1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 19:07:45.78 ID:PR8HxrYwo

――ある帝国の城――

大臣「陛下、隣国の女帝は着々と軍備を整え、いつ我が国に攻め込んできてもおかしくない状況です」

大臣「こちらとしても、何らかの手を打ちませんと……今のままでは確実に我が国は敗北します」

皇帝「分かっておる。しかし、軍備を整えるにせよ和解するにせよ、まずは資金をかき集めねばならん」

大臣「おおっ、つまり増税や産業の活性化を!?」

皇帝「いや、そんな暇はあるまい。もっと手っ取り早く金を稼がねばならん」

大臣「その通りです……が、何か手立てはあるのですか?」

皇帝「朕朕詐欺をやろう」

大臣「ハァ!?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1459073265

引用元: 皇帝「朕朕詐欺をやろう」 


 

最近のライトノベル(2015)
BCCKS Distribution (2016-03-24)
売り上げランキング: 2,678
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 19:09:33.15 ID:PR8HxrYwo

大臣「朕朕詐欺って……まさか俺俺詐欺の皇帝バージョン!?」

皇帝「電話を用意せよ」

大臣「ど、どうぞ」サッ

皇帝「……」ピッポッパッ

皇帝「あーもしもし、朕、朕だけどさ、今事故っちゃって、示談金を払わなきゃいけなくなったんだ!」

皇帝「だからお金を――」

相手『ふざけんな!』ガチャッ

皇帝「……」ツー…ツー…

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 19:11:28.83 ID:PR8HxrYwo

皇帝「もしもし? 朕だけど――」

『間に合ってます』ガチャッ

皇帝「朕、朕だけど……」

『今時振り込め詐欺もないでしょうよ』ガチャッ

皇帝「朕の口座に100万ゴールドほど振り込んで――」

『死ねボケ!』ガチャッ

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 19:13:10.30 ID:PR8HxrYwo

皇帝「どうしよう……誰も騙されんぞ」

大臣「そりゃそうでしょうよ」

大臣「こうしてる間にも、女帝は軍を率いて攻め込んでくるかもしれないのです! 他の手立てを――」

皇帝「なるほど、妙案を思いついたぞ!」

大臣「妙案ですって!? どんな!?」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 19:14:22.91 ID:PR8HxrYwo

皇帝「女帝に直接朕朕詐欺をすればいい! そうすればあいつから資金を引き出せるし、一石二鳥だ」

大臣「ハァ!?」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 19:16:08.23 ID:PR8HxrYwo

大臣「ちょっ、本気でやるつもりですか!? んなことしたら、下手すりゃ戦争に――」

皇帝「……」ピッポッパッ

皇帝「……」プルルルル…



――



女帝「はい、もしもし」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 19:17:34.02 ID:PR8HxrYwo

皇帝「あ、女帝?」



――



女帝(この声は隣国の皇帝!)

女帝「わらわになんの用じゃ? 我が国の軍備拡張を恐れて、ようやくわらわに服従する気になったのか?」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 19:19:50.13 ID:PR8HxrYwo

皇帝「えぇと用件ってのは――」

大臣「やめて下さい! 戦争になっちゃいますよ!」ガシッ

皇帝「うわっ! 何をする!」



――



女帝「なんじゃ? よく聞こえんぞ、ちゃんと喋れ」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 19:22:21.91 ID:PR8HxrYwo

皇帝「朕の声聞こえる? 朕、朕なんだけど、お前の軍資金から100万ゴールドほど欲しいんだ」ドタバタ

大臣「受話器を置いて下さい!」ドタバタ



――



女帝「!!!」ドッキーン

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 19:27:08.06 ID:PR8HxrYwo

朕の……ドタバタ……朕朕……ドタバタ……お前の……ドタバタ……万……ドタバタ……欲しい……





チンノ……チンチン……オマエノ……マン……ホシイ……





女帝「おぬし……ようやくわらわの気持ちに気づいたのじゃな!?」

女帝「分かった! 明日にでもわらわはおぬしのもとに嫁ぎ、わらわの初めてをくれてやろう!」

女帝「おぬしも勝負パンツを用意しておけよ!」ガチャッ

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 19:28:24.54 ID:PR8HxrYwo

皇帝「……切られた」

大臣「当たり前ですよ! ところで女帝は何と言ってたんですか? まさか戦争……!?」

皇帝「おぬしに嫁ぎ、わらわの初めてをくれてやる、とか言ってた」

大臣「ハァ!?」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 19:31:36.15 ID:PR8HxrYwo

女帝「諸君、わらわは決めたぞ」

女帝「わらわは隣国に攻め込むのをやめ、皇帝の妻になることになった。それを受け、明日より両国は合併する」

側近「なんですって!?」

側近「まさか、近年軍備拡張を進めていたのは、隣国の皇帝を屈服させ結婚するためだったのですか!?」

女帝「その通りだが?」

側近「そんなスイーツな理由で、軍備を拡張したり、勝手に国同士の合併を決めるなんて……」

側近「やっぱり貴方は最高です!」

女帝「当然じゃ」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 19:34:01.08 ID:PR8HxrYwo

次の日、両国の国境で盛大な結婚式が行われる事になった。

皇帝「どうして朕とお前が結婚することになったの?」

女帝「また白々しいことを! おぬしがわらわにプロポーズしたのではないか! あんなにも露骨に!」

皇帝「したっけ? ……まあいいけど」

女帝「今夜は激しくし、て、ね」



この歴史的な事件の発端が“朕朕詐欺”であったことは、あらゆる歴史書に記録され――るわけがなかった。





―完―