1: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 19:53:57.58 ID:zpydISKk0
シンジ「そうでしょ?僕のこと、好きなんだろ?」

アスカ「何言っての?キモイんだけど」

レイ「……」

シンジ「でも、僕は……綾波のことがすきなんだ。ごめん、アスカ」

アスカ「……」

シンジ「さ、綾波。今からデートでも―――」

レイ「碇君」

シンジ「なに?」

レイ「私はあなたのことをなんとも思っていなし、こうして離しているのは碇司令の息子だからってだけ」

レイ「食事に招待したのも、それだけが理由。作戦のたびに貴方を庇うのも、そう。私は別に貴方自身に魅力を感じていない」

シンジ「……」

引用元: シンジ「アスカも綾波も僕のことが好きなんだろぉ?」アスカ「あ?」 


 

5: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 19:58:41.79 ID:zpydISKk0
シンジ「なにを言ってるんだよ、綾波」

レイ「……」

シンジ「アスカから聞いたよ?僕のことを考えると胸がポカポカしてくるんでしょ?」

シンジ「それは恋だよ」

レイ「……恋?」

シンジ「そう。恋。綾波は僕のことが好きなんだ」

レイ「好きってどういうことかよくわからないの」

シンジ「じゃ、それを今から―――」

レイ「でも、これだけはいえる」

レイ「好きって思う相手に対して、ここまで興味が持てないことはないって」

シンジ「え……?」

レイ「私は本当に貴方のことなんてどうでもいいとおもっている」

レイ「エヴァに乗ってて死のうが、自殺しようが、弐号機の人に首を絞められようが……私は命令がない限り、助けようとは微塵も思わない」

レイ「それだけ」

シンジ「……」

8: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 20:03:43.65 ID:zpydISKk0
シンジ「いやいや……そんなこと……」

アスカ「あんた、バカァ?」

シンジ「なにが……」

アスカ「ちょっと優しくされたからって、惚れてると勘違いしちゃっただけでしょ?」

シンジ「な、なにいってるんだよ!!ミサトさんから聞いたよ、アスカも僕のために料理を作ってくれてるって!!」

アスカ「はぁ?」

シンジ「その指の絆創膏がなによりの証拠じゃないか」

アスカ「……これ?」

シンジ「うん」

アスカ「これはこのエコヒイキが「私は料理できるんですけど、お前はなにもできないの?うわー、女として最低」って言われて腹が立ったからよ」

レイ「言ってないわ」

アスカ「別にアンタのためにしたんじゃないの。わかる?」

シンジ「……」

シンジ「わ、わかった。それがあれだ……アスカの性格なんでしょ?素直になれないんだもんね、アスカは」

アスカ「……なにこいつ。本当にキモイ……ううん、気持ち悪い……」

9: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 20:09:42.88 ID:zpydISKk0
シンジ「綾波!!だって、「あなたは死なないわ。私が守るもの」っていってくれたじゃないか!!」

レイ「だから。あれは、貴方が死んだらヤシマ作戦に甚大な悪影響が生まれるから。貴方を死なせるわけにはいかなかった」

レイ「決して貴方を死んでも守りたいわけじゃないわ。ただ、貴方が死ねば私も死ぬから。それだけ」

シンジ「それでも死ぬ思いまでして……!!」

レイ「赤木博士から盾の限界時間を聞いていたの」

シンジ「え……?」

レイ「赤木博士は17~20秒と言っていたけれど、本当は30秒はもったそうなの」

レイ「だから私は25秒まで粘ろうと思った」

シンジ「時間がきたら……どうしてたの?」

レイ「跳躍してあの場から脱出していたわ」

シンジ「……」

レイ「だって、身を滅ぼしてまで、貴方を守る価値はないもの」

シンジ「……アスカ!」

アスカ「なによ?」

シンジ「アスカは違うよね!!」

11: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 20:15:58.17 ID:zpydISKk0
アスカ「はぁ?」

シンジ「ほ、ほら……みんなで空から降ってくる使徒を倒した後だよ」

アスカ「それがなに?」

シンジ「僕の布団に入ってきたでしょ?!」

アスカ「……」

シンジ「あ、あれは言い訳できないよね。あれは僕のことが好きだから……!!」

アスカ「ほんとに馬鹿ね」

シンジ「……」

アスカ「確かにあのときはアンタの布団に行ったけど、単純にあのときはエヴァの影響で精神状態が不安定になってたのよ」

アスカ「私、エヴァで無茶するとたまに幼児退行起こしちゃって、一人で寝れなくなるのよ。だから、あれにはそれ以上の意味なんてない」

シンジ「で、でもそれは深層意識で僕のことを……」

アスカ「ふーん。じゃあ、バカシンジは幼児退行してアンタのこともよく認識できていない私でもいいってこと?」

シンジ「う、うん……」

アスカ「はっ!結局、私の体が目当てなんじゃない。気持ち悪い。あー!気持ち悪い!!」

シンジ「……」

13: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 20:20:54.18 ID:zpydISKk0
シンジ「あ、綾波……」

レイ「なに?」

シンジ「僕のお弁当……食べてくれてたよね?」

レイ「ええ」

シンジ「おいしかったって、いってくれたよね?」

レイ「ええ」

シンジ「それって……僕のことが―――」

レイ「食費が浮くから」

シンジ「……」

レイ「私、あまり料理が得意じゃないから、いつもコンビニとかネルフの食堂だったの」

レイ「でも、それだと食費がかさむから、普段からあまり食べないようにしていたの」

レイ「そこで、碇君がお弁当を持ってきてくれた。―――嬉しかった」

シンジ「え……」

レイ「これからはお弁当箱を洗って返すだけで、お昼ご飯にありつけるって思ったから」

シンジ「……」

14: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 20:25:11.03 ID:zpydISKk0
シンジ「アスカぁ!!」

アスカ「なによ、うっさいわね。今、ちゃおの最新号を読んでるんだから静かにしてよね」

シンジ「アスカも僕の料理はいつも食べてくれてたよね!」

アスカ「それが?」

シンジ「それって―――」

アスカ「それしかないからでしょ?」

シンジ「え……」

アスカ「ミサトは料理なんてしないし、私もそういうのは苦手だし」

アスカ「天下のシンジ様が作ってくれるなら、楽でいいから食べてただけよ」

アスカ「味も悪くはないし、いいかなって」

シンジ「な、なんだよそれ……!!」

シンジ「なんだよ、それぇ!!」

シンジ「僕は……僕は……二人を思って、一生懸命に……!!」

レイ・アスカ「頼んでないわ」

シンジ「……」

15: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 20:29:49.16 ID:zpydISKk0
シンジ「嘘だ……嘘だ……嘘だ……」

シンジ「信じないぞ……僕は信じるもんか……!!」

アスカ「……」ペラッ

レイ「……」

シンジ「アスカ!!アスカを四号機から助けたのは僕なんだよ!?」

アスカ「……」

シンジ「綾波!!取り込まれた零号機と綾波を助けたのは僕なんだよ!?」

レイ「……」

シンジ「なんだよ!!もう少し僕に優しくしてもいいじゃないか!!惚れてもいいじゃないかぁ!!」

シンジ「僕に迫ってきてもいいじゃないか!!」

アスカ「……」

レイ「……」

シンジ「はぁ……はぁ……」

シンジ「なんで……二人はそんなに冷たいの……?僕は……こんなにも……」

アスカ「じゃあ、聞くけど。あんた、私とエコヒイキが同時に告白したらどっちを選ぶの?エコヒイキでしょ?なんで私に構うわけ?」

19: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 20:34:09.03 ID:zpydISKk0
シンジ「え……」

アスカ「おかしいじゃない。エコヒイキが好きなら、私に構ってる時間なんて無駄だって思わないの?」

シンジ「それは……だって……」

アスカ「だって、なに?」

シンジ「……」

アスカ「あー……?」

シンジ「アスカも……もしかしたら……その好きになってくれるかなって……」

アスカ「どういうこと?それ、この私を二番目の女にでもしようとしてたわけぇ!?」

シンジ「ち、ちがうよ!!そういうことじゃない!!」

アスカ「信じられない!!最低!!屑!!変態!!」

シンジ「……」ウルウル

アスカ「アンタみたいな勘違いしている男が私はだぁぁぁいきらいなのよぉ!!」

シンジ「アスカ……」ウルウル

アスカ「二度と話しかけないで」

シンジ「そ、そんなぁ……アスカ……」ウルウル

21: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 20:38:48.71 ID:zpydISKk0
レイ「碇君」

シンジ「え……?」

レイ「私も同意見よ。どうしてそんなことしたの?」

シンジ「……」

レイ「私のことが好きなら、弐号機の人に構うことはなかったはずなのに」

シンジ「そ、それは……」

レイ「結局、貴方はどちらも好きなのね?」

シンジ「……うん」

レイ「……気持ち悪い」

シンジ「!?」

レイ「まだ交際もしてない段階で、そんな妄想を四六時中していたのね。そんなことではシンクロ率の低下にも繋がるわ」

シンジ「なにを……!!」

シンジ「僕がこの中で一番シンクロ率が高いじゃないか!!みんなはそんな僕よりも下なんだよ!?」

アスカ「……」

レイ「……」

22: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 20:44:04.74 ID:zpydISKk0
シンジ「あ……」

アスカ「ええ、そうね。七光りのくせに、数字だけ!!は高いものね」

レイ「でも、実際に貴方が使徒を殲滅できた回数は……2回」

シンジ「え……そ、そんなこと―――」

レイ「使徒を倒せたのはダミープラグによる功績、私たちの協力があったからに他ならない」

アスカ「アンタ一人で全部どうにかできる、そう思ってるわけ?」

シンジ「アスカだって……そうおもってたくせに」

アスカ「ええ。だけど、それは間違っているって気づかせてくれたのは、シンジなのに……」

シンジ「アスカ……」

アスカ「ほんっと、サイテー」

シンジ「アスカ!!どこにいくのさ!!」

アスカ「帰るの!!」

レイ「私も帰るわ」

シンジ「……」

シンジ(どっちを追うべきだろう……やっぱり……ここは……!!)

25: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 20:47:19.82 ID:zpydISKk0
シンジ「綾波ー!!まってよ!!」

レイ「……」

シンジ「お、送っていくよ……」

レイ「いいわ」

シンジ「そ、そんなこといわずに……」

レイ「いい」

シンジ「夜道は危ないし」

レイ「貴方が隣にいるほうがよっぽど危険」

シンジ「いいじゃないかぁ!!」

レイ「……」

シンジ「送らせてよ!僕は綾波のことがすきなんだ!!」

シンジ「いいじゃないか。付き添うぐらい!!」

レイ「……」

シンジ「ほら……」

レイ「弐号機の人のところにいったほうがいいわ。彼女、ああ言ってたけれど、きっと貴方のことを待ってるから」

30: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 20:50:14.42 ID:zpydISKk0
シンジ「え……」

レイ「……」

シンジ「ほ、ほんとに……?」

レイ「私は貴方のことなんてどうでもいいから」

レイ「私に付き纏うだけ貴方が悲しむ」

シンジ「綾波……」

レイ「私よりも彼女を幸せにしてあげて」

シンジ「……でも」

レイ「お願いだから、行って」

シンジ「い、いいの?」

レイ「全く問題ないわ」

シンジ「綾波……ごめん……!!」

レイ「……」

レイ「ふぅ……」

35: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 20:54:09.74 ID:zpydISKk0
アスカ「……」ゴクゴク

アスカ「ぷはぁ……♪」

アスカ「やっぱり、仕事の後の炭酸はいいわね」

シンジ「アスカ!!」

アスカ「……」

シンジ「はぁ……はぁ……ほんとに……まっててくれたんだ……」

アスカ「……なに?」

シンジ「あ、綾波が……アスカのところにいけって」

アスカ「は?」

シンジ「その……アスカが待ってるだろうって……」

シンジ「本当に待ってたから……嬉しくて……」

アスカ「いや、ジュース飲んでただけなんだけど」

シンジ「そんなこといって!さ、アスカ、一緒にかえろう」

アスカ「いやよ」

シンジ「え……」

38: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 20:58:33.17 ID:zpydISKk0
アスカ「なんで、私がアンタと帰らなきゃならないわけ?」

シンジ「アスカ……」

アスカ「それじゃあね」スタスタ

シンジ「待ってよ!夜道は危ないよ!!」

アスカ「……」スタスタ

シンジ「アスカってば!!」

アスカ「ねえ?」

シンジ「え……?」

アスカ「エコヒイキが私のところに行けって言った意味、アンタわかってるの?」

シンジ「それは……アスカが僕のことが本当は好きで……」

アスカ「違う。あんた、そんなことじゃいつまでたっても童貞のままよ?」

シンジ「ど、どうして……?」

アスカ「エコヒイキは自分の思いを押し殺してまで、私のところにアンタを向かわせたのよ」

シンジ「それって……」

アスカ「私はアンタのことなんて大嫌いなの。多分、エコヒイキは勘違いしているだけよ。向こうに行ってあげればぁ?」

46: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 21:02:33.34 ID:zpydISKk0
シンジ「綾波……やっぱり……!!」

アスカ「いい?もうエコヒイキがなにを言っても逆だって考えるの」

シンジ「逆……?」

アスカ「ああいう性格だから、きっと一歩ひいてるところがあるんでしょうね」

シンジ「そうか……そうかも……」

アスカ「だから、シンジ?」

シンジ「え?」

アスカ「エコヒイキを暗闇からひきあげたんでしょ?」

シンジ「うん……」

アスカ「なら、最後まで面倒みてあげなきゃ」

シンジ「アスカ……」

アスカ「アンタならきっと幸せにできるわ。しっかりやるのよ。あとエコヒイキの言葉はもう信じちゃだめよ」

シンジ「うん!!ありがとう!!アスカ!!行ってくる!!」

アスカ「いってらっしゃーい」

アスカ「はぁ……あいつ、口臭いわ」

47: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 21:06:30.03 ID:zpydISKk0
レイ「……」

シンジ「綾波ー!!!」

レイ「……っ」

シンジ「はぁ……はぁ……よかった。まだ居てくれたんだ……」

レイ「ええ。電車、こなくて」

シンジ「綾波……!」ガシッ

レイ「触らないで」

シンジ「綾波……僕はもう逃げない」

レイ「何をいっているの?」

シンジ「僕は綾波を幸せにするって決めたんだ」

レイ「碇君にこうして手を握られているだけで私の幸せはどこかに漏れ出しているわ」

シンジ「ううん!そんなことない!」

レイ「貴方が言わないで」

シンジ「綾波……好きだ……」

レイ「碇君……お昼に餃子食べた?」

48: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 21:10:26.74 ID:zpydISKk0
シンジ「うん」

レイ「そう」

シンジ「家まで送っていくよ」

レイ「言ったはずよ。弐号機の人のことを―――」

シンジ「もういいんだ、綾波!!」

シンジ「もう……全部分かっているから……」

レイ「なにが?」

シンジ「そんな嘘……いうなよ……」ウルウル

レイ「……」

シンジ「嫌いとか……いうなよ……」ウルウル

レイ「こんなときどうしたらいいかわからないの」

シンジ「抱きしめてあげるよ……」

レイ「……!!」パシンッ!!

シンジ「えっ……?」

レイ「ごめんなさい。思わず手が出てしまったわ」

49: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 21:13:27.16 ID:zpydISKk0
シンジ「綾波……?」

レイ「ここまででいいから。碇君は家に帰って」

シンジ「最後まで送らせてよ!!」

レイ「いい」

シンジ「僕がよくない!!」

レイ「ほんとにいいから」

シンジ「綾波!!もう無理しなくていいんだ!!」

レイ「警察よぶわよ?」

シンジ「綾波!!」

レイ「電車が着たわ」

シンジ「送るから!!送らせてよ!!」

レイ「……さよなら」

シンジ「僕も乗―――」

レイ「さよなら」ゲシッ!

シンジ「ぐぁ……!!―――あやなみー!!」

54: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 21:18:35.77 ID:zpydISKk0
シンジ「―――ただいま」

ミサト「あら、シンちゃん。おかえりー」

シンジ「……」

ミサト「アスカからきいたんだけどぉ、レイを家まで送ったんですって?すごいわねぇ、このこの」

シンジ「やめてくださいよ」

ミサト「ありゃ?なんかあったの?」

シンジ「……綾波が素直になってくれなくて」

ミサト「あの子が?んなばかなぁ」

シンジ「え?」

ミサト「レイほど正直な子は居ないと思うけど」

シンジ「そうなんですか?」

ミサト「素直じゃないのは……どうみてもあっちっしょ」

アスカ「ん?なによ?」

シンジ「アスカ……もしかして……」

ミサト「アスカのいうことなんて大半が嘘なんだから」

56: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 21:22:34.12 ID:zpydISKk0
シンジ「アスカ……!!」

アスカ「な、なによ……」

シンジ「アスカは僕に嘘をついていたの……?」

アスカ「は?」

シンジ「綾波のことも僕のことも……!!」

アスカ「……ミサトぉ?」

ミサト「おほほほ……私は部屋にもどるわー」

シンジ「どうなの!?」

アスカ「あーもう!!そうよ!!全部、でたらめよぉ!!悪いぃ!?」

シンジ「……」

アスカ「気づかなかったアンタが悪い!!」

シンジ「アスカ……」

アスカ「……なによ?」

シンジ「アスカはやっぱり僕のことが好きだったんだ!!!アスカ!!愛し―――」

アスカ「ふっ!!」ドゴォ

58: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 21:26:39.65 ID:zpydISKk0
シンジ「いた……ぃ……アスカ……どうして……?」

アスカ「それ以上、ニンニクの香ばしい臭気を私に向けてみなさい。鳩尾に蹴りじゃすまないわよ?」

シンジ「……アスカ……」

アスカ「ふん……!!部屋に戻るわ」

シンジ「ま、まってよぉ!!!」

アスカ「……」

シンジ「アスカは僕のことが好きなんだろぉ!!」

シンジ「なら、付き合おうよ!!僕もアスカのこと大好きだから!!」

シンジ「きっとうまくいくと思う!!だから―――」

アスカ「……シンジ?」

シンジ「な、なに?」

アスカ「私のどこが好きなの?」

シンジ「そんなの―――」

アスカ「顔?胸?足?性器?匂い?お尻?どれなの?」

シンジ「ちょ……」

61: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 21:32:40.24 ID:zpydISKk0
アスカ「言ってみなさいよ」

シンジ「違うよ!!僕はそんな外見で好きになったんじゃないよ!!」

アスカ「じゃあ、言ってみて。どこを好きになったの?」

シンジ「その……いつも気が強そうにしているけど、でも、実際は繊細で脆くて……」

シンジ「そんなアスカの弱さに惹かれたんだ。ああ、アスカも僕と同じなんだって」

シンジ「そんなアスカを守ってあげたい……!!そう思ったんだ!!」

アスカ「エコヒイキのことがすきなのに?」

シンジ「もう綾波は関係ないよ!!」

アスカ「……もういいわ。ほら、私の外見で好きなところを言って」

シンジ「え……」

アスカ「顔?胸?腕?足?お尻?お腹?膣?クリトリス?」

シンジ「アスカ……」

アスカ「好きなとこを触っていいわ」

シンジ「!?」

アスカ「そのかわり、もう私には喋りかけないで」

66: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 21:37:54.51 ID:zpydISKk0
シンジ「え……」

アスカ「一回だけ好きな場所を触らせてあげる。そのかわり、私とは今後、仕事以外のことでは話しかけるなっていったの」

シンジ「どうしてだよ?!アスカァ!!」

アスカ「ほら、触りなさいよ」

シンジ「アスカ、僕は好きなんだよ!?アスカも僕のことが好きなんだろ!?」

シンジ「だったら、無制限に触ってもいいし、喋ってもいいじゃないか!!」

シンジ「どうしてそんなに自分を縛るの!?」

シンジ「アスカが辛いだけじゃないか!!」

アスカ「……」

シンジ「アスカ……もういいから……僕と一緒にねよう?」

アスカ「あと10秒」

シンジ「アスカ!!」

アスカ「8、7、6、5、4、3、2、い―――」

シンジ「お、お尻を……」

アスカ「触るな!!変態!!痴漢!!排泄物!!!」バキィ

68: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 21:42:05.51 ID:zpydISKk0
シンジ「あ……!?」

アスカ「もう少し根性あると思ったけど、違ったみたいね」

シンジ「アスカ!!」

アスカ「おやすみ」

シンジ「アスカ!!まってよ!!アスカー!!!」

シンジ「……」

シンジ「どうして……」ポロポロ

シンジ「アスカ……どうして……素直になってくれないの……?」ポロポロ

ペンペン「……」ペタペタ

シンジ「……」

ペンペン「……?」

シンジ「……綾波」

シンジ「そうだ。綾波に電話してみよう」

シンジ「もうアスカのことなんていい……」

シンジ「僕には綾波がいる……!!」

72: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 21:46:45.72 ID:zpydISKk0
シンジ「……」トゥルルル

ガチャ

レイ『もしもし?』

シンジ「綾波……?」

レイ『誰?』

シンジ「ぼ、ぼく……シンジ」

レイ『明日の連絡?』

シンジ「う、ううん。違うんだ」

レイ『なに?』

シンジ「綾波……やっぱり……僕、綾波のことが好きだ」

レイ『そう』

シンジ「だから……さ、これから……こ、恋人に……」

レイ『さよなら』

シンジ「あ……」

シンジ「どうして……!!!どうして!!!みんなおかしいよ!!!じゃあ僕はなんのためにがんばって使徒を倒してきたっていうのぉ!!!」

77: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 21:50:30.84 ID:zpydISKk0
シンジ「ふざけるなぁ!!!」

シンジ「これじゃああんまりだぁ!!!」

シンジ「みんな……!!みんな……!!僕を利用して……!!楽してるくせにぃ……!!!」

シンジ「僕がいなかったら!!みんな死んでるくせに!!!」

シンジ「もっと優しくしてよ!!!」

シンジ「もっと愛してよ!!!」

シンジ「もっと僕のこと見てよ!!!」

シンジ「あぁぁぁぁぁ!!!!!」

ペンペン「……」

シンジ「うぅ……うぅ……」ポロポロ

シンジ「みんな……みんな……」

シンジ「……」

シンジ「みんな……」

シンジ「嫌いだ……」

シンジ「もういい……僕はもう……一人で……いる……」

78: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 21:54:08.72 ID:zpydISKk0
学校

トウジ「せんせー、一緒に飯でも―――」

シンジ「うるさい」

トウジ「え……」

ケンスケ「どうしたんだ?」

トウジ「なんや、シンジ。あんかあったんか?」

シンジ「もう僕は一人で生きるってきめたんだ……」

トウジ「ど、どういうこっちゃ?」

シンジ「僕に構わないで!!」

ケンスケ「あ、おい!!」

トウジ「どこいくねん!!」

ヒカリ「ねえ、いいの?」

アスカ「ああ、いつものことよ」

ヒカリ「そうなの……?」

84: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 21:59:21.88 ID:zpydISKk0
屋上

シンジ「僕は一人だ……孤独だ」

シンジ「孤独でいいんだ」

シンジ「そうだよ……ずっとそうだった」

シンジ「誰かを好きになったり嫌いになったり、好きになられたり嫌いになられたり……」

シンジ「面倒なだけじゃないか」

シンジ「……これでいいんだ」

マリ「―――きゃぁぁぁぁ!!!!」

シンジ「え?―――わっ!!ちょ!!また―――!!」

マリ「―――いたた。眼鏡、眼鏡」

シンジ「いつつ……」

マリ「また会ったね」

シンジ「あの……」

マリ「んー……」クンクン

シンジ「な、な……!!!」

88: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 22:03:50.80 ID:zpydISKk0
マリ「やっぱり、いい匂いがする」

シンジ「え……」

マリ「大丈夫?立てる?」

シンジ「あ、はい……」

マリ「よし」

シンジ「……」

マリ「なに?」

シンジ「あの……」

マリ「ん?」

シンジ「僕の匂い……そんなにいいですか?」

マリ「うん、おちつくにゃ」

シンジ「……」

マリ「それじゃあね!」

シンジ「あ……」

シンジ「……」

93: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 22:07:35.08 ID:zpydISKk0
シンジ「……」

ヒカリ「碇君……?」

シンジ「あ……ど、どうしたの?」

ヒカリ「お昼ごはんは?」

シンジ「まだだけど……」

ヒカリ「これ、食べる?」

シンジ「え……」

ヒカリ「ごめんね。なにがあったのか知らないけど、これぐらいしかできなくて」

シンジ「あの……」

ヒカリ「食べて」

シンジ「うん、ありがとう……」

ヒカリ「パイロットだもんね。色々あるよね。あの、なんの力にもなれないかもしれないけど、話を聞くだけならきけるから」

ヒカリ「だから、辛くなったらなんでも言ってね」

シンジ「うん、ありがとう」

ヒカリ「それじゃあ」

103: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 22:12:37.68 ID:zpydISKk0
シンジ「……」モグモグ

シンジ「そうか……」

シンジ「僕のことを好きでいてくれるのはアスカと綾波だけじゃなかったんだ……!!」

シンジ「……」

シンジ「僕って……本当に鈍感だ……」

シンジ「僕は……」

シンジ「僕はこんなにも愛されていたんだ……!!」

シンジ「この世界が少しだけ……好きになれたかもしれない……」

シンジ「……」

シンジ「でも……どっちから……」

シンジ「やっぱり……」

シンジ「うん……」

シンジ「いこう」

107: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 22:16:00.86 ID:zpydISKk0
ネルフ本部

リツコ「え?眼鏡の女の子?」

シンジ「はい。この前、弐号機に乗ってた」

マヤ「マリさんのことですね。真希波・マリ・イラストリアス」

シンジ「マリさんか……」

リツコ「どうかしたの?」

シンジ「マリさんはどこに?」

リツコ「マヤ」

マヤ「食堂に居ます」

シンジ「ありがとうございます!!」

リツコ「……?」

マヤ「なんだったんでしょうか?」

リツコ「さあ」

112: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 22:18:54.42 ID:zpydISKk0
食堂

マリ「いただきまぁーす!!」

シンジ「マリさん」

マリ「ん?」

シンジ「こ、こんにちは」

マリ「なんだぁ。またあったにゃあ」

シンジ「はい」

マリ「どうかした?」

シンジ「あの……ですね」

マリ「うん」

シンジ「僕のこと……好きなんですか?」

マリ「へ?」

シンジ「いや……どうかなって……気になって……」

マリ「うーん。かっこいいとおもうけど?」

シンジ「そ、そうですか……?」

115: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 22:22:11.35 ID:zpydISKk0
マリ「うん。この前の戦闘、男前だったし」

シンジ「やっぱり……そうなんですね」

マリ「なにが?」

シンジ「マリさん……」ガシッ

マリ「おろろ?」

シンジ「あの……僕も好きになりました」

マリ「だれを?」

シンジ「貴女を……」

マリ「あれ?そうなの?それはうれしいにゃー」

シンジ「じゃあ……あの、僕と付き合ってくれませんか?」

マリ「付き合う?」

シンジ「はい」

マリ「なにそれ?恋人になるってこと?」

シンジ「はい」

マリ「あははは!冗談!!なんで私は君と!?」

120: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 22:27:12.50 ID:zpydISKk0
シンジ「だって……好きなんですよね!?」

マリ「誰か?」

シンジ「貴女が、僕を……」

マリ「そうなの?」

シンジ「だって……いい匂いがして落ち着くって……」

マリ「君はあれかな?花の香りがいいと思えば、花と受粉でもするの?」

シンジ「え……」

マリ「ないでしょ?」

シンジ「いや、でも好きだからいい匂いに感じたんでしょ!?」

マリ「うんや、違うけど」

シンジ「……」

マリ「いい匂いはいい匂い。それで交際するとかないにゃー」

シンジ「……」

マリ「いい加減、手をはなしてくんない?ご飯食べたいんだけど」

126: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 22:31:57.17 ID:zpydISKk0
シンジ「でも、さっきかっこいいっていってくれたじゃないですか!!」

マリ「言ったけど」

シンジ「それは愛してるってことですよね?」

マリ「はい?」

シンジ「嫌いな男性にかっこいいとか言わないですよね?」

マリ「うん。さっきまでは普通だったけど、今同じこと訊かれたら、絶対にかっこいいなんていわないね」

シンジ「どうしてですかぁ!?」

マリ「現在進行形で嫌いになっていってるからだけど」

シンジ「どうして……僕は真剣です!!」

マリ「……ごはんの邪魔すんな」

シンジ「……」

マリ「手を離せ、こら」

シンジ「……すいません」

マリ「よろしい。いま、マイナス100ポイントから1ポイントだけ好感度を上げてあげたわ」

シンジ「……どうも」

132: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 22:38:06.82 ID:zpydISKk0
マリ「……」モグモグ

シンジ「……あの僕のことは……?」

マリ「嫌い」

シンジ「……」

マリ「ご飯がまずくなるわ。どっかに消えて」

シンジ「じゃあ……どうして……!!」

マリ「……」モグモグ

シンジ「どうして僕に気があるような言動をするんだぁ!!!」

マリ「……」モグモグ

シンジ「勘違いしてもしかたないじゃないかぁ!!あんないわれかたしたらぁ!!」

シンジ「酷いよ!!嫌いなら初めから嫌いっていってよ!!」

シンジ「期待なんてさせないでよ!!」

マリ「うるさい」

シンジ「……」

マリ「これ以上、こっちに唾を飛ばすなら、エヴァで手足を食いちぎってダルマにしてやるから」

137: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 22:41:33.70 ID:zpydISKk0
シンジ「……わかりました」

マリ「またねー、ネルフのワンコくん」

シンジ「……」

シンジ「大丈夫……」

シンジ「アスカと綾波で十分に慣れてるから……」

シンジ「むしろ、優しかったほうだ」

シンジ「もう一人……僕には天使がいる……」

シンジ「昼休みにわざわざ屋上にまで僕を探しにきてくれたんだ……」

シンジ「今度こそ間違いないはず……」

シンジ「学校に戻ろう……」

シンジ「きっとまた僕を探している……」

シンジ「うん」

138: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 22:44:43.27 ID:zpydISKk0
学校

トウジ「なんやねん……そんなくっつくなや」

ヒカリ「もう、今日はだめ」

トウジ「しかたないのぉ」

ヒカリ「ふふ……」

シンジ「……」

トウジ「うわぁ!!シンジやないかぁ!?」

ヒカリ「ど、どうしたの!?」

シンジ「トウジ……」

トウジ「な、なんや……?」

シンジ「ふっ!!」ドゴォ

トウジ「ぐっ!?―――なにすんねん!!」

シンジ「ごめん、トウジ。でも、殴らないといけないわけがあるんだ」

ヒカリ「や、やめて!!!」

トウジ「ど、どういうこっちゃ……?」

140: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 22:49:52.68 ID:zpydISKk0
シンジ「なんで!!なんでトウジが僕の―――」

ヒカリ「……っ!!」パシッ!!

シンジ「……え?」

ヒカリ「暴力はやめて」

シンジ「どうしてだよ!?僕のことが好きなんだろ!?」

ヒカリ「ごめんなさい……私は、鈴原のことが……好きだから……」

シンジ「……」

トウジ「いつつ……」

ヒカリ「大丈夫?」

トウジ「あ、ああ」

ヒカリ「行きましょう」

シンジ「待ってよ!!!じゃあ、どうして今日!!わざわざ僕を探して屋上まできてくれたの?!」

シンジ「辛いことがあればなんでもいってっていったの!?おかしいよ!!」

ヒカリ「委員長としてクラスメイトの心配をしただけ……」

シンジ「……」

142: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 22:55:16.24 ID:zpydISKk0
ヒカリ「別に碇君のことを嫌いってわけじゃないけど……でも、そういう目ではみれないから」

シンジ「なんだよ……まただよ……」

ヒカリ「いこ、鈴原」

トウジ「シンジ……」

シンジ「また……裏切られた……!!」

シンジ「心を許したら……僕が傷つくだけじゃないか!!」

シンジ「いやだ!!いやだ!!いやだぁ!!!」

シンジ「もう誰も信じない!!」

シンジ「特に女の子は絶対に信じるもんか!!!」

シンジ「もう嫌だ……裏切られるのはたくさんだよぉ!!!」

シンジ「女の子は全員……!!!!」

シンジ「うわぁぁぁぁぁぁあ!!!!!!」

ケンスケ「……うわぁ」

152: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 23:00:17.14 ID:zpydISKk0
ネルフ本部

シンジ「うぅ……もういい……絶対に……もう……一人で居るんだ……」

加持「シンジ君?」

シンジ「え……」

加持「どうしたんだい?」

シンジ「加持さん……いえ、なんでもありません」

加持「嘘だな。君の目にはそれを悟らせるだけの雫で溢れている」

シンジ「あ……」

加持「これで拭いたらどうかな?」

シンジ「ありがとうございます……」

加持「メンタルケアは苦手だけど、よかったら年上に話してみないか?」

シンジ「でも……僕は……」

加持「言いたくないならそのままでもいい。でも、大人の意見も時には必要かもしれない」

シンジ「そうですね……そうかもしれません」

加持「長くなるならコーヒーでもご馳走しよう。120円のな」

157: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 23:07:05.76 ID:zpydISKk0
加持「―――なるほど。アスカやマリに……」

シンジ「はい」

加持「シンジ君はその現実に対して、どう思っている?」

シンジ「……酷いと思ってます」

加持「そうだな。確かに酷い。でも、シンジ君。これはチャンスだ」

シンジ「え?」

加持「男は女にふられて、ようやく自分の欠点を見つけられる。そして、自分を強くできる」

加持「そうすることで視野が広がって、今まで見向きもしなかった人物に惹き込まれるときもある」

加持「シンジ君は今、少し大人になったのさ」

シンジ「そうでしょうか……。僕が大人になったら……変わるんですか?」

加持「ああ、変わるさ。劇的にな。―――現に、今の君はいつになくか弱く、それでいて凛々しくもある」

加持「苦難を乗り切った、男の顔だ」

シンジ「加持さん……」

加持「今の君は素敵だ。自信を持っていい。―――それじゃあ、仕事に戻るよ。怖いお姉さんが怒り出す前に」

シンジ「はい……また……」

163: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 23:12:25.31 ID:zpydISKk0
シンジ「ふぅ……」

マヤ「シンジ君、珍しいですね。一人ですか?」

シンジ「はい」

マヤ「ご一緒してもいいかな。私も今、やっと休憩になったんだけど、ひとりで」

シンジ「どうぞ」

マヤ「どうも」

シンジ「……」

マヤ「シンジ君、訓練つらくない?」

シンジ「ええ……大丈夫です」

マヤ「ごめんね」

シンジ「え……」

マヤ「シンジ君みたいな子どもにこんなことをさせるなんて大人失格だと思うんだけど……」

マヤ「私はただ、上からの指示に従うしかなくて……」

シンジ「いえ……僕は大丈夫です」

マヤ「そうなんだ。シンジくん、ここにきてから顔つきが変わったね。すごく大人びてきた気がする」

168: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 23:15:41.63 ID:zpydISKk0
シンジ「そ、そうですか?」

マヤ「うん。かっこいいよ」

シンジ「……それ、本気で言ってますか?」

マヤ「もっちろん」

シンジ「……本当の本当ですか?」

マヤ「うん。嘘をつく意味がないから」

シンジ「それって―――僕のことが好きって……ことですか?」

マヤ「え……」

シンジ「……」

マヤ「うん。そうかな」

シンジ「……!!!!」

マヤ「あ、そろそろ行かないと。それじゃあ、またね」

シンジ「は、はい……」

シンジ「そっか……僕は年上に愛されていたんだ……」

シンジ「どうしてそのことに気がつけなかったんだろう……。もう一度、この世界を好きになれそうだ」

175: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 23:18:59.57 ID:zpydISKk0
シンジ「さてと……どっちから……」スタスタ

アスカ「……」

シンジ「……」スタスタ

アスカ「……バカシンジ」

シンジ「なに?」

アスカ「なんでお弁当、作ってくれなかったのよ?」

シンジ「寝言は寝ていってよ」

アスカ「な、なんですって……!?」

シンジ「もうアスカには興味ないんだ。僕は大人の人がいい」

シンジ「アスカなんて心も体も子どもじゃないか」

シンジ「僕がどうかしてたんだ」

アスカ「……あっそ。別にどうでもいいけど」

シンジ「……」

シンジ「やっぱり……」

シンジ「あの人からだ……うん……」

179: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 23:22:59.60 ID:zpydISKk0
シンジ「どこだろう……?」スタスタ

ミサト「ちょっと……やめて……」

加持「どうせ、だれもきやしないさ」

シンジ「……?!」

ミサト「だめ……ん……」

加持「ん……」

シンジ「……うわぁ」

シンジ「うわぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」

加持「!?」

ミサト「きゃぁ!!」

シンジ「うわぁぁぁ!!!うわぁぁっぁぁぁ!!!!」

シンジ「一緒だ!!!トウジといっしょだ!!!!ミサトさんがぁぁ!!!加持さんがぁぁ!!!」

加持「シンジ君!?」

シンジ「うわぁぁぁ!!!」

ミサト「ま、まって!!」

186: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 23:27:44.15 ID:zpydISKk0
シンジ「はぁ!!はぁ!!!」

シンジ「どうなってるんだ!!この世界は!!!」

シンジ「おかしい!!おかしいよ!!!」

シンジ「はぁ……!!はぁ―――」

リツコ「そうよ……それでいいの……」

マヤ「こ、こうですか……?」

シンジ「……」

リツコ「そう……そこのプログラムは―――」

シンジ「みんないっしょだぁ!!!!」

マヤ「きゃ!?」

リツコ「なにごと!?」

シンジ「大人だって一緒じゃないか!!!僕を弄んで!!!裏切って!!笑って!!!!」

シンジ「うわぁぁぁぁぁ!!!!!!ぁぁぁぁぁぁあああああ!!!!!」

マヤ「ちょっと、シンジくん!!!」

リツコ「なんか危ないわね……」

193: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 23:32:27.59 ID:zpydISKk0
ドガン!!ゴォォォン!!!

ゲンドウ「何事だ」

青葉「それが―――」

マヤ「モニターでます!!」

シンジ『みんな潰れろ!!!潰れろ!!!こんな世界!!潰してやる!!!』

日向「シンジくん!!やめるんだ!!!エヴァの私的利用は―――」

シンジ『うるさい!!僕なら内部電源が尽きる前に……ここを壊滅させることができるんですよ!!!』

ゲンドウ「……」

マヤ「ど、どうします……?」

冬月「どうなっている?なにがあった?」

ゲンドウ「シンジ、何が―――」

シンジ『父さんになんていうわけないだろぉ!!!常識的に考えてよ!!!!』

ゲンドウ「……前と同じ手段でいい、やれ」

マヤ「は、はい!!」

シンジ『みんな死ね!!し―――う!!ごぶぉ!!ごぼ!!!』

198: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 23:36:16.86 ID:zpydISKk0
ゲンドウ「なにか言いたいことはあるか?」

シンジ「ありません」

ゲンドウ「……なにがあった?」

シンジ「みんな、僕を裏切ったんです」

シンジ「それだけです」

ゲンドウ「……」

シンジ「もういいですか?」

ゲンドウ「まて……お前に紹介しておく」

シンジ「え……?」

カヲル「どうも。初めまして……なになるかな。渚カヲルです」

シンジ「碇……シンジです……」

ゲンドウ「……以上だ」

カヲル「いこうか、シンジくん」

シンジ「え……うん」

カヲル「ふふ……今の君は少しだけ違うね」

203: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 23:40:53.85 ID:zpydISKk0
カヲルの部屋

シンジ「カヲルくん……どうして僕をここに?」

カヲル「迷惑だったかい?」

シンジ「ううん……そんなことないけど」

カヲル「そう。ならよかったよ」

シンジ「……」

カヲル「エヴァで暴れたらしいね。どうして?」

シンジ「……」

カヲル「ごめん。いきなり訊かれても困惑するか……」

シンジ「ごめん」

カヲル「君が謝る必要はないさ。それよりももっと楽しいことをしよう」

シンジ「楽しいこと?」

カヲル「うん。お風呂にはいろう」

シンジ「え!?」

カヲル「裸のお付き合いってやつは嫌いかい?」

210: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 23:44:39.36 ID:zpydISKk0
浴室

カヲル「きもちいいね……お風呂は最高だよ」

シンジ「そ、そうだね……」

カヲル「シンジくん?どうして僕のほうを向いてくれないんだい?」

シンジ「だ、だって……恥ずかしくて……」

カヲル「優しいんだね」

シンジ「え……?」

カヲル「自分が恥ずかしいことは相手も恥ずかしい、そう思って僕を見ないようにしてくれているんだろ?」

シンジ「そ、そういうわけじゃ……」

カヲル「僕は気にしない。さあ、こっちを向いてよ、シンジ君」

シンジ「う、うん……」

カヲル「ふふ……顔が赤いよ?のぼせたのかい?」

シンジ「ち、ちがうよ……!!」

カヲル「無理はしなくてもいいから」

シンジ「う、うん……ありがとう……カヲルくん」

218: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 23:48:27.81 ID:zpydISKk0
カヲル「ほら。僕の胸に触れてみてくれないかい?」

シンジ「え……」

カヲル「ほら……」

シンジ「あ……」

カヲル「こんなにドキドキしている……。どうしてか、想像はつくかな?」

シンジ「お湯の所為じゃあ……」

カヲル「ううん。君と一緒だからさ」

シンジ「え……」

カヲル「君とこうしているから僕はすこしだけ、熱くなっている」

シンジ「……」

カヲル「シンジくん……」

シンジ「な、なに……?」

カヲル「好きだよ?」

シンジ「ひっ……」

カヲル「……ほら……こっちも触ってみるかい?」

222: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 23:52:46.74 ID:zpydISKk0
シンジ「や、やめてよ!!カヲルくん!!!」

カヲル「え……」

シンジ「出会ってから間もないのに……どうしてこんなことするの!?」

カヲル「あ、ああ……ごめん。つい……」

シンジ「……ぼ、僕のこと好きなの?」

カヲル「うん」

シンジ「嘘だよ!!」

カヲル「え?」

シンジ「だって。まだ出会ってから1時間もたってないじゃないか!!」

カヲル「愛に時間は必要ないよ?」

シンジ「怖いよ!カヲルくん!!」

カヲル「僕と君は悠久の時間を繰り返して、まためぐり合えた。こうすることは運命なんだ」

カヲル「だから―――」

シンジ「何を言ってるかわからないよ!!!カヲルくん!!!!」

カヲル「……」

227: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 23:58:29.26 ID:zpydISKk0
シンジ「どうせそうやって近づけって父さんに言われたんだろ!?」

カヲル「君のお義父さんは関係ないよ」

シンジ「信じない……もう誰も信じるもんか……」

シンジ「アスカも綾波も……マリさんも……!!」

シンジ「そうやって甘い言葉をいいながら、僕に近づいてきた……!!!」

シンジ「もう騙されるわけないよぉ!!!」

カヲル「シンジくん……」

シンジ「うわぁぁぁ!!!」

カヲル「わかったよ……それなら……」ゴソゴソ

シンジ「え……?」

カヲル「さぁ、僕のここへ、シンジくんのエントリープラグをはめ込んで」

カヲル「僕は君を受け入れる……」

カヲル「今度こそ君だけは……幸せにしてみせるよ?」

シンジ「うわぁ……うわっぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」ダダダッ

カヲル「あ、シンジくん……どこにいくんだい?」

231: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/16(月) 00:03:06.62 ID:WTh2oe4V0
シンジ「いやだ!!こわい!!こわいよ!!!」

「きゃー!!」

「きゃあー!!!!へんたいよー!!」

シンジ「みんなが壁をつくってる!!だから僕もつくらなきゃ!!」

レイ「!?」

シンジ「くそぉぉ!!!」ポロポロ

アスカ「なにやっての!?あのバカシンジ!!裸で……!!!」

レイ「とめなきゃ。碇君が登録抹消にされてしまうわ」

アスカ「あーもう!!」

レイ「私はプラグスーツを持ってくるから」

アスカ「私にやらせる気!?」

レイ「きっと碇君は貴女を待っている」

アスカ「都合のいいこといわないで!!」

レイ「ほら、きた」

アスカ「もう!!!―――バカシンジ!!とまりなさい!!!」

235: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/16(月) 00:06:48.66 ID:N9fGyFo60
シンジ「あ、アスカ……!?」

アスカ「とまれ!!」

シンジ「やめろ!!また僕を裏切るんだろ!!わかってるんだよ!!!」

アスカ「何言ってんのよ!?」

シンジ「はなせ!!!アスカのくせに!!!僕のこと嫌いなんだろ!!!はなせ!!!」

アスカ「……っ!!」パシンッ!!

シンジ「あ……」

アスカ「落ち着きなさい。アンタ、裸よ?」

シンジ「あ……うわぁぁぁ!!!」

アスカ「もう。ほら、こっち」

シンジ「うぅ……」

レイ「持ってきたわ」

アスカ「早く、プラグスーツを着なさい」

シンジ「う、うん……」プシュ

アスカ「なにがあったの?」

240: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/16(月) 00:11:25.01 ID:WTh2oe4V0
アスカ「ふぅん……」

シンジ「……」

レイ「大変だったのね」

アスカ「ていうか、そんなくだらない理由でエヴァにのって暴れたわけ?」

シンジ「くだらないって……だって……」

アスカ「はぁ……」

レイ「碇君」

シンジ「なに……?」

レイ「お昼ご飯、また作ってくれない?」

シンジ「え……?」

アスカ「そうよ。また学食のパンなんて私は嫌だからね」

シンジ「……」

レイ「ごめんなさい。私たち、あれから反省したの」

アスカ「すこし……ほんのすこしだけ、言い過ぎたわ。……ごめん」

シンジ「アスカ……綾波……」

245: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/16(月) 00:16:01.54 ID:WTh2oe4V0
レイ「碇君のお弁当、やっぱりないと寂しいから」

アスカ「これからは、少しだけ手伝ってあげないこともないわよ」

シンジ「うん……」ウルウル

レイ「さ、もういきましょう?」

アスカ「そうね。バカシンジの服も見つけないと」

レイ「ええ」

シンジ「二人とも……」

シンジ「そっか……やっぱり僕にはこの二人だったんだ……」

レイ「更衣室にTシャツぐらいなら」

アスカ「ここの制服でもあればいいわね」

シンジ「……やっと僕は気づいたんだ」

シンジ「初めから……僕は愛されていたって……」

シンジ「僕はここにいてもいいんだって……」

シンジ「……アスカ、綾波。大好きだよ?」

レイ・アスカ「え?あ、うん」

247: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/16(月) 00:20:25.00 ID:WTh2oe4V0
翌日

シンジ「アスカ!!おきてよ!!一緒に朝ごはんとお弁当つくるんでしょ!!」

アスカ「えー……まだ5時じゃない……おやすみ……」

シンジ「だめだよ。ほら!!」

アスカ「うぅ……なによぉ……」

シンジ「キッチンにいこう」

アスカ「ふわぁ……もうすこしねかせないさいよぉ……」

シンジ「だめ。遅刻するよ。ただでさえアスカは料理が下手で手際も悪いんだから」

アスカ「ふわぁ……」

シンジ「さ、やるよ!!」

アスカ「……」ポケー

シンジ「アスカ!」

アスカ「はいはい……やるわよ……うっとうしいわね……」

シンジ「なんかいった?」

アスカ「べつに……」

249: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/16(月) 00:23:26.31 ID:WTh2oe4V0
学校

シンジ「綾波。はいこれ」

レイ「ありがとう」

アスカ「ふわぁぁ……」

シンジ「アスカもがんばって作ってくれたんだ」

レイ「そう。ありがとう」

アスカ「ふ、ふん……別に、ついでよ、ついで」

レイ「……ちゃんと食べるわ」

シンジ「うん」

アスカ「じゃあ、私は寝るわね」

シンジ「あ、そうだ。お昼は三人で食べようよ」

レイ「え……」

アスカ「なんで?」

シンジ「いいじゃない」

レイ「いやだけど」

253: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/16(月) 00:27:40.54 ID:WTh2oe4V0
シンジ「え……」

レイ「私は一人で食べるわ」

アスカ「私もヒカリと食べるから」

シンジ「おかしいよ……どうしてそんなこというの?」

レイ「食べ方は人それぞれだと思うの」

アスカ「うん」

シンジ「アスカも綾波も僕のことが好きなんだろぉ!?」

アスカ「あ?」

レイ「どうしてそうなるの?」

シンジ「だって……!!」

アスカ「いや。アンタの弁当が好きなだけで、アンタのことは好きじゃないし……」

シンジ「な……!!」

レイ「わかったわ。それじゃあ、碇君。三階の一番西にある男子トイレ、一番奥の個室で待っていて」

シンジ「え?!そんなところで食べるの!?狭くて……密着しちゃうんじゃあ……」

レイ「私はそこでしか食べないわ。だから、待っていてほしい」

257: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/16(月) 00:30:42.38 ID:WTh2oe4V0
昼休み

ヒカリ「アスカ、一緒に食べよ」

アスカ「いいわよ」

レイ「私もいい?」

ヒカリ「あ、れ……?碇君と一緒に食べるんじゃ……?」

レイ「それはないわ」

アスカ「ないわー」

ヒカリ「そうだね。ないかも」

レイ「ええ」

アスカ「あいつ、今頃ひとりで便所飯かしら」

レイ「そうかもしれないわ」

ヒカリ「いただきまーす」

アスカ「いただきます」

レイ「いただきます」

259: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/16(月) 00:33:31.41 ID:WTh2oe4V0
男子トイレ

シンジ「……」モグモグ

シンジ「綾波……おそいな……」モグモグ

シンジ「……もう食べ終わっちゃうよ」

シンジ「……」

シンジ「なにかあったのかな……?」

トントン

シンジ「あ、あやな―――」

ケンスケ「……」

シンジ「え……?」

ケンスケ「一緒に食べようか、シンジ?」

シンジ「え……あ―――」



―――バタン。


END