1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/10(土) 00:00:06.33 ID:lhc1sdfk0

ガチャ


凛「おかえりんりんまいだーりん☆」

凛「ご飯にする? お風呂にする? それとも……りんりん?」


バタン


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1376060405

引用元: モバP「一人暮らしは辛いな」 


 

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT ORIGINAL SOUNDTRACK 豪華特殊デジパック仕様[CD3枚+BDA1枚 計4枚組]
音楽:田中秀和(MONACA)
日本コロムビア (2016-03-30)
売り上げランキング: 47
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/10(土) 00:02:11.37 ID:lhc1sdfk0


凛「…………」


ガチャ


凛「おかえりんりんまいだーりん☆」


バタン

ガチャ


凛「どうして閉めるの?」

凛「いや、夢じゃないよ」

凛「夢だったら子どもと一緒にお出迎えしてるよ」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/10(土) 00:03:36.08 ID:lhc1sdfk0

凛「ねえ響子、プロデューサーの反応が聞いてたのと違うんだけど」

響子「おかしいですね……裸エプロンで迫ればイチコロだって書いてあったのに」

凛「やっぱ体操服で出迎えるべきだったんだよ」

響子「あー、選択失敗しましたね」

凛「この反省を次に活かしていこう」

響子「そうですね。今度加奈ちゃんからブルマ借ります」

凛「私も卯月から借りよっと」

響子「あれ、どうしたんですかPさん?」

凛「突っ立ってないでリビング行きなよ。晩御飯の用意出来てるよ」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/10(土) 00:05:11.40 ID:lhc1sdfk0

凛「このカレー、私と響子で作ったんだ」

響子「自信作なんですよ!」

凛「どう、おいしい?」

響子「……やった、やりましたね凛ちゃん!」

凛「上手くできて良かったね」

響子「じゃあ今度は、それぞれの手作り料理で味比べです!」

凛「負けないよ」

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/10(土) 00:07:59.62 ID:lhc1sdfk0

響子「私はファイネス・ホホツアイトズュップレ・ミット・ブレートシュトゥルーデル・ウント・アイアーシュティヒです! 卵に自信有りですよ!」

凛「私はベンティアドショットヘーゼルナッツバニラアーモンドキャラメルエキストラホイップキャラメルソースモカソースランバチップチョコレートクリームフラペチーノね。デザートに良いよ?」

響子「どっちが美味しいか、選んでくださいね」

凛「選ばれなかった方にお尻ペンペン10回ね」

響子「ごくり……」

凛「ごくり……」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/10(土) 00:10:19.45 ID:lhc1sdfk0

響子「え? どっちも美味しいって?」

凛「優柔不断だなあ……」

響子「でもそれって逆に言えばどちらも、より美味しいって言えないくらい、不味いってコトですよね!」

凛「うわ負けた、どっちも負けた。お尻ペンペンだ」

響子「ああヤだな絶対痛いですよ、腫れてスリーサイズ変わったらどうしよー」

凛「ホントは嫌だけど、ルールだから仕方ないよね」

響子「そうですね、ルールですもんね!」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/10(土) 00:12:15.98 ID:lhc1sdfk0

ゴソゴソ


凛「ほら!」

響子「さあ!」




───。


凛「……」

響子「……」

凛「…………」

響子「…………」

凛「えいっ」

響子「ひゃあっ!」

凛「あはは。もう足が痺れたんだ?」

響子「せ、正座は苦手なんです……!」

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/10(土) 00:14:49.67 ID:lhc1sdfk0

凛「寝室の準備できたよ」

響子「じゃあ、Pさんの背中流しに行きましょうか」

凛「あ。プロデューサーはスクール水着派じゃなくて、バスタオル派だからね」

響子「もちろん把握してます!」

凛「へえ、抜かりないね」

響子「お嫁さんですから!」

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/10(土) 00:18:35.75 ID:lhc1sdfk0

凛「おじゃまします」

響子「鍵閉めまーす」

凛「写メ撮ります」

響子「動かないで下さい!」

凛「もし変な動きをしたら、この混浴写メをちひろさんに送るよ」

響子「バスタオルガチャが出ますよ、良いんですか!?」

凛「良いんだ」

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/10(土) 00:20:11.45 ID:lhc1sdfk0

響子「じゃあ送り付けて、私達を出すように頼みましょう」

凛「もうしてる」

響子「最高にクールですよ凛ちゃん!」




───。


凛「水風呂とか風ひく」

響子「水責めはちょっと駄目ですね」

凛「でもお湯よりは好き」

響子「ええー? お湯の方が何かが燃え上がりませんか?」

凛「暖めてもらえる」

響子「たった今から水責め派になります!」

凛「わかってくれて嬉しいよ」

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/10(土) 00:22:57.89 ID:lhc1sdfk0

響子「もうおねむの時間です」

凛「一流は寝付いてから行動するもの」

響子「結局暖めてもらえなかったし……Pさんはぐっすりですね」

凛「じゃあ左貰うね」

響子「なら私は右ですね」

凛(プロデューサーは左に寝返りを打つことが多い。つまり私の勝ち)

響子(Pさんは音がするほうに寝返りを打つ。つまり耳元で囁けば私の勝ち)


キョーコハオレノヨメーキョーコハオレノヨメーキョーコハオレノヨメー


凛「……響子静かにして」

響子「えへへ」

15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/10(土) 00:24:47.44 ID:lhc1sdfk0

響子「ふわ……おはよーございまーす」

凛「今プロデューサーの寝顔を観察している所です」

響子「さっそく悪戯しましょう」

凛「落ち着いて。まずは眺めるよ」

響子「眺め始めてからもう時計の長針が2回転しましたけど」

凛「あと1回転」

響子「起きちゃいますよぉ……」

凛「あと5分。あと5分」

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/10(土) 00:26:31.30 ID:lhc1sdfk0

凛「……ほら、ネクタイ曲がってるよ。だらしないなあ」

響子「ほらほら、お弁当も忘れてますよ」

凛「ハンカチ持った? 水筒は?」

響子「書類は持ってますか? 携帯の待ち受けは私達ですよね?」

凛「私のはちゃんとプロデューサーの寝顔だからね」

響子「私はPさんの横顔にしました!」

凛「マニアックだね」

響子「えへへ。フォルダがPさんの写メで一杯ですからね!」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/10(土) 00:29:04.68 ID:lhc1sdfk0

響子「ああああ、何でいきなりケータイ取り上げるんですかPさん!」

凛「ちょ、私はそんな撮ってないよ! だから取らないで! 撮るのはいいけど!」

響子「止めてくださいぃ! 寝顔フォルダ消さないでぇ!」

凛「お願い! そのデータは……!」

響子「うなじフォルダがぁー!!」

凛「プロデューサーの鬼畜……!!」

響子「そうだそうだ!」

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/10(土) 00:31:21.80 ID:lhc1sdfk0

響子「ごめんなさいごめんなさい待ち受けだけは!」

凛「うう……ただでさえ少ないのに。200枚に減った……」

響子「私なんか5分の1の150枚です……!」

凛「でもまあ、また撮れば良いよね?」

響子「あ、それもそうですね」




凛「そういうわけだから、プロデューサー」

響子「これからもお願いしますね、Pさん!」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/10(土) 00:35:54.37 ID:lhc1sdfk0
おしまい
凛ちゃん響子ちゃん誕生日おめでとう