1: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/19(火) 16:16:30.60 ID:/NmkyU4H0
とある小学校の教室

先生「はい、それでは今から席替えを始めます。順番に前のくじを引いていってください」

ワイワイガヤガヤ

友「席替えかー、もうこの席になってからそんなに経つんだね」

幼女「ねえねえ、友ちゃん何番だった?」

友「あ、私まだ引いてないの。でも今までみたいに近い席だといいね」

幼女「うん!」


ガヤガヤ


ポニテ「……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1453187790

引用元: 幼女「友達になろうよ!」 ポニテ「……なんで」 


 

あの頃、ポニーテールと
関根 和弘
双葉社
売り上げランキング: 398,148
2: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/19(火) 16:27:05.45 ID:/NmkyU4H0
幼女「引いた?」

友「うん、えっと……3番」

幼女「あー、なんだ全然ダメじゃん」

友「あらら、むしろ真逆だね。まあくじだからこんなもんだよ。残念だけど」

幼女「ちぇー」

友「幼女ちゃん、窓側の一番端っこの席なんだね。羨ましいなー、寝てても先生にばれなさそう」

幼女「そお?でもさ」

友「なに?」

幼女「私の席の隣だけピンク色なんだけど……」

友「え?なんの話?」

幼女「みんな隣白いのに」

友「あ、ああ、黒板の座席表の文字の話?ピンクが女子で白が男子だよ」

幼女「うん、でも」

友「そっかー、このまえ転入生が来て女子が男子より二人多くなったから女子同士の席ができたんだね」

幼女「?」

友「えっと、普通は男子と女子で一緒の席になるんだけど、女子が二人多くてその分……」

幼女「???」

友「……ま、要するに幼女ちゃんの隣には女の子が来るってこと」

幼女「へー、そっかー、だれだろー」

3: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/19(火) 16:32:12.50 ID:/NmkyU4H0


先生「はい、みなさんくじを引き終わりましたね。じゃあ番号の場所に席を移動していってください」

ガタガタガタ

幼女「よいしょ、よいしょ、よし到着」

幼女「隣の人はまだ来てないのかー」

幼女「だれだろうなー、仲いい人かなー、全然話したことない人かなー」ワクワク

ガタン

幼女「お?」

ポニテ「……」

幼女「……」ジー

ポニテ「……?」

幼女「ああっ!てんにゅーせー!」

ポニテ「」ビクッ

4: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/19(火) 16:36:40.46 ID:/NmkyU4H0
ポニテ「な、なに」

幼女「てんにゅーせーだ」

ポニテ「指ささないでよ」スワリ

幼女「隣なの?」スワリ

ポニテ「まあ、そうみたい」

幼女「ほー」

幼女「」ジロジロ

ポニテ「……」

幼女「てんにゅーせーはどこから来たんだっけ」

ポニテ「てんにゅーせーじゃなくて、ちゃんと名前あるから、私」

幼女「何?」

ポニテ「ポニテ……」

幼女「私は幼女!よろしく!」

ポニテ「……」

5: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/19(火) 16:47:07.48 ID:/NmkyU4H0
幼女「それでどこから来たんだっけ」

ポニテ「別にどこでもいいでしょ……」

幼女「とおいところ?」

ポニテ「まあ、それなりに」

幼女「ほー、今までどの席だったっけ」

ポニテ「……あっちらへん」

幼女「誕生日いつ?好きな食べ物は?」

ポニテ「……何」

幼女「何って、せっかく隣になったんだしいろいろ知りたいでしょ?」

ポニテ「私の誕生日がいつだろうと、私の好きな食べ物がなんだろうとあんたには関係ない……」

幼女「そうかな」

ポニテ「……」

先生「全員移動しましたね、それでは授業を始めます」

先生「それでは教科書の……」

6: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/19(火) 16:55:44.62 ID:/NmkyU4H0


先生「……なのでここの式が……そこの男子二人うるさいですよー、集中してください」

ポニテ「」カリカリ

幼女「んー……んー?」

幼女「難しい……」カリカリ

ポニテ「」カリカリ

ポニテ「」ポロッ

幼女「あ」

幼女「ポニテちゃん、消しゴム落ちたよ」ヒロイ

ポニテ「あ……ありがと」

ポニテ「……」カリカリ

幼女「」ジー

ポニテ「」ポニーテールユラユラ

幼女「」バシッ

ポニテ「……」

幼女「」バシッバシッ

ポニテ「やめて」

幼女「ああっ!見てたらつい」

ポニテ「猫?猫なの?」

幼女「猫じゃないけど、でも綺麗な髪だねー」

ポニテ「そう」

7: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/19(火) 17:01:11.40 ID:/NmkyU4H0
幼女「」カリカリ

ポニテ「」カリカリ

幼女「……」

ポニテ「」カリカリ

幼女「」ゴソゴソ

幼女「ポニテちゃんポニテちゃん」ツンツン

ポニテ「何」

幼女「じゃーん、ポニーテール」

ポニテ「……」

幼女「おそろい」

ポニテ「あっそ」

幼女「……」

ポニテ「」カリカリ

8: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/19(火) 17:08:24.27 ID:/NmkyU4H0
幼女「……」

幼女「」マジックデオヤユビニカオカキ

幼女「やあ!こんにちはポニテちゃん!(裏声)」

ポニテ「……」

幼女「ボク、親指の里から来たオヤユビーン9世!君の名前は?」

ポニテ「」ギロッ

幼女「ひっ」ビクッ

ポニテ「……」

幼女「に、睨まないで……」

ポニテ「冗談か何かのつもりだろうけど、おもしろくない」

幼女「そっかー、じゃあねー、この前友ちゃんを笑わせまくった渾身の一発ギャグを……」

ポニテ「あのさ」

幼女「?」

ポニテ「話しかけないでくれる?」

幼女「え」

ポニテ「私、あんたみたいな人、苦手だし、嫌いだから」

幼女「……」

ポニテ「」カリカリ

幼女「……」

9: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/19(火) 17:14:12.18 ID:/NmkyU4H0
先生「……じゃあこの問題、幼女さん」

幼女「……」

先生「幼女さん?」

幼女「っ!はっ、はい!」ガタッ

先生「解いてください」

幼女「あ、えーと、うーん、そ、その……」アタフタ

先生「わかりませんか?」

幼女「あっ!いえ!わかります!その、えと……」

幼女「じゅ、じゅうさん……」

先生「……」

幼女「……ち、違いました?」

先生「じゃあかわりにポニテさん」

ポニテ「はい、十八です」

先生「そうですね、それでは次の問題……」

幼女「……」

ポニテ「」カリカリ

10: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/19(火) 17:20:34.41 ID:/NmkyU4H0



休み時間

男子「よーし!みんなでサッカーやろうぜ!全員校庭集合な!」

ワーワーガタガタ

友「はー、男子は毎日飽きもせずよくやってるよねー」

幼女「おー、サッカーかー、私もやってみたいなー」

友「えー、やめときなよー、校庭行っても男子しかいないよー」

幼女「そっかー」

友「そんなことより幼女ちゃん、一緒に図書館行こうよ、このまえ借りた本まだ返してないんでしょ?」

幼女「なんだっけ」

友「ほら、図書委員に催促されてたじゃん。はよ返せって」

幼女「あー!そうだった!じゃあいこっか」

11: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/19(火) 17:26:23.49 ID:/NmkyU4H0
図書館

ピッ

幼女「よし、返却っと」

友「あー!このシリーズ新刊出てたんだー!うわー、知らなかった」

幼女「」キョロキョロ

友「ねえねえ幼女ちゃん、これ……」

幼女「」ジー

友「幼女ちゃん?」


ポニテ「……」


幼女(ポニテちゃんだ)

幼女(本読んでる)

幼女「」タタタ

ポニテ「……」ペラ

幼女「」ソー

ポニテ「……」

幼女「」ノゾキ

ポニテ「……」

幼女「」ウロチョロ

ポニテ「……何」

幼女「」ビクッ

12: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/19(火) 17:29:29.81 ID:/NmkyU4H0
幼女「」アセアセ

ポニテ「……」

幼女「」ユビサシ

ポニテ「?」

幼女「」ジェスチャー

ポニテ「何?なんでジェスチャーしてんの?」

幼女「」ジェスチャー

ポニテ「喋っていいから」

幼女「だって話しかけるなって……」

ポニテ「そういう意味じゃないから」

13: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/19(火) 17:34:34.57 ID:/NmkyU4H0
ポニテ「なにしにきたの」

幼女「なに読んでるのかなーって」

ポニテ「だから、関係ないって言ってるでしょ?」

幼女「もらいっ」バシッ

ポニテ「あ、ちょっと、返してよ」

幼女(難しそうな本。文字が小さい……)ペラペラ

ポニテ「……読みたいの?」

幼女「うん」

ポニテ「……」

幼女「……」

14: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/19(火) 17:37:22.91 ID:/NmkyU4H0
ポニテ「……」

幼女「……」

ポニテ「……」

幼女「……」

ポニテ「……何してんの?」

幼女「……」

ポニテ「おーい」

幼女「読んでる……」

ポニテ「本持って突っ立ってるようにしか見えないんだけど」

幼女「……」

幼女「」ペラ

ポニテ(や、やっとページめくった……おっそ)

15: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/19(火) 17:42:30.01 ID:/NmkyU4H0
ポニテ「もう、イライラする!」バシッ

幼女「ああっ、読んでる途中だったのに」

ポニテ「あんたさ」

幼女「何?」

ポニテ「今日の授業、あんたあてられたとき」

幼女「うん」

ポニテ「なんであんな簡単な問題も解けないの?」

幼女「ええ、簡単じゃないよ、難しいよ」

ポニテ「しかもさ、わからないならわかんないって言えばいいのに、どうして中途半端に意地張ってるの?男子とか、クスクス笑ってる奴いたよ?」

幼女「だって……」

ポニテ「とにかく、もうかかわらないでね、いい加減」

幼女「……」

ポニテ「」スタスタ

16: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/19(火) 17:53:28.76 ID:/NmkyU4H0
幼女「……」

友「だ、大丈夫?なんかあった?」

幼女「大丈夫……」

友「大丈夫に見えないんだけど……ポニテさんとなんかあった?」

幼女「隣の席になったの」

友「あ、幼女ちゃんの隣ってポニテさんになったんだ……」

幼女「うん」

友「あ、あのさ、ポニテさんなんだけど、あんまりしつこく話しかけない方がいいかも」

幼女「なんで?」

友「ポニテさんが転入してきたときの話なんだけど」

幼女「うん」

友「ほら、転入生って注目されるじゃん?だから転入してきたその日はいろんな人がポニテさんの近くに集まってさ。
  ポニテさん、質問攻めにあっちゃって」

友「それでポニテさんも最初は適当に答えてたんだけど、繰り返し繰り返しあーだこーだいわれて……」

友「周りのみんなをすっごい睨んだの。口には出さなかったけど、もうやめろ、近寄るなかかわるなみたいな」

幼女「あ、私もポニテちゃんに睨まれた……」

17: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/19(火) 17:59:50.61 ID:/NmkyU4H0
友「先生はあんまり人と話すのが好きじゃない子だって言ってたけど」

友「だからあんまり……」

幼女「うーん……でも」

友「でも?」

幼女「隣だから」



授業中

先生「はい、ここで作中の主人公は……」

幼女「ポニテちゃん、話しかけてもいい?」

ポニテ「……」

幼女「じゃーんみてこれ」

ポニテ「……あ」

幼女「ポニテちゃんが読んでた本だよ。探したら同じのあったから借りてきた」

ポニテ「はあ……」

幼女「?」

ポニテ「あんたがそれ読めるわけないでしょ……」

18: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/19(火) 18:02:38.14 ID:/NmkyU4H0
幼女「なんでさ」

ポニテ「ページめくるのにあんなに時間かかってたのに……」

幼女「それでも読めるよ」

ポニテ「推理小説だよ?仮に全部読めたとしても、話分かるの?」

幼女「わかるよ!」

先生「ちょっと、幼女さん静かに」

幼女「あっ……すいませ……」

ポニテ「はあ……」

19: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/19(火) 18:38:57.17 ID:/NmkyU4H0
幼女「とにかく、私この本読むから」

ポニテ「あんたさ、何がしたいの?」

幼女「何って」

ポニテ「さっきから私の周りうろちょろうろちょろ、なんでそんなにつきまとってくるの?」

ポニテ「何?一緒に遊んでほしいの?周りのやつらとへらへら笑って適当に馴れ合いたいなら別のやつのとこ行けばいいじゃん。
    私じゃなくても」

ポニテ「隣だから?関係ない。いい加減にして」

幼女「……だって」

ポニテ「だってなに?」

幼女「友達に……なりたくて」

ポニテ「……」

幼女「友達になろうよ!」

ポニテ「……なんで」

25: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/21(木) 16:21:16.28 ID:qn+HKYUN0




帰り道

ポニテ「」スタスタ

幼女「」トコトコ

ポニテ「……ねえ」

幼女「なに?」

ポニテ「なんでついてくるの」

幼女「別についてきてないよ!私だって帰ってる途中だもん」

ポニテ「明らかに遠回りしてるでしょうが……私の帰り道にあわせてるでしょ」

幼女「」キョロキョロ

幼女「ここら辺の道、人通り少ないねー」

ポニテ「……」スタスタ

幼女「ねえポニテちゃん!ポニテちゃんの家ってどこにあるの?」

ポニテ「! まさか家までついてくるつもりじゃ」

幼女「友達になるんだから、どこに家あるかくらい知りたい!」

26: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/21(木) 16:27:12.21 ID:qn+HKYUN0
ポニテ「冗談じゃない……なんであんたに家の場所なんて教えなくちゃいけないの」

幼女「だって友達」

ポニテ「友達になんてならないから!ついてこないでよ!」

幼女「えー……」

ポニテ「」ダッ

幼女「あっ!待ってポニテちゃん!」

ポニテ「はあ、はあ、ここら辺曲がり角多いからうまくまけば……」タッタッ

幼女「まて~!」ダダダ

ポニテ「うっ!速っ!」

幼女「捕まえた!」

ポニテ「へぶっ!」

27: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/21(木) 16:33:33.95 ID:qn+HKYUN0
幼女「逮捕だ」

ポニテ「わ、わかったから、はなして」

幼女「よし、じゃあ交代ね」

ポニテ「こ、交代?」

幼女「今度私が逃げるからポニテちゃんが追いかけて捕まえて」アシブミ

ポニテ「はあ?鬼ごっこじゃないんだから。あのね、ふざけてるわけじゃ……」

ポニテ「ん……いや……そう、だね、鬼ごっこしよう」

幼女「よしきた!」

ポニテ「じゃあ私が十数えるからその間に逃げてね」

幼女「うん!」

ポニテ「じゃあいくよ、十……」

幼女「つかまえてごらーん!」ダダダ

ポニテ「……」

幼女「」ダダダ…

ポニテ「……」

ポニテ「さてと帰るか……」

28: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/21(木) 16:39:55.22 ID:qn+HKYUN0





次の日

幼女「」ムスー

ポニテ「……何」

幼女「なんで昨日おいていったの」

ポニテ「なんのこと」

幼女「私あれから結構走り回ってたんだからな!」

ポニテ「ふん、騙されるのが悪いんじゃん」

幼女「なんだとー!」

幼女「怒った!もうポニテちゃんとは口きいてあげないから!」

ポニテ「へえ、嬉しい」

幼女「あ……」

幼女「じゃあ逆!口きく!ききまくる!一日中ポニテちゃんに喋りかけまくるから!」

ポニテ「あっそ、別に、何言われようが無視するだけだから」

幼女「むー!」

29: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/21(木) 16:43:35.90 ID:qn+HKYUN0
授業中

幼女「」カリカリ

ポニテ「」カリカリ

幼女「……?」

幼女「ポニテちゃん、この問題」

ポニテ「……」

幼女「ちょっとよくわからないんだけど、解き方教えて?」

ポニテ「」プイ

幼女「……むぅ」

幼女「人を無視すると地獄に落ちるってお母さん言ってたぞー」

ポニテ「……」

30: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/21(木) 16:48:50.96 ID:qn+HKYUN0
休み時間の図書館

幼女「ポニテちゃーん」

ポニテ「……」

幼女「まえの本ねー、十ページまで読んだよー」

ポニテ(まだ十ページ)

幼女「なんかね、えっと、すっごいおもしろいと思う!」

ポニテ(十ページじゃまだ何もわかんないでしょ)

幼女「私もなんかポニテちゃんに紹介してあげる!絵本いっぱい読んだのあるから!」

ポニテ(絵本とか、ださ)

31: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/21(木) 16:56:33.44 ID:qn+HKYUN0
給食中

幼女「」パクパク

ポニテ「」モグモグ

幼女「ポニテちゃん、今日のご飯おいしいね!」

ポニテ「」モグモグ

幼女「……?」

ポニテ「」モグモグ

幼女「ポニテちゃん、野菜食べないの?」

ポニテ「……」

幼女「たしか前も残してたよね、嫌いなの?」

ポニテ「……」

幼女「ポニテちゃーん、好き嫌いはよくないよ、こんなにおいしいのに」パクパク

ポニテ「」イラッ

ポニテ「」スッ

幼女「お?」

ポニテ「」パク

幼女「おー」

ポニテ「」パクパク

幼女「なんだ食べれるんじゃーん、だったらわざわざ残さなくても……」

ポニテ「げほっ!」

幼女「!? ポニテちゃん!?」

ポニテ「げっほ!ごほごほ、ごほっ」

幼女「えええ、だ、大丈夫!?あ、えと、せ、せんせ!ポニテちゃんが!」

ナンダナンダザワザワ

32: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/21(木) 17:00:15.65 ID:qn+HKYUN0
昼休み

幼女「ごめんなさい……」

ポニテ「……」

幼女「ま、まさか吐くほど嫌いだなんて知らなくて……」

ポニテ(吐くとか言ったらゲロ吐いたみたいじゃんやめてよ)

幼女「で、でも!昨日のこともあるから!これでおあいこだね!」

ポニテ「……」

幼女「今日も一緒に帰ろうね!」

ポニテ「」プイ

33: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/21(木) 17:04:30.38 ID:qn+HKYUN0




当番「これで帰りの会を終わります、きりーつ、さようならー」

ガヤガヤ

幼女「さてと……」

友「幼女ちゃーん」

幼女「あ、友ちゃん」

友「一緒に帰ろー」

幼女「あー……ごめん、今日別の友達と帰る約束してるから」

友「あ、そうなの?じゃあさ、ちょっとこれだけ話しときたいんだけど……」

幼女「何?」

34: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/21(木) 17:07:44.17 ID:qn+HKYUN0







友「じゃ、そういうことで、じゃあね幼女ちゃんまた明日」

幼女「うん、じゃあねー」ノシ

友「」スタスタ

幼女「……?」

幼女「はて、何か忘れているような……」

幼女「! そうだ!ポニテちゃん!」

幼女「い、いない……先に帰っちゃったんだ、私と友ちゃんが話してる間に……」

幼女「くそー、一緒に帰るって言ったのにー!いまから追いかければ間に合うかな……」タタタ

35: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/21(木) 17:10:38.39 ID:qn+HKYUN0
帰り道

ポニテ「はあ……」

ポニテ(一日中あいつに付きまとわれたし……)

ポニテ(ほんとなんなのあいつ……友達になりたいとか、意味わかんないし……)

ポニテ(はあ、もういいや、はやく帰ろ)

ニャー

ポニテ(……?)

ポニテ(にゃー?)

子猫「ニャー」

ポニテ「!?」

36: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/21(木) 17:15:06.35 ID:qn+HKYUN0
子猫「ニャー」

ポニテ(え、え、猫?なんでこんなことろに……)

ポニテ(ダンボール……捨て猫かな)

子猫「ニャー」

ポニテ(う、うわあ……ちっさ……か、かわ……)

子猫「」ジー

ポニテ(こ、こっちみてる……)

ポニテ(さわれるかな……)

ポニテ「」ソー

子猫「ニャ」

ポニテ「」ナデナデ

子猫「ニャーン」

ポニテ(ふ、ふわふわだ……)

37: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/21(木) 17:18:00.57 ID:qn+HKYUN0
ポニテ「」ナデナデ

子猫「」ゴロゴロ

ポニテ(だ、だっことか、できる?)

子猫「ニャ」

ポニテ「」ソー

ポニテ「」ダッコ

子猫「」ゴロゴロ

ポニテ「」ナデナデ

子猫「」ゴロゴロ

38: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/21(木) 17:21:05.28 ID:qn+HKYUN0





幼女「……」

ポニテ「ナデナデ」

子猫「」ゴロゴロ

ポニテ「」ニコニコ

幼女「……ポニテちゃん?」

ポニテ「」ビクッ

ポニテ「……あ」

幼女「」ジー

ポニテ「」スッ

ポニテ「」ダッ

幼女「」ガシッ

ポニテ「うっ」

幼女「今日は逃がさないからな!」

ポニテ「わ、わかったよ、わかったから、どこにも逃げないからはなして」

39: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/21(木) 17:25:02.24 ID:qn+HKYUN0
幼女「お、ポニテちゃん口きいた」

ポニテ「もういいから、そういうの」

幼女「……猫?」

ポニテ「……うん」

幼女「捨て猫?」

ポニテ「ダンボールに入ってるから……多分」

子猫「ニャー」

幼女「ポニテちゃん今すごい顔してたよ、すごいニコニコ、にへーって」

幼女「ポニテちゃんってあんな顔するんだね」

ポニテ「っ……やめてよ」

41: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/21(木) 17:29:11.80 ID:qn+HKYUN0
ポニテ「」ナデナデ

子猫「ニャア」

幼女「かわいいねー」

ポニテ「うん……」

幼女「猫好きなの?」

ポニテ「まあ……嫌いじゃないけど」

幼女(嘘だ、嬉しそうだもん、すごい好きなんだ)

子猫「」ゴロゴロ

幼女「どうするの?」

ポニテ「なにが?」

幼女「拾っちゃえば?かわいいし」

ポニテ「……」

幼女「?」

ポニテ「うちのアパート……ペット禁止だから」

幼女「そうなの……」

42: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/21(木) 17:34:50.89 ID:qn+HKYUN0
ポニテ「……帰るね」

幼女「え」

ポニテ「……」

幼女「いいの?」

ポニテ「……」

幼女「ここの通り人少ないし、このままほっといたら……」

ポニテ「……でも」

ポニテ「ちゃんと飼えないのに拾うわけにいかない。衝動的に動いて無責任なのが、一番、ダメ」

ポニテ「……大丈夫、全く人がいないわけじゃないから。そのうちもっとちゃんとしたいい人が拾ってくれるよ」

幼女「……」

ポニテ「……ついてこないでね」

ポニテ「」スタスタ

幼女「……」

43: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/21(木) 17:36:50.51 ID:qn+HKYUN0
次の日の朝

ポニテ「」スタスタ

ニャー

ポニテ(あ……)

ポニテ(今日もいる……)

子猫「ニャー……」

ポニテ「……」

ポニテ(はやく誰か拾ってあげれば……)

子猫「ニャ……」

ポニテ「……」

44: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/21(木) 17:38:13.88 ID:qn+HKYUN0
また次の日の朝

ポニテ「……」

子猫「ニャ……」

ポニテ(まだいる……)

子猫「……」

ポニテ(……やっぱり)

ポニテ「」ゴソゴソ

45: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/21(木) 17:42:11.70 ID:qn+HKYUN0
数日後

当番「きりーつ、さようならー」

幼女「ポニテちゃーん!」

ポニテ「うわ、何」

幼女「今日は一緒に帰るぞ!久しぶりに!」

ポニテ「思い出したように……今まではどうしてたの」

幼女「あ、ちょっと新しく仲良くなった友達がいるからその子と帰ってた。でも今日はポニテちゃんと帰る」

ポニテ「じゃあずっとそうしてればいいじゃん……ついてこないでって言ってるでしょ」

幼女「ついてくるんじゃなくて、一緒に帰るんだよ、友達でしょ?」

ポニテ「友達じゃないからっ」

幼女「それに、あの猫の事も気になるんだよねー、どうなった?やっぱり誰かが拾ってくれた?」

ポニテ「……」

幼女「?」

46: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/21(木) 17:46:07.51 ID:qn+HKYUN0



子猫「ニャー」

幼女「ま、まだいるんだ……」

ポニテ「……」

幼女「あれ?でも……」

幼女「ご飯が用意されて……それにこの毛布……」

ポニテ「……」

幼女「ポニテちゃんがやったの?」

ポニテ「……うん」

ポニテ「毎朝……来るたびに」

幼女「へえ……」

ポニテ「あと……おしっこの処理とかも……した」

幼女「……ポニテちゃん」

ポニテ「?」

幼女「ポニテちゃんってやっぱりいい人だよね、優しい」

ポニテ「……」

ポニテ(優しい?私が?)

47: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/21(木) 17:51:54.89 ID:qn+HKYUN0
ポニテ「」ナデナデ

子猫「」ゴロゴロ

幼女「かわいー」

ポニテ「」ニコ

子猫「ニャー」

幼女「……」

ポニテ「……きなこ」ボソッ

幼女「……きなこ?」

ポニテ「あッ……いや、なんでも……」

幼女「?」

ポニテ「……名前」

ポニテ「きな粉色だから……」

幼女「へえー、いい名前じゃん!」

ポニテ「……」

幼女「きなこー」ナデナデ

きなこ「ニャー」ゴロゴロ

48: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/21(木) 17:56:57.83 ID:qn+HKYUN0
ポニテ「はあ……」

幼女「どうしたの?」

ポニテ「ダメだよね……私」

幼女「え、なんで」

ポニテ「まともに飼ってあげられるわけでもないのにこんな風に相手して」

幼女「そ、そんなことないよ、ポニテちゃんはなにもダメじゃないよ」

ポニテ「育てられないのに、中途半端に可愛がって、そういうのが、ダメなんだよ」

ポニテ「わたしだって……」

ポニテ「……」

幼女「わたしだって?」

ポニテ「……なんでもない」

49: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/21(木) 18:03:28.29 ID:qn+HKYUN0
幼女「ねえ、やっぱりポニテちゃんが飼ってあげたほうがいいんじゃないかな」

ポニテ「え……」

幼女「ずっとお世話してあげてたんでしょ」

ポニテ「お世話っていうか……」

幼女「きなこもポニテちゃんになついてるし」

ポニテ「うん、でも……」

幼女「……やっぱりだめか」

ポニテ「前も言ったけど、ペット……」

幼女「……あのねポニテちゃん」

ポニテ「何?」

幼女「このまえね、お母さんに捨て猫見つけたから飼ってもいいかって聞いたら、ちゃんと世話するなら飼ってもいい、って言われたの」

ポニテ「……」

幼女「私はポニテちゃんが飼うのが一番よくって、ベストだと思うけど、ポニテちゃんも事情があるみたいだし」

幼女「ずっとこのまま放っておいたら可愛そうだから……ね?」

ポニテ「……」

50: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/21(木) 18:08:15.01 ID:qn+HKYUN0
ポニテ「」ダッコ

きなこ「ニャーン」

ポニテ(なにそれ)

ポニテ(それって、きなこが、幼女ちゃんちの猫になるってことじゃん)

ポニテ(それって……)

ポニテ(……)

ポニテ(……でもきなこは私の猫じゃないし)

ポニテ(幼女ちゃんの言う通りこのまま放っておいたら)

ポニテ(それに)

ポニテ(きなこも、そっちのほうが幸せだ)

ポニテ「……」

幼女「……ポニテちゃん」

ポニテ「……お願い」

ポニテ「ちゃんと飼ってね」

幼女「うん!」

きなこ「ニャー」

54: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/25(月) 16:16:11.88 ID:bPvlw08s0
次の日

幼女「ポニテちゃーん、私結局ポニテちゃんの家知れてないんだけど」

ポニテ「知らなくていいから、そんなの」

幼女「なんでさー、友達なんだから遊びに行きたいよー」

ポニテ「だから友達じゃ……」

幼女「あ、そうだ、じゃあ逆に私の家に遊びに来る?」

ポニテ「別に、行く意味ないし」

幼女「そんなことないよ、一緒にあそぼーよーねー」

ポニテ「そんなことより」

幼女「?」

ポニテ「きなこ……どうなった?」

55: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/25(月) 16:20:37.51 ID:bPvlw08s0
幼女「あーうん!家にいるよ!」

ポニテ「どんな感じ?」

幼女「えっとね、最初は怯えててダンボールから出てこなかったんだけど……でもしばらくしたら出てきて、
   ご飯も食べてた!私が外からねこじゃらしとってきて、それで遊んだよ!」

ポニテ「そう、元気なんだ」

幼女「うん!」

ポニテ「よかった……」

幼女「……」

ポニテ「……」

幼女「ポニテちゃん」

ポニテ「何?」

幼女「家、来る?」

ポニテ「え?」

56: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/25(月) 16:23:45.53 ID:bPvlw08s0
ポニテ「だから別に、行く意味ないって……」

幼女「意味ならあるよ!きなこ、見たいでしょ?」

ポニテ「……」

幼女「きなこもうすっかり元気だし、かわいいから見においでよ!
   きなこも、世話してくれたポニテちゃんの顔見て安心すると思う!」

ポニテ「そうかな……」

幼女「うん!」

ポニテ「……」

57: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/25(月) 16:29:05.77 ID:bPvlw08s0




帰り道

ワイワイガヤガヤ

ポニテ「……」キョロキョロ

幼女「どうしたの?」

ポニテ「いっぱいいる……」

幼女「あー、ポニテちゃんの通学路人少ないもんねー、こっちの方角から帰る人多いから」

ポニテ「家、どこにあるの?」

幼女「んー、あっちらへん」

ポニテ「どっちよ」

幼女「あっち」

ポニテ「自分の家の地区の名前くらい憶えときなさいよ……」

58: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/25(月) 16:35:41.43 ID:bPvlw08s0
幼女「ふふふー、私の家ねー、畳屋なんだー」

ポニテ「畳屋?」

幼女「そ!家の隣にお父さんが畳つくるところがある!」

ポニテ「へー……」

幼女「あ、ここを曲がっていくんだよ!」

ポニテ(人通り少なくなってきた、みんなバラバラの方向に帰ったんだ)

ポニテ「まだなの?」

幼女「もうすぐ着くよ」

ポニテ「」トコトコ

幼女「ふふ、隣」

ポニテ「?」

幼女「私今ポニテちゃんの隣にいる」

ポニテ「うん」

幼女「学校でも隣にいる」

ポニテ「うん」

幼女「えへへ」

ポニテ「何……へんなの」

59: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/25(月) 16:41:41.77 ID:bPvlw08s0
幼女「あ!着いたよ!ここだよ!」ユビサシ

ポニテ「へー」

幼女「どう?」

ポニテ「どうって……別に、普通の家じゃん」

幼女「ここが畳つくるところ!」

ポニテ「……」

幼女「ここが玄関!」

幼女「あそこがトイレ!あそこが子供部屋!あそこが……」

ポニテ「ストップ、外から指さして説明されてもわかんないから」

幼女「そうだね!じゃあ入って」

ポニテ「……お邪魔します」ボソッ

幼女「おかーさーん!友達来たー!」トタトタ

ポニテ「……」

60: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/25(月) 16:51:06.26 ID:bPvlw08s0
母「あら、こんにちは。ちょっと幼女、ちゃんと手洗いなさい」

ポニテ「こ、こんにちわ」

幼女「ポニテちゃーん!きなここっちにいるよー!」

母「えーと、来たことある子?」

ポニテ「あ、いえ、ポニテです。初めて来ました」

母「だよね、よかったー、私が覚えてないだけかと思った」

母「幼女も妹もいろんな子連れてくるのよー、全員ちゃんと覚えられなくって。このまえ初めましてって言ったら来たことありますって
  言われて。いやでしょー、もう」

ポニテ「はは……」アイソワライ

母「あ、お菓子なんか持ってくるからちょっと待っててね」

ポニテ「あ、お構いなく……」

ポニテ「……」

幼女「ポニテちゃーん、こっちこっち!」

ポニテ「うん……」

61: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/25(月) 16:57:34.61 ID:bPvlw08s0
幼女「えーと、このダンボールの中に……」

幼女「……あれ」

ポニテ「いないじゃん」

幼女「おかーさーん!きなこはー?」

母「猫ちゃん?猫ちゃんなら妹がなんか持って行ってたわよ。はいチョコあったからあげる。幼女、一人で全部食べちゃダメよ」

幼女「食べないよ!はいポニテちゃん」

ポニテ「ああ、うん……それできなこは」

幼女「妹多分子供部屋にいると思う、来て」

ポニテ「うん」

幼女「」トタトタ

ポニテ(階段……二階か、いいな……)

幼女「ポニテちゃんー」

ポニテ「」トタトタ

62: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/25(月) 17:04:13.83 ID:bPvlw08s0
子供部屋

幼女「いもうとーいるー?」ガチャ

妹「答えよ、そなたは何者じゃ」

きなこ「ニャー」

妹「ふむ、猫か。やはり吾輩は猫であるなら名前はまだないのか」

きなこ「ニャー」

妹「ならばつけてしんぜよう、うーぬ」

きなこ「ニャー」

妹「ニャー助!ニャーとなくからニャー助だ!ニャー助ー」ナデナデ

きなこ「ニャーン」

幼女「……なにやってんの?」

妹「あッ、お姉ちゃんいたの?」

ポニテ「……」

妹「? お姉ちゃんの友達?」

幼女「そうだよ」

妹「ふーん」ジー」

ポニテ「……」

63: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/25(月) 17:09:48.49 ID:bPvlw08s0
幼女「ねえ妹、きなこかして」

妹「ニャー助は今私と取り込み中です」

幼女「にゃ、ニャー助じゃないよ、きなこだよ!いいからかして!」

妹「えーなにきなこって。ニャー助の方がイケてるー、ねーニャー助」ナデナデ

きなこ「ニャー」

幼女「もういい加減にしてよ!きなこって名前はポニテちゃんが……!」

ポニテ「いいよ」

幼女「え?」

ポニテ「いいよ、ニャー助で。元々私に名前付ける資格なんかなかったし、
    もう幼女ちゃんちの猫なんだから好きにつければ」

幼女「で、でも……」

妹「だってさーニャー助ー」ナデナデ

64: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/25(月) 17:14:05.19 ID:bPvlw08s0
幼女「……妹、一階にチョコあるよ」

妹「え、ほんと!?」

妹「」ガチャトタトタ

ポニテ「……」

幼女「」ナデナデ

きなこ「」ゴロゴロ

幼女「きなこー」ナデナデ

きなこ「」トコトコ

ポニテ「?」

きなこ「」スリ

ポニテ「あ……」

きなこ「」スリスリ

幼女「やっぱりちゃんと覚えてるね、ポニテちゃんの事」

ポニテ「きなこ……」

きなこ「ニャー」スリスリ

65: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/25(月) 17:19:23.32 ID:bPvlw08s0
ポニテ「」ナデナデ

きなこ「ニャー」

ポニテ「」ニコ

幼女「会えてよかったねー」

ポニテ「べ、別に……昨日も会ってたし」

きなこ「」ゴロゴロ

ポニテ「……」

ポニテ(お別れ言わなきゃ、もう幼女ちゃんちの猫なんだから)

ポニテ(いい家にこれてよかったね、きなこ)

ポニテ(あ……そうか、もうきなこじゃないんだ)

ポニテ(……)

きなこ「」ゴロゴロ

66: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/25(月) 17:27:48.93 ID:bPvlw08s0
ポニテ「妹いたんだ」

幼女「うん!あとお姉ちゃんもいるよ!」

ポニテ「へえ……結構多いね」

幼女「うん!五人家族!」

ポニテ「五人と一匹、ね」

幼女「そっか!ねえポニテちゃんは兄弟いるの?」

ポニテ「いないよ、一人」

幼女「ほんとー?いいなー」

ポニテ「え、なんで」

幼女「だってさ!外で食事するとき喧嘩にならないじゃん!一人っ子だったらいつでも自分の好きな店に行けるでしょ!」

ポニテ「そんな理由……」

幼女「ポニテちゃんやっぱり外で食べるとき好きなとこ連れてってくれるの?」

ポニテ「……外食自体、あんましない」

幼女「そっかー、私が一人っ子だったら毎回あそこのレストランにするんだけどなー」

ポニテ「……」

67: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/25(月) 17:38:10.52 ID:bPvlw08s0
幼女「そうそう!ねえ聞いてよー!兄弟で思い出したんだけどさ!」

ポニテ「なに」

幼女「私自分の部屋持ってないんだよー!この部屋!子供部屋ってひとくくりにされてさ!妹と共有なの!」

ポニテ「ふーん」

幼女「しかもさ!それなのにお姉ちゃんは自分の部屋持ってる!ずるいでしょー、お母さんはお姉ちゃんが一番上だからって
   言うけど、私だって自分の部屋欲しい!ねえ、どう思う?」

ポニテ「どう思うって言われても」

幼女「友達に聞いたらさー、私の部屋にはテレビついてるよー、とか。羨ましいなーほんと」

ポニテ「私の部屋テレビあるけど」

幼女「ほんと!?うわー!ますます行きたい!ていうか部屋あるんだ!いいなーいいなー」

ポニテ「……べつに、そんないいもんじゃないから」

幼女「ちぇー、部屋持ってるからそういうこと言えるんだよーぶーぶー」

ポニテ「……」

きなこ「」ゴロゴロ

68: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/25(月) 17:42:10.63 ID:bPvlw08s0
ポニテ「私、もう帰るね」

幼女「えっ!?まだ来たばっかじゃん!もうちょとゆっくりしてけばいいのに」

ポニテ「猫に会いにきただけで、遊びに来たわけじゃないから。もう十分」

ポニテ(お別れも言ったし)

幼女「そう……じゃあお見送りするね」

ポニテ「別にいいよ」

幼女「そんなこと言わずに」

69: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/25(月) 17:45:35.65 ID:bPvlw08s0
ポニテ「」トタトタ

ガラガラ

ポニテ「?」

姉「ただいまー」

幼女「あ、お姉ちゃん帰ってきた」

母「もう、姉も、ちゃんと手洗いなさい」

姉「わかってるよーもう、いちいち言わなくていいからさー」

ポニテ「……」

姉「お、知らない子」チラッ

ポニテ「……」

姉「」スタスタ

70: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/25(月) 17:52:32.01 ID:bPvlw08s0
母「あら、ポニテちゃんもう帰るの?」

ポニテ「あ、はい、長くいると悪いので」

母「別にそんなことないのにー、またいつでも遊びに来てねー」

ポニテ「ど、どうも」

ガラガラ

ポニテ「別に見送りとかいいって言ったのに」

幼女「それじゃ、次はポニテちゃんの家行くからね」

ポニテ「来なくていいから」

幼女「絶対行くから!」

ポニテ「うるさいな……」

幼女「じゃ、また明日」

ポニテ「うん……」

幼女「……」

ポニテ「……ニャー助」ボソッ

幼女「!」

ポニテ「よろしくね」

幼女「……」

ポニテ「」スタスタ

71: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/25(月) 17:58:30.81 ID:bPvlw08s0
幼女「待って!」

ポニテ「?」クルッ

幼女「私はね、ポニテちゃん」

幼女「きなこを飼うとは言ったけど、違うの。もらった訳じゃない」

幼女「ポニテちゃんは事情があるから、私がかわりなの。預かってるだけなの」

幼女「きなこは今でもきなこだし、きなこは今でもポニテちゃんの猫だよ!」ニコッ

ポニテ「……幼女ちゃん」

幼女「だから、さ、これからもこうやって会いにおいでよ。きなこもポニテちゃんに会いたがってるよ!」

ポニテ「……」

幼女「ね?」

ポニテ「……」

ポニテ「……都合のいいこと言わないで」

72: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/25(月) 18:04:48.55 ID:bPvlw08s0
ポニテ「そうやって調子いいこと言って、私を定期的に家に誘う気でしょ」

幼女「ええ、いや、そういうわけじゃ……」

ポニテ「私だってきなことお別れは嫌だったけど、もう、いいから、そういうの。余計な心配しなくても、いい」

ポニテ「今回の猫の一件で、仲良くなった気にならないで」

幼女「……」

ポニテ「……」

幼女「……」

ポニテ「……でも」

幼女「……?」

ポニテ「……ありがと」

幼女「……」

ポニテ「じゃあ、ね、また明日」

ポニテ「」スタスタ

幼女「」ニコッ

幼女「じゃーねー!ポニテちゃん!明日も一緒に帰ろうねー!!」ノシ

ポニテ「」ノシ

76: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/29(金) 16:41:00.71 ID:yG179DcD0





先生「はい、それではこの前の国語のテストを返したいと思います。よんだ人から順に取りに来てくださーい……」


幼女「……」

ポニテ「」スタスタ

ポニテ「」スワリ

幼女「ねえねえポニテちゃん、テストどうだった?」

ポニテ「別になんともないけど」

幼女「見てもいい?」

ポニテ「ん」

幼女「ひゃ、百点……」

ポニテ「それがどうかしたの?」

77: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/29(金) 16:44:14.61 ID:yG179DcD0
幼女「ポ、ポニテちゃんってやっぱり頭いいんだねー」

ポニテ「別に、国語のテストなんて漢字さえ覚えちゃえばあとは勉強しなくたって百点とれるよ」

幼女「そ、そうなの?」

ポニテ「あんたはどうだったの?」

幼女「うう……」

ポニテ「?」

幼女「」チラ

ポニテ「四十三点……」

78: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/29(金) 16:48:21.71 ID:yG179DcD0
幼女「いっつもこんな点数……」

ポニテ「はあ……どうせ宿題もまともにやってないんでしょ、だからそんな点数なんだよ」

幼女「なっ!やってるよ!」

ポニテ「ほんとに?」

幼女「毎日ちゃんと全部やって出してるよ!ほんとだよ!」

ポニテ「ええ、それって、勉強してるのにそんな点数ってこと?」

幼女「……うん」

ポニテ「それってどうなの」

幼女「どうなのって……」

79: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/29(金) 16:52:53.77 ID:yG179DcD0
ポニテ「ま、あんたの成績なんて別にどうでもいいけどね」

幼女「そうだなー、誰か頭のいい人に教え込んでもらえればいいと思うんだけどなー」

ポニテ「……」

幼女「」ジー

ポニテ「え、何、私?」

幼女「いやぁ」

ポニテ「うん、まあ授業中にわからない問題の解き方教えてあげるくらいしてもいいけど」

幼女「んー、どうかなー、それじゃ薄いなー、もっとこう……」

幼女「その頭のいい人の家に行って一緒に勉強するくらいしないと……」

ポニテ「な、そうきたか……」

80: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/29(金) 16:59:48.91 ID:yG179DcD0
幼女「ね、いいでしょ、勉強会だよ勉強会!」

ポニテ「いいわけない、あんたを家にあげる気なんてさらさらないから」

幼女「なんでさー、私の家にも来たんだから次はポニテちゃんの番だと思わないー?順番的に」

ポニテ「どういう順番だ、とにかくダメ」

幼女「ちぇー、ちぇちぇちぇのちぇーだ」

ポニテ「なんでそんなに私の家に来たがるの」

幼女「なんでって、一緒に遊ぼうよ!ポニテちゃんの家どんなか知りたい!」

ポニテ「私の家なんて何もないよ、面白いもの」

幼女「そんなことないよ!この前部屋にテレビあるって言ってた!」

ポニテ「そんなのたいしたことないから、ホントに」

幼女「それでも行きたいよ!友達でしょ!?」

ポニテ「またそう言う……」

幼女「ね?」

ポニテ「どんなに言っても無駄だから、諦めなさい」

幼女「うう……ちくしょー」

81: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/29(金) 17:02:34.49 ID:yG179DcD0



帰り道

ポニテ「」トコトコ

トコトコ

ポニテ「」トコトコ

トコトコ

ポニテ(き、聞こえる……後ろから露骨に足音が)

ポニテ「」クルッ

幼女「」ビクッ

幼女「」サッ

ポニテ「……それでばれずについてきてるつもりなの」

幼女「ヒ、ヒトチガイジャナイデスカネー」

82: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/29(金) 17:08:32.14 ID:yG179DcD0
ポニテ「尾行して人の家勝手に知ろうとするなんて、ほんと最低」

幼女「だって、入れてくれないだろうから、せめて場所だけでもと思って……」

ポニテ「呆れた……」

幼女「ご、ごめんね?私帰るから……あ、でも諦めないからね、絶対諦めないから」

ポニテ「……」

幼女「」スタスタ

ポニテ「待て」

幼女「え」

ポニテ「来れば?来れば満足なんでしょ?じゃあ勝手にすれば」

ポニテ「毎日家行きたい家行きたいキーキー言われたらたまったもんじゃないから。
    一回入って満足したらもうその話、しないでね」

幼女「え、えと」

ポニテ「……あんたにはきなこの恩があるし」ボソッ

幼女「え?」

ポニテ「何でもない、こっち」スタスタ

83: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/29(金) 17:11:36.08 ID:yG179DcD0


ポニテのアパートの前

幼女「ほー……」

ポニテ「ここの二号室が私んとこ」

幼女「」ジー

ポニテ「なにしてんの」

幼女「ここがポニテちゃんの家かー……」

ポニテ「家っていうか、アパートだけど。早くしてよ閉め出すよ?」

幼女「あー、うん、ちょっと待って」トコトコ

85: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/29(金) 17:18:37.08 ID:yG179DcD0

幼女「おじゃましまーす……」ガチャ

シーン…

幼女「……」

ポニテ「ね、なにもないでしょ?満足した?」

幼女「」キョロキョロ

ポニテ「……」

幼女「」ジー

ポニテ「ひ、人の家そんなにジロジロ見ないでよ……」

幼女「ポニテちゃんのお母さんは?」

ポニテ「いない、仕事」

幼女「じゃあお父さんは?お父さんも仕事?」

ポニテ「いない、離婚したの、うち。それでこのアパートに来たの」

幼女「りこん」

ポニテ「……だから、離婚ってのは結婚してる人達が別れるってこと、つまり……」

幼女「???」

ポニテ「はあ……馬鹿らし。上がりたいなら上がりな、別に飲み物とか出さないから」

86: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/29(金) 17:23:57.89 ID:yG179DcD0




幼女「」トタトタ

幼女「」トタトタ

幼女「」トタトタ

ポニテ「……なにやってんの」

幼女「」クルッ

幼女「あそこが洗面所!ここが茶の間!あそこがトイレ!」ユビサシ

ポニテ「ねえ、なにやってんの」

幼女「せっかく来たから覚えて帰ろうと思って」

ポニテ「覚えてどうすんのよ……」

幼女「あそこがベランダ!あそこは謎の部屋!」

ポニテ「そこは私の部屋だけど」

幼女「ほほーう?」

87: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/29(金) 17:28:57.79 ID:yG179DcD0
幼女「」ソー

幼女「てーい!」ガチャ

幼女「おー!ポニテちゃんの部屋だー!」

ポニテ「何がそんなに面白いわけ」

幼女「テレビある」

ポニテ「うん」

幼女「ベッドある!」

ポニテ「そりゃあるよ、私の部屋だもん」

幼女「ててーい!」ボフッ

ポニテ「あッ」

幼女「えへへー、お布団ー♪」

幼女「おー、ポニテちゃんの匂いがする」

幼女「くんくん」

ポニテ「この」

ポニテ「変ッ態!」バシッ

幼女「あいたぁ!ぶつことないじゃんか……」

ポニテ「全く……だから入れたくなかったんだよ……」

88: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/29(金) 17:32:42.16 ID:yG179DcD0
幼女「いいなーベッド、私いつも敷布団で寝てるんだよ」

ポニテ「これから宿題するから、邪魔しないでね」

幼女「おー、やっぱり帰ってきてすぐ宿題する感じかー、えらいなー」

ポニテ「別に、それが普通だから。やることなかったら帰ってね」

幼女「……」

ポニテ「」カリカリ

幼女「……」

ポニテ「」カリカリ

89: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/29(金) 17:38:59.20 ID:yG179DcD0
幼女「ポニテちゃんちって静かだねー」

ポニテ「そう?」カリカリ

幼女「私んちはいっつもお母さんかお姉ちゃんか妹がいるから……」

ポニテ「それは、あんたんちが騒がしすぎるだけなんじゃないの?」

幼女「ねえ、ポニテちゃんのお母さんっていつ帰ってくるの?」

ポニテ「……夜だよ。暗くなってから」

幼女「へー、お仕事大変なんだね」

ポニテ「……私はいつも」

幼女「うん」

ポニテ「……この家にひとりでいる」

幼女「そっか、だから集中して勉強できるし、頭いいんだね」

ポニテ「……」

幼女「でもポニテちゃん、今は私がいるよ。一人じゃない、二人だ」

ポニテ「あっそ……」

90: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/29(金) 17:43:04.82 ID:yG179DcD0
幼女「えへへ、ふたりっきり」

ポニテ「何」

幼女「ほかの友達も、先生も、お母さんも兄弟もいない、ふたりっきり」

ポニテ「ちょっと、隣に座らないでよ」

幼女「……ポニテちゃんの隣って好きなんだ」

ポニテ「学校で散々隣なんだからいいでしょ、座るんだったら向かい側に座ってよ」

幼女「そうだ!私も宿題やろっ、ポニテちゃんに教えてもらえるし一石二鳥だ」

ポニテ「ちょっと聞いてる?」

幼女「」ゴソゴソ

ポニテ「もう……」

91: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/29(金) 17:48:26.20 ID:yG179DcD0



幼女「終わったー!」

ポニテ「あんた遅すぎ、どんだけ時間かかってんの」

幼女「でも!ポニテちゃんに教えてもらいながらやったからすっごい頭よくなった気がする!」

ポニテ「そんな一回の宿題くらいで変わったりしないから」

幼女「わかってるよー、でもありがと、ポニテちゃん」

ポニテ「……」

幼女「」ニコッ

ポニテ「ど、どういたしまして……」

幼女「さーて、これからどうしよう」

ポニテ「もう帰りなよ、暗くなっちゃうよ?」

幼女「うーん、じゃあそうしようかなー、ポニテちゃん!今日は家に入れてくれてありがと!」

ポニテ「うん」

幼女「また来てもいい?」

ポニテ「……」

92: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/29(金) 17:51:55.12 ID:yG179DcD0
幼女「……ポニテちゃんはこれからどうするの?」

ポニテ「あ……コンピニ行く」

幼女「コンビニ」

ポニテ「お母さんからお金もらってるから、晩御飯買わなきゃ」

幼女「へえー」

ポニテ「じゃあね」

幼女「うん!じゃあまた明日!バイビー!」

ポニテ「……」

幼女「バイビー!」

ポニテ「ば、ばいび……」

幼女「」ニコッ

ガチャッ

バタン

ポニテ「……」

93: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/29(金) 17:56:58.78 ID:yG179DcD0
ポニテ「はあ……」

ポニテ「……」

ポニテ「……」

シーン…

『ポニテちゃんちって静かだねー』

ポニテ(ホントだ……静かかも)

ポニテ(てか、当たり前だよ、私しかいないんだもん)

ポニテ(いつも帰ってきたところで、ただいまって言ったところで、なんにもかえってこない空箱みたいな家だし)

ポニテ(……)

ポニテ(いつから……)

ポニテ(……)

―――――――――――――――――――――――――


――――――――――

――

94: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/29(金) 17:59:37.02 ID:yG179DcD0


ポニテ(……)

ポニテ(眠れない……)

ポニテ(父さんと母さん……なにを怒鳴りあってるんだろう)

ポニテ(この頃多いよね……なんだろ……)

ポニテ(私が寝てて、聞こえてないって思ってるのかな……)

ポニテ(……)



95: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/29(金) 18:03:21.31 ID:yG179DcD0


ポニテ(今日も何か話してる……)

ポニテ(なんだろう……私のこと?)

ポニテ(なんで……なんで父さんと母さんそんなに怒鳴りあったりするの)

ポニテ(なんで私のこと邪魔者みたいに話すの)

ポニテ(なんで……)

ポニテ(……)


――

――――――――


―――――――――――――――――――――――――

96: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/29(金) 18:05:38.47 ID:yG179DcD0
店員「はい、こちらあわせて八百三十五円になります」

ポニテ「……」

店員「……お客様?」

ポニテ「……」

店員「お客様?どうされました?」

ポニテ「あっ、す、すいません……」

97: ◆pCsbWLFMKc 2016/01/29(金) 18:07:41.73 ID:yG179DcD0



電子レンジ「ジー」

電子レンジ「ピーピーピー」

ポニテ「」ガチャ

ポニテ「」モグモグ

ポニテ「……」

シーン…

ポニテ「……」

ポニテ(昔のことなんか覚えてない)

ポニテ(覚えて……ない……)

104: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/05(金) 16:59:21.13 ID:R8eUVgnV0
ある日

幼女「ポニテちゃーん!」タタタ

ポニテ「あんまり人の名前大声で呼ばないでよ」

幼女「終わった!」

ポニテ「え」

幼女「終わったよ!」

ポニテ「な、なにが」

幼女「本!読み終わった!」

ポニテ「本?……ああ、推理小説?」

幼女「うん!」

ポニテ「そう、それで?」

幼女「うん?」

ポニテ「どうだったの?」

幼女「なにが?」

ポニテ「……せっかく読み終わったんでしょ、感想くらい聞かせなさいよ」

105: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/05(金) 17:11:32.94 ID:R8eUVgnV0
幼女「感想?ああうん!えっとね、面白かった!」

ポニテ「何が面白かったの」

幼女「うーんと、えーと」

ポニテ「はあ……もういいよ……だから読んでもわからないって言ったのに」

幼女「わ、わかってるよ!確か犯人が中村って人でー」

ポニテ「とにかくもう返してきなよ、かりたのずいぶん前でしょ?返却期限過ぎてるでしょ」

幼女「うん、だからこれから図書館行こうと思うんだ」

ポニテ「そう」

幼女「ポニテちゃんも来ない?」

ポニテ「は?」

106: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/05(金) 17:21:35.87 ID:R8eUVgnV0
幼女「一緒に」

ポニテ「なんで一緒に行く必要があるの」

幼女「必要っていうか……ほら、一緒のほうが楽しいでしょ」

ポニテ「別に楽しくないよ、図書館なんて一人で十分じゃん」

幼女「そうかな……」

友「幼女ちゃーん、図書館いこー」

幼女「あ、友ちゃん、うん行くー!ちょっと待っててー!」

ポニテ「……」

幼女「みんなと一緒の方がなんだって楽しいよ」

ポニテ「そんなことないから」

幼女「……」

幼女「」タタタ

107: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/05(金) 17:29:30.03 ID:R8eUVgnV0
図書館

ピッ

幼女「ふー、今度からちゃんと期限内に返さなきゃ……」

友「えー、何その本、幼女ちゃんそんなの読むんだ」

幼女「あ、これ?ふふふ、一日十ページずつ読んで昨日やっと全部読み終わったんだよ!」

友「なるほど、だから期限も過ぎちゃったんだね。面白いの?」

幼女「面白いよ!ポニテちゃんが読んでた本なの!」

友「ポニテさんが?」

幼女「うん」

友(だからか、幼女ちゃんがこんな本自分からかりるはずないもんね)

友「推理小説かー、ポニテさんこんな難しい本読むんだね」

友「ねえ、ポニテさんと仲良くなったの?最近よく話してるけど」

幼女「うん!お互いの家に行ったよ!」

友「へえ、もうそんなに」

108: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/05(金) 17:40:55.72 ID:R8eUVgnV0
幼女「そうだ、友ちゃんもポニテちゃんと話してみれば?」

友「私?」

幼女「うん、ポニテちゃんひとりでいること多いし、私以外にも喋れる人いたほうがいいと思う!」

友「そっか……うーん、でも」

ツインテ「おーっす」

幼女「あ、ツインテちゃん」

ツインテ「なになに?何の話?」

幼女「ポニテちゃんの話」

ツインテ「ポニテ……ああ、幼女ちゃんの隣の?仲いいみたいだね」

幼女「そうそう、だからみんなももっとポニテちゃんと仲良くなれればいいなって」

ツインテ「ポニテちゃんねえ……」

友「でも、ねえ……」

ツインテ「ねえ……」

幼女「?」

109: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/05(金) 17:51:19.16 ID:R8eUVgnV0
ツインテ「なんていうんだろ……なんか近寄りがたいオーラあるよねー」

友「あー、うん、わかるー」

幼女「そ、そうかな……」

友「たまに話しかけてもあんまりいい返事しないよね」

ツインテ「そうそう、無愛想な感じ。せっかく話しかけてやってんのに」

幼女「え、えと……」

友「この前の体育の時とか、ひとりで取り残されてたし」

ツインテ「人と話すのが好きじゃないっていうか、ただ単に……」

幼女「あ!あのさ!」

友「?」

幼女「この!この本前読んだとき面白かったよ!すっごく!」

友「あーこれ!私も読んだことある、面白いよね」

ツインテ「え、どれどれ見せて」

友「この本ね、私が好きな作家さんのなんだけど……」

幼女「……」

110: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/05(金) 17:58:16.31 ID:R8eUVgnV0
授業中

幼女「ポニテちゃん」

ポニテ「んー?」カリカリ

幼女「ポニテちゃんって友達どれくらいいるの?」

ポニテ「いないよ」

幼女「あ、えと、わたし、わたし」

ポニテ「あんたはよくても知り合い」

幼女「でも、いないんだったら私が第一号じゃダメかな」

ポニテ「別に、一号も二号もいらない」

幼女「どうしてそんな……」

ポニテ「いらないから。必要ないから」

幼女「そんなことないよ!」

ポニテ「だからあんたが私に友達友達言うのも理解できない」

幼女「うー……」

ポニテ「」カリカリ

幼女「みんなと仲良くなったほうが絶対楽しいのに……」

ポニテ「ホントにそう?」

幼女「そうだよ!だって……」

ポニテ「だって?」

幼女「……」

ポニテ「だってなによ」

幼女「だって、だって……」

ポニテ「もういいよ、ちゃんと授業受けて」

幼女「うう……」

111: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/05(金) 18:07:16.03 ID:R8eUVgnV0









当番「きりーつ、さようならー」

幼女「ポニテちゃん、一緒に……」

ツインテ「幼女ちゃーん帰ろー」

ポニテ「……」

幼女「あ……」

ツインテ「ん?どした?」

幼女「あ、あのねツインテちゃん、今日ポニテちゃんと……」

ポニテ「」ガタスタスタ

幼女「ああ!ポニテちゃん待って!行かないで」

ポニテ「何、あの子と帰るんでしょ」

幼女「でも、今日はポニテちゃんと帰るって決めてたし……」

ポニテ「じゃあ断るの?」

ツインテ「幼女ちゃーん何話してんの?なんか都合悪い?」

幼女「あ、ううんー、違うの。ねえポニテちゃん、ツインテちゃんと一緒に帰ろうよ」

ポニテ「はあ?なんでよ」

112: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/05(金) 18:15:48.09 ID:R8eUVgnV0
幼女「だってそうすればツインテちゃんと仲良くなれるかもしれないでしょ?友達できるよ!」

ポニテ「友達なんていらないって言ったでしょ?聞こえなかった?余計なお世話。帰るね」

幼女「ちょ、ちょちょちょ待って!ツインテちゃん!」

ツインテ「なに?」

幼女「今日図書館で話したこと!」

ツインテ「あー……」

ツインテ(そういえばポニテちゃんと仲良くとか言ってたっけ)

幼女「ポニテちゃん、ツインテちゃんが」

ポニテ「何、早くしてよ」

ツインテ「えー……と」

ツインテ「」ニコッ

ツインテ「あのね、私ツインテって言うの!ポニテちゃんだっけ、幼女ちゃんからよく話聞いてるよ!」

ポニテ「……」

113: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/05(金) 18:22:51.81 ID:R8eUVgnV0
ツインテ「転入してきてからあんまり話してないけど、ずっと仲良くなりたいって思ってたの!ねえ、どこら辺に住んでるの?」

幼女(そう!ツインテちゃん!ナイス!)

ポニテ「……」

ツインテ「推理小説好きなんだって?私もねー結構読むよ、例えば……」

ポニテ「」ギロッ

ツインテ「っ……ごめん、なんかした?」

幼女「ぽ、ポニテちゃん、睨んじゃダメ!」

ポニテ「」プイスタスタ

ツインテ「あ……」

幼女「ごごごごごめんごめんごめんごめん!ポニテちゃん、ホントはいい人なんだよ!ホントに!」

ツインテ「うーむ……」

幼女「あああ!ちょっと待ってポニテちゃん!ごめんツインテちゃん!また明日ちゃんと謝るから!」

幼女「」トタトタ

ツインテ「……」

114: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/05(金) 18:31:20.59 ID:R8eUVgnV0



帰り道

幼女「ぽ、ポニテちゃんってばどうしていつもそうなの……」

ポニテ「なにアイツ、ムカつく」

幼女「そっ、そんな言い方ないでしょ!せっかくツインテちゃんの方から仲良くしてくれようとしてたのに!」

ポニテ「今日の図書館」

幼女「えっ……」

ポニテ「聞いてたよ」

幼女「え、えと……」

ポニテ「……」

幼女「な、なんで……?」

ポニテ「いたの、私。読んだ本返してすぐ教室に戻ったからやっぱり気づいてなかったんだ」

幼女「ご、ごめんなさい……」

ポニテ「なんで謝るの?勝手に陰口叩き始めたのはあいつらの方でしょ?」

幼女「かっ、陰口!じゃ、ないよ……」

ポニテ「簡単だよね、表面だけ取り繕うのは、さ、あんただっていないところで何言われてるかわかったもんじゃないでしょ」スタスタ

幼女「そんなこと……」

ポニテ「ないって言い切れる?」

幼女「……」

115: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/05(金) 18:38:14.22 ID:R8eUVgnV0
ポニテ「小さくて弱い生き物が群れを作って動くみたいに、自分だけ独りになって浮き出さないように
    周りで塗り固めて安心してるんでしょ。相手も自分も」

ポニテ「でもそれだけの関係だよね、所詮。
    結局ただの都合のいい防護壁としか認識してないんだよ。それで友達とか綺麗な言葉使ってさ、ただの馴れ合い」

幼女「……」

ポニテ「だから私は友達になろうよとか、耳障りだから簡単に行って欲しくないわけ、わかる?」

幼女「わから、ないよ……」

ポニテ「……」

幼女「わからないよ……」

ポニテ「……」

幼女「わから……ない……」ポロポロ

幼女「う……う……ぐすっ……」ポロポロ

幼女「ひっく……うぅ……」ポロポロ

ポニテ「何?泣けば同情してもらえると思った?」

幼女「だっ、て、……う、ぐす、ポニテちゃ……っ、く、どうして、そんなこと、言うの……」ポロポロ

ポニテ「……」

幼女「わたし、は、うぅ……みんななかよ、っ、ぐす……みんな仲良くなれればって……」

幼女「みんな、と、なかよくなれば、ぜったいたのしいって……うぅ……」

幼女「ポニテちゃん……っう、う……」ポロポロ

ポニテ「……」

116: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/05(金) 18:47:37.76 ID:R8eUVgnV0



ポニテの家

幼女「お、おじゃましま……」

ポニテ「」スタスタ

幼女「あ、の、ポニテちゃ……」

ポニテ「洗面所貸すから、顔洗ってさっさと帰って」

幼女「うん……」

幼女「……」

117: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/05(金) 18:50:19.07 ID:R8eUVgnV0
洗面所

キュッ

水道「ツー」

幼女「……」

幼女「」バシャ

幼女「……」

幼女「」バシャバシャ

幼女「」バシャ…

幼女「……」

キュッ

鏡の濡れた幼女の顔『…………』

幼女「……」

幼女「」フキフキ

幼女「っは……」

118: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/05(金) 20:10:36.26 ID:R8eUVgnV0
幼女「ポニテちゃん」

ポニテ「……何」

幼女「顔洗った」

ポニテ「見ればわかる」

幼女「……私帰る、から」

ポニテ「うん、帰れば」

幼女「じゃあねって言いたくて……」

ポニテ「……」

幼女「また明日って」

ポニテ「あっそ」

幼女「ポニテちゃん、今日もコンビニ行くの?」

ポニテ「いや……今日は前に買ったやつがあるから……」

幼女「そう……」

119: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/05(金) 20:20:38.71 ID:R8eUVgnV0
幼女「あのねポニテちゃん」

ポニテ「何」

幼女「……やっぱ何でもない」

ポニテ「何よ」

幼女「だってポニテちゃん、怒るから」

ポニテ「何よ、いいから言って」

幼女「……ポニテちゃんの隣」

ポニテ「……」

幼女「に、いたいって」

ポニテ「……」

幼女「言いたかった」

ポニテ「なにそれ」

幼女「……」

120: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/05(金) 20:32:04.66 ID:R8eUVgnV0
ポニテ「前も言ってたけど、私の隣りがそんなにいいわけ?」

幼女「うん……」

ポニテ「なんで」

幼女「なんで、だろ、でも、すごく……」

幼女「……わかんない」

ポニテ「……へんなの、隣の席なのに」

幼女「……」

ポニテ「やってみれば?」

幼女「……え?」

ポニテ「……隣り」

幼女「えっと……」

ポニテ「私今ここに座ってるから、隣に来れば」

幼女「……いいの?」

ポニテ「別に、減るもんじゃないし」

幼女「うん……」

121: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/05(金) 20:38:14.41 ID:R8eUVgnV0
幼女「」トコトコ

幼女「」スワリ

ポニテ「……」

幼女「……」

ポニテ「……」

幼女「……」

ポニテ「ちょっと、近い」

幼女「近いと、ダメかな」

ポニテ「いや、別に」

幼女「……」

ポニテ「……」

幼女「……」

ポニテ「……」

122: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/05(金) 20:46:00.43 ID:R8eUVgnV0
幼女「……秘密基地」

ポニテ「?」

幼女「私は、今から、秘密基地の、話をします」

ポニテ「そうですか、どうぞ」

幼女「なんか昔……友達と……」

ポニテ「うん」

幼女「秘密基地作ろうって、なって……」

ポニテ「うん」

幼女「……まあ結局作れなかったんだけど」

ポニテ「うん」

幼女「……」

ポニテ「……終わり?」

幼女「いや、それでね、秘密基地って、秘密、だから、知ってる人しか入れないの」

ポニテ「うん」

123: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/05(金) 20:54:28.13 ID:R8eUVgnV0
幼女「だから、えっと、静か、だから、ポニテちゃんの家って静かだと思ってたの、それでね」

幼女「秘密基地みたいだなって……」

幼女「私と、ポニテちゃんの」

ポニテ「……」

幼女「だって私とポニテちゃんしかいないし」

幼女「私とポニテちゃんが話さなければ静かだし、話せば、話し声が聞こえるし」

幼女「だから……普段から言えないことでも、言える」

幼女「……言えないことってあるのかな……」

ポニテ「知らない」

幼女「……ごめん、なんか、ごめん」

ポニテ「いいよ、謝らなくても」

幼女「……」

ポニテ「……」

幼女「……」

ポニテ「……」


幼女「……」




ポニテ「……」







124: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/05(金) 21:03:22.06 ID:R8eUVgnV0
幼女「帰ろう、かな」

ポニテ「うん」

幼女「帰る、ね」

ポニテ「うん」

幼女「じゃあね」

ポニテ「うん」

幼女「また明日」

ポニテ「……また明日」

幼女「」ニコッ

ガチャッ

バタン

ポニテ「……」

シーン…

ポニテ「………………」

131: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/10(水) 16:07:50.78 ID:sXXhDqly0





ポニテ「んっ……んん……」

ポニテ「」アクビ

ポニテ「……」

ポニテ(今何時だろ……)

ポニテ(うわ、もうこんな時間だ)

ポニテ(ちょっと寝すぎたかな……)

ポニテ「んん……」ゴシゴシ

ポニテ(朝ごはん食べなくちゃ……)

132: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/10(水) 16:13:52.45 ID:sXXhDqly0
ポニテ「」トースターモグモグ

ポニテ(朝ごはんか昼ごはんかわからなくなっちゃった……)

シーン…

ポニテ「……」

ポニテ(……テレビつけようかな)

ピッ

テレビ『……で話題となった今人気のパンケーキ店!数量限定の商品を求めて朝から行列が……』

テレビ『ワイワイ』

ポニテ「……」

ポニテ(くだらな、やっぱ消そ)

ポニテ「」ピッ

シーン…

133: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/10(水) 16:23:06.91 ID:sXXhDqly0
ポニテ(やっぱ静かだな……)

ポニテ(前までは別に部屋がどんなに静かだろうと気にならなかったのにな……)

ポニテ(いつからだっけ)

ポニテ(……ああ)

幼女『ポニテちゃんちって静かだねー』

ポニテ(あいつだ、あいつが余計なこと言うから)

ポニテ(何が秘密基地だよ、静かだから何、別に静かだろうとどうだろうと家は家でしょ)

ポニテ「……」

シーン…

ポニテ「うっ……うう……」

ポニテ(なにこれ、なんなの、どうしてこんなに気にしなきゃいけないの)

ポニテ(あいつと関わってからろくなことがない……)

134: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/10(水) 16:31:51.01 ID:sXXhDqly0
―――――


ポニテ母『ポニテ、引越しの準備終わった?』

ポニテ『え……まだだけど」

ポニテ母『何度も言うようだけど、とっておきたい大事なものは引越し用のダンボールに入れて、
    いらないものはもうゴミ袋に捨てちゃいなさい、いいね』

ポニテ『うん……』

ポニテ母『なるべく早く、ね』

ポニテ『……』

135: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/10(水) 16:39:11.75 ID:sXXhDqly0
ポニテ(いらないものはゴミ袋)

ポニテ(取っておくものはダンボール……)

ポニテ(……)

ポニテ(別にそんな、とっておきたいものなんてないし)

ポニテ(ダンボールに入れるようなものがない……)

ポニテ(大事なものなんて何もないじゃんか)

ポニテ(全部ゴミ袋だ……)

ポニテ(……)

136: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/10(水) 16:44:13.90 ID:sXXhDqly0
ポニテ『終わった……』

ポニテ母『あれ、ダンボールの中身それっぽっちでいいの?』

ポニテ『うん……いいの、別に』

ポニテ母『そう、でもあれは?』

ポニテ『あれって?』

ポニテ母『寄せ書き、もらったんでしょ?』

ポニテ『……いらないよあんなの……』

ポニテ母『でもせっかくみんなが書いてくれたんだし、とっておいたほうがいいんじゃない?』

ポニテ『どうかな……』

ポニテ母『……もうすぐ引越し屋さんが来るから。そうしたらこの家とはお別れ、わかった?』

ポニテ『……』

ポニテ『ねえ……』

ポニテ母『何?』

ポニテ『……やっぱ何でもない……』

ポニテ母『……』

―――――

137: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/10(水) 16:51:58.31 ID:sXXhDqly0
ポニテ(……)

ポニテ(変なこと思い出しちゃった……)

ポニテ(もう前の家のことなんて忘れた方がいいのに)

ポニテ(……寄せ書き)

ポニテ(あの時捨てたんだっけ……)

ポニテ(どうだったか)

ポニテ(案外ここら辺の引き出しの中に入ってたりして……)ガラッ

ポニテ(……ホントにあったし)

ポニテ(なんだ……捨ててなかったんだ……見つけなきゃよかった)

ポニテ(……)

「ほかの学校行っても元気でね」
「ポニテさんとはあまり話さなかったけど、元気でいてください」
「元気でな!!!!」

ポニテ(……なによ、私のことなんて何も知らないくせに、上っ面だけ)

ポニテ(どうせ先生に書けって言われて仕方なく適当に書いたんでしょ)

ポニテ(私が転校するときに、悲しそうにしてる人なんて誰もいなかったじゃん)

138: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/10(水) 17:07:27.66 ID:sXXhDqly0
ポニテ(はあ……)

ポニテ(……)

ポニテ(やることないな……)

ポニテ(もう前まで読んでた本も読み終わっちゃったし)

ポニテ(お母さんは今日もいないし)

ポニテ(なにかしないと……静かなのに押しつぶされそう)

ポニテ(……)

ポニテ(……きなこ)

139: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/10(水) 17:16:37.76 ID:sXXhDqly0



幼女の家の前

ポニテ「……」

ポニテ(ホントに来ちゃったし……)

ポニテ(……まあ、最近きなこと会ってなかったし)

ポニテ(この前みたいにちょっと撫でて帰るだけだから)

ポニテ(……)

ポニテ(……なにげに私から幼女ちゃんに会いに行くのって、初めて)

ポニテ(まあだから別にどうってわけじゃないけど……)

ポニテ(……きなこに会いに来ただけだから)

ポニテ「」ピンポーン

140: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/10(水) 17:24:15.06 ID:sXXhDqly0
ポニテ「……」

ポニテ「……」

ポニテ「」ピンポーン

ポニテ「……」

ポニテ(いないのかな……)

ポニテ(よく見たら車ないし……ホントにいないのかも)

ポニテ「……」

ポニテ「はあ……」

ポニテ(帰ろ……)

141: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/10(水) 17:36:16.70 ID:sXXhDqly0
ドタドタ

ポニテ「……」

ドタドタドタドタ

ポニテ(家の中からすごい足音が聞こえる……)

ポニテ(これどう考えても留守じゃないよね……)

ドタドタドタ

ガチャッ

姉「……」

ポニテ「あ……」

姉「おっと?」

142: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/10(水) 17:43:05.33 ID:sXXhDqly0
ポニテ「え、と、私」

姉「あ、タンマ!ちょっと待って、あてる!あてるから」

ポニテ「え」

姉「んーとね……幼女の友達!だよね?」

ポニテ「……知り合いです」

姉「知り合い?でもこの家に来たことあるよね、名前は……うーん……」

ポニテ「お姉さんに名前言ってないので知らないと思います」

姉「あぁそーぉ?じゃあ聞いてもいい?」

ポニテ「……ポニテです」

姉「うん!ポニテちゃん、幼女だったら今いないよ、お母さんとお出かけ中」

ポニテ「やっぱり……」

姉「今私と妹しかいないけど」

ポニテ「そうですか……ごめんなさい、じゃあまた……」

姉「ああ、ちょっと待って!ええとね、そんなに長くないと思うよ、もうすぐ帰ってくると思う!」

姉「から、家に上がって待ってれば?」

143: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/10(水) 17:59:15.52 ID:sXXhDqly0
ポニテ「ええそんな、悪いので」

姉「そんなことないよ、だいじょぶだいじょぶ」

ポニテ「ですが」

姉「そい!」グイ

ポニテ「うわっ!」

姉「ふふふ……この家は一度訪れたら二度と出られない恐怖の館だったのさ……」

ポニテ「ええ……」

姉「まあ冗談だけど。なんか飲み物出すねー、待っててー」

144: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/10(水) 18:05:26.40 ID:sXXhDqly0
ポニテ(なんかすごい変な人……)

ポニテ(頭ボサボサだし)

姉「ねー、頭ボサボサって思ったでしょ」

ポニテ「え、あ、その」

姉「寝起きなんだー、今のチャイムで起きてきたの、妹は絶対出ないだろうなって思って」

ポニテ「あ、すいません、起こしちゃって……」

ポニテ(だからあんなに慌ててたんだ)

姉「いーよいーよだいじょーぶ、ちょうど起きるきっかけ見失ってたとこだったから、ちょうど良かった」

ポニテ(ていうかこんな時間まで寝てたのかな……)

145: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/10(水) 18:16:17.61 ID:sXXhDqly0
姉「あ、ポニテちゃんってさ、もしかして猫の子かな」

ポニテ「猫の子?」

姉「ほら、きなこ拾ってきた、幼女がよく話してるよ」

ポニテ「ああ、はい、まあ」

姉「ああー、やっぱり、仲良しみたいだね、最近幼女ポニテちゃんのことばっかり話してるよー」

ポニテ「……そうですか」

ポニテ(そうだ、きなこ)

ポニテ「あの、きなこどこですか」

姉「ああうん、いるよ!どっかに」

ポニテ「どっかって」

姉「ちょっと待ってね、探してくるから」

ポニテ「あ、私も探します」

姉「あー、ありがと、じゃあ二階探して、お願いね」

146: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/10(水) 18:23:33.81 ID:sXXhDqly0
二階

ポニテ「……」

ポニテ(きなこどこにいったんだろ……)

ポニテ(ていうかなんであいついないのよ……おかげでちょっと気まずいし)

ポニテ(まさかこんなことになるなんて)

ガチャッ

妹「!」

ポニテ「あっ……」

ポニテ(しまった……ここ子供部屋だった)

147: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/10(水) 18:28:51.54 ID:sXXhDqly0
妹「」ジー

ポニテ「えっ……と……」

妹「」ジー

ポニテ(きなこ?ニャー助?なんて言えば)

ポニテ「……猫、どこにいるか知らない?」

妹「知らない……」

ポニテ「そう……ありがと」

バタン

ポニテ「……」

ポニテ「……はあ」

148: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/10(水) 18:34:43.09 ID:sXXhDqly0
姉「ポニテちゃーん、いたよー」

ポニテ「あっ……」

姉「ほら」

きなこ「ニャーン」

姉「はいどうぞ」

ポニテ「ありがとうございます……」

姉「きなこちゃんはポニテちゃんの猫だってねー、幼女が力説してたよ、妹は聞かないけど」

きなこ「」ゴロゴロ

ポニテ「」ナデナデ

姉「ちょっとお母さんに電話してみるね、待ってて」

149: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/10(水) 18:41:47.86 ID:sXXhDqly0
きなこ「」ゴロゴロ

ポニテ「きなこ……」

きなこ「ニャー」

ポニテ「」ニコ

ポニテ「……?」

ポニテ(なんだろう、なんだか視線が……)

妹「」ジー

ポニテ「うっ……」

妹「あの」

ポニテ「うん」

妹「ポニテさんですか?」

ポニテ「そうだ、けど」

妹「」ジー

ポニテ「えっと……」

ポニテ「猫……」

妹「」バッ

ポニテ「あっ」

妹「」タタタタタ

ポニテ(と、取られた……)

150: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/10(水) 18:50:04.46 ID:sXXhDqly0
ポニテ「……」

ポニテ(なによ……なんなのこれ、こんなはずじゃなかったのに)

ポニテ(もうなんでこういう時に限っていないの……)

ポニテ(このままじゃ私、帰るに帰れないし)

ポニテ(早く帰ってくればいいのに……あいつ)

151: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/10(水) 18:58:36.91 ID:sXXhDqly0
しばらくして

母「ただいまー」

幼女「ポニテちゃーん!」

ポニテ「」チラ

幼女「すごいすごい!ほんとにいた!ポニテちゃんから来てくれるなんて!」

幼女「ごめんね!どれくらい待った?」

母「もう幼女、友達来るなら言ってくれればいいのに」

幼女「だって知らなかったんだもん!ねえポニテちゃん!遊びに来てくれたんだね!」

ポニテ「……」

幼女「あれ?ポニテちゃん?」

ポニテ「バカ」

幼女「ええっ!?」

ポニテ「……」

幼女「ご、ごめん……そんなに待ったの?」

ポニテ「……」

152: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/10(水) 20:18:02.18 ID:sXXhDqly0
子供部屋

ポニテ「」ツーン

幼女「ごめんねポニテちゃん、怒らないで……」

ポニテ「別に、怒ってないけど」

幼女(嘘だよお……絶対怒ってるよぉ……)

幼女「あ、あのね!私、ポニテちゃんが来てくれるって知らなかったんだけど、
   でも初めてポニテちゃんから来てくれてすっごき嬉しいよ!」

ポニテ「あんたに会いに来たんじゃなくて、きなこに会いに来たの」

幼女「あ、やっぱそうか……うん!それでも嬉しい!で、きなこは?もう会った?」

ポニテ「会った。けど」

幼女「けど?」

ポニテ「妹さんに取られた」

幼女「ええっ!?ほんとに!?」

幼女「もうー!きなこはポニテちゃんのだって言ってるのにー!
   ごめんね!すぐ取り返してくるから!」

ポニテ「もういい、十分撫でた」

幼女「そ、そう?まあポニテちゃんがそう言うなら……」

ポニテ「お姉さん」

幼女「う、うん」

ポニテ「高校生くらい?」

幼女「えと、そうだよ、高校一年生」

ポニテ「ふーん」

幼女「あっと……お姉ちゃんになんかされた?」

ポニテ「別に」

幼女「そ、そう……」

153: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/10(水) 20:27:01.87 ID:sXXhDqly0
ポニテ「」ツーン

幼女「うぅ……」

幼女(どうしよう……どうすれば機嫌直してくれるかな、
   このままじゃせっかく来てくれたのに、もう帰るって言いかねないよ……)

ポニテ「私邪魔?」

幼女「あっ、いや、そんなことは」

ポニテ「かえ……」

幼女「わーっ!ちょっっっと待って!」

ポニテ「何」

幼女「えっとね、んっとね、そうだたこ焼き!」

ポニテ「え」

幼女「たこ焼き!」

ポニテ「たこ焼きがどうしたの?」

幼女「が、あるの!私たちね、ちょっと遅くなっちゃったけどこれから昼ごはんなんだ!
   でね、さっきたこ焼き買ってきたんだよ!おいしいお店のやつ!みんなで食べようって」

ポニテ「うん」

幼女「ポニテちゃんも一緒に食べようよ!美味しいよ!」

ポニテ「ええ」

154: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/10(水) 20:47:44.86 ID:sXXhDqly0
ポニテ「そんな、悪いよ」

幼女「ううん、そんなことないよ!ね、食べよ!あそこのお店の美味しいんだよ!知ってる?
   大通りにある……」

ポニテ「でも私の分あるの?」

幼女「あ……は、半分こしよう!私の分一パックあるからそれを」

ポニテ「大丈夫だよ、別に。みんなで食べるのに私いたら場違いでしょ」

幼女「そんなことないってみんな訊けばいいって言ってくれると思うよ、そうだね、今訊いてくる!」

ポニテ「あっ、ちょっと……」

幼女「」トタトタ

ポニテ「そんなこと急に言われても……」

155: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/10(水) 20:53:57.08 ID:sXXhDqly0



幼女「ほら、こっちこっち!」グイグイ

ポニテ「わかってるから、背中押さないでよ」

ガチャ

姉「ようこそ!スペシャルゲストさん!我が家のたこ焼きパーティーに!」

母「いやあ、そんな大したものじゃなくて、ただの昼ごはんだから。ポニテちゃんそこの席ね」

妹「……」

ポニテ「えと……すいません、ご馳走になります」

幼女「よし、これが私とポニテちゃんの分ね、半分こ。あっ!まだ食べちゃダメだよ!
   みんなでいただきますいってから食べるんだよ!」

姉「え、マジ?そうだったの?」モグモグ

幼女「ちょっと!なにやってんのもー!」

妹「おねえちゃんのから半分出すよりもみんなで少しずつ出し合ったほうがいいんじゃ……」

母「お、名案。じゃあそうしよっか」

156: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/10(水) 21:02:18.65 ID:sXXhDqly0
母「はいこれ私のね」

妹「」スッ

ポニテ「あ、ありがとうございます」

姉「私のからし入ってるけど大丈夫かな」

ポニテ「平気です。ありがとうございます」

幼女「ようし。じゃあこれ私のね!じゃーん!マヨネーズかけてるやつ!」

ポニテ「マヨ……」

姉「ははは、すごいねー、よりどりみどり」

ポニテ「すいません、こんないただいちゃって……」

母「だいじょぶだいじょぶ、ねえ昼ごはん食べてきたの?」

ポニテ「えっと……まだです」

母「なるほど!じゃあちょうど良かったね」

ポニテ(あのトーストは結局どっちだったんだろう、まあどっちにしろちょっとしか食べてないし……)

157: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/10(水) 21:08:55.22 ID:sXXhDqly0
幼女「よし!じゃあいただ……」

姉「いただきます!」パクパク

幼女「あっ!私が言うつもりだったのに!」

姉「じれったいのさ!お姉ちゃんはやく食べたかった!うまー」モグモグ

妹「」ハフハフ

幼女「もー、なんだいなんだい……うーん、おいしー」

ポニテ「」パク

幼女「どう?ポニテちゃん、美味しい?」

ポニテ「……」

幼女「どうどう?」

ポニテ「たこ焼きの味がする」ボソッ

姉「そらそうやがな」ビシッ

妹「ナイスボケ……」

ポニテ(ぼ、ぼけたつもりじゃなかったんだけど)

158: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/10(水) 21:16:19.58 ID:sXXhDqly0
母「ねえ、うちの幼女とポニテちゃん仲良くしてもらってるみたいだし、ポニテちゃんの
  親御さんによろしく伝えてといて」

ポニテ「あ、えっと……はい」

姉「ねー、ポニテちゃんってなんていうの?すっごい礼儀正しいよねーえらい」

ポニテ「いえそんな」

母「そうですよ、うちも見習わないと。とくに姉」

姉「へいへい悪うござんした」

幼女「でもポニテちゃんすっごくいい人なんだよ、きなこ拾ったのもポニテちゃんだし、頭もいいし……」

ポニテ「ちょっと、やめてよ、もう」

きなこ「ニャー」

姉「あ、噂をすれば」

母「ねえ、きなこにちゃんとご飯あげた?」

幼女「あげたよー、えっへん、ちゃんとお世話してるんだよー、ポニテちゃん」

ポニテ「そう……」チラ

妹「……」

159: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/10(水) 21:24:49.57 ID:sXXhDqly0
妹「……ごちそうさま」

姉「ういー、私もー」

母「はいはい、あ、ポニテちゃんも食べ終わった?」

ポニテ「はい」

幼女「みんな早いよー、ちょっと待って」モグモグ

ポニテ「あの……たこ焼き、ありがとうございました。私、これで帰ります」

母「そっか、じゃあまたいつでも来てね」

幼女「っく!ごちそうさま!ポニテちゃん!お見送りするね!」

姉「おー、また来てねー」

ポニテ「どうも」

160: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/10(水) 21:31:58.78 ID:sXXhDqly0
ガラガラ

ポニテ「……お腹いっぱい」

幼女「ポニテちゃん、ありがとね」

ポニテ「たこ焼きなんていつぶりかわからないよ」

幼女「へえよかった!あのね、何度も言うようだけど、ポニテちゃんから来てくれて
   ほんと嬉しかった!ねえ、また来てね!」

ポニテ「……またきなこに会いたくなったらね」

幼女「ふふふ」

161: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/10(水) 21:40:22.56 ID:sXXhDqly0
ポニテ「……あのさ」

幼女「何?」

ポニテ「持ってる、よね」

幼女「?」

ポニテ「いいものを」

幼女「……なんのこと?」

ポニテ「……言ったでしょ、私の家なんか何もないって」

ポニテ「自分の部屋なんかより、テレビとかベッドなんかより、ずっとずっといいものを、さ」

幼女「……」

ポニテ「私はまたあの家に帰らなくちゃいけない。誰もいない、天井と壁だけみたいな家に」

幼女「ポニテちゃん……」

ポニテ「だからさ、羨ましがることなんて何もないんだよ、あんたは今、あの家にいられて幸せでしょ」

ポニテ「私とか……」

幼女「……」

ポニテ「ありがと、ね、たこ焼き美味しかった。でももう当分来ないかも」

幼女「……」

ポニテ「じゃ」

162: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/10(水) 21:54:45.61 ID:sXXhDqly0
幼女「待って」

ポニテ「……なに?」

幼女「……すき」

ポニテ「え?」

幼女「ぁ……ちが……ごめ、なんでもない」

ポニテ「なんなの」

幼女「えっと……ポンテちゃんが言ったことを……そんなことないよって、慰め……
   慰めっていうか、なんか、言おうと思って、でもなんて言えばいいかわからなくなっちゃって……」

ポニテ「……そう」

幼女「で、でもね、私はね、ポニテちゃんのことすきだよ」

ポニテ「別に好きって言ってもらいたいわけじゃないけど」

幼女「うん……でも……」

幼女「あ、あのさ!あした、私、ポニテちゃんの家に行くね!」

ポニテ「何急に」

幼女「思いつきだけど……いいこと思いついたの!待っててね!」

幼女「じゃあね!ばいばい!また明日!」

ガラガラピシャッ

ポニテ「……」

ポニテ「……へんなの」

168: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/17(水) 16:17:54.20 ID:8QbxhjAw0
次の日

当番「きりーつ、れい、さようならー」

幼女「ポニテちゃん!今日は約束だからね」

ポニテ「……まあ好きにすれば」

幼女「あ、でも私、一回家帰ってから来るね。材料とってこなくちゃいけないから」

ポニテ「材料?」

幼女「うん」

ポニテ「あんた、私んちで何する気?」

幼女「えへへ、実はねーカレーを作ろうと思いましてですねー」

ポニテ「カレー……?なんでよ」

幼女「昨日言ったけど、ただの思い付き!ほら、ポニテちゃん今日もコンビニのご飯食べるんでしょ?」

ポニテ「まあ、そうだけど」

169: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/17(水) 16:27:52.77 ID:8QbxhjAw0
幼女「だからさ、私が晩御飯作って、それで一緒に食べようかなって」

ポニテ「そんな余計なことしなくてもいいんだけど……」

幼女「ポニテちゃんだってたまにはコンビニ以外の食べたいでしょ?」

ポニテ「別に。食べれればなんだっていいよ。それに、コンビニのご飯だって十分おいしいよ」

幼女「ううん!コンビニのご飯は誰が作ったかわかんないけど、人がその場で作ったご飯なら
   誰が作ったかわかるからその分おいしい」

幼女「ってお母さんが言ってた!」

ポニテ「はあ、カレーだか何だか知らないけど……ほんとに作れるの?」

幼女「うん、日頃から夕ご飯作るの手伝ったりしてるしー、あと作り方もちゃんと教わってきたし」

ポニテ「そう」

幼女「じゃ!なるべく待たせないように早く来るから!走ってくる!」

ポニテ「いいよ、そんなに焦らなくって」

170: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/17(水) 16:31:59.56 ID:8QbxhjAw0


ポニテの家

ポニテ「」ガラッ

ポニテ(っと……確かこの辺に……)ゴソゴソ

ポニテ(……)ゴソゴソ

ポニテ(あった、ゲーム機……)

ポニテ(もうずいぶん前のだけど)

ポニテ(懐かしいな、昔ちょっとだけお母さんと一緒に……)

ポニテ(……)

ポニテ(ソフトは……)

ポニテ(よいしょ)

ポニテ(いつこんなに買ったんだろう……)

ポニテ(もうめっきりやらなくなっちゃったな)

171: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/17(水) 16:37:45.33 ID:8QbxhjAw0
ポニテ(まだ動くかな……)

ポニテ(つなげてみよう)

ポニテ(テレビの後ろに……)

ポニテ(うっ……ほこりっぽ)

ポニテ(ちゃんと掃除しておけばよかった……)カチャカチャ

ポニテ(接続)

ポニテ(電源……)ポチ

ゲーム機「ブーン」

ポニテ(よかった、動いた)

ゲーム機「ブーン」

ポニテ(……)

ポニテ(何やってんだろ私)

ポニテ(今更過去を追憶したところで何の意味もないのに……)

ポニテ(……しまお)

ピンポーン

ポニテ(……あ)

172: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/17(水) 16:41:00.93 ID:8QbxhjAw0
ガチャッ

幼女「ポニテちゃーん!」ハアハア

ポニテ「息切れしてるし……ほんとに走ってきたの?」

幼女「早かったでしょ!?」

ポニテ「あせらなくてもって言ったのに……」

幼女「だって待たせたくなくて」

ポニテ「ん……くしゅっ」

幼女「お、どした?」

ポニテ「さっきまでほこりが……」

幼女「ほこり?」

ポニテ「あ、いや、何でもない、とにかくまあ……上がれば」

幼女「ういー」

173: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/17(水) 16:47:04.19 ID:8QbxhjAw0
ポニテ「その袋の中が材料?」

幼女「そうそう、ジャガイモとー人参とーお肉……大丈夫ポニテちゃん、野菜食べれる?」

ポニテ「火を通せば……」

幼女「そっか、ようし、じゃあ台所借りるね」

ポニテ「ほんとに作るの?」

幼女「うん!ほら見てーポニテちゃん、自前のエプロン。可愛いでしょ」

ポニテ「そう」

幼女「そっけなー、もっとなんか感想言ってよ、ほらほら」クルクル

ポニテ「別に感想とか何も持たないから、やるなら早くやってよ」

幼女「ちぇー、じゃあ早速取り掛かりますか、できるまで待っててねー」

174: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/17(水) 16:54:07.22 ID:8QbxhjAw0
幼女「……」トントン

ポニテ「」ジー

幼女「……」トントントン

ポニテ「」ジー

幼女(ポニテちゃんがすごいこっち見てる)

幼女「ねえポニテちゃん、私はここでつくってるから、できるまでなんかやっててもいいんだよ、宿題とか」

ポニテ「いや、結構手際よくやるんだなーって思って」

幼女「そ、そう?」

ポニテ(幼女ちゃんってこんなことできるんだ)

幼女「えと、じゃあポニテちゃんもやる?」

ポニテ「私?」

幼女「じゃあジャガイモの皮剥いて……はい包丁」

175: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/17(水) 17:02:47.98 ID:8QbxhjAw0
ポニテ「……」

幼女「……?」

ポニテ「……」

幼女「ど、どうしたの?」

ポニテ「どうやるの」

幼女「えっ……と……」

幼女「ちょっとかして」

幼女「見てほら、こうやって……ね?」

ポニテ「……」

幼女「はい、やってみて」

ポニテ「……」

ポニテ「」ガッ

幼女「」ビクッ

ポニテ「」ガッガッ

幼女「ちょちょちょちょちょ、ポニテちゃんストップ」

ポニテ「何」

幼女「あ、危ないよーもっと丁寧に……手え切っちゃうよ」

ポニテ「幼女ちゃんと同じようにやったじゃん……」

幼女「ん、んー……ピーラーある?そってのがやりやすいから」

ポニテ「……」

176: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/17(水) 17:10:36.95 ID:8QbxhjAw0
ポニテ「……全部剥けた」

幼女「あ、じゃあ今度は切って、そのジャガイモ」

ポニテ「……」

幼女「き、切れる?」

ポニテ「切れるよ、包丁で切ればいいんでしょ?」

幼女「そう、はいまな板」

ポニテ「……」

ポニテ「」ザクッ

幼女「ぁ……」

ポニテ「」ザクッザクッ

幼女「」ヒヤヒヤ

ポニテ「」ザクッ

幼女「うわぁぁ、危ない!」

ポニテ「うわっ!なにやめてよ、びっくりするでしょ」

幼女「び、びっくりしたのはこっちだよ……」

ポニテ「何よ、普通に切ってただけでしょ」

幼女「うーん……や、やっぱりポニテちゃんは完成まで待ってもらおうかな、
   ほら、私が作るって約束だし。手伝わせちゃ悪いし」

ポニテ「……そう?まあいいけど。宿題やってるね」

幼女「うん……」

幼女(危ないよー……私が止めなきゃ絶対手怪我してたよ)

幼女(カレーに血の隠し味が入っちゃうよぉー……)

177: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/17(水) 17:18:27.79 ID:8QbxhjAw0



ポニテ「」カリカリ

ポニテ「んっ……終わった……」

ポニテ「……」クンクン

ポニテ(カレーの匂い……)

ポニテ「」トコトコ

ポニテ「」チラ

幼女「あ、ポニテちゃん」

ポニテ「できたの?」

幼女「うん、もうあと十分煮たら完成!ねえお皿とかどこ?」

ポニテ「そこの棚」

幼女「ありがと、うふふ、一緒に食べよう―ねーポニテちゃん」

ポニテ「……? ねえ」

幼女「なに?」

ポニテ「お米はどうしたの?炊いたの?」

幼女「あ゛」

ポニテ「え、まさか……」

幼女「ど、ど、ど、」

幼女「どうしよー……忘れてた……」

ポニテ「はあ……せっかくちゃんと料理してて見直したところだったのに……」

178: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/17(水) 17:24:49.97 ID:8QbxhjAw0
幼女「こ、困ったな……ルーだけじゃ食べられないよね……うー……」

ポニテ「もういいよ……コンビニ行って冷凍のやつ買って来る」

幼女「ええ!?駄目だよそんなの」

ポニテ「なんで」

幼女「せっかく私がコンビニ以外のものをって、思ったのに、結局それじゃあ……」

ポニテ「別に大丈夫でしょ、ルーは幼女ちゃんが作ったんだから」

幼女「うう……でも……」

ポニテ「……」

幼女「せっかく……私が作ったのに……」

ポニテ「……」

179: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/17(水) 17:35:24.78 ID:8QbxhjAw0
ポニテ「……いいよ、平気」

幼女「え?」

ポニテ「ご飯が冷凍でも、ちゃんと幼女ちゃんが時間かけたカレーだから、平気だよ」

ポニテ「そのカレーを一生懸命作った人のことがわかるんだから、きっとあったかいカレーが食べれる」

ポニテ「と、思う」

幼女「……」

ポニテ「そうでしょ?」

幼女「……ポニテちゃん」

ポニテ「そういうことだから」

幼女「あのさ」

ポニテ「何?」

幼女「丸くなった?」

ポニテ「えっ」

幼女「だってさ、前までポニテちゃん絶対そんなこと言わなかったよね、私に。
   だいたい知らないとか、話しかけないでとか、さ」

幼女「最初は私の顔見るだけでも嫌な顔してたのに、やっぱり柔らかくなってない!?」

ポニテ「……」

幼女「今だって割とすんなり家に入れてくれてるし、昨日も……」

ポニテ「」ベシッ

幼女「へぶっ」

ポニテ「知らない、バカ」

ガチャッバタン

幼女「な、なにさー……ぶつことないのにぃー……」

180: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/17(水) 17:42:47.64 ID:8QbxhjAw0



電子レンジ「ジー」

電子レンジ「チーン」

ポニテ「はい、二人分」

幼女「ごめんね、私がもっとしっかりしてれば……」

ポニテ「いいよ、もう。それより早く食べよ」

幼女「うん!うわぁ、すごい美味しそう!」

幼女「はい、じゃあポニテちゃん!いただきます」

ポニテ「い……いただきます」

幼女「」モグモグ

幼女「はー!おいしい!我ながらよくできてる!うまい!」

幼女「ほら、ポニテちゃんも食べて食べて」

ポニテ「」パク」

幼女「どう?」

ポニテ「カレーのあ」

幼女「カレーの味がするはナシ」

ポニテ「……美味しいよ、家で食べるカレーなんていつぶりだろ」

幼女「えへへー、ポニテちゃんに喜んでもらえてよかった!」

181: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/17(水) 17:48:48.21 ID:8QbxhjAw0
幼女「」パクパク

幼女「うん、おいしー」

ポニテ「それより大丈夫?食べてたら暗くなってきちゃうけど」

幼女「ああだいじょぶだいじょぶ、お母さんに晩御飯食べてくるから遅くなるって言ってあるから」

ポニテ「そう」

幼女「いやー、それにしても無事に食べれてよかったよかった」

ポニテ「……久しぶりだよ、こんなあったかいもの食べたの」

幼女「うん?コンビニのもチンするからあったかいんじゃないの?」

ポニテ「うん……そうなんだけど」

幼女「すごいCMやってるからコンビニのもきっとおいしいんだろうなー」

ポニテ「……コンビニのは冷たいよ」

幼女「ん?何?」

ポニテ「……なんでもない」

182: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/17(水) 17:57:18.63 ID:8QbxhjAw0




幼女「ごちそーさま!」

ポニテ「食べるの遅いよ」

幼女「いやあ、ごめんごめん」

ポニテ「片付けは私がやるからもう帰りなよ」

幼女「ええ、悪いよ、私も」

ポニテ「いいよ大丈夫、幼女ちゃんこそ早く帰らないと」

幼女「そう?ふふ、ありがと!じゃあまた来るね!」

幼女「あ……そうだ、また来ていいかな」

ポニテ「別に二回言わなくても」

幼女「違う違う、あのね、また作りに来てもいいかって、晩御飯」

ポニテ「また?」

幼女「うん!たまにでいいの、私もカレー以外の料理もいっぱい覚えるからさ!
   ポニテちゃんに食べてもらえるの嬉しいし、野菜嫌いも直したい!」

ポニテ「野菜嫌いは余計だから」

幼女「でも、いいでしょ?」

ポニテ「そんなことしなくていい、言ったでしょ、食べられれば何でもいいって。コンビニあれば十分だから」

幼女「ふふ、そう言うと思った!ダメって言っても押しかけて作るからね!」

幼女「バイバイ!また明日!」

ポニテ「……また明日」

幼女「」ニコッ

ガチャッバタン

ポニテ「……」

ポニテ(片付けしないと)

184: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/17(水) 18:00:40.86 ID:8QbxhjAw0
ポニテ「」カチャカチャ

ポニテ「……?」

ポニテ(なんだろう、静かじゃない……?)

ポニテ(音はしないけど……静けさが……ない)

ポニテ(……なんだろう)

ポニテ(……)

ポニテ(空間を満たしてるカレーの匂いと)

ポニテ(エプロン姿の幼女ちゃんがいたなごり、が)

ポニテ(……)

ポニテ(……あ)

ポニテ(結局幼女ちゃんとゲームやらなかった)

ポニテ(いや、別に幼女ちゃんとやるために出したわけじゃないけどね)

189: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/24(水) 16:04:51.84 ID:pMcArVk10
ある日の幼女の家

幼女「きなこー」

幼女「おーい、きなこー」

幼女「……?」

幼女「あれー、きなこー?」

幼女「おっかしいな……」

幼女「ねーお姉ちゃーんきなこ知らないー?」

姉「きなこ?知らないけど、どっかにいるでしょ」

幼女「さっきから探してるんだけど見当たらなくって」

姉「ほんと?ちゃんと探した?」

幼女「探したよ、結構くまなく」

姉「えー、もしかして家から逃げちゃったとか?もしそうだったら結構やばいよね」

幼女「うー……もうちょっとよく探してみる……!」

190: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/24(水) 16:10:51.07 ID:pMcArVk10
幼女「おーい、きなこー、いたら返事してー」キョロキョロ

幼女「どこいったんだろ……まさか本当に逃げちゃったとか……?」

幼女「……押入れ」

幼女「うーん、いや、こんなところにいるわけないと思うけど、でも一応……」

幼女「きなこー?」

幼女「あっ……!」

きなこ「ニャー」

幼女「きっ、きなこ!なんでこんなところにいるの!?」

きなこ「……」

幼女「もー、こんな暗い奥の方に……そんなところにいたら見つからないに決まってるよ」

きなこ「……」

191: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/24(水) 16:18:56.51 ID:pMcArVk10
幼女「きなこったらこんなところにいて何になるっていうのさ」

きなこ「ニャー……」

幼女「ほら、こっち来て、出よう」スッ

きなこ「……」

幼女「ん……よいしょっと」ダッコ

幼女「きなこ、みんなのところに行こう?」

きなこ「ニャ……」

きなこ「」ピョンッ

幼女「あっ」

きなこ「」スサササ

きなこ「」モグリ

幼女「も、戻っちゃった……何で?」

きなこ「……」

幼女(かくれんぼでもしてるつもりなのかな……)

192: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/24(水) 16:25:19.71 ID:pMcArVk10
登校中

ツインテ「……で……この前あった事なんだけど……」トコトコ

幼女「……えー、ホント?すごいねー……」トコトコ

ポニテ「」スタスタ

幼女「あっ!ポニテちゃん!」

ポニテ「」ビクッ

幼女「おはよー!」

ポニテ「……」

ポニテ「」スタスタ

幼女「あ、あれ……」

ツインテ「えー、何アレー、せっかく挨拶したのに無視するの」

幼女「い、いつもは小さい声だけど返してくれるのに……どうしたんだろう……」

193: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/24(水) 16:33:08.29 ID:pMcArVk10
ツインテ「てーかさ、結局あれからどうなったの?」

幼女「あれって?」

ツインテ「ほら、私が思いっきり睨まれたとき」

幼女「あー……」

ツインテ「どうなったのよその後。幼女ちゃん以外に友達できたの?」

幼女「ん、んー……今のところ……まだクラスで話すのは私ぐらいしか……」

ツインテ「あーやっぱそっか」

幼女「私は、ポニテちゃんみんなと仲良くなって欲しいって思ってるんだけど……」

ツインテ「何で?」

幼女「え?」

ツインテ「だってポニテちゃん好きであんな感じで一人なんでしょ?だったら良くない?
     余計なことしなくたって」

幼女「でっ、でも……!」

194: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/24(水) 16:40:17.83 ID:pMcArVk10
幼女「ポニテちゃんは、みんな怖いって言うけどいい人だし……
   ポニテちゃんだってみんなと一緒の方がきっと楽しいと……!思って」

ツインテ「ふーんそうなんだ。なんかいいね、幼女ちゃんのそういうトコ。思いやりっての?」

幼女「そ、そうかな」

ツインテ「うん。でもそうなってくるとなかなか強敵なのは見ただけでわかるよねー……
     きっと私がまた話しかけても睨まれるだけだろうなー……」

幼女「ツ、ツインテちゃんには諦めないでほしい!
   私も頑張ってポニテちゃんと話して家にも入れてもらえるようになったし、
   さっきも言ったけどいろんな人とポニテちゃんが仲良くなってほしいって
   ずっとずっと思ってたの!」

ツインテ「うーん、ま、なんか機会があったらねん」

幼女「き、機会……機会かー……」

友「おはよー」

ツインテ「おー友ちゃんおはよー」

幼女「おはよー」

195: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/24(水) 16:49:37.15 ID:pMcArVk10




休み時間の図書館

幼女「あれ?この本の続き借りられてる!なんだよーもう、読みたかったのに」

友「あーあ、ドンマイ幼女ちゃん。代わりにこれ借りれば?面白いよ」

幼女「……? あ」

友「?」

ポニテ「……」ペラペラ

幼女「ポニテちゃん!」

ポニテ「」ビクッ

幼女「ねーポニテちゃんは何読んでるの?」

ポニテ「……」

ポニテ「」スタスタ

幼女「えっ、ちょっと、ポニテちゃん」

友「行っちゃった」

幼女「お、おかしーなー、何で……?」

友「どうしたの幼女ちゃん、友さんと喧嘩でもしたの?」

幼女「いや、そういうわけじゃないんだけど……」

196: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/24(水) 16:57:48.81 ID:pMcArVk10
授業中

ポニテ「」カリカリ

幼女「」モジモジ

ポニテ「……」

幼女「……、あ」

幼女「あの」
ポニテ「あのさ」

幼女「あ……ごめ……」

ポニテ「いいよ、幼女ちゃんから先言いな」

幼女「えっと……なんで今日は私が呼んでも返事してくれないんだろう……って思って」

ポニテ「私もそのことで話しかけた」

幼女「どうしたの?私なんか悪いことしたなら謝るけど……」

ポニテ「私の名前」

幼女「うん」

ポニテ「別の人がいるときにあんまり大きな声で呼ばないでくれる」

197: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/24(水) 17:04:34.14 ID:pMcArVk10
幼女「別の人って?友ちゃんとかツインテちゃんとか?」

ポニテ「そう、注目されちゃうでしょ?ヤなの」

幼女「なんでさー、いいでしょ、その人たちが話しかけてくるわけじゃないんだから」

ポニテ「嫌なものは嫌。喋ったこともないような人にジロジロ見られたくない」

幼女「だったら友ちゃんとかとも仲良くなれば、なろうよポニテちゃん、そっちのほうが絶対楽しいよ」

ポニテ「また始まった。友達なんていらないって何度も言ってるでしょ」

幼女「もー……ポニテちゃんってばなんでいつもそうなの」

ポニテ「じゃあ聞くけど、友達がいる意味って何?」

幼女「意味とかそゆんじゃないよ!せっかくみんなでいるんだからみんなと一緒のほうが……」

ポニテ「ふん、結局具体的な答えなんてないんじゃん。ただその場の空気になんとなく合わせてるだけでしょ」

幼女「……もうそんなこと言われてもへこたれたりしないから」

ポニテ「あっそ」

幼女(どうしよう、どうにかして……)

198: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/24(水) 17:13:18.60 ID:pMcArVk10




幼女「……というわけなんです」

ツインテ「うーん、そっかー……なかなかどうしてうまくいかない、と」

友「それでどうしたの?」

幼女「だから……二人にポニテちゃんと喋って友達になってもらおうと思って」

友「え、でもポニテさんでしょ?そんな簡単に行くかのな……」

幼女「難しいかもしれないけど……」

ツインテ「よし、これも幼女ちゃんの頼みだ。私達が一肌脱ごう!ねえ友」

友「わ、私にできることなら」

ツインテ「でもどうしよう、ただ闇雲に話しかけるだけじゃ仲良くなれないよね」

幼女「そっか……なんかないかな」

友「あ、ポニテさんってよく本読んでるよね」

ツインテ「あー、そうだね、それを話題にできないかな」

199: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/24(水) 17:22:41.67 ID:pMcArVk10
友「ねえ、ポニテさんが読んでる本なにかわかる?」

幼女「えっと、最近読んでたのは確か、ノクターンの伝言ってタイトルで……」

ツインテ「だって。知ってる?」

友「うーん、ちょっとわからない……かな」

幼女「あ、あと浜辺のジャッジって本も読んでたよ」

友「あ!それ知ってる!猫が主人公のやつでしょ」

幼女「そうなの?読んだことないからわからないけど」

友「面白かったよー、結構考えさせられる話でね、作者が……」

ツインテ「じゃ、それを話のタネにできないかな」

幼女「昼休みにもポニテちゃん図書館行くと思うから、その時に」

友「え、私一人で行くの?」

ツインテ「ほらいきなり複数人で押しかけるのもアレだし様子見ってことで」

幼女「大丈夫?行ける?」

友「う、うーん、よし、がんばる!」

200: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/24(水) 17:29:47.18 ID:pMcArVk10
昼休みの図書館

ポニテ「」ペラペラ

ツインテ「よし、行ってこい!」

幼女「ファイト!」

友「」ドキドキ

ポニテ「……」

友「こ、こんにちは、ポニテさん」

ポニテ「?」

友「ねえ、ポニテさんってどんな本読んでるの?」

ポニテ「……何急に」

友「えっと、浜辺のジャッジ読んだんでしょ、あれ私も読んだよ」

ポニテ「なんでそんなこと知ってるの……」

友「あっ、と……ほら、この前図書館で読んでるところを見たの」

ポニテ「……」

201: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/24(水) 17:37:31.50 ID:pMcArVk10
友「でさ、どうだった?浜辺のジャッジ」

ポニテ「面白かったけど……」

友「だよね!わかる?あの本の作者外国の有名な作家の人なんだけど
  今回はいままでの作風とちょっと違うんだよねー」

ポニテ「……」

友「物語の結末もすごい意外だったし、それでいて深みのあるお話っていうか……」

ポニテ「……浜辺のジャッジは」

友「?」

ポニテ「自分の家でしか読んだことないんだけど」

友「あっ……」

ポニテ「……」

友「ご、……ごめん」

202: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/24(水) 17:45:20.53 ID:pMcArVk10
ポニテ「はあ……いいよ別に。謝らなくても。どうせ幼女ちゃんに何か言われたんでしょ」

友「そ、それは」

ポニテ「だって私が浜辺のジャッジ読んでるって知ってるの幼女ちゃんだけだもん」

友「うう……」

ポニテ「何そそのかされたのか知らないけど、余計なお世話だから。関わってこないでね」

友「……」

ポニテ「」スタスタ

203: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/24(水) 17:50:32.63 ID:pMcArVk10
幼女「……」

ツインテ「大丈夫?どうだった?」

友「全然ダメだった……幼女ちゃんに言われてきたこともバレてたよー……」

幼女「うん……まあポニテちゃんだもんね、そう簡単にはいかないか……ごめんね友ちゃん」

友「うん、大丈夫。それよりどうするの?」

幼女「そうだなー……一筋縄じゃいかないし後日また様子を見て……」

ツインテ「諦めるな!諦めるな幼女!まだ策はある!」

幼女「なんだいツインテちゃん!」

ツインテ「今こそ私達、今年で結成三周年のお笑いコンビ、おしるこボンバーズの出番だ!」

幼女「おおー!そんなの結成したっけ!」

友「ええ、どうするつもりなの」

ツインテ「私達の爆笑ネタであの無愛想を笑顔に変えるんだ!それしかない!来い相棒!」

幼女「おおー!やってやるぅ!」

友「大丈夫!?心配なんだけど」

204: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/24(水) 18:00:16.21 ID:pMcArVk10




ポニテ「」トコトコ

幼女「ポーニテちゃんっ!」

ポニテ「?」クルッ

幼女「……」

ツインテ「……」

ポニテ「え、何」

幼女・ツインテ「ショートコント『診察』」

ツインテ「では次の方どうぞー」

幼女「先生、なんとかしてください」

ツインテ「今日はどうされましたか」

幼女「体中どこを押しても痛むんです」

ツインテ「なるほど。どういった具合ですか。少し指で押してみてもらえます?」

幼女「はい」

ツインテ「じゃあまず頭を」

幼女「はい……いたたた……」

ツインテ「では次はお腹を」

幼女「はい……いててて……」

ツインテ「最後に足を」

幼女「はい……痛い、痛いです……」

ツインテ「なるほど……」

幼女「先生、これは一体どういう病気でしょうか」

ツインテ「指の骨折ですね」

幼女・ツインテ「ハイッッ!!!」ババーン

ポニテ「……」

幼女「し、死んだ魚のような目をしているッ……」

205: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/24(水) 18:30:46.90 ID:pMcArVk10
ツインテ「なるほど、この程度じゃ通用しないか……こうなったらあのネタで行くしかない!」

幼女「あのネタですね師匠!」

幼女・ツインテ「ショートコント、『ゴリラの……」

ポニテ「ちょ、ストップストップ、え、これなに、怖いんだけど」

幼女「私達、お笑いコンビおとうふボンバーズの爆笑ネタです!」

ツインテ「おとうふじゃなくておしるこ!」

ポニテ「何がしたいの……」

ツインテ「これで笑ってもらえれば仲良くなれるかと思って」

ポニテ「またそんな……全然面白くなかったし」

206: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/24(水) 18:36:42.64 ID:pMcArVk10
ツインテ「やっぱダメか、こりゃしっぱいだったね」

幼女「ねー、しっぱいおっぱいだったねー」

ポニテ「っ……」

ツインテ「?」

幼女「お?」

ポニテ「な、何」

幼女「今笑った」

ポニテ「笑ってないから」

幼女「しっぱいおっぱい」

ポニテ「つっ……」

幼女「おー!」

ツインテ「ポニテちゃんの笑いのツボだ」

幼女「変なところにあった」

207: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/24(水) 18:43:29.96 ID:pMcArVk10
ポニテ「じょ、冗談じゃないから……何度も言ってるけど話しかけないで」

ポニテ「」スタスタ

ツインテ「行っちゃった」

友「どうだった?」

ツインテ「ふむ、どう思います博士」

幼女「手応えありですなー」

ツインテ「ですなー、ポニテちゃんの笑いのツボを押さえたのは大きいですなー」

幼女「ポニテちゃんは下手に凝ったのよりああいうしょうもないので笑っちゃうタイプかー」

208: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/24(水) 18:48:14.30 ID:pMcArVk10
友「で、これからどうするの?」

ツインテ「そうだなー……思い切ってポニテちゃんと一緒に帰ってみる?」

友「え、大丈夫かな」

ツインテ「だいじょぶだいじょぶ、ちょっと強引くらいがちょうどいいよ、ねえ幼女ちゃん」

幼女「えっと、ポニテちゃんみんなと帰る方角違うからちょっと遠回りになっちゃうけど……」

ツインテ「平気そんくらい」

友「うん、大丈夫」

幼女「よし!じゃあ今日の帰りに作戦決行ね!」

幼女(これでポニテちゃんに、私以外にも話せる人ができたら……)

209: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/24(水) 18:56:24.05 ID:pMcArVk10


帰りの下駄箱

ポニテ「……」

ツインテ「おーっす」

友「ど、どうも……」

ポニテ「聞いてないんだけど……」

幼女「えへへ、ほら、みんなで帰ろ!」

ポニテ「……」

幼女「ほらポニテちゃん、笑って、しっぱいお……」

ポニテ「もう笑わないから」

幼女「ごっ、ごめ」

ツインテ「さあーポニテ氏、レッツゴー帰宅!」

友「昼休みはごめんね、一緒に帰ろうポニテさん」

ポニテ「……」

210: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/24(水) 19:04:18.23 ID:pMcArVk10
帰り道

ポニテ「」トコトコ

ツインテ「ほー……」キョロキョロ

友「こっちの通りあんまり通ったことなかった……なんか静かだね」

ツインテ「ポニテちゃんはいつもこの道で帰ってるのか」

幼女「そうだよ!きなこもここで拾ったの!」

友「あ、きなこちゃんって幼女ちゃんちにいる猫?へー、ここで拾ったんだー!」

幼女「ポニテちゃんが最初に見つけたんだよ!ねえポニテちゃん」

ポニテ「うん……」

友「いいなー猫、私も飼いたいなーどこかに捨てられたりしてないかなー」

ポニテ「……」

友「? ポニテちゃん?」

ポニテ「捨てられるって猫にとっては不幸なのにそれを望むなんてありえないと思う」

友「あっ、ご、ごめんなさい……」

ポニテ「別に」

211: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/24(水) 19:10:40.55 ID:pMcArVk10
ツインテ「え、えっと、ねえポニテちゃんってここら辺に住んでるんだよね」

ポニテ「うん」

ツインテ「そっか!じゃあ今からポニテちゃんち行ってみる!?」

幼女「え」

ポニテ「……」

友「あー、確かにポニテちゃんちどんなのか見てみたいかも」

ツインテ「だよね、ポニテちゃんこっから近いんでしょ?行ってみたい……」

幼女「ちょ、ちょっと」

ツインテ「なに?」

幼女「えっとほら、まだそんなに親しくなってないし、ちょっと家に行くってのはまだ早いとか」

ツインテ「大丈夫だよ、家に行って親しくなればいんだからねえ、ポニテちゃん」

友「あれ?ポニテさん?」

212: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/24(水) 19:17:58.34 ID:pMcArVk10
ポニテ「……」スタスタ

ツインテ「ちょっとポニテちゃん、歩くの速いよ、待って……」

ポニテ「ついてこないでよ」

ツインテ「……え」

ポニテ「あのさ、そんなに私と関わって何がしたいの、気持ち悪いからもうやめて」

ツインテ「……」

友「……」

幼女「ポ、ポニテちゃん……」

ポニテ「そんなヘラヘラ笑ってるだけの集団に染まるのなんてごめんだから、近寄らないでよ」

ツインテ「何?なんでそんなこと言われなくちゃいけないの?私たちただ仲良くなりたいって思っただけじゃん」

ポニテ「それが余計なお世話なの。勝手に自分の価値観押し付けて自己満足しないで」

ツインテ「……」

ポニテ「さよなら。友達ごっこはもう終わり。そして金輪際話しかけないで」

ポニテ「」スタスタ

213: ◆pCsbWLFMKc 2016/02/24(水) 19:27:02.97 ID:pMcArVk10
ツインテ「……」

友「……」

幼女「えっ……と……」

ツインテ「なにアレー……あんなこと言わなくたっていいじゃんねー、私達そんな悪いことした?」

友「う、うーん……どうだろ」

幼女「ツ、ツインテちゃん、ポニテちゃんは……」

ツインテ「あーあ、なんか萎えちゃった。もう帰ろう友、お望みどうり金輪際話しかけなければいいんでしょ」

友「ええ、そんな……」

ツインテ「ほらー、帰るよー、友。帰んないなら私一人で帰るね」スタスタ

友「え、えと、どうしよう……」

幼女「……」

友「ご、ごめんね幼女ちゃん、なんか……」

幼女「……いいよ、二人が悪いわけじゃないから……」

友「……」

友「」スタスタ

幼女「……」

幼女「……ポニテちゃん……」

217: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/01(火) 16:31:24.28 ID:sFPuQI070
数日後 ポニテの家

幼女「」ピンポーン

幼女「……」

ポニテ「」ガチャ

幼女「ポ、ポニテちゃん」

ポニテ「何しに来たの……」

幼女「えっと……ほら、この前みたいにさ、また夕御飯作りに来た……」

ポニテ「別にいい、帰って」

幼女「ちょ、ポニテちゃん!私頑張って覚えてきたんだよ、生姜焼きのつくり方。
   材料も持ってきたし……」

ポニテ「悪いけど、あんまりあんたの顔見たくないの」

幼女「お、怒ってるの……この前のこと」

ポニテ「別に、怒ってないけど」

幼女「……ごめん」

ポニテ「いいよ、あの二人にムカついただけだし」

幼女「友ちゃんとツインテちゃんは悪くないの。私が……」

ポニテ「とにかく今日はもう帰っていいから」

幼女「お願いポニテちゃん、美味しいの作るから……」

ポニテ「……はあ」

218: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/01(火) 16:39:47.20 ID:sFPuQI070
幼女「」ジュー

幼女「……」

ポニテ「……」カリカリ

幼女「……あ、あのさポニテちゃん」

ポニテ「何」

幼女「……生姜焼き。今焼いてるけど、美味しそうな匂いしない?
   ごめんね、今もこの前もご飯があればよかったんだけど、炊いてる時間ないから……」

ポニテ「そう」

幼女「……」

ポニテ「……」

幼女「え……えと……きょ、今日の体育の授業しんどかったよねー、
   あれどんだけ走らされるんだー……みたいな……」

ポニテ「……」

幼女「あと、校長先生のお話もあったよね、相変わらず長くて……」

ポニテ「今宿題してるから話しかけないで」

幼女「あっご、ごめ……」

ポニテ「……」

幼女「……」

219: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/01(火) 16:47:25.19 ID:sFPuQI070
幼女「ポニテちゃん、できました、生姜焼き」

ポニテ「……」

幼女「ごめんね、ちょっと焦がしちゃったけど……」

ポニテ「」モグモグ

幼女「あっ、だめだよポニテちゃん、いただきますちゃんと言わないと」

ポニテ「……」モグモグ

幼女「……」

幼女「」モグモグ

ポニテ「」モグモグ

幼女「……どう?美味しいかな……」

ポニテ「……」モグモグ

幼女「……」

220: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/01(火) 16:55:29.82 ID:sFPuQI070
ポニテ「……」

幼女「ポニテちゃん相変わらず食べるの早いね……」

ポニテ「早く食べれば早くあんたが帰ると思ったの」

幼女「そんな……」

ポニテ「……」

幼女「……」

幼女「ポニテちゃん、あのね……」

ポニテ「……?」

幼女「なんというか……なんていったらいいかわかんないんだけど」

ポニテ「……」

幼女「と、友ちゃんとか、ツインテちゃんとかと、もう一度ちゃんと仲良くなれないかな」

ポニテ「……は?」

221: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/01(火) 17:05:24.69 ID:sFPuQI070
幼女「えっと……友ちゃんとツインテちゃんはね、いい人なの。だけど前は私が……
   ……私が二人にポニテちゃんと仲良くなってってお願いしちゃったから。
   余計なことしちゃったなって思ってて……」

ポニテ「……」

幼女「……ポニテちゃんは、あんまり、なんというか、友達とかいなくても平気みたいだけど、
   でも私はポニテちゃんがみんなと話して、みんなと遊べるようになったら、絶対いいのになって思って、
   ほら、ポニテちゃんは優しい人だから……だから友ちゃんとツインテちゃんにお願いしたの」

幼女「そのせいであんな感じになちゃって……あれからもうあの二人とは喋ってないんでしょ?」

ポニテ「まあ」

幼女「やっぱり……ねえ、あの二人じゃなくてもいいから誰か話せる人つくってほしいの。
   ポニテちゃんにこんな静かな家にいてほしくないの。いろんな人と仲良くなってほしいの」

幼女「だから……」

ポニテ「だから?」

幼女「だから……」

幼女「……」

ポニテ「言いたいことは終わったの?」

222: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/01(火) 17:14:39.81 ID:sFPuQI070
幼女「だから」

ポニテ「もういい喋らないで」

幼女「……なんで」

ポニテ「いい加減にしてよ、そうやって自分のエゴ押し付けて善人ヅラすんの。もうたくさんなの」

幼女「だって」

ポニテ「私は!別にあんたなんかのまずい夕飯なんかいらないし!あんたなんかに心配されるほど弱い人間じゃないから!」

幼女「っ……」

ポニテ「そういうことだよ、今だって私生姜焼き食べたよ、食べたでしょほら満足?
    そうやって私の気も知らないくせに友達がなんだどうだとか言って近寄ってきて、
    めんどくさいからちょっと付き合ってあげたら調子乗ってさ、ほんとバカ。
    そのことが何か私のためになるとでも思ってんの?」

幼女「……そ、…んな」

ポニテ「いいよね、あんたはさ。あんなたまたまクラス居合わせただけの集団の一匹になれればそれで満足なんでしょ?
    何考えてるかわからないような相手に作り笑顔見せて友達だーとか言ってれば幸せなんでしょ?
    私は違う。違うの。だからもうほんとにやめて」

幼女「……」

ポニテ「……」

223: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/01(火) 17:25:01.25 ID:sFPuQI070
幼女「……違うよ」

ポニテ「何が……」

幼女「違うでしょ、怖いんでしょ。自分がまたひとりぼっちになるのが。知ってる人に知らんぷりされるのが」

ポニテ「は……?」

幼女「私だって嫌だよ……好きな人に知らんぷりされるのは……勝手に置いていかれてひとりぼっちになるのは……」

幼女「それでも……」

幼女「それでも……みんな……!」

ポニテ「何をわかったような口きいてんのよ!」ガタッ

幼女「だってポニテちゃん一人の方が良いなんて言うんだもん!家でもいっつも一人でいるんだもん!
   きっと一人になるのが嫌だから一人でいるんでしょ!?最初から一人でいれば誰にも
   置いていかれることなんてないし!誰のことも考えなくてすむし!」

ポニテ「あなたにわかるわけないでしょ!?ずっとずっと阿呆みたいに人に
    笑顔見せてれば生きてこれたような人間が!!」

幼女「それでもみんないい人たちなんだよ!!みんな優しくて面白くて一緒にいると嬉しいんだもん!
   友ちゃんもツインテちゃんもポニテちゃんもお母さんも先生もみんなみんなみんな……!」

ポニテ「それがなんだってのよ!!それを私に押し付けるのが楽しいわけ!?」

幼女「ポニテちゃんに知ってほしいんだよ!みんなで集まって遊ぶのが楽しいからって!」

ポニテ「クソみたいな馴れ合いの中にまじるのが!?」

幼女「馴れ合いじゃない!馴れ合いなんかじゃないんだよ!!なんでそんなこと言うの!!」

ポニテ「それなら勝手にあんたらで集まってればいいの!!私には関係ないの!!」

幼女「そんなことない!!ポニテちゃんだけ仲間はずれにしていいわけない!!」

ポニテ「もういい!!もう黙れ!!今すぐ出て行って!!」

幼女「あああああポニテちゃんのバカ!バカバカバカバカッ!!もう知らないよ、バカァッ!!」

ガチャッ
バタン!

ポニテ「……」

224: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/01(火) 17:33:18.29 ID:sFPuQI070
帰り道

幼女「うっ…う、っ、ううっ……」ポロポロ

ポツン…

幼女「……?」

ポツン…ポツン…

ザァァァァ……

幼女「……ぅ……」ポロポロ

ザァァァァ……

幼女「…っ…っ……」ポロポロ

225: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/01(火) 17:42:45.34 ID:sFPuQI070
幼女の家

ガチャ…

姉「お、幼女おかえりーって……」

幼女「」ポタポタ

姉「うわああ、ど、どうしたの幼女!?ずぶ濡れじゃん!」

幼女「……」ポタポタ

姉「傘とかささなかったの!?なんでこんな……」

幼女「う……」

姉「?」

幼女「うああぁぁぁ……」ポロポロ

姉「よ、幼女……」

幼女「う、ううぅぅ、あああぁぁぁ……」ポロポロ

姉「何があったのホント……おかーさーん!!幼女がー!」

226: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/01(火) 17:49:36.62 ID:sFPuQI070

お風呂

幼女「……」

幼女「……」ブクブク


ポニテ『私は!別にあんたなんかのまずい夕飯なんかいらないし!あんたなんかに心配されるほど弱い人間じゃないから!』


幼女「っ……」

幼女「……」


ポニテ『私、あんたみたいな人、苦手だし、嫌いだから』

ポニテ『簡単だよね、表面だけ取り繕うのは、さ、
    あんただっていないところで何言われてるかわかったもんじゃないでしょ』

ポニテ『さよなら。友達ごっこはもう終わり。そして金輪際話しかけないで』

ポニテ『もういい!!もう黙れ!!今すぐ出て行って!!』


幼女「……」

幼女(ポニテちゃん……)

227: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/01(火) 17:57:09.40 ID:sFPuQI070
幼女(悲しい……なんでこんなに悲しいんだろう……)

幼女(ポニテちゃんすっごく怒鳴ってたし……私も怒っちゃった……)

幼女(なんでだろ……こんなはずじゃなかったのに)

幼女(うう、ダメだ、また泣いちゃう……)

幼女(……)

幼女(……ポニテちゃんはなんであんなこと言うのかな)

幼女(それとも私が間違ってるのかな)

幼女(私はただみんなと仲良くしたいだけ、ポニテちゃんも……)

幼女(でも……そんなことばかり言ってたらこんなことになってしまった)

幼女(そういう私の考えじゃうまくいかないことが……うまくいかないことって……)

幼女(私はどうすればいいんだろう……)

幼女(……)


ポニテ『……ありがと』


幼女(っく……ポニテちゃん)

幼女(私、ポニテちゃんを……ポニテちゃんが……)

幼女(ポニテちゃん、を……?)

幼女(……)

228: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/01(火) 18:04:49.40 ID:sFPuQI070


幼女『待って』

ポニテ『……なに?』

幼女『……すき』

ポニテ『え?』

幼女『ぁ……ちが……ごめ、なんでもない』

ポニテ『なんなの』

幼女『えっと……ポニテちゃんが言ったことを……そんなことないよって、慰め……
   慰めっていうか、なんか、言おうと思って、でもなんて言えばいいかわからなくなっちゃって……』

ポニテ『……そう』

幼女『で、でもね、私はね、ポニテちゃんのことすきだよ』

ポニテ『別に好きって言ってもらいたいわけじゃないけど』

幼女『うん……でも……』


229: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/01(火) 18:12:29.24 ID:sFPuQI070
幼女(……?)

幼女(なんだろ今の……)

幼女(えっと……ポニテちゃんと一緒にたこ焼き食べたときだっけ……)

幼女(……それがどうかしたのかな)

幼女(なんで……)

幼女(……)

幼女(と、とにかくポニテちゃんと仲直りしなくちゃ……
   このままポニテちゃんと話せなくなちゃったりしたらやだよぉ……)

230: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/01(火) 18:18:25.11 ID:sFPuQI070
幼女「……お風呂あがった」

母「そう、幼女、何があったの?あんなに泣きながら帰ってきて」

幼女「……なんでもない」

母「なんでもないわけないでしょ、姉もみんな心配してたよ」

幼女「……雨、だったから、転んで、それで……」

母「どこも怪我してないみたいだけど」

幼女「……」

母「幼女、本当のこと話しなさい」

幼女「ほ、ほんとになんでもないの……心配しないで」

幼女「」スタスタ

母「……」

231: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/01(火) 18:23:15.08 ID:sFPuQI070
子供部屋

幼女「……」

妹「……」

幼女「……」

妹「……お姉ちゃん」

幼女「ちょっと……今話しかけないで……」

妹「違うの、ニャー助が……」

幼女「え……」

妹「ちょっと前から全然見当たらなくて……」

幼女「なんで?」

妹「わかんない、でもどこに行ったかわからなくなっちゃった」

妹「ねえお姉ちゃん、ニャー助どこにいるかわかる?」

幼女「……もしかして」

232: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/01(火) 18:23:49.29 ID:sFPuQI070
押入れ

きなこ「……」

幼女「やっぱりここに……」

妹「なんで?なんでこんなとこにいるの?」

幼女「わかんない……」

妹「……なんかぐったりしてない?」

幼女「そ、そんな……きなこ……」

きなこ「ニャ……」

幼女「どうしたの、きなこ、でてきてよきなこ、ほら、おもちゃで遊んであげるから」

きなこ「……」

幼女「きなこ……」

妹「どうしてこんな元気なくなっちゃったんだろう……」

幼女「……」

妹「ちょっと、お母さんに相談してくる」タッタッタッ

幼女「……」

236: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/05(土) 18:22:20.24 ID:4Q4EyXWo0
数日後

ザァァァ……

ツインテ「はあ、今日もまた雨かー、なんか最近多いね」

幼女「……」

ツインテ「ねえねえ、雷がひどくなって帰れなくなったりして。前もあったよねそういうこと」

幼女「……」

ツインテ「ちょっと、聞いてる?」

幼女「あっ、うん……」

ツインテ「でさー、また体育館に集合させられて、親が迎えに来るまでまたされてーみたいな……」

幼女「……」

ツインテ「おーい」

幼女「ご、ごめ」

ツインテ「大丈夫?なんか具合悪い?」

幼女「そ、そういうわけじゃないけど」

ツインテ「でもなんか最近元気なくない?平気?何かあった?」

幼女「……」

ツインテ「?」

幼女「……ううん、何もないよ、……平気」

ツインテ「うん、ならいいんだけどさ」

幼女「……」

ザアアア……

237: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/05(土) 18:32:10.11 ID:4Q4EyXWo0
授業中

先生「それではこれからプリントを配りますので各自……」


ポニテ「……」カリカリ

幼女「……」

ポニテ「……」カリカリ

幼女「ポッ……」

幼女「ポニテちゃん……」

ポニテ「」チラ

幼女「あっ、あのね……」

ポニテ「……?」

幼女「……」

幼女「……やっぱ何でもない」

ポニテ「そ」

幼女「……」

ポニテ「……」カリカリ

238: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/05(土) 18:45:15.47 ID:4Q4EyXWo0
幼女(言わなきゃ……)

幼女(早く……言わなきゃ)

幼女(これは私だけの問題じゃないんだ……ポニテちゃんに早く知らせないと……)

幼女(でも……)

幼女(言ったら……どうなる?ポニテちゃんはなんて言う?)

幼女(あれからめっきりポニテちゃんに話しかけるのが怖くなってしまった……)

幼女(ごめんなさいも言ってない、また明日も言えなくなった)

幼女(こんな状態なのに……伝えたらポニテちゃん、またこれまで以上に私を責め立てるかもしれない)

幼女(いや……それだけならまだいいよ)

幼女(私がポニテちゃんを追い詰めちゃうかもしれない……)

幼女(……)

幼女(それでも伝えなきゃ……)

幼女(違うんだ……これは私がポニテちゃんに嫌われちゃうからとか、ポニテちゃんが悲しむからとか、
   そういう問題じゃないんだ)

239: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/05(土) 18:53:48.39 ID:4Q4EyXWo0




当番「きりーつ、れー、さようならー」

ワイワイ

ポニテ「」スタスタ

幼女「待って」

ポニテ「……何」

幼女「……」

ポニテ「用事があるなら早く済ませて」

幼女「……え、と」

ポニテ「?」

幼女「ポニテちゃんに、言わなきゃいけないことが、あって」

ポニテ「何?」

幼女「……」

ポニテ「なんか前からあんた変だよ、言うこともないのに話しかけてきたり」

幼女(ダメだ、ここじゃ言えない……)

幼女「来て……」

ポニテ「……」

240: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/05(土) 19:02:52.94 ID:4Q4EyXWo0
人気のない校舎の廊下

幼女「……」

ポニテ「ねえ、どこ行くの、何がしたいのか早く言って」

幼女「いい、ここでいい……」

ポニテ「またなにかくだらない提案でもするの」

幼女「ち、ちが……」

ポニテ「今度もなんか友達とか、そういう話だったらもうほんとに帰るからね」

幼女「ポニテちゃん、お願い聞いて……」

ポニテ「……」

幼女「っ……」

ポニテ「またそうやって黙り込む……私早く帰りたいんだけど」

幼女「待って……どうしても伝えなきゃいけないことで……」

ポニテ「わかったよ、ほらあと十秒」

幼女「うっ……」

ポニテ「九ー、八ー、七ー」

幼女「……」

ポニテ「六ー、五ー」

幼女「あっ!」

幼女「あのね!きなこが!」

ポニテ「!」

幼女「きなこが……」

241: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/05(土) 19:12:31.90 ID:4Q4EyXWo0
幼女「……」

ポニテ「きなこが……?」

幼女「うっ……う……」ポロ…

ポニテ「どうしたのよ、何があったの」

幼女「きなこ、が、」

ポニテ「きなこが?」

幼女「びょ、きで」

ポニテ「え……」

幼女「ずっと、っ、うごけなく、な……う、なって、て……それで……」

ポニテ「……」

幼女「びょういんにも、つれて、っいった、けど、なおるかどうか、わからない、って……」

ポニテ「……どういうこと」

幼女「もともとびょうきのねこちゃんだから、すてられてたのかもって、おかあさんが……」

幼女「うっ、う、うう……ごめんね、ポニテちゃんごめんね、ごめんなさい……っう」

ポニテ「……今どういう状態なの、どこにいるの?病院?」

幼女「今は、家に、いる……けど、押入れから入って出てこないんだ、ポニテちゃんに」

幼女「ポニテちゃんに早く伝えなきゃて、思ってた、けど、言い出せなかった……
   きなこはポニテちゃんの猫なのに、ずっとずっと、私……」

幼女「ごめんなさい……ごめんなさい……」

242: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/05(土) 19:21:05.00 ID:4Q4EyXWo0
ポニテ「……」

幼女「ごめんね、ごめん、ごめん……」

ポニテ「謝らなくていいから」

幼女「……」

ポニテ「それで……きなこはどうなるの?」

幼女「そっ、それは……」

ポニテ「病気は治らないの?治らないんでしょ?じゃあどうなるの?どうなるのよ」

幼女「……」

ポニテ「言って!どうなるの!」

幼女「ポニテちゃん!やめて!やめて……」

ポニテ「私はどうすればいいのよ、もともと病気だったんでしょ?
    じゃあなに、私が見つけたのがそもそもの間違いだったってこと?」

幼女「違う、違うよ」

ポニテ「じゃあ何よ!あなたが預かるって自分で言い出したんじゃない!
    きなこは私の猫だって言ってたでしょ!それなのに……」

ポニテ「っ……ごめん、違う、これは……誰のせいでもない、そうだよね、病気だもん」

幼女「……」

243: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/05(土) 19:32:32.27 ID:4Q4EyXWo0
ポニテ「会える?今から、きなこに」

幼女「会えるよ、けど……」

ポニテ「……会わない方がいい?」

幼女「だって、もうずっと押入れの中だし、会っても……」

ポニテ「いいよ、それでも」

幼女「……わかった」

ポニテ「……」

244: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/05(土) 19:42:26.06 ID:4Q4EyXWo0
幼女の家

幼女「……こっち」

ポニテ「……」

幼女「ここの、奥」

ポニテ「」ノゾキ

きなこ「……」

ポニテ「……きなこ」

きなこ「……」

幼女「ずっとここからでてこなくて、それで」

きなこ「……」

ポニテ「……猫は」

幼女「……?」

ポニテ(自分が死ぬときには絶対にその姿を見せたりはしないんだ。
    自分の弱った姿を人に見せない……だから……こんなところに……)

幼女「ポニテちゃん……?」

ポニテ「きなこ……」

ポニテ「」スッ…

ポニテ「」ナデナデ

きなこ「ャ……」

幼女「……」

245: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/05(土) 19:52:17.25 ID:4Q4EyXWo0
ポニテ(なんでだろう、きなこ、もしかしていなくなってしまうの)

ポニテ(そんなことってある?ねえきなこ。私には、)

ポニテ(私にはわからないよ)

ポニテ(なんでいなくなってしまうの)

ポニテ(なんでみんないなくなってしまうの?)

ポニテ(だから、こうやって、誰かを失うのが怖いから、私は一人でうずくまってるの)

ポニテ(どうなんだろう……きなこ、わからないよ……)

ポニテ(私には……)

ポニテ「」ナデナデ

きなこ「……」

246: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/05(土) 20:02:01.09 ID:4Q4EyXWo0
母「ポニテちゃん……」

ポニテ「あ……」

母「えっと……今日ね、きなこちゃんまた動物病院につれていくから。
  そこで預かってもらうことになったの。それで……」

ポニテ「……それで治るんですか」

母「それは……」

ポニテ「……ごめんなさい変なこと聞いて」

母「……」

幼女「もういいよ、お母さん、きなこのことは私から話してあるから」

母「……ごめんね、ポニテちゃん、力になれなくて……」

247: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/05(土) 20:12:57.87 ID:4Q4EyXWo0






ポニテ「……」ナデナデ

きなこ「……」

ポニテ(なんだろう、この手を離したら、きなこと私は、もう……)

ポニテ「……」

ポニテ「……」スッ

幼女「ポニテちゃん?」

ポニテ「ごめんね、ずいぶん長いこと居させてもらっちゃった。
    もう、帰るから。お母さんにお邪魔しましたって言っといて」

幼女「……ポニテちゃん」

ポニテ「……何?」

幼女「か、悲しくないの……?」

ポニテ「……」

幼女「さっきからずっと、無表情だけど……」

ポニテ「……」

ポニテ「なんだろう、不思議だな……」

ポニテ「涙も出ない」

幼女「……」

248: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/05(土) 20:20:19.10 ID:4Q4EyXWo0
ポニテ「じゃあね」

幼女「……」

ポニテ「」スタスタ

幼女「待って!」

ポニテ「……」

幼女「き、っと、帰ってくるよ!きなこ、帰ってくるよ!」

ポニテ「は……?」

幼女「病院から帰ってきて!病気もきっと良くなるよ!ポニテちゃんのところにちゃんと帰ってくるよ!
   そしたらポニテちゃんも可愛がってあげて、きなこも……」

ポニテ「もういいよ」

幼女「お願い、ポニテちゃん、私を信じて、きっときっと、こんなこと……」

ポニテ「もういいからッ」

幼女「ぁ……」

ポニテ「……そうなれば、いいね」

ポニテ「」ガラガラピシャッ

幼女「……」

249: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/05(土) 20:21:20.36 ID:4Q4EyXWo0











それからまた数日後――
 その日も雨だった―――











250: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/05(土) 20:22:52.51 ID:4Q4EyXWo0



ピンポーン




ガチャ



251: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/05(土) 20:30:58.69 ID:4Q4EyXWo0
幼女「……」

ポニテ「……」

幼女「……」

ポニテ「……」

幼女「……あがっても、いいかな」

ポニテ「……うん」

幼女「……お邪魔します」

ガチャ

252: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/05(土) 20:43:33.61 ID:4Q4EyXWo0
幼女「……」

ポニテ「……」

幼女「……あの」

ポニテ「いいよ、言いたいことは、わかってる」

幼女「……きなこ、死ん……」

ポニテ「大丈夫、あんただって悲しいでしょ?無理矢理言葉にして傷を逆なでしなくても……いいよ」

幼女「……ごめん……でもありがと、もうね、ポニテちゃんの前では泣きたくなかったの」

ポニテ「あんなに泣き虫だったのに?」

幼女「だから、だよ」

幼女「ポニテちゃんは泣かなかった?」

ポニテ「うん、私は乾いてるから」

幼女「そんなことないと思う」

ポニテ「あんた……幼女ちゃんは……泣ける分、優しい人なんじゃないかな」

幼女「それはポニテちゃんも」

ポニテ「……」

幼女「ポニテちゃんだって泣きたいときあるでしょ?」

ポニテ「ないよ」

幼女「そんなこと」

ポニテ「最後に泣いたのなんて、ずっとずっと前の、赤ちゃんの時ぐらいかな」

253: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/05(土) 20:50:37.57 ID:4Q4EyXWo0
幼女「……あのさ」

ポニテ「何?」

幼女「……隣り、座ってもいいかな」

ポニテ「……うん」

幼女「前、話したよね、ここが、二人の秘密基地だって」スワリ

ポニテ「そんなこと言ってたね」

幼女「ポニテちゃんってほんとに乾いてる?言えないことってあるんじゃない」

ポニテ「どうかな……」

幼女「私なんかでよければ」

幼女「隣に、いるから」

ポニテ「……」

254: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/05(土) 21:48:49.61 ID:4Q4EyXWo0
ポニテ「……」

幼女「……」

ポニテ「昔」

幼女「うん」

ポニテ「昔から」

幼女「……うん」

ポニテ「あんまり人と話さない大人しい子だったって、お母さんは言ってた」

幼女「……」

ポニテ「まだお父さんがいた頃、前の学校は家のすぐ近くにあって、通ってた」

ポニテ「でもなんとなく、ぎこちなかったんだ……話していた友達が、突然自分の顔を見ると嫌な顔されたり
    したことがあったかもしれない」

ポニテ「お父さんとお母さんは仲悪かった……私が寝ている時間によく喧嘩してた……
    多分、私に聞こえてないと思ってやってたんだと思う」

ポニテ「お父さんは悪い人ではなかった。私の誕生日にプレゼントを買ってきてくれたりする人だった。
    だから嫌いじゃなかったし、好きでもなかった」

ポニテ「でもぎこちなさは違和感だったんだ……ある日みんなが私の前からいなくなってしまうんじゃないかと
    お母さん達の喧嘩を聞いていたら思った。その時には離婚のことは知らなかったのに……
    悪い予感だったのかな」

ポニテ「そしたらお父さんとはもう本当に会えなくなってしまった。そして誰一人知ってる人がいない
    今の学校に来たんだ……なんだかもうずいぶん前のことみたい」

幼女「お母さんは……?」

ポニテ「お母さんは知っての通りだよ、いつもお金だけ渡して仕事に行く。
    私もそっちのほうがむしろ生きやすいと思ったんだ。無駄に人の事気にかけなくて済むし、
    人に干渉されるのが嫌だったから」

ポニテ「でも、なんだろう、何を失ったのかもわからないし、何も失ってないかもしれないのに、
    何かを失ったような気がしたんだ。そんなことないって自分に言い聞かせても、それで、私……」

ポニテ「っ……」

幼女「ポニテちゃん……?」

ポニテ「なんだろう……なんで私こんなこと今幼女ちゃんに話してるんだろう」

幼女「話したいからじゃないの?」

ポニテ「……」

幼女「ポニテちゃん、今話してることがきっと今まで話せなかったことなんだよ、
   ポニテちゃん、私が聞くよ」

ポニテ「でもダメだ……これ以上は話せない、なんだか、もう……」

幼女「……」

255: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/05(土) 21:51:26.49 ID:4Q4EyXWo0
ポニテ「……」

幼女「……」

ポニテ「……ちゃん」

幼女「……?」

ポニテ「……幼女ちゃん……」

幼女「なに……?」

ポニテ「今から、私、あんたを頼るから……」

幼女「うん」

ポニテ「お願い、こっちを向いて……」

幼女「こう……?」

ポニテ「」ギュッ

幼女「わ……」

ポニテ「……」

幼女「ポニテちゃん……」

ポニテ「私、は」

幼女「……」

ポニテ「怖かったんだ、この家の空白をこれ以上増やすのが。私の前にいた人間は必ずどこかに消えていってしまう……」

ポニテ「お父さん……お母さん……あの人も、あの人も、みんな……」

ポニテ「それが今度はきなこだったんだ」

ポニテ「私は……私も……」

ポニテ「幼女ちゃんみたいに……生きたかった……」ポロ…

幼女「……」

ポニテ「う……、うっ、うう……ぐす、ああっ、ああ……」ポロポロ

幼女「……」

ポニテ「ぐすっ、う、あ、ああ……っ……」ポロポロ

幼女「」ギュ

ポニテ「う…うっ……」ポロポロ

256: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/05(土) 22:00:41.94 ID:4Q4EyXWo0








ポニテ「……ごめんね」

幼女「ううん、大丈夫」

ポニテ「呆れたでしょ?今まで散々大口叩いといて。私は結局こんななの。
    ……嫌になったんだったらもう無理に話しかけなくてもいいから。
    きなこのこともぶり返したくないし……」

幼女「ポニテちゃん、こんどはハンバーグを作ってみようと思うんだ」

ポニテ「……そう」

幼女「ポニテちゃん、私もう悲しくないよ」

ポニテ「……」

幼女「ほら」

幼女「」ニコー

ポニテ「……」

幼女「また一緒にいっぱい遊ぼうね、ご飯作りに来るし、逆にうちに食べに来てもいいよ!
   ポニテちゃんが読んでる本もまた読みたいし、学校でもいろんなこと話そ!」

幼女「じゃあね、ポニテちゃん、また明日!」

ポニテ「……うん、また明日」

幼女「」ニコッ

ガチャッバタン

ポニテ「……」

261: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/13(日) 16:08:19.71 ID:/3dQKHLX0






ポニテ「ん、んん……」

ポニテ「」ゴシゴシ

ポニテ「うっ、寒……」

ポニテ(これは……)

ポニテ(うわ……やっぱり降ってる、そうとう積もってるし)

ポニテ(はあ……雪とか……なんだか……)

ポニテ(学校行かなきゃ……)

262: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/13(日) 16:15:28.74 ID:/3dQKHLX0
ピンポーン

ガチャ

幼女「おはよー!ポニテちゃん!」

ポニテ「また今日も来たの……」

幼女「うん!ポニテちゃん!一緒に学校行こ!」

ポニテ「別に毎朝迎えに来なくてもいいって言ってるのに……」

幼女「えへへ、ポニテちゃんとは帰り道だけだったからねー、行きもと思って」

ポニテ「そんなわざわざ遠回りしてまで……なんで急にそんなことになったのよ」

幼女「いやあ、気まぐれだよー気まぐれ」

ポニテ「……」

263: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/13(日) 16:23:56.67 ID:/3dQKHLX0
幼女「? 何?」

ポニテ(気まぐれ?嘘ばっかり)

ポニテ(幼女ちゃんが朝迎えに来るようになったのはあの日からだ)

ポニテ(きなこが……)

幼女「ポニテちゃんどうしたの?私の顔になんかついてる?」

ポニテ「……なんでもない、いま準備してるからちょっと待ってて」

幼女「うん!ポニテちゃーん、今日は寒いよー、なるべく早くねー」

ポニテ「……」

264: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/13(日) 16:28:26.94 ID:/3dQKHLX0
登校中

ザク ザク

幼女「雪すごいねー」

ポニテ「最近よく降るようになって……ほんとにイヤ」

幼女「ええ、なんで?雪いいじゃん」

ポニテ「なにがよ」

幼女「だってなんかいいじゃん!ほら、綺麗だし!雪で遊べるし!」

ポニテ「何も良くないよ、冷たいし邪魔だし、私の家の前だってつもちゃって、歩きにくかったでしょ」

幼女「うーん、私は雪好きだけどなー、降ってるの見るたびわあって思う」

ポニテ「私はうげって思う」

265: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/13(日) 16:33:27.71 ID:/3dQKHLX0
幼女「今日ね!朝早起きしたからお母さんと雪かきしたんだよ!」

ポニテ「雪かき?」

幼女「うん」

ポニテ「へえ、朝から疲れない?」

幼女「全然!そうだ、ポニテちゃんの家の前も雪かきしたほうがいいよ!」

ポニテ「え、私が?」

幼女「ああいうのは誰かがやらないといけないんだってお母さん言ってた」

ポニテ「やだよめんどくさい……」

幼女「もうー、そう言ってたらいつまでたっても歩きにくいままだよーポニテちゃんの家の前」

266: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/13(日) 16:39:27.29 ID:/3dQKHLX0
ポニテ「んん……」ザクザク

幼女「はあー」ザクザク

幼女「息白ーい」

ポニテ「そういえばさ」

幼女「何?」

ポニテ「早起きしたの?」

幼女「え、なんで知ってるの」

ポニテ「いやさっき言ってた」

幼女「あ、そっか……で、それがどうしたの?」

ポニテ「いや、なんで早起きなんてしたんだろうって……」

幼女「……」

267: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/13(日) 16:45:34.17 ID:/3dQKHLX0
ポニテ「もしかして、私の家に時間合わせてくるために毎朝早く起きてる?もしそうだったら……」

幼女「うーん、でも早起きっていいことあるんだよ!ほら、ことわざに……なんだっけ、早起きは得……みたいな」

ポニテ「やっぱりそうなんだ、わざわざ?」

幼女「まあ」

ポニテ「……」

幼女「?」

ポニテ「別にあんたがなにしようが勝手だけど……毎朝私のところに来ることないんじゃない」

幼女「ええ、なんで」

ポニテ「じゃあさ、今までずっと一緒に登校してた、なんだっけ、友ちゃん?とかとはどうしてるの?
    一緒に登校するのやめたの?」

幼女「ああ……」

ポニテ「……」

幼女「なーんだ、ポニテちゃんそんなこと心配してたの?だいじょぶだいじょぶ、心配しなくても」

ポニテ「ほんとに?」

幼女「うん、ポニテちゃんちに迎えに来るのは私が好きで決めたことだから。
   ポニテちゃんは何も心配しなくていいよ!」

ポニテ「……ふーん……まあ知らないけど」

268: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/13(日) 16:53:19.86 ID:/3dQKHLX0
幼女「ていうかさ、そんなことより……私ポニテちゃんに言いたいことが」

ポニテ「何?」

幼女「明日から何があるでしょーかっ」

ポニテ「……?」

幼女「……」

ポニテ「ああ、冬休み」

幼女「遅いよー、楽しみにしてる小学生ならそこはズバッと答えないとー」

ポニテ「いや、別にそんなに楽しみじゃないし」

幼女「なんでさー、私はものすごく楽しみなんだよー、さてなぜでしょーかっ!」

ポニテ「……」

幼女「……」

ポニテ「え、家でごろごろできるから?」

幼女「いや、まあそれもあるけど……なんでポニテちゃんはこう発想がインドアなのかな」

ポニテ「あんたのことなんて知らないし……」

269: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/13(日) 17:01:15.28 ID:/3dQKHLX0
幼女「……私ね、冬休みはなるべくポニテちゃんといたいって思ってるの」

ポニテ「……え?」

幼女「だってさ!せっかくのお休みだし!ポニテちゃんといろいろしたいって!ね!」

ポニテ「……それは何?どういう……」

幼女「もー、だから、とにかく冬休みはポニテちゃんと遊びたいってだけだよ、そんな難しく考えなくても」

ポニテ「そう」

幼女「ね、どうかな」

ポニテ「……」

幼女「どうですか?」

ポニテ「……別に断る理由もないけど、承諾する理由もない。好きにすれば?
    私はその場その場で付き合うかどうか決めるから」

幼女「」ニヘー

ポニテ「な、何その顔」

幼女「いやー、ねー、だってねー、それはポニテちゃんなりのはい喜んでって意味なのかなーって思ってー」

ポニテ「はあ?そんなこと言ってないでしょ、勝手なこと言わないでよ」

幼女「えへへ、なんでもないよっ!あー冬休み楽しみだなー」ザクザク

ポニテ「……はあ……」

270: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/13(日) 17:09:54.88 ID:/3dQKHLX0
学校

先生「はーいそれでは今から冬休みの決まりについてのプリントを配ります。
   このプリントに書いてある決まりをしっかり守って事故や怪我などないように……」


幼女「いやー、先生が冬休みの決まりのプリント配り始めたらいよいよ冬休みって感じするよね!」

ポニテ「そうかな……」

幼女「んー、でもまだ終業式の校長先生の話が残ってるかー、あー、早く冬休みになんないかなー」

ポニテ「宿題の事忘れてるんじゃない?」

幼女「もっ、もちろん忘れてませんとも!いやあね、宿題は毎日しっかりと……うんうん」

ポニテ「ホントかな……」

幼女「ねっ、ポニテちゃん、冬休み何する?何して遊ぶ?」

ポニテ「そんなの知らないよ」

幼女「なんかやりたいことない?」

ポニテ「ないよ……」

幼女「もー冷めてるなー、じゃあ私の案を一つ」

幼女「ポニテちゃんの家に泊まりに行きたい!」

ポニテ「えっ」

271: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/13(日) 17:20:38.66 ID:/3dQKHLX0
幼女「ポニテちゃんの家に泊まりに行きたい!」

ポニテ「二回言わなくてもいい、なんでまた急に」

幼女「だって、いいじゃん、お泊りとかしてみたい」

ポニテ「泊まり……私の家に?そんなのなにも面白くないよ」

幼女「そんなことないよ、楽しいよ」

ポニテ「どこら辺が」

幼女「……楽しいよ!」

ポニテ「根拠はないのね……」

幼女「絶対楽しいよ!絶対楽しいから!決まりね!もう決定」

ポニテ「ちょっと……はあ、まあどうせ断っても無理やり来るんでしょうけど」

幼女「あははー、楽しみだなーポニテちゃんちでお泊りー、うふふ」

272: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/13(日) 17:27:37.46 ID:/3dQKHLX0
ポニテ「……あ、このプリント……」

幼女「どうかした?」

ポニテ「保護者のいない留守宅に勝手に上がり込んじゃダメって書いてある」

幼女「え゛」

ポニテ「ああ、残念だね、これじゃ泊まりはおろか私の家に入るのすらダメってことだよ」

幼女「そ、そんなぁ……」

ポニテ「ま、決まりごとだし、仕方ないんじゃない?」

幼女「へへへ……ポニテちゃん……バレなきゃ問題じゃないんだよ……」

ポニテ「うわー……あんたそれマジで言ってるの?」

幼女「だってだって!友達とか普通に留守宅に上がったりお泊まり会とかしてるよ!そんなのないってことない!」

ポニテ「ちょ、騒ぎすぎ、怒られるよ」

幼女「あ、ごめ、とにかく、お泊まりは諦めないからね!」

ポニテ「しょうがないな……」

273: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/13(日) 17:35:27.19 ID:/3dQKHLX0
帰り道

幼女「うわーい!終わった!冬休みだ!」

ポニテ「まだ降ってるんだ雪……」

幼女「そこ!待ちに待った冬休みが到来したんだからもっと喜びなさい」

ポニテ「私は別に待ちに待ってないし」

幼女「ほんとか~?ほんとはワクワクしてるんじゃないの~」

ポニテ「へっくし」

幼女「お?」

ポニテ「……寒い。ありえない」ズズズ

幼女「ポニテちゃんもマフラーとかしてくればよかったのに。上コート一枚だけじゃ寒いでしょ?」

ポニテ「あーあー、朝誰かさんが急かしたせいで……」

幼女「わ、私のせいだって言うのー!?」

ポニテ「別に……」

274: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/13(日) 17:42:25.81 ID:/3dQKHLX0
幼女「……」ジー

ポニテ「……?」

幼女「」ギュ

ポニテ「わっ」

幼女「つべたっ」

ポニテ「な、何急に……」

幼女「ポニテちゃんの手冷たい……」

ポニテ「私の手がどうかしたの」

幼女「どーん」ペチ

ポニテ「うおっ」

275: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/13(日) 17:48:16.46 ID:/3dQKHLX0
幼女「私の手あったかいでしょ?」

ポニテ「まあ」

幼女「そ。だからポニテちゃんの手もあっためてあげようと思って」

ポニテ「ああ……でも急に手ぇ掴んできたらびっくりするよ」

幼女「そういうわけだから、ん」

ポニテ「え?」

幼女「ん」

ポニテ「……つながないよ?」

幼女「え、なんで」

ポニテ「気持ち悪い。誰かに見られたらどうすんの」

幼女「別に誰にも見られないよーこの通り人いないし」

276: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/13(日) 17:54:23.81 ID:/3dQKHLX0
ポニテ「それでもやだよ」

幼女「恥ずかしいの~?」

ポニテ「……」

幼女「ねえ、一回つないで歩いてみようよ、恋人さんみたいで楽しいでしょ?」

ポニテ「楽しくないし」

幼女「ねえお願いポニテちゃん、三分だけ」

ポニテ「長い」

幼女「じゃあ二分」

ポニテ「長い」

幼女「一分でもいいから!」

ポニテ「……」

277: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/13(日) 17:59:17.75 ID:/3dQKHLX0
ポニテ「……人が来たらソッコー離すからね……」

幼女「ほんと!?やった!はいそれじゃポニテちゃん私の手をどうぞ」スッ

ポニテ「わ、私からつなぐの」

幼女「だめ?」

ポニテ「……」

ポニテ「……」ギュ

幼女「ひぃっ」

ポニテ「え、どしたの」

幼女「ちべたい……」

ポニテ「あぁ、そう……」

幼女「……」

278: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/13(日) 18:05:14.41 ID:/3dQKHLX0
ポニテ「……」

ポニテ「あっつ……火傷しそう」

幼女「そう?そんなに?」

ポニテ「なにこれ、こんな寒いのにどっからこんな熱出てんのあんたの手」

幼女「うーん、ああ、まあでも……」

ポニテ「あ……」

幼女「なんか冷たいのとあったかいのが混じっていい感じに……」

ポニテ「……なにこれ、変なの」

幼女「でもこれでポニテちゃんの手も寒くないね!手袋いらずだね!」

ポニテ「片手だけだけどね……」

279: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/13(日) 18:10:27.96 ID:/3dQKHLX0
幼女「……」

ポニテ「……」

幼女「なんかポニテちゃん顔赤くなってない?」

ポニテ「え、そ、ええ?」

幼女「うん。なんかちょっと。どしたの?」

ポニテ「……あんたの熱がこっちに移ってきたのかも」

幼女「ほんと!?私すごい!暖房いらず!むしろ私が暖房!」

ポニテ「……」

幼女「」ニコニコ

ポニテ「……」

280: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/13(日) 18:15:22.99 ID:/3dQKHLX0




幼女「……ポニテちゃん」

ポニテ「……」

幼女「おーい、ポニテちゃん」

ポニテ「……え、なに?」

幼女「ついちゃったよ、ポニテちゃんの家。ホラ」

ポニテ「あ、ほんと……」

幼女「なんか……一分だけって言ってたのにね」

ポニテ(ここまでずっと幼女ちゃんと手繋いで歩いてたんだ……私)

幼女「そんじゃ!またすぐに会おう!ポニテちゃん!冬休みはまだ始まったばかりだ!」パッ

ポニテ「……まあ、今日はもうさよなら」

281: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/13(日) 18:21:13.91 ID:/3dQKHLX0
幼女「うん!うわー、ポニテちゃんちの前雪さらにひどくなってるよ!絶対雪かきしといたほうがいいよ!」

ポニテ「うるさいな……」

幼女「じゃね!ポニテちゃん!冬休み楽しもう!」

ポニテ「……」

幼女「まったねー」ノシ

ポニテ「」ノシ

ポニテ「……」

ポニテ「……」

ポニテ(手がまだ生暖かい……)

ポニテ「……」

282: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/13(日) 18:27:26.86 ID:/3dQKHLX0
ガチャ

ポニテ「……」

ポニテ(明日から冬休み……か)

ポニテ(……)

ポニテ(なんだろう、きなこのこと、もうずいぶん前のことみたい……)

ポニテ(きなこのことを過去に押し出して、あとは何も変わらず、普段通りの毎日が進んでるから……なの、かな)

ポニテ(幼女ちゃんは悲しくなかったんだろうか……)

ポニテ(いや、悲しかったに決まってる。だけど幼女ちゃんはあの日帰り際、
    私に笑顔を見せた時からいつもの幼女ちゃんの戻った)

ポニテ(きなこのことはもう過去に置いてきたんだろうか……今何を考えてるんだろう)

ポニテ(私はもう何も考えてないよ……)

ポニテ(……)

ポニテ(冬休み、遊びたいって……私の家に泊まりに来るって言ってたな。そのことも深く考えてないや……)

ポニテ(でも少し経てばイヤでも考えなきゃいけなくなるんだろうな、きっと)

ポニテ(明日から、冬休み)

287: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 18:09:23.79 ID:xFU37wOy0




プルルル…プルルル…

母「幼女ー、友ちゃんから電話よー」

幼女「あっ、うんー」

ピッ

友「もしもし」

幼女「もしもし友ちゃん?どうしたの?」

友「うん、冬休みも始まったし、今日これから一緒に遊べる?」

幼女「あー……」

友「ツインテちゃんも来るって言ってるよ」

幼女「……ごめん、友ちゃん、ちょっと無理」

友「あっ、そう?じゃあ明日は?ツインテちゃんには私から連絡しとくから」

幼女「……」

友「? 幼女ちゃん?」

288: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 18:15:24.65 ID:xFU37wOy0
幼女「ごめん友ちゃん……あのね、悪いんだけど冬休み中はあんまり遊べないかもしれないの」

友「え?なんで?」

幼女「うん、ちょっといろいろあって。ごめんね」

友「……? まあ幼女ちゃんがなんか都合悪いなら無理矢理誘ったりしないけど。
  わかった。じゃあ切るね、ばいばいー」

幼女「……ばいばい」

ピッ ツーツーツー

幼女「……」

幼女「」チラ

幼女(そろそろ来るかな……)

幼女「……」

ピンポーン




289: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 18:20:38.56 ID:xFU37wOy0




幼女「いい天気ー」

ポニテ「……」スタスタ

幼女「雪降らなくてよかったねー、ポニテちゃん!」

ポニテ「そうだね」

幼女「でも……さむい……」

ポニテ「まあしょうがないよ、冬だし」

ポニテ「ねえ、お小遣いもらってきた?」

幼女「うん」

ポニテ「いくら」

幼女「えとね、さんぜんえん」

ポニテ「うん、そのくらいあれば大丈夫かな」

290: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 18:24:27.52 ID:xFU37wOy0
幼女「」トコトコ

ポニテ「」スタスタ

幼女「それにしても嬉しいなーポニテちゃん」

ポニテ「何が」

幼女「だってポニテちゃんから誘ってくれるなんて」

ポニテ「そう」

幼女「ねえポニテちゃん!今日はどこに行くの!?」

ポニテ「……まあ、ただの気まぐれだけど、ちょっと遠くに」

幼女「とおく」

ポニテ「うん、まあ目的地は普通の街だけど」

291: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 18:28:35.34 ID:xFU37wOy0
幼女「ふーん、でその街にはなにがあるの?」

ポニテ「私の叔母さんが住んでるから、そこに行く」

幼女「へえー!ポニテちゃんの叔母さんか!」

ポニテ「そう、まあ別になにかするわけでもないけど……散歩みたいなもん」

幼女「あっ……あのさ、その街ってもしかして、ポニテちゃんが引っ越す前にいたところ?」

ポニテ「……そうだよ、なんでわかったの」

幼女「うーん、なんとなく」

ポニテ「……」

幼女「じゃあポニテちゃんにとっては久しぶりの場所なのか!なんで行こうと思ったの?ホームシックってやつ?」

ポニテ「深い意味はないよ……ただなんとなく。まあ叔母さんとこにはよく引っ越す前からよく行ってたし、
    引っ越してからは一回も会ってないけど……久しぶりにと思って」

幼女「へー、そうなんだ!」

ポニテ「そういうこと。あんたを誘ったのもただなんとなく」

292: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 18:33:39.67 ID:xFU37wOy0
幼女「……で、今はどこに向かってるの?」

ポニテ「電車に乗るから、駅に行く」

幼女「電車に乗る」

ポニテ「うん」

幼女「すごい」

ポニテ「なんで?」

幼女「私電車お母さんとなら乗ったことあるけど、子供だけでなんて初めて」

ポニテ「ふーん」

幼女「ポニテちゃんはよく使うの?」

ポニテ「まあ、たびたび使うけど」

293: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 18:36:30.28 ID:xFU37wOy0
幼女「へえー、そっかー、電車かー、電車。うふふ」

ポニテ「……着いたらなにか食べるから。何食べる?」

幼女「え?私が決めていいの?」

ポニテ「うん」

幼女「うーん、そうだなー、何食べようかなーうーん」

ポニテ「ま、まだ全然時間あるから着くまでに考えといてね」

幼女「うん。あー楽しみ!電車に乗ってどこまでもー、えへへ」ニコニコ

ポニテ「……悪いけどそんな楽しくないと思うよ、別に変わった街でもないし」

幼女「ポニテちゃんと行けるんならどこだって楽しいよ!」

ポニテ「……そう」

幼女「ふふふ」トコトコ

ポニテ「……」

294: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 18:41:31.08 ID:xFU37wOy0
ポニテ(……なんで昔の街なんて今更行く気になったんだろうか)

ポニテ(こっちに来てからもう随分とたったけど、そこに行けばなにか思い出せると思ってるんだろうか)

ポニテ(叔母さんは……いい人だけど)

ポニテ(でも何か思い出したところで何の意味もないんだ。むしろ忘れた方がいい)

ポニテ(なのに私は……)

ポニテ「……」チラ

幼女「」ニコニコ

ポニテ「……」

幼女「? なーに?」

ポニテ「……別になんでもない」

ポニテ(……幼女ちゃんと一緒に行く意味もないってのに)

ポニテ(それでも私は……)

295: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 18:45:50.49 ID:xFU37wOy0








ポニテ「着いた」

幼女「ここが駅」

ポニテ「うん、来たことない?」

幼女「あるかもしれないけど」

ポニテ「……」スタスタ

幼女「ほー……」トコトコ

幼女「」キョロキョロ

ポニテ「なににそんなにビクビクしてるの」

幼女「あんまり来ないから。なんか緊張する……」

ポニテ「え?……ただの駅じゃん」

幼女「ううん!ここから私達だけで遠くに行くんでしょ!すごくワクワクする!」

ポニテ「そうなんだ」

幼女「うん!」

ポニテ「……そんなこと思ったことなかったな」

幼女「そうなの?」

ポニテ「だってただの通過点だし」

296: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 18:52:33.92 ID:xFU37wOy0
幼女「」キョロキョロ

ポニテ「あ、そっち行っちゃダメ、ここで切符買って」

幼女「きっぷ」

ポニテ「うん、ここの機械で買うの」

幼女「機械……」

ポニテ「……」

幼女「……」

ポニテ(機械の前でフリーズしてる……)

幼女「えっと……」

ポニテ「いいよ……私が買うから。お金ちょうだい」

幼女「うん」

ポニテ「ほんとに一人で乗ったことないんだね」

幼女「いやーそれほどでも」

ポニテ「褒めてないから……」

297: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 18:57:38.14 ID:xFU37wOy0
駅のホーム

ポニテ「ここで待つの。時間になったら電車が来るから乗る」

幼女「さ、寒い……」

ポニテ「まあ我慢。待つとこあるから。風にあたらなくてすむよ」

ガタンゴトン……ガタンゴトン……

幼女「あれ、来たよポニテちゃん!もう来た!」

ポニテ「ああ、あれは特急だから。通りすぎるだけだよ」

ガタンゴトン……

ガーーーッ

幼女「……!!」

ガタンゴトン……ガタンゴトン……

幼女「……行っちゃった」

ポニテ「私達が乗るのはもう少し後だから待ってよ、ホラ」

幼女「待って。線路見えるここで待ちたい」

ポニテ「え、なんで、寒いよ?」

幼女「なんかここの方が駅で待ってる感じがする……!」

ポニテ「……うーん……どうかな、まあいいけど」

298: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 19:02:26.77 ID:xFU37wOy0
ガタンゴトン……

幼女「また来た」

ガタンゴトン……

ガーーーッ

幼女「……! ……!!」

ポニテ「ふっ……」

ガタンゴトン……

幼女「ポニテちゃんどうしたの?」

ポニテ「面白い、顔が」

幼女「え?私の?」

ポニテ「うん、そんな、電車が通り過ぎるたびに目ぇ白黒させなくてもいいのに」

幼女「ええ、だって!すごいよ!特急!こう、ガーって!風もバーって!」

ポニテ「そうだね、ふふ」

299: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 19:05:52.73 ID:xFU37wOy0
幼女「……」

ポニテ「……なに?どしたの?」

幼女「」ムイ

ポニテ「え」

幼女「」ムイ ムイ

ポニテ「な、なに、変顔?」

幼女「今の顔ってどうやったかなって思って……」

ポニテ「今の顔?」

幼女「目ぇ白黒……」

ポニテ「ああ」

幼女「ポニテちゃんが笑ってくれるなら私ずっとその顔してるのに」

ポニテ「やめてよ、電車が通ったの込で面白いって言っただけだし、……そんなに笑ってないし」

幼女「ほら、ポニテちゃんってば滅多に笑わないからさ、もっといっぱい笑えばいいのに」

ポニテ「はいはい、無愛想で悪かったね……そろそろ来るかな、電車」


ガタンゴトン……ガタンゴトン……

300: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 19:11:18.58 ID:xFU37wOy0



ウィー…ガコン

プシュー

グー…ガッコンガッコン

ガタンゴトン……ガタンゴトン……

幼女「おぉぉ……動く……」

ポニテ「また驚いてるの?電車に乗ったことないわけじゃないんでしょ?」

幼女「それはもちろん……でもちょっと久しぶりだったから……」

ポニテ「なんかさっきからタイムスリップしてきた人みたい」

幼女「すごい速い……これに乗って私達、遠いところに行くんだね!」

ポニテ「まあ、電車使えばすぐ着いちゃうけど」

幼女「すごい!冒険みたい!」

ポニテ「そんなはしゃぐことないよ」

幼女「私が使える乗り物なんてせいぜい自転車だからワクワクするんだよ、
   それもポニテちゃんと二人で……えへへ」

幼女「また私、ポニテちゃんの隣にいられるなっ」ニコッ

ポニテ「……そうだね、でも一緒に電車に乗って隣に座るのくらい普通だし」

幼女「まあそっか……」

ガタンゴトン……ガタンゴトン……

301: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 19:18:36.81 ID:xFU37wOy0
幼女「どんどん遠くに行ってる……まだ少ししか経ってないのに外全然知らないとこだよ」

ポニテ「まあね」

幼女「……ねえ、私達このまま帰って来れなくなったりして」

ポニテ「そんなことないでしょ」

幼女「もしもってはなしだよー、もしも。ねえ、どうする?遠い街で、私達二人。帰れなくなったら」

ポニテ「どうかな……でもそっちのほうがいいかも」

幼女「え?なんで?」

ポニテ「そうすれば家に帰らなくてすむし、さ」

幼女「へえ」

302: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 19:20:11.55 ID:xFU37wOy0
ポニテ「ま、冗談だけど。帰れなくなっていいはずないしね。幼女ちゃんは?」

幼女「何が?」

ポニテ「ほら、このまま帰れなくなったら」

幼女「私?私はねーまず電車に乗るかなー」

ポニテ「帰るために?」

幼女「だから帰れないって言ったじゃん、電車乗っても帰れないんだよ」

ポニテ「そうなの?」

幼女「うん、それでね、電車に乗ってー……もっと遠くに行くの!今から行く街よりもっと遠いとこに」

ポニテ「え?なんでそんなことするの」

幼女「それで、電車が終わったらまた別の電車に乗って、また遠くに行くの。
   そしたらほんとにすっごーい遠くまで行けるでしょ。私達の知らない場所まで」

幼女「ポニテちゃんの手をひいて、もうずっとずっと遠くに」

303: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 19:24:51.35 ID:xFU37wOy0
ポニテ「私巻き添え?」

幼女「あはは、まあそんなことできないしね」

ポニテ「うん」

幼女「……本当に、私とポニテちゃんで、私とポニテちゃんを誰も知らない街に行けたらいいのにな」

ポニテ「そんなとこ行ってどうするの?」

幼女「……どうだろうね」

ガタンゴトン……ガタンゴトン……

304: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 19:25:25.06 ID:xFU37wOy0






プシュー

ポニテ「ほら、ついたよ」

幼女「えーっ、もう?もっと乗ってたかった!」

ポニテ「帰りにもまた乗れるから、行くよ」

幼女「うん、よいしょっと」ピョン

幼女「ういー、到着!ここがポニテちゃんが住んでた街か!」

ポニテ「まあ別に、今のとこと変わらないけどね、大して」

幼女「いや、でもなんだろう……この……匂い?」

ポニテ「ああ、海の匂いかな」

幼女「海!?海あるの!?」

ポニテ「うん、こっから歩くとちょっとかかっちゃうけど」

幼女「ほんとに!?行こうポニテちゃん!海……に……あ、そか、今冬か……」

ポニテ「……実は、叔母さんちに行くのはついでというか……あのね」

305: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 19:40:22.84 ID:xFU37wOy0
幼女「? なに?」

ポニテ「要するに……行こう、海に。……海に来たかったの」

幼女「ほんと?でも今冬だけど」

ポニテ「冬に海に行っちゃいけないなんて誰が決めたことでもないでしょ」

幼女「そうだけどさ、泳げないよ」

ポニテ「知ってるよそんなこと。泳ぐだけが海じゃないでしょ。
    ……まあその前になにか食べなきゃ。幼女ちゃん」

幼女「なに?」

ポニテ「何食べるか決まった?」

幼女「あっ……ああ!考えるのすっかり忘れてた!」

ポニテ「はあ……そんなこったろうと思った」

幼女「待っててポニテちゃん、今決めるから、えっとね、えっとね」

ポニテ「いいよもう。先に叔母さんち行っちゃおうか。それからでも遅くないし」

幼女「そう?じゃあそうしようか」

ポニテ「来て。こっち」

306: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 19:45:21.72 ID:xFU37wOy0
幼女「」トコトコ

ポニテ「」スタスタ

幼女「ほんとに、私の全然知らない街」

ポニテ「そりゃそうだよ」

幼女「うう、お腹すいた……」グー

ポニテ「ああ、やっぱりなんか食べる?」

幼女「うーん、どうしよ……」

ポニテ「」スタスタ

幼女「……あっ」

ポニテ「どうしたの?」

幼女「ポニテちゃん、あれ見て、ほら!あそこの公園の中にたこ焼き屋さんあるよ!」

ポニテ「あれ、ほんとだ……あんなところにあったけ、最近できたのかな」

幼女「ねえ食べようよたこ焼き!あ、たい焼きも売ってる!どっちも食べよう!」

ポニテ「はいはいたこ焼きね……うん、じゃあそうしようか」

幼女「すいませーん、くださーい!」

307: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 19:50:23.74 ID:xFU37wOy0
・・・

幼女「」パカ

ホクホク…

幼女「わあー!おいしそー!」

ポニテ「ホントだね」

幼女「いただきます!」パク

幼女「ぐふっ、熱い!」

ポニテ「ちょっと、焦りすぎだよ」

幼女「でも美味しい!」ハフハフ

ポニテ「いただきます」パク

ポニテ「うん」パクパク

幼女「……」

ポニテ「? どうしたの」

308: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 19:55:21.64 ID:xFU37wOy0
幼女「ポニテちゃん今ちゃんといただきますって言った」

ポニテ「っえ、あ」

幼女「すごい!私何も言ってないのに!」

ポニテ「いや、まあ、その……」

幼女「うんうん!そうだよね!ちゃんといただきますって言ったほうが美味しいよね!ポニテちゃん!」

ポニテ「……あんたに洗脳された……」

幼女「ちょっとー、嫌な言い方しないでよー」

ポニテ「……おいしい」パク

幼女「そうだね、うふふ」パクパク

309: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 20:00:37.22 ID:xFU37wOy0

ポニテ「またマヨネーズかけてもらったんだ」

幼女「えへへーそうだよーいいでしょー」

ポニテ「」パクパク

幼女「あ、もしかして食べたい?マヨネーズたこ焼き」

ポニテ「別にそんなこと言ってないでしょ」

幼女「いいよー遠慮しなくても。食べさせたげる」

ポニテ「だからいいって」

幼女「あっ……そうだ」

ポニテ「?」

幼女「はいポニテちゃん、あーん」ヒョイ

ポニテ「え」

幼女「あーん」

ポニテ「なに」

310: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 20:05:29.19 ID:xFU37wOy0
幼女「もうー、ノリ悪いなーポニテちゃん。こいういうのは雰囲気でやるもんだよー」

ポニテ「どういう雰囲気よ」

幼女「ほらほら、口あけて、あーん」

ポニテ「なんでそんなことしなくちゃいけないの、普通に食べればいいでしょ」

幼女「ほらほら」

ポニテ「恥ずかしいから。やんないから」

幼女「ああ!早くしないとたこ焼きの重みで爪楊枝から落ちちゃううよ!」

ポニテ「え」

幼女「早くポニテちゃん!ああ落ちる!海のたこさんの尊い命が!」

ポニテ「え、えと」

幼女「あーん」

ポニテ「……」パクッ

幼女「どうですか」

ポニテ「……美味しいけど……」

幼女「……ポニテちゃん顔赤い、ポニテちゃんがたこになった」

ポニテ「たこ焼き食べて暑くなっただけだから……」パクパク

311: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 20:10:43.38 ID:xFU37wOy0
幼女「はいポニテちゃん、たい焼きもどうぞ」

ポニテ「ん、ありがと」

幼女「」ジー

ポニテ「……なに」

幼女「いやぁ?なんにも?」

ポニテ「……?」パク

幼女「おぉー」

ポニテ「だからなに」

幼女「フフフ、実はですねー、私はたい焼きをどこから食べるかを見ることによって
   その人の性格診断が出来るんですねー」

ポニテ「嘘くさ」

幼女「嘘じゃありません」

312: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 20:16:15.42 ID:xFU37wOy0
ポニテ「じゃあ私今背びれから食べたけど、どうなの?」

幼女「ふむ、背びれから食べた人は……とても頑張り屋さんです」

ポニテ「へえ、じゃあ頭から食べた人は?」

幼女「頭からの人は……とても頑固な、頑張り屋さんです」

ポニテ「また?じゃあ尻尾は?」

幼女「誠実な……」

ポニテ「……」

幼女「頑張り屋さんです」

ポニテ「全部頑張り屋さんじゃん」

幼女「まあ今私が考えたデタラメなんだけどね!はっは!」

ポニテ「うん、だろうと思った」

313: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 20:20:22.52 ID:xFU37wOy0
・・・

ピンポーン

叔母「はーい」ガチャ

ポニテ「……」

叔母「あれ!?ポニテちゃんじゃない、どうしたの?」

ポニテ「叔母さん、入れて」

叔母「びっくりした、そんな急に……」

ポニテ「入るね」スタスタ

叔母「ちょっと……もう、相変わらず挨拶もしないで……あれ?」

幼女「あっ……こ、こんにちは!」ペコ

叔母「こんにちは……ポニテちゃんのお友達?」

ポニテ「一緒に来た子だから。その子も一緒に入れて、幼女ちゃんこっち」

幼女「う、うん、あの、お邪魔します」

叔母「なーんだ……ポニテちゃん、こんないいお友達できたのね、叔母さん心配してたのよ」

ポニテ「うっさいな……幼女ちゃん疲れたでしょ?あの叔母さんがお茶とか出してくれるから、多分」

314: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 20:25:22.69 ID:xFU37wOy0
幼女「ここがポニテちゃんの叔母さんの家……」

ポニテ「そうだよ」

叔母「ねえ、お名前は?」

幼女「あっ、幼女です!」

叔母「はい幼女ちゃんねー、今お茶かなにか出すからちょっと待ってねねー」

叔母「ポニテちゃん今日はどうしたの?来るんだったら連絡するなりなんなりしてくれればよかったのに」

ポニテ「今まで連絡なんてしたことなかったでしょうが」

叔母「どうやってきたの?」

ポニテ「電車で来た、幼女ちゃんも一緒に」

叔母「引っ越してから初めてよねウチくるの」

ポニテ「まあなんだろう……思い出めぐりのついでかな……」

315: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 20:31:37.13 ID:xFU37wOy0
叔母「はいお茶、思い出めぐりって?」

ポニテ「別に……散歩みたいなもん」

幼女「たこ焼き食べてきました!」

叔母「たこ焼き?そう、よかったわね、美味しかった?」

幼女「はい!あの、ここってポニテちゃんが転入してくる前にいた街なんですよね」

叔母「ええ」

幼女「じゃあポニテちゃんが前通ってた学校とかもあるんですか?」

叔母「ええあるわよ、ポニテちゃん、そこには行ったの?」

ポニテ「学校は行かないかな……別に見ても何もないし」

幼女「ええー行かないの?行こうよポニテちゃん!」

316: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 20:35:39.10 ID:xFU37wOy0
ポニテ「なんでよ、何も面白いものないよ」

幼女「ポニテちゃんが通ってたところってどんなか見てみたい!」

ポニテ「だから……」

叔母「ふふ、ほんとに良かったわね」

ポニテ「ちょっと、なにニヤニヤしてんの」

叔母「幼女ちゃん、ホントにこの子ね、無愛想な子でしょ?お話するとき嫌な思いしたりしなかった?」

幼女「いえ!そんな全然!」

ポニテ「ちょっと、そんなの叔母さんとは関係ないでしょ」

叔母「昔からそうでねー、友達とも遊ばずに私の家に来るくらいだから、
   転校ってなったときはホントに心配だったけど、でも幼女ちゃんみたいな子が友達になってくれてほんとによかった」

幼女「ポニテちゃん、昔からよく叔母さんちに来てたの?」

ポニテ「……まあ」

317: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 20:40:19.55 ID:xFU37wOy0
叔母「そう、今日みたいにね。久しぶりだけど、変わってなさそうでよかったよかった」

ポニテ「……ねえ、この話やめない?」

幼女「ねえポニテちゃん、これからどうするの?」

叔母「海行くのかしら」

ポニテ「そういう話になってるよ」

幼女「え、なんで知ってるんですか」

叔母「私の家に来たら必ずと言っていいほど言ってたからねー海。
   ここからちょっと歩けば海岸につくのよ」

幼女「そうなんですか……じゃあポニテちゃんは何回も行ったことある思い出の海なんだね」

ポニテ「思い出とかそんな大したもんじゃないよ……」

318: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 20:46:29.06 ID:xFU37wOy0




ポニテ「さてと……じゃ、もうそろそろ行くよ」

幼女「えっ、もう行くの」

叔母「そうよ、せっかく来たんだからもっとゆっくりしていけばいいのに」

ポニテ「暗くなる前に帰らなきゃいけないから。元々そんな長居する気はなかったし」

叔母「そう?じゃあバイバイね、幼女ちゃんも」

幼女「あっ、ちょっと、まだこのお菓子食べてない」

ポニテ「いいからそんなの。早く行くよ」

幼女「うー、ちょっと待って」パタパタ

叔母「またいつでも来ていいからね」

幼女「はい!おじゃましました!」

319: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 20:51:17.90 ID:xFU37wOy0
ポニテ「……叔母さん」

叔母「? 何?」

ポニテ「久しぶりだったけど……顔見れて良かった」

叔母「そうねー、私もほんとに、安心したというか」

ポニテ「……心配してくれてるみたいだけど、私はもう大丈夫だから。
    引越し先では……まあ、色々あったけど、うまくやってるよ。だから平気」

叔母「そう、良かった」

ポニテ「なんか、ありがとね、いままで」

叔母「なによ急にそんな、かしこまちゃって」

ポニテ「……それが言いたかったの」

叔母「……そう」

320: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 20:55:20.38 ID:xFU37wOy0
ポニテ「じゃ、またしばらく来ないと思う。またね」

叔母「はい、あ、幼女ちゃん」

幼女「! はい!」

叔母「ポニテちゃんのこと、よろしくお願いね」

幼女「……!」

幼女「はいっ!もちろんです!」

叔母「あはは、元気でよろしい」

ポニテ「ちょっと……余計なこと言わなくていいから。ホラ、行くよ」

幼女「うん、ありがとうございました!叔母さん!」

叔母「はーい、じゃあねー」

ガチャ バタン

321: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 21:00:20.56 ID:xFU37wOy0
幼女「すごいいい人だったねーポニテちゃんの叔母さん」

ポニテ「……そうだよ、いい人なんだ、叔母さんは。だから……」

幼女「だから?」

ポニテ「……逃げてたんだよね、叔母さんのとこに。ほら、昔からよく来てたって話したでしょ」

幼女「うん」

ポニテ「……」

幼女「……それで?」

ポニテ「なんか……嫌になって……家にも学校にも居たくない時にね、息苦しい時に、
    ちゃんと息が吸える場所に居たかったんだよね、叔母さんちとか、海、とか」

幼女「……」

ポニテ「叔母さんちなら余計なこと考えなくてもすむというか、
    叔母さんも来た私をなにも言わずに上げてくれる人だから」

ポニテ「でももう心配かけたくなったの。私はもうあそこで生きていられるし」

幼女「……そっか」

ポニテ「ごめんね、付き合わせちゃって。じゃあ行こうか……」

幼女「海に!」

ポニテ「うん、海に」

322: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 21:05:24.53 ID:xFU37wOy0






ザザーン…

幼女「わー!」

ザザーン…

幼女「わー!!」

幼女「海!」ビシッ

ポニテ「うん、見ればわかる」

幼女「そして誰もいない!」

ポニテ「冬だから」

幼女「すごい!ほんとに海だー!砂浜!」キャッキャ

ポニテ「濡れないようにね、着替えとかないから」

幼女「うわっ!」ドテッ

ポニテ「ほら……大丈夫?」

幼女「ふふふ、大丈夫」

幼女「」スー

幼女「海の匂ーい。すごい久しぶり海なんて」

ポニテ「……そうだね、私も」

幼女「でも泳げないのかー」

ポニテ「やっぱり泳ぎたいんだ」

幼女「そりゃ泳ぎたいよ!海だよ海!」

323: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 21:10:37.28 ID:xFU37wOy0
ポニテ「私は泳ぐより見てるほうが好きなの」

幼女「見てるほう?」

ポニテ「うん」

幼女「どういうこと?」

ポニテ「眺めるの」

幼女「ながめる」

ポニテ「そう、ここも夏には人いるけど今みたいな時はからっきし。
    人のいない海ってなんか物静かで……ほら、波の音とか。聞くの」

幼女「ほう……」スワリ

幼女「……」


ザザーン…


ザザーン…


幼女「……」

ポニテ「……綺麗でしょ?」

幼女「ポニテちゃん、ビーチフラッグ取るやつやろう」

ポニテ「聞いてた?私の話」

324: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 21:16:27.73 ID:xFU37wOy0
幼女「だって海だもんやっぱり遊びたい!」

ポニテ「ダメだよ……ビーチフラッグって確か砂浜に寝そべるんでしょ?
    服汚したら帰れなくなっちゃうよ?」

幼女「じゃあ寝そべんなくてもいいから」

ポニテ「それでもダメだよ、どっちにしろ砂まみれ」

幼女「私はさっき転んだからもう汚れてるのに」

ポニテ「それ以上汚すわけにはいかないって話」

幼女「ちぇー、じゃあなんかほかに海でできる遊び……」

幼女「うーん……」

幼女「!」

325: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 21:20:25.15 ID:xFU37wOy0
幼女「」スクッ

ポニテ「?」

幼女「」スタスタ

幼女「」スー

幼女「海のバカヤローーーッッ!!!」

ポニテ「え、何」

幼女「海に向かって叫ぶのさ」

ポニテ「なんでバカヤロウ?」

幼女「ん、なんか思いついたから……」

ポニテ「別に海何も悪くないでしょ……」

326: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 21:25:40.98 ID:xFU37wOy0
幼女「そうか……じゃあ……」

幼女「」スー

幼女「今日のたこ焼き美味しかったーーーーー!!!」

ポニテ「まだ言ってるの」

幼女「だって美味しかったんだもん」

ポニテ「……」

幼女「……なんかたこ焼き食べたのがずっとずっとまえのことみたいだね……」

ポニテ「そうかな……」

幼女「さあ、ポニテちゃんもなにか叫ぶんだ大いなる海原に!」

ポニテ「いや私はやんないよ……」

幼女「なんで」

ポニテ「なんでも」

幼女「そっか……」

幼女「……」


ザザーン…



ザザーン……



327: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 21:30:20.00 ID:xFU37wOy0
幼女「……私が前に海に行った時は……」

ポニテ「うん」

幼女「すごいいっぱい人がいたんだけど」

ポニテ「ちょうど夏のシーズンの時に行ったんだねきっと」

幼女「……でも今はほんとに誰もいないんだね」

ポニテ「ここだって夏の時は人でごったがえしてるよ」

幼女「……なんか波の音しか聞こえない」

ポニテ「寂しい?」

幼女「ううん、寂しくない」

幼女「今はポニテちゃんがいるから」

ポニテ「……そう」

328: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 21:35:26.94 ID:xFU37wOy0
幼女「ポニテちゃんはどうだったの?」

ポニテ「なにが?」

幼女「ここ、一人で来てたんでしょ?寂しかった?」

ポニテ「……どうだったろ」

幼女「隣り、座るね」

ポニテ「うん」

幼女「……」スワリ

ポニテ「……」

幼女「……懐かしい感じがする?」

ポニテ「まあ確かに。懐かしいかも」

幼女「……今、ポニテちゃんと遠い街の海にいるなんて、昨日の私は考えもしてなかったな……」

ポニテ「……」

幼女「……」

329: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 21:41:27.79 ID:xFU37wOy0
ポニテ「」チラ

幼女「」ニコニコ

ポニテ「……」

幼女「……」

ポニテ「……はやく忘れたかったの」

幼女「? なにが?」

ポニテ「この海も、この街も」

幼女「……」

ポニテ「だってさ、もう必要ないと思ってたんだ。この街で生きてて良かったと思ったことなんて一度もなかった。
    だからはやく、忘れた方が、いいって」

幼女「……」

ポニテ「……でもなんで今更こんなとこ、来る気になったんだろ。幼女ちゃんもつれて。
    なんで幼女ちゃんなんだろ」

幼女「……友達だから?」

ポニテ「わかんない……でも……」

幼女「……」

ポニテ「……」


ザザーン…


ザザーン……


ザザー………



330: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 21:45:52.19 ID:xFU37wOy0
幼女「」ピト

ポニテ「……?」

幼女「相変わらず冷たいね」

ポニテ「……」

幼女「ねえ、ほんとに……なんだろう、なんていうか……」

ポニテ「……」

幼女「……隣にいたいの。それができれば、もうなんでもいいってくらいに」

ポニテ「……」

幼女「ポニテちゃん、私、本当に……」

ポニテ「ねえ」

幼女「……? なに?」

ポニテ「手、離さないで……しばらくこうしてて」

幼女「……うん、わかった」ギュ

ポニテ「……」

331: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 21:50:34.23 ID:xFU37wOy0
ポニテ「私が来ようと思ったのは、きっと、なにか変わったからなんだ」

ポニテ「私が」

幼女「……」

ポニテ(なにか、安心できるんだ。だから来れたんだ。全部全部逃げてばっかだったけど、何かを得られたんだ)

ポニテ(なにが……変わったのかな、何を得たんだろう、誰が……誰?)

ポニテ(誰……)

幼女「……」

ポニテ「……ぁ」

幼女「?」

ポニテ「幼女ちゃん……」

幼女「なに?」

332: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 21:55:32.67 ID:xFU37wOy0
ポニテ「……」

幼女「……」

ポニテ(……変なの)

ポニテ「なんでもない、ねえ、そろそろ帰ろうか」

幼女「ええー、もう帰るの?」

ポニテ「うん、なんか……もう、いいや。帰ろ」

幼女「んー、なんか惜しいなー、ねえねえポニテちゃん!こんどは夏来ようよ!一緒に泳ごう!」

ポニテ「やだ」

幼女「ええ!?なんで!?」

ポニテ「嘘。夏にあなたが私を説得できたらね」

幼女「うん!わー楽しみ!でも冬の海も良かった!気持ちよかった!」

ポニテ「はあ、風邪ひいちゃう……早く行こ」

幼女「もう寒いのも全然平気だ!あ、ちょっと待ってよ、ポニテちゃーん!」


――――――――――――――――――――――


――――――

――


333: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/21(月) 22:00:00.39 ID:xFU37wOy0


ガタンゴトン……



ガタンゴトン…………


339: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 16:46:31.34 ID:blEZDUc70





ポニテ「……」

ポニテ(そろそろくるかな……)

ポニテ「……」

ピンポーン

ポニテ「」スタスタ

ポニテ「」ガチャ

幼女「やっほー!ポニテちゃん!来たよ!」

ポニテ「うん、上がって」

幼女「お邪魔しまーす!」スタスタ

ポニテ「すごい、両手にビニール袋」

幼女「えへへ、今日は昼と夜作らなきゃいけないからね、なんたってお泊まりだもん!」

340: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 16:52:56.41 ID:blEZDUc70
幼女「ポニテちゃん!私今日のお泊まりすっごく楽しみにしてたんだよ!」

ポニテ「そう、上着、脱いだらそこらへんに置いといて」

幼女「はーい、よいしょ」

ポニテ「今日は、すごい雪降ってるね……寒かったでしょ」

幼女「うん寒かった、でも平気だった!」

ポニテ「鼻の頭赤いよ」

幼女「うわ、恥ずかしい!」

ポニテ「ねえ、お母さんにちゃんと泊まるって伝えてきた?」

幼女「あ、えと、うん、それは言ったんだけど」

ポニテ「?」

341: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 16:55:20.07 ID:blEZDUc70
幼女「その……うそ、ついちゃって……」

ポニテ「どんな?」

幼女「ポニテちゃんの家にポニテちゃんのお母さんがいることになってるの。
   だって子供だけでお泊りなんて許してもらえないと思って……」

ポニテ「そう……なんか後々トラブルにならないといいけど」

幼女「うう……ごめん……こればっかりはどうしようもなくて」

ポニテ「まあ大丈夫だよ、多分」

幼女「ポニテちゃんのお母さんは今日は仕事で帰ってこないんだよね」

ポニテ「そう、だから今日にしたの」

幼女「そうなの?」

ポニテ「うん」

342: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 16:58:47.91 ID:blEZDUc70
幼女「そっかー、じゃあほんとに一日ふたりっきりだね!」

ポニテ「そういうことになるね」

幼女「えへへ、ほんとに秘密基地みたい」

ポニテ「そんなことより、早くご飯作ってよ」

幼女「ほいさ!今日もエプロン持ってきたよ!」エプロンツケ

ポニテ「何作るの?」

幼女「んっと、ちょっと迷ったんだけど……焼きそばです」

ポニテ「へえ」

幼女「そ!待っててね、すぐできるから。さあてと、作るぞ!」

343: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 17:01:15.40 ID:blEZDUc70
・・・

ポニテ「……何してる?」

幼女「野菜切ってる。ポニテちゃんは?」トントン

ポニテ「……本読んでる」

幼女「そっかー、ねえポニテちゃん、なんかポニテちゃんの家に来るの久しぶりな気がする」

ポニテ「そんなことないでしょ」

幼女「そうだねー、でもなんかそんな気がして」

ポニテ「……」

幼女「よいしょ」

ポニテ「」チラ

幼女「~♪」トントン

ポニテ「……」ジー

幼女「……? なあにポニテちゃん」クルッ

ポニテ「あっ……いや、なんでもない」プイ

幼女「そう?なんか見られてた気がする」

ポニテ「……」

幼女「よいしょっと」ジュー…

344: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 17:07:32.92 ID:blEZDUc70
・・・

幼女「……っと、よし!できたよポニテちゃん!」

焼きそば「」ホクホク

ポニテ「……」

幼女「美味しそうでしょ、うまくできた!」

ポニテ「うん」

幼女「はいポニテちゃん座ってー、いただきます」

ポニテ「……いただきます」

幼女「」モグモグ

幼女「うん、おいしー!ちゃんとできてる!」

ポニテ「……」

幼女「ほら、ポニテちゃんも」

ポニテ「」モグ

幼女「どう?」

ポニテ「美味しい」

幼女「そっかー、ふふ、ありがと」ニコ

345: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 17:14:18.53 ID:blEZDUc70
ポニテ「……」メソラシ

幼女「? ポニテちゃん?」

ポニテ「……なに」

幼女「どうしたの?もしかしてあんまり美味しくなかった?」

ポニテ「あ、いや、そんなことない、美味しいよ」

幼女「……そう?ならいいけど……」モグモグ

ポニテ「……」モグモグ

幼女「ねえーポニテちゃん、この前楽しかったよねー、海」

ポニテ「ん、そうだね」

幼女「また行きたいな」

ポニテ「あの街に?あそこはもう行く必要ないから……
    行くんだったら別の場所にしよ」

幼女「お?乗り気?」

ポニテ「……別に」

346: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 17:20:28.04 ID:blEZDUc70
幼女「いいよーじゃあねー、んー、遊園地とか?」

ポニテ「ダメだよ、遠いしお金かかる」

幼女「そう?じゃあ、キャンプとか!」

ポニテ「もっと無理だよ、子供だけで出来るわけないでしょ」

幼女「あの街には子供だけでもいけたのに」

ポニテ「それは私が電車の乗り方知ってたから……普通小学生だけであんな遠いとこ行かないよ」

幼女「ちぇー、子供だから、子供だからってどこへもいけないじゃん」

ポニテ「しょうがないよ」

幼女「じゃあさ、大きくなったら?」

ポニテ「大きく?」

幼女「うん、大きくなってー、遠いところにも行けてー、お金もあってー、そうすれば遊園地もキャンプも行ける?」

ポニテ「……うーん」

幼女「どう?」

347: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 17:25:36.49 ID:blEZDUc70
ポニテ「まあ、幼女ちゃんの言うことはそうだと思うけど」

ポニテ「でも大人になったときのことなんてわからないじゃん」

幼女「どうして?」

ポニテ「だって……離れ離れかもしれない」

幼女「はなれ……」

ポニテ「今はこうしてここで二人でいられるけど、大人になったら……」

ポニテ「……」

ポニテ「……なんか、やめようこの話」

幼女「なんで?」

ポニテ「……なんとなく」

幼女「大丈夫だよポニテちゃん!大人になっても隣にいられるよ!」

ポニテ「なんでそう言い切れるの」

幼女「なんとなく!」

ポニテ「はあ、楽観的でいいね」

幼女「」モグモグ

348: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 17:33:09.02 ID:blEZDUc70
・・・

ポニテ「……ごちそうさま」

幼女「おそまつさま!」

ポニテ「食器」

幼女「え?大丈夫だよポニテちゃん、私が片付けるよ」

ポニテ「いいよ、私がやる」

幼女「そう?えへへ、ありがと!」ニコッ

ポニテ「っ……」メソラシ

幼女「? どした?」

ポニテ「なんでもない、なんでもないから」スタスタ

幼女「???」

349: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 17:36:36.56 ID:blEZDUc70
・・・

幼女「ふー、じゃ、ポニテちゃんこれからなにする」

ポニテ「……どうしよ」

幼女「あれ?もしかして意外とやることなかったり?」

ポニテ「だとしたら?」

幼女「お昼寝とかする?」

ポニテ「いや、ないから……えっと、私の部屋にゲームとかあるけど」

幼女「え、ポニテちゃんゲームとか持ってたっけ」

ポニテ「うん、最近引っ張り出してきて……まあ最近って言っても結構前だけど」

幼女「へー!」

ポニテ「一昔前のだけど問題なく動いてたし……ソフトとかも結構ある」

幼女「ゲームかー、私あんまりやったことない!ねえポニテちゃん、やろう!」

ポニテ「うん、じゃあこっち」

350: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 17:42:30.66 ID:blEZDUc70



ポニテ「」ポチ

ゲーム機「」ブーン

ポニテ「えっと、コントローラー、これ幼女ちゃんの」

幼女「おー……」

幼女「」カチカチ

ポニテ「どれやろっか」

幼女「おうよ!なんでもござれい!」

ポニテ「じゃあ幼女ちゃん選んで、はい」

幼女「んー、これ!」

ポニテ「これ?パズルゲームだけど、できるかな」

幼女「なんか絵が可愛かったから」

351: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 17:48:21.16 ID:blEZDUc70
ポニテ「よいしょ」ガチャン

テレビ「テレレレー」

ポニテ「よかった、ソフトもまだ動くね、えっと……」

幼女「?」

ポニテ「やりかたわかる?」

幼女「全然!」

ポニテ「だよね……なんか、上から降ってくるから、揃えて消すの」

幼女「……?」

ポニテ「あーっと……うん、じゃあ私がやるからちょっと見てて」

幼女「うん」

ポニテ「」ピッ

ポニテ「ほら、降ってくるでしょ?回転して……あ、このボタンね。そしてこう……」

幼女「……」ジー

ポニテ「こう……揃えて……」

テレビ「パッ」

幼女「きえた」

ポニテ「そう、こうやってどんどん消してくの。うまくやれば連続で消せたりするから」

幼女「ほう」

352: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 17:55:03.32 ID:blEZDUc70
ポニテ「わかった?」

幼女「わかった!」

ポニテ「……ほんとに?」

幼女「うん!」

ポニテ「まあ、とりあえずやってみて」ピッ

テレビ「テレッレー」

ポニテ「ほら、落ちてきたから、回転して……」

幼女「……?」ポチ

テレビ「テゥン」

幼女「と、止まった」

ポニテ「そ、そこはポーズ画面のボタンだから……ちょっと今のボタンもっかい押して」

幼女「」ポチ

353: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 18:00:37.96 ID:blEZDUc70
ポニテ「回転のボタンはここ」

幼女「ここか」ポチ

テレビ「クルッ」

幼女「回転した!」

ポニテ「うん」

幼女「……でもしたまで落ちちゃった」

ポニテ「また来るよ」

幼女「きた」

ポニテ「今度はちゃんと置く場所考えないと」

幼女「……?」ドス

ポニテ「ちょ、真上に置いてどうすんの」

幼女「でもちゃんと回転させたよ!」

ポニテ「回転すればいいってもんじゃないから。えっと……とりあえず、上までたまったらゲームオーバーだからね」

幼女「……」カチカチ

354: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 18:05:23.82 ID:blEZDUc70




テレビ「ガーン ゲームオーバー」

幼女「あら」

ポニテ「散々だったね、初プレイ」

幼女「うーん、なんか……ちょっとポニテちゃんやってみて」

ポニテ「私?いいけど……」ポチ

テレビ「テレッレー」

ポニテ「……」カチカチ

幼女「……」

ポニテ「……」カチカチ

幼女「ちょ、ポニテちゃん、どんどんたまってるよ、大丈夫?」

ポニテ「いいの、こっちのほうが後からたくさん消せるから……ほら」

テレビ「シューンシューン」

幼女「わっ、一気に消えた」

ポニテ「うん」カチカチ

幼女「すごい!ポニテちゃん!うまい!」

355: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 18:11:20.44 ID:blEZDUc70
ポニテ「うまいっていうか……これが普通だから。幼女ちゃんもしばらくやってればこれぐらいできるようになるよ」

幼女「ほんと!?」

ポニテ「うん」

幼女「えへへー、そっかー、じゃあポニテちゃんにいっぱい教えてもらわないとなー」

ポニテ「……いいよ、教えてあげる、貸して」

幼女「はい」

ポニテ「あー……これじゃ見にくい?どのボタンがどれに対応してるかも覚えないと……幼女ちゃんの場合」

幼女「あ!じゃああれやって!」

ポニテ「あれ?」

356: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 18:13:23.70 ID:blEZDUc70
幼女「うん、背中にまわって」

ポニテ「背中?」

幼女「で、私がコントローラー持ってる手に後ろから……」

ポニテ「ああ……」

幼女「ね?そうすればおぼえやすい!」

ポニテ「……」スッ

幼女「……」

ポニテ「」ギュ

幼女「……えへへ」

ポニテ「な、なんか恥ずかしい……これ……」

幼女「よし、やってやろうポニテちゃん!教えて」

ポニテ「うん……えっと……」

357: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 18:18:11.54 ID:blEZDUc70
ポニテ(……)

ポニテ(この体勢じゃ操作しづらい……)

ポニテ「」カチカチ

幼女「……」

ポニテ(ていうか……こうやって幼女ちゃんにずっと後ろから抱きついたままいると……なんか……なんか……)

ポニテ「」カチカチ

幼女「ポニテちゃん?」

ポニテ「あっ」

幼女「もー、ちゃんと教えてよー、さっきから何やってるのか全然わかんないよ」

ポニテ「ご、ごめん……」

ポニテ(無意識でプレイしてた……)

358: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 18:23:15.61 ID:blEZDUc70
ポニテ「ね、ねえ、やめないこの体勢、なんか、あれだし」

幼女「え、なんで?いーじゃんポニテちゃんーあはは」

ポニテ「わっ、よりかからないで……」

幼女「うふふ」

ポニテ(……なんか変な感じ……)

ポニテ(なんだろ、これ……)

幼女「さ、はやく教えて」

ポニテ「うん……えっと、まずうまく消すには……」

359: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 18:25:13.70 ID:blEZDUc70
・・・

ポニテ「」カリカリ

幼女「……んー」

ポニテ「」カリカリ

幼女「ん?……ん……」

ポニテ「」カリカリ

幼女「もう!わかんないー!」

ポニテ「……また?どこ?」

幼女「ここ」スッ

ポニテ「だから、そこの計算の仕方はさっき教えたでしょ」

幼女「だってわかんないんだもん、教えてポニテちゃん」

ポニテ「たまには自分の力解きなさい」プイ

幼女「もー、そんな冷たいこと言わないでー、ねー」ギュ

ポニテ「だっ……抱きつかないで……」

幼女「ポニテちゃーん」ユサユサ

ポニテ「ていうか、なんでまた当たり前のように隣に……向かい側に座ればいいのに……」

360: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 18:35:22.04 ID:blEZDUc70
・・・

幼女「ポニテちゃん、ハンバーグのタネはこねればこねるほど美味しくなるんだよ!」

ポニテ「へえ」

幼女「やってみる?」

ポニテ「え、手ぇ汚れるじゃん……」

幼女「そりゃ汚れますよ、いちいちそんなこと言ってたら料理なんてできませんよー、ほら」

幼女「」コネコネ

ポニテ「……」

幼女「よいしょ……よいしょ」

ポニテ「……どのくらいこねるの?」

幼女「さあ?なんとなくで……まあいっぱいこねるよ!」

ポニテ「大変そうだね」

幼女「そうだよ!手伝ってポニテちゃん!ヘルプミー!」

ポニテ「……」

361: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 18:39:45.85 ID:blEZDUc70
・・・

幼女「ごちそうさま!」

ポニテ「ごちそうさま」

幼女「はー!美味しかったね!」

ポニテ「うん」

幼女「ポニテちゃんが頑張ってこねてくれたおかげだよ!ありがと!」

ポニテ「……うん」

幼女「はあ……外、暗くなってきたね」

ポニテ「そうだね」

幼女「いつもはこの時間になったら帰らないといけないんだけど……」

ポニテ「今日は違うんだね」

幼女「そう!だってお泊まりだからー、うふふ」

ポニテ「……」

362: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 18:43:16.56 ID:blEZDUc70
幼女「……大丈夫?ポニテちゃん、どっか具合悪い?」

ポニテ「え、いや、なんで?」

幼女「なんかいつもより元気ない気がする……気のせいかな」

ポニテ「気のせいだよ、そんな」

幼女「そっかー……」

ポニテ「じゃあ、片付けるね」

幼女「よし!そのあいだに私はお風呂掃除してくる!」

363: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 18:45:23.08 ID:blEZDUc70
・・・

ピロピロリー オフロガワキマシタ

幼女「あぁぁ……また負けた」

ポニテ「弱いね、スピード」

幼女「もう!スピードだから勝てないの!ばばぬきとかにしよ!」

ポニテ「二人でばばぬきやっても……」

幼女「ねえもっかいやろう!もっかいやれば絶対勝てる!」

ポニテ「いいよ、もう、そんなことよりお風呂沸いたみたいだよ」

幼女「あ、ほんと?」

ポニテ「うん、幼女ちゃん先入る?」

幼女「え?いや」

ポニテ「そう?じゃあ私が……」

幼女「ちょっと」

ポニテ「なに?」

幼女「一緒に入るんじゃないの?」

ポニテ「え」

364: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 18:54:39.01 ID:blEZDUc70
・・・

洗面所

幼女「わーい、お風呂お風呂」

ポニテ「……」

幼女「~♪」

ポニテ(なんで……こんなことに)

ポニテ(断ればよかったのに……押されるがままにここまで来ちゃったじゃん)

ポニテ(どうしよ……)

幼女「ポニテちゃんどうしたの?」

ポニテ「!?」

幼女「なにしてんの」

ポニテ「ぬ、脱ぐのはや」

幼女「ほら、ポニテちゃんも早く」

365: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 19:00:22.08 ID:blEZDUc70
ポニテ「え、えと……」メソラシ

幼女「? おーいはーやーく」

ポニテ「あ、あのね、やっぱり別々に……」

幼女「はやくしよーよー、ここままじゃ風邪ひいちゃうよー私」

ポニテ「う……」

幼女「」ジー

ポニテ「……」ヌギ

366: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 19:03:22.88 ID:blEZDUc70
チャポン

幼女「ふいえー」

ポニテ「……」

幼女「きもちいー」

ポニテ「……」

幼女「お風呂、狭かったけど、一緒に入れてよかったね!」

ポニテ「……そう、だね」

幼女「うふふ」チャプチャプ

ポニテ「……でも狭い……」

幼女「んー、まあね」

ポニテ「……」

幼女「あー、あったか」

367: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 19:06:32.97 ID:blEZDUc70
ポニテ「……」ウツムキ

幼女「……やっぱり今日ポニテちゃん変だよ」

ポニテ「……そんなこと」メソラシ

幼女「なんか全然目、あわせてくれない気がする、どうしたの?」

ポニテ「だから別に……」

幼女「もしかして、一緒に入るの嫌だった?」

ポニテ「ち、違う、けど」

幼女「うーん……」

ポニテ「……」

幼女「」グイ

ポニテ「わ」

幼女「ポニテちゃん、私の目見て」

ポニテ「え、えと」

幼女「そらさないで、もっとよく見て」

ポニテ「……」

368: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 19:16:48.54 ID:blEZDUc70
幼女「……」ジー

ポニテ「」プイ

幼女「もぉー、なんでそらしちゃうの」

ポニテ「だ、だって」

幼女「……」

ポニテ「わたし、上がる」

幼女「え、ちょっと待ってよ、まだ頭も体も洗ってないよ」

ポニテ「そうだけど」

幼女「なんかほんとにおかしいよポニテちゃん!どうしたの?やっぱり具合悪い?」

ポニテ「……」

幼女「……」

ポニテ「……わかったよ」

幼女「? なにが?」

ポニテ「きて、頭洗ったげる」

幼女「え、ほんと?」チャプ

ポニテ「うん」

幼女「やった!ありがとうポニテちゃん!じゃ、よろしく」

369: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 19:22:31.76 ID:blEZDUc70
ポニテ「」ワシャワシャ

幼女「……」

ポニテ「……どう?」

幼女「ん、結構なお手前で」

ポニテ「……人の頭洗うなんて初めて」

幼女「そうなの?私は妹によくやってあげるけど」

ポニテ「……」ワシャワシャ

幼女「ふいー」

ポニテ「……あのさ」

幼女「なーに?」

ポニテ「今日寝るときなんだけど……」

幼女「うん」

370: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 19:27:06.66 ID:blEZDUc70
ポニテ「幼女ちゃんのぶんさ、用意できなかったっていうか」

幼女「なにが?」

ポニテ「……寝る場所、布団とか」

幼女「ああ」

ポニテ「どうする?」

幼女「いーよー、ポニテちゃんのベットで一緒に寝るー」

ポニテ「やっぱりそうなる?」

幼女「狭くなちゃうねー、お風呂もベッドも」

ポニテ「そうだね」ワシャワシャ

幼女「? ポニテちゃん今笑った?」

ポニテ「笑ってないよ」

幼女「そう?気のせいか……」

ポニテ「……」ジャー

幼女「ぶぶぶぶ」

ポニテ「はい、終わり」

幼女「よし!じゃあ次は私がポニテちゃんの頭洗う!」

ポニテ「……」

幼女「どう?」

ポニテ「うん、お願い」

幼女「よーし!任せろ!」

371: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 19:36:39.54 ID:blEZDUc70
・・・

幼女「……ポニテちゃん」

ポニテ「なに?」

幼女「……もうすっかり夜だね」

ポニテ「そうだね」

幼女「ん……く……ぁ」アクビ

ポニテ「おおきい欠伸……」

幼女「んー……お風呂入ったから眠くなっちゃった」ゴシゴシ

ポニテ「じゃあ寝ようか」

幼女「同じベッドでねるんだよねー」

ポニテ「うん」

幼女「えへへ」ニヘー

ポニテ「よいしょ……じゃあ、入って」

幼女「うん、……っと、お布団フカフカ」

372: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 19:41:25.68 ID:blEZDUc70
ポニテ「やっぱ狭……」

幼女「あはは、寝返りして落ないかな」

ポニテ「……寒い?暖房付ける?」

幼女「ううん、全然寒くないよ、お布団あったかいしー、それに、ポニテちゃんと一緒だし」ニコ

ポニテ「……」

幼女「お、目そらさなかったな、えらい!」

ポニテ「電気、消すね」

幼女「うん」

ポニテ「おやすみ」

幼女「おやすみ」

373: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 19:46:02.70 ID:blEZDUc70
カチ


幼女「……」

ポニテ「……」


幼女「……」



ポニテ「……」



幼女「……ポニテちゃん、もう寝た?」

ポニテ「寝てないよ」

幼女「えへへ、そっか、あのね、ポニテちゃんありがと。今日すごく楽しかった」

ポニテ「……私も楽しかった」

幼女「ほんと?ポニテちゃんから楽しいって言ってくれるなんて」

ポニテ「……暗いね。幼女ちゃんの顔見えない」

幼女「うん、早く目、なれないかなー」

ポニテ「……」

幼女「……」

374: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 19:52:26.30 ID:blEZDUc70
ポニテ「……幼女ちゃん、ほんとにいる?」

幼女「もちろん……なんでそんなこときくの」

ポニテ「暗いから、いなくなったり、とか、思って……」

幼女「ふふ、そんなことないよ」

ポニテ「……なんか」

幼女「うん」

ポニテ「言いたいことが、あって」

幼女「なに?」

ポニテ「……幼女ちゃんは、私がいなくなったりとかって、思う?」

幼女「思わないよ、だって声聞こえるし」

ポニテ「だけど、姿は暗くて見えないし、もしかしたら……って」

幼女「……うーん……」

ポニテ「……確かめる方法があるんだけど」

幼女「ほんと?どうやるの?」

375: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 19:58:18.40 ID:blEZDUc70
ポニテ「ここ、さわって」

幼女「どこ?見えないよ」

ポニテ「」スッ

幼女「」ピト


ドッ… ドッ… ドッ… 


ポニテ「……」

幼女「……」

ポニテ「……」

幼女「……ポニテちゃん……?」

ポニテ「なんか、わからないんだけど、さっきから、こんな……」

幼女「ドキドキしてる」

ポニテ「うん……どうしよう」

幼女「いつから?」

ポニテ「わかんないけど……お風呂入ってる時には、なってた」

幼女「お風呂入りすぎたのかな」

ポニテ「違うと思う……」

376: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 20:02:15.95 ID:blEZDUc70
幼女「……」

ポニテ「……」

幼女「……でも、私はポニテちゃんの胸を感じるし、ポニテちゃんは私の手を感じるし、
   これでどっちもいなくなってないってわかるね、暗くても」

ポニテ「そう、だね……」


ドッ… ドッ… ドッ… 


幼女「……」

ポニテ「……」

ポニテ「……目、なれてきた?」

幼女「ん、まだあんまり……ちょっと待っててね」

ポニテ「いや、いいの、そのままで……」

幼女「そうなの?」

ポニテ「……聞いて」

幼女「うん」

377: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 20:08:37.13 ID:blEZDUc70
ポニテ「私、」

幼女「……うん」


ドッ… ドッ… ドッ… ドッ… ドッ…


幼女「ポニテちゃん、鼓動が……平気?」

ポニテ「いいの、そのまま聞いて……」

幼女「……」

ポニテ「……今日一日、ずっとおかしかったでしょ?」

幼女「うん、気づいてたけど」

ポニテ「私、よくわかんないんだけど……最近、昔のことを思い出すようになってきて……」

幼女「……それで?」

ポニテ「まえいた街とか、流れるように生きてきた今までを、幼女ちゃんと一緒にいたときのこととか、ね」

幼女「……」

378: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 20:14:13.97 ID:blEZDUc70
ポニテ「ずっと考えるのがめんどくさかったの。考えていいことなんてないし、
    すぎたことはすぐ忘れた方がいいっていうか、とにかくもう全部忘れたと思ってたの。
    最近のこともずっと昔のことも、過去のことは全て。だから思い出したりしないの……」

幼女「……」


ドッ… ドッ… ドッ… ドッ… ドッ… 


ポニテ「でも、でもね?なんか……変わったっていうか、昔のことも受け入れられるようになった気がしたの。
    うまく、言えないんだけど、でも、いつから……って」

幼女「……」

ポニテ「……」

ポニテ「……今日、一日」

ポニテ「今日一日……ずっと……」

ポニテ「今日一日が……過ぎていくのが……いやで……」

ポニテ「幼女ちゃんの……かお……笑ってる顔、見てると、いつかそれが過去のことになるんじゃないかって」

ポニテ「いつかそれがなくなるんじゃないかって」

ポニテ「いつか幼女ちゃんが……私の隣から……いなくなるんじゃないかって……」

379: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 20:20:51.71 ID:blEZDUc70


ドッ…   ドッ…   


ポニテ「私は……今日一日の……ことを……」

ポニテ「思い出すのが……いやに……なったりしたくないの……」

幼女「……」

ポニテ「……」

幼女「目、なれたよ」

ポニテ「……」

幼女「ポニテちゃんの顔、見えるよ」

ポニテ「……幼女ちゃん……」

幼女「大丈夫。私はポニテちゃんの隣にいるよ、離れ離れになったりしないよ、大人になっても」

ポニテ「……」

幼女「ねえ、ポニテちゃん、私は、ポニテちゃんの前からいなくなったりしないから」

380: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 20:25:24.53 ID:blEZDUc70
ポニテ「……」

幼女「……」

ポニテ「私」

ポニテ「幼女ちゃんの、隣に、いたい」

ポニテ「そう思って……いいのかな……」

幼女「……うん」

ポニテ「お父さんも、前の学校も、街も、友達も、お母さんも、きなこも……
    隣にいさせてくれなかったんだ……いつしかなくしてたんだ……だから私も……ずっと一人で……」

ポニテ「でも、静かなのが怖くて……私……」

幼女「」ギュ

ポニテ「ん……」

幼女「……」

381: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/26(土) 20:29:58.04 ID:blEZDUc70
ポニテ「ありがとう……」

幼女「うん」

ポニテ「ごめんね……」

幼女「謝らないで」

ポニテ「ずっと……そばにいて……」

幼女「……うん」

ポニテ「……大好き」ギュ

幼女「うん、 大好きだよ、ポニテちゃん……」

ポニテ「……」

幼女「……」


ポニテ「……」



幼女「……」












387: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/28(月) 17:49:17.93 ID:OWadrsMV0

ねえ、ポニテちゃん

何?

覚えてる?昔のこと……小学生の時の事、とか

なんだっけ……

もしかして忘れちゃった?

うそ、覚えてるよ、いろいろあったよね

そう、懐かしい……

お泊りしたり

うん

喧嘩したり

子猫拾ったり、たこ焼き食べたり

……海に行ったり

ねえ、会ったばっかりの頃のポニテちゃんって、怖かった

そうだっけ……

うん、話しかけるたびに嫌な顔されてたっけ

まあ、確かにそんな感じだったかも

今でもぶあいそなのは抜けてないけどね、ふふ

あなたは……

私?

うん、子供っぽかった

そりゃ、子供だったし

それでも子供っぽかったよ、たこ焼き一個で笑顔になれたり、ちょっと責めるとすぐ泣いたり、なにやっても一生懸命だったあたり

今は?

今はどうだろ……

……あのころから大人になれたかな、私達

……

どう思う?

……なれたんじゃないかな。こうやってあの時の事を過去のことして思い返せるんだから。あそこから少し、進んでこれたんだよ

そうかな

そうじゃないかな

でも、あのころから何も変わってない気もする

……そうだね、何も変わってないのかも

こうやってポニテちゃんの隣にいられるし

うん

ずっと……こうやって……












388: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/28(月) 17:54:41.62 ID:OWadrsMV0




ポニテ「ん、んん……」

幼女「あ」

ポニテ「……あれ……?」

幼女「ふふ、ポニテちゃん、おはよ」

ポニテ「……ああ……幼女ちゃん、おはよ」

幼女「ねえ、一瞬なんで幼女ちゃんが私のベッドにいるんだろうって思ったでしょ」

ポニテ「うん思った……そうだね、泊りに来てたんだ、幼女ちゃん」

幼女「あー、ベッドあったかいなー、起きたくないなー」

ポニテ「幼女ちゃんも今起きたの?」

幼女「ううん、ここでずっとポニテちゃんの寝顔見てた」

ポニテ「え、そんなことしてるんだったらさっさと顔でも洗いに行けばよかったのに」

幼女「だってポニテちゃんの寝顔が可愛かったんだもん」

389: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/28(月) 17:57:54.71 ID:OWadrsMV0
ポニテ「可愛いとかいうな」

幼女「じゃ、ポニテちゃんの言う通り顔でも洗おうか、洗面所いこ」

ポニテ「うん……ねえ」

幼女「なに?」

ポニテ「思い出したんだけど」

幼女「うん」

ポニテ「私昨日の夜なんか言ってたよね」

幼女「言ってたね」

ポニテ「なんかすごい恥ずかしいこと言ってた気がする……」

幼女「えへへー、どうだったかなー、うふふ」

ポニテ「顔にやけすぎ……」

幼女「さ、洗面所洗面所、ポニテちゃんもきて」

ポニテ「うん……」

390: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/28(月) 18:04:17.84 ID:OWadrsMV0
洗面所

幼女「ん」パシャパシャ

幼女「ひゃー、つべたーい!」

ポニテ「目が覚めていいでしょ?」

幼女「うん……なんかすごいさえてきた気がする」

ポニテ「」パシャパシャ

幼女「ねえポニテちゃん」

ポニテ「何?」

幼女「なんかさー、こうやってポニテちゃんと一緒に朝起きてくると、
   なんかポニテちゃんと私が家族になったみたいだね!」

ポニテ「家族?」

幼女「うん!」

ポニテ「どうだろね」

幼女「毎朝こうならいいのになー」

ポニテ「うん、でも幼女ちゃんもう帰らないと」

幼女「そうなんだよねー……はあー……」

391: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/28(月) 18:11:26.30 ID:OWadrsMV0



ポニテ「……すんだ?帰り支度」

幼女「うん!服も着替えたし荷物もばっちり!忘れ物もないよ!」

ポニテ「そう」

幼女「……」

ポニテ「じゃあ……」

幼女「あぁー……帰りたくないよ……!」

ポニテ「そんなこと言ったって」

幼女「ねえ、またポニテちゃんちに泊りに来てもいいかな?」

ポニテ「うん、またのお休みにでも」

幼女「やった!ふふ」

ポニテ「なんかまた予定ができちゃったね」

幼女「そうだね……ポニテちゃんとはまた海行くしー、遊園地にも行きたいしー、そこにお泊りが……」

ポニテ「遊園地も結局行くの?」

幼女「うん!ポニテちゃんとやりたいこといっぱいあるよ!今できない事も、いつかやるの!」

392: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/28(月) 18:17:16.27 ID:OWadrsMV0
ポニテ「今できない事も」

幼女「うん」

ポニテ「……その時まで、ずっと一緒にいられたらいいね」

幼女「うん!ポニテちゃんとはずっと一緒だよ!」

ポニテ「そうだね……ふふ」

幼女「……ポニテちゃんも笑うようになったね」

ポニテ「まあ、私だって人間だし」

幼女「そう!笑顔が一番!だよっ」

ポニテ「……じゃあまた」

幼女「うん、じゃあね」

ポニテ「……」

幼女「」スッ

393: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/28(月) 18:22:24.90 ID:OWadrsMV0
ポニテ「……待って」

幼女「?」クルッ

ポニテ「……」

幼女「なーに?」

ポニテ「あの、さ」

幼女「……?」

ポニテ「……目、つぶってもらってもいいかな……」

幼女「え?なんで?」

ポニテ「……いいから」

幼女「う、うん……」

幼女「」メツムリ

ポニテ「……」

幼女「……」

ポニテ「」ジリ…

幼女「……」


ポニテ「………」


幼女「………」


ポニテ「……ごめん……やっぱなんでもない、目、あけていいよ」

幼女「うん」パチ

ポニテ「……」

幼女「ポニテちゃん、今なにしようとしてた?」

ポニテ「なんでもない……」

幼女「……」

394: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/28(月) 18:25:14.45 ID:OWadrsMV0
ポニテ「あのね」

幼女「うん」

ポニテ「……好き、なの」

幼女「……」

ポニテ「……」

幼女「うんポニテちゃん、私もすき」

ポニテ「そうじゃ、なくて」

幼女「……」

ポニテ「……」

ポニテ「……抱きしめていい?」

幼女「……うん」

ポニテ「」ギュ

幼女「ん……」

ポニテ「……」

幼女「……」

395: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/28(月) 18:29:35.28 ID:OWadrsMV0
ポニテ「……」

幼女「……」

ポニテ「幼女ちゃん」

幼女「うん」

ポニテ「……お願い……また来て……明日も、明後日も、ずっと……」

ポニテ「ここは、ふたりだけの秘密基地、だから……」

幼女「……」

ポニテ「……」

幼女「……うん、ポニテちゃん、明日も来るよ」

ポニテ「……」

幼女「また来る」

ポニテ「……ありがと」

幼女「……じゃあ、また明日」

ポニテ「うん、また明日」

396: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/28(月) 18:30:18.50 ID:OWadrsMV0




幼女「」ニコ




397: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/28(月) 18:30:53.89 ID:OWadrsMV0




ガチャ




398: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/28(月) 18:31:22.60 ID:OWadrsMV0




バタン




399: ◆pCsbWLFMKc 2016/03/28(月) 18:32:04.09 ID:OWadrsMV0




















おわり