1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 02:34:59.96 ID:XLx9qu2B0
エレン「進撃したくない」

ジャン「なんで」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1375810499

引用元: エレン「進撃したくない」 


 

進撃の巨人 Before the fall(8) (シリウスKC)
士貴 智志
講談社 (2016-04-08)
売り上げランキング: 1,564
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 02:35:25.02 ID:XLx9qu2B0
エレン「俺って人間じゃん」

ジャン「半分くらいは」

エレン「それ気にしてるから」

ジャン「ごめん」

エレン「許す」

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 02:36:02.96 ID:XLx9qu2B0
エレン「俺って巨人じゃん」

ジャン「どっちなんだよお前は」

エレン「だから半分なんだって」

ジャン「お、おう…」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 02:36:59.89 ID:XLx9qu2B0
ネタバレと自分のちょっとした考察?とかがはいってます

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 02:37:35.42 ID:XLx9qu2B0
エレン「鎧の巨人も超大型もたぶん俺みたいな感じじゃん」

ジャン「アルミンも言ってたな」

エレン「普通の巨人もさ、自我がないだけでもとは人間なんじゃねえの」

ジャン「怖いな」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 02:38:27.49 ID:XLx9qu2B0
エレン「仮にさ、巨人イコール人間だとすんじゃん」

ジャン「やだなー」

エレン「俺も」

ジャン「で?」

エレン「俺はまだ討伐数ゼロだけどさ、巨人体の時にけっこう駆逐したんさ」

ジャン「ぱない」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 02:39:10.77 ID:XLx9qu2B0
エレン「俺って人殺し?」

ジャン「そうくるんか」

エレン「超気になる」

ジャン「病んでるなあ」

エレン「アドバイスプリーズ」

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 02:40:06.49 ID:XLx9qu2B0
ジャン「気にしなくていいんじゃねえの」

エレン「適当だなー」

ジャン「考えたって」

エレン「少ないおつむで」

ジャン「むかつく」

エレン「ごめん」

ジャン「許す」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 02:40:45.01 ID:XLx9qu2B0
そういえばそうだった 

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 02:42:26.59 ID:XLx9qu2B0
ジャン「人類が巨人に攻撃されてんのは事実じゃん」

エレン「覆んねえわ」

ジャン「俺らだって仲間殺されたし」

エレン「確かに」

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 02:43:05.01 ID:XLx9qu2B0
ジャン「あとさあ」

エレン「うん」

ジャン「お前トロスト区奪還のときにミカサ攻撃しただろ」

エレン「らしいな」

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 02:44:04.80 ID:XLx9qu2B0
ジャン「お前が攻撃したかったわけじゃねえだろ?」

エレン「そりゃな」

ジャン「なんつったらいいのかな」

エレン「考えろ考えろ」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 02:44:43.48 ID:XLx9qu2B0
ジャン「つまりな、もし巨人がもとは普通の人間だったとして」

エレン「…」

ジャン「人間食いたいとか思わねえだろ」

エレン「…」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 02:45:19.18 ID:XLx9qu2B0
ジャン「やっぱ早く[ピーーー]べきなんじゃねえかと思う」

エレン「…」

ジャン「俺たちの自由もだけど、元のヤツのためにもさ」

エレン「…そっか」

ジャン「うわ泣くなよきもいな」

エレン「うっせ」

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 02:46:18.58 ID:XLx9qu2B0
修正

ジャン「やっぱ早くしなせるべきなんじゃねえかと思う」

エレン「…」

ジャン「俺たちの自由もだけど、元のヤツのためにもさ」

エレン「…そっか」

ジャン「うわ泣くなよきもいな」

エレン「うっせ」

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 02:47:03.04 ID:XLx9qu2B0
つぎ



アニ「進撃したくない」

ベトフ「なんで」

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 02:49:09.13 ID:XLx9qu2B0
アニ「ミーナをみたの」

ベトフ「痛々しかった」

アニ「うん」

19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 02:49:42.31 ID:XLx9qu2B0
アニ「同期がいっぱいいなくなったの」

ベトフ「静かになったよね」

アニ「うん」

20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 02:50:38.18 ID:XLx9qu2B0
アニ「初めて人をあやめてるのを実感してしまった」

ベトフ「遅くない?」

アニ「蹴るぞ」ゲシッ

ベトフ「もう蹴ってるし痛いし」

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 02:51:24.03 ID:XLx9qu2B0
アニ「つらい」

ベトフ「だからあんまり深入りしないようにって言ったのに」

アニ「私もだけどライナーとか末期だよね」

ベトフ「つらい」

アニ「つらい」

22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 02:52:05.94 ID:XLx9qu2B0
アニ「作戦って決行しなきゃだめ?」

ベトフ「だめだよ」

アニ「だよね」

23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 02:53:20.08 ID:XLx9qu2B0
アニ「アンタは大きいからいいけどさ」

ベトフ「大きさ関係ある?」

アニ「私なんか必要なら叩きつぶさなきゃいけないんだから」

ベトフ「蹴ればいいじゃん、得意でしょそういうの」

アニ「お前をか」ゲシッ

ベトフ「ごめんて」

アニ「許す」

24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 02:54:08.42 ID:XLx9qu2B0
アニ「提案があります」

ライナ「作戦やめない?」

ベルアニ「どこから沸いて出た」

25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 02:54:46.07 ID:XLx9qu2B0
ベトフ「作戦やめるとか、故郷帰れないよ」

ライナ「それは困る」

ベトフ「でしょ?」

ライナ「うん」

ベトフ「じゃあやらなきゃダメでしょ?」

ライナ「…そうだな」

26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 02:55:32.86 ID:XLx9qu2B0
ベトフ「ってことでよろしくアニ」

アニ「まじか」

ライナ「頼んだぞ」

27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 02:56:07.94 ID:XLx9qu2B0
アニ「やだなあ」

28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 02:56:47.82 ID:XLx9qu2B0
つぎ

ライナー「進撃したくない」

エレン「はあ?」


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 02:57:33.37 ID:XLx9qu2B0
ライナ「だって皆良い奴なんだもん」

エレン「もんっていうなきもい」

ライナ「いやあ…だってさあ…」

エレン「お前も良い奴だと思ってた俺の気持ちな」

ライナ「謝るわ」

エレン「許さん」

ライナ「おう」

30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 02:59:55.56 ID:XLx9qu2B0
ライナ「聞いてくれよ」

エレン「よかろう」

31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 03:00:24.42 ID:XLx9qu2B0
ライナ「故郷帰りたいんだよ」

エレン「ずっと言ってるよな」

ライナ「でももう進撃したくねえんだよ」

エレン「ふざけんなや」

32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 03:01:10.87 ID:XLx9qu2B0
エレン「つーかお前の故郷ってどこなの」

ライナ「はあ?そりゃおめえ…」

エレン「おう」

ライナ「…どこだよ」

エレン「知るか」

33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 03:01:57.27 ID:XLx9qu2B0
エレン「なんなのお前」

ライナ「ちょっと待って今混乱してるから」

エレン「はあ?」

ライナ「怖くなってきた」

エレン「そうかよ」

34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 03:02:46.07 ID:XLx9qu2B0
ライナ「あれ?じゃあ俺ってどこでクリスタと暮らせばいいんだ」

エレン「なんでクリスタが出てくるんだよ」

ライナ「結婚するんだよ」

エレン「は?」

ライナ「皆呼んでやるよ」

エレン「皆って?」

35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 03:03:51.48 ID:XLx9qu2B0
ライナ「同期みんなだろ」

エレン「来ると思うのか?」

ライナ「手配とかはマルコに手伝ってもらいたかったなあ」

エレン「…」

ライナ「ハンナやフランツもさすがに結婚はまだだったから、同期で俺らが一番だな」

エレン「…何言ってんだお前」


36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 03:04:25.34 ID:XLx9qu2B0
ライナ「はあ…そのためにも早く故郷に帰りてえなあ」

エレン「頭おかしいんじゃねえの」

37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 03:05:03.68 ID:XLx9qu2B0
つぎ

ベトフ「進撃したくない」

ユミル「興味ねえわ」


38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 03:05:55.98 ID:XLx9qu2B0
ベトフ「酷くない?」

ユミル「だってほんとにどうでもいい」

ベトフ「君の命もかかってるんじゃないの」

ユミル「…」

39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 03:06:32.46 ID:XLx9qu2B0
ユミル「ベルトルちゃんはなんで進撃したくないんでちゅか」

ベトフ「うざ」

ユミル「ハハ」

40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 03:07:39.96 ID:XLx9qu2B0
ユミル「お前の行動に理由とかあんの」

ベトフ「ないわけないじゃん」

ユミル「じゃあ何でだよ、言ってみろ」

ベトフ「…」

ユミル「ホラな」

41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 03:08:19.20 ID:XLx9qu2B0
ベトフ「なんでかな」

ベトフ「アニとライナーがどっか行っちゃったからかな」

ベトフ「僕は寂しいのかな」

ベトフ「それとも疲れただけなのかな」

42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 03:09:14.87 ID:XLx9qu2B0
ユミル「べつにライナーは近くにいるだろ」

ベトフ「…いないんだよ」

ユミル「いるだろホラ、エレンと話してる」

ベトフ「あれは僕の知ってるライナーじゃないよ」

ユミル「きも」

ベトフ「いきなり?」

43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 03:09:52.04 ID:XLx9qu2B0
ユミル「女々しい」

ベトフ「ガタイは良い方だ」

ユミル「そういう事じゃない」

ベトフ「性格もべつに女々しくないし」

ユミル「じゃあ弱いだけか」

ベトフ「…弱いのかなあ」

44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 03:10:41.52 ID:XLx9qu2B0
ベトフ「ユミルより強いんじゃないかな」

ユミル「なめんな」

ベトフ「でもクリスタ居ないとだめじゃん」

ユミル「私達は相思相愛だから近くにいなくても生きてりゃいいんだよ」

ベトフ「きも」

ユミル「ざけんな」

45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 03:11:46.86 ID:XLx9qu2B0
ベトフ「全部僕たちのせいなんだろうね」

ユミル「何が?クリスタがいないことが?そらお前らのせいさ」

ベトフ「やっぱ気にしてるんだ」

ユミル「まあな」

ベトフ「ごめんね」

ユミル「許さん」

ベトフ「あはは」

46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 03:13:00.75 ID:XLx9qu2B0
つづき

ユミル「私は進撃しない」

ベトフ「なんで?」


47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 03:14:20.34 ID:XLx9qu2B0
ユミル「それよりクリスタとずっといたい」

ベトフ「ぶれないね」

ユミル「まあな」

48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 03:15:52.48 ID:XLx9qu2B0
ベトフ「僕もライナーとアニとずっといたかったなあ」

ユミル「ぶれないな」

ベトフ「うん」


49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 03:17:15.71 ID:XLx9qu2B0
ベトフ「もう無理かな」

ユミル「さあ」

ベトフ「無理かなあ…」

ユミル「泣くなよめんどくさいな」

ベトフ「ライナーはあんなだし、アニもつらそうだった」

50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 03:18:07.26 ID:XLx9qu2B0
ベトフ「こんなことするべきじゃなかったのかな」

ユミル「知らねえよ」

ベトフ「あのときやめてたら良かったのかな」

ユミル「あのときっていつだよ」

51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 03:19:18.82 ID:XLx9qu2B0
ユミル「結果は誰もわかんねんだ」

ベトフ「生きにくい」

ユミル「これからは、せいぜいよく考えるんだな」

ベトフ「ないおつむで」

ユミル「自覚してんのか」

52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 03:21:22.66 ID:XLx9qu2B0
エレン「きいたことある台詞」

ユミル「すっこんでろ」

53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 03:24:07.65 ID:XLx9qu2B0
ベトフ「でももう決めてるんだ」

ユミル「私のアドバイスの意味」

ベトフ「だってもう引き返せないじゃん」

ユミル「まあなー」

54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 03:25:47.15 ID:XLx9qu2B0
ベトフ「僕は進撃するよ」

55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 03:32:27.97 ID:XLx9qu2B0
蛇足になりそうでこわいけど、おまけ


エレン「俺は進撃する」

ジャン「やっと泣きやんだと思ったら」

エレン「決めた」

ジャン「それでこそ死に急ぎ野郎」

エレン「うっぜ」

56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 03:33:51.28 ID:XLx9qu2B0
エレン「こんなこというのもどうかと思うけど」

エレン「…俺さあ、実は人ころしたことあるんだ」

ジャン「聞いたって」

エレン「巨人じゃなくて」

ジャン「マジかよ…クレイジーだな…半径20センチ以内に近寄んな」

エレン「ミカサ助けるためにだったけど」

ジャン「全面的に許す」

エレン「お前に許されてもなあ」

57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 03:34:21.72 ID:XLx9qu2B0
エレン「ちょっとしたトラウマだわ」

ジャン「勝ったお前がか」

エレン「子供だから」

58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 03:35:09.29 ID:XLx9qu2B0
ジャン「まあ、ほら、なんとかの最大幸福の最大多数とかいうから」

エレン「あーあれ」

ジャン「あれあれ」

エレン「最大幸福ね」

ジャン「ほんとにわかってんのかコイツ」

59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 03:37:05.17 ID:XLx9qu2B0
ジャン「あれだよ、一部の犠牲で多くが幸せになる…みたいなやつ」

エレン「へえ、お前も詳しくないんじゃねえか」

ジャン「う…アルミンに聞けばもっと詳しいんじゃねえの」

エレン「マジかよ、聞きにいこうぜ」

ジャン「いいぜ」

エレン「どうせだから競争しよう」

ジャン「おし…よーい、」



おわり