1: ◆ONcG5Dr9ro 2013/08/09(金) 12:34:13.89 ID:EeZ7bhrAO
P「あ、音無さん。今日も早い―――」

小鳥「」ブフォッ

P「ど、どうしたんですか?急に吹き出したりして」

小鳥「すみませんプロデューサーさん。何でも…ククク」

P「?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1376019253

引用元: P「おはようございます」 


 

ぷちます! (8) (電撃コミックスEX)
明音
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2016-02-26)
売り上げランキング: 1,010
2: ◆ONcG5Dr9ro 2013/08/09(金) 12:40:36.32 ID:EeZ7bhrAO

――
―――

P「なあ、お前ら。どうして俺を見るたび笑うんだ?」

春香「だってそりゃあ…プフッ、笑わない方がおかし……あははは!」

千早「くっ……ふふ…」プルプル

3: ◆ONcG5Dr9ro 2013/08/09(金) 12:43:31.50 ID:EeZ7bhrAO
貴音「これは…まこと面妖な……ふふっ」

P「面妖?どういうことだ?」

響「鏡見たら分かるさー」プルプル

P「…?」スッ

P「んな゛っ!?」

P「俺の頭が……アルファベットの“P”になってるー!?」

4: ◆ONcG5Dr9ro 2013/08/09(金) 12:55:48.09 ID:EeZ7bhrAO
伊織「アンタ、今気づいたの?」

P「鏡見るまで全く気づかなかった…。どうりで道行く人が俺を見るわけだ」

あずさ「あらあら~」

P「でも変だよな。こんな頭だけど不思議と違和感ないんだよ」

律子「しかし、これでは仕事に支障が出ます」

亜美「のっぺりしてるから表情も分からないしね→」

美希「ミキもこんなハニーは、ヤ!なの」

律子「その頭じゃ営業は無理でしょうし、一刻も早く元に戻さねば…」

P「でも何か手掛かりが無いとムリなんじゃないか?」

一同「あっ…」

5: ◆ONcG5Dr9ro 2013/08/09(金) 13:05:03.72 ID:EeZ7bhrAO
真「プロデューサーが朝起きたときはもうその頭だったんですか?」

P「いや、その時はまだPヘッドになってなかった。あ、“Pヘッド”というのは今の俺の頭のことな」

やよい「今日の朝ごはんは何でしたか?」

P「ご飯、味噌汁、焼き魚、納豆だ。俺はいつも朝は和食と決めているからな」

律子「ここに来る途中、何か変わったことはありましたか?」

P「うーん、特に無いかなあ」

6: ◆ONcG5Dr9ro 2013/08/09(金) 13:16:25.45 ID:EeZ7bhrAO
雪歩「さっぱり原因が分からないですぅ」

P「そろそろ仕事の時間だし、この話しはまた後でしよう。」

社長「うむ。今日は律子君がプロデューサー君の代わりに営業に行ってくれたまえ。先方には私が電話しておく」

律子「はい」

社長「それでは解散だ。諸君、今日も頑張ってくれたまえ」

真美「兄ちゃん、元気だしなYO→」

P「ああ、ありがとな」

8: ◆ONcG5Dr9ro 2013/08/09(金) 13:26:27.11 ID:EeZ7bhrAO

――
―――

P「(朝礼から二時間経った)」

P「(俺は律子の代わりに音無さんと事務仕事をしながら、元の頭に戻る方法を考えている)」

小鳥「んー…ぷはぁ。プロデューサーさん、そろそろ休憩しませんか?」

P「ええ」

9: ◆ONcG5Dr9ro 2013/08/09(金) 13:37:24.60 ID:EeZ7bhrAO
小鳥「それにしても不思議ですね。最初はかなり奇抜に見えたプロデューサーさんの頭もだいぶ見慣れてきましたよ」

P「そんなもんなんですかね?」

小鳥「さあどうか分かりませんけど。それに表情も分かる気がするんですよ」

P「なんと!?」

小鳥「ほらね、驚いた顔をした。声のイントネーションで分かるんです」

P「凄いですね。驚きました」

小鳥「こうなってくるとなんかもう、プロデューサーさんが始めからPヘッドだったんじゃないかなあって思えてきましたよ」

P「いやいや、今朝までは人間の顔でしたから」

11: ◆ONcG5Dr9ro 2013/08/09(金) 13:51:07.22 ID:EeZ7bhrAO

――
―――

真「それじゃあプロデューサー!お疲れ様でした!」

美希「また明日なのー!」

P「ああ、お疲れ様」

社長「結局、いい解決法は見つからなかったみたいだね」

P「あ、社長…すみません」

社長「気にしなさんな。若いのがそんなことでクヨクヨしてどうするんだね!……よし、今日は景気づけに飲みに行こう。私の奢りだ!!音無君もどうだね?」

小鳥「私も同行させて頂きます!」

P「社長、音無さん…ありがとうございます」

12: ◆ONcG5Dr9ro 2013/08/09(金) 14:23:28.86 ID:EeZ7bhrAO
―――三日後



亜美「色々な方法を試してみたけど…」

P「・・・。」←相変わらずPヘッド

真美「兄ちゃん相変わらず戻んないね→」

社長「仕方ない。プロデューサー君はまた明日から外回りに行ってくれ」

P「分かりました。でも…」

やよい「もしかして第一印象が気になるんですかぁ?」

P「」コクリ

あずさ「それなら大丈夫ですよ。私たちだって始めは驚きましたけど、今はすっかり見慣れましたし~」

貴音「それに、ぴぃへっどならではの愛嬌も今の貴方様にはございます。ですから何も臆することなどありません」

律子「貴音の言う通りです。外見は変わってもいつものプロデューサーであることに変わりはありません」

P「律子…」

社長「そういう訳だよ君ィ、明日からまた外回りを頑張ってきてくれたまえ!」

P「はい!」

13: ◆ONcG5Dr9ro 2013/08/09(金) 14:38:01.47 ID:EeZ7bhrAO
P「(結論から言えば貴音たちの言う通りだった)」
P「(最初こそ驚かれたが、三日も経てば普通に接してもらえるようになった。それどころか、今どこへ行っても“PちゃんPちゃん”と人気だ。俺はアイドルの引き立て役なのに、参ったな…)」

P「(事務所でも亜美真美に落書きされるやら何やらで大変だが、前よりアイドルたちと触れあえるようになった)」

P「(相変わらずPヘッドのままだが、“これならずっとPヘッドでも良いかもしれない”と、そう思い始めていた)」

14: ◆ONcG5Dr9ro 2013/08/09(金) 14:38:46.69 ID:EeZ7bhrAO
P「(結論から言えば貴音たちの言う通りだった)」

P「(最初こそ驚かれたが、三日も経てば普通に接してもらえるようになった。それどころか、今どこへ行っても“PちゃんPちゃん”と人気だ。俺はアイドルの引き立て役なのに、参ったな…)」

P「(事務所でも亜美真美に落書きされるやら何やらで大変だが、前よりアイドルたちと触れあえるようになった)」

P「(相変わらずPヘッドのままだが、“これならずっとPヘッドでも良いかもしれない”と、そう思い始めていた)」

16: ◆ONcG5Dr9ro 2013/08/09(金) 14:48:03.13 ID:EeZ7bhrAO
―――ある朝



ピピピピ…ピピピピ…ピピッ
P「ん……朝か…顔洗ってこよう」


(洗面所)
P「お!?」

P「うほほーい!顔が元に戻ってる!!」

P「これで堂々と街中を歩ける…良かったあ~」

P「アレ(Pヘッド)はアレで親しみあったけど、まあしゃあないわな」

17: ◆ONcG5Dr9ro 2013/08/09(金) 15:17:11.69 ID:EeZ7bhrAO
―――事務所

P「おーいみんな!顔が元に戻った…ぞ?」


黄色Aヘッド(亜美)
「え→!も→戻ったの→!?」

黄色Mヘッド(真美)
「兄ちゃんつまんないY0→!」

Pヘッド(社長)
「それは良かった!今度また祝いの会を開かねば…」

Yヘッド(雪歩)
「プロデューサー、お茶ですぅ」

赤Hヘッド(春香)
「クッキーもあります!焼きたてですよ、焼きたて!」

黒Mヘッド(真)
「プロデューサー!今日のボクの服可愛くないですか!?」

黄緑Mヘッド(美希)
「前のPヘッドも良かったけど、やっぱりミキはいつものハニーがいいの。あふぅ」

Cヘッド(千早)
「まあ、プロデューサーがそれで良ければ何でも良いですけど」

紫Aヘッド(あずさ)
「あらあら~良かったですね♪」

Tヘッド(貴音)
「面妖な…!」

浅葱Hヘッド(響)
「やっぱりプロデューサーはこの顔のほうが男前だな!」

橙Yヘッド(やよい)
「うっうー!おはようございますー!」

Rヘッド(律子)
「もう、何やってるんですかプロデューサー!朝礼始まりますよ!!」

Iヘッド(伊織)
「やっぱりいつものアンタが一番ね!にひひっ♪」

Kヘッド(小鳥)
「あーあ、前のほうが可愛げがあったのになあ…」


P「アルファベット人間がいっぱいおるー!?」

P以外「え?」

おわり