1: ◆i/Ay6sgovU 2016/03/26(土) 21:40:55.57 ID:jJMu6ai40

―――――プロダクション内・晶葉ラボ―――――


池袋晶葉「もしもし、ああ、私だ。完成したぞ」

晶葉「ああ……、確かに。だが、もう一度確認するが……」

晶葉「“アロマディフューザー”を“20個”でいいんだな?ホントに?聞き間違いではなく?」

晶葉「まあ、それでいいならいいんだが……。いったいどういう意味が……?」

晶葉「ああ、ちひろに……。プレゼント……ということか?……なるほど、蒸すのか」

晶葉「……」

晶葉「蒸す!?」

晶葉「い、いや、まあいいさ、時間を見つけて取りに来てくれ」

晶葉「では切るぞ……ああ、気にするな……お疲れ様」
ガチャ

晶葉「???」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1458996055

引用元: 池袋晶葉「世のため人のため雪美のため」 


 

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLSSTARLIGHT MASTER 01 Snow Wings
島村卯月(CV:大橋彩香) 渋谷凛(CV:福原綾香) 本田未央(CV:原紗友里) 大槻唯(CV:山下七海) 上条春菜(CV:長島光那)
日本コロムビア (2016-03-30)
売り上げランキング: 36
2: ◆i/Ay6sgovU 2016/03/26(土) 21:41:42.89 ID:jJMu6ai40

晶葉「ま、まあいいか。気にしないでおこう……」

晶葉「しかし、作り終わったら暇になってしまったな……」

晶葉「何か適当に機械でもいじるか……」

コンコン

晶葉「?」

晶葉「空いてるぞー」

ガチャ
佐城雪美「おじゃま……します……」

晶葉「おお!雪美か!珍しいな!」

雪美「……」

晶葉「ど、どうした?」

雪美「機械……いっぱいで……すごい……」キラキラ

晶葉「はっはっは!そうだろう」

雪美「自爆スイッチは……どこ?」

晶葉「普通最初にそれ探すか!?」



4: ◆i/Ay6sgovU 2016/03/26(土) 21:42:43.14 ID:jJMu6ai40

晶葉「おっと、立たせっぱなしも悪いな。そこの椅子に座ってくれ」

雪美「ありがとう……」ヨイショ

晶葉「それで、どうしたんだ?」

雪美「……えっと、これ……」ガサゴソ

晶葉「お、タブレットじゃないか、どうしたんだ?」

雪美「ありすから……レッスン中だけ……うばっ……貸りた……」

晶葉「奪ったって言おうとしなかったか?」



5: ◆i/Ay6sgovU 2016/03/26(土) 21:43:34.64 ID:jJMu6ai40

雪美「でも、使い方……わからなくて……」

晶葉「な、なるほど、それで来たというわけか、良い判断だ。……で、タブレットで何がしたいんだ?」

雪美「ペロ……」

晶葉「ああ、写真を撮るのか?動画も撮影できるぞ?」

雪美「ペロを……乗せて……運びたい……」

晶葉「アナログ」



6: ◆i/Ay6sgovU 2016/03/26(土) 21:44:16.25 ID:jJMu6ai40

雪美「ユキミジョーク……ふふっ……」

晶葉「……奪ったのもジョークなんだよな?」

雪美「今日は……いい……天気……」

晶葉「露骨」

雪美「ロコツ……?」

晶葉「“あからさま”ということだ」

雪美「あかしやさんま……?」

晶葉「わざとだな?そうなんだな?」



7: ◆i/Ay6sgovU 2016/03/26(土) 21:45:09.77 ID:jJMu6ai40

晶葉「話をもとに戻そうか」

雪美「……」コクッ

晶葉「ええと……」

雪美「ちひろを蒸すと……運勢が……あがる……」

晶葉「その会話の時はまだいなかっただろう!?」



8: ◆i/Ay6sgovU 2016/03/26(土) 21:46:15.73 ID:jJMu6ai40

雪美「タブレットの……話を……」

晶葉「何事もなかったように戻すのもやめてくれ……」

雪美「動画……見たい……」

晶葉「な、なるほど。ちょっと貸してくれ」

雪美「……」コクッ

晶葉「……よし、Yootubeは開いたぞ。どんな動画が見たいんだ?」

雪美「X JAPAN」

晶葉「何か嫌なことがあったなら相談に乗るぞ?」



9: ◆i/Ay6sgovU 2016/03/26(土) 21:46:58.42 ID:jJMu6ai40

雪美「晶葉は……普段……どんなのを見てる……?」

晶葉「私か?以前はあまり使ってなかったが、最近は他のアイドルのライブ映像とかを参考に見ることはあるな」

雪美「幸子……とか……?」

晶葉「あれを参考にできるアイドルはいない」

雪美「X JAPAN……とか……?」

晶葉「いつから雪美の中で幸子とX JAPANは同格になったんだ」

雪美「クールタチバナ()……とか……?」

晶葉「貸してくれた人を煽るとはいい性格してるな」

雪美「じゃあ……誰……」

晶葉「そいつら以外なら大体は頷いてたと思うんだが」



10: ◆i/Ay6sgovU 2016/03/26(土) 21:47:53.85 ID:jJMu6ai40

雪美「あ……」

晶葉「どうした?」

雪美「ありすの履歴……見れる……?」

晶葉「う……、他人のを見るのはあまりいい趣味とは言えないが……」

雪美「ちょっとだけ……!」

晶葉「うーむ……」

雪美「フレデリカにしか……言わないから……」

晶葉「それ社内にスピーカーで放送するのと一緒なんだが」



11: ◆i/Ay6sgovU 2016/03/26(土) 21:48:45.31 ID:jJMu6ai40

晶葉「じゃあ少しだけ……」ポチ

雪美「……」

晶葉「えっと、文香のライブや曲の動画に……いや、クール系のアイドルのやつが多いのか」

雪美「……」フムフム

晶葉「後は料理の動画もあるな、勉強中か」

雪美「本当に……?」

晶葉「疑うな」



12: ◆i/Ay6sgovU 2016/03/26(土) 21:49:27.71 ID:jJMu6ai40

雪美「あ……」

晶葉「ん?お、フレデリカのライブ映像もけっこう見てるんだな。まあ、割と一緒にいるのを見るし、仲が良いんだろう」

雪美「フレデリカ……面白い……」

晶葉「あー、周りで見てる分にはな」

雪美「この前……いなくなったペロ……見つけてくれた……」

晶葉「ほう、いいことだな」

雪美「……ありすが」

晶葉「じゃあフレデリカどこ行った!?」



13: ◆i/Ay6sgovU 2016/03/26(土) 21:50:16.12 ID:jJMu6ai40

雪美「あ……そろそろ、返さなきゃ……」

晶葉「おっと、もうそんな時間か」

雪美「晶葉……ありがとう……」

晶葉「なぁに、お安いご用さ」

雪美「さよならしるぶぷれ……」

晶葉「完全に悪影響じゃないか」



14: ◆i/Ay6sgovU 2016/03/26(土) 21:51:02.10 ID:jJMu6ai40

―――――次の日・ラボ―――――


晶葉「~♪」カチャカチャ

コンコン

晶葉「ん?入っていいぞー」

ガチャ
雪美「こんにちは……」

晶葉「おお、また雪美か!座ってくれ」ヨイショ

雪美「……ありがとう……」

晶葉「また何かあったのか?」

雪美「昨日、あのあと……」

晶葉「ああ、雪美が帰った後か」

雪美「ありすとフレデリカが……話してる時に、……“ありすはフレデリカの動画をよく見てるの?”って言ったら……」

晶葉「エグイことするな」

雪美「“人の履歴を見て言いふらすなんてダメです!!!しかも当事者の前でなんて!!!”って……」

晶葉「ぐうの音も出ない」



15: ◆i/Ay6sgovU 2016/03/26(土) 21:52:37.46 ID:jJMu6ai40

雪美「前置きは……このくらいに……」

晶葉「いつかありすに蹴られるからな?」

雪美「今日は……また別の用があって……」

晶葉「そ、そうなのか」

雪美「えっと……」

晶葉「どうした?なんでも言ってくれ」

雪美「油田が欲しい……」

晶葉「私が神龍かなにかに見えてるのか?」



16: ◆i/Ay6sgovU 2016/03/26(土) 21:53:41.85 ID:jJMu6ai40

雪美「ユキミジョーク……ふふっ……」

晶葉「その1日1回のノルマみたいなのやめてくれ」

雪美「作ってほしい……ものが……あって……」

晶葉「マトモなものなんだろうな……」

雪美「……」

晶葉「黙るタイミングに悪意がないか!?」



17: ◆i/Ay6sgovU 2016/03/26(土) 21:54:24.16 ID:jJMu6ai40

雪美「……アキアキさん、今日は何を……作るの……?」

晶葉「誰!?というかそれを雪美がリクエストするんじゃないのか!?」

雪美「ふふふ、葉ロリ……、今日はね……」

晶葉「一人二役!?しかも葉ロリて!!」

雪美「PlayStation5」

晶葉「やめろ!大企業にケンカを売るな!」

雪美「大丈夫……S〇NYは……優しい……」

晶葉「それ伏せ字の意味ないからな!?」



18: ◆i/Ay6sgovU 2016/03/26(土) 21:55:58.00 ID:jJMu6ai40

雪美「本当は……、服についた……ネコの毛を……掃除できる機械が欲しい……」

晶葉「結局めちゃくちゃマトモなリクエストじゃないか……」

雪美「……できそう……?」

晶葉「ハンディ掃除機の先端を改良すればできるだろう。どこよりもいいものを作ってみせるさ!」

雪美「まさかそれが……最期の言葉になろうとは……」

晶葉「不吉なナレーションを入れないでくれ!!!」



19: ◆i/Ay6sgovU 2016/03/26(土) 21:57:03.49 ID:jJMu6ai40

―――――次の日・ラボ―――――


コンコンガチャ雪美「こんにちは……」ヨイショ

晶葉「おおう!?座るまでの一連の動作が早すぎないか!?」ビクゥ

雪美「時短で……エコ……」

晶葉「環境より私の心臓に気を遣ってほしかったが」



20: ◆i/Ay6sgovU 2016/03/26(土) 21:57:42.94 ID:jJMu6ai40

雪美「昨日の……できた……?」

晶葉「当然だ!」

雪美「楽しみにしてた……。アロマディフューザー……」

晶葉「そっち!!??」

晶葉「って、またユキミジョークか!」

雪美「……」フルフル

晶葉「え?」

雪美「サジョーク……」ドヤァ

晶葉「いったい!何が!違うんだ!!!」



21: ◆i/Ay6sgovU 2016/03/26(土) 21:58:28.61 ID:jJMu6ai40

晶葉「ほら、コレだ」

雪美「すごい……!」

晶葉「壊れたら直すから教えてくれ」

雪美「折れたら……?」

晶葉「え?……いや、直すから教えてくれ」

雪美「水没したら……?」

晶葉「い、いや、直すが……」

雪美「窓から落としたら……?」

晶葉「そんなに雑に扱う予定なのか!?」

雪美「爆発したら……?」

晶葉「しない!!!」



23: ◆i/Ay6sgovU 2016/03/26(土) 21:59:11.27 ID:jJMu6ai40

雪美「ふふふ……晶葉……やさしい……ね」

晶葉「ま、まあ、そう言ってもらえるなら何よりだが……」

雪美「次は……別荘がほしい……」

晶葉「いい加減にしてくれ!!!」



おわり


次回 池袋晶葉「世のため人のため雪美のためペロのため」