1: ◆Xz5sQ/W/66 2016/03/28(月) 19:38:56.45 ID:xBharFQc0

※ このssにはオリジナル設定やキャラ崩壊が含まれます。

===

 早速で悪いが、一つばかり訂正せねばならないことがある。
 
 如月千早には確かに胸があったが、彼女自身は別に僕の所有物でもなんでもない。
 
 なので、「僕の千早」というのは、誤りだ。ここに訂正を宣言する。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1459161536

引用元: P「僕の千早は胸がある」 


 

2: ◆Xz5sQ/W/66 2016/03/28(月) 19:40:57.62 ID:xBharFQc0
 
「ふふっ、見てください……可愛いですね」

 透明なビニールの中は水で満たされ、その小さな世界を、二匹の金魚が悠々自適に泳いでいた。
 
 それを見る千早は、丸い。
 
 そう、胸が大きくなってからというもの、なんだか千早が丸っこい。
 優しいのだ、ほんわかしているのだ、余裕ができたと言うべきか。
 
 胸の大きさが母性の大きさを象徴すると言っていたのは
 どこのロリコンだっただろうか。少なくとも、僕ではない。
 
 折りしも、夏祭りの夜である。

6: ◆Xz5sQ/W/66 2016/03/28(月) 20:22:24.92 ID:xBharFQc0
===

「なんだか、人生の半分を損していたような気がします」

 いつもの長髪を二つに結わえて、着物姿の彼女が笑う。
 屋台に吊り下げられた提灯や、街灯の安っぽい明かりを受けて、深蒼色の着物が妖しくその色を変えていく。
 
 角のとれた微笑で綿飴を口の端につける彼女を見れば、その言葉にも妙な説得力を感じるのだから面白い。
 
 それはまな板と揶揄されて、小さな胸を締め付けるように伏せていた頃からは、考えられないほどの丸さだった。
 
 川のほとり、花火を待つ人の群れにまぎれて、千早が言う。

7: ◆Xz5sQ/W/66 2016/03/28(月) 20:23:09.69 ID:xBharFQc0
 
「……怒ってますか?」

「なにが」

「胸を、大きくしたことです」

「それで千早が良いのなら、僕に言えることは何も無いよ」

8: ◆Xz5sQ/W/66 2016/03/28(月) 20:24:22.05 ID:xBharFQc0

 そうして僕は思い出す。
 
 あの日、いつものように事務所にやって来た彼女の胸には、隠しきれない存在感を放つ乳房がついていた。
 
 一体全体、どこの魔女と契約を交わしてきたのか、良い塩梅の代物と引き換えに、彼女が対価として支払った物。
 

 それが「歌」だ。
 

 彼女は自分の「歌声」と引き換えに、その丸い母性を手に入れていたのである。

13: ◆Xz5sQ/W/66 2016/03/28(月) 21:21:15.25 ID:xBharFQc0
===

 「歌」という物は、それまでの千早にとっての全てであった。
 
 歌うために生きており、歌のために生かされている。
 
 彼女は、自らの歌声に自分を混ぜて歌っていた。だからこそ、彼女の歌は人を打つ。

 
 だが、それは同時に千早自身を曖昧にしていく。
 
 歌に溶け出した千早に残るのは、空っぽの身体だけ。
 
 どこかのカナリアが歌うことを忘れたように、誰かが、そこに千早を注ぎ足す必要があった。
 
 そしてそれは、他でもない、千早自身の役割だったのだ。

14: ◆Xz5sQ/W/66 2016/03/28(月) 21:22:08.85 ID:xBharFQc0

 どん、と。川面を震わせて花火が鳴った。
 四散した火の粉が、夜空にぽんと死んでいく。
 
「うわぁ……綺麗……」

 隣に立つ千早が、およそ千早らしからぬ表情で見上げている。

 僕の知る彼女はいつも不機嫌で、無愛想で、他人との距離を明確に取っている、そんな女性である。
 
 それがどうだ、ここにいるのはまるで幼い……あぁ、なるほど。そういうことか。

15: ◆Xz5sQ/W/66 2016/03/28(月) 21:22:45.03 ID:xBharFQc0
 
「千早」

「なぁにー?」

「祭りは、楽しいかい?」

「うん! 楽しいっ!」

16: ◆Xz5sQ/W/66 2016/03/28(月) 21:25:03.50 ID:xBharFQc0

 どうかしていたのは、どうやら僕の方だったらしい。
 
 苦笑する僕の顔を、隣に立つ幼い少女が笑顔で見上げていた。

19: ◆Xz5sQ/W/66 2016/03/28(月) 22:33:16.19 ID:xBharFQc0
===

 丸はとても居心地の良い物だが、得てしてそういう場所には何かしらの裏があるものだ。
 
 千早の居座るその場所も、つまりはそういう場所の一つであった。
 
 花火が終わり、祭りも終わる。
 あれほど人で溢れていた川沿いに、今は寂しい夜風が吹く。
 
 僕と千早はそんなところで、ぼぉっと川面に映る提灯の明かりを眺めていた。

20: ◆Xz5sQ/W/66 2016/03/28(月) 22:34:16.14 ID:xBharFQc0
 
「そろそろ、帰ろうか」

「……やだ」

「風も冷たい。このままじゃ、風邪を引いてしまう」

「平気、寒くないもん」

「千早」

「嫌っ! やだったらヤダっ!!」

21: ◆Xz5sQ/W/66 2016/03/28(月) 22:36:15.94 ID:xBharFQc0

 幼い千早は丸に抱かれ、涙目で僕に訴えかける。つまるところ、丸は卵なのだ。
 
 卵の中は居心地が良い。それはある意味、母性の塊。
 
 空っぽになってしまった千早にとって、そこはとても良いところなのだ。
 
 打つ手なし。
 
 僕に出来るのは、自然と卵が孵るのを待つことだけで……いや、待てよ?

22: ◆Xz5sQ/W/66 2016/03/28(月) 22:38:27.14 ID:xBharFQc0
 
 ふんふんふふん、ふんふふん。
 
 夜風によって音程の飛ばされた僕の鼻歌が、夜の空気に吸い込まれ。
 
 あの曲、この曲、そんな曲。
 思いつく限り、うろ覚えのメロディがふらふらゆらゆら流れていく。

 それは本当に酷いもので、どれも元の曲とはかけ離れていたのだが。
 へたくそなメロディはしかし、彼女の耳にも届いたようだ。

23: ◆Xz5sQ/W/66 2016/03/28(月) 22:40:29.78 ID:xBharFQc0
 
 突然、すぅっと通るような音がした。
 音は次第に歌になり、夜風に乗った歌声は、どこまでも空を飛んでいくようだった。
 
 たっぷりと一曲分、歌った彼女が僕を睨む。

 
「……担ぎましたね」

「人聞きが悪いな。僕はただ、退屈を紛らわせただけだよ」

 こつんこつんと、彼女が内側から丸を叩く。とはいえ、今の今まで丸かったのだ。
 
「手伝おうか?」

「……お願いします」


 僕はどこからともなくスコップを取り出すと、彼女を覆う丸にかつん、とその先端を突き立てた。
 
 ぴしりと、小さなヒビが生まれ、そうしてそこを中心にして、ぱらぱらと形を失くす丸。
 
 後に残るのは、着物を着た如月千早そのものである。

24: ◆Xz5sQ/W/66 2016/03/28(月) 22:41:36.33 ID:xBharFQc0
 
「お帰り」

「はぁ……短い、夢でした」

「でも、楽しかっただろう?」

「それは、まぁ、否定はしませんけど」

25: ◆Xz5sQ/W/66 2016/03/28(月) 22:42:11.88 ID:xBharFQc0

 いつものように、彼女が素っ気無く言い放つ。
 
 その胸は小さく萎み、どうやら悪い呪いは解けたようだった。
 
「それじゃ、今度こそ帰ろうか」

「嫌です」

 月明かりに照らされて、千早がふっ、と息を吐く。

26: ◆Xz5sQ/W/66 2016/03/28(月) 22:43:01.23 ID:xBharFQc0
 
「もう一曲、歌わせてください」

 歌の中のカナリアは、結局歌を思い出したのだろうか。
 
 川沿いに、久しぶりに聞く彼女の歌声が響く。
 
 それはとても、人を打つ歌だった。

27: ◆Xz5sQ/W/66 2016/03/28(月) 22:43:33.99 ID:xBharFQc0
===

以上。お読みいただき、ありがとうございました。