1: ◆C2VTzcV58A 2016/03/28(月) 22:25:27.30 ID:6h9O7OqXO
P「いつもの昼、いつもの事務所」


P「いつものように書類と向き合い、いつものようにプロデュースに励む」

P「ただひとつ、いつもと違うところがあるとすれば」


心「あ゛ー……クソッ」

P「(シュガーハートこと佐藤心さんの機嫌が、あからさまに悪いということだけだ)」

心「ケッ!」

P「(怖い。全然スウィーティーじゃない)」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1459171527

引用元: モバP「酔いどれシュガーハート」 


 

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT ORIGINAL SOUNDTRACK 豪華特殊デジパック仕様[CD3枚+BDA1枚 計4枚組]
音楽:田中秀和(MONACA)
日本コロムビア (2016-03-30)
売り上げランキング: 68
2: ◆C2VTzcV58A 2016/03/28(月) 22:27:45.61 ID:6h9O7OqXO
P「(今日の心さんは朝からずっとこんな調子だ)」

P「(さすがに仕事中はスウィーティーなスマイルを顔に貼り付けていたが、仕事が終わって部屋に戻ってきたら元どおりのしかめっ面)」

P「(正直、触らぬ神に祟りなしというか……)」

心「……」チラリ

P「(まずい、目が合った!)」

心「プッロデューサー♪」ニコニコ

P「な、なんでしょう」

心「最近さー、一緒に飲みに行ってないよねー?」

P「え、ええ。そうですね」

心「今日あたり、一緒にいこうぜ☆」

P「今日ですか?」

心「夜、予定あるの?」

P「予定はないですけど……」

心「じゃあ付き合って☆」

P「でも俺、今日はあんまり飲む気分じゃ」

心「付き合え」

P「は、はい」

P「(ま、真顔だ……いつも見せないぶん相当迫力があるな)」

心「ならばよし♪」



3: ◆C2VTzcV58A 2016/03/28(月) 22:29:35.20 ID:6h9O7OqXO
夜 居酒屋の個室にて


心「ぐびぐび」

P「ちびちび」

心「は〜〜っ! やっぱこういう時はお酒が一番☆」

心「気分がすーっとするもん♪」

P「……確かに、ストレスにアルコールはいい薬ではありますね」

心「んふふー♪ おやおや〜? プロデューサーってばペース遅いぞ、もっと飲め飲め☆」

P「そういうわけにもいきませんよ。酔い潰れると困りますし」

心「いーじゃんいーじゃん☆ 明日は休みなんだし!」

P「それはあなただけです。俺は明日も仕事」

心「あれ、そうだっけ? でへへ、勘違いしちゃった〜♪」

心「はぁと大失敗☆ てへぺろ☆」アハハハハ

P「すでに若干酔い始めてますね……」

P「まあ、平常時でもこのくらいテンション高い人だけど」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 22:31:21.61 ID:6h9O7OqXO

P「それで、なにがあったんですか?」

心「ん?」

P「今日、ずっと機嫌悪かったじゃないですか。それについての愚痴をぶつけるために俺を誘ったんじゃ」

心「あ〜……べつにそういうわけじゃなくて、単にぼっちで飲むのが寂しかったってゆーか〜♪」

心「でも、プロデューサーがそう言うなら、ちょっと愚痴っちゃおうかなぁ」

P「俺は大丈夫ですよ。アイドルのメンタルケアも仕事のうちですし」

心「……仕事かあ。なんかしゃべる気なくなるなあ」

P「え?」

心「今は残業中じゃないんだぞ? そんな言い方じゃらめぇ☆」

P「………」


P「単純に心配なので、心さんの話、聞かせてもらえませんか?」

心「うんうん♪ サンキュー☆」エヘヘ-

P「……ははっ」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 22:32:37.08 ID:6h9O7OqXO
P「母親と喧嘩した?」

心「そう。はじめは、『あんたあんなキャラで客の前に出てるの?』っていう感じの些細な話だったんだけど……」

心「気づいたら、そろそろ売れないとこっちも心配になるーとか、おじいちゃんも『心ちゃんはまだ身を固めんのかのう』ってぼやいてるーとか、そんな話になって」

心「で、こっちも言い返してたらだんだんお互いヒートアップして……」

P「それで喧嘩になったと」

心「うん」

心「最後には、へらへらしてるならやめてしまいなさいって言われた」

P「で、心さんはどう言い返したんですか」

心「ばーかばーか! オタンコナス!って」

P「小学生ですかあなたは」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 22:33:58.97 ID:6h9O7OqXO
P「でも、確か心さんの両親ってアイドル活動応援してくれてましたよね」

心「うん……ありがたいことにね♪ でもやっぱり、心配なものは心配なんだろうなぁ」

心「じいちゃんがひ孫を見たがってるのは本当だろうし。もう歳なのも事実だし……妹のよっちゃんも、今のところいい人は見つかってないらしいし」

P「(生きているうちに、孫のウエディングドレスを見たいっていうのも大きいだろうな)」

心「はぁともそれはわかっちゃいるんだけど……いざキツイこと言われると、噛みついちゃうというか」

心「でもアイドルはやめたくないしねぇ……むう」グビグビ

心「ぐびぐびぐび……」

P「……さすがにペース速すぎじゃないですか?」

心「飲まないとやってられないのぉ☆」

P「そうですか……二日酔いまでは責任持ちませんよ?」

心「わかってるって♪」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 22:35:58.48 ID:6h9O7OqXO
しばらく後

心「うへへ〜〜、ぷろでゅーしゃーがふたりに分身してりゅ〜☆」

心「片方おもちかえりしちゃおうかなぁ、でへへ☆」

P「完全に酔ってますね……」

心「んだとぉ? はぁとのどこが酔ってりゅっていうんら〜」

P「さすがの心さんも素面でそんなテンションにはならないですし」

心「あ、そうだっ!!」

P「うわっ、いきなり大声出さないでくださいよ」

心「男作ればママもじーちゃんも安心するぞぉ☆」

P「アイドルが男作ったら本末転倒ですよ。というか家ではママって呼んでるんですか?」

心「じゃあキープ! はぁと、ぷろでゅーしゃーをキープしまーす!」

P「そんな無茶苦茶な」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 22:37:41.30 ID:6h9O7OqXO
心「むう、乗り気じゃないなぁ? かくなるうえは……ゆーわくだ♪」

心「ほらほらぁ、熟れたないすぼでーに触りたくないかい?」ズズッ

P「い、いきなりなんですか」

心「みてのとーり酔っちゃってるのでー、どうせ明日にはここであったこと忘れてるぞ☆ だから今ならなにしてもなかったことにできるのら!」

P「いやいや」

心「……興味、ないの?」

P「うぐっ……」

P「(頬を赤らめて上目遣い……いつもと雰囲気が違って色気がやばい)」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 22:39:36.65 ID:6h9O7OqXO
心「プロデューサー……」トロン

P「………」

P「酔いすぎですよ。落ち着いて」グイッ

心「………」


心「チッ!」

P「なんで舌打ち!?」

心「へーんだ。そうですよねー、もっと若い体にしか興味ないもんね☆ いつも堪能してるし」

P「堪能なんて一度もしたことありませんよ」

心「だって梨沙ちゃんがいつもロリコンロリコンって」

P「誤解です。俺はロリコンじゃありません」

心「じゃあ夜のオカズにいくつの子使ってるか教えてよ」

P「ええっ!?」

心「おやおや〜、答えられないのかなー♪ やっぱりロリコ」

P「失礼な! ちゃんと同い年くらいの女優の………はっ」

心「ほうほう☆」ニヤニヤ

P「し、しまったつい」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 22:44:17.90 ID:6h9O7OqXO
心「ねえねえ、週何回くらいやってるの?」

心「ねーねー☆」

P「(ああもう、こうなったらやけだ! どうせ酒の席だし!)」

P「週一ですよ、週一!」

心「週一ぃ? なーんだ、はぁとの三分の一じゃん♪」

P「………」

心「ん? どしたん?」

P「い、いえ。週に三回するんだなって……回数的には普通の範囲ですね」

P「………」カアァ

心「………」


心「……!?」カアァ

P「(自分が恥ずかしいこと言ったことに気づいたな……)」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 22:45:49.32 ID:6h9O7OqXO
心「あ、あうぅ」

心「………」

心「ろ、ロリコンじゃないと言うのならそれをここで証明しろぉ!」

P「照れ隠しのために強引に話題を戻してきた!」

心「さあさあ、ここではぁとのわがままぼでーをさわさわして証明しろ☆」

P「そんな無茶苦茶な……うわ、なんで肩を出してるんですか!?」

心「肩甲骨の美しさには自信があるの☆」

P「えらいピンポイントな部分に自信持ってるんですね……じゃなくて、そんなはしたない格好しちゃだめですって」

心「うるさーい♪ ほらほらあ、大サービス☆」アハハハ

P「もたれかからないでくださいよ……酔うとめちゃくちゃなんだから、まったく」

心「よいではないかよいではないか〜♪ ……って、うわあっ!」

P「わ、ちょっ」


どたどたっ!

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 22:47:35.43 ID:6h9O7OqXO
心「いたた……」

P「大丈夫ですか……っ!」

P「(か、顔が)」

心「(近い……)」ドキドキ


P「……き、気をつけてくださいね。酔ってるからってはしゃぎすぎないように」

心「………」

P「 ……心さん?」

心「ごめん……でも、はしゃいでないと不安だったの」

P「不安?」

心「心配してるのは、ママやじーちゃんだけじゃない………」

心「はぁとだって、本当は不安でいっぱい……将来のこと」

心「もう若くないのに、稼ぎが不安定な仕事して、子どもみたいな夢おっかけて……本当にこれでいいのかなって、たまに思うの」

心「今は、少しずつファンも増えていって上り調子だけど……いつまでもそうとは限らないし」

P「心さん……」

心「ママの言葉にカッとなっちゃったのも、そういう不安を表に引っ張り出された気がしたから。……情けないなあ、自分でワガママ言って無茶させてもらってるのに」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 22:49:04.40 ID:6h9O7OqXO
P「………」

心「あ……ごめん、変な空気にしちゃったな☆ しっぱいしっぱ」

P「俺は信じていますよ」

心「……え」

P「もちろん、俺だって不安はあります。けど、それを押さえつけられるのは『自信』だけですから」

P「まずは自分を信じてみないと、アイドルのみんなからも信じてもらえませんしね」

P「そして、俺にとって自分を信じるということは、そのまま担当のアイドル達を信じることにつながります」

心「プロデューサー……」

P「俺は心さんがトップアイドルになれるって信じています。でも、肝心の心さん自身がそれを信じてくれないと、俺も信じられなくなってしまう」

P「俺の道とあなたの道は、重なっていますから」

心「………」


心「プロデューサー……酔ってる?」

P「多分そうですね。じゃなきゃ、こんなクサいこと面と向かって言えませんよ」

心「ふふっ、だな♪」

心「でも……ありがと。プロデューサーのそういうとこ、好きだぞ☆」

P「はは、どういたしまして」

心「ねえねえ、さっきの語りの最後、もう一回言ってくれない?」

P「え? 」

心「ほら、俺の道がどうこうってやつ!」

P「……俺の道とあなたの道は重なっていますから?」

心「えへへ〜♪」テレテレ

心「もっかい☆」

P「俺の道とあなたの道は重なっていますから」

心「えへへ〜♪」デレデレ

P「さすがに言ってて恥ずかしくなってきた」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 22:50:16.29 ID:6h9O7OqXO
帰り道


心「おえっぷ……ぎぼぢわるい」

P「だから飲みすぎないようにって言ったのに……吐きそうになったら言ってくださいよ」

心「あんがと……肩貸してくれて」

心「でも、できればおんぶのほうが好みかなぁ、なんて」

P「………」

P「タクシー拾えそうなところまで、ですからね」

心「やった☆」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 22:53:25.31 ID:6h9O7OqXO
ブロロロ……


P「心さん。寮に着いたんでタクシーから降りてください」

心「はーい」



心「送ってくれてサンキューな☆」

P「方向同じですし、たいしたことじゃないですよ」

心「………」

心「ねえ、プロデューサー」

P「はい」

心「さっきは、だいぶ乱れてはしたない真似しちゃったけどさ……あれ、本当は」


心「(本当は、三割くらい計算でやってて)」

P「心さん?」

心「……ううん、なんでもない♪」

心「ハートの奥は、秘密だぞ☆」

P「は、はあ」

心「それじゃ、おやすみ♪」

P「おやすみなさい」




心「ふふっ……♪」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 22:54:33.92 ID:6h9O7OqXO
翌日



P「………」カタカタカタ

ピロリロリン♪

P「あ、心さんからメールだ。今日は休みのはずだけど」


心『二日酔いできもちわるい』

P「だから言ったのに……お大事に、と返信しておこう」

P「さて、仕事仕事」

P「………」カタカタカタ

ピロリロリン♪

心『あたまいたいよー』

P「………」

P「………」カタカタカタ

ピロリロリン♪


心『ああああああああたまがああああああ』

P「メール打つ余裕あるなら薬飲んで寝ればいいのに……」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 22:57:36.71 ID:6h9O7OqXO
ちひろ「プロデューサーさん。これ、頼まれていた資料です」

P「ありがとうございます」

ちひろ「ウェディング企画のお仕事ですか。いいですね」

P「ええ」

P「……ドレスもいいけど、ここは白無垢のほうが、インパクトあっていいかもしれないなあ」

P「あの人のおじいさんの好みは知らないけど」


おしまい