1: 書きため 2013/08/08(木) 02:32:00.42 ID:ldY2+kMi0
アルミン「僕のせいなんだ…。ライナーは僕を助ける代わりに崖から落ちて…!」グスッ

ミカサ「自分を責めないで、アルミン」ナデナデ

ジャン「アルミンの話から察するに…地図のこの辺りに落下した可能性が高いな」

ユミル「なら、手分けして探した方が早いな。チッ…手間かけさせやがって…」

クリスタ「ライナー…無事だと良いんだけど…」

サシャ「け、怪我してるかもしれません!」

アニ「……アイツはタフさ。そう簡単にくたばりやしない」

コニー「ともかく、早く見つけてやんねーと夜になっちまう!」

エレン「よし、"ライナーを見つけたら"信号弾で合図だ。いいな? 行くぞッ!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1375896720

引用元: エレン「ライナーが行方不明だって!?」 


 

進撃の巨人(19) (週刊少年マガジンコミックス)
講談社 (2016-04-08)
売り上げランキング: 4
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 02:32:48.04 ID:ldY2+kMi0
~散開して捜索中~

エレン「ライナー!どこだーっ!…ん、あれは…!!」

ジャン「おい、ライナー!…って、何で逃げるんだよ待ちやがれ!!」

コニー「ん、あのカッけえのライナーか…?」

クリスタ「えーっと…ライナー、だよ…ね?」

アルミン「!!ライナー、無事だったんだね!」

アニ「…ライナー?思ったよりも元気そうだね」

ミカサ「…」ブチッ

サシャ「こっちから良い匂いがします!あ、匂いの元はライナーでしたか!!」

ユミル「お…これは…。まあ、良いっか。めんどくせえし」

パン パン パン パン パン パン パン パン パン

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 02:34:10.65 ID:ldY2+kMi0

エレン「…おい、お前らどういうつもりだよ!」

エレン「『ライナーを見つけたら信号弾を撃て』って俺言ったよな!?」

エレン「何で全員が信号弾撃ってるんだよ!!」

ジャン「は?何言ってんだよオメーは…」

コニー「つーか、エレンだって間違えて撃ってたじゃねえか。信号弾」

エレン「はぁ?俺はライナーを見つけたから撃ったんだよ!」

クリスタ「えっ…?だって、ライナーは私が…」

ミカサ「エレン、嘘はいけない。ライナーなら私が見つけた」

エレン「??????????」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 02:36:07.97 ID:ldY2+kMi0
ジャン「待てよミカサ、ライナーなら俺が連れてきて…」

アニ「アンタら、この一大事にふざけてるんじゃないよ。ライナーなら私が見つけた」

 ナニイッテンダヨオマエラ… ライナーナラオレガ… ハァ? テメエコソウソツイテンジャネエダロウナ ソッチコソ!

サシャ「???どういうことでしょうか、アルミン」パクパク モグモグ

アルミン「…さっぱり分からない」

アルミン「というか…かくいう僕もライナーを見つけて連れてきたんだけど…」

ユミル「ライナーが9つに分裂したってかぁ?ハッ、んな馬鹿な話があってたまるかよ」

アルミン「そうだよね…」クビカシゲ

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 02:38:09.92 ID:ldY2+kMi0
アルミン「…とりあえず、皆いったん落ち着いて!」

アルミン「ともかく、全員、自分が見つけたライナーを連れてきてよ」

ジャン「実物見て比較判断するってか?」

エレン「俺がライナーの奴を見間違うわけないだろ…!」

アルミン「そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない」

アルミン「現実的に考えて、僕ら9人のうち8人が連れてきたライナーは偽物だ」

アニ「それは聞き捨てならないね。私らは1年以上アイツと一緒に過ごしてるんだよ?」

ミカサ「…アニの言う通り。私たちがライナーと偽者を間違えるはずがない」

コニー「そーだそーだー」

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 02:40:59.42 ID:ldY2+kMi0
クリスタ「…ううん、逆なんじゃないかな…」

クリスタ「"長い付き合いの私たちでも分からない"ほど、偽者はライナーそっくりなんだよ」

アルミン「そう。クリスタの言う通りだ。偽者は一目で分からないレベルで似ている」

アルミン「だから、間違えてたとしても責められる理由はない。今はそう考えよう」

ジャン「何の因果か、ライナー似の人物が一同に会しちまったってことか」

ミカサ「…それならば仕方がない」

アルミン「というわけで、みんな、各々のライナーを連れてきてほしい」

アルミン「それぞれのライナーを皆で評価して、必ず本物を見つけよう!」

サシャ「おー!」パクパク モグモグ

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 02:43:12.76 ID:ldY2+kMi0

アルミン「さて、皆連れてきたね。じゃあまずは…」

エレン「まずは俺からだ。良いよな?」

サシャ「別に構いませんよー」パクパク モグモグ

アニ「…好きにしな」

~その1 エレン~

エレン「要は…本物を一番最初に連れてきて、それで皆が納得すれば良いんだろ?」

エレン「なら話は早え。俺が連れてきたライナーが本物なんだからよ」

エレン「なっ?ライナー」カチッ

ライター「」ボオオオ

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 02:46:14.79 ID:ldY2+kMi0
エレン「皆も知ってると思うけどさ…」

エレン「ライナーって、すげえ心根の熱い男だっただろ?」

ミカサ「確かに。エレンの言う通り」

アルミン「うん。ライナーが皆から兄貴と慕われる最大の理由だよね」

ライター「」カチッ ボオオオ

コニー「あつっ!熱いな、このライナー!!これライナーだ!!」

エレン「な、これこそライナーって感じだろ?」ドヤァ

ミカサ「これはもう決まったも同然。さすがはエレン。仲間思い。かっこいい」



ジャン「…ちょっと待てよ。こりゃあ何の冗談だ?」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 02:49:29.80 ID:ldY2+kMi0
ミカサ「ジャン…。悔しいからといって、エレンに当たるのは許さない」ギリッ

ジャン「い、いや、だってよ…」

ジャン「…死に急ぎ野郎!お前は本当にコイツがライナーだって言い張るのか!?」

エレン「どっからどう見てもライナーじゃねえか。なあ?」カチッ 

ライター「」ボオオオ

コニー「あっつ!!!!」

ジャン「ライナーはこんな奴じゃねえだろ!!こんな……」




ジャン「人の手を借りなきゃ熱くなれねえような男じゃねえだろ!!!」

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 02:52:44.87 ID:ldY2+kMi0
ミカサ「!!!」

アニ「…ソイツの言う通りだね」

アニ「そのライナー、アンタがけしかけないと熱くなれないんだろ?」

エレン「そ、それは…そうだけどよ…」カチッ

ライター「」ボオオオ

コニー「あっつぃ!!!!」

アニ「アイツは…そんなぬるい男じゃない。…戦士、だからね……」

サシャ「アニも案外熱いところがあるんですねー」パクパク モグモグ

クリスタ「そう言われてみると、なんとなく疑わしくなってくるね…」ウーン

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 02:55:27.67 ID:ldY2+kMi0
エレン「…」シュン

ミカサ「エレン、落ち込まないで。まだ偽者と決まったわけではない」ナデナデ

アルミン「…そう、そう!ちゃんと他を見てから決めるからさ!」

ユミル「んじゃ、次いこーぜ。おい、ジャン。正論かましたんだから次お前な」

~その2 ジャン~

ジャン「まあ、俺の場合は見ての通りって奴だな。ほれ…」

ランナー「…」タッタッタッタ

ジャン「ってオイ、何で逃げようとするんだよライナー!!」ガシッ

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 02:58:13.80 ID:ldY2+kMi0
ジャン「ライナーっていえば、何といってもスタミナだろ!」

アルミン「そうだね。兵站訓練の時には僕の荷物を背負ってもピンピンしてたし…」

クリスタ「どんなにキツい訓練の後でも、一人だけ平気そうだもんね」

ジャン「でさ、見ろよコイツを!今も走り込みしようってんだぜ?」ガシッ

ランナー「…」ジタバタ

ジャン「お、おい落ち着けよライナー!走るのは後でもいいだろ!」グイグイ

コニー「なんか、このライナー見てたら俺も走りたくなってきたぜ!」

サシャ「私も走ります!食後の腹ごなしです!!」

ユミル「馬鹿共は元気の良いことで…」

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 03:01:10.68 ID:ldY2+kMi0
ランナー「…」ジタバタ

エレン「…」ジーッ

ミカサ「どうしたの、エレン」

エレン「いや、何でこのライナー嫌がってんのかな、って思ってさ…」

アルミン「確かに…。何故か僕らから離れたがっているように見えるね」

ランナー「…」ジタバタ

クリスタ「どこかに戻りたがってるのかな…?何か特別な任務の途中とかで…」

ユミル「怪しいな、コイツ。本当にライナーなのか?アタシらから逃げる理由あるか?」

アニ「…ジャン、そいつから手離しな。それで逃げようってんなら、コイツは偽者だ」

ジャン「え、ああ…」パッ

15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 03:04:59.33 ID:ldY2+kMi0
ランナー「!…」ダダダダダッ

サシャ「ああ!待ってくださいよライナー!」

クリスタ「すごい勢いで走って行ったね…。まるで何かの遅れを取り戻すかのように…」

ジャン「チッ…おい、俺はライナーを追ってくる!お前らはここにいてくれ!」ダッ

ミカサ「いってらっしゃい」フリフリ

アルミン「とりあえず、ジャンのライナーは判断保留にしておこうか」

エレン「まあ、ありゃ偽者だろ。本物のライナーが逃げる理由ねえし」

ユミル「アタシも偽者だと思うけどな。ま、次行こうぜ…」

コニー「じゃあ次、俺で良いか?」

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 03:08:22.73 ID:ldY2+kMi0
~その3 コニー~

仮面ライダー1号「オノレ ショッカー!」

コニー「見ろよ、この正義感溢れる姿をさ!」

エレン「"しょっかー"ってのが何の事かわかんねーけどカッコいい!!」キラキラ

アニ「筋肉?質な身体つきは、まさにライナーだね」サワサワ

サシャ「ちょっとばかし愛嬌のある顔もライナーっぽいですね!」

 ナレーション『仮面ライダー本郷猛は改造人間である』

クリスタ「えっ…何か始まったよ!?」

ショッカー戦闘員A「イーッ!」

ユミル「ヤバいさっぱりついていけない」

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 03:11:41.77 ID:ldY2+kMi0
 ナレーション『彼を改造したショッカーは世界制覇を企む悪の秘密結社である』

エレン「マジかよ!ショッカーって悪の組織なのか!」

ショッカー戦闘員B「イーッ!」ガシッ

アルミン「えっ、何?!痛たたた…!離してよっ」ジタバタ

 ナレーション『仮面ライダーは人間の自由の為にショッカーと戦うのだ!』

仮面ライダー1号「オノレ ショッカー! ソノ オンナノコヲ ハナセ!」

ショッカー戦闘員C「イーッ!」ジリジリ…

アルミン「わあ、助けて仮面ライダー!あと僕男の子だよ!」ジタバタ

アニ「…」ワクワク

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 03:15:21.87 ID:ldY2+kMi0
ミカサ「…アルミンを離せ」シュッ ズバッ

ショッカー戦闘員B「イーッ…」ドサッ

コニー「あぁっ!ミカサがショッカーを削いじまった!!」

ショッカー戦闘員A「…」

ショッカー戦闘員C「…イ、イー…?」チラッ チラッ

クリスタ「…動揺してる!動揺してるよ!?『え、コレ台本とちがくね?』って顔してるよ!」

仮面ライダー1号「……オ、オノレ ショッカー!」ソワソワ

ユミル「おい、ライダーさんまで思いっきりテンパってんじゃねえか!!?」

 ワイワイ ガヤガヤ

サシャ「…あ、あのー、みなさん…」オドオド

19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 03:18:13.47 ID:ldY2+kMi0
エレン「ん、どうしたんだよサシャ」

ユミル「オイ芋女、飯なら後にしろよ。今はこの混沌とした場を…」

サシャ「え、えーっとですね。今、私達って本物のライナーを探してるんですよね…?」

アニ「今更、それがどうかしたの?」イラッ

サシャ「あのー私の勘違いかもしれないんですけど……」






サシャ「この人、ライナーじゃなくて、"ライダー"ですよね?」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 03:20:37.39 ID:ldY2+kMi0
サシャ「…」

エレン「…」

アルミン「…」

コニー「…」

アニ「…」

クリスタ「…」

ユミル「…」

仮面ライダー1号「…」

ミカサ「………うかつ」

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 03:24:07.27 ID:ldY2+kMi0
エレン「…ライダーは?」

アルミン「僕から説明して、帰ってもらったよ…」

エレン「そっか…」

コニー「みんな、ごめん…俺のせいで…」

ミカサ「…気にしないで。コニーのせいじゃない」

クリスタ「み、みんな!気を取り直して、次いこう!次!」

クリスタ「じゃあ、次私ね?今、連れてくるから!」タッタッタッ

22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 03:28:21.38 ID:ldY2+kMi0
~その4 クリスタ~

クリスタ「ライナー、こっちだよ!」

スラィリー「…」ノッシノッシ

アニ「…でかいね」

サシャ「大きいですね」

コニー「羨ましいほどデケぇな」

ユミル「でも…」

全員(((なんか違う……!)))

23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 03:31:32.86 ID:ldY2+kMi0
クリスタ「ほ、ほら、やっぱりライナーって言ったら身体大きいじゃない!」

クリスタ「だから、その…」アタフタ

クリスタ「…ごめん、実は私、あんまりライナーの顔覚えてなくて…」シュン

アニ「分かるよ、クリスタ。私も背が低いから…ライナーの顔はよく見えないんだ」

エレン「言うほどライナーに似てねえかな、コイツ」ツンツン

スラィリー「…」ピローン

コニー「おい、鼻から何か出たぞ!」

エレン「こういう茶目っ気がある所とかそっくりじゃん?な、ミカサ」

ミカサ「う、うん…?」

24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 03:34:33.15 ID:ldY2+kMi0
スラィリー「…」モサモサ

エレン「女子は知らないだろうけど、ライナーって毛深いしな」

アルミン「そう言われると…ライナーに見えないこともないね…」

ユミル「でも、ぶっちゃけ、ライダーさんの方がライナーだったよな」

アニ「…同感」

サシャ「うーん、私的にはエレンのライナーよりも評価低いですね…」

エレン「そりゃ俺のライナーが本物だからな」カチッ

ライター「」ボオオオ

コニー「あつっ!!!」

26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 03:37:43.61 ID:ldY2+kMi0
ミカサ「…情報をまとめよう」カキカキ

ミカサ「全員の意見を参考に、ここまでのライナーランキングをまとめてみた」サッ
---------------------------------------------------------------------------
 ★ライナーらんきんぐ☆
1位 コニーのライダー(正義感があり、容姿も似ている。が、ライナーではない)
2位 エレンのライナー(熱い心を持っているが、常に他力本願)
3位 クリスタのライナー(大きくて毛深い。鼻から何か出てる)
(保留) ジャンのライナー(スタミナ自慢。何故か逃げる)
---------------------------------------------------------------------------
サシャ「みんな良い線行ってるんですけど…」

アルミン「うーん、どれも決定打には欠けるんだよね…」

ユミル「なら、次はお前の連れてこいよ。女の子のアルミンちゃんよ」

アルミン「僕男の子だよ!」プンスカ

ミカサ(かわいい)

28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 03:41:18.88 ID:ldY2+kMi0
~その5 アルミン~

アルミン「ライナー、君はライナーだよね?」

ライアー「ああ、俺はライナーだぜ(嘘)」

アルミン「ねっ?本人がそう言ってる」

コニー「これは最有力候補じゃねえか…!?自分で言ってるしよ!!」

ユミル「何だかんだで、本人が認めるケースは初めてだからな」

ライアー「みんな、聞いてくれ」

コニー「ん?」

ライアー「俺…本当は巨人なんだぜ(嘘)」

アニ「!!!!!?!?!??」ビクッ

29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 03:44:31.90 ID:ldY2+kMi0
アニ「ラ、ライナー、あ、アンタ一体何を…!!?!!?」アタフタ

ライアー「俺は巨人だぜ。ウォールマリアを蹂躙したぜ(嘘)」

アルミン「…」シュン

エレン(……母さん………)シュン

ライアー「俺は巨じn」

ミカサ「黙れ。そして二度と口を開くな」ギリギリ

ライアー「!!!??」ジタバタ

コニー「ライナー、お前最低だよ…」

サシャ「言って良い冗談と、悪い冗談ってあると思います…」

30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 03:47:58.52 ID:ldY2+kMi0
アニ「ま、待ちな!きっとコイツは偽者だ!だからこんな嘘を!」アタフタ

クリスタ「そうだよっ!ライナーがそんなこと言うわけないよ!」

アルミン「そう、だよね……。本物のライナーは…人の痛みが分かる人だもんね……」

エレン「……ミカサ、ソイツを離してやってくれ」

ミカサ「エレンがそう言うのなら」パッ

ライアー「」ドサッ

アルミン「…」

サシャ「アルミン…元気出してください」ナデナデ

アニ(…ごめんなさい)

31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 03:51:21.09 ID:ldY2+kMi0
ユミル「あ、あーあ…また外れか!!一体本物はどこにいるんだろうなー!」

 ガサッ

ベルトルト「その声は…ユミル?それに、みんな…!」

ライナー「よ、ようお前ら…揃いも揃って暗い顔して…どうしたんだ」フラフラ

コニー「ベルトルト!と、そっちは……」

サシャ「ライナー…ですかね?」

ライナー「おいおい…俺の顔忘れちまったのか?俺はライナーだよ(真実)」

クリスタ「……また自称ライナーが……」ハァ…

サシャ「…偽物ですね……」ハァ…

ライナー(あれ、何この空気……?)

33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 03:55:15.90 ID:ldY2+kMi0
~その6 ベルトルト~

ベルトルト「えーっと、つまり…君たちは、ライナーを、探して…?」

エレン「見りゃわかるだろ」カチッ

ライター「」ボオオオ

コニー「あついぃ!!」

スラィリー「…」ピローン

ライアー「」ピクピク

ユミル「やっぱり、ライダーさんがライナーだったのかもな…」

クリスタ「今から呼び戻しに行く…?」

ベルトルト(見てもさっぱりわからない)

34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 03:58:52.30 ID:ldY2+kMi0
ベルトルト「ひょっとして、あっちの方の茂みに転がってた物って…」ユビサシ

ミカサ「向こう?なら、私の連れてきたライナーがそこにいる」

ユミル「私のライナーもそっちにあr…いや、いるぜ」

ベルトルト「…ライナー、僕は疲れてるみたいだ」

ライナー「?とりあえずそこの木陰に座ろうぜ、ベルトルト。まだ身体中が痛え…」ズキズキ

アルミン「ねえ、ライナー…君も、ライナーなんだよね?」オドオド

ライナー「…さっきから何の冗談なんだ、アルミン?俺はライナーだ(真実)」

ミカサ「怪しい…」

コニー「さっきの奴みたいに嘘付いてる可能性はあるよな」

クリスタ「この自称ライナーも偽者なのかな…?」

35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 04:01:45.17 ID:ldY2+kMi0
ライナー「に、偽物?一体何の話だ…?アニ、どういうことなんだ?」

アニ「よく見ると…随分と猫背じゃないか?このライナー」

ライナー「アニ…?俺は怪我してt」

アニ「顔もどことなく違う…こう、眉間の辺りとか。目元とか」

サシャ「なんだか辛そうな顔してますもんね。このライナー」

ライナー「だから怪我してt」

アニ「足元もおぼつかない。ライナーらしいドッシリとした風格がない」

エレン「おまけにスゲェ弱そうだ。本物のライナーならもっと覇気があるぜ」

ライナー「怪我してて身体中が痛えんだよおおおおおおおお!!!!!!」カッ

36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 04:04:20.60 ID:ldY2+kMi0
ライナー「崖から落ちたんだぞ!!!真っ逆さまに!!!」

ライナー「身体中痛えよ!!!まっすぐ立ってられないんだよ!わかるだろッ!!!!」

クリスタ「ひっ…」ビクッ

ユミル「お、おい、急にキレ出したぞこのライナー!」クリスタ ダキシメ

アルミン「ご、ごめんなさい…僕の不注意のせいで……ぐすっ…」ポロポロ

ライナー「あっ、いや、そういうつもりじゃ…」

エレン「…本物のライナーがアルミンを泣かせるわけがねえ」

アニ「…ああ、エレン。やっぱりコイツは偽者だ」

ライナー「」

37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 04:07:42.62 ID:ldY2+kMi0
ライナー「お、おいミカサ…エレンの勘違いを解いてくれ…」

ミカサ「よくもアルミンを泣かせたな。許さない」ギリッ

エレン「人の弱みに付け込みやがって…」ギリッ

ライナー「コ、コニー!!サシャ!!」

コニー「あ?なんだよ偽者ヤロウ」

サシャ「本物のライナーはあんな怒り方しませんよ!!」

ライナー「ベルトルト…!」

ベルトルト「えーっと、ライナー、だよね?僕も自信がなくなってきたな…」

ライナー「くそおおおおおおお!!俺が一体何をしたっていうんだああああ!!!」

38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 04:11:30.23 ID:ldY2+kMi0
ライナー「クリスタッ!!クリスタなら俺が本物だって分かるよな!!?な!!?」

クリスタ「ひいぃっ!!怖いよユミルーーっ!!!」ギューッ

ユミル「べ、ベルトルさん!その偽者さっさとどっかに連れてってくれ!」ギューッ

ベルトルト「あ、あぁ!!こっちに来るんだ偽ライナー!!」グイッ

ライナー「離せベルトルトッッ!!クリスタあああぁぁぁぁ…」ズルズルズル…

---------------------------------------------------------------------------
 ★ライナーらんきんぐ☆
1位 コニーのライダー(正義感があり、容姿も似ている。が、ライナーではない)
2位 エレンのライナー(熱い心を持っているが、常に他力本願)
3位 クリスタのライナー(大きくて毛深い。鼻から何か出てる)
(保留) ジャンのライナー(スタミナ自慢。何故か逃げる)
選外 アルミンのライナー(屑すぎる。論外)
選外 ベルトルトのライナー(急にキレてアルミンやクリスタ泣かせた。最低)
---------------------------------------------------------------------------

39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 04:15:00.33 ID:ldY2+kMi0
クリスタ「ぐすっ…怖かったぁ…」

ユミル「安心しろクリスタ。もう怖いライナーはいなくなったからな?」ナデナデ

エレン「ベルトルト、兵舎まで連れてくって言ってたけど…」

ミカサ「大丈夫。教官ならば、あれが偽物のライナーだとすぐ分かるはず」

コニー「だよな。即独房行きだぜ、あんな糞野郎」

サシャ「じゃあ、気を取り直して。私達は私達でライナー探しを続けましょう!」

ユミル「そうだな。…んでよぉ、さっきから気になってるんだが…」

ユミル「アレ、誰が連れてきたんだ?」

ライカ犬「ワン!」フリフリ

アニ「…私だよ」ナデナデ

41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 04:19:07.16 ID:ldY2+kMi0
~その7 アニ~

ライカ犬「ワン!」

クリスタ「か、可愛い…!」

アニ「アンタたちは知らないかもしれないけどさ…」

アニ「ライナー、意外と可愛いところもあったんだよ」シミジミ

サシャ「見た目からして重そうな白い服を着てますね」

アルミン「これ、どんな材料で編んであるんだろう…?」サワサワ

ユミル「何か言葉が書いてあるな…あーっと…『バイコヌール宇宙基地』?」

コニー「へー。ユミル、お前よくこの記号が読めるな!俺には無理だぜ!」

ユミル「!…ま、まあな」アセアセ

42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 04:23:55.60 ID:ldY2+kMi0
エレン「…にしても、可愛すぎじゃねえか?このライナー」ナデナデ

ミカサ「エレン、私もナデナデしてほしい」ズイッ

エレン「はぁ?なんでだよ」

ライカ犬「ワン」トコトコ

アルミン「ど、どうしたのライナー?僕の顔なんか見つめて……」

ライカ犬「ワン!」ペロペロ

アルミン「わっ…ちょっと!くすぐったいよライナー!」

全員「「「!!!?」」」

エレン(ライナーが…)

ミカサ(アルミンの顔を舐めてる…っ!!?)

43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 04:27:06.11 ID:ldY2+kMi0
コニー「お、思い出したぜ!…そういえば、1週間くらい前にライナーが…」

  ライナー『アルミンって可愛いよな。舐めたい(真実)』

サシャ「本当ですか!!?」

エレン「ああ。俺もよく覚えてる。その日は震えるアルミンと添い寝したからな」

ミカサ「私も覚えている。その日は私もこっそりエレンの布団に入ってたから」ドヤッ

ユミル「何やってんだお前ら…」ドンビキ

クリスタ「でも、これではっきりしたね!」

アニ「ああ、こいつが本物のライナーだ」ナデナデ

ライカ犬「ワン!」ペロペロ

アルミン「もうっ!ライナー、やめっ…ははは!」

44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 04:31:13.55 ID:ldY2+kMi0
ミカサ(そこからはトントン拍子に話が進んだ)

~その8 ミカサ~

ミカサ「ライナーといえば頑丈な身体。それを重視した」スッ

ライチ「」

~その9 サシャ~

サシャ「すいません…。美味しそうだったんでつい全部食べちゃいました!」テヘペロッ

空の米櫃「」

コニー「おいおい、コイツが本物のライナーだったらどうする気だよ!」アハハ

~その10 ユミル~

ユミル「ほれ、ドライヤーだ」

クリスタ「ドライヤー…ってそれライナーじゃないじゃん!」ムーッ

45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 04:35:49.37 ID:ldY2+kMi0
ミカサ「…」カキカキ

ミカサ「すべての結果が出揃った」サッ

---------------------------------------------------------------------------
 ★ライナーらんきんぐ☆
優勝 アニのライナー(『アルミン舐めたい』。可愛いは正義)
2位 コニーのライダー(正義感があり、容姿も似ている。が、ライナーではない)
3位 ユミルのドライヤー(とても便利。でも、ライナーではない)
4位 エレンのライナー(熱い心を持っているが、常に他力本願)
5位 ミカサのライナー(鎧のような外見。中身は意外に甘いらしい:サシャ談)
6位 クリスタのライナー(大きくて毛深い。鼻から何か出てる)
7位 サシャのライナー(思わず全部食べてしまうほど美味しかった:サシャ談)
(保留) ジャンのライナー(スタミナ自慢。何故か逃げる)
選外 アルミンのライナー(屑すぎる。論外)
選外 ベルトルトのライナー(急にキレてアルミンやクリスタ泣かせた。最低)
---------------------------------------------------------------------------

46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 04:39:57.33 ID:ldY2+kMi0
サシャ「優勝はアニですね!」ライチ モグモグ

エレン「ライナーのことよく知らなきゃ絶対見抜けなかったな。流石だぜ、アニ」

アニ「ほ、褒めても何も出ないよ」テレテレ

クリスタ「おめでとう!」パチパチ

アルミン「アニ、おめでとう!」パチパチ

ミカサ「…おめでとう」パチパチ

ライカ犬「ワン!」ピョンピョン

アニ「ラ、ライナーまで…!…………あ、ありがとぅ…」ボソッ

ユミル「よし!んじゃあ、全部終わったことだし。そろそろ帰ろうぜー」スタスタ

コニー「なんか忘れてる気がすっけど……まあ、いっか!!帰ったら飯だ飯!」スタスタ

47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 04:43:21.79 ID:ldY2+kMi0
~食堂~

ベルトルト「あっ…みんな、お帰り!ライナーは見つかった?」

アニ「うん。あそこでクリスタと戯れてる」

クリスタ「ライナー…ふふっ気持ちいい?」ナデナデ

ライカ犬「ワン!」フリフリ

ベルトルト「なるほど。ライナーだね」

エレン「ところでベルトルト、あのライナーの屑は?」

ベルトルト「彼なら即独房入り。明日には憲兵団に引き渡される予定さ」

エレン「そっか。なら安心だな!」

全員「「「あはははは!」」」

49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 04:47:19.59 ID:ldY2+kMi0
マルコ「ねえ、アルミン。ちょっと聞きたいことがあるんだけど良いかな?」

アルミン「やあ、マルコ。どうかしたの?どこか浮かない様子だけど…」

マルコ「あのさ、ジャンを知らないかな?皆と一緒だったと思うんだけど…」

アルミン「ジャンなら…」








全員「「「あっ」」」」

ライカ犬「ワン!」

50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 04:51:26.46 ID:ldY2+kMi0
エレン「くそっ…今度はジャンが行方不明に…!!探しに行くぞ!」

ミカサ「…ジャンとは地図のこの辺りで別れた。探すならこの周辺」

コニー「なら、手分けして探すぞ!」

ベルトルト「相手は夜の山だ、僕たちも気をつけないと…」

ユミル「全員、松明は持ったか?野犬の心配もある。ブレードも用意しとけ!」

マルコ「アルミンとクリスタは教官への報告をお願い!」

アニ「……ライナー、アンタはクリスタたちと一緒に宿舎で待機しときな」

エレン「よし、"ジャンを見つけたら"信号弾で合図だ。いいな? 行くぞッ!!」


……… パン パン パン パン パン パン パン パン 

 お わ り