1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/25(木) 16:25:28 ID:GAZfU7vg
魔王「勇者...」

魔王「死して立ち続け、何を望む」

魔王「...私は楽しかった...」

魔王「お前の報告を聞いた日...心が躍った」

魔王「やっと敵に会えた...そう思ったのだ」 



 

臆病な僕でも勇者になれた七つの教え
旺季志ずか
サンマーク出版
売り上げランキング: 1,962
2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/25(木) 16:33:21 ID:GAZfU7vg
魔王「初めて報告を聞いたのは...」

魔王「南の港の時か...どうしても必要な拠点でな」

魔王「精鋭含む5名を送ったのだ」

魔王「何時もの様に過ごし、何時もの様に床につく」

魔王「あの日も変わらない日常のはずだった」

魔王「あの時の側近の慌て様は見事だったよ」 


3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/25(木) 16:40:12 ID:GAZfU7vg
魔王「私も驚いた」

魔王「あの者は幼き時からの友でな...」

魔王「人に負けるなど...思いもしなかった」

魔王「私の心にも哀しみというものが有った...」

魔王「しかし、同時に震えた」

魔王「愉悦が込み上げたのだ」

魔王「友が死んだというのにな」 

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/25(木) 16:48:33 ID:GAZfU7vg
魔王「友を失った哀しみ、敵に会えた喜び」

魔王「...その日から、お前の行動を監視する事にした」

魔王「並の者では監視すら満足に出来ん」

魔王「監視に行った者は悉く返り討ちだ」

魔王「あまりの不甲斐なさに側近自ら向かった」

魔王「...彼奴はな...死と引き換えに、お前の情報を伝えた」

魔王「見事な最後だった...」 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/25(木) 16:56:27 ID:GAZfU7vg
魔王「勇者...」

魔王「お前にも友がいたな」

魔王「戦士、魔法使い、僧侶...」

魔王「いずれも手練れの者ばかりであったな...」

魔王「はじめに魔法使いが力尽き、戦士を失い...」

魔王「城近くで僧侶を失った」 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/25(木) 17:06:04 ID:GAZfU7vg
魔王「1人になったお前は、単騎で城に入った」

魔王「城に残ったのは数名といえど精鋭ばかり...」

魔王「1人の人間がどうこう出来る者達ではない」

魔王「...そう考えていた...」

魔王「だがな...目の前のお前が全て否定した」 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/25(木) 17:13:32 ID:GAZfU7vg
魔王「なぁ...勇者...」

魔王「お前は何を望んだ?」

魔王「何の為に此処まで来たのだ?」

魔王「私と戦う為ではないのか?」

魔王「とうに準備は出来ている」

魔王「...何故...動かないのだ?」

魔王「目標が目的が...目の前に居るのだぞ?」

魔王「私が憎いだろ?」

魔王「人間の平和を夢見たのだろ?」 


8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/25(木) 17:20:14 ID:GAZfU7vg
魔王「...私は...何を望んだのだろう...」

魔王「世界の全て...人間のいない世界」

魔王「初まりはそうだった...」

魔王「人間に追いやられた憎しみ...祖が受けた数々の屈辱...」

魔王「全てを思いしらせる筈だった」

魔王「復讐...それが全てだった...」 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/25(木) 17:30:16 ID:GAZfU7vg
魔王「...案外退屈でな...」

魔王「側近の奴が全てお任せ下さいと言って聞かんでな...」

魔王「嬉々として働く側近を見るが日課になっていた」

魔王「なかなか賢い奴でな...」

魔王「軍事会議では、口を挟むのも憚る程だ」

魔王「そんな奴だが私は好きだった」

魔王「尊敬とも似てるかもしれんな」 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/25(木) 17:39:01 ID:GAZfU7vg
魔王「彼奴が居なくなってから大変だったぞ」

魔王「部下からも慕われていてな...」

魔王「彼奴の作戦こそ側近の意思だと語り、宥め...」

魔王「彼奴の夢を達成してやりたかった」

魔王「ある日気づいたのだ...」

魔王「復讐よりも強敵を求む事よりも、彼奴の夢、願いを...」 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/25(木) 17:47:05 ID:S/kOqcU2
魔王「我ながら笑ってしまうな...」

魔王「人間とは...魔族とは...何なのであろうな」

魔王「元は同じモノだったかもしれん」

魔王「姿形だけでなく、心が感情が...」

魔王「人間に近づいていく...」

魔王「お前が...答えを持ってくる...そう思ったのだ」 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/25(木) 17:54:04 ID:S/kOqcU2
魔王「勇者よ...」

魔王「答えてはくれぬか?」

魔王「私は1人になった...」

魔王「お前は1人で何を考えた?」

魔王「絶望の中で何を望んだ?」

魔王「わからない...私にはわからない」

魔王「私には...」


-終わり- 


15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/27(土) 16:37:31 ID:JQStrYak
短編その2 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/27(土) 16:38:11 ID:JQStrYak
勇者「...終わった...世界は救われた」カシャン

勇者「...皆...旅が終わったよ...」フゥ 

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/27(土) 16:38:43 ID:JQStrYak
勇者「...さぁ...帰ろう...」クル

勇者「...なぁ...皆..帰えろう?」グス

僧侶「」

勇者「僧侶...旅は終わったんだよ?」

勇者「家に...帰れる...俺達の家に...」

勇者「なぁ...僧侶ぉ..言ったじゃないか、また一緒に暮らそう、また楽しく暮らそうって」ユサユサ

僧侶「」 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/27(土) 16:39:22 ID:JQStrYak
勇者「...」クル

僧侶「」ドサ

勇者「...魔法使い...冗談は辞めよ?」ガシ

勇者「ほら...何時も..みたいにさ...」ユサユサ

勇者「十分...引っかかったからさ...笑ってさ...」グスグス

勇者「チョロいなぁ...って...言ってくれよ」ユサユサ

魔法使い「」 

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/27(土) 16:39:57 ID:JQStrYak
勇者「...」フラフラ

勇者「戦士ぃ...2人がさぁ...起きてくんないんだよ...」

勇者「頼むよ...何時もみたいにさ...」

勇者「皆を起こしてくれよ...」

勇者「弛んでるぞ!...って気合い...入れてよ...」

勇者「お前がそんなんじゃ...皆...起きれないだろ?」

戦士「」

勇者「じゃぁ...ほら..寝起きの特訓しようぜ?」

勇者「最近してなかったろ?」

勇者「旅...終わったからさ..何時でも勝負できるぞ?」

勇者「どっちが剣術上か...はっきりさせるって...旅終わったら..存分にやろうって...約束したじゃないか」

戦士「」 


20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/27(土) 16:40:34 ID:JQStrYak
勇者「...」

勇者「まだ...皆...眠いのか」

勇者「なんだか...俺も...」フラフラ

勇者「ひと...休みしたら..さ...」ドサ

勇者「皆で...かえ...ろ?」

僧侶「」

魔法使い「」

戦士「」





勇者「」


-終わり-