1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:04:34 ID:AQAiYWFU

千歳「水上機母艦の千歳です」

千歳「よろしくお願いしますね」

千歳「…………」

千歳「え? 私が初めての建造だったんですか?」

千歳「という事は……新人さんの提督?」

千歳「あ! す、すみません、提督」

千歳「…………」

千歳「はい、提督」

千歳「私、頑張ります!」

引用元: 千歳「はじめまして、提督」 


 

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:05:20 ID:AQAiYWFU

千歳「え? 出撃ですか?」

千歳「分かりました、提督」

千歳「千歳、抜錨します!」

―――――――――――

千歳「やりました! 提督!」

千歳「完全勝利ですよ!」

千歳「初出撃なのに凄いです!」

千歳「…………」

千歳「はい! 次も頑張ります!」

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:05:57 ID:AQAiYWFU

千歳「だいぶ駆逐艦の娘が増えましたね」

千歳「……え?」

千歳「この前、軽巡洋艦の艦むすを?」

千歳「そうだったんですか」

千歳「これで戦力の一層の拡充が図れますね!」

千歳「……でも」

千歳「私も頑張りますから、使ってくださいね?」

千歳「…………」

千歳「はい! 提督!」

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:06:40 ID:AQAiYWFU

千歳「え? 改修……ですか?」

千歳「いいえ! 嫌だなんてそんな!」

千歳「これでもっと提督のお役に立てるのですから」

千歳「私、とても嬉しいです!」

千歳「…………」

千歳「はい! 私、頑張りますね!」

―――――――――――

千歳改「て、提督……いかがでしょうか?」

千歳改「…………」

千歳改「は、はい、頑張ります」

千歳改「…………」

千歳改(あまり強くなれなかった……)

千歳改(提督……がっかりしてるだろうな……)

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:07:40 ID:AQAiYWFU

千歳改「提督、おめでとうございます」

千歳改「重巡の艦娘もたくさん建造できましたね」

千歳改「これで私の役目は……え?」

千歳改「…………」

千歳改「改修? また?」

千歳改「は、はい!」

千歳改「喜んでお受けします!」

―――――――――――

千歳甲「改めまして、提督」

千歳甲「千歳甲です!」

千歳甲「雷撃力がかなり上がりました!」

千歳甲「水雷撃はお任せください!」

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:08:17 ID:AQAiYWFU

千歳甲「先制雷撃、行きます!」

千歳甲「…………」

千歳甲「やった! 敵艦は轟沈です!」

千歳甲「あとは……え?」

千歳甲「きゃあああああああああああああっ!!」

―――――――――――

千歳甲「…………」

千歳甲「…………」

千歳甲「あ……提督」

千歳甲「…………」

千歳甲「すみません提督……私、油断しました」

千歳甲「…………」

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:08:59 ID:AQAiYWFU

千歳甲「…………」

千歳甲「はい……」

千歳甲「…………」

千歳甲「でも……私が大破しなければ……」

千歳甲「私だけ……大破したばっかりに……」

千歳甲「…………」

千歳甲「提督……」

千歳甲「…………」

千歳甲「はい。 体を治す事に専念します」

千歳甲「…………」

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:09:55 ID:AQAiYWFU

千歳甲「提督。 千歳甲、本日付で提督の鎮守府に復帰します」

千歳甲「え? 他人行儀すぎ?」

千歳甲「……今までが異常だったんですよ」

千歳甲「私より優秀な能力を持った艦娘は、すでにたくさん居るじゃないですか」

千歳甲「現に私が居なくても艦隊の運営は……え?」

千歳甲「…………」

千歳甲「……っ!?」///

千歳甲「そ、そんな事はないですよ!」///

千歳甲「だって……だって……え?」

千歳甲「…………」

千歳甲「…………」///

千歳甲「はい……これからも頑張りますね」///

千歳甲「…………」///

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:10:34 ID:AQAiYWFU

千歳甲「赤城さんの活躍、凄いですね」

千歳甲「あ、嫉妬とかじゃないですよ?」 クスッ

千歳甲「さすが正規空母だなって、感心してたんです」

千歳甲「…………」

千歳甲「え?」

千歳甲「…………」

千歳甲「改修?」

千歳甲「私、まだ改修できるんですか?」

千歳甲「…………」

千歳甲「今度のは大規模な改修?」

千歳甲「…………」

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:11:27 ID:AQAiYWFU

千歳甲「分かっていますよ、提督」

千歳甲「今、空母は赤城さんと軽空母の祥鳳さんだけですものね」

千歳甲「まったく違う艦種になるのはちょっと怖いですけど……」

千歳甲「私……提督のお役に立ちたい」

千歳甲「…………」

千歳甲「いいんです、提督」

千歳甲「千歳甲、改修をお受けします」

―――――――――――

千歳航「重っ……あっ、失礼しました、提督」

千歳航「改めまして、千歳航です」

千歳航「読み方は一緒ですけど、無事、軽空母になれました」 クスッ

千歳航「この子(航空機)たち共々よろしくお願いしますね、提督」

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:12:02 ID:AQAiYWFU

千歳航「航空隊、出撃してください!」

千歳航「…………」

千歳航「反撃、来ます!」

千歳航「艦隊、回避行動!」

千歳航「っ!?」

     ドォンッ!

千歳航「…………」

千歳航「……?」

千歳航「あ……!」

千歳航「摩耶さん、すみません!」

千歳航「…………」

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:12:50 ID:AQAiYWFU

千歳航「え?」

千歳航「彗星艦爆を私に……ですか?」

千歳航「…………」

千歳航「え? も、もちろん嬉しいですよ? 提督」

千歳航「…………」

千歳航「はい、これからも頑張ります」

千歳航「…………」

千歳航「…………」

千歳航(これ……)

千歳航(赤城さんのお下がり……だよね)

千歳航(…………)

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:13:27 ID:AQAiYWFU

千歳航「え? 駐留部隊へ編入……ですか?」

千歳航「はい。 分かりました、提督」

千歳航「…………」

千歳航「は?」

千歳航「…………」

千歳航「いえ、私は元気ですよ?」

千歳航「謹んで任務をお受けします」

千歳航「…………」

千歳航「はい、提督」

千歳航「失礼します」

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:14:01 ID:AQAiYWFU

―――――――――――

千歳航「…………」

千歳航「各艦、哨戒を」

千歳航「…………」

千歳航「…………」

千歳航「…………」

千歳航(……暇だな)

千歳航(ううん……)

千歳航(そんな事、考えちゃ駄目だよね)

千歳航(任務に集中しなきゃ)

千歳航(…………)

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:14:44 ID:AQAiYWFU

―――――――――――

千歳航「演習?」

千歳航「はい、了解しました」

千歳航「……え?」

千歳航「…………」

千歳航「改修?」

千歳航「その為に必要な錬度を……そうですか」

千歳航「はい、了解しました」

千歳航「失礼しま……は?」

千歳航「…………」

千歳航「……お茶?」

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:15:35 ID:AQAiYWFU

千歳航「はい、間宮さんに頼んで……え?」

千歳航「…………」

千歳航「私が入れたお茶を……ですか?」

千歳航「…………」

千歳航「わかりました、提督」

千歳航「提督がご所望なら……」

     コポポ…

千歳航「はい、提督。 どうぞ」

千歳航「…………」

千歳航「……おいしいですか?」

千歳航「…………」

千歳航「ふふっ……良かった」

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:16:11 ID:AQAiYWFU

千歳航「…………」

千歳航「……そうですね。 懐かしいですね」

千歳航「あの頃は、私と駆逐艦の娘ばかりで」

千歳航「建造しても軽巡洋艦すら なかなか来てくれなくて……」

千歳航「艦隊もひとつだけで、苦労しましたよね」

千歳航「提督、いつも渋い顔をしてましたよ?」

千歳航「うふふっ」

千歳航「…………」

千歳航「…………」

千歳航「え?」

千歳航「いいえ。 そんなこと無いですよ?」

千歳航「みんないい娘ばかりです」

18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:17:09 ID:AQAiYWFU

千歳航「…………」

千歳航「はい」

千歳航「演習ですね?」

千歳航「私、頑張ります」

千歳航「…………」

千歳航「ふふっ」

千歳航「分かりました。 また入れて差し上げます」

千歳航「それでは、失礼しますね」

19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:17:51 ID:AQAiYWFU

―――――――――――

千歳航改「改めまして」

千歳航改「千歳航改、鎮守府に着任します」

千歳航改「…………」

千歳航改「……遠征?」

千歳航改「はい、了解です」

千歳航改「千歳航改、抜錨します」

―――――――――――

千歳航改「航空隊、出撃してください!」

千歳航改「電ちゃん、9時方向からの敵の砲撃に気をつけて!」

千歳航改「雷ちゃん、響ちゃん、暁ちゃん、雷撃準備!」

千歳航改「艦隊、回避運動!」

20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:18:23 ID:AQAiYWFU

千歳航改「!!」

千歳航改「くっ……!」

     ドォンッ!

千歳航改「……っ!」

千歳航改「飛行甲板は、やらせないんだからっ!」

千歳航改「雷撃準備はいい!?」

千歳航改「…………」

千歳航改「てー!!」

―――――――――――

千歳航改「はあっ……はあっ……」

千歳航改「だ、大丈夫……うん……」

千歳航改「はあっ……はあっ……」

21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:19:13 ID:AQAiYWFU

―――――――――――

千歳航改「……提督、ただいま戻りました」

千歳航改「…………」

千歳航改「……すみません、提督」

千歳航改「今回の遠征失敗の責任はすべて私にあります」

千歳航改「なので……電ちゃんたちをしからないであげてください」

千歳航改「…………」

千歳航改「…………」

千歳航改「……はい」

千歳航改「千歳航改、入渠します……」

22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:20:07 ID:AQAiYWFU

―――――――――――

千歳航改「…………」

千歳航改「……はい」

千歳航改「輸送艦隊護衛任務、謹んでお受けします」

千歳航改「…………」

千歳航改「……?」

千歳航改「お茶……」

千歳航改「…………」

千歳航改「提督は……いつもお優しいですね。 でも……」

千歳航改「もういいんですよ」

千歳航改「私は……私の力は、とっくに役に立たなくなってるって」

千歳航改「はっきりおっしゃってください」

千歳航改「…………」

千歳航改「…………」

23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:20:59 ID:AQAiYWFU

千歳航改「……なら」

千歳航改「赤城さんや加賀さんと比べてどうでしょうか?」

千歳航改「ええ、確かに艦載機の数で敵わないのはしょうがないです」

千歳航改「でも敵の攻撃を避けられないし」

千歳航改「被弾したらすぐ大破するような装甲ですし」

千歳航改「何もかもが……中途半端なんですよ。 私は」

千歳航改「…………」

千歳航改「だから、もういいって言ってるじゃないですか!!」

千歳航改「もう……!」

千歳航改「…………」

千歳航改「……失礼します」

24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:21:36 ID:AQAiYWFU

―――――――――――

千歳航改「…………」

千歳航改「…………」

千歳航改「…………」

千歳航改(……ひどい事、言っちゃったな)

千歳航改(…………)

千歳航改(…………)

千歳航改(この前……戦艦の扶桑さんが来てくれて)

千歳航改(提督……喜んでたな)

千歳航改(…………)

千歳航改(…………)

千歳航改(……私も)

千歳航改(戦艦に生まれたかったな……)

25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:22:14 ID:AQAiYWFU

―――――――――――

千歳航改「……以上で、護衛任務を終了します」

千歳航改「物資の確認と受領証をお願いします」

千歳航改「…………」

千歳航改「はい、では……え?」

千歳航改「…………」

千歳航改「改修ですか……」

千歳航改「はい、いいですよ」

千歳航改「了解しました」

千歳航改「…………」

千歳航改「失礼します」

26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:22:46 ID:AQAiYWFU

―――――――――――

千歳航改二「改めまして」

千歳航改二「千歳航改二、鎮守府に着任します」

千歳航改二「…………」

千歳航改二「はい、輸送艦隊護衛任務ですね」

千歳航改二「了解です」

千歳航改二「…………」

千歳航改二「……もう……そういうのは止めてくれませんか」

千歳航改二「…………」

千歳航改二「…………」

千歳航改二「はい。 失礼します」

千歳航改二「…………」

27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:23:45 ID:AQAiYWFU

―――――――――――

千歳航改二「…………」

千歳航改二「あれが……大和さん」

千歳航改二「…………」

千歳航改二「かっこいいな……」

千歳航改二(…………)

千歳航改二(……どうか)

千歳航改二(どうか、提督のお役に立ってください)

千歳航改二(どうか……提督を守ってあげてください)

千歳航改二(…………)

千歳航改二(……って、余計なお世話だよね)

千歳航改二(…………)

28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:24:33 ID:AQAiYWFU

―――――――――――

千歳航改二「……以上で、護衛任務を終了します」

千歳航改二「物資の確認と受領証をお願いします」

千歳航改二「…………」

千歳航改二「はい、ありがとうございます」

千歳航改二「…………」

千歳航改二「……?」

千歳航改二「提督……次の任務は?」

千歳航改二「…………」

千歳航改二「え……」

千歳航改二「…………」

千歳航改二「待機……ですか」

29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:25:20 ID:AQAiYWFU

千歳航改二「……分かりました」

千歳航改二「千歳航改二 待機します」

千歳航改二「…………」

千歳航改二「失礼します……」

―――――――――――

千歳航改二「…………」

千歳航改二(……とうとう)

千歳航改二(お払い箱……かな)

千歳航改二(…………)

千歳航改二(…………)

30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:25:51 ID:AQAiYWFU

―――――――――――

千歳航改二(…………)

千歳航改二(…………)

千歳航改二(待機命令のあと、数日たってから演習を繰り返す日々……)

千歳航改二(今さら……私なんか鍛えてどうなるんだか)

千歳航改二(もう一ヶ月くらいになる)

千歳航改二(…………)

千歳航改二(それと、みんな何か忙しそうにしてる)

千歳航改二(…………)

千歳航改二(何があったのか……聞いても誰も答えてくれない)

千歳航改二(どういう事なんだろう……)

31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:26:32 ID:AQAiYWFU

―――――――――――

千歳航改二「……ふう」

千歳航改二「…………」

千歳航改二(さらに一ヶ月が過ぎた)

千歳航改二(相変わらず演習の日々……)

千歳航改二(…………)

千歳航改二(最近は少し落ち着いてきたみたいだけど)

千歳航改二(戦況は……どうなっているのかな)

千歳航改二(…………)

千歳航改二(…………)

千歳航改二(まあ……私には関係の無い事か……)

32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:27:24 ID:AQAiYWFU

千歳航改二「……ん?」

千歳航改二「あ……提督」

千歳航改二「…………」

千歳航改二「そう……ですね」

千歳航改二「久しぶり、ですね……」

千歳航改二「…………」

千歳航改二「…………」

千歳航改二「え……」

千歳航改二「…………」

千歳航改二「……ですから、お茶なんて私……え?」

千歳航改二「…………」

千歳航改二「最後って……何を言ってるんですか?」

千歳航改二「…………」

33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:28:14 ID:AQAiYWFU

千歳航改二「明日……全艦隊で」

千歳航改二「深海棲艦の本拠地へ出撃……!?」

千歳航改二「そ、それ、本当なんですか!?」

千歳航改二「…………」

千歳航改二「そう……だったんですか……」

千歳航改二「…………」

千歳航改二「最後なんて言わないでください!」

千歳航改二「お茶なんて、いくらでも入れてあげますから!」

千歳航改二「だから、だから……」

千歳航改二「これで最後、なんて……言わないで……」

千歳航改二「ぐすっ……ひっく……えぐっ……」

34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:29:15 ID:AQAiYWFU

     ギュッ…

千歳航改二「!?」///

千歳航改二「て……提督?」///

   千歳も一緒に来て欲しい

千歳航改二「!?」

千歳航改二「い、一緒にって……」

千歳航改二「私みたいな弱い艦娘じゃ足手まとい……」

     スッ…

千歳航改二「え……これって……」

千歳航改二「この指輪って……」

   結婚(仮)してくれ

千歳航改二「!!」

千歳航改二「提督……」

35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:30:04 ID:AQAiYWFU

千歳航改二「…………」

千歳航改二「私で……いいんですか?」

   千歳でないと駄目なんだ

千歳航改二「赤城さんや大和さんみたいに活躍できませんよ?」

   千歳が隣に居ないと落ち着かない

千歳航改二「二ヶ月も放っていたのに?」

   我慢してた

千歳航改二「我慢って……」

   千歳を怒らせたと思ったから

千歳航改二「あ、あれは、怒ったんじゃなくて」///

千歳航改二「その……」///

36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:30:51 ID:AQAiYWFU

   返事は……まだかな?

千歳航改二「!」///

千歳航改二「…………」///

千歳航改二「ふ、ふつつかものですが」///

千歳航改二「よろしくお願いしますっ」///



     終わり