4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 21:00:52.65 ID:SPEmQAt70
ちひろ「プロデューサーさん、ちょっといいですか?」

P「はい、なんでしょう?」

ちひろ「この書類、数字おかしいですよ」

P「えっ、どれどれ?」

ちひろ「ここです!この前も違ってましたよ」

P「あっ、すいません....」

ちひろ「しっかりしてください、あとスーツがシワだらけですよ」

P「これは...」

ちひろ「ちゃんとクリーニングに出してるんですか?いくら忙しいといっても.....」

P「はい、すみません.....」

ちひろ「そんなんじゃ打ち合わせに行った時に周りの人から....」



マキノ「.....」

引用元: 八神マキノ「仕方ないわね...」 


 

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLSSTARLIGHT MASTER 01 Snow Wings
島村卯月(CV:大橋彩香) 渋谷凛(CV:福原綾香) 本田未央(CV:原紗友里) 大槻唯(CV:山下七海) 上条春菜(CV:長島光那)
日本コロムビア (2016-03-30)
売り上げランキング: 32
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 21:20:38.81 ID:SPEmQAt70
ちひろ「今度からちゃんとしてくださいね、私ちょっと買い出しに行ってきますから」

P「はい、すみませんでした....」


バタン


P「はぁ...まーた怒られちまった....」

P「どうにかしなくちゃいけないとは思ってるだけどなぁ....」

マキノ「プロデューサー?」

P「おお、マキノか...」

マキノ「さっきのことなんだけど....」

P「あっ、カッコ悪いとこ見られてたな.....」

マキノ「ふむ、プロデューサーは身の回りのことをするのが苦手なの?」

P「うーん、実はあんまり得意じゃないんだよ...」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 11:44:09.23 ID:cxelIxgj0
マキノ「人によって得意不得意があるのは仕方ないとは思うわ」

マキノ「でも貴方はプロデューサーでしょう?身だしなみには気をつけてくれないと困るわ」

P「わかってるよ、でも疲れて帰るとどうしてもな.....」

マキノ「それにさっきも書類のミスで怒られてたわね」

P「ああ、そこも見られてたのか.....」

マキノ「何か理由でもあるの?」

P「どうも最近寝不足でさ、ボーっとすることが多いんだよ」

マキノ「眠れないの?」

P「まあ最近は徹夜続きだったし....」

マキノ「しっかり眠らないとダメよ」

P「わかってる」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 11:54:39.68 ID:cxelIxgj0
マキノ「徹夜ということは家には?」

P「ここ何日かは帰ってないな」

マキノ「掃除は?」

P「あまり....」

マキノ「ご飯はどうしているの?」

P「まあコンビニとか適当に....」

マキノ「.....」

P「マキノ?」

マキノ「論理的じゃないわ」

P「えっ?」

マキノ「プロデューサーという仕事はアイドルと同等、もしくはそれ以上に心身を酷使するものでしょう?」

P「まあ考えようによってはな....」

マキノ「それなのに栄養補給や休養をおろそかにして仕事が勤まるわけがないということよ」

P「はぁ...」

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 14:44:38.75 ID:cxelIxgj0
マキノ「プロデューサー、貴方にプロデュースされるアイドルとしてお願いするわ」

マキノ「今日から徹夜はやめて、それからきちんと栄養をとること」

マキノ「そして身だしなみをキチンとすること」

P「うーん、そうは言っても仕事もあるし....」

マキノ「ダメよ、どうしてもっていうのなら仕方ないけどせめて事務所に泊まるのだけはやめて」

P「だけどさっきも言ったけど俺は要領がよくないし家事が苦手でな.....」

マキノ「ふむ.....」

P「仕事と身の回りのことを両立させるってのが結構しんどかったりするんだよ」

マキノ「つまり、どちらか一方だけなら出来るのね?」

P「まぁ、そうだな」

マキノ「仕方ないわね...」

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 14:57:23.66 ID:cxelIxgj0
------


P「ちひろさん、これ今回のライブに関する資料です」

ちひろ「はい、どうもありがとうございます」

P「なにかおかしな所があったら言ってくださいね」

ちひろ「うーん、ざっと見た感じだと大丈夫そうですね」

P「ならよかったです」

ちひろ「最近のプロデューサーさんはなんだかしっかりしてきましたね」

P「そうかな?」

ちひろ「ええ、仕事のミスがなくなりましたし、前より元気そうです」

P「まあ、毎日栄養のあるものを食べてますからね」

ちひろ「それにワイシャツやズボンもパリッとアイロン掛かってますし、清潔感がありますよ」

P「どうもありがとうございます、それもこれも....」


ガチャッ


マキノ「おはようございます」

P「おはようマキノ」

マキノ「プロデューサー、お弁当忘れてるわよ」ヒョイッ

P「ああ、悪い悪い」




ちひろ「.....んっ?」

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 15:36:26.37 ID:cxelIxgj0
マキノ「それにハンカチも忘れてるわ、ちゃんと置いておいたでしょう?」

P「ゴメンゴメン、ちょっと急いでて.....」

マキノ「朝早くに起きるなら目覚ましをかけておけばいいじゃない」

P「でもお前はまだ寝てるんだから起こすわけにもいかないだろ」

マキノ「別に怒ったりしないわ、それで貴方が遅刻したら本末転倒でしょ」

P「でもお前は俺のために色々やってくれてるわけだし.....」

マキノ「論理的じゃないわ、貴方はもっと私を効率的に運用するべきよ」

P「そうなのかな....」

マキノ「そうよ、あっ、ちょっと動かないで」

P「なんだ?」

マキノ「口元が汚れてるわ」フキフキ

P「ああ、すまん」

マキノ「今朝のタマゴサンドね、フフッ♪まるで子供みたいよ」フキフキ

P「んんっ.....」

マキノ「はい、これで綺麗になったわ」

20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 18:38:51.75 ID:cxelIxgj0
P「ホントすまないな」

マキノ「気にしないで、それよりもそろそろ打合せの時間じゃないの?」

P「あっ、ヤバイ!資料が....」

マキノ「ハイこれ、昨日まとめておいたでしょ」

P「ありがとな!じゃあちひろさん、俺ちょっと行って来ます!」

ちひろ「は、はい.....」

マキノ「気をつけてね」

P「うん、じゃああとでな!」


バタン!


マキノ「さてと、私はレッスンに行かないと.....」

ちひろ「あの....マキノちゃん?」

マキノ「なに、ちひろさん?」

ちひろ「つかぬ事をお伺いしますが、どうしてプロデューサーさんのお弁当のことやら朝食のことを知っているんでしょうか?

マキノ「私が作っているからに決まっているじゃない」

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 18:57:27.07 ID:cxelIxgj0
ちひろ「.....すいません、ちょっとよく聞こえなくて」

マキノ「私がプロデューサーの身の回りのことをしてあげているだけよ」

ちひろ「身の回りって...ええっ!?」

マキノ「別に変なことをしているわけじゃないわ、ただ家の中を掃除してあげたり服にアイロンをかけたり....」

マキノ「あと背中を流してあげているだけだから」

ちひろ「ああ、なーんだそれだけなら.....」

ちひろ「って、よくない!」

ちひろ「マズイですよ、マキノちゃん!」

マキノ「そう?とってもスマートかつ論理的だと思うけど...」

ちひろ「だ、だって....」

マキノ「プロデューサーは私をトップアイドルにするためにベストな働きをしてもらう」

マキノ「私はプロデューサーに常にベストでいてもらう為に周りのことをしてあげる」

マキノ「まさにシンプルで合理的だと思わない?」

ちひろ「いやいや、色々と非合理的な部分がありますよ!」

マキノ「大丈夫よ、尾行や盗撮といったその他の不安要因は排除するから」

ちひろ「し、しかし....」

22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 22:48:18.22 ID:cxelIxgj0
マキノ「ふぅ...わかっているわちひろさん」

ちひろ「マキノちゃん?」

マキノ「確かに私がしている行為は非常にリスクの高いものだわ、もし他の人に知られたらアイドルとして致命的だと思う」

マキノ「でも、やらずにはいられないの」

ちひろ「な、何がマキノちゃんをそこまで.....」

マキノ「.....うまく論理的に説明が出来ないんだけど」

マキノ「なんだかプロデューサーを見てると....その....ほっとけないのよ」

ちひろ「ほっとけない?」

マキノ「ええ、身の回りのことが全然だったり、寝癖がついたまま出勤しているのを見ていると.....」

マキノ「すごく何かしてあげたくなってしまうの....」

ちひろ「はぁ....」

マキノ「もちろんもっとしっかりしてほしいとは思うけど.....」

マキノ「しっかりされたらされたで....なんというか.....」

ちひろ(あぁ.....マキノちゃんは.....)

ちひろ(ダメな男ほどかわいいって思うタイプですね.....)

25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/09(金) 00:14:39.82 ID:7ls787r30
マキノ「とにかく、プロデューサーの身の回りのことをきちんとしてあげれば仕事はできるのよ」

ちひろ「ま、まあそうかもしれませんが.....」

マキノ「足りない部分は補うのが合理的でしょう?私ならその辺は心配いらないわ」

ちひろ「いや、心配しているのは補うとか足りないとかじゃなくてなくてですね....」

マキノ「あっ、そろそろレッスンに行かないと.....失礼するわねちひろさん」ガチャッ

ちひろ「ちょ、ちょっとー!話聞いて下さいよー!」



マキノ(ふぅ、少し危なかったかもしれないわね)

マキノ(ちひろさんであの反応となると他の人にバレたらさらに面倒かも.....)

マキノ(より一層の注意を払わなくては.....)




マキノ(.....あと今日の晩御飯何にしようかな)

26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/09(金) 00:33:49.94 ID:7ls787r30
------


ガチャ


P「ただいまー」

マキノ「おかえりなさい」トントントン....

P「はぁー、疲れたー!」

マキノ「もうすぐ晩御飯できるから待ってて、洗い物あったら出しておいて」

P「ああ、悪いな」

マキノ「それと、お弁当の箱も」

P「美味かったよ、どうもありがとうな」

マキノ「別にいいわ、好きでやってるんだもの」

29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/09(金) 00:44:22.57 ID:7ls787r30
P「今日はなんだ?」

マキノ「冷やしパスタとサラダよ」

P「おっ、いいな、最近暑いからちょうどよかった」

マキノ「そう言うと思ったからこのメニューにしたのよ」

P「なにか手伝うか?」

マキノ「大丈夫よ、それよりゆっくり座って休んでて」

P「いや、でも.....」

マキノ「プロデューサー、貴方が休んでくれないと私がここにいる意味が無いわ」

P「わ、わかったよ....」

マキノ「すぐに出来るわ、出来たら呼ぶから....」クルクル....

P「はいはい」

30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/09(金) 01:01:15.92 ID:7ls787r30
P「.....」カタカタ...

マキノ「はい、でき.....」

P「おおっ、ありがとう」

マキノ「....なにをしてるの?」

P「いや、ちょっとこれだけ終わらせておこうかなと....」

マキノ「....プロデューサー、今は晩御飯の時間よ」

P「ああ、でもさ.....」

マキノ「忘れたの?貴方がゆっくり休めるように私がここにいるのよ」

P「あ、ああ....」

マキノ「それくらい後で私も手伝ってあげるわ、だから...」

P「わかったわかった、食べるよ、だからそんな怖い顔しないでくれ」ナデナデ

マキノ「んっ...ならいいわ」

P「それじゃ....」



P・マキノ「いただきます」

32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/09(金) 01:08:33.64 ID:7ls787r30
マキノ「どう?今日は新たな味付けに挑戦してみたんだけど.....」

P「うん、すごく美味いぞ」

マキノ「ふむ、なるほど....プロデューサーはこういう味もいけるのか....」

P「あっさりしてて俺の好みに合ってる感じで.....ゲホッ!ゲホッ!」

マキノ「ああもう、そんなに急いで食べなくてもいいでしょう....」

P「ゲフッ、すまん.....」

マキノ「ほら、口に付いちゃってるわ」フキフキ

P「んっ....いつも悪いな」

マキノ「まったく....」

P「すまん、あんまりマキノの作ってくれたパスタが美味しいんでな」

マキノ「そう.....そうか.....」

マキノ「フフッ♪」

38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/09(金) 18:11:34.19 ID:V7AFMXQO0
P「ふぅ、ごちそうさま」

マキノ「はい、お粗末さま、洗い終わるまで横になってて」

P「いや、仕事の残りを.....」

マキノ「プロデューサー、同じことを何度も言わせないで」

P「ダメなのか....」

マキノ「物を食べた後は胃に血が行くのよ、頭がボーっとするからするには作業をするには効率が悪いわ」

P「うーん、それもそうか....」

マキノ「お風呂が用意できてるわ、作業をするならせめて入ってからにして」

P「ああ、じゃあ早速....」

マキノ「待って、私も一緒に入るから」

P「別にひとりで....」

マキノ「ダメよ、貴方は身体の洗い方が雑だから私が洗ってあげる」

P「洗えるのに.....」

39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/09(金) 19:39:14.17 ID:V7AFMXQO0
------


P「あー、いい湯だった...」

マキノ「ほら、そこに座って、頭を拭いてあげる」

P「俺は子供かよ...」

マキノ「仕方ないわ、貴方が適当に拭くからよ」

P「まあ、そうかもしれんが.....」

マキノ「動かないで」ゴシゴシ

P「んんっ...」

マキノ「今日もお疲れ様」ゴシゴシ

P「ああ、疲れたよ」

マキノ「しっかり休息を取らないとダメよ、あとでマッサージしてあげるわ」

P「ありがとうな、本当に....」

マキノ「構わないわ、ハイおしまい」

P「うん、じゃあそろそろ仕事するか」

マキノ「無理しないでね、私も手伝うから」

41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/09(金) 21:14:42.95 ID:V7AFMXQO0
P「.....」カタカタ...

マキノ「.....」カタカタ...



P「よし、これでいいかな」

マキノ「ちょっと確認してもらえる?」

P「どれどれ....うん、大丈夫だ」

マキノ「じゃあこれでおしまいね」

P「ああ、どうもありがとう」

マキノ「なにか夜食でも作りましょうか?」

P「いいよ、それよりも眠くなってきた....」

マキノ「寝てしまって構わないわ、私は明日の用意をするからベッドに行ってて」

P「ああ、そうさせてもらうよ」

42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/09(金) 21:34:54.42 ID:V7AFMXQO0
マキノ「お弁当、書類、スーツ....」

マキノ「これでよし....」

マキノ「盗聴器、隠しカメラも特になし....」

マキノ「大丈夫ね、じゃあ私も寝ようかしら...」



マキノ「お待た...」

P「Zzz....」

マキノ「疲れてたのね.....」

マキノ「起こさないようにしないと......」モゾモゾ....

P「Zzz....」

マキノ「....」ジーッ


チュッ


マキノ「まあ、これくらいはね....」

44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/09(金) 21:48:23.27 ID:V7AFMXQO0
P「うぅ~ん、マキノ...」

マキノ「あら、起こしたかしら?」

P「うぅぅ....」


モミッ!


マキノ「ひゃっ...」

P「うーん....」モミモミ...

マキノ「も、もう、仕方ないわね...」ギュッ

P「Zzz...」





マキノ「お疲れ様、そして....おやすみなさい....」チュッ





おわり