1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/23(水) 13:19:15 ID:QpWJZavw
提督「執務室の提督用の机に仕掛けがあったのを気付いた」

提督「毎日触れなきゃ気付いかない仕掛け そう、提督であるオレ以外は」

提督「中には手紙が入っていて」

提督「艦娘は全員深海棲艦のスパイであることが書き綴られていた」

提督「信じられないが…心当たりは、ある」

提督「最近妙に大破や中破が少ない」

提督「不自然なまでに……」

提督「オレが着任した時から大破なんてこれまでなかった」

提督「それはオレの作戦のおかげと思っていたが…」

提督「まさか………な……」




大和「提督」

引用元: 提督「艦娘が全員深海側のスパイだった」 


 

艦隊これくしょん -艦これ- 止まり木の鎮守府 (3) 限定版 (電撃コミックスNEXT)
ヒロイチ
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2016-06-27)
売り上げランキング: 410
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/23(水) 13:31:36 ID:QpWJZavw
ビクッ
提督「や…大和」

大和「何を…しているんですか?」

提督「いや、執務だよ」

大和「手紙を読んでいるようですが」

提督「オレへの恋文だよ、はは…参っちゃうな」

大和「嘘が下手ですね」

バサッ

提督「あっ」

大和「…………なるほど前任の書き残しですか」

提督「バカな事書いてるよな~…お前らがまさか……」

ジャキッ

提督「…」

提督「大和、何で…艤装をこちらに向けている」

大和「もうバレてしまったからですよ」

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/23(水) 13:42:58 ID:QpWJZavw
大和「まさかこんな手紙を残していたとは」

大和「前任の提督は優秀だったと認めましょう」

提督「本当に、そうなのか…お前ら全員…」

大和「えぇ」

大和「人類は私達の邪魔ですから」

大和「提督、1年共に過ごした仲です」

大和「最期の言葉を聞いてあげますよ」

提督「そうか……」

大和「…………落ち着いていますね 前任はもっと慌てていましたよ?」

大和「状況が理解出来ていないようですね 貴方はこれから殺されるんですよ」

提督「理解しているよ、ただ、光栄だと思ってな」

大和「…光栄?」

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/23(水) 13:55:20 ID:QpWJZavw
提督「あの戦艦大和に撃たれて殺されるんだ 死に方としては、あの世で自慢出来るだろう?」

大和「…変な人…死が怖くないんですか」

提督「それ以上にオレには夢が大切でね」

大和「夢?」

提督「オレはな、桜の様になりたいんだ」

提督「散る時は華麗に散るんだ 桜の様に、70年前の大和の様に」

大和「…」

提督「オレは 桜の様に散りたいんだ」



パチパチパチ

龍驤「なんや 司令官、以外と風流やなぁ 拍手送ったるわ」

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/23(水) 14:05:08 ID:QpWJZavw
提督「…龍驤はそういうの嫌いか?」

龍驤「好きやで~人間は嫌いやけどな」

大和「龍驤さん」

龍驤「バレてしまったんやね うちらのこと」

大和「その様で、始末します」

龍驤「そやね、司令官?なんや言う事あるかい」

提督 「…」

提督(どうせ死ぬんだ これまで一番聞きたかった……あのことを)

提督「大和は」



提督「大和の胸はPADなのか?」

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/23(水) 14:12:41 ID:QpWJZavw
大和「…は……はぁ!?」

龍驤「なんやそれ」

提督「いや、聞いた話なんだけど」

提督「大和PADしてんの?」

大和「殺す!!」

龍驤「まぁまぁ 待ちぃや 大和 えっ?PADなん?」

大和「PADじゃないっ!!」

提督「ペチャパイだってな、大和」

大和「殺す!!!」

龍驤「まぁまぁ 待ちぃや えっ?まな板なん?」

大和「まな板は龍驤さんだけですよ」

龍驤「表出ろ」

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/23(水) 14:20:40 ID:QpWJZavw
大和「何を根拠にわわ私のむ、胸がPADだと………」

提督「長門がね」

ーーーーーーーー

提督『大和って完璧美女だよな~』

長門『でもあいつ PADしててぺちゃぱい隠してるぞ』

ーーーーーーーー

提督「だってさ」

大和「殺す!!!!」

龍驤「長門は味方や」

提督「で、PADなの?」

大和「PADじゃない!!」

龍驤「長門に聞いてみよか」

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/23(水) 14:33:23 ID:QpWJZavw
・・・・・
長門「なんだ 急に」

大和「長門さん、私の胸はPADだと言ったらしいですね 取り消してください」

長門「事実じゃないか」

大和「事実じゃないっ!」

提督「もしかして長門は大和に嫉妬してるんじゃないのか?」

提督「大和って駆逐艦に慕われてるし」

大和「……あぁ 長門さん嫌われてますもんねぇ」

長門「な、なんだと!」

大和「駆逐艦の間ではゴリラと呼ばれてますよ長門さん」

長門「嘘だ!」

提督「吹雪に演習PADと呼ばれてるぞ大和」

大和「嘘だ!」

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/23(水) 14:42:12 ID:QpWJZavw
龍驤「嘘やん、吹雪はそんな事言わへんで」

提督「まな板ロリババァって吹雪が言ってたよ」

龍驤「吹雪ぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!」

・・・・・

吹雪「えぇ、言いましたよ」

大和・龍驤「殺す!!!!」

長門「味方だ 馬鹿者」

提督「おまえ最初は大和を慕ってたよな」

吹雪「最近は紅茶イギリス人の方が尊敬出来ますね」

提督「金剛のこと?」

吹雪「他に誰が?」

提督「お前 すげぇな」

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/23(水) 14:52:14 ID:QpWJZavw
提督「最初にあった時は良い子だったのに」

吹雪「そんなの猫被りに決まってるじゃないですか生け贄さん」

提督「生け贄さんってオレのこと?」

吹雪「他に誰が?」

大和「どうして吹雪ちゃん!?」

鳳翔「何の騒ぎですか?」

長門「鳳翔…」

龍驤「司令官にうちらがスパイやってバレて ほんで……」

鳳翔「そうですか、なら早く始末を…」

提督「鳳翔さんは垂れ乳だって金剛が言ってたなぁ」





鳳翔「…」

鳳翔「…………………………………………………はぁ………?」

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/23(水) 15:05:35 ID:QpWJZavw
金剛「ヘーーーイ!!私を呼びましたカーーーーー!!?」

龍驤「えっ?垂れ乳なん?」

鳳翔「…」



鳳翔「金剛さん」

金剛「んーー?なんですカー?」

鳳翔「私の胸を垂れていると言ったらしいですね」

金剛「オウ!気にしてましタ!?お茶ばっかり飲むから垂れるのデーーース!!!」

金剛「紅茶を飲むデーーース!!!お茶はションベンの味するから駄目デーーース!!!」

提督「金剛、大和ってPADらしいよ」

金剛「知ってたデース紅茶飲めば治りマス」

提督「長門ってゴリラと呼ばれてるらしいよ」

金剛「紅茶飲めば治りマス」

提督「紅茶すげぇな」

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/23(水) 15:18:47 ID:QpWJZavw
吹雪「まな板ロリババァは治りますかね」

金剛「それは無理デーース!HAHAHAHA!」

吹雪「ですよね!!HAHAHAHAHA!!」

提督「知ってたHAHAHAHAHA!!!」

龍驤「お前ら表出ろ」

鳳翔「お茶がまずい……?舌がおかしいんじゃないですか金剛さん」

金剛「おかしいのはそっちデーーース!!」

金剛「みんな紅茶飲めば解決デーース!!」

提督「でも金剛おねしょしたんだって?その歳で」

吹雪「えっ?」

鳳翔「…………へぇ……」

金剛「なっ………なんで知ってるデス!!」

提督「榛名が言ってた それ以来オムツしてるんだって?」

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/23(水) 15:29:27 ID:QpWJZavw
金剛「は…ハルナァァァァァ!!」

・・・・・

金剛「あれは秘密だと言ったでしょ!!」

榛名「はて、言いましたか?」

金剛「言った!!」

榛名「ああ 言ったような気がしますね はい 榛名は大丈夫です」

金剛「私が大丈夫じゃないの!!」

鳳翔「金剛さんは頭も下の方も緩いんですね」

金剛「ぐぬぬぬぬ……!!」

吹雪「オムツなんて介護されてるおばあちゃんみたい」

吹雪「…紅茶オムツ……」

提督(紅茶イギリス人から紅茶オムツに)

加賀「もうすぐ訓練の時間よ、何をしているの?」

18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/23(水) 15:39:56 ID:QpWJZavw
長門「ああ実はな…」

加賀「そう…スパイがバレたのね」

龍驤「加賀はどう思う?」

加賀「やはりPADでしょうね」

大和「PADじゃない!!」

提督「鳳翔さんは垂れ乳なの?」

鳳翔「違います、断じて」

長門「私はゴリラに見えるか?」

加賀「見えますね」

長門「嘘だ!!」

龍驤「うちに巨乳の希望は見えるか?」

吹雪「真っ暗ですね」

龍驤「嘘や!!!」

20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/23(水) 15:51:32 ID:QpWJZavw
吹雪「生け贄さんは巨乳の方が好きですか?」

提督「ある程度大きい方がいいかも」

吹雪「残念でしたね真っ暗まな板」

龍驤「殺す!!」

加賀「味方よ やめなさい」

加賀「それで?提督はどうするの?始末するの?」

大和「当たり前でしょう バレたんですから」

龍驤「PADの事か?」

大和「スパイの事です!PADじゃない!!!!」

鳳翔「私も垂れてません!!!」

金剛「私もオムツしてません!!!」

榛名「してるでしょう」

金剛「榛名ァ!!」

榛名「はい、大丈夫です」

21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/23(水) 16:00:08 ID:QpWJZavw
提督「そうだ」

吹雪「生け贄さんどうしたんですか?」

提督「PAD、まな板、ゴリラ、垂れ乳、オムツを治す方法を思いついた」

龍驤「なんやて!?」

吹雪「まな板は無理でしょう」

龍驤「おう、このガキ いい加減 うち泣くで」

加賀「その方法とは?」











提督「セックスするんだ」

22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/23(水) 16:12:22 ID:QpWJZavw
吹雪「腐った死体になりましょうねー」

提督「まてまてまてまて、いたって真面目だ」

提督「お前ら人類を滅ぼすんだろ?」

加賀「ええ、もちろん」

提督「艦娘は女の子しかいない 人類を滅ぼせば男がいなくなるぞ」

提督「もしセックスがそれらを治せるのだとしたら…」

龍驤「治す機会は永遠に失われる……?」

吹雪「そんなので治る訳がないでしょう」

提督「そうだと断言できるか?」

「「「………」」」

龍驤「…」

龍驤「…」

龍驤「うち…やってみる 可能性があるんなら………」

加賀「本気…?」

23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/23(水) 16:23:45 ID:QpWJZavw
提督「童貞だからリードできるかわからんが」

龍驤「ええで、このまな板の呪い、解いてくれや」

提督「私室へ行こうか…」

加賀「なにこれ」

吹雪「さぁ……?」

・・・・・

龍驤「ふああっあああああんっ」

龍驤「ちょっ、いきなりすぎやろ!ああっ!!」

提督「大丈夫大丈夫」

龍驤「ああああぁぁぁぁ…………」

・・・・・
ガチャ

吹雪「戻ってきた」

長門「どうだった?」

龍驤「はーっ、はーっ、あんなん初めてや…はぁっ、司令官容赦なさすぎやろ…」

提督「スパイだってわかった分 遠慮なくいけるからな」

24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/23(水) 16:34:57 ID:QpWJZavw
金剛「つ…次私デーーース!!」

提督「無理、休ませて…続きは夜な」

鳳翔「ゆ…夕食はスッポン鍋にしますか?」

吹雪「…」

吹雪「始末しないんですか?」

加賀「………また後日と言うことにしましょう」

・・・・・

金剛「さぁ!始めるデーース!!」

提督「本当にオムツなのかよ……」

・・・・・

大和「お…お願いしますね……」

提督「龍驤レベルじゃん!!」

・・・・・
鳳翔「どう…ですか?提督……?」

提督「………綺麗だよ……垂れてるけど」

26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/23(水) 16:52:33 ID:QpWJZavw
提督「それからオレは毎日日替わりで夜戦をした」

提督「艦娘全員を相手に毎日うっはうはだ」

提督「そんな時にある事に気付いた」

提督「オレの寝室の枕元に手紙があったのだ」

提督「その中には手紙がありこう書き綴られていた」








提督「加賀さんはコミュ障害者の口うるさいくそばばあ」

提督「だってさ!加賀さん!!」

加賀「…………………はぁ……………?」

ーーーーーーーー

吹雪「あっ手紙を腐った死体の部屋に忘れてしまってました!!」

終わり。