1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/30(水) 17:15:33.50 ID:afubTO5v0
この前書いた『飛鳥「23時過ぎのログ」』の前日譚です。読んでも読まなくても大丈夫かと思います。
飛鳥が恋愛相談する話です。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1459325723

引用元: 飛鳥「ボクと彼女らと20時過ぎ」 


 

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 043二宮飛鳥
歌、トーク:二宮飛鳥(CV:青木志貴)
日本コロムビア (2016-03-02)
売り上げランキング: 273
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/30(水) 17:17:41.50 ID:afubTO5v0
飛鳥「……20時、か」

飛鳥「そろそろかな」

コンコン

??「抵抗せし者よ!今こそ結界の封印を解き放たん!(飛鳥ちゃん、入るよー!)」

飛鳥「ああ、蘭子か。どうぞ」

ガチャッ

蘭子「心地の良い夜ね……む、同胞の集結は未だ果たされぬか(こんばんはー。……あれ、他の皆はまだ?)」

飛鳥「そろそろ来る頃だと思うけどね。まあ、気長に待つといいさ」

蘭子「……飛鳥ちゃんがお風呂入ったあとにエクステつけてるの、珍しいね」

飛鳥「今日は、そういう気分なものでね」

蘭子「そうなんだ」

蘭子(ピンク色のエクステ……乙女モードってことかな)

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/30(水) 17:18:31.06 ID:afubTO5v0
コンコンッ

??「飛鳥さーん、カワイイボクが来ましたよー」

飛鳥「幸子か。開いてるから上がってくれ」

幸子「あ、はい。お邪魔しまーす」ガチャ

蘭子「心地の良い夜ね(こんばんはー)」

飛鳥「あとの二人は?」

幸子「もうすぐ来ると思いますよ。………ひょえッ!?」

ヒタ…

飛鳥「……?」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/30(水) 17:19:14.22 ID:afubTO5v0
幸子「あ、あああああし、あしあしあしになにか……」

ヒタヒタッ…


小梅「のろってやるー……」ズズーン


幸子「フギャ────っっ!!??」



飛鳥「………小梅、あまり幸子を脅かさないであげよう」

小梅「て、てへ……」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/30(水) 17:20:23.40 ID:afubTO5v0
幸子「こここ、こっ、小梅さんでしたか……勘弁してくださいよ……」

小梅「ご、ごめんね…つい……あ、輝子ちゃんも、一緒だよ…」

輝子「す、すまん……私も、ち、ちょっと反応が見たかった」

蘭子「死霊術師に、影の育成者……クク、刻は満ちた!(小梅ちゃんに輝子ちゃん!これで全員だね!)」

飛鳥「やれやれ、急に騒がしくなったね……それじゃあ、始めるとしよう」



蘭子「飛鳥ちゃんの恋愛相談会!」



飛鳥「……………は、恥ずかしいから、そういう名前は避けてくれないか…」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/30(水) 17:22:06.44 ID:afubTO5v0
輝子「で、でも…実際、そ、そういう会だしな……フヒ…」

幸子「それに、恥ずかしがってたら進展するものもしませんよ!」

飛鳥「うぐ………」

小梅(正直、珍しく照れたりする飛鳥ちゃんが見たいのもあったり……)

幸子「こほんっ。……では早速ですが、飛鳥さん」

飛鳥「……何かな」

幸子「プロデューサーさんと、どこまで進みました?」

小梅「う……うんうんっ、ま、まずはそこから…だよねっ」

飛鳥「ど、どこまでって……それは、まあ、その……」

4人「」ワクワク

飛鳥「……この前、一緒に事務所の雑貨品を買いに……」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/30(水) 17:24:22.20 ID:afubTO5v0

幸子「……えっ、それだけですか」

蘭子「飛鳥ちゃん……」

輝子「い、意外と、奥手だな……」

飛鳥「うっ、うるさいっ!仕方ないだろう、その、あ、アプローチ?とか、よくわからないし……」

小梅「て、手は…まだ、繋いでないの?」

飛鳥「急いでて、手を引かれた事なら…」

幸子「また微妙なシチュエーションですね……」

蘭子「買い物では何かなかったの?」

飛鳥「大した量も無かったし、すぐに終わってしまった……」

輝子「フヒ……こ、これは、ひどい…」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/30(水) 17:25:24.30 ID:afubTO5v0
飛鳥「じゃ、じゃあ、どうしろって言うのさ。第一、この中に恋愛経験がある人なんて……」

幸子「……」チラッ

小梅「……」チラッ

輝子「……」チラッ

蘭子「ま、魔眼かっ?(な、なんでこっち見るの…?)」

小梅「さ、最近、CPのプロデューサーさんとイイ感じだ、って聞いて…(あの子から)」

飛鳥「……ほう。ぜひ話をお聞かせ願いたいね」

蘭子「い、否っ!我と我が友の間に、その様な契りは存在せぬ!(ち、違うもん!私とプロデューサーは、そういうのじゃなくて…!)」

輝子「まあ、まあ…ち、ちょっと話、聞かせてくれ…」

蘭子「えー……え、ええっと………その、最近……」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/30(水) 17:26:22.03 ID:afubTO5v0
蘭子「私の言葉、ちゃんとわかってくれてるみたいで……うれしいな、って」

蘭子「そ、それだけっ!それだけだからっ!」

幸子「……お、おお……特殊例で一瞬判断に困りましたけど…」

飛鳥「まあ、仲が深まってるという事ではある……のかな」

輝子「こ、これは…飛鳥も負けてられないな…フヒッ」



小梅「…あ、そ、そうだ……」

小梅「飛鳥ちゃん、め、メール……メールって、してないの?」

飛鳥「え……まあ、仕事についてやり取りする位なら」

小梅「も、もっと、プライベートのこと……とか、話してみたら、い、いいのかも」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/30(水) 17:27:53.61 ID:afubTO5v0
飛鳥「メール、メールか……確かに、いいかもしれない」

輝子「こ、小梅、グッジョブだ……」

蘭子「運命の歯車が動き出す…!(これで何か進展があるかも!)」

幸子「それで、何て切り出すんですか?」

飛鳥「…そう、それなんだよ幸子」

幸子「はい?」

飛鳥「今まで事務的にしか使ってなかったメールで、いきなり世間話を振る……唐突すぎて、なんだか変に思われないかな」

幸子「……飛鳥さんって結構ヘタレですよね……」

飛鳥「んなっ!?」

小梅「て、ていうか、普段はキリッとしてるけど、やっぱり女の子っていうか……そ、そういうとこ、ある」

飛鳥「ち、違う!これは、その……不慣れだから、というか……」


コンコンッ

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/30(水) 17:28:19.78 ID:afubTO5v0
輝子「ん?」

蘭子「未知なる来訪者……(誰でしょう?)」


??「開けるよー」ガチャ


幸子「あ、みくさん。こんばんは」

みく「またいつものメンバーかにゃ……もう遅いし、そろそろ寝た方がいいにゃー」

小梅「あ、は、はい。もう、こんな時間……」

みく「んにゃ?なんだか珍しい雰囲気だにゃ。どうしたのにゃ?」

飛鳥「うぐぅ………」

蘭子「実は…………かくかくしかじか」

… … … … … … …

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/30(水) 17:29:28.49 ID:afubTO5v0
みく「へー、ほー、ほほー。飛鳥チャンがにゃあ。ふんふん、なるほど、わかったにゃ」

飛鳥「で、できれば……みくさんにも、何かアドバイスを頼めないかな」

みく「よーし、ここは年上のみくが……って言っても、そんなに離れてないけど……アドバイスをしちゃうにゃ」



みく「んーと、みくはね、恋ってやっぱり、恥ずかしさがあってナンボだと思うんにゃ」

みく「それが誰かを好きになるってことだにゃ」

みく「だからその気持ちって大事だし、でもその気持ちがあるから、中々素直になれない……なーんていうのもわかるにゃ」

みく「でもそれでいいのにゃ。甘酸っぱいって、きっとそういうことにゃ」

みく「だから、自分なりにその恥ずかしさと付き合っていくことが大事だと、みくは思ってるにゃ」

5人「…………」

みく「あ、あれ?みく、なにか変なこと言ったかにゃ?」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/30(水) 17:30:18.59 ID:afubTO5v0
輝子「か、感動した……」

みく「へ?」

小梅「す、すごい…です……し、心臓、貫かれたみたい……」

幸子「か、カッコイイ……」

飛鳥「……なるほど……」

蘭子「愛猫神の託宣……!(流石みくさん!)」

みく「こ、こほんっ。とにかく、無理に自分を曲げる必要もないってことにゃ。あ、でもね、飛鳥チャン。たまには甘さも見せてあげないと、酸っぱさだけの女になっちゃうにゃーよ」

飛鳥「!……」

みく「じゃあ、みくは帰るにゃ。みんなもほどほどにしておくにゃー」バタン

飛鳥「…………」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/30(水) 17:33:40.00 ID:afubTO5v0
小梅「い、いい話……聞けたね……」

飛鳥「……甘さ、か」

幸子「飛鳥さん?」

飛鳥「そうだね、たまには見せてもいいかもしれない。ボクの、精一杯の甘さを」スッ タンタン

輝子「あ、メ、メール……フ、フヒッ、今、するのか……?」

蘭子「文面は………23時?…………あっ、消灯……そっか、なるほど……わぁ、いいなー、こういうの……!」

飛鳥「そしてこれが、ボクなりの、恥じらいとの付き合い方だ」ピッ


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/30(水) 17:36:28.50 ID:afubTO5v0
<ユーガッタメール!

P「うお、メール」

ちひろ「おや、こんな時間に。どなたからですか?」

P「ん……?飛鳥からですよ、これ。珍しいな………って、何じゃこりゃ?」

ちひろ「飛鳥ちゃんですか?どれどれ………あら。ふふっ、なるほどなるほど……♪」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/30(水) 17:37:17.85 ID:afubTO5v0
<From>飛鳥
<Sub>やぁ。
2016/--/03 20:45

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

今夜23時頃、暇があったらメールをくれないか。

待ってるよ。

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/30(水) 17:37:58.24 ID:afubTO5v0
おしまい。
飛鳥「23時過ぎのログ」へ続く。

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/30(水) 17:38:46.85 ID:afubTO5v0
サンキューミック、HTML依頼出してきます