1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/10(水) 03:05:11 ID:Yyi0tyP6
ユミル「……はい?」

サシャ「黙れゴキブリ」

サシャ「勿論彼氏をですよ!わかるでしょう?」

ユミル「……」

ユミル「ああ」 



 

進撃の巨人(19) (週刊少年マガジンコミックス)
講談社 (2016-04-08)
売り上げランキング: 6
2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/10(水) 03:08:56 ID:Yyi0tyP6
サシャ「彼氏を束縛するんですよ」

サシャ「こう、女のアドレス全部消してもらったりとか」

サシャ「そういうのしたいわけです、はい」

ユミル「ああ……でもよ……」

サシャ「黙れゴキブリ」

ユミル「やっぱ聞き間違いじゃなかったんだなさっきの」 


3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/10(水) 03:10:59 ID:Yyi0tyP6
サシャ「ここでキスしてを恥ずかしげもなく熱唱できる女になりたいんです」

サシャ「黙れゴキブリ」

ユミル「今のは先手を打ったのか」

ユミル「で、だ」 

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/10(水) 03:14:04 ID:Yyi0tyP6
ユミル「お前彼氏いないじゃん」

ユミル「いないじゃん。え、いないよな?私が知らないだけとかじゃないよな?」

サシャ「居ませんよ、ええ」

サシャ「だから束縛したいって言ってるんじゃないですか」

サシャ「彼氏を束縛したい女に彼氏がいたら既に束縛してるに決まってるじゃないですか言い返してみろゴキブリ」

ユミル「……」 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/10(水) 03:18:24 ID:FywSM/Io
ユミル「じゃあ、あれだな?」

ユミル「今のはただ単にお前がそうしたいってだけの他愛もない話なんだな?宝くじ当たったらどうするかみたいな」

サシャ「今から束縛するっちゅう話ですよかすってもねえ」

ユミル「……」 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/10(水) 03:21:05 ID:FywSM/Io
ユミル「……じゃああれか?」

サシャ「違う」

ユミル「……」

ユミル「今から束縛するための彼氏を作る、って話か?」

サシャ「……」

サシャ「……」

ユミル「当たってんなら素直に言えよ勝ち誇らないから」 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/10(水) 03:27:23 ID:FywSM/Io
サシャ「というわけでコニーを探します」

ユミル「……」

ユミル「まあ仲良いもんなお前ら」

サシャ「コニー!」

ユミル「……」

サシャ「……」

サシャ「来ませんね」

ユミル「お前銀魂読んだろ」

サシャ「……」

ユミル「せめてもっと声張れよ」 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/10(水) 03:30:33 ID:FywSM/Io
ライナー「ようお前ら、でかい声だしてどうした」

ユミル「関係ないマッチョが釣れやがった」

サシャ「ライナー!ずっと前から好きでした私と付き合って下さい!」

ユミル「そうかお前はそういうやつなんだな」 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/10(水) 03:33:04 ID:FywSM/Io
ライナー「」

ライナー「いやだ」

サシャ「」

ユミル「……予想以上にドライなフラれ方したな」

サシャ「」 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/10(水) 03:37:34 ID:mbokkuIk
サシャ「……納得いく理由を、下さい」

サシャ「じゃなきゃアルミンを燃やします」

ユミル「不憫だアルミン」

ライナー「……」

ライナー「サシャだもの」

ユミル「納得」

サシャ「」 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/10(水) 03:45:30 ID:mbokkuIk
サシャ「さて気を取り直して」

ユミル「取り直せるのかすごいな」

サシャ「ライナーは後でアルミンと一緒に燃やします」

ユミル「ああアルミン」

サシャ「コニー!」

ユミル「……」 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/10(水) 03:49:14 ID:W7lsbPTI
ベルトルト「あれ、どうしたの二人共」

ユミル「今度はノッポが釣れやがった」

サシャ「ベルトルト!以前命を助けてもらったときからずっと好きでした私と付き合って下さい!」

ユミル「そんなことあったん?」

ベルトルト「なかった」

ベルトルト「」

ユミル「驚く前に無理して答えてくれたのかいいやつだな」 


15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/10(水) 03:58:25 ID:EUChl6z2
ベルトルト「……ごめんね、サシャ…」

サシャ「」

ユミル「まあそうだわな」

サシャ「理由を聞かせて下さい……」

ベルトルト「……僕好きな人がいるんだ」

ベルトルト「サシャのことは、凄く魅力的な女の子だと思うよ。だけどごめんね……僕はその人のことがずっと好きなんだ」

ユミル「えらく真っ当な理由だな感動した」

サシャ「……」 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/10(水) 04:00:49 ID:EUChl6z2
ベルトルト「ぎゃあああああああああ!!熱い!熱い助けてええええ!」ゴォォォ……パチパチ

サシャ「さて気を取り直して」

ユミル「冗談じゃなかったんだな。お前に逆らうのやめるよ」 



18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/10(水) 04:03:06 ID:EUChl6z2
サシャ「コニー!」

ユミル「もう召喚呪文みたいになってきたな」

エレン「お、ようお前ら!」

ユミル「主人公来たよ主人公」

ミカサ「エレン」

ユミル「嫁も来たよ嫁も」 

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/10(水) 04:06:28 ID:EUChl6z2
サシャ「エレン!入団式の時からずっと好きでした私と付き合って下さい!」

ユミル「懐かしき伝説の入団式」

エレン「え、やだよミカサいるし」

ミカサ「エレン////」

ユミル「」

サシャ「」 

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/10(水) 04:08:45 ID:EUChl6z2
サシャ「報われてるとは思わなんだ」

ユミル「同上」

サシャ「……お、ベルトルトが頃合いですよユミル」

ベルトルト「」

ユミル「……なんの頃合い?」 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/10(水) 04:12:08 ID:EUChl6z2
サシャ「さて気を取り直して」

ユミル「因みにベルトルさんは自分の足で去っていきました。文字って便利」

サシャ「コニー!」

ユミル「次は誰かな」 


31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/13(土) 17:39:32 ID:4JPXADOA
アニ「……さっきからうるさいんだけどあんたら」

ユミル「ついに女が来やがった」

サシャ「……」

ユミル「さあどうする」

アニ「なにやってんの?」 

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/13(土) 17:40:39 ID:4JPXADOA
サシャ「……」

サシャ「デカパイ」

ユミル「」

アニ「……はい?」 

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/13(土) 17:44:20 ID:4JPXADOA
サシャ「デカパイ」

アニ「喧嘩売ってんの?」

サシャ「お前デカパイ」


ユミル「なんだこれ」 

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/13(土) 17:46:44 ID:4JPXADOA
アニ「……ッシ!」ビュン

サシャ「……」ヒョイ

アニ「なっ……!」

サシャ「デカパイ」


ユミル「なに一つわからん。てんでわからん」 

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/13(土) 17:48:51 ID:4JPXADOA
アニ「こんのっ……らあ!」ビュビュン

サシャ「デカパイ」ヒョイヒョイ

サシャ「デカパイ」シュッ

アニ「あがっ!」バキッ


ユミル「あっ蝶々」 

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/13(土) 17:51:40 ID:4JPXADOA
サシャ「デカパイ」シュッ

アニ「ごっ!」バキッ

サシャ「デカパイ」シュシュッ

アニ「いやっ……!」バキャキャ

サシャ「デカパイ」シュッ

サシャ「デカパイ」シュッ

サシャ「デカパイ」シュッ


ユミル「私にー羽があったらー」 

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/13(土) 17:52:48 ID:4JPXADOA
アニ「……ヒンッヒンッ……も……やめて……」ボロッカス

サシャ「さて気を取り直して」


ユミル「あ、終わった?」 

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/13(土) 17:55:03 ID:4JPXADOA
サシャ「コニー!」

ユミル「そろそろコニー来るかな」

キース「なにをやっているお前ら……」

ユミル「」 


47 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/26(金) 07:36:00 ID:brz3t.HY
サシャ「……」

キース「なにをしている、と聞いているのだ……」

ユミル「いや、あの……別に、なあ?」

サシャ「……」

ユミル(なんか言えよ) 

49 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/26(金) 07:39:27 ID:brz3t.HY
サシャ「……教官」

キース「……なんだ、ブラウス」

ユミル「……」

サシャ「……覚えてますか?私と教官が出会った、あの日を」 

50 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/26(金) 07:41:14 ID:brz3t.HY
キース「……そりゃもう」

ユミル(そりゃもう)

サシャ「あの日から随分経ちましたね……教官と出会ってから、時間が矢のようでした」

キース「……」 

51 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/26(金) 07:44:34 ID:brz3t.HY
サシャ「初めて村から出て……右も左もわからない私を、教官はずっと気にかけてくれましたね」

キース「……それが仕事だ」

サシャ「私、本当に嬉しかったんですよ?こんな私を見てくれる人がいる。こんな私を心配してくれる人がいるって……」 

サシャ「私もここにいていいんだって、私も兵士なんだって」 

52 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/26(金) 07:46:20 ID:brz3t.HY
サシャ「私も、私も誰かに必要としてもらえるんだって、そう思えるんです。教官のおかげで」

キース「……」

ユミル(……)

サシャ「教官、本当に、本当にありがとうございます」

キース「……フッ」 

53 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/26(金) 07:48:14 ID:brz3t.HY
キース「ぐあああああああああああああああ!!熱い!熱いブラウス!ブラウスウウウウウウ!!!」メラメラパチパチ



サシャ「っふぃー」

ユミル「なんで!?なあなんで!?」 


55 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/26(金) 07:49:51 ID:brz3t.HY
ユミル「あんなにしんみりしてたのになんで最終的に燃やすん?」

サシャ「いいじゃないですか、どうでも」

サシャ「さて、コニー!」

ユミル「やだもう帰りたい」 


58 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/26(金) 09:23:43 ID:miiveEnc
コニー「アイスクリームをおしっこで溶かして~♪」

ユミル「来た。やっと来た。長かった」

サシャ「コニー!」

コニー「それはきっと~♪っと、ようユミル。俺と付き合ってくれよ」

サシャ「」

ユミル「」 

59 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/26(金) 09:30:30 ID:miiveEnc
コニー「 なあユミル、この世界の誰一人、見たことがないものがある。 それは優しくて、とても甘い」

ユミル「」 

コニー「多分、見ることができたなら、誰もがそれを欲しがるはずだ。 だからこそ、世界はそれを隠したのだ」

サシャ「」

コニー「そう簡単に手に入れられないように。 だけどいつかは、誰かが見つける。 手に入れるべきたった一人が、ちゃんとそれを見つけられる。そういう風にできている」

コニー「好きだ、ユミル。俺と付き合ってくれ」

ユミル「はい」

サシャ「」 


60 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/26(金) 09:31:57 ID:miiveEnc
サシャ「」ゴォォォ…メラメラパチパチ 

コニー「……綺麗だな」

ユミル「ああ……」


そういう風に、できている


Fin