1: ◆juyLLdML1mbY 2016/03/27(日) 10:19:50.47 ID:h8teuTgN0
幸子「飛鳥さんはボクがボクをボクと呼ぶことが気にいらない」

幸子「と、仮定します」

飛鳥「まったくそう思ったことはないけれどね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1459041590

引用元: 幸子「飛鳥さんはボクがボクをボクと呼ぶことが気にいらない」 


 

2: ◆juyLLdML1mbY 2016/03/27(日) 10:25:36.02 ID:h8teuTgN0
幸子「いえいえ!飛鳥さんとボクは同い年で同じ事務所に所属するアイドルです!」

幸子「それなのにお互い一人称がボクっ子という深刻なキャラかぶりまでしているボクを快く思っていないとしてみましょう!」

飛鳥「幸子、ボクが思うにキミとボクはあまりキャラはかぶっていないように感じるよ」

飛鳥「それに、キミがキミをどう呼ぼうと、ボクがボクをどう呼ぼうが自由というものさ」

幸子「あくまで仮定の話ですよ!」

3: ◆juyLLdML1mbY 2016/03/27(日) 10:30:02.31 ID:h8teuTgN0
飛鳥「今ひとつ話が見えて来ないな……」

幸子「ここから先も仮定の話ですが」

幸子「ある日ボクのことが気に食わない飛鳥さんが、ひと気のない物陰でボクと二人きりになったとしましょう」

飛鳥「かなりレアなシチュエーションだね」

幸子「それで、日頃からボクがボクをボクと呼ぶことに対してイラついてきていた飛鳥さんが突然ボクにこう言うわけですよ!」

4: ◆juyLLdML1mbY 2016/03/27(日) 10:40:03.01 ID:h8teuTgN0
幸子「『キミのそれはボクに対する当て付けかい?』壁ドン!」

幸子「…と言う感じに壁に押し当てられて睨まれるんです!!」

幸子「これっ!すごくイイと思いませんか!?」ふんすっふんすっ

飛鳥「いや、良いかどうかとボクに言われても…

輝子「フフ…!飛鳥ちゃんの壁ドン、イイと思うよ…!」のそっ

乃々「もりくぼテンション上がってきました」のそっ

飛鳥「…居たのかい、二人とも」

5: ◆juyLLdML1mbY 2016/03/27(日) 10:45:36.89 ID:h8teuTgN0
乃々「はい。机の下に」のそのそ

輝子「ずっと、い、いた」もぞもぞ

飛鳥「また戻るのかい?」

乃々「こっちの方が落ち着くので」

輝子「そ、それよりも、幸子ちゃんの考えた飛鳥ちゃんの壁ドン…アリだと思った」

幸子「ですよね!!」

飛鳥「有りか無しで言われてもね…」

6: ◆juyLLdML1mbY 2016/03/27(日) 10:55:52.16 ID:h8teuTgN0
幸子「手首とかも掴んで抑えつけられてて、もう逃げられない状況なわけなんですよっ!!」きゃっきゃ

乃々「それで、顔と顔の距離も近いわけですよね…!」ふんふんっ

輝子「股ドンも追加で…!!」ゾクゾクっ

飛鳥「盛り上がっているところ恐縮だが、キミたちはボクをなんだと思っているんだい?」

幸子「なんでしょう!?一番カッコイイアイドルって感じですかね!?」

輝子「同じボクっ子でも…幸子ちゃんとは雰囲気違う…」

8: ◆juyLLdML1mbY 2016/03/27(日) 11:06:06.29 ID:h8teuTgN0
飛鳥「同じ一人称でも雰囲気が違うとするなら、話の前提が破綻しているよ」

幸子「そこはいいんです!妄想設定なのでっ!」

乃々「飛鳥ちゃん、イケメン感あると思うんですけど…」

飛鳥「イケメンと言われてもね」

幸子「飛鳥さん。いえ、この場では飛鳥くんと呼ばせてもらいましょう!」

飛鳥「ついにくん付けかい?」

9: ◆juyLLdML1mbY 2016/03/27(日) 11:12:12.52 ID:h8teuTgN0
輝子「あ、飛鳥…くんっ!」

乃々「イイと思うんですけど…飛鳥くんって呼び方っ」

飛鳥「これを気に入られてもね」

幸子「飛鳥くんは飛鳥くんって呼び方、気に入りませんか?」

飛鳥「……まあ、慣れていると言えば慣れているよ」

10: ◆juyLLdML1mbY 2016/03/27(日) 11:16:26.68 ID:h8teuTgN0
輝子「慣れてる…?」

飛鳥「ああ、学校ではそう呼ばれることもあるからね」

幸子「なんと!すでにそう呼ばれてらっしゃいましたか!」

飛鳥「何故だかボクの周りの女の子たちからはそう呼ばれているよ」

乃々「みんな、考えることは同じらしいんですけど…」

幸子「先をこされてしまっていましたかー!」

11: ◆juyLLdML1mbY 2016/03/27(日) 11:22:37.79 ID:h8teuTgN0
輝子「先駆者が、い、いた…」

幸子「残念ですねえ。この呼び方を飛鳥くんが気に入らなかった場合は、それこそ壁ドンチャンスだったんですがっ!」

乃々「幸子ちゃん…策士なんですけどっ」

飛鳥「そこまでボクからの壁ドンにこだわられてもね」

幸子「一度考えてしまったら、もうドキドキですよっ!」

13: ◆juyLLdML1mbY 2016/03/27(日) 11:36:00.05 ID:h8teuTgN0
飛鳥「……そういうものなのかい?」

幸子「そうですとも!皆さんも飛鳥くんに言ってもらいたいセリフやシチュエーションありますよね!?」

輝子「私は…同じ壁ドンでも、もう少し乱暴でも、い、イイと思った…」

幸子「ほう!どんな感じですか!?」

輝子「『キミのその態度、すごくイライラさせられるよ…!』壁ドン!」

輝子「ヒャッハー!!こ、これぐらいの方がテンション上がるぜェーーーーッッ!!」ガタッ

飛鳥「…夢を壊すようだけど、その勢いで来られたらボクの方が逃げ出すと思うよ」

14: ◆juyLLdML1mbY 2016/03/27(日) 11:45:38.68 ID:h8teuTgN0
幸子「なるほど!ワイルドな飛鳥くんもイイですねー!」

輝子「飛鳥くんにこんな壁ドンされたらゾクゾクするぜェ……!!」ゾクゾク

乃々「もりくぼは逆ですね。もうちょっと優しくされる方が好みですけど…」

飛鳥「好みを言われても、それはまた挨拶に困るね」

幸子「まあ聞いてみましょうよ!乃々さん、どんな感じですか?」

乃々「もりくぼ的には顎クイがあってもイイと思うんですけど…!」

幸子「おおっ!」

15: ◆juyLLdML1mbY 2016/03/27(日) 11:50:48.77 ID:h8teuTgN0
乃々「シチュエーションは壁ドンじゃなくてもいいですけど」

乃々「ただ、飛鳥くんと話しをする時に私が目を逸らそうとするわけじゃないですかっ」

幸子「そうなるでしょうね」

乃々「そんな時に、飛鳥くんがもりくぼの顎に手を触れて『ボクの目を見ながら話すんだ』顎クイッ」

乃々「みたいな感じで!」ふんすっ

幸子・輝子「おお~~っ!」パチパチパチパチ

乃々「そんなの見つめ返せるわけがないんですけどっ!!」ドキドキ

16: ◆juyLLdML1mbY 2016/03/27(日) 11:59:55.02 ID:h8teuTgN0
幸子「やりますねぇ乃々さん!」

輝子「フヒヒ、フハハッ!ボノノさんハンパねぇぜ!!」

乃々「もりくぼ大興奮です」

飛鳥「過剰な期待と言うか、褒め殺しが過ぎるよ。ボクはそこまでできやしないさ」

幸子「いいんです!あくまでボクたちの妄想なのでっ!」

飛鳥「それを本人の前でやられてもなぁ…」

23: ◆juyLLdML1mbY 2016/03/27(日) 23:34:01.04 ID:h8teuTgN0
幸子「飛鳥くん」

飛鳥「なんだい幸子?」

幸子「ちょっとボクに壁ドンしてみませんか?」

飛鳥「普通この話の流れで本人に要求するかい?」

飛鳥「あくまで妄想の中だけのはずだろう」

幸子「すみません。飛鳥くん本人を前にこんな話をしてたら、ついやって欲しくなっちゃいました!」

24: ◆juyLLdML1mbY 2016/03/27(日) 23:41:45.12 ID:h8teuTgN0
乃々「もりくぼ、めっちゃ見たいんですけどっ!」わくわく

輝子「飛鳥くんの…生壁ドン…!」ドキドキ

飛鳥「生壁ドンって表現やめようか?」

幸子「皆さん期待してらっしゃいますよ飛鳥くんっ!」

輝子「フヒヒ、壁ドン…されるのも楽しそうだけど、み、見るのもいい…」

乃々「飛鳥くん、一回だけでいいですから…」

飛鳥「やれやれ。オーディエンスに期待されると弱いね、まったく」はぁ

25: ◆juyLLdML1mbY 2016/03/27(日) 23:48:30.89 ID:h8teuTgN0
幸子「や、やってくれるんですかっ!?」

飛鳥「今回だけだよ、幸子」

幸子「うはー!めちゃくちゃ嬉しいです飛鳥くんっ!ありがとうございますっ!」

乃々「いいですね、幸子ちゃん」

輝子「言い出しっぺの、特権…」

飛鳥「やれやれ、ボクだって照れるんだ。手早く済まそう」

幸子「ヤバイです!なんかドキドキしてきましたよーっ!」ドキドキ

26: ◆juyLLdML1mbY 2016/03/27(日) 23:57:58.20 ID:h8teuTgN0
飛鳥「壁ドン…か。そこの壁ぎわで構わないかな?」

飛鳥「幸子、こっちにおいでよ」

幸子「あ、今のセリフでもうなんかヤバイですね!」きゅーん

飛鳥「ん、ええと、こう、かな?手首を掴むのが好き、と言っていたかい?」ぐいっ

幸子「はわわわわっ!はわわっ!」ドキドキ

飛鳥「幸子、痛かった言ってくれよ?」

幸子「いえいえ!む、むしろ痛いくらいのほうがっ!」

飛鳥「勘弁してくれないか…」

輝子「幸子ちゃん…パニクってわけわからないこと口走ってる…フヒッ」

29: ◆juyLLdML1mbY 2016/03/28(月) 00:09:49.47 ID:wWFldUcH0
飛鳥「それでは幸子、いくよ?」

幸子「ひっ、いっ、いつでもどうぞっ!」バクンバクン

飛鳥「セリフのリクエストはあるかい?」

幸子「おおおお、おまかせコースでお願いしますっ!」ぎゅっ

飛鳥「わかった……」


輝子「わくわくしますねボノノさん…」ニヤニヤ

乃々「見てるだけでも楽しいです、キノコさん」にへー

30: ◆juyLLdML1mbY 2016/03/28(月) 00:16:22.67 ID:wWFldUcH0
飛鳥「幸子、キミは自分のことをボクと言うらしいね?」壁ドン!

幸子「は、はひっ!」ドキドキ

飛鳥「それはボクと出会う前から?」ぐっ

幸子「そ、そそ、そうでふっ!」ぎゅぅ

飛鳥「ねえ幸子…キミが自分のことをボクと呼ぶこと。ボクはすごく好きだよ」

幸子「ひゃいっ!?」びくんっ

飛鳥「目を開けて、ボクを見て幸子」顎くいっ

幸子「はわわわわっ!あわっ、ひゃわぁ~~!」ドキドキドキドキ

飛鳥「これからもボクと友達でいてくれるかい?」にこっ

幸子「はぁぁ~~っ!はいっ!もちろんですっ!飛鳥様ぁ!」キラキラキラキラ

飛鳥「さ、様!?」

32: ◆juyLLdML1mbY 2016/03/28(月) 00:25:31.59 ID:wWFldUcH0
幸子「飛鳥様っ!ボクのことをこれからもよろしくお願いしますっ!」

飛鳥「ま、待ってくれ幸子。さすがに様付けで呼ばれるのは、ちょっと…」

乃々「イイですねぇ、幸子ちゃん…飛鳥様に壁ドンと顎クイまで…」

小梅「み、見てて、す、すっごく、ドキドキ…したっ」ドキドキ

輝子「フヒヒッ!飛鳥様もけっこうノリがイイぜェー!」

蘭子「うむ。私の盟友はまさしく王子のごとき風格ぞ!(飛鳥ちゃん王子様みたいだったよ!)」

飛鳥「ん、んん?どっ、どうしてオーディエンスが増えているんだい!?」かぁぁ

33: ◆juyLLdML1mbY 2016/03/28(月) 00:35:52.21 ID:wWFldUcH0
小梅「え、えへへ…飛鳥ちゃ、じゃなかった、飛鳥様が幸子ちゃんを壁ぎわに連れていったあたり、から、居た…よ?」

蘭子「一切すべてを私の魔眼がとらえたり!(全部見ちゃった)」

飛鳥「あ、あぅ、あ、いや、これはだね?」あせあせ

幸子「飛鳥様が壁ドンしてくれましたよーーっ!きゃーっ!」ぴょんぴょん!

小梅「良かったね、幸子ちゃん」にこにこ

蘭子「飛鳥も顔が鬼灯のごとし!(飛鳥ちゃんも顔真っ赤だったね)」

飛鳥「そういう遊びなんだっ!」かぁぁ

34: ◆juyLLdML1mbY 2016/03/28(月) 00:46:34.47 ID:wWFldUcH0
輝子「飛鳥様、次は私もっ!」しゅばっ

乃々「もりくぼもお願いしたいんですけどっ!」わくわく

飛鳥「ボクはもうやらない…」

幸子「まあまあそう言わず!飛鳥様、すごくカッコ良かったですよ!ボク感激しちゃいましたよー!」

飛鳥「そう言われてもな…」

蘭子「私も…飛鳥ちゃんと遊びたいっ」

小梅「え、えへへ、それなら、私も混ぜて欲しい、な…」

飛鳥「うう、キミたちまで…」

40: ◆juyLLdML1mbY 2016/03/28(月) 20:06:05.05 ID:wWFldUcH0
飛鳥「壁ドンごっこはさっきの一回きりでおしまいさ。これ以上はさすがにボクも照れてせきそうにない」

乃々「残念ですけど…」しゅん

幸子「フフーン、ではこうしましょう!」

小梅「ど、どうするの幸子ちゃん?」

幸子「壁ドンはここまでにしまして、それ以外で飛鳥様にしてもらいたいことや言ってもらいたいセリフを考察してみましょう!」

輝子「イイねぇ…!!新しく来た二人にも何かアイディア出してもらおうぜぇーー!」

飛鳥「…もうどうにでもなれ、さ」

41: ◆juyLLdML1mbY 2016/03/28(月) 20:19:10.40 ID:wWFldUcH0
蘭子「それなら、その、もっと飛鳥ちゃんが可愛くなるようなのがいいです」

幸子「おっと、飛鳥様のカッコイイ路線ではなく、カワイイ方面でのシチュエーションですか?」

蘭子「うん。さっきの真っ赤になった飛鳥ちゃんが可愛かったから…」

乃々「おお、可愛い飛鳥様もアリなんですけど…」

小梅「わ、私も飛鳥様はカッコ良くて可愛いと、お、思うよ」

飛鳥「キミたちは完全にボクをオモチャにする気だよね?」

43: ◆juyLLdML1mbY 2016/03/28(月) 20:25:57.12 ID:wWFldUcH0
幸子「飛鳥様がカワイイシチュエーション。どんな場面でしょうね?」

輝子「飛鳥様、普段からクールだから…フヒ」

蘭子「たとえば…飛鳥ちゃんのわき腹を急にくすぐってみたいです」

幸子「く、くすぐる?」

蘭子「うん。急にくすぐって、それで『ひゃふっ』とか飛鳥ちゃんが言ったら可愛いなって思って…」

幸子「おお!いつもクールな飛鳥様がそんな声を上げたらカワイイですねえ!」

飛鳥「そんな議論を目の前でされるボクをクールと称されてもね」

44: ◆juyLLdML1mbY 2016/03/28(月) 20:32:22.02 ID:wWFldUcH0
乃々「で、では、そういうわけなんで、飛鳥様…」

輝子「フヒッ、く、くすぐっていい?」

飛鳥「そんなわけで、と言われてもな」

飛鳥「それにボクはそれ程くすぐったがるタイプでもないんだよ」

蘭子「そうなんだ…残念」しゅん

幸子「見てみたかったですね。変な声が出てしまう飛鳥様」

飛鳥「やれやれ。ボクをオモチャにするのもそろそろ…

幸子「えいっ」こちょこちょ!

45: ◆juyLLdML1mbY 2016/03/28(月) 20:38:49.73 ID:wWFldUcH0
幸子「隙ありですよー!飛鳥様っ!」こちょこちょこちょ

飛鳥「…あー、幸子?」

幸子「…あ、あれ?」こちょこちょこちょこちょ

飛鳥「本当にくすぐられるとはね」

幸子「あれー!?ホントにくすぐり効かないんですか飛鳥様!?」こちょこちょ

飛鳥「だから言ったろう?ボクはくすぐったがらないタイプの人間だって」

幸子「ほ、ホントに効かないんですか?まったく!?」こちょこちょ

飛鳥「ああ。まったく」

46: ◆juyLLdML1mbY 2016/03/28(月) 20:43:16.51 ID:wWFldUcH0
幸子「ううっ、実は弱いというパターンを期待したのですが…」すっ

飛鳥「おっと、待った幸子」がしっ

幸子「ひょえっ!?」

飛鳥「効かないとは言え、ボクの許可なく不意打ちでくすぐるなんて酷いじゃないか」にこにこ

幸子「えっ!?あ、はい、すみません…」

飛鳥「だから、これは仕返しだよ」にこっ

幸子「へっ!?」

飛鳥「それっ」こちょこちょこちょこちょ

幸子「ひゃっ!はふっ!?だ、ダメです飛鳥様ぁ!はっ、アハハハハッ!」バタバタ

47: ◆juyLLdML1mbY 2016/03/28(月) 20:49:40.48 ID:wWFldUcH0
飛鳥「へぇ。幸子はくすぐりに弱いみたいだね」こちょこちょこちょこちょ

幸子「ひゃはははははっ!ダメっ!ダメなんですボクっ!く、くすぐりだけはー!あ、あははははっ!」バタバタ

輝子「フヒヒ、大丈夫幸子ちゃん?」こちょこちょ

幸子「あぁーーっ!しょ、輝子さんっ!わきはダメでずーーっ!」バタバタバタバタ

蘭子「これは妖精の仕業ぞ!(こちょこちょ~)」こちょこちょこちょこちょ

乃々「幸子ちゃんすごいくすぐり効いてるんですけど…」こちょこちょこちょこちょ

小梅「あ、足はどう、かな?」こちょこちょこちょこちょ

幸子「あ゛、あ゛ーーっ!皆さんダメでずーーっ!ふひゃひゃひゃひゃひゃひゃ!!」バタバタバタバタ

飛鳥「フッ、ボクで遊んだお仕置きさ」がっちり

幸子「あ゛~~~~っ!!ひひひひひっ!ひゃは~~っ!!」バタバタ

48: ◆juyLLdML1mbY 2016/03/28(月) 20:59:22.79 ID:wWFldUcH0
幸子「ぜーっ、ぜーーっ、み、皆さん、悪ノリしすぎでず……」ぐったり

小梅「ご、ごめんね幸子ちゃん…」
蘭子「ごめんなさい」
乃々「もりくぼ調子こきました…」
輝子「反省します…」

飛鳥「すまない。やり過ぎたようだね」

幸子「ま、まぁボクも楽しかったですけどねっ!」

飛鳥「大丈夫かい幸子?」

幸子「はぁはぁ、5人がかりはほぼ拷問ですよ…」

小梅「くすぐりも、やり方しだいでは、ご、拷問にも使われたんだよ…」

蘭子「ひっ!」びくっ

49: ◆juyLLdML1mbY 2016/03/28(月) 21:03:45.28 ID:wWFldUcH0
飛鳥「へ、へぇ。拷問…ね」ぴくっ

小梅「う、うんっ。くすぐりの拷問では、山羊を使った拷問なんかだと…」

飛鳥「えっ!?あ、いや!拷問の話は…そんなに聞きたく…ほら!蘭子が怯えるから、さ」

小梅「……」

幸子「…飛鳥様?」

飛鳥「ん、な、なんだい?」

小梅「飛鳥さま、怖い話、実は苦手?」

飛鳥「え゛っ?」びくっ

50: ◆juyLLdML1mbY 2016/03/28(月) 21:06:22.40 ID:wWFldUcH0
飛鳥「ま、まさか。ははっ、そんな、ボクが怖い話くらいで…」

飛鳥「ボクはただ、蘭子が怯えるから、控えようということをだね」キョロキョロ

蘭子「……」

飛鳥「蘭子?」

蘭子「飛鳥ちゃんもホラー苦手なの?」

飛鳥「だ、だからっ、ボクは違うと…」

51: ◆juyLLdML1mbY 2016/03/28(月) 21:10:31.90 ID:wWFldUcH0
乃々「もりくぼ、こんな飛鳥様初めて見たんですけど」

輝子「これは当たりを引いたぜぇーー!」

幸子「小梅さん!今すぐホラー映画を!一番キツイやつお願いします!」

小梅「う、うんっ!すぐ持ってくるねっ!」

飛鳥「い、いやいや!ボクはホラーが怖いわけじゃ…!」

小梅「なら…いっしょに映画見よ?」

飛鳥「ら、蘭子が、ほら、嫌がるだろう?」

蘭子「……私、飛鳥ちゃんが怖がるところ見てみたいっ」

飛鳥「蘭子!?」

52: ◆juyLLdML1mbY 2016/03/28(月) 21:14:27.38 ID:wWFldUcH0
蘭子「だから、私怖いの我慢してみるねっ!」

飛鳥「そんな!?」

小梅「も、持ってきたっ、よっ」とてて

輝子「プレイヤーも準備、出来てる…!」

乃々「飛鳥様、覚悟して見てくださいね…」がしっ

幸子「さあ!映画が始まりますよ~!」がしっ

飛鳥「ま、待つんだキミたち…て、手首を掴むのを、離しっ、離して…!」バタバタ

53: ◆juyLLdML1mbY 2016/03/28(月) 21:19:34.47 ID:wWFldUcH0
蘭子「飛鳥ちゃんっ!」

飛鳥「ら、蘭子…!」

蘭子「頑張って見ようねっ」

飛鳥「ひっ……!」びくびく

小梅「再生っ」ピッ


ゾンビ『あ゛~~っ』


飛鳥「ひゃぁぁ~~~~っ!!?」びっくぅっ


蘭子「ああ、こんな飛鳥ちゃんの表情…」

幸子「初めて見ました!」うっとり

小梅「可愛い…」ほくほく

乃々「もりくぼ、大満足なんですけどっ」

輝子「飛鳥様、可愛いところもあるんだね…フヒッ」


飛鳥「や、やめっ、もう、止めてくれーーーーっ!」バタバタバタバタ

54: ◆juyLLdML1mbY 2016/03/28(月) 21:20:24.69 ID:wWFldUcH0
おしまい!

飛鳥くんはかっこ良くて可愛いくて痛い素晴らしいアイドル