメだって・・・言ったのに」





提督「蒼龍は劇団上がりでな、たまにこうして小芝居で遊んでいる」

蒼龍「よろしくね、文月ちゃん」

文月「びっくりしたのぉ」

提督「最初に愛宕に見られた時は、半殺しにされたっけなぁ」はっはっは

愛宕「い ま も 怒 っ て ま す け ど ね」

87: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/15(木) 07:02:14.37 ID:1KXOQc5X0
愛宕「というか、駆逐艦の娘達の前でやることじゃないでしょう」

愛宕「ほら、みんな驚いて・・・

雷「なんか、不倫みたいでかっこいい!」

響「・・・むくわれぬ恋・・・切ないな」

漣「メイド服着てやれば、お店でウケるかも」

電「だ、ダメなのです!浮気はダメなのですー!><。」

暁「暁も早く恋してみたい、なのです!」

愛宕「・・・・・・」

提督「・・・時代は変わったようだ」

90: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/26(月) 21:41:04.01 ID:ONiKiIxa0
雷「提督、美味しいよコレ!」

電「雷ちゃん、下にこぼしてるのです」

響「・・・うむ、いい塩加減だ」

提督(普通に食ってるし)

提督(こいつらはメイド服着て、何がしたかったんだろう)

愛宕「みんなー、ジュースのおかわりはいかがー?」

雷「いただきまーす!」

響「・・・いただこう」

暁「・・・・・・」

提督「どうした、暁?」

暁「暁はレディなんだから、ジュースを何杯も飲まないもん!」

91: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/26(月) 21:45:12.29 ID:ONiKiIxa0
提督「別にレディだって、おかわりくらいするだろう」

暁「ジュースなんて子供の飲み物だし!」

提督「・・・仕方ないな」

提督「ここは一つ、あいつの力を借りようか」

愛宕「んーっと」

愛宕「もしかして、あの人のことですかー?」

提督「うむ」

愛宕「余計、ややこしくなる気がー」

提督「やむを得まい」

92: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/26(月) 21:50:33.10 ID:ONiKiIxa0
金剛「お待たせしましター!金剛デース!」

提督「悪いな、昼食時に」

金剛「なんのなんのデース!」

提督「淑女がランチの後に、どんな飲み物を飲むのか教えてもらおうと思ってな」

金剛「お任せくだサイ!」

金剛「英国生まれのわたくしが、本場のティーを教えてあげまショウ!」

愛宕「お、お手柔らかにお願いしまーす」

93: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/26(月) 21:56:20.22 ID:ONiKiIxa0
金剛「カチャカチャと音を立ててかき混ぜてはいけまセーン!」

暁「は、はいなのです」

金剛「まずは香りを楽しんで・・・

暁「はぃ」

金剛「ミルクと合わさった時の味のハーモニーが・・・

暁「はひ」

・・・・・・・・!

・・・・・・!

・・・・!

暁「・・・提督」

暁「暁にはジュースが合ってる、なのです」

提督「うむ」

94: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/26(月) 22:00:23.91 ID:ONiKiIxa0
文月MEMO

わかったこと



・ひびきちゃんは、うっとりさん

・そうりゅうちゃんは、かんばくがはみでやすい

・こんごうちゃんは、こうちゃのぷろ



95: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/26(月) 22:05:08.78 ID:ONiKiIxa0
利根「吾輩が利根である!」

利根「吾輩に着いて来れば、何の問題もないぞ!」

文月「よろしくぅ」

利根「なに、吾輩の部隊に入りたい?」

利根「可愛い奴だ、はーっはっはっはーっ!」





提督「そうだな、あいつに関しては」

提督「褒めて褒めて褒めちぎって、後はおだてときゃ問題ない」

文月「あぃ」

96: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/26(月) 22:17:30.30 ID:ONiKiIxa0
文月「プールがあるのぉ」

提督「ここでは艤装を外して、基本的な泳力を身に付ける訓練を行っている」

文月「ふぅん」

愛宕「・・・とは言え、これはー」





如月『ヤダー、塩素でお肌が荒れちゃう』

望月『・・・んぁー』

ぷかぷか

皐月『くらえ!』

ばっしゃーん

菊月『ぷあっ!』

菊月『やったな!そこへ直れ!』

皐月『へっへー、ボクに勝てると思ってるのかい?』





愛宕「本当に訓練になってるんですか?」

提督「・・・ねぇ」

97: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/26(月) 22:25:33.01 ID:ONiKiIxa0
提督「という訳で」

提督「文月も参加させてやってくれ」

文月「スク水、みんなと一緒ぉ」

如月「提督が来るって知ってたら、私物のビキニにしたのにー」

愛宕「如月ちゃーん、駆逐艦の娘はスク水って決まりだからー」

如月「それにしたって、その黒のきわどいビキニはどうなんですかぁ?」

愛宕「わたしは大人だからー」

如月「えー、ずるいですぅ うふふー」

愛宕「ずるくなんかないわー あははー」

提督(め、目が笑ってないよぅ)ぶるるっ

98: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/26(月) 22:29:10.65 ID:ONiKiIxa0
文月「望月ちゃん、久しぶりぃ」

望月「ん?あぁ・・・ひさ」

ぷかぷか

文月「・・・・・・」

望月「・・・・・・」

提督「・・・もしかして、こいつも?」

文月「望月ちゃん、いつもこうなのぉ」

99: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/26(月) 22:40:46.08 ID:ONiKiIxa0
提督「ていうかお前達、訓練なんだからもっとシャンとだな・・・

文月「あの娘、ちゃんと泳いでるぅ」

提督「ん?」

ばしゃっ ばしゃっ ばしゃっ

吹雪「ぷはぁ」

提督「おお吹雪、こいつは新入りの文月だ」

文月「同じ駆逐艦なのぉ」

吹雪「よろしくお願いします!」

吹雪「わたしに出来ることがあったら、なんでも言ってね!」

100: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/26(月) 22:46:29.86 ID:ONiKiIxa0
提督「吹雪はだな・・・その」

文月「んぅ?」

提督「いい子だ」

吹雪「それだけですか!?」

提督「いや・・・その」

提督「とても、とても・・・いい子だ」

吹雪「ひどいです、提督!」

吹雪「もう訓練に戻ります!」

ばしゃっ ばしゃっ ばしゃっ

文月「提督ぅ?」

提督「・・・いや、居るだろ?」

提督「なんかいい子過ぎて、他のクセのある子に人気持ってかれちゃうヒロインって」

文月「ふんふん」

提督「あいつがまさに、そういうやつなんだ」

101: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/26(月) 22:58:11.91 ID:ONiKiIxa0
提督「この前の艦娘コンテストでも入賞圏外だったしなぁ」

文月「コンテストぉ?」

愛宕「呉鎮守府のお祭りの時、余興でやってるのよー」

提督「この前のは島風が一位だったな」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*

島風『わたしが一番!?』

島風『だよね!だって速いもん!』

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*

提督「実は投票の1/3が連装砲ちゃんだったってことは、俺の心に留めておかねばなるまい」

愛宕「提督、口に出ちゃってますよー」

102: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/26(月) 23:05:31.70 ID:ONiKiIxa0
文月「那珂ちゃんはぁ?」

提督「な、那珂ちゃん!?」

文月「何位だったのぉ?」

提督「え、えーっと」

提督「もちろん、上位に居たぞ」

文月「すごぉい」





提督(い、言えない)

提督(慰問で鎮守府空けることが多くて、逆に呉だと存在感がないなんて言えない!)ぶわわっ

103: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/26(月) 23:13:30.92 ID:ONiKiIxa0
愛宕「・・・?」

提督「どうした、愛宕?」

愛宕「いえ、誰かに見られてる気がしてー」

如月「・・・自意識過剰なんじゃないですかぁ?」

愛宕「如月ちゃーん、何か言ったかしらー?」

如月「いえ、別にー」

提督「待て・・・居るぞ」

愛宕「え?」

提督「何者かの気配を感じる」

文月「提督、あそこぉ」

提督「!?」

104: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/26(月) 23:17:47.46 ID:ONiKiIxa0
???「はぁはぁ」

???「な、なんやねん」

???「どーすりゃ、あんな大きくなんねん」

???「聞きとーてたまらんわ」

???「しかしやな、慎重にいかんと変態に間違われ・・・

提督「・・・何やってんだ、龍驤」

龍驤「わひゃあ!」

105: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/26(月) 23:23:25.68 ID:ONiKiIxa0
龍驤「バレたら、しゃーない!」

龍驤「姐さん後生や、うちに大きくなる秘訣を教えてや!」

愛宕「大きく?」





視線----→龍驤のムネ

自分のムネ←----視線





愛宕「ああ!」

龍驤「殺してぇ!いっそスパっと殺してやぁ!」

提督「・・・落ち着け」

106: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/26(月) 23:32:27.25 ID:ONiKiIxa0
文月「だからぁ、如月ちゃんはマッサージがいいってぇ・・・

如月「しーっ!しーっ!///」

愛宕「マッサージねー」

愛宕「意外に効果あるかもー」

龍驤「ほ、ホンマに・・・

如月「本当に!?」

がたたっ

愛宕「あらー?」

愛宕「どうして如月ちゃんが反応するのかしらー?」

如月「ぐっ///」

107: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/26(月) 23:42:47.48 ID:ONiKiIxa0
愛宕「じゃあ、やってみてあげるわー」

愛宕「ちょっと腕を上げてみてー」

龍驤「こ、こぉ?」

愛宕「下から上へ、揉みほぐすようにー」

龍驤「んぁっ!?///」

愛宕「優しく、優しくー」

龍驤「あ、アカンて・・・あっ!///」

愛宕「いけないことなんて、何もないわー」

龍驤「ひぁぁっ!///」





提督「ふ、文月・・・そろそろ移動するか」

文月「提督、どして前屈みなのぉ?」

提督「・・・内緒」

108: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/26(月) 23:44:31.16 ID:ONiKiIxa0
no title

109: ◆1BrjSSUSHI 2013/08/26(月) 23:47:41.63 ID:ONiKiIxa0
文月MEMO

わかったこと



・とねちゃんは、ほめるとのびるこ

・もちづきちゃんは、いつもどおり

・ふぶきちゃんは、いいこいいこ



ついき

・ていとくがおなかいたいかもしれないから、あとであたごちゃんにつたえる



112: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/01(日) 12:42:55.34 ID:DDxkA2hh0
提督「おお天龍、大丈夫だったか?」

天龍「フッ、オレがあれしきでどうにかなると思っているのか?」

提督「・・・だから、龍田に支えてもらって言うセリフじゃねーよ」

龍田「そうだよ、天龍ちゃん」

龍田「こんなになるまで無理しちゃダメじゃない」

提督「・・・いや、やったのお前なんだけどな」

天龍「無理なんかしてねーし」

龍田「もう、天龍ちゃんったら強がりなんだからぁ」

115: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/01(日) 13:02:32.10 ID:DDxkA2hh0
天龍「強がってもねーし」

天龍「これだって、龍田が肩貸したいって言うから借りてやってんだ」

龍田「ふーん、そういうこと言うんだぁ」

龍田「今日は一緒にお風呂入って、洗ってあげようと思ったのになぁ」

天龍「えっ!?マジで!?」

がたっ

提督「・・・・・・」にやにや

文月「・・・・・・」にやにや

天龍「!?」はっ

天龍「そそそ、そんなことして欲しくねーよ!///」

龍田「ふーん、そうなんだぁ」

龍田「今日は一緒のベッドで寝てあげようと思ったのになぁ」

天龍「ままま、マジで!?」

がたたっ

提督「・・・・・・」にやにや

文月「・・・・・・」にやにや

天龍「うぎゃぁぁぁぁぁぁ!!!///」

117: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/01(日) 13:19:22.57 ID:DDxkA2hh0
文月「あそこ、大潮ちゃんが倒れてるぅ」

提督「ほんとだな」

大潮「・・・大潮・・・休む時も・・・全力です」

提督「放っておこう」

文月「はぁい」

荒潮「えーっとぉ、こっちだったかしらぁ」

ぎゅむっ

大潮「ふぎゃ!」

荒潮「あらぁ?何か踏んだかしらぁ?」

大潮「あぅぅ」

荒潮「あらぁ?背中に足跡つけてどうしたんですかぁ?」

提督「・・・・・・」

文月「・・・・・・」

118: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/02(月) 20:10:41.83 ID:IGSEPGJP0
提督「お、演習をやってるな」

文月「わぁ」





島風『おっそーい!』

長門『ははっ、わたしの主砲は長射程だから丁度いいんだ』

島風『でも遅過ぎて敵が逃げちゃうもん!』

長門『お前が速過ぎるんだって』

島風『えへへー』

島風『わたしには誰も追い付けないよ!』





文月「怒られないのぉ?」

提督「遅いなんて言ってか?」

文月「・・・・・・」こくこく

電「誰も怒らないのです」

提督「・・・電」

電「あれは、島風ちゃんの挨拶みたいなものなのです」

文月「挨拶ぅ?」

119: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/02(月) 20:21:00.26 ID:IGSEPGJP0
【番外編】島風物語

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*

×月×日

よく晴れた日のこと
島風ちゃんは提督に連れられて、ここにやって来たのです

電「い、電なのです!」

電「よっ、よろしくお願いします!」

島風「・・・よろしく・・・」

提督「電は、ちょっと力を抜こうか 島風は、もう少し元気にな」

電「すすす、すみません!」

島風「・・・はい・・・」

電「・・・・・・」

121: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/02(月) 20:31:14.08 ID:IGSEPGJP0
最初に会った時の島風ちゃんは元気がなく
何故か寂しそうに見えました
慣れてないせいかなと思ったけど
気になったので、提督に聞いてみたのです

提督は少し迷った後、話してくれました

島風ちゃんは、とっても高性能なこと
特に足が速いこと
だけど
速過ぎて、他の艦娘と合わせるのが苦手なこと
それで
なかなか作戦に入れてもらえず、一人ぼっちになってしまったこと

提督「だから呉に引き取って来たんだ」

電「だ、ダメです!一人ぼっちはダメなのです!」

提督「電?」

電「わたしが島風ちゃんの友達になるのです!」

122: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/02(月) 20:39:37.17 ID:IGSEPGJP0
それからわたしは、いっぱい話しかけました
何度も何度も
嫌がられても、嫌がられても
何度も何度も、話しかけました
そしたら
少しずつ、心を開いてくれたのです

島風「・・・わたし達、お友達・・・?」

電「へ?」

島風「・・・・・・」

電「も、もちろんなのです!」

電「わたし達以上の友達は居ないのです!」

島風「・・・えへへ・・・」

あの時の笑顔は、今でも思い出せます
連装砲も笑ってるように見えたのは
わたしの見間違いだったのでしょうか

123: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/02(月) 20:44:41.05 ID:IGSEPGJP0
こんなこともありました

×月○日

ぱしゃっ ぱしゃっ

電「島風ちゃん、ちょっと遅いのです」

島風「・・・ん、うん・・・」

心を開いてはくれたけど
そこはまだ気にしてるようでした

長門「なんだなんだ」

長門「速いと聞いて来てみれば、こんなものなのか?」

島風「!」びくっ

124: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/02(月) 20:49:29.55 ID:IGSEPGJP0
電「な、長門さん」

長門「わたしは、お前の速さを見てみたいのだ」

島風「・・・で、でも・・・速いとみんなに迷惑かけるから・・・」

長門「迷惑?」

長門「お前は誰よりも速いのだろう?」

島風「・・・そう、だけど・・・」

長門「だったらその速さで、他の誰にも出来ないことをすればいい」

島風「・・・誰にも出来ないこと・・・?」

長門「ああ」

長門「そうすれば迷惑だなんて思われないだろう?」

127: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/02(月) 20:59:24.55 ID:IGSEPGJP0
そして、あの日がやって来たのです

×月△日

外はすごい嵐
だけど、鎮守府内はすごく静かでした
他の鎮守府との合同作戦で主力艦隊が出撃していて
お留守番の軽巡・駆逐艦部隊しか残ってなかったのです

雷「監視員が光を見たんだって!」

響「・・・味方じゃないのか?」

暁「さっき天龍さん達がパトロールに出て行った、なのです」

雷「連絡してみれば?」

電「ダメなのです 嵐で通信が繋がらないのです」

響「・・・敵だとしても、いつもの偵察艦だろう」

128: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/02(月) 21:05:29.88 ID:IGSEPGJP0
雷「だったら、いつも通り追い払っちゃおう!」

暁「留守を狙うなんて、レディとして許せない」

響「・・・よし、出よう」

島風「じゃ、じゃあわたしも」

暁「でも、みんな居なくなっちゃうのはまずくない?」

島風「・・・あ」

雷「なら、わたしと島風ちゃんで残ればいいよ!」

島風「・・・・・・」

電「だ、大丈夫」

電「ちょっと行って来るだけなのです」





そう
わたし達は、甘かったのです

129: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/02(月) 21:17:55.10 ID:IGSEPGJP0
暁「じゅ、重巡2・・・軽巡2・・・駆逐艦多数」

響「・・・はぐれ艦隊だ」

電「も、もう重巡の射程内なのです!回避運動をするのです!」

ドンッ

            バッシャーン!

わたし達は嵐の中、回避行動をしながら必死に逃げたのです
なんとか逃げ切れたと思った
その時でした

ドンッ

            バシャーン!

暁「し、至近弾!」

響「・・・危なかった」

電「・・・・・・」

響「・・・どうした、電?」

暁「当たってないよね!?」

確かに当たってはいませんでした
でも
その余波で、機関のどこかがおかしくなってしまったのです

130: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/02(月) 21:28:46.56 ID:IGSEPGJP0
暁「そ、そんな!」

響「・・・こうなったら反転して攻撃・・・

電「ダメなのです!」

暁「え?」

電「二人は逃げるのです!」

暁「そんなこと言ったって!」

電「わ、わたし達がみんなやられたら、提督が悲しむのです!」

暁「・・・あぅ」

131: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/02(月) 21:33:24.57 ID:IGSEPGJP0
響「・・・引き返して軽巡と合流出来れば、勝機はある」

暁「でも!」

電「行くのです!」

暁「・・・・・・!」

電「電の本気を見るのです!」

暁「わ、わかった、なのです」

暁「でも、応援連れて来るまで頑張ってよ!」

暁「レディとレディの約束なんだから!」

132: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/02(月) 21:42:02.71 ID:IGSEPGJP0
島風「・・・置いて来た・・・?」

暁「仕方なかったんだもん!」

響「・・・軽巡と連絡は?」

雷「それがノイズがひどくてダメなんだ!」

島風「・・・電ちゃん・・・」

よろっ

雷「島風ちゃん!?」

島風「・・・わたし、どうすれば・・・」





長門『お前は誰よりも速いのだろう?』

島風『・・・そう、だけど・・・』

長門『だったらその速さで、他の誰にも出来ないことをすればいい』





島風「!?」

133: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/02(月) 21:47:06.20 ID:IGSEPGJP0
島風「・・・わたし、行く・・・」

暁「行くって、どこへ!?」

響「・・・まさかとは思うが」

島風「電ちゃん助けに行って来る!」

雷「そ、そんな無茶な!」

暁「やめなさい、なのです!」

島風「止められるものなら、止めてみればいいよ!」





島風「わたしには誰も追い付けないよ!」

134: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/02(月) 21:54:42.27 ID:IGSEPGJP0
バシャーン! バッシャーン!

電(に、逃げなきゃ)

バッシャーン!

電(わたしが撃沈されたら・・・きっと提督が悲しむのです)

バシャーン! バシャーン!

電(提督は寂しがり屋だから・・・きっと泣いちゃうのです)

???「・・・ちゃーん!」

電「何か聞こえる?」

島風「電ちゃーん!」

電「!?」

見たこともない速さで迫って来る艦娘が見えました
それは、わたしの友達でした

135: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/02(月) 22:02:51.68 ID:IGSEPGJP0
電「な、なんで?」

島風「話なんて後だよ!」

島風「このまま何とか逃げ続けてね!」

電「え・・・え?」

島風「砲雷撃戦よーい!」

島風「いくよ、連装砲ちゃん!」

連装砲「はぁい」「任せといて!」「やっと出番ね!」

電「しゃ、しゃべったのです!」

島風「まずは雷撃!てーっ!」

バシュン

136: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/02(月) 22:17:36.40 ID:IGSEPGJP0
駆逐ハ級α《・・・雷撃ノ射程内ニ入リマシタ・・・》

重巡リ級α《・・・雷撃ヲ開始セヨ・・・》

重巡リ級β《・・・待テ、アレハ何ダ・・・?》

軽巡ト級α《・・・高速デ接近スル艦アリ・・・》

重巡リ級β《・・・照準合ワセ、迎撃ヲ・・・

駆逐ハ級α《・・・前方ニ雷跡・・・!》

重巡リ級α《・・・回避セヨ・・・!》

ドォォォン!

137: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/02(月) 22:28:17.90 ID:IGSEPGJP0
駆逐ハ級β《・・・ワレ、操舵不能・・・》

重巡リ級α《・・・砲撃戦開始、生カシテ帰スナ・・・》

ドンッ ドンッ ドンッ

軽巡ト級α《・・・速イ、当タラナイ・・・》

ドンッ ドンッ ドンッ

重巡リ級β《・・・敵艦、非常ニ高速・・・照準ガ追イ付カナイ・・・》

ドンッ ドンッ ドンッ

重巡リ級α《・・・・・・・・・》





重巡リ級α《・・・全艦、機銃ヲ掃射セヨ・・・》

重巡リ級α《・・・ジワジワト追イ詰メルノダ・・・》ニヤッ

138: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/02(月) 22:32:18.11 ID:IGSEPGJP0
ガカカカッ

島風「いたっ!」

島風「でもこんなんじゃ、わたしを撃沈出来ないよ!」

ドガガッ

島風「いったーい!」

連装砲「島風ちゃん、大丈夫?」

島風「砲撃に当たらなきゃ大丈夫だよ!」

連装砲「そうじゃなくて、こっち」

島風「?」

連装砲「機関部から変な音がしてるよ?」

139: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/02(月) 22:39:48.88 ID:IGSEPGJP0
島風「そっちかー」

連装砲「島風ちゃん?」

島風「実はわたし、姉妹艦がいないんだよね」

連装砲「はぃ?」「それと何の関係が?」

島風「だからね、姉妹艦がいれば交換する部品も作られるんだけど」

島風「そんなのないから、タービンも替えないで頑張ってもらってるの」

連装砲「も、もしかして?」

島風「うん、そろそろ限界みたい!」

140: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/02(月) 23:00:47.91 ID:IGSEPGJP0
ガカカッ

島風「いたーい!」

ドンッ

          バシャーン!

島風「もー!危ないじゃない!」

島風(ちょっと遅くなって来ちゃった)

島風(電ちゃん・・・逃げ切れたかな)

ドンッ

          バッシャーン!

連装砲「ち、近くに落ちたよ!?」

島風(そろそろ・・・ダメかも)

???『・・・ぜ・・・・・・ひしろ』ザザッ

島風「?」

ザザザザーッ

長門『島風!そのまま突っ切って、その海域から退避しろ!』

141: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/02(月) 23:10:50.86 ID:IGSEPGJP0
電「長門さん!」

提督『すまん、こんなことになっているとは!』

金剛『ただいま帰りましター!』

愛宕『後はわたし達に任せてー』

霧島『早くご命令を、提督!』

電「し、島風ちゃん」

電「みんなが帰って来たのです!」

天龍『オレ達の目を盗んで好き勝手とはなぁ』

龍田『可愛い駆逐艦ちゃん達をいじめるなんて』

龍田『死にたい艦(ふね)はどこかしらぁ?』

電「こっちもなのです!」





島風『もー、みんな!』

島風『おっそーーーーーい!!!』

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*

142: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/02(月) 23:17:56.05 ID:IGSEPGJP0
文月「島風ちゃん、すごぉい」

提督「ちなみに、島風のタービンは交換済みだ」

提督「・・・あの時、予算取るの大変だったなぁ・・・はは」

電「て、提督は頑張ったのです!」

提督「そんなこと言ってくれるのは、電だけだよー」うぅぅ

電「そそそ、そんなことないのです!」





文月(提督、結局は電ちゃんに泣かされてるのぉ)

145: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/04(水) 18:16:37.47 ID:f7sNWbwy0
青葉「司令官、わたし見ちゃいましたっ!」

青葉「こんな若い娘と浮気なんて、隅に置けませんねぇ」

提督「・・・お前は一体、何を言ってるんだ?」

青葉「どーもぉ青葉です!一言お願いしますっ!」

文月「一言ぉ?」

提督「困ってるだろ、やめんか」

ぽかっ

青葉「いたっ!」

青葉「提督、これが噂の体罰ってやつですか!?」

提督「・・・じゃあ噂のパワハラも教えてやろう」

提督「今日から風呂掃除一週間な」

青葉「わぁ!嘘です、もうマスコミの真似はしません!」

146: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/04(水) 18:17:49.69 ID:f7sNWbwy0
深雪「おぉっ!艦隊に新しい仲間みたいだな!」

文月「わたし、文月なのぉ」

深雪「深雪だよ、よろしくな!」

提督「こいつはな、元気っ娘だ」

深雪「提督、それ以外に紹介の仕方はないの!?」

提督「じゃあお前は、自分をどう紹介する?」

深雪「・・・そうだねー」

深雪「わたしは深雪だよ!元気印の艦娘だよ!」

提督「言い方変えただけじゃねーか!」びしぃっ

147: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/04(水) 18:19:40.13 ID:f7sNWbwy0
提督「ここが、お前の寝泊まりする宿舎だ」

文月「わぁ」

提督「そして、管理人の高雄だ」

高雄「こんにちは、高雄です」

高雄「新しい入居者が、あなたのような素敵な娘で良かったわ」

文月「よろしくぅ」

提督「セキュリティはしっかりしてるぞ」

提督「俺でも高雄と一緒じゃないと宿舎には入れない」

高雄「当たり前です」

高雄「提督に悪い虫が付かないように、愛宕からも言われてますから」

提督「・・・セキュリティってそういう意味じゃないからね」

148: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/04(水) 18:20:50.34 ID:f7sNWbwy0
文月MEMO

わかったこと



あおばちゃんは、いんたびゅーずき

みゆきちゃんは、げんきげんき

たかおちゃんは、ていとくのかんりもとくい



149: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/04(水) 18:22:47.81 ID:f7sNWbwy0
高雄「もう荷物は届いてますよ」

提督「駆逐艦は相部屋で、全員お前の知ってる艦娘だ」

文月「皐月ちゃん達ぃ?」

提督「いや」

提督「あいつらと一緒だと、道案内してもらえなさそうだし、放っとかれそうだし」

提督「お前を通じて迫って来そうだし、逆にお前が面倒見るはめになりそうだからな」





皐月『はっくしょん!』

菊月『くしゅっ!』

如月『へくちっ!』

望月『へぶしゅっ!』

皐月『やだなあ、みんなで風邪かい?』

150: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/04(水) 18:25:22.79 ID:f7sNWbwy0
長月「文月、お前もこの鎮守府に来たか」

長月「ここでは先輩だ、何でも聞くがいい」

文月「ありがとぉ」

三日月「もう長月ちゃん先輩だなんて」

三日月「訓練も演習も、お手柔らかにお願いしますね」

文月「三日月ちゃんなのぉ」

睦月「また一緒なの!みんなではりきってまいりましょー!」

文月「睦月ちゃん、元気ぃ」

睦月「当たり前だよー」

睦月「宿舎も相部屋なんて、睦月感激ぃ!」

提督「・・・・・・」

文月「提督、どしたのぉ?」

がしっ

提督「良かったな文月、まともな姉妹も居て!」ぶわわっ

三日月「・・・提督、それどういう意味でしょう」

151: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/04(水) 18:27:19.84 ID:f7sNWbwy0
長月「なるほど・・・確かに皐月達と一緒にしてもらっては困るな」

???『それは聞きずてならないな!』

長月「誰だ!?」

皐月「フフン、何を言ってるかと思えば、ボクの悪口かい?」

菊月「皐月達の"達"に誰が含まれているのか、知りたいものだな」

長月「お前達3バカに決まっている!」

望月「んぁ?・・・もしかして自分も入ってんの?・・・まぁいいけど」

睦月「まぁまぁ、みんな仲良く・・・

ばふっ

皐月「見たかい?ボクの新型枕爆雷の威力を!」

文月「睦月ちゃん、大丈夫ぅ?」

睦月「・・・えへへ」

ゆらぁっ

睦月「みんな、出撃準備はいいかにゃーん?」

長月「任せておけ!」

三日月「ええ!?もしかしてわたしも!?」

睦月「てぇーい!」

・・・・・・・・!

・・・・・・!

・・・・!

提督「・・・やっぱり、姉妹は姉妹だな」

文月「みんな元気なのぉ」

提督「落ち着くまで談話室でも案内するか 誰か居るかもしれんしな」

高雄「いや、止めましょうよ立場的に」

152: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/04(水) 18:28:23.42 ID:f7sNWbwy0
筑摩「初めまして、筑摩と申します」

ぽろっ

文月「わぁ、顔が取れたのぉ」

筑摩「驚きました?これはお面なんです」

文月「びっくりしたぁ」

高雄「・・・提督?」

提督「びびびび、ビックリするから、それやめろって言ったろう!」どきどき

筑摩「提督みたいに素敵な反応してくれる人が居るから、つい」

153: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/04(水) 18:29:58.89 ID:f7sNWbwy0
初春「わらわが初春じゃ よろしく頼みますぞ」

文月「文月って言うのぉ~」

初春「文月か、良い名である」

提督「本日も姫の御尊顔を拝し、恐悦至極に存じます」

初春「うむ、くるしゅうない」

初春「して、明日の予定はどうなっておるのじゃ?」

提督「さすればでございますな・・・





提督「最初は面倒な奴だと思ってたんだが」

提督「合わせてる内に楽しくなって来ちゃってな」

文月「お姫様ごっこ、楽しそぉ」

154: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/04(水) 18:55:59.91 ID:f7sNWbwy0
提督「さて、こんな時間か」

提督「全員には紹介出来なかったが、明日以降みんなに会えるだろう」

文月「あぃ」

提督「高雄、後は頼むぞ」

高雄「お任せください 食事とお風呂の順番、教えるわね」

提督「2100以降は外出禁止だから、気を付けてな」

文月「愛宕ちゃんもぉ?」

提督「は?」

文月「それじゃ愛宕ちゃんと、でーと出来ないよぉ?」

提督「ばばば、バカなこと言ってないで、早く寝なさい!///」

高雄「・・・提督、ダメな父親みたいになってますよ?」

155: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/04(水) 19:08:47.83 ID:f7sNWbwy0
文月MEMO

わかったこと



ながつきちゃんもみかづきちゃんもむつきちゃんも、いつもどおり

ちくまちゃんは、まじしゃん

はつはるちゃんは、おひめちん



156: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/04(水) 19:13:24.96 ID:f7sNWbwy0
ぱちっ

文月「・・・ここ、どこだっけぇ」

文月「んとぉ」

長月『駆逐艦と侮るなよぉ・・・むにゃ』zzz

文月「そうだ、呉に来たんだった」

ぶるるっ

文月「・・・おしっこ」

157: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/04(水) 19:15:22.93 ID:f7sNWbwy0
ぱたん

文月「ねむぃ」

文月「んぅ?」





那珂「・・・みんなぁ・・・アンコールありがとぉ・・・」zzz

文月「談話室のソファで寝ちゃってるのぉ」

那珂「・・・すぅすぅ」zzz

文月「那珂ちゃん、いい匂い」

文月「・・・・・・」

158: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/04(水) 19:26:06.05 ID:f7sNWbwy0
木曾「ふわぁ」

木曾「ん?誰か居るのか?」

木曾「・・・・・・」

木曾「なんだ、那珂と新入りじゃないか」

木曾「何でソファで抱き合って寝てんだ?」

木曾「・・・・・・」

木曾「天使が二人・・・か」ふっ

かたっ

木曾「!?」びくーっ

青葉「木曾ちゃん意外にポエマー・・・っと」メモメモ

木曾「なっ!?///」

159: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/04(水) 19:31:26.64 ID:f7sNWbwy0
文月日誌

○月×日



くれちんじゅふに、ちゃくにんした

みんないいひとだった



あしたも、がんばろう

かこちゃんも、がんばれ



162: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/05(木) 22:01:58.40 ID:Sq2WQrRr0
その頃

提督「・・・お前達、何やってんだ?」





伊168「夜は、わたし達の世界よ!」

川内「夜はいーよねぇ、夜になると血がたぎるよね!」

提督「お前らに望んでんのは野戦であって、夜更かしじゃねーよ」

163: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/05(木) 22:16:27.71 ID:Sq2WQrRr0
がちゃっ

文月「提督、おはよぉ」

提督「おお、来たか」

文月「・・・?」

伊168「わ、わたし今は正座させられてるけど、潜ると凄いのよ!」

川内「あああ、あじがじびれるぅぅぅ」

提督「一応紹介しとくと、こいつは川内だ」

提督「ちなみに、門限破りでイムヤと一緒に反省中だ」

川内「わ、わたしは川内・・・夜戦なら、わたしを呼んで」

提督「そうそう」

提督「得意なのは夜戦で、夜更かしじゃあないよな」

川内「うぅぅ・・・朝なんて来なければいいのに」

164: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/05(木) 22:30:15.14 ID:Sq2WQrRr0
隼鷹「商船改造空母隼鷹でーすぅ、ひゃっはー!」

提督「・・・・・・」

文月「・・・・・・」

隼鷹「あ、あれ?」

提督「今から憲兵の詰め所行って、呼気検査な」

隼鷹「の、飲んでなんかないよぉ?シラフだよぉ」

提督「素でそのテンションなら、なお悪いわ!」

隼鷹「朝から飲みました、ごめんなさい!」

165: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/05(木) 22:37:40.51 ID:Sq2WQrRr0
文月「文月なのぉ よろしくぅ~」

加賀「そう」

加賀「早く戦力になれるように、頑張りなさい」

文月「はぁい」

加賀「それじゃ、訓練があるから」





提督「・・・クールビューティっていいよな」

文月「さすが、長門派なのぉ」

166: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/05(木) 22:40:31.32 ID:Sq2WQrRr0
文月MEMO

わかったこと



・せんだいちゃんは、よるがた

・じゅんようちゃんは、おおざけのみ

・かがちゃんは、くーるびゅーてぃ



167: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/05(木) 22:50:00.41 ID:Sq2WQrRr0
【番外編】加賀物語

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*

クールビューティ・・・か

わたしの態度が冷徹に見えるだろうという事は、自分でも分かっている
でも
これは仕方ない事なのだ

原因は、私の夢にある

ああ
これでは今日も夢を見てしまいそうだ

168: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/05(木) 22:52:41.30 ID:Sq2WQrRr0
   ん・・・ここは

   やっぱり夢の中なのね

夢の中の私は艦娘ではなくなってる
ただ
軍艦である事は分かる
それも空母だ
見慣れた九九艦爆や九七艦攻が見える

向こうには赤城さんと蒼龍、飛龍の姿がある
艦娘の姿じゃないけど、私には分かる
何故かと聞かれても説明のしようがない
ただ、分かるのだ

私達は海域を粛々と進んでいる
ある島を攻撃する為だ

夢の中にしか存在しない不思議な島





その名はミッドウェイ

169: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/05(木) 22:57:09.15 ID:Sq2WQrRr0
第一次攻撃隊を発艦させて、かなり経つ

艦橋では、次の一手がどうなるのか気を揉んでいる様だ
甲板には魚雷を搭載した艦攻が発進の時を待っている
訓練に訓練を重ねた、私の自慢の子達

力を発揮出来ずに散る
不憫な子達

そろそろ来る
運命を分ける、あの命令が

・・・司令ヨリ通知・・・

・・・読ミ上ゲタマヘ・・・

・・・本日、航空機ニヨル攻撃ヲ実施スル為、第二次攻撃隊ヲ編成セヨ・・・

・・・兵装ハ爆装ニ転換・・・

170: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/05(木) 23:01:03.22 ID:Sq2WQrRr0
   ああ

   駄目だ・・・転換しては駄目

   意味がないの・・・意味がないのよ

事は自分の知っている通りに進む
進んでしまう
利根の偵察機から敵空母発見の報告が入り
爆装への転換は中止
再度、雷装への転換が通達される

現場は混乱してる
転換作業は遅々として進まない
敵機の来襲が断続的にあり、熟練の作業員でもどうにもならない

171: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/05(木) 23:04:37.89 ID:Sq2WQrRr0
その時が近づいているのが分かる

   嫌・・・嫌よ

   私の事はいい

   逃げて、赤城さん・・・逃げて

もちろん、私の叫びは届かない
突然、体に痛みが走る
最初に攻撃を受けたのは、この私
誰も敵機の侵入に気付かなかったのだ

卑怯だ
痛みを感じさせるなら、声を出させて
赤城さんに伝えさせてよ

そんな卑怯な事ってないわ

172: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/05(木) 23:08:42.61 ID:Sq2WQrRr0
次に被弾したのは蒼龍だった
またたく間に甲板が炎に包まれた

艦娘の蒼龍が焼かれてる様に感じて、私はきつく目を閉じた
もう自分の痛みなんか関係ない
心が痛い

私は知っている
この後の事を知っている
だから
このまま目を閉じていようかと思った
目を閉じていれば、いずれは夢から覚めるだろう

173: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/05(木) 23:15:06.33 ID:Sq2WQrRr0
もう一方で、私は分かっていた
目を開けずにいられない事を

もしかしたら、今回の夢では違う結末が待っているかもしれない
私の望みが叶うかもしれない

そう
赤城さんだけは助かって欲しい

  逃げて・・・逃げて・・・逃げて

声が出ないと分かっていて叫び続ける
だけど
私の目に映るのは、いつもの光景
直掩の零戦が発艦準備をしている姿だった

174: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/05(木) 23:19:30.46 ID:Sq2WQrRr0
そこからの時間は、何故かゆっくり進んでる様に思えた
敵機の爆弾が赤城さんの甲板に吸い込まれて行く
爆発
そして誘爆
第二次攻撃隊として準備していた機体が燃え上がる
誘爆は誘爆を呼び、炎の柱が立った

   嘘だ・・・こんなのってない

    何故、一回くらい助けてくれないの

  どうして同じ結末になってしまうの

次の瞬間
私は体を失った

沈んだのだ

175: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/05(木) 23:22:32.74 ID:Sq2WQrRr0
何故か意識だけが、その海域を漂っていた
燃えている赤城さんと蒼龍が見える

何故だろう
どうして私は、この光景を見なければいけないのだろう
自分の体を失ったのに

まず蒼龍が沈んだ
声が聞こえた気がした

   飛行甲板の火・・・

   消えないね・・・ごめん・・・

176: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/05(木) 23:28:07.94 ID:Sq2WQrRr0
次には
次には赤城さんが沈む
沈んでしまう

あの声が聞こえて来る
あああ

   ごめんなさい・・・

   雷撃処分・・・お願い出来ますか・・・

何でそんな事を言うの
こんな時に潔くしたって、どうだっていうの
確かに後で誰かが褒めるかもしれない
でも、でもね
その時は赤城さんは沈んじゃってるのよ?

   生きてよ

  ねえ

    みっともなくっても生き続けてよ

  生きてよぉ

   ああ、神様

  どうか・・・お願いですから

177: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/05(木) 23:31:09.57 ID:Sq2WQrRr0
そこでいつも私は目を覚ます
全身に汗をかいて

泣いている時も多い
今回も、泣いてしまったようだ

すると
隣のベッドからきしむ音がする
そこで寝ていたベッドの主は、そっと私の隣に身を滑り込ませ
私を優しく抱きしめてくれる
何も言わずに

ああ
やっぱりこの人は、母性の塊のような人だ

私の敬愛する人、赤城さん

178: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/05(木) 23:35:39.03 ID:Sq2WQrRr0
この時に私は再確認する
この世に艦娘として生まれて来た意味を

私はこの人を守る為に生まれて来た
みんなを守る為に生まれて来た

そして
あの人を守る為に





艦娘として、私は赤城さんを愛している
それと同じ位に
女として、あの人を愛している

179: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/05(木) 23:40:22.69 ID:Sq2WQrRr0
あの人には恋人が居る
私とは正反対で可愛らしい、重巡洋艦の艦娘だ

時々、彼女が羨ましくなる
私はああはなれない
分かっている事だ

だから、私は出来る事をする
冷静に物事を判断し、合理的に考える
自分に厳しく、他人にも厳しく
時には厳しい言葉も浴びせる

それで私が、みんなが強くなれば
それだけ守れる確率が増す

それが私の愛だ
守る事
それが私の全てなのだから

180: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/05(木) 23:46:50.02 ID:Sq2WQrRr0
今日もあの人と艦娘達が楽しそうにじゃれ合っている
意外に思われるかもしれないが
私は、その光景が嫌いじゃない

何故ならそれは、平和だという事だから
赤城さんも、あの人も
みんなが無事だという事だから

私は、みんなのはしゃぐ声を聞きながら空を仰ぐ
ああ
今日もいい天気になりそうね
絶好の訓練日和だわ

加賀「ほら赤城さん、訓練に行きますよ」

赤城「ええっ、もうですか?」

赤城「わたし、ちょっと小腹が空いちゃって・・・

加賀「泣き言は聞きません」

私は今日も、自分の出来る事をする
全力で訓練に励むのだ

私の子達が翔ける空は、ただ青かった





加賀「一航戦加賀、出撃します!」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*

184: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/07(土) 14:24:35.96 ID:51rs06Jz0
提督「・・・・・・」

文月「・・・・・・」

多摩「・・・・・・」

提督「・・・文月、ちょっと・・・」ひそ

文月「んぅ?」

提督「・・・と言ってみてくれ」ひそ

文月「・・・・・・」こくこく

文月「わぁ、可愛いネコちゃんが居るのぉ」

多摩「多摩だにゃ、ネコじゃないにゃ」





提督「それ言いたいためにネコミミ着けるの、そろそろやめれ」

185: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/07(土) 14:36:54.81 ID:51rs06Jz0
球磨「球磨です クマじゃないくま」

提督「しかし、お前は球磨だろう」

球磨「違うくま、クマじゃないくま」

提督「いや、どっからどう見ても球磨だ」

球磨「これでもくま?」

ぽろっ

文月「わぁ、顔が取れたのぉ」

筑摩「残念 くまはくまでも筑摩でした」

文月「またびっくりしたぁ」

筑摩「・・・提督?」

提督「もうそれ、やめてよぉぉぉ!!!」どきどき

186: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/07(土) 15:05:11.70 ID:51rs06Jz0
提督「は?小麦粉を食糧庫から持って行こうとした?」

愛宕「なんでも、ホットケーキを作りたかったとかー」

深雪「たはは、見つかっちゃったー」

愛宕「コックさんが二人の人影を見たって言うんですけど」

愛宕「この娘、口を割らなくてー」

深雪「わたしは人を売るような真似はしないよ!」

文月「なんで服が白くなってるのぉ?」

深雪「これかい?」

深雪「途中で何かに引っ掛けて、袋が破けてしまったのさ」

187: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/07(土) 15:12:26.85 ID:51rs06Jz0
文月「!」

文月「提督、あそこぉ」

提督「ん?」

球磨「・・・・・・」てくてく ←本物

提督「おーい、球磨!」

球磨「ん?呼んだくま?」

提督「その格好はどうした?」

球磨「シロクマだくまー」





提督「・・・ちょっとこっちに来ようか」

189: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/11(水) 06:34:10.82 ID:pcfoGMrC0
龍驤「・・・はぁ」

龍驤「なんで大きくならへんのやろ」

文月「まっさーじ、だめだったのぉ?」

提督「女ってのは、どうしてそこまで気にするかね」

龍驤「そりゃ、あれやわ」

龍驤「男の人が気にするからやん」

提督「俺は特に気にしないけどなー」

提督「スレンダーはスレンダーなりに魅力あるし」

龍驤「ほ、ほんまに!?」

がたたっ

提督「あ、ああ」

龍驤「いややわ、言うてよぉ///」

龍驤「てっきり提督も、そっち好きかと思てたやん///」

ばんばんっ ←大阪おばちゃん叩き

提督「いでっ、あだっ!」

190: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/11(水) 06:45:50.79 ID:pcfoGMrC0
提督「そ、それにな」

提督「龍譲はそのままで十分可愛いんだから、無理して・・・

龍驤「ななな、何言うてんの!?///」

龍驤「もー提督、正直過ぎて困るわぁ!///」

ばんばんばんっ ←大阪おばちゃん叩き2割増し

提督「いでーっ!」

龍驤「・・・でも、ほんまはあれやろ?」

龍驤「ほんの冗談とかなんやろ?」ちらっ

提督「じょ、冗談なんかじゃないぞ?」

龍驤「もーっ、うちを悶え死にさせる気ぃ!?///」

ぎゅぎゅぎゅーっ ←ベアハッグRJスペシャル

提督「・・・死ぬ・・・その前に、俺が死ぬ・・・」

文月「提督の背骨から、変な音がするのぉ」

191: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/11(水) 06:53:05.94 ID:pcfoGMrC0
文月「提督、大丈夫ぅ?」

提督「・・・死ぬかと思った」

摩耶「ハッ!」

摩耶「情けねーな、女にハグされて涙目か?」

提督「摩耶か」

提督「そうは言うけどな、意外と半端ないぞ?」

摩耶「根性が足りねーんだよ、根性が」

提督「よし、試しにやられてみろ」

提督「摩耶、龍譲を褒めるんだ」

摩耶「褒める?」

摩耶「そうだな、ちっとは可愛いんじゃねーの? アタシには全然劣るけどな!」

龍驤「・・・・・・」ピキッ

ぎゅぎゅぎゅぎゅーっ

摩耶「あだだだだだっ!」

192: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/11(水) 06:58:42.60 ID:pcfoGMrC0
摩耶「うぇっ・・・ひぐっ・・・ひどいよぉ」

提督「・・・見かけ倒しかよ」

龍驤「ほ、ほんまゴメンてぇ」

龍驤「泣くとは思わなかったやん」おろおろ

文月「・・・・・・」

すっ

提督「ん?」

文月「よーしよし、いい子いい子」

文月「痛いの痛いの、とんでけー」なでなで





提督(この時、提督に衝撃走るッ!)

提督(この中で文月が一番精神的に大人という、圧倒的事実ッ!!!)

193: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/11(水) 07:00:16.36 ID:pcfoGMrC0
文月MEMO

わかったこと



・たまちゃんは、にゃー

・くまちゃんは、くまー

・まやちゃんは、はんこうき(ほんとはいいこ)



195: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/12(木) 20:02:07.78 ID:Nu/irMj70
提督「まあ一応、医務室で休んでおけ」

摩耶「ケッ!」

摩耶「休むんじゃねーよ!サボるんだからな!」

鳳翔「まあまあ、摩耶さん」

鳳翔「そんな乱暴な口をきいてはいけませんよ」

摩耶「ちぇっ、お母さんか 調子狂うぜ///」

文月「なんでお母さんなのぉ?」

提督「鳳翔はその雰囲気から、お母さんって呼ばれてるんだ」

196: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/12(木) 20:17:36.27 ID:Nu/irMj70
提督「ところで、先生は?」

鳳翔「所用で外していらっしゃいまして、留守番を頼まれているんです」

がらっ

雷「お母さーん、指切っちゃったー」

鳳翔「あらまあ」

響「・・・そんなのウォッカかけときゃ治るのに」

鳳翔「消毒して、絆創膏を貼りましょう」

鳳翔「ちょっと染みますよ?」

雷「つっ!」

鳳翔「良く我慢しました、いい娘ですね」

雷「頭なでなでしてくれるー?」

鳳翔「はいはい」

なでなで

雷「えへへー///」

響「・・・ずるい、わたしもやって欲しい」

鳳翔「こっちいらっしゃい」

なでなで

響「・・・はぁ///」





提督「・・・つか、そこらの母親より母親らしいんじゃね?」

197: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/12(木) 20:32:33.36 ID:Nu/irMj70
古鷹「あ、文月ちゃん丁度良かった」

文月「んぅ?」

古鷹「演習で、駆逐艦の娘が足りないの」

古鷹「ちょっと入ってくれないかしら?」

提督「いきなり重巡含んだ演習って、文月にはハードル高くないか?」

古鷹「ああ、それは大丈夫です」

古鷹「・・・相手は、あんな感じですし」

198: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/12(木) 20:42:00.34 ID:Nu/irMj70
加古「ふあぁ・・・朝からダルいー、艤装が重いー」

利根「作戦など不要だ!」

利根「貴様らは、ただ吾輩に着いて来れば良いのだ!」

名取「わ、わたしなんかが演習に入っていいんでしょうか」おどおど

大潮「駆逐艦大潮、とりあえず全力です!」

不知火「不知火です」

不知火「ご指導ご鞭撻、よろしくです」





提督「・・・その部隊で、ご指導ご鞭撻は無理だわ」

200: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/12(木) 20:53:52.60 ID:Nu/irMj70
古鷹「まあ、味方もこうなんですけどね」





羽黒「あの・・・あの・・・ご迷惑だったら、ごめんなさい!」

夕張「うぅ、なんか武装積み過ぎて重いー」

夕張「お、おいてかないでよー」

夕立「あー文月ちゃん、昨日ぶりー♪」きゃぴっ

201: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/12(木) 21:01:44.96 ID:Nu/irMj70
古鷹「あら?文月ちゃん、どうしてそんなにゆっくりなの?」

文月「えとぉ、予備の魚雷が重いのぉ」

古鷹「なんでそんなに積んだの?」

夕張「だって兵装多い方が有利じゃないですか」

夕張「弾も魚雷も、多い方がいいに決まってますよね!」

古鷹「・・・あのね、夕張ちゃん」

古鷹「確かにあなたの火力は凄いけど、そろそろ自分が軽巡だって気付いて欲しいなぁ」

202: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/12(木) 21:19:31.12 ID:Nu/irMj70
提督「文月、とりあえず余分な魚雷は投棄しなさい」

文月「はぁい」

とぷん しゅるるるーっ





利根「吾輩に続け!さすれば、勝利は疑いないぞ!」

大潮「駆逐艦大潮、全力で戦場に駆けつけます!」

利根「はっはっは、吾輩と張り合おうというのか!?」

大潮「小さな体に大きなファイトです!」

利根「まだまだ駆逐艦には負けん!」

利根「・・・ところで、あれはなんじゃ?」

大潮「あれは多分、魚雷です!」

どーん どぉぉーんっ

203: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/12(木) 21:31:41.36 ID:Nu/irMj70
提督『利根、大潮、撃沈判定なー』

名取「み、味方がやられちゃいました!」

加古「気合い入れ過ぎだってー」

加古「こういうのは、ゆーっくりやんないと ゆーっくり」

名取「そ、そうですよね」

加古「ところで、他の敵艦どしたかなー?」





夕立「あれ?敵の後ろまで来ちゃったっぽい?」

夕立「気付かれてなさそーだから、反転しちゃえ♪」

くるんっ

夕立「魚雷さん、行ってらっしゃい☆」

とぷんっ しゅるるーっ





名取「・・・あの、後ろに雷跡が見える気がするんですけど」

加古「気のせい、気のせい!」

どこーん どぉぉぉーんっ

204: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/12(木) 21:41:04.98 ID:Nu/irMj70
提督『加古、名取も撃沈判定っと』

文月「夕立ちゃん、すごいのぉ」

古鷹「後は不知火ちゃんだけですね」

夕立「不知火ちゃん、覚悟はいーい?」きゃぴっ

不知火「夕立さん」

夕立「ん?」

不知火「ご指導ご鞭撻、よろしくです」

夕立「はぃ?」

提督『・・・おーい、一応いまは敵味方だからなー』

205: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/12(木) 21:46:59.31 ID:Nu/irMj70
飛鷹「名前は、いずもま・・・じゃなかった 飛鷹です」

飛鷹「航空母艦よ、よろしくね」

文月「文月 駆逐艦なのぉ」

飛鷹「敵機動部隊への攻撃は、このいずもま・・・飛鷹に任せて」

提督「・・・もう出雲丸で登録しよっか」

飛鷹「覚える!覚えますから!」

206: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/12(木) 21:51:57.58 ID:Nu/irMj70
文月MEMO

わかったこと



・しらぬいちゃんは、おしえてほしい

・ゆうばりちゃんは、いっぱいつみたい

・ひようちゃんは、いずもまん



207: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/12(木) 22:27:53.36 ID:Nu/irMj70
【番外編】初雪ちゃんの小さな出会い

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*

訓練が終わって宿舎に帰ろうとしたら
目の前に、うず潮みたいなのが浮かんでた



初雪「・・・なんだろ、これ・・・」



ちょんっと触れた次の瞬間
全然知らない所に立っていた

208: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/12(木) 22:31:46.41 ID:Nu/irMj70
初雪「・・・ここ、どこ・・・」



きょろきょろ辺りを見回すと
看板が目についた



初雪「・・・JR秋葉原・・・?」



わからない
秋葉原の息子って、どういう意味だろ

209: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/12(木) 22:41:54.84 ID:Nu/irMj70
ざわ ざわざわ

『すげー』

『なにあれ、艤装とか凝り過ぎだろ』

『てか、中の娘も可愛くね?』



ん?
なんかわたし、注目されてる?
たとえここが港じゃなくても
艦娘なんて珍しくもないのに

訳が分からないから、情報を集めよう
はぁ、面倒だ


ちょうどあそこに、本屋さんみたいなお店があるな

210: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/12(木) 22:50:24.49 ID:Nu/irMj70
「良かった、買えたー」

「最後の一冊でしたなwww」

初雪「!?」

がばぁっ

「な、なに!?」

初雪「・・・その本の表紙、島風ちゃん・・・」



イラストにはなっていたけど
その姿は、間違いなく島風ちゃんだ

なんか、可愛い

211: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/12(木) 22:57:45.67 ID:Nu/irMj70
初雪「・・・これ、軍事専門誌・・・?」

「はぃ?」

「艦これ特集号ではござらんかw」

「そんな気合いの入ったコスプレして、何を言っているのでござるwww」



わからない
艦これとは何だろ?
コスプレって?

212: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/12(木) 23:05:35.01 ID:Nu/irMj70
「もしかして、この本が欲しいの?」

「譲ってあげたいけど、これ最後の一冊で・・・」

初雪「・・・欲しいのは、情報だけだし・・・」

「中が見たいと」

初雪「・・・・・・」こくこく

「そ、それじゃあさ」

「見せてあげる代わりに、一緒に写真撮ってくれない?///」

初雪「・・・構わない・・・」



鎮守府にも、わたし達と写真に収まりたがる政治家さんがよく来る
提督が言うには、PRに使うんだそうだ

この人達は若そうなのに、政治家志望なのかな

213: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/12(木) 23:10:18.31 ID:Nu/irMj70
「・・・・・・///」

初雪「・・・そんなに赤くなって、PRの写真になるの・・・?」

「PRって?」

「も、もしかして写真を公開してもいいでござるか!?」

初雪「・・・うん・・・」



公開しなきゃPRにならないのに
おかしな人達だ

慣れてないからかな

214: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/12(木) 23:33:45.15 ID:Nu/irMj70
  2ちゃんねる ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50

  【朗報】初雪ちゃんは実在した・・・!

  1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/12(木) 17:56:31.87 ID:akaGiSaN0
  http://ux.getuploader.com/kancolloda2/download/*****/kancolloda2_*****.jpg

  2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/12(木) 17:57:10.52 ID:zeKamasI0
  >>1クソスレ立てやがって

  って、うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!?

  3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/12(木) 17:57:24.65 ID:naNOdeth0
  なんだ、ただの本物か

  4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/12(木) 17:57:41.23 ID:EikokuUm0
  あまりに似過ぎて草不可避

  5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/12(木) 17:57:46.67 ID:OoicHILo0
  これ、雑誌のイベントか何か?
  艤装の再現度が半端ないんだけど

  6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/12(木) 17:57:47.66 ID:KaNcoLLe0
  つか、これどこよ?

  7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/12(木) 17:59:47.66 ID:YaggysaN0
  >>6
  背景見るにアキバじゃね?

215: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/12(木) 23:46:17.28 ID:Nu/irMj70
~1時間後~

わいわい がやがや

初雪「・・・吹雪型の記事が少ない・・・」

「あの・・・そろそろ移動しない?」

「うは 拙者達、注目の的www」

初雪「・・・いつの間にか、人がたくさん・・・」

「いまは警察もうるさいんだよねー」



そっか
これじゃ警備も大変だ



初雪「・・・わかった 移動する・・・」

216: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/12(木) 23:53:06.41 ID:Nu/irMj70
「とは言え、どこに行こう」

初雪「!?」

たたたたたっ

「こ、こんにちは、お嬢様」

初雪「・・・この人、漣ちゃんと一緒・・・」

「あー、漣ちゃん」

「確かにwwwご主人様言うwwwww」

「メイドカフェ行ってみたいの?」

初雪「・・・・・・」こくこく

「あの・・・コスプレでのご来店は、ちょっと」

「えーっとですね」

「この娘を連れてけば、後ろの人達みんな来ると思いますよ?」

ぞろぞろぞろ

「これぞ、長蛇の列www」

217: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/13(金) 00:01:50.35 ID:Fx7UbxfI0
「お、お帰りなさいませ、ご主人様」

「お帰りなさいませ、お嬢様」

「・・・店長、貸切の札、出して来ますね」

「こんなに混んだの久しぶりぃ!閉めなくて良かったー!」



この後は、みんなとお茶をしたり
ごはんを食べたりして過ごした
漣ちゃんの言う通り、オムライスにケチャップで名前を書いてくれた

一緒に写真を撮った中に、泣いちゃった人がいて
それはちょっとビックリした

それにしても
こんなにいっぱい支持者の人がいるなんて
実は有名な政治家さんなのかな

あんまり偉くなさそうだけど

218: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/13(金) 00:08:00.48 ID:Fx7UbxfI0
「行ってらっしゃいませ、ご主人様」

「行ってらっしゃいませ、お嬢様」

「拙者にはアレで、お願い致すwww」

「行ってらっしゃい、お兄ちゃん♪」

「行って来るでござる、妹よwwwww」



なるほど
兄妹のように親しみのある政治家さんを目指してるのか
だから偉ぶらないんだ





「ちょっと君達、いいかな?」

219: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/13(金) 00:14:18.21 ID:Fx7UbxfI0
「やべっ、警察だ」

「許可なく路上でイベントしちゃいけないってことは、知ってるよね?」

「こ、これはイベントじゃなく・・・」

「少し話を聞かせてもらっていいかな そこの女の子も」

初雪「・・・わたし・・・?」

がばぁっ

「に、逃げて!」

「おいこら、何をする!」

「ここは俺らに任せて!」

「横鎮からやってる提督、なめんな!」

「写真、大事にするからねー」

初雪「・・・で、でも・・・」

「作戦は、帰投するまでが作戦でござるよwww」

220: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/13(金) 00:20:43.37 ID:Fx7UbxfI0
初雪「・・・ありがとう・・・」



わたしは必死に駆けた
警察の中には、軍が嫌いな人がいるって聞いた気がする
トラブルになると、提督に迷惑かかるかも

そして、駆け抜けた先
当たり前のように、それはあった

不思議なうず潮が

221: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/13(金) 00:26:44.74 ID:Fx7UbxfI0
あの後
ちゃんと呉鎮守府に戻って来れた
いまは、何事もなかったように過ごしてる

調べたけど
こっちに秋葉原なんて地名はない

あそこは一体、なんだったんだろ
うず潮が他の世界と繋がってたのかな
たぶん、そうだろう
それで時々、どこかに現れたりするんだ

だって
わたし宛てに変なハガキが届いたから





もし、またあの世界に行けたら
またみんなとオムライスを食べたいな

222: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/13(金) 00:31:27.32 ID:Fx7UbxfI0


  広島県 呉鎮守府内  初雪様










  初雪ちゃんファンクラブ
  とうとう2万人を突破しましたぞwww
  目指せ10万人www

  艦これで投票とかあったら
  絶対に初雪ちゃんを一位にするでござるwwwww



*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*

227: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/13(金) 21:05:30.25 ID:Fx7UbxfI0
古鷹「さて、演習の反省点や良かった点を上げてみましょう」

加古「反省点は、朝から演習をやったことー」

利根「吾輩は悪くないぞ!あんなところに魚雷があるのが悪いのだ!」

羽黒「め、迷惑かけて、ごめんなさいっ!」

名取「わわわ、わたしなんかが演習のメンバーに入ったからでしょうか」おどおど

夕張「うーん、ここに兵装・・・まだ乗りそうだったのよね」





古鷹「・・・・・・」ふるふる

提督「気持ちは分かるが落ち着け、古鷹」

228: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/13(金) 21:19:44.76 ID:Fx7UbxfI0
大潮「いつも全力だけじゃダメってことでしょうか!」

大潮「大潮、慎重さも身につけます!」

文月「相手の動きを考えて、魚雷を撃っておくのもいいのぉ」

夕立「んー、今回は相手に電探ないから上手くいったのかもー」

夕立「電探あった時のことも考えないとかなっ♪」

不知火「夕立さんの動きは、すごく参考になったわ」





古鷹「・・・提督」

古鷹「軽巡や重巡のいいところが分からなくなってきました」

提督「だから気持ちはわかるが、頭を抱えるのもやめれ」

229: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/13(金) 21:31:06.85 ID:Fx7UbxfI0
ばったーんっ

摩耶「サボるのも飽きたんで、来てやったぜ!」

古鷹「・・・・・・」ぶちーっ

摩耶「あれ?」

古鷹「ドアはノックしてから開けろって教わらなかったんですか!?」

古鷹「だいたいサボるって何!?少したるんでるんじゃないの!?」

摩耶「え、あの」

古鷹「重巡だからって浮かれてたらね、あっという間に駆逐艦ちゃん達に抜かれちゃいますからね!」

古鷹「わかったの!?」くわっ

摩耶「・・・ぐすっ」

摩耶「そんなに怒らないでよぉ」

提督(摩耶よ、お前ほど間の悪い奴を、俺は他に知らない)

231: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/13(金) 23:04:46.37 ID:Fx7UbxfI0
文月「吹雪ちゃんなのぉ」

吹雪「文月ちゃん!昨日はよく眠れました?」

文月「大丈夫なの ありがとぉ」

提督「吹雪はこれから遠征か?」

吹雪「そうですけど・・・何ですか?」ツンッ

提督「ふ・・・吹雪?」

吹雪「なんて、冗談ですよ!昨日のお返しです!」

吹雪「わたしだって怒ることもあるんですよ これに懲りたら・・・

提督「いかんぞ、吹雪!」

吹雪「は、はい?」

232: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/13(金) 23:22:59.28 ID:Fx7UbxfI0
提督「それはツンデレ枠の仕事だろう!お前は正統派ヒロイン枠じゃないか!」

吹雪「つ・・・つん?」

提督「俺はこれまで、アニメだろうがゲームだろうがなあ」

提督「サブヒロインに魅力的な子が居ても、迷わず正統派ヒロイン推しでやってきたんだ!」

提督「だからお前がツンデレ枠になられると、非常に困る!」くわわっ

吹雪「えと・・・あの」

吹雪「ちょっと意味は分かりませんけど、わたしを応援してくれてるってことでいいんですか?」

提督「そうだ!」

吹雪「あ、ありがとうございます!///」

吹雪「司令官のために、遠征も頑張りますね!///」





文月「提督、熱血ヒーローみたいだったぁ」

提督「たまには勢いって大事だな!」

234: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/14(土) 06:11:09.25 ID:uMwmu4850
【番外編】山城物語

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*





その日、わたしは見た

赤城、加賀、飛鷹、隼鷹から発艦した艦載機が
またたく間に敵艦隊を殲滅するのを





その日、わたしは見た

戦艦時代の終焉を





235: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/14(土) 06:26:34.73 ID:uMwmu4850
山城「はぁ、また入渠ですか」

その頃のわたしは、入渠と試験航海を繰り返す日々を送っていた
不具合を潰しては、またまた他の不具合が出てくる
工廠の人からは、設計上の問題で仕方ないと苦笑される始末
ほとほと嫌気が差している所に、あの光景だ

空母のみんなが奮闘する中、何も出来ない自分

自分の居ない所で戦闘が起こり
自分の居ない所で戦闘が終わる

必然的にわたしは、ある考えに辿り着く





わたしなんて居なくてもいいんじゃないか?

236: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/14(土) 06:34:42.67 ID:uMwmu4850
入渠生活での唯一の楽しみは、扶桑姉様が見舞いに来てくれる事だ
今日も顔を見せてくれた
わたしの心をとろけさせる、柔らかなその笑顔を伴って

山城「扶桑姉様ぁ♡」

自然と、わたしの顔もほころぶ
鉛の様に心の中に居座ったその考えを忘れさせてくれるのは、姉様の笑顔だった



  わたしなんて居なくてもいいんじゃないか?



今まではそうだった
姉様の笑顔が忘れさせてくれた



  わたしなんて居なくてもいいんじゃないか?



そう
それは、少しずつ大きくなっていた
姉様の笑顔も敵わない程に

237: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/14(土) 06:36:58.18 ID:uMwmu4850





そして
それは突然、爆発した





238: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/14(土) 06:42:43.00 ID:uMwmu4850
長い入渠を終えた、ある雨の日
姉様との訓練中の事だった

扶桑「どうしたの、山城?」

山城「・・・意味があるんですか?」

扶桑「え?」

山城「この訓練に意味はあるんですか?」

扶桑「意味って・・・訓練しなければ、実戦で力を発揮出来ないわ」

山城「力を発揮する場が、どこにあります!?」

山城「わたし達の時代は終わったんです!もう戦闘は空母に任せておけばいいんです!」

239: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/14(土) 06:50:06.13 ID:uMwmu4850
扶桑「じゃああなたは雨で艦載機が発艦出来ない時、黙って見ているというのですか?」

山城「そんなの詭弁です!」

山城「気象予報がこれだけ発達し、電探も日々性能を上げている!」

山城「そこに戦艦が活躍出来る余地なんて、万に一つもないわ!」





パシィィィン

この音は、雨の中でも響いた
自分が頬をぶたれたのだと気付いたのは、遅れて来た痛みを自覚した時だった

240: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/14(土) 06:57:06.22 ID:uMwmu4850
山城「・・・姉様?」

わたしは姉様を見て、息を飲んだ
雨の中でも分かった



姉様は泣いていた



扶桑「それでも、私は訓練を続けます!」

扶桑「万に一つの機会に、何も出来ない自分なんていりません!」

扶桑「それがわたしの生きる意味よ!」

扶桑「そして、それを否定する事があったら・・・





扶桑「それは、あなたをも否定する事になってしまう」

241: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/14(土) 07:01:51.38 ID:uMwmu4850
わたしは雨の中を呆然と立っていた

わたしは馬鹿だった
自分一人が悩んでいると思い込んでいた

姉様も戦っていた
自分の存在意義を問うて、苦しんでいた

しかも
苦しんでいる理由の半分は、わたしの事だったのだ

242: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/14(土) 07:05:04.46 ID:uMwmu4850
わたしは声にならない声を上げて姉様に駆け寄り
しっかりと抱き締めた

姉様もきつく抱き締め返してくれた





雨は冷たかったけれど
二人の体は、温かかった





243: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/14(土) 07:29:44.98 ID:uMwmu4850
その後
戦場の様子は、わたし達の危惧した通りにはならなかった
敵味方共に対空能力が向上し、結果的に艦隊決戦が増えたのだ

戦艦は戦場で重宝され
わたしと姉様は、今日も作戦に出ている

もう、わたしは自分を否定する事はしない
それは、姉様を否定する事に他ならないから

今日も姉様の名前を呼べる事に、幸せを感じる

それは
わたし達の存在意義は二人で一つと分かったからだ

244: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/14(土) 07:35:11.38 ID:uMwmu4850
今ではあの暗闇の時も、しっかりと振り返る事が出来る

そういえば
入渠時に、陰口を叩かれた時もあったっけ

あの姉妹は設計時から問題があったから、ある意味不幸な姉妹だと

でも今なら、胸を張って言い返せるわ





わたし達ほど幸せな姉妹はいないのよ、と

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*

247: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/15(日) 11:11:46.66 ID:yFzXqsBV0
叢雲「アンタが新人ね ま、せいぜい頑張りなさい」

文月「頑張るのぉ」

提督「・・・・・・」

叢雲「なに?不満なの?」

提督「お前はちゃんと自分のツンツン枠を理解しているな」

提督「グッジョブだ!」ずびしっ

叢雲「親指立てるのやめなさいよ!酸素魚雷を喰らわせるわよ!」

提督「うむ、その調子で今後も頼む!」ずびしっ

叢雲「きぃぃぃぃぃっ!!!><。」

248: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/15(日) 11:26:51.71 ID:yFzXqsBV0
那智「貴様が新入りか わたしは那智・・・よろしくお願いする」

文月「文月って言うのぉ」

提督「・・・・・・」

那智「どうしたのだ、司令官?」

提督「・・・こういうタイプは何枠って言えばいいんだろうな」ひそ

文月「・・・難しいのぉ」ひそ





那智「一 体 何 の 話 を し て い る の だ ?」

251: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/15(日) 17:45:03.70 ID:yFzXqsBV0
提督「・・・ふむ」

那智「な、なんだ?」

提督「天の声が、お前はクールビューティだと言っている!」

那智「くくく、クールビューティ!?///」

文月「那智ちゃん、美人さんなのぉ」

那智「な、何を狙ってるんだ貴様ら!おだてても何も出んぞ!///」

那智「た、ただな」

ちらっ

那智「ビューティと言われて・・・その」

那智「わ・・・悪い気は・・・しない///」





提督「クーデレ枠だな!」

文月「クーデレさんだぁ」

那智「だから、何の話だそれは!///」

252: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/15(日) 18:06:36.23 ID:yFzXqsBV0
涼風「ちわぁ、涼風だよ!」

涼風「アタイが味方にいりゃあ、百人力さぁ!」

提督「・・・・・・」

文月「・・・・・・」

涼風「なんだい?どうしたってんだい?」

提督「・・・いっせーの」

提督「おっさんアピール枠!」

文月「江戸っ子ぉ」

涼風「なに二人して訳わかんねーこと言ってんだ、このべらんめぃ!」

提督「おぉ、文月が正解だ!」

文月「やったぁ」

253: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/15(日) 18:13:33.59 ID:yFzXqsBV0
文月MEMO

わかったこと



・むらくもちゃんは、つんつんつん

・なちちゃんは、くーるにでれちゃう

・すずかぜちゃんは、べらんめい



255: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/17(火) 19:59:29.05 ID:d8JbVK9E0
球磨「くまー」

筑摩「ちくまー」

三隅「み、みくまー」

阿武隈「あぶくまー」





三隅「って、なんでわたしまでこんなことしなきゃいけないのです!?」

提督「とか言いつつ、いつも合わせてやってんじゃん」

文月「三隅ちゃん、いい人ぉ」

256: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/17(火) 20:21:17.66 ID:d8JbVK9E0
ごちんっ

文月「あぅっ」

最上「いたた・・・ゴメン、大丈夫だったかい?」

文月「大丈夫なのぉ」

提督「最上、いつも周りには気を付けろって言っているだろう」

最上「ボク的には気を付けてるつもりなんだけどなぁ」

文月「・・・・・・」じーっ

最上「ん?飛行甲板が気になるのかい?」

文月「三隅ちゃんと一緒ぉ」

最上「そうだ、ボクは三隅を探してたんだった」

提督「三隅なら、さっきあっちに居たぞ?」

最上「そっか ありがとう、提督!」

たったった





ごちんっ

三隅『痛ーい!』

提督「・・・早速、見付かったみたいだな」

257: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/17(火) 20:37:07.14 ID:d8JbVK9E0
提督「さて、そろそろ昼か」

文月「お腹すいたぁ」

提督「今日はお客様と一緒に食事するから、文月も同席してくれ」

文月「わたしもぉ?」

愛宕「あ、提督 もういらっしゃってますよ」

提督「相変わらず早いなー」

文月「・・・・・・?」

提督「どうした、文月?」

文月「お客様、食堂でいいのぉ?」

愛宕「えっとね あの人は、みんなと一緒に食事したがるのー」

提督「見ろ、あの人が俺の上司に当たる人」

提督「連合艦隊司令長官だ」

258: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/17(火) 20:51:36.63 ID:d8JbVK9E0
睦月「おじーちゃん、また来てくれたんだー!」

長月「会いたかったぞ、じーちゃん」

長官「ワシもじゃ、わははー」

陽炎「なーに?わたしとお話したくて来たの?」

長官「おうおう、じーじとお話しておくれ」

綾波「長官、お茶が入りました」

ことっ

長官「おお、ありがとう いつもポニーテールが可愛いのぅ」

綾波「いえ、そんな///」





提督「・・・全然、偉い人に見えんだろ?」

文月「・・・・・・」こくこく

愛宕「その前に、うちの娘達があまりに無礼なんじゃー?」

259: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/17(火) 21:13:34.96 ID:d8JbVK9E0
提督「よくお越しくださいました、長官」

長官「うむ」

長官「いつもこんな可愛らしい艦娘達に囲まれて、羨ましい限りじゃな!」

提督「・・・そんなこと真顔で言われましても」

長官「おや、その娘は?」

文月「駆逐艦文月なのぉ 昨日、配属されたのぉ」

長官「なぜじゃ?なぜ呉に可愛い艦娘が集まる!?」

提督「だから、真顔でゆーな!」びしぃっ

260: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/17(火) 21:28:01.48 ID:d8JbVK9E0
提督「・・・長官にツッコミ入れるなど、失礼を」

長官「ワシは艦娘にはデレデレじゃが、部下には厳しいからな!」

提督「は、はぁ」

愛宕(デレデレって自覚はあるんだー)

電「て、提督はいい人です!」

電「あまり怒らないであげて欲しいのです!><。」

暁「提督をいじめちゃダメでしょ!」

長官「おお、提督をかばうとは可愛いのぉ///」

暁「もう!可愛いなんて、レディに対して失礼なんだから!」

長官「何を言うとる 可愛い言えるのは今の内なんじゃぞ?」

長官「この前、うちの成人式を迎えた孫に可愛い言うたらな」

長官「この年で可愛いなんて子供じゃないんだからって怒られて、それから口を聞いてくれん」どよーん

提督「・・・みんな、長官に優しくしてやってくれ」

261: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/17(火) 21:36:35.84 ID:d8JbVK9E0
長官「まあとりあえず、君は艦娘に慕われとるようじゃの」

提督「お陰さまで」

長官「しかーし、このワシに敵うかな!?」

提督「な、なんです?」

長官「聞いて驚け!」

長官「ワシは今日、みんなのために給糧艦間宮を呼んじゃったもんね!」

間宮「みなさん、こんにちはー」

262: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/17(火) 21:46:19.78 ID:d8JbVK9E0
ざわざわざわーっ

睦月「睦月、感激ぃ!」

長月「じーちゃん、話が分かるな」

間宮「みなさん、並んでくださいねー」

暁「ほら、わたし達も並ぶ、なのです!」

電「ふ、服を引っ張ったら危ないのです!」

長官「ふふん」

提督「・・・いやいや、孫を巡って張り合ってる祖父じゃないんですから」

提督「それにお菓子を先に食べたら、ご飯食べなくなっちゃうでしょう」ぶつぶつ

文月「提督は、お父さんみたいなのぉ」

263: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/17(火) 21:53:41.20 ID:d8JbVK9E0
文月MEMO

わかったこと



・みくまちゃんは、のりがいい

・もがみちゃんは、しょうとつちゅうい

・みんなだいすき、まみやちゃん



264: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/17(火) 22:05:17.54 ID:d8JbVK9E0
間宮「あ、あのー」

赤城「・・・・・・」

提督「こらこら赤城、なに真っ先に並んでんだ」

赤城「ええっ!?ダメなんですか!?」

大和「・・・・・・」

長官「おい お前もじゃ、大和」

大和「だ、ダメなの!?」

266: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/17(火) 22:15:13.13 ID:d8JbVK9E0
愛宕『はいはい、間宮さんにはちゃんと残しておくように言っておきますから』

赤城『ほんと!?愛宕ちゃん、ほんとね!?』

提督「・・・お見苦しいところを、お見せしました」

長官「いや、こっちもじゃ」

長官「まったくこいつは、大食いでいかん」

大和「だって、長官ー」

提督「なるほど」

提督「この娘が横須賀の旗艦であり、連合艦隊旗艦の大和ですか」

268: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/17(火) 22:29:06.40 ID:d8JbVK9E0
長官「大和が君に会ってみたいと言いよってな」

長官「いい機会だと思って、連れて来たんじゃよ」

提督「大和が、わたしに?」





*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       大和「・・・て、提督///」

       提督「・・・大和///」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*





大和「実は、わたしのために開発した46cm三連装砲を他の艦娘にも積むと言い張った提督を一目見たかったんです」

提督「わぁ!ごめんなさい、ごめんなさい!」

275: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/18(水) 21:57:04.19 ID:Rq+kdzcD0
大和「まぁ、怒ってる訳でもないんですけれど」

提督「そうなのか?」

大和「だって、さすがに安定して全門斉射出来るのってわたしだけでしょ?」

大和「そこはちょっと、自慢ですから」

提督「・・・あんなのに一斉射喰らったら、死しか見えないな」

大和「もちろん、どんな敵でも木端微塵・・・ん?」

文月「はぁぁ」キラキラ

提督「どうした、文月 またそんな目を輝かせて」

文月「はどうほうはぁ?はどうほうは、どこから撃つのぉ?」

提督「・・・イスカンダルは目指さねーから」

276: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/18(水) 22:16:52.57 ID:Rq+kdzcD0
提督「ていうか、さすがに艦娘の話題としてはどうなんだ?」

提督「ほら、大和もポカーンと・・・

大和「三式弾を斉射して敵艦載機群を蒸発させると、波動砲みたいーって思うわね」

大和「そうだ、煙突ミサイルつけてって頼んだら無理だって言われて残念だったわ」

文月「ろけっとあんかーはぁ?」

大和「それ、近接戦闘で使ったら面白そうね」

提督「・・・戦艦がそこまで近づかれたら、魚雷撃たれて終わりだろ」

278: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/18(水) 22:29:44.12 ID:Rq+kdzcD0
提督「って、そうじゃねーよ!」

提督「マニアック過ぎて、長官もドン引き・・・

長官「それなら、艦首ミサイル発射口つけて撃ち合ったらどうじゃ?」

提督「アンタもかい!」

長官「そうじゃ!波動防壁つければ更に鉄壁になるぞい!」

提督「そもそも、波動エネルギーがねーよ!」びしぃっ





龍驤「ええで、そのツッコミスキル!」

龍驤「うちと組めば、お笑いの天下取れるで!」キラーン

白露「龍驤さん、なに柱の陰でぶつぶつ言ってるんですかー?」

281: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/19(木) 20:55:11.54 ID:sPPFI7Vm0
【番外編】満潮ちゃんのシークレットデート大作戦

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*

提督「は?」

提督「友達にあげる誕生日プレゼントを選んで欲しい?」

満潮「そうよ、何回言わせる気?」

提督「友達のなら駆逐艦のみんなに聞いた方が良くないか?」

満潮「わたしは子供っぽいものを贈る気なんかないわ だから仕方なく司令官に頼んでるんじゃない」

満潮「アンタ一応、大人でしょ?」

提督「・・・一応って、ひどくね?」

282: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/19(木) 21:00:57.76 ID:sPPFI7Vm0
~次の休日~

提督「おお、艤装外した上にワンピースだと新鮮だな」

満潮「こここ、これは街中歩くのに恥ずかしくないようにしたのよ///」

満潮「別に司令官のために着たわけじゃないんだから、勘違いしないでよね!///」

提督「とても良く似合ってるぞ」

満潮「お、おだててるつもり!?///」

満潮「つまらないお世辞、言わないでよね、フン!///」ぷいっ

283: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/19(木) 21:09:33.02 ID:sPPFI7Vm0
満潮「え?」

提督「休日とはいえ艦娘を乗せるんだからな、公用車だ」

提督「運転手は俺だが、そこは我慢してくれ」

満潮「・・・愛宕とのデートの時もそうなの?」

提督「まあ、そうだな」

満潮「じゃあいいわ、乗るわね!」

がちゃっ ばたん

提督「お、おい せっかくだから後ろの広い席で・・・

満潮「アンタ、道に迷いそうじゃない」

満潮「しょうがないから、わたしが助手席でナビしてあげる!」

284: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/19(木) 21:19:57.75 ID:sPPFI7Vm0
ブロォォォォォ

提督「・・・・・・」

満潮「・・・・・・」

提督「どした満潮、黙っちゃって」

満潮「・・・別に」

満潮(さ、サングラスの司令官がかっこ良くて照れてるなんて)

満潮(口が裂けても言えないじゃない!)

提督「ああ、そうか」

満潮「な、なによ!?」

満潮(チラチラ見てるのバレちゃったー!?)





提督「ズバリ、トイレを我慢してるんだな!?」

満潮「・・・・・・」ピキッ

満潮「死ね!地獄に落ちなさい!」

げしっ げしっ

提督「ああっ!運転中はやめて!」

285: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/19(木) 21:31:39.66 ID:sPPFI7Vm0
提督「悪かったから、そろそろ機嫌直してくれないか」

満潮「フン!」

提督「ほんとに悪かった!ゴメン!」

満潮「本当に反省してるのかしら?」

提督「もちろんだとも!」

満潮「そう」

満潮「それなら罰を受けてもらうわ」

提督「ば、罰!?」

満潮「きょ、今日はわたしと恋人みたいに過ごしなさい!///」

提督「は?」

満潮「か、勘違いしないでよね!わたしだって嫌で嫌で仕方ないんだから!///」

満潮「アンタの困る顔を見るためよ!///」

提督「・・・いや、お前が嫌々やるんだったらお前の罰ゲームだろ、それ」

満潮「うっさいのよ!///」

286: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/19(木) 21:39:48.89 ID:sPPFI7Vm0
提督「ほれ」

満潮「なによ、それ?」

提督「恋人みたく、手でも繋ぐのかと思って」

満潮「子供じゃないのよ!腕を組むに決まってるでしょ!」

提督「う、腕を!?」

満潮「なによ?愛宕とは組んでないわけ?」

提督「ま、まあ・・・そうかな」

満潮「じゃ、じゃあ仕方なくわたしが組んであげるわよ///」

ぎゅぎゅっ





満潮(やった、愛宕に勝ったわ!)

提督(だって、愛宕と腕組むと当たるんだ)

提督(当たるんだよぉぉぉ!)





【悲報】満潮ちゃん完全敗北

288: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/19(木) 22:00:11.59 ID:sPPFI7Vm0
提督「んー、昼時は混むから早めに昼食にした方がいいかもなー」

提督「それとも、先に用事を済ますか?」

満潮「なによ、用事って?」

提督「へ?」

満潮「・・・・・・」

提督「・・・・・・」

満潮「!」

満潮「たたた、誕生日のプレゼントを買うのよね!わかってるに決まってるでしょ!///」

満潮「で、でも混むならご飯が先でもいいわ!///」

提督「・・・いま、絶対忘れてたよな?」

満潮「ウザイのよ!忘れてなんかない!///」

289: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/19(木) 22:15:48.91 ID:sPPFI7Vm0
カチャ カチャ

提督「な、なあ」

満潮「なによ?」

提督「ほんとにサラダしか食べないのか?」

満潮「わたしは人前でがつがつ食べたりしないのよ」ふふん

ぐーっ

満潮「あっ!///」

満潮「こここ、これは違うんだからね!///」

満潮「お腹が空いてるとかじゃなくて・・・

提督「そっかー ダイエットかー たいへんだなー」

満潮「そ、そんなことしてないわよ!」

提督「えー? ダイエットしてなきゃ、ちゃんとたべるよなー」

満潮「ウェイターさん!ハンバーグランチお願いします!」

満潮「ほら、これでどう!?」

提督(提督は満潮の扱いLv2にレベルアップした!)ぐっ

満潮「な、なにガッツポーズしてんの!?///」

290: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/19(木) 22:24:00.01 ID:sPPFI7Vm0
提督「・・・・・・」じーっ

満潮「なに司令官、そんな可愛いヌイグルミとか選ぶつもりなの?」

提督「い、いや」

提督「友達っていってもイメージ湧かないからさ、満潮が抱いてたら可愛いなと思ったのがこれなんだ」

満潮「・・・・・・」



つかつかつかつか

提督(お、怒られる!?)

わしっ

つかつかつかつか



満潮「・・・こ、これください///」

店員「ありがとうございまーす」

提督「えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!?」

291: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/19(木) 22:30:18.62 ID:sPPFI7Vm0
提督「おい、ほんとにそれで良かったのか?」

提督「それは、お前に似合うって選んだだけで・・・

満潮「わたしがいいと言えばいいの!なにか文句が!?」くわっ

提督「・・・ありません」

満潮「フン!」

提督「それにしてもあれだなー」

提督「お前の誕生日も、何か贈ってやらなきゃな」

満潮「・・・・・・」

提督「どした?」

292: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/19(木) 22:43:04.64 ID:sPPFI7Vm0
満潮「別に、プレゼントなんかいらない」

提督「そうなのか?」

満潮「そ、その代わり」

満潮「司令官がどうしてもって言うなら、一緒にご飯を食べてあげなくもないわ!///」

提督「へ?」

満潮「ど、どうなの!?」じーっ

提督「あー、まあ」

提督「今日みたいなので良ければ、いいかなー」

満潮「しょ、しょうがないわね///」

満潮「そこまで言うなら、誕生日は空けといてあげる///」

満潮「か、勘違いしないでよね!仕方なくなんだから!///」ぷいっ





提督「!」

提督(えっと、お前は顔をそむけたつもりなんだろうけどさー)

提督(ショーウィンドーに、にやけた顔が映っちゃってるんだよなー)

提督(まあでも、怒られるから言わないでおこう)

293: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/19(木) 22:56:26.59 ID:sPPFI7Vm0
     M's DIARY

     □月△日



     今日は司令官とデ  買い物した

     それにしても、こんなヌイグルミが似合うなんて・・・

     まあ、せいぜい大事にしてあげる


     こんどの誕生日は司令官と一緒か

     はぁ、楽  憂鬱でならない





     どうせ司令官は愛宕に捨てられちゃって

     後は誰もかまってくれないだろうから

     その時は、わたしが彼女になってあげよう





     でも、勘違いしないでよね

     仕方なくなんだからね!

294: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/19(木) 23:01:38.75 ID:sPPFI7Vm0
大潮「・・・ぜ、ぜんりょくぅ・・・」zzz

荒潮「・・・すぅすぅ」zzz

満潮「・・・・・・」

がさごそ

満潮「わ、わたしが抱いたら可愛いなんて、意味わかんない///」

ぎゅぎゅぎゅーっ

296: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/19(木) 23:13:56.40 ID:sPPFI7Vm0
~後日~

提督「荒潮か、どうだ変わりないか?」

荒潮「変わりですかー?そうですねー」

荒潮「変わったことなら見たかもしれないですー」

提督「ほう?」

荒潮「満潮ちゃんがヌイグルミぎゅーって抱き締めて、じたばたしてましたー」

満潮「ちょっとーーーーーっ!?///」

提督「あれ?あのヌイグルミは友達の誕生日・・・

満潮「聞こえない!聞こえないんだからー!///」

だだだだだっ





この後

満潮ちゃんはツンデレに戻ってしまいましたが

自分の誕生日は楽  憂鬱で仕方ないそうです

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*

298: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/19(木) 23:59:25.33 ID:sPPFI7Vm0
no title

300: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/22(日) 10:21:18.46 ID:2SUp9TY90
雪風「しれぇ長官、雪風ももらってきちゃいました!」

長官「おうおう、そうかそうか」

大和「・・・・・・」ごくり

雪風「大和さんも欲しいのですか?」

大和「・・・・・・」こくこく

雪風「じゃあ、みんなで食べましょう!」

大和「やった!」

長官「お前はもう少し連合艦隊旗艦としての誇りを持たんか」

雪風「いいのです!大和さんは雪風がお守りするのでしゅ!」

301: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/22(日) 10:30:32.41 ID:2SUp9TY90
雪風「あれれ?この人達は誰なのですか?」

長官「こやつはワシの部下で呉鎮守府の司令をやっとる」

長官「この可愛い駆逐艦娘は文月ちゃんじゃ」

文月「よろしくぅ~」

雪風「陽炎型駆逐艦8番艦雪風でし!どうぞよろしくお願いしましゅ!」

長官「時々噛んじゃう所がラブリーでのう///」

雪風「か、噛んでなんかいましぇん!」





提督(失礼、かみまみた)

文月(失礼、かみまみた)

雪風「お二人とも、なにを笑っているのですか!」

302: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/22(日) 10:48:51.92 ID:2SUp9TY90
提督「今日は第一艦隊をお連れになったので?」

長官「うむ、一応用心はせんとな」

長官「ほれ、こんなとこにも護衛はおるぞ?」

伊58「テーブルの下からこんにちはぁ!ごーやでち!」

がたたっ

提督「おわっ!?」

文月「びっくりしたのぉ」

伊58「隠れてる方が落ち着くのでち!」

伊58「テーブルの下はいーよねぇ、やっぱ潜水艦は隠れてなんぼよね!」

303: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/22(日) 10:59:44.98 ID:2SUp9TY90
文月「イムヤちゃんのぉ、妹ちゃん?」

伊58「違うもん!」

伊58「ごーやはお姉さんでち!潜水母艦って言って、お母さんみたいなものなんだから!」





提督(そうは見えない)

文月(見えないのぉ)

長官(無理があるのぅ)

大和(全く見えないな)

雪風(こんな可愛いお母さんは見たことありません!)

伊58「み、みんな、なんでそんな目で見るでち!><。」

304: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/24(火) 20:16:37.20 ID:haO5Pyo/0
文月MEMO

わかったこと



・やまとちゃんも、いっぱいたべる

・ゆきかぜちゃんは、かみかみしちゃう

・ごーやちゃんは、ごーやでち



305: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/24(火) 20:28:31.70 ID:haO5Pyo/0
*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*

比叡「お、お姉様!」

金剛「比叡、比叡ではありませんカー!」

比叡「こんな所で再会出来るなんて」

金剛「これぞ、神様のお導きデース!」

比叡「お姉様ぁ!」

金剛「マイ・シスター!」

だきっ

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*

長官「お主ら、先月の合同演習でもそれやっとったのぅ」

提督「・・・その百合の背景、持ち歩くのやめような」

306: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/24(火) 20:39:19.06 ID:haO5Pyo/0
比叡「お姉様に会えた感動は、こんなことくらいじゃ表現しきれません!」

金剛「そもそも、日本人の感情表現が乏し過ぎるのデース!」

提督「・・・英国人にそんなオーバーアクションのイメージねーよ」

長官「金剛姉妹はその辺、ちと日本離れしとるかもしれん」

長官「ほれ、あやつもそうじゃろ?」

307: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/24(火) 20:58:24.66 ID:haO5Pyo/0
榛名「提督、先月以来です!」

榛名「長官のお伴でやって参りました!」

文月「わぁ、美少女刑事ハルナなのぉ」

提督「さすがに知ってるか」

提督「こいつは呉の那珂と並ぶ、横須賀のアクション系アイドルだからなー」

長官「榛名よ、例の決めポーズとやらを見せてやりなさい」

榛名「わかりました!」





榛名「悪事は!」

ビシィッ

榛名「ハルナが!」

シャキィィィン

榛名「許しません!!!」

バァァァァァン





文月「わぁ」きゃっきゃ

綾波「格好いいですねぇ///」

睦月「サインくーださい!」

提督「・・・海軍のPRのためとはいえ、時代は変わりましたねー」

長官「うむ」

長官「わしなどたまに、自分が何の仕事をしとるのか分からなくなる時があるぞい」

308: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/24(火) 21:09:51.12 ID:haO5Pyo/0
摩耶「ハッ!」

摩耶「なにやってるかと思えば、子供向けのお遊戯かぁ?」

文月「んぅ?」

提督「摩耶、やめとけ」

摩耶「思ったこと口にして、何が悪いんだっつーの!」

提督「いや、お前のために言ってやってるんだって」

摩耶「ハァ?なに訳のわかんねーこと・・・





霧島「・・・・・・」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴッ





摩耶「な・・・なんだよ?」

霧島「お前ちょっと、屋上」

がしっ ずるずるずる

摩耶「ちょっ、待っ!」

摩耶「たーすけてぇぇぇぇぇ!」

・・・・・・・・!

・・・・・・!

・・・・!

提督「上手く隠してはいるが、霧島は元ヤンでな」

提督「あいつの前で金剛姉妹をdisるとああなる」

文月「怖ぁい」

310: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/24(火) 21:27:27.26 ID:haO5Pyo/0
青葉「ここで青葉の直撃インタビュー!」

青葉「とてもお忙しいようですね、榛名さん!」

榛名「おかげさまで、たくさんお仕事を頂いてます!感謝です!」

青葉「それだけ忙しいと、恋愛してるヒマもないんじゃないですか!?」

榛名「恋愛なんて・・・榛名はまだ、片想いですから」ちらっ

提督「・・・は?」

青葉「おーーーっとぉ!ここで爆弾発言かー!?」

青葉「榛名さんの想い人は提督だったのかー!?」

311: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/24(火) 21:34:39.78 ID:haO5Pyo/0
提督「いや、ちょっと待て」

榛名「なんて冗談です!榛名はいま、ファンのみなさんが恋人ですから!」

提督「・・・そういう冗談、マジでやめてください」

青葉「どうしたんですか?顔が青いですけど」





愛宕「・・・・・・」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴッ





提督「あの、愛宕さん?ほら、冗談だから、ね?」

愛宕「提督、ちょっと屋上で話しましょうかー?」にこーっ

がしっ ずるずるずる

提督「ちょっ、待っ!」

提督「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

・・・・・・・・!

・・・・・・!

・・・・!

長官「お主らの提督も、色々と大変じゃのぅ」

文月「提督、がんばぁ」

312: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/24(火) 21:53:22.78 ID:haO5Pyo/0
提督「・・・・・・」

摩耶「・・・・・・」

ヒュウゥゥゥゥゥ

提督「・・・摩耶・・・俺達、頑張ったよな・・・」

摩耶「・・・ああ、アタシも怖かったけど・・・泣かなかったぜ・・・」

提督「・・・たまには二人で、パーっといくか・・・」

摩耶「・・・ゴメン提督、アタシお酒飲めない・・・」

提督「・・・そっか・・・」

摩耶「・・・うん・・・」

提督「・・・・・・」

摩耶「・・・・・・」

摩耶「・・・提督・・・」

提督「・・・なんだ・・・」

摩耶「・・・アタシ、あんみつ食べたい・・・」

提督「・・・そっか・・・」

摩耶「・・・うん・・・」

提督「・・・じゃあ、俺はお汁粉頼むわ・・・」

摩耶「・・・うん・・・」





龍驤「感動や!これぞ友情ストーリーやで!」ぶわわっ

白露「それはちょっと、違うと思いますよー?」

316: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/25(水) 20:04:08.96 ID:jsmemYU50
妙高「提督、ご無沙汰しております」

提督「おお、妙高か」

妙高「わたくしの妹達がご迷惑を掛けていないでしょうか?」

提督「迷惑?」

提督「・・・うーん」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*

羽黒『あの・・・ご、ごめんなさいっ!』

羽黒『わ、わたしなんかより・・・あの人を改装してあげてください』

羽黒『えと・・・そ、それは新しいコミュニケーションかなにかですか?』

羽黒『はぃぃ・・・もう少しで轟沈するところでした』

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*

提督「いや、迷惑って訳じゃないんだが・・・

妙高「羽黒ですね、励まして参ります」きっぱり

提督「俺、何も言ってないよ!?」

文月「さすがお姉ちゃんなのぉ」

317: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/25(水) 20:06:33.83 ID:jsmemYU50
文月MEMO

わかったこと



・ひえいちゃんも、しすこん

・はるなちゃんは、びしっ しゃきーん ばーん

・みょうこうちゃんは、ぱーふぇくとおねえちゃん



318: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/25(水) 20:49:53.57 ID:jsmemYU50
【番外編】愛宕ちゃんの初恋物語

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*

◆◆◆1years ago 横須賀市内◆◆◆

「ねーねー、君ヒマでしょ?」

「オレ達と遊ばなーい?」

はー
艦娘だってバレたくないから
髪を結んで、伊達メガネして来た結果がこれなのねー

もう、うんざり
かといって、トラブル起こす訳にもいかないしー

愛宕「ごめんなさーい 連れの人が居るのでー」

「えー、ウソじゃん」

「さっきから見てるけど、一人じゃん」

うわーん
さっきから見てるとか、勘弁してー

319: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/25(水) 20:54:37.59 ID:jsmemYU50
「ねー 少しくらい、いーじゃん」

「一人で居るより面白いってー」

なんかすっごく、腹が立ってきちゃったー
ちょっと脅しちゃうくらい、いいわよね

わたしを怒らせたら大変なんだから
見かけはただの女のコかもしれないけど
腕力は何倍もあるんですからねー

愛宕「あのー、わたし普通の女のコじゃないんでー」

「確かに普通じゃないよねー」

「だって、すっごい主張してるし」にやにや

愛宕「!///」

320: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/25(水) 21:00:21.88 ID:jsmemYU50
もう怒ったわー
他の艦娘達は羨ましがるけど
わたしにとってはコンプレックスなのにー

愛宕「ちょっと、あなた達・・・

  「おい君達、あまりに失礼じゃないか?」

あら?

「ハァ?」

「んだテメェ!」

あららー?
なんだろ、この人
なんかわたし、助けられちゃってたりする?

  「どうやら、君達の連れじゃないよな」

  「口説くにしても、もっとスマートにしたらどうだ?」

「なっ!?」

  「君達の言葉は、品がなさ過ぎる」

そうよ、そうよ
もっと言ってあげちゃってー!

って、なんだろこの人
なんで背中で後ろ指さしてるのー???

  「だーっ!」

  「早くここから逃げなさいってことだよ!」

321: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/25(水) 21:02:23.20 ID:jsmemYU50
あ、そっかー
逃げるって考えがないから、気付かなかったわー
普通の女のコなら逃げるものね

愛宕「でも、あなたはー?」

  「いいから、逃げなさい!」

愛宕「わ、わかりましたー」

「ちょ、待ちやがれ!」

「オイ 何の権利があって、オレらの邪魔すんだよ?」

  「権利じゃない これは義務だ」

「あァ!?」

と、とりあえず逃げておこうかなー
もうこれ、トラブルになっちゃってるわよね

ゴメンなさい
お言葉に甘えまーす

322: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/25(水) 21:05:03.80 ID:jsmemYU50
愛宕「うーん」

一応、逃げては来たけれど
これで良かったのかしらー?

もしかしたら警察呼ばなきゃいけないかもだし
ちょっと戻ってみようかな
わたしなら男の一人や二人、簡単に投げ飛ばせるし
いいわよねー

愛宕「この角の先っと」チラッ





ブンッ ブンッ

「な、なんだコイツ!全然当たんねぇ!」

「に、逃げてんじゃねーぞ、コラ!」

えー?
なんなのこの人
全部、避けてるんだけどー

「こうなったらオレがタックルすっから、そのスキにボコれや」

「おお、任せろ!」

323: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/25(水) 21:08:59.81 ID:jsmemYU50
さすがに、これはマズイかなー
助けに入った方がいいかも

  「先に謝っておくよ」

はい?

  「君らに怪我させて警察沙汰とか、ご免こうむりたいと思ってたんだが」

  「間違って、タックルしてくる君の顔にヒザが入ったらスマンな」

「ひ、ヒザ!?」

訂正、訂正
この人は、全然役者が違うみたいねー

さて
ボク達はどうするのかなー?

324: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/25(水) 21:12:40.11 ID:jsmemYU50
「く、クソったれがー!」

「覚えてやがれ!」

うわー
すごい、ありきたりの捨てゼリフよねー
だから品がないって言われるのよ

  「男の顔なんか覚えてる趣味はねー・・・って、あれ?」

あ、あららー

  「君、逃げろって言ったのに」

アハハ
見つかっちゃったみたいー

愛宕「ゴメンなさい、ちょっと気になってー」

325: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/25(水) 21:15:40.35 ID:jsmemYU50
  「気になったじゃないよ、危ないじゃないか」

  「今回は追い払えたから良かったけど、逆だったらどうするつもだったんだ?」

むー
助けてもらっておいてなんだけど
そもそもわたし
助けてもらう必要もなかったんだからー

ここまで言われちゃうと、ちょっとムッと来ちゃう

愛宕「わたし、そこらの女のコより強いんで、大丈夫ですからー」

  「だとしてもだ!」

愛宕「え?」

  「君が格闘技かなんかやってるかは知らんが、女のコは女のコだろう」

  「間違って、その綺麗な顔に傷でも付いたらどうするつもりだ!?」

愛宕「!?」ドキーッ

き、綺麗とか
この人は一体、何を言ってるのー?

愛宕「あ、あの」





愛宕「・・・ゴメンなさい///」

326: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/25(水) 21:18:27.87 ID:jsmemYU50
  「あ、いや、熱くなってすまない」

愛宕「あのー」

愛宕「あなたこそすごく強かったですけど、何か格闘技を?」

  「ああ、全然」

  「危なくなったら逃げようと思ってたんだ、あはは」

愛宕「・・・///」キュンッ

嘘ばっかり
男の人なんて、自分を大きく見せようとする人ばかりだと思ってたけど
こういう人もいるのねー

愛宕「そ、そうだ お礼にお食事でもどうですかー?」

  「いや、ほんと気にしないで」

  「逆に君の邪魔しちゃったみたいだしね」


えっと
ど、どうしよう

  「じゃ、俺はこの辺で・・・

愛宕「あああ、あのーっ!」

  「はい?」

愛宕「食事の時に、また声掛けられたりするかもしれないしー」

愛宕「出来れば・・・一緒だと・・・安心出来るかなって思うんですけどー///」

327: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/25(水) 21:21:40.43 ID:jsmemYU50
愛宕「す、すみませーん!」

愛宕「わたしが出さなきゃいけないのに、逆に奢ってもらっちゃってー」

  「いやいや女のコに奢られるとか、明日が大雪になっちゃうよ」

  「それに、女のコに奢るってモテない男の夢だからさ」

愛宕「そ、そんなことー///」

  「ここからは車拾って帰れる?」

愛宕「は、はいー」

  「じゃあ、ありがとう 楽しかったよ」

そっか
またねって、言ってくれないんだー

愛宕「・・・・・・」

  「どうしたの?」

愛宕「あ、あの・・・また会えるかなーって///」

  「あ、えーっと」

困ってる
やっぱりダメねー

  「俺、この横須賀に転勤して来ることになったんだ」

  「もし偶然会うことがあったら、また一緒に食事でもしよう」

やったー!

328: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/25(水) 21:23:46.31 ID:jsmemYU50
それから
休日ごとに出歩いてみたけど
彼の姿を見ることはありませんでした
くすん

愛宕「はぁ」

高雄「どうしたの愛宕?最近、ため息ばかりですね」

愛宕「んー 別になんでもないのー」

高雄「今日は新任の提督に挨拶なんだから、しっかりしなくてはダメですよ?」

愛宕「わかってまーす」

新任の提督って聞いて、もしかしてーっと思ったけど
その人は空手や合気道の段持ちさんだそうだ
格闘技なんかやってないって言ってたし

世の中、そんなに上手く行かないわよねー

愛宕「はぁ」

高雄「ほらまた、ため息ついて」

329: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/25(水) 21:28:33.20 ID:jsmemYU50
高雄「高雄、入ります!」

愛宕「愛宕、入りまーす」

長官「おお、待っとったぞい」

長官「こやつが第二艦隊を任すことになった新任の提督じゃ」

長官「いずれは、新設の呉鎮守府を任せるつもりでのぅ」

提督「よろしくお願いします」

高雄「こちらこそ、よろしくお願いいたします」

愛宕「・・・・・・」

高雄「・・・愛宕?」

やだ
わたし、息が止まっちゃいそう
どうしよう
なにかしゃべらなきゃー

330: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/25(水) 21:30:58.35 ID:jsmemYU50
愛宕「・・・提督は嘘付きさんなんですねー」

提督「は?」

愛宕「格闘技なんかやってないって言ってたじゃないですかー」

提督「え、えっと?」

長官「なんじゃ、お主ら知り合いなのか?」

愛宕「あー、そっかー」

愛宕「あの時は髪をこうやってー、伊達メガネもかけてー」





提督「あーーーーーっ!?」

331: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/25(水) 21:32:13.73 ID:jsmemYU50
~一週間後~

愛宕「むー」

高雄「・・・・・・」

愛宕「むー」

高雄「一応、どうしたのって聞いた方がいいのですか?」

愛宕「別にいいもーん」

高雄「そ」

愛宕「・・・・・・」

高雄「・・・・・・」

愛宕「やっぱり聞いてくれるー?」

高雄「・・・はいはい」

332: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/25(水) 21:37:10.94 ID:jsmemYU50
愛宕「提督ったら、運命の再会したのに全然食事に誘ってくれないのー!」

高雄「着任したばかりで、お忙しいんでしょう」

愛宕「食事する時間くらいあるはずだもーん!」

高雄「あらあら、今まで誰に言い寄られても見向きもしなかった愛宕が」

高雄「とうとう自分からお熱なんですか」

愛宕「だってー」

高雄「はぁ、仕方ない」

愛宕「・・・?」

高雄「もうすぐ門限だけど、わたしはこれからしばらく何も見ないし何も聞きません」

愛宕「え、それってー」

高雄「いいから、行きなさい」

愛宕「高雄ちゃん、だーい好きー」

がばぁっ

高雄「ちょっと、愛宕///」

333: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/25(水) 21:42:23.90 ID:jsmemYU50
バッターンッ

愛宕「パンパカパーン!」

提督「な、なんだ!?」

愛宕「愛宕、来ちゃいましたー!」

提督「愛宕!?お前、なんで・・・門限は!?」

愛宕「そんなことはどうでもいいんですー!」

提督「いや、良くな・・・

愛宕「提督、どうして再会出来たのに食事に誘ってくれないんですかー!?」

提督「え?」

愛宕「わたしだけが運命の再会って思ってたんですかー!?」

334: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/25(水) 21:45:06.98 ID:jsmemYU50
提督「う、運命の?」

愛宕「どうなんですかー!?」

提督「ああ、えっと、それはだな」

うー
困ってる
なんでよー







わたし浮かれてて、大事なこと忘れてた
何でこんなこと忘れてたんだろう
でも
これが原因だったら、わたし
わたしは





愛宕「もしかして・・・艦娘だから?」

335: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/25(水) 21:49:01.70 ID:jsmemYU50
提督「あのなぁ」

提督「仮にも艦娘の司令たるこの俺が、お前達に偏見持つわけないだろう」

良かったー

って、あれ?
ということは、あれれ?

愛宕「じゃあ、わたしに魅力がないってこと!?ひっどーい!!!」

提督「へ?」

愛宕「どうせ太って見えるからとか言うんでしょー!」

愛宕「でもこれはムネのせいだもん!わたし、体重には気を付けてるんだからねー!」

提督「お、おい」

愛宕「それとも、この甘ったるい声が嫌なの!?」

愛宕「だって声なんて変えられないし、物心ついた時からこういう喋り方だったんだもん!」

提督「あのな」

愛宕「そうだ!誰にでもこんなこと言うコだと思ってるんでしょ!」

愛宕「残念でした!こんなの提督が初めてなんですからねー!」





提督「いいから、そろそろ落ち着けー!!!」

336: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/25(水) 21:56:14.65 ID:jsmemYU50
愛宕「・・・はぃ」

提督「何て言ったらいいのか・・・君はすごく魅力的な女のコだよ」

愛宕「ほ、ほんとにー?」

提督「スタイルだって抜群だし、声だって優しく聞こえていいと思うし」

提督「あの日だって紳士的に帰るのに、すごく理性が必要だったんだ///」

愛宕「だったら、どうしてー?」

提督「いいか、良く聞いてくれ」

愛宕「はい」

提督「君は俺の部下なんだよ」

愛宕「そうですねー」

提督「・・・・・・」

愛宕「で?」

提督「で?じゃないよ!」

提督「提督が部下に手を出すとか、普通に有り得ないだろう!」

337: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/25(水) 21:58:22.14 ID:jsmemYU50
愛宕「そ、そんな理由ー!?」

提督「そんなとか言うなよ!大事なことだろ!?」

愛宕「じゃあ結局、わたしが艦娘である限りダメだってことー?」

提督「そういうことに・・・なるかな」

そ、そんなー

ん?
でもそれって、つまりー

提督「お、おい」

提督「まさか艦隊やめるなんて言い出さないだろうな」

愛宕「パンパカパーン!」

愛宕「愛宕、閃いちゃいましたー!」

338: ◆1BrjSSUSHI 2013/09/25(水) 22:09:54.76 ID:jsmemYU50
提督「な、なにをだ?」

愛宕「提督が部下を口説くのがダメだったらー」

愛宕「部下が提督を口説いちゃったら、いーじゃない!」

提督「なにーーー!?」

愛宕「覚悟してくださいねー!」

愛宕「わたし夜戦は初めてだけど、頑張りまーす!///」





提督「って、こらぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」



次回 文月ちゃんの呉鎮守府日誌 後編