1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/24(水) 19:26:10 ID:pNYH9VOY
男「……」 

うんこ「信じていただけますか?」 

男「…なにこれ」 

うんこ「無理はありません。いきなり神の威光に当てられたとあっては、人間誰しも恐縮してしまうものです」 

男「そういうのじゃない」 

うんこ「もう一度言います」 

うんこ「私だ」 

男「お前だったのか」 

男「古いよ」 

うんこ「すいません」 



 

うんこ!
うんこ!
posted with amazlet at 16.03.23
サトシン
文溪堂
売り上げランキング: 5,277
2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/24(水) 19:27:14 ID:pNYH9VOY
うんこ「実はアナタの前に、三人ほど声をかけたのです」 

男「ほう」 

うんこ「一人は無視を決め込み、一人は頭を抱え歩き去り、一人はスゲーうんこが喋った友達呼んでこよーッてなりました」 

男「最後の小学生じゃん」 

うんこ「寂しかったのです」 

男「見境ねーな」 

うんこ「すいません」 


3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/24(水) 19:30:33 ID:pNYH9VOY
うんこ「まだ信じて貰えませんか?」 

男「自分が超能力者だと相手に伝えるもっとも有効的な手段は、未来予知らしい」 

うんこ「ほうほう」 

男「なんか予知してみろよ」 

うんこ「アナタは今から1日以内に、ごはんを食べるでしょう」 

男「とんちじゃなくて」 

うんこ「今から百億年後の7月に、地球は滅ぶでしょう」 

男「予言でもなくて」 

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/24(水) 19:31:03 ID:pNYH9VOY
うんこ「私は神ですが、そういうのじゃないのです」 

男「じゃあどういうのなの?」 

うんこ「…言葉で説明するのは難しいですね」 

男「言葉で説明するのを放棄したら、お前はただのうんこだぞ」 

うんこ「これは手厳しい。まさに神をも恐れぬ発言」 

うんこ「いや…紙をも恐れぬ発言…うんこだけに…フフ」 

男「」すたすた 

うんこ「違うんです!待ってください!」 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/24(水) 19:31:43 ID:pNYH9VOY
うんこ「良かった戻って来てくれて…まだやり直せますよね、私たち?」 

男「別れる寸前の彼女みたいなこと言うな」 

うんこ「…フフ、そろそろ信じましたか?私が神だと」 

男「今までで何一つプラス要素がないんだよ」 

うんこ「難しいですね…では、逆に聞きますが」 

うんこ「男さんは、自分が人間だと証明ですますか?」 

男「そういうごまかし方をするあたり、大した神じゃないんだろうな」 

うんこ「手厳しい」 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/24(水) 19:32:27 ID:pNYH9VOY

男「いいよもう。神だとしよう。ゴッドうんこだとしよう」 

うんこ「認めてくれるのですか!?私がゴッドうんこだと!」 

男「何でうんこなんかに憑依してんだよ」 

うんこ「それは…話せば長くなるのですが。男さんはイタコをご存知ですか?」 

男「自分に霊とか憑依させる人たちだろ」 

うんこ「そうです。これはそのイタコのうんこなのです」 

男「イタコに謝れ」 

うんこ「しかも女子高生イタコです」 

男「全然すげーってなんない」 

うんこ「フフ、今ちょっと興奮しましたね?この変態!」 

男「そこら辺にしとけ」 

うんこ「すいません」 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/24(水) 19:35:05 ID:pNYH9VOY
うんこ「人を探しているのです」 

男「何だよいきなり」 

うんこ「呼ばれたのです。助けて欲しい、と」 

男「誰に」 

うんこ「分かりませんが…女の子の声だったと思います」 

男「情報が雑過ぎる」 

うんこ「あの声はきっと美少女です。黒髪ポニテのニーソが似合う純粋無垢なJSです」 

男「情報からの妄想が過ぎる」 

うんこ「男さん!探してくれませんか…!?私を呼んだ子を!私とともに!」 

男「いやだ」 

うんこ「何でですか!?せっかくちゃんと話したのに!この薄情者!」 

男「うんこ持って歩きたくない」 

うんこ「確かに!」 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/24(水) 19:36:07 ID:pNYH9VOY
うんこ「ビニール袋に入れて歩けば、愛犬の粗相を処理した、むしろマナーの良い人と思われるのでは?」 

男「犬いないじゃん」 

うんこ「エアードッグですよ」 

男「エアードッグでリアルうんこはちょっと…」 

うんこ「じゃあ、一度私がうんこだということを忘れてみましょう」 

男「うん」 

うんこ「目をつむって、女子高生を思い描いてください」 

男「…ダメだ、どうしても顔がうんこになる!」 

うんこ「そこをもうひと踏ん張り!」 

男「体もうんこになった!」 

うんこ「ダメだこの方法は!」 
 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/24(水) 21:02:05 ID:pNYH9VOY
「うわぁ!やべー!うんこがしゃべってる!」 

男「ん?」 

うんこ「キミは…」 

「な?な?だから言ったじゃん!だから命かけるっておれ言ったじゃん!」 

「だってうんこじゃん!うんこじゃん!」 

「ちんこ!」 

「ちん…あはははは!ちんこって!」 

「ちんこちんこ!」 

「ぷーっ、あはははははっ!ちんこ!」 

「ちんこちんこ!」 

「あはははは!ちんこ!」 

「ちんこ!あはははは!」 

うんこ「…男さん、助けて!」 

男「これは…凄いな…」 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/24(水) 22:19:06 ID:pNYH9VOY
うんこ「男さん…っ!」 

男「無理だ。これは嵐のようなものだ。彼らの興味がなくなるのを待つしかない」 

「ちんこちんこ!」 

「ちんこ…うんこ!」 

「うんこちんこ!」 

「うんこちんこ!」 

男「駄目だ!最強の二つが合体してしまった!」 

うんこ「そんな!」 

「うんこちん…うん?」 

少女「!」びくっ 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/24(水) 22:19:36 ID:pNYH9VOY
「あっ!少女だ!」 

「少女だ!やべー少女菌がうつる!」 

少女「え…」 

「近付いて来た!やべー逃げろー!」だっ 

「あはははは!」だっ 

少女「そんな…うっ…ううう……」 


13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/24(水) 22:20:10 ID:pNYH9VOY
男「…この子だな」 

うんこ「そうですね」 

少女「ぐすっ…ぐすっ…」 

男「やぁ」 

うんこ「こんにちは」 

少女「ひっ…な、なにかようですか…?」 

男「キミを待っていたんだ。話を聞いてくれ」 

少女「え…?」 

うんこ「少女さん、驚かずに聞いてください」 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/24(水) 22:21:22 ID:pNYH9VOY
うんこ「私は…アナタに呼ばれて来ました」 

うんこ「すぐには信じられないかもしれません…ですが」 

うんこ「こんな姿ですが、神です」 

うんこ「アナタを助けに来ました」 

うんこ「さあ…願いを言ってください」

少女「おかーさーん!!」だっ 

うんこ「あれぇっ!?」 

男「まぁ確かにそうなるわ」 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/24(水) 22:22:00 ID:pNYH9VOY
男「ダッシュで追いかけて捕まえて来た」 

少女「んー!?んー!?」 

男「舌を噛まれたら困るので猿ぐつわをかましている」 

うんこ「ありがとうございます」

男「気にするな」 

少女「んー!んー!」 

うんこ「元気が良いですね」 

男「子供はこうでないとな」 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/24(水) 22:22:48 ID:pNYH9VOY
少女「かみさま…?」 

うんこ「そうです。アナタに呼ばれて来ました」 

少女「すごい!ほ、ホントにかみさまなの!?」 

うんこ「そうですとも」 

少女「すごいすごい!ホンモノのかみさまだ!」 

うんこ「なにこの純粋さ。あれ?やだ私泣きそう…」 

男「少女ちゃん、お願い事をしてみなさい」 

少女「んーとね…くさい!」 

男「鼻をつまんで、お願い事をしてみなさい」 

少女「うん!やっへみる!」 

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/24(水) 22:24:02 ID:pNYH9VOY
少女「んーとね、んーとね!なににしよっかなー!」 

男「…今さらだが」 

うんこ「何でしょうか」 

男「お前に願いを叶える力はあるのか?」 

うんこ「大抵のモノは無理です」 

男「え」 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/24(水) 22:24:55 ID:pNYH9VOY
うんこ「驚くかもしれませんが…実は私は、あまり位の高い神ではないのです」 

男「知ってた」 

うんこ「私は未来予知も出来ませんし、超能力のような力もありません」 

男「じゃあどうすんのさ」 

うんこ「大丈夫ですよ。見ていてくださいよ?」 

少女「決めたよっ!あのね、私ねっ―――…」 

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/24(水) 22:25:36 ID:pNYH9VOY
少女「待ってよー!」 

「おっせーよバカ!がっこう始まっちゃうだろ!?」 

少女「で、でもー!わたしもう走れないよー!」 

「ああもう!貸せよ!」ばっ 

少女「あっ!わたしのかばん!」 

「これで走れるだろ!?」 

少女「!あっ、ありがとうっ!」 

「う…うるせー!はやく走れっ!」 

「ふたりともはやく!チャイム鳴っちゃうよ!」 

「やべー!いそぐぞ!」 

少女「うんっ!」 

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/24(水) 22:26:25 ID:pNYH9VOY
男「未来予知でも、超能力でもない」 

男「なんて言うんだろうな、こういうの」 

うんこ「何のことはないですよ。ただほんのちょっと…勇気を貸してあげただけです」 

男「勇気?」 

うんこ「女の子には歩み寄る勇気を。男の子たちには今までのことを謝る勇……はっ」 

男「ん?」 

うんこ「男の子たちには、今までのことを『水に流す』勇気を!うんこだけに!」 

男「」すたすたすた 

うんこ「違うんです!待ってください!」 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/24(水) 22:27:47 ID:pNYH9VOY
男「お前このあとどうすんの」 

うんこ「神様の世界に戻って、これでランキング上がったか見ます」 

男「そういうシステムなのか」 

うんこ「なかなか徳ポイントが上がらなくて」 

男「なんというか」 

うんこ「はい?」 

男「どう別れていいのか分からん」 

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/24(水) 22:28:19 ID:pNYH9VOY
男「いや、自分でもどうかと思うんだが」 

男「じゃあな、で済ますにはちょっと強烈過ぎる時間だったから」 

男「だからといって別れない訳にもいかないし」 

男「どう別れようか」 

男「おい聞いてるか?」 

男「おい?」 

うんこ「」 

男「…薄情なヤツ」 

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/24(水) 22:32:54 ID:pNYH9VOY
女「あの、すいません!」 

男「なんですか」 

女「駅までの道を聞きたいんですけど…」 

男「ああ、いいですよ。この道を真っ直ぐ行って──」 

男(…うーん、なんか優しくなったなぁ、俺) 

男「――で、突き当りに駅が見えてくるはずですから」

男「すいません拙い説明で…分かりましたか?」

女「はい、ありがとうございます!…ちっ」 

男「ん?」 

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/24(水) 22:33:50 ID:pNYH9VOY
女「あの、もう一つ良いですか?」 

男「ん?ああ、なんですか」 

女「男さんの徳ポイントがウナギ登りだったんですよ」 

男「はい?」 

女「私のランキング一個も変わらなかったんですよ」 

男「…おい」 

女「しかもあれから徳を積みまくってるそうじゃないですか。そんなに神の地位が欲しいですか」 

男「おいうんこ」 


25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/24(水) 22:34:38 ID:pNYH9VOY
女「今回は男さんを油断させるために女で来ました」 

男「何しに来た」 

女「女子高生っぽい声に呼ばれて」 

男「雑だな」 

女「またお願いしますよ」 

男「そんなんだからランキング上がらないんじゃないのか」 

女「またそんな事言って、良いんですか?」 

女「こんな姿ですが、神ですよ?」 



完!