1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/06(火) 23:51:04.17 ID:9mSZcwMK0

ミセスドーナツで急いで食事してきた後、お土産のドーナツを法子に持ってきてあげた。

本当は法子と一緒に食べたかったけれど、時間の都合上こんな形に。

椎名法子は今日もとびっきりの上機嫌になった。




椎名法子「××プロデューサー、大好きっ!」

P「ありがとう、嬉しいよ」

法子「ドーナツの次にねっ!」

P「うがっ」

法子「大丈夫!男の人では一番好きだよ!」

P(さらっとヒドイこと言ってないか?)

P「ドーナツ界だと俺は何番目くらいに好きなの?」

法子「んーとね…」

P「うん」

法子「えっとね…残念だけど一番下かな」

P「ですよねー」

P(俺は何を言ってるんだろう…)





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1375800664

引用元: 椎名法子「××プロデューサー、大好きっ!」 


 

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLSSTARLIGHT MASTER 01 Snow Wings
島村卯月(CV:大橋彩香) 渋谷凛(CV:福原綾香) 本田未央(CV:原紗友里) 大槻唯(CV:山下七海) 上条春菜(CV:長島光那)
日本コロムビア (2016-03-30)
売り上げランキング: 24
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/06(火) 23:52:04.84 ID:9mSZcwMK0

法子「プロデューサーがドーナツになってくれたらいいんだけどな~」

P「はは、そしたら俺は何番目になる?」

法子「もちろん一番かなっ!」

P(嬉しいけど、ちょっとふに落ちない)

P「じゃあそんときは、俺を食べてくれるか?」

法子「えっ?」

P「―なーんつって、」

法子「いいよ!」

P「なっ!」



3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/06(火) 23:53:58.51 ID:9mSZcwMK0
法子「じゃ、いただきまーす」

P「ちょっ、法子、待てって!んぐっ…」

法子「えいっ」ペロッ

P「ちょっ…やめっ…うぁ…」

法子「…」ペロペロ

P「んぐっ…ふぅ…」

法子「えい、えいっ」チュパッ

P「うはぁ…」

法子「えーい」ズキュゥゥゥン!!!

P「ぐわあああああああああ」ビクンビクン

法子「ふぅ…ごちそうさま♪」

P「毎回不意打ちくらうなぁ…」




 法子は、いつの間にかキス魔になっていた。

 正直たまらん。





P「だが、いつまでもやられっぱなしの俺ではない!」

法子「なっ!?」

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/06(火) 23:55:29.46 ID:9mSZcwMK0
P「つーわけで…」

法子「ま、待って、××プロデューサー」

P「待たん!」

法子「このクチの中にひろがるドーナツの香りは…あたしのだよぉ」

P「残念ながら俺のでもある、よいしょ」

法子「はうっ」




6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/06(火) 23:57:19.72 ID:9mSZcwMK0

P「ん…」ペロッ

法子「はうっ、ううっ」

P「…」ペロロッ

法子「えぅっ」

P「法子…好きだよ」チュパァ

法子「わぁぁぁん」ドナキチィィィン!!!

P「ごちそうさまでした」

法子「うぇえ…ひどいよぉー…」





 13歳相手に何をやってるんだ俺は。

 ま、これでおあいこだ。

 前戯終了。でも、いつも前戯だけ。



7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/06(火) 23:59:11.53 ID:9mSZcwMK0




――――



法子「えっと、ゴールドチョコレートと―」

P「いっこ正解」

法子「エンゼルショコラと…」

P「あってるあってる」

法子「…ストロベリーカスタードフレンチ!」

P「大正解ー!」

法子「やったー!」

P「…でも外れ」

法子「えー!なんでっ!」

P「あとひとつはミセドの坦々麺でした」

法子「なにそれー、そんなのずるいよぉ」

P「というわけで食べたのは4つでした」

法子「もー、ドーナツ以外はわかんないよー」





 坦々麺が一番わかりやすそうなもんなのに。

 キスのあとの食べたドーナツ当てゲーム、もはや、才能。

 人前じゃとてもできない。




9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 00:00:49.52 ID:fr4TxxWw0





P「いつか法子のも全部あててやるからな」

法子「うん!オフの日にやろうね!」

P「あと…できれば…その…さ」

法子「もちろん!XXプロデューサーのために手作りのドーナツ、作っておくよ!」

P「いつもありがとな」

法子「新しいの、この前かな子ちゃんと一緒に作ったんだ。楽しみにしててねっ」

P「ああ。とびっきり甘いやつを頼むよ」

法子「まかせて。チョコレートたっぷり使うから♪」





 キスのことを言ったんけど、多分伝わってない。

 基本、甘い食べ物は苦手です。言えるわきゃない。

 法子の手作りドーナツはびっくりするほど食べられるのに。




10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 00:02:59.68 ID:fr4TxxWw0
法子「ホントはかな子ちゃんも呼びたいんだけど…」

P「それはダメ。っていうか、俺が…」

法子「わかってるよー、でも、今度3人で一緒にドーナツ作ろーね!」

P「また別の日にな」








法子「××プロデューサーは何のコーディングが似合うかなぁ…」

P「ホントに俺をドーナツにする気!?」






11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 00:04:00.57 ID:fr4TxxWw0

法子「それじゃ、××プロデューサー、週末にね!待ってるから!」

P「……」

法子「?」



ダメだ。待ちきれん。



法子「ちょっ!」

P「……」ペロッ

法子「ふぁっ」

P「……ん」ペロッ

法子「やめ…やめて…」



キス魔がそれを言うのか。


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 00:05:10.69 ID:fr4TxxWw0

法子「ん…それ」

P「ぬぉっ!?」

法子「はんげきっ!」

P「ちょっ…」

法子「んっ」ペロ

P「うわ」

法子「んーっ」チュパ

P「うっ」

法子「んぁっ」クチャ…

P「ぷはっ!」

法子「ふあっ!?」

P「ごめん、ごめん、あんまりにうまくてさ」

法子「あーもー、いいところだったのに」




どっから覚えてきたんだよ、このテク。



法子「これも、ドーナツパワーのおかげかなっ?」

P「そんな言葉でまとめていいのか?」

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 00:07:19.72 ID:fr4TxxWw0


せっかくのムードが、法子の軽い言葉でふと我に返る。

つっても、俺が一方的なムードを感じてただけなのかもな。



P「ごめんな、いつもこんなんばっかで」

法子「いいよー、あたしは××プロデューサーにドーナツ食べてもらえるたけで、幸せだもん」



さすがにこれ以上は、まずいよな。

今も十分まずい関係なんだけどさ。





法子「でもいつか、私も食べてもらうからね♪」





なんの気なしにいっているのか。

それとも大人をからかっているのか。

戸惑っている間に、気がつくと法子の姿は見えなくなっていた。





ま、今はこれからどうするかの答えを出さなくてもいいや。

ひとまず、週末は甘い甘いチョコレートの味をたっぷり堪能するとしよう。