9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 01:56:45.62 ID:Zacz4+R60
誰と?

>>11

引用元: 一夏「安価でヒロインとイチャラブ」 


 

ISブラック・バニー/ホワイト・ビター1 (オーバーラップコミックス)
びび
オーバーラップ
売り上げランキング: 2,694
11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 01:57:20.09 ID:PHCSDNlu0
ラウラの服官

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 01:58:31.88 ID:Zacz4+R60
一夏「服官ってなんだよ…副官のことか?」

一夏「…ってことはあれか? ええと、クラリッサ…だっけ?」

一夏「…ふむ」

一夏「あり、だな」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 02:00:04.70 ID:Zacz4+R60
一夏「そうと決まれば接点をもたないと」

一夏「うーむ。やはりラウラを経由しなければなるまい」

一夏「ラウラに何て言って、クラリッサと仲を持たせてくれるだろうか?」

>>20

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 02:04:01.40 ID:gjYJD0Yx0
やっぱシャルだな

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 02:05:54.01 ID:Zacz4+R60
一夏「うーむ…いくら考えてもクラリッサに会うための口実がおもいつかない…」

一夏「というか全然接点ないし…かえって不自然だよなぁ…」

一夏「……うーん」

一夏「諦めるか?」

一夏「とすると…候補は、シャルかな?」

>>24
1.クラリッサ
2.シャル

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 02:06:39.00 ID:SiWxTuRO0
1

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 02:09:03.11 ID:Zacz4+R60
一夏「うん。やっぱりクラリッサにしよう。正直あの虐げるような目つきが溜まらん。面識はないけど」

一夏「そうと決まればラウラに会いに行くぞ」


~廊下~

一夏「おお。あんなところにラウラが一人で。何と言うご都合主義」

ラウラ「そういうお前はなんで説明口調なのだ」

一夏「こまけぇこたぁいいんだよ。それより、ラウラ。クラリッサと連絡が取りたいんだが?」

ラウラ「む? 何用だ? 私の部下に」

一夏「>>28

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 02:10:43.17 ID:tBuOTpUv0
ラウラの軍人としての姿に感銘を受けた、ドイツ軍についてもっと知りたいんだが

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 02:14:14.95 ID:Zacz4+R60
一夏「いや、ドイツの軍について興味が沸いてさ。それで、知りたいんだよ」

ラウラ「ならば私に聞けばよかろう」

一夏「それでもいいんだけど、何かお前、クラリッサに色々と教えてもらってるそうじゃん。
   だから、クラリッサの方が適任かな、って」

ラウラ「ふむ。一理あるな(それにしてもいつの間にこいつ、クラリッサを呼び捨てに…?)」

ラウラ「分かった。今繋ぐから待ってろ」

一夏「おう」


クラリッサ『お電話代わりました。クラリッサと申します』

一夏「あ、どうも。一夏です」

クラリッサ『存じております。で、私に軍についての教授を希望で?』

一夏「あー、そのことなんですけど」

クラリッサ『はい?』

一夏「実は…>>33

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 02:17:43.76 ID:PHCSDNlu0
一度、二人きりでデートをして、どの様なものか確認したい

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 02:19:48.60 ID:Zacz4+R60
クラリッサ『…すいません。今の、もう一度言ってもらえますか?』

一夏「ですから、一度二人きりでデートをして、どの様なものか確認したいんですよ」

クラリッサ『何故デートをする意味が…貴方には隊長がおられるでしょう?』

一夏(う…やっぱり言われたよ……)

一夏(ここが山場だな…何かいい言い訳を考えなくちゃ…!)

>>38

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 02:20:35.39 ID:PHCSDNlu0
隊長だけでなく、色々な人物から

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 02:23:22.79 ID:Zacz4+R60
一夏「隊長だけでなく、色々な人物から…」

クラリッサ『ふむ』

一夏「ええと、その…」

クラリッサ『?』

一夏「そ、その…色んな人物と、交流を深めて、からにしよかなぁ、と…」

クラリッサ『……』

クラリッサ『つまり、隊長との本番の予行練習に、私を?』

一夏「そ、そうです!(やったぜ! 勝手に勘違いしてくれた!)」

クラリッサ『些か不本意でありますが、隊長のためとあれば、このクラリッサ・ハルフォーフ、尽力いたします』

一夏(よし!)

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 02:25:36.04 ID:Zacz4+R60
>>39アニメの世界でそれを言っちゃメタだろうに

クラリッサ『では、デートというものいたしましょう』

一夏「は、はい! よろしくお願いします」

クラリッサ『はい。ではご都合のいい日にちなどを』

一夏「ええと…次の日曜に……」


~一夏の部屋~

一夏「よし! 何とかデートにこぎつけたぞ!」

一夏「デートは次の日曜だ」

一夏「ちなみに>>45に行くことになっている」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 02:26:54.95 ID:SiWxTuRO0
ラブホ

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 02:29:29.56 ID:Zacz4+R60
~日曜:鶯谷~

一夏「何かの間違いで、ラブホ街に来てしまった…」

クラリッサ「お待たせしました。待ちましたか?」

一夏「い、いえ! 今来たところです!」

クラリッサ「そうですか」

一夏(うわぁ…私服のセンスいいなぁ…)

クラリッサ「では参りましょうか」

一夏「え?」

クラリッサ「なにか?」

一夏「ええと、ここが何か分かってます?」

クラリッサ「ただの待ち合わせ場所では? 正直、面食らってしまいましたが」

一夏(ど、どうする…? このままトボけて、別の場所に移動するか?)

>>50

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 02:31:25.81 ID:HLboI4Z80
遊園地

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 02:32:14.26 ID:Zacz4+R60
~遊園地~

一夏「というわけで遊園地に来たのであった」

クラリッサ「定番ですね」

一夏「じゃあまずは、>>54に行きましょう」

クラリッサ「はい」

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 02:33:41.86 ID:HLboI4Z80
ラブホ

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 02:37:14.43 ID:Zacz4+R60
~ラブホ~

一夏「なんで遊園地にラブホが……」

クラリッサ「夢の国にも、宿泊施設があるではありませんか」

一夏「いや、こんな俗物にまみれたもんじゃないですよ、あっちは…」

一夏「…移動に疲れたし、休んでいきますか?」

クラリッサ「いけません、織斑さま」

一夏「へ?」

クラリッサ「遊園地に行ってすぐ休まれるとは、流石にダラしなさすぎます。それに、待ち合わせ場所もはっきり言って最悪です」

クラリッサ「このようなことがあれば、ラウラ隊長のときに困ります。ちゃんとしてください」

一夏(そういえば、名目はラウラとの予行演習だったな…)

一夏(俺の本命は貴女なんだけど…)

一夏(しかし…どうしようか…? 何とかして連れ込むか? それとも、大人しく別の場所に?)

>>60

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 02:38:09.70 ID:PHCSDNlu0
なら、貴女の理想のパターンを実行してみてください

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 02:40:26.47 ID:Zacz4+R60
一夏「なら、貴女の理想のパターンを実行してみてください」

クラリッサ「…ふむ。私なりですか。それもよろしいでしょう」

クラリッサ「では、あくまで参考までに。ラウラ隊長との本番のために、私自らがご指南しましょう」

一夏(やった!)

クラリッサ「では…」スッ

一夏「?」

クラリッサ「エスコートを」

一夏「あ、はい」

ギュゥ…

クラリッサ「よろしい」

一夏(…なんか照れるな)

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 02:43:22.72 ID:Zacz4+R60
一夏「最初はどちらに?」

クラリッサ「昼食前なので、絶叫系がよろしいでしょう」

一夏「あー、食後は確かに乗れませんものね」

クラリッサ「それもありますが、暗くなってからはムードもありますから」

一夏「なるほど(…大人だな)」

クラリッサ「というわけで、>>69にいきますよ」

1.ジェットコースター
2.お化け屋敷
3、その他絶叫系(指定)

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 02:45:47.38 ID:pZdur+WM0
1

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 02:49:13.35 ID:Zacz4+R60
~ジェットコースター~

一夏「では行きますか」

クラリッサ「はい」



クラリッサ「ふむ。子供だましでしたね」

一夏「はぁ…はぁ…(さ、流石軍人…これくらいじゃびくともしない…)」

クラリッサ「…まぁ、正直あまり参考にならなそうですね」

一夏「え? 何でです?」

クラリッサ「隊長相手だと…あの、その…」

一夏「?」

クラリッサ「…身長的に」

一夏「あー…ギリギリアウトっぽいですね」

クラリッサ「き、気を取り直して。次は>>73です」

1.お化け屋敷
2.その他(指定、絶叫系以外でも可)

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 02:50:01.38 ID:Z5DnXdJ/0
2ウォーターライド

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 02:53:44.34 ID:Zacz4+R60
~スプラッシュ的なアレ~

一夏「さっきとちょっと被ってますけど、コレなんかいいんじゃないですか?」

クラリッサ「ふむ。確かに新感覚かもしれませんね」

一夏「では行きましょう」


キャー…
バシャーン…
キャーッ!


クラリッサ「意外にあっけないものですね」

一夏「そ、そうですか…(この人に絶叫系はダメだ…鉄の心臓過ぎる……)」

一夏「って、あぁ!」

クラリッサ「む…これはいけませんね。合羽を羽織るのを忘れてました」

一夏「お、俺! タオルと何か代わりの服を買ってきます!」

クラリッサ「え? ちょ、ちょっと! 織斑さま!?」

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 02:56:17.54 ID:Zacz4+R60
一夏「お待たせしました。冷えませんか?」

クラリッサ「す、すみません…私の不手際で……」

一夏「気にしないでくださいよ。気づかなかった俺も悪いですから」

一夏「タオル、かけますね」

ファサ…

クラリッサ(…!)

一夏「大丈夫ですか? 拭きましょうか?」

クラリッサ「そ、それくらい自分でできます!」ババッ

一夏「そ、そうですか…」

クラリッサ「…まぁ、今の対応は悪くないです。隊長のときも、そのようにお願いします」

一夏「あ、はい…」シュン…

クラリッサ「……」

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 02:58:44.76 ID:Zacz4+R60
クラリッサ「お待たせしました」

一夏「良かった。サイズ、それで合ってたんですね」

クラリッサ「は、はい…。ありがとうございます。あ、経費は私が出しますので」

一夏「いいですよ。出させてください」

クラリッサ「そ、そんな! 困ります!」

一夏「こういうときは、男がだすものでしょう? 違いますか?」

クラリッサ「う…ぐ……仕方ないですね」

クラリッサ(…何を浮ついているんだ、私は…本分を忘れるな…)

一夏「クラリッサさん? どうかしたんですか? 顔色が悪いですよ?」

クラリッサ「な、なんでもないです! 次にいきますよ!」

一夏「あ、はい。じゃあ、お化け屋敷ですね」

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 03:02:12.36 ID:Zacz4+R60
~ホーンテッドに近いアレ~

一夏「じゃあ行きましょうか…って、クラリッサさん……どうかしたんですか?」

クラリッサ「……お、織斑さま。喉かわきませんか?」

一夏「い、いえ…さっき水浴びましたし」

クラリッサ「そ、そうですか…わ、私は若干喉が渇いて…」

一夏「あれ? クラリッサさんも浴びてましたよね?」

クラリッサ「う、ぐ…それは、その……」

一夏「…もしかして、怖いんですか?」

クラリッサ「はいぃ!? そ、そんなわけないでしょう! ドイツ軍人であるこの私が。たかが玩具に恐れをなすなどと!」

一夏「…本当ですか?」

クラリッサ「本当です! それを証明してみせます! さぁ、参りますよ!」ズカズカ

一夏「あぁ…勝手に行かないでください……」

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 03:05:36.98 ID:Zacz4+R60
ゾンビ「バアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!」

クラリッサ「きゃああああああああああああ!!」

一夏「……」



フランケン「ガオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!」

クラリッサ「ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!」

一夏「……」



ドラキュラ「ハァ…ハァ…お譲ちゃん…パンツ何色…?」

クラリッサ「うわぁぁぁぁぁぁぁぁん!!ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい!!」

一夏「……」




モッピー「モッピー知ってるよ。クラリッサはこんなキャラじゃないってこと」

クラリッサ「うええええええええええええええええええええええん!!もう帰るううううううううううううううううううううう!!」

一夏「…あの、クラリッサさん…さっきかた痛いんですけど…手が」

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 03:08:08.93 ID:Zacz4+R60
クラリッサ「…ぐすん」

一夏「その…なんか、すいません……色々と」

クラリッサ「…すいません。アニメやマンガは好きなんですが、スプラッタやオカルトはどうもダメで…」

一夏「あはは…まぁ苦手なものは誰にだってありますよ」

一夏「そろそろ昼時ですね。>>85でも奢りますから、元気出してください」

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 03:11:08.02 ID:SiWxTuRO0
酢豚

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 03:15:55.54 ID:Zacz4+R60
~売店~

一夏「じゃあ売店で何か買ってきます」

クラリッサ「…くれぐれも隊長には御内密に…」

一夏「分かってますよ。じゃ、待っててください」

クラリッサ「はい…」

クラリッサ(…織斑さま。本当にお優しい方だ。私に幻滅することなく、気遣ってくれるとは)

クラリッサ(…! 何を考えてるんだ私は! あの方は隊長の嫁! それを忘れてはならない…!)

クラリッサ(……)

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 03:16:19.10 ID:Zacz4+R60

一夏「すいませーん」

鈴「いらっしゃーい…って、一夏ぁ!?」

一夏「うお、鈴。何でこんなトコにいんだよ」

鈴「バイトよ。ここのは割がいいもの」

一夏「そっか」

鈴「ちょうどいいわね。酢豚、買って行きなさいよ」

一夏「何で遊園地に来てまで酢豚なんだよ…」

鈴「いいじゃない。好評なんだから」

一夏「…まぁいいけど」

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 03:19:51.92 ID:Zacz4+R60
鈴「はい! 特性酢豚お待ち!!」

一夏「お、サンキュー」

鈴「ね、ねえ一夏! あんた、この後暇? あたし、17時上がりだから、良かったらこの後一緒に…」

鈴「って、いねぇ!! あの野郎~~~~~~~!!」




一夏「お待たせしました」

クラリッサ「あ、ありがとうございます。美味しそうな中華ですね」

一夏「ええ。俺の友達が作ったものなんで、味は保障しますよ」

クラリッサ「では、いただきます」

ポロッ

クラリッサ「あら?」

一夏「あー…スプーンにしとくんだったな」

クラリッサ「も、申し訳ありません…。箸はまだ不慣れでして」

一夏(ん…? これって……)

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 03:21:41.57 ID:Zacz4+R60
一夏「あ、あの…良かったら、食べさせましょうか?」

クラリッサ「へ? な、何を仰るですか!」

一夏「だ、だって、その…」

クラリッサ「い、いいです! スプーンを貰っていきますから!」

一夏「あ、あの! こ、これも練習だと思って!」

クラリッサ「…!」

一夏「だ、だから…」

クラリッサ「…なるほど。わかりました。お願いします」

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 03:25:43.45 ID:Zacz4+R60
一夏「じゃあ、あーん…」

クラリッサ「あ、あーん…」

パクッ モグモグ

一夏「…ど、どうですか?」

クラリッサ「…とても、美味しいです」

一夏「そうですか! 良かった!」パァ

クラリッサ「…!」

一夏「じゃあ、もう一回。はい、あーん」

クラリッサ「…あーん」

クラリッサ(…何だこれは。これでは…本当のカップルみたいではないか)

クラリッサ(本当に…デートをしてるみたいだ…織斑さまと)

クラリッサ(しかし…不思議だ。悪い心地がしない)

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 03:25:53.87 ID:Zacz4+R60
一夏「はい、お茶どうぞ」

クラリッサ(しかし…これは、あくまで予行演習。隊長のための、予行演習だ…)

クラリッサ(そう…これは仮初の……)

クラリッサ(……)チクリ

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 03:27:55.84 ID:Zacz4+R60
一夏「ふぅ…お腹も膨れたし、じゃあ次に行きましょうか」

クラリッサ「…はい」

一夏「? あの、どうかしたんですか?」

クラリッサ「へ? い、いや…なんでも」

一夏「?」

クラリッサ「わ、私のことはお気になさらず。次はどこにいきましょうか?」

一夏「そうですね…あと乗れるアトラクションは、3つくらいですかね?」

クラリッサ「では、>>100などどうしょう?」

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 03:31:01.98 ID:pZdur+WM0
コーヒーカップ

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 03:35:41.53 ID:Zacz4+R60
~コーヒーカップ~

クラリッサ「正直、食後乗るには微妙なところでしたね…申し訳ありません」

一夏「いえいえ。さっき乗り損ねたし、別にいいですよ」

一夏(もしかして…知識はあるんだけど、経験はないタイプなのかな? …まぁ俺もないけど)

クラリッサ「では、行きましょう」


クラリッサ「……」グルグル

一夏「ちょ! ク、クラリッサさん回さないでください!! 速い! 速いですから!!」

クラリッサ(…意外に楽しい)


クラリッサ「ふむ。戦闘機の乗り心地に比べれば、まだまだですね…」

一夏「そ、そぼですか……(危ねぇ…あと少しで戻すところだった)」

クラリッサ「…あまり気分が優れないようですね。>>110にでも乗って落ち着きましょう」

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 03:37:18.60 ID:PHCSDNlu0
観覧車

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 03:40:04.04 ID:Zacz4+R60
クラリッサ「大丈夫ですか?」

一夏「ず、ずびばせん…」

クラリッサ「あぁ、私があのような乗り物を選んだばかりに…」

クラリッサ「そうだ。高いところから景色でも眺めれば、気が紛れるかもしれません」

一夏「い、いいですね…」

クラリッサ「では、観覧車へと参りましょう」


~観覧車:ゴンドラ内~


一夏「ふぅ…だいぶ落ち着きました」

クラリッサ「それは良かった」

一夏「…景色、いいですね」

クラリッサ「…ええ。とても、綺麗です」

113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 03:41:24.66 ID:Zacz4+R60
一夏「……」

クラリッサ「……」

一夏(あ、あれ…? もしかしてこれ…)

クラリッサ(も、もしやこれは…)

一夏(マンガなどでよくある…)

クラリッサ(アニメではお決まりの…)


((ここ、告白シーン!?))

116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 03:44:53.73 ID:Zacz4+R60
一夏(ど、どうしよう…! 気分が悪かったから、全然気持ちの余裕がつけれない!)

クラリッサ(何を考えてるんだ私は! 自分からこのような場所に誘うなど…! こ、これでは私が織斑さまに気があるみたいではないか!)

一夏(どどど、どうしよう…一気に気まずくなってきた)

クラリッサ(まずいぞ…緊急事態発生…戦況は最悪…! 隊長! どうすれば…!)

一夏(…な、何かいうべき、だよな…? でも何を言えばいいか分からねぇ!!)

一夏(…いっそ、告白しちまうか? い、いや! まだ早いだろいくらなんでも!)

一夏(と、とりあえず何か言わないと!)

>>121

121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 03:47:00.70 ID:79CGl/Nc0
やらないか

124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 03:51:38.03 ID:Zacz4+R60
一夏「やらないか」

クラリッサ「……」

一夏(う、うわあああああああああああああああ!!?? やっちまったあああああああああああああああ!!
   何言ってんだ俺えええええええええええええ!!)

クラリッサ「……」ドキドキ

一夏(あ、あれ…? 何ともない? もしかして、引かれた!?)

クラリッサ「……」チラッ

クラリッサ「…!」ババッ!

一夏(…? 何か違う…? ということは、聞かれてない!? た、助かったぁ!!)

一夏(…もうこんなヘマはできない…! ちゃんと言うぜ、俺!!)

一夏「あ、あの!! クラリッサさん!」

クラリッサ「ひゃ、ひゃい!! なん、でしょう、か!?」ビックゥ

一夏「>>128

128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 03:52:37.00 ID:9Ri3hu1L0
好きです、俺と正式に付き合ってください!

131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 03:55:11.26 ID:Zacz4+R60
一夏「好きです、俺と正式に付き合ってください! 」

クラリッサ「…へ?」

一夏「……」ドキドキ

クラリッサ「あ、あの……」アタフタ

一夏「……」

クラリッサ「そ、の…」モジモジ

一夏「……」ゴクリ

クラリッサ「じょ、冗談…なん、です、よね?」

一夏「へ?」

クラリッサ「あの…それも、練習…なん…です、よね…?」

一夏(そんなわけあるかあああああああああああああ!!)

135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 03:58:25.32 ID:Zacz4+R60
クラリッサ「だって…私と織斑さまは会って…間もないですし…」

クラリッサ「そ、そのような…関係になるなどと…」ウツムク

一夏(…!)

一夏(クラリッサさん…もしかしなくても、落ち込んでる?
    …やっぱり、ラウラへの遠慮みたいのがあるみたいだな…)

クラリッサ「で、ですから…そのようなお戯れは…困ります」シュン…

一夏(でも、伝えなきゃ! 俺が好きなのはラウラじゃない! 貴女だってこと!)

一夏(ここで言うんだ! 最後の、とっておきの台詞を!!)

一夏(それは…!)

一夏「クラリッサさん! 俺…!」

一夏「>>140!!」

140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 04:01:10.07 ID:M6oB7QCF0
あなたが好きなんでしゅ!

143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 04:02:53.05 ID:Zacz4+R60
一夏「お、俺は!!」

クラリッサ「…!」

一夏「あなたが――」

クラリッサ「―――」





一夏「好きなんでしゅ!!」

クラリッサ「……」

一夏「……」




一夏(噛んだあああああああああああああああああああああああああああああああ!!??)

145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 04:05:54.99 ID:Zacz4+R60
クラリッサ「……」

一夏「……(やっちまったやっちまったやっちまったやっちまったやっちまった…)」

クラリッサ「……」

一夏(失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した…)

クラリッサ「…プッ」

一夏「!?」

クラリッサ「ふふ…フフフ……」

一夏「あ、あの…クラリッサさん?」

クラリッサ「フフフ…し、失礼…こんな場面…以前読んだ、少女漫画とまったく一緒だったもので…なんか可笑しくて」

一夏「そ、そうですか…(一応、成功…かな?)」

146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 04:09:35.10 ID:Zacz4+R60
クラリッサ「…本心、なのですね」

一夏「…はい。俺はクラリッサさんが好きです。ラウラよりも、誰よりも、貴方のことが好きです」

クラリッサ「しかし…貴方には隊長が」

一夏「そうじゃないんです!」

クラリッサ「お、織斑さま…」

一夏「俺はラウラの部下だからとか、そんな体面的なところで貴女に惹かれたんじゃない!」

一夏「今日を通して、貴女という人を知って、それで、いつの間にか好きになっていたんです!!」

クラリッサ「織斑…さま」

一夏「だから…あなたの答えを聞きたい。立場とか、そういうのを抜きにして」

一夏「クラリッサさん。貴女の返事を聞きたい。貴女自身の、本心からの答えを」

クラリッサ「……」

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 04:14:01.83 ID:Zacz4+R60
クラリッサ「…私の一番大事なのは、ラウラ隊長です。それは後にも先にも、一生変わることはありません」

クラリッサ「隊長のためなら、何でもできる覚悟です…。そのためなら…今日という日を通して、
     ラウラ隊長の踏み台になることすら躊躇しませんでした」

一夏「……」

クラリッサ「しかし…今日一日、織斑さまと過ごしてみて……貴方と言う人を知った」

クラリッサ「軟弱そうに見えて芯が強く、一生懸命で…」

クラリッサ「それでいて…とても優しい方だということを…」

一夏「……」

クラリッサ「…ラウラ隊長以外で、こんなに人に興味を覚えたことはありません」

クラリッサ「こんなに…情緒がかき乱されたことも…ありません」

150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 04:16:46.03 ID:Zacz4+R60
クラリッサ「もしかしたら私は…」

一夏「……」ゴクリ

クラリッサ「…でも、認めたくない! そんな、隊長を裏切るような真似など」

一夏「クラリッサさん」

クラリッサ「…!」

一夏「…勇気を、出してください!」

クラリッサ「!!」

クラリッサ「私は……」ガタッ

一夏「…!」

クラリッサ「私は!!」








クラリッサ「私も……貴方が好きです!! 織斑一夏さん!!」

154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 04:20:14.54 ID:Zacz4+R60
一夏「クラリッサさん…!」

クラリッサ「そうです織斑さま…! 私も…いつの間にか、貴方に惹かれて」

クラリッサ「それで…いつの間にか、好きになっていた…」

一夏「…クラリッサさん。違いますよ」

クラリッサ「…へ?」

一夏「俺の事は…『一夏』って呼んで下さい。そんな、他人行儀じゃなくて」

クラリッサ「…はい!」

クラリッサ「いち…か。一夏!」

一夏「はい!」

155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 04:21:21.18 ID:Zacz4+R60
クラリッサ「私は、貴方が好きだ! 一夏!」

一夏「俺もです! クラリッサさん!」

クラリッサ「私のことも、クラリッサとおよびください!」

一夏「は、はい!」

一夏「クラリッサ! 俺もお前が好きだ!!」

157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 04:23:44.21 ID:Zacz4+R60
クラリッサ「…言ってしまいましたね」

一夏「…ええ。でも、後悔なんて全然してないですよ」

クラリッサ「…はい。私もです。でも、これからが大変ですよ。隊長が知ったら、何て言うか…」

一夏「俺が責任もって、説得しますよ。きっと分かってくれます、ラウラなら」

クラリッサ「…その時は、私もお供します」

一夏「…わかりました。二人で、怒られましょうか」

クラリッサ「はい…」

159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 04:27:06.00 ID:Zacz4+R60
クラリッサ「…ねぇ一夏」

一夏「…はい」

クラリッサ「…キス、してください」

一夏「…了解」


チュッ…


クラリッサ「お慕いしてます…」

一夏「俺も…愛してるよ、クラリッサ」

161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/15(日) 04:28:06.23 ID:Zacz4+R60
クラリッサ「フフフ…嬉しい」

一夏「ああ…俺も」

クラリッサ「この続きもしちゃいますか?」

一夏「えぇ!? で、でも…どこで?」

クラリッサ「お忘れですか? アトラクション、まだ1つ乗れるではありませんか」

一夏「あ…まさか……」

クラリッサ「ふふふ…いい休憩場所、知ってるんですよ? 私」



クラリッサ「さぁ、最後までエスコートお願いしますよ? 一夏?」


~終われ~