1: ◆yIMyWm13ls 2013/08/09(金) 20:20:54.91 ID:r+ly2duQ0
ガタガタガタとサッシが派手な音を立てます。

そんな騒音と共に私の意識は浮上しました。

「ふぁ……」

あれ……?

私何をしてたんだっけ……?

未だに騒音を立てる窓のサッシ。

起き上がると私はソファに座っていました。

「…私、ソファで寝ちゃったんでしょうか…?」

「…う~ん…!」

大きく伸び。両腕を伸ばしたまま腰を左右に曲げます。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1376047254

引用元: 五十嵐響子「雨風がひどい日」 


 

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 045五十嵐響子
歌、トーク:五十嵐響子(CV:種崎敦美)
日本コロムビア (2016-03-02)
売り上げランキング: 526
2: ◆yIMyWm13ls 2013/08/09(金) 20:21:39.63 ID:r+ly2duQ0
「響子、起きたのか?」

…振り返るとそこには見慣れたデスク。

…そしてプロデューサー。

プロデューサーはインスタントコーヒーの瓶からスプーンで粒を掬い上げて自分のマグカップへと放っていました。

「ふぇっ!?あっ、プ、プロデューサー!?」

思いっきり伸びをしていた両腕を引っ込めます。

「響子も飲むか?」

そう言いながらプロデューサーは電気ケトルからマグカップへとお湯を注ぎます。

3: ◆yIMyWm13ls 2013/08/09(金) 20:22:30.06 ID:r+ly2duQ0
「…いや、いいです…」

「そ、それよりですね…!」

「何か外、雨風がひどいんですけど……」

暴風が雨を巻き込んでおどろおどろしい音を立てています。

「…すまん、今日は嵐になるって聞いてたから皆は先に帰らせてたんだけどな…」

「天気が酷くなった後に響子が寝てることに気づいてどうしたもんかと……」

「は、はぁ……」

むむむ、全員寝てる私をスルーしていったということでしょうか…。

「…誰か一人くらい声掛けていってくれてもいいと思うんですけど…」

4: ◆yIMyWm13ls 2013/08/09(金) 20:22:55.79 ID:r+ly2duQ0
「まぁ、他の誰かが起こすだろうと思ったんだろうな」

プロデューサーは楽しそうに笑いながらマグカップに口を付けます。

「……苦っ…!」

顔をしかめるプロデューサー。

「…苦いならミルクでもなんでも入れればいいじゃないですか」

呆れ顔を浮かべる私。

「なんだかそれって負けたみたいじゃないか?」

「インスタントコーヒー相手に勝ち負けなんて考える時点で負けてる気がします」

変なことを言い出すプロデューサーのせいで、窓ガラスに映る私の呆れ顔は崩れて、少し情けない笑顔を浮かべていました。

5: ◆yIMyWm13ls 2013/08/09(金) 20:23:36.03 ID:r+ly2duQ0
「…今日は帰れそうにないですね…」

私が窓ガラス越しに外を見ると事務所の前を青のポリバケツがゴミを吐き出しながら転がっていきました。

「…雨が止んだら事務所の前も一回掃除しなくちゃですかね…」

「というかプロデューサーは帰らないんですか?」

「皆は先に帰らせたんですよね…?」

私が訊ねるとプロデューサーは渋い顔を浮かべます。

「…なんというか…あれだ」

「あ、この仕事キリが悪いな…って思って少しやって帰ろう…」

「…やっぱりこっちが片付いたら…とかやってたら帰るタイミング逃した」

あぁ、いつものプロデューサーだ。

6: ◆yIMyWm13ls 2013/08/09(金) 20:24:09.45 ID:r+ly2duQ0
「やっぱりプロデューサーはどこか抜けてますよね」

「…抜け目の無い男を目指してるつもりなんだけどなぁ…」

……むしろ抜け目だらけだと思います。

「…ま、まぁ頑張ってくださいね♪」

「……今の間は何だ?」

変な所鋭いですね。

「いやぁ、抜け目の無い男までは遠そうだなと…」

「まぁ、本当に抜け目無い男ならさっさと帰って今頃は家に帰って飯を……」

プロデューサーがそこまで言いかけた所で私のお腹がきゅうと音を立てます。

7: ◆yIMyWm13ls 2013/08/09(金) 20:24:36.80 ID:r+ly2duQ0
「……」

あぁ……みたいなそんな何かを悟った目で見ないで下さい。

「…違うんですよ」

「…うん、そういえば隠しておいたカップ麺があるから…」

「……」

羞恥心と食欲のせめぎ合い。

「…頂きます」

食欲には抗えませんでした。

8: ◆yIMyWm13ls 2013/08/09(金) 20:25:21.28 ID:r+ly2duQ0



「何か食材買い置きしておけば良かったですね?」

私は電気ケトルからシーフードのカップ麺にお湯を注ぎながらプロデューサーに話しかけます。

「…下手に食材とかで冷蔵庫一杯にしたり調理場を充実させたりするとそのうちここで暮らしだしそうなのも居るからな」

遠い目をしながら呟くプロデューサー。

「流石にそんな人居な……」

「…本当に居ないって言い切れるか?」

「…言い切れないですね」

「だろ?」

同じく電気ケトルからビックサイズのカップ麺にお湯を入れるプロデューサー。

9: ◆yIMyWm13ls 2013/08/09(金) 20:28:12.66 ID:r+ly2duQ0
「今日は止みそうにないな」

一向に止まない雨音。

プロデューサーは気楽に言います。

「…そうですね、まぁ、今日帰るのは諦めました」

立ち上がり、デスクのプロデューサーと向かい合わせになる位置に椅子を引いてきます。

私のカップ麺をプロデューサーのデスクの上に割り箸と一緒に載せるとプロデューサーのデスクの上のスペースはカツカツです。

「……狭い…」

呆れた顔をして向かい合わせに座る私を見るプロデューサー。

「狭いと思うなら机の上きちんと片づけましょうか」

「仕方ないなぁ…」

プロデューサーは渋々机の上の物をひょいひょいと隣のデスク……

ちひろさんのデスクの上に積み重ねていきます。

10: ◆yIMyWm13ls 2013/08/09(金) 20:28:44.96 ID:r+ly2duQ0
「…ちひろさんに怒られますよ?」

「大丈夫だろ、後で戻すから……」

絶対これ戻し忘れるパターンですよね、プロデューサー。

「人の目に留まる場所なんですから綺麗にしないと駄目ですよ?」

「…分かっちゃいるんだがどうも片付かないんだよな」

そう言いながらプロデューサーはパキンと割り箸を割ります。

それに倣って私も割り箸を割ります。

11: ◆yIMyWm13ls 2013/08/09(金) 20:29:19.45 ID:r+ly2duQ0
「カップ麺なんて久々に食べますね」

「…プロデューサーは……」

私が顔を上げるとプロデューサーが目を逸らします。

「…カップ麺……よく食べるんですね?」

露骨です。すごく露骨です。

「い、いやそんなことないぞ?」

「当たり前のように事務所にカップ麺備蓄してるんですからそれはそうですよね?」

ふぅ、と私は溜め息を吐きながらカップ麺をすすります。

あっ、久しぶりに食べると意外と美味しいですね……。

…じゃないじゃない…。

15: ◆yIMyWm13ls 2013/08/10(土) 00:03:08.89 ID:TFEt6LCV0
「…たまにはカップ麺も悪くないですね」

「だろ?」

「プロデューサーは食べ過ぎです」

「ぐうの音も出ないな」

むぅ、分かってるなら気をつけて下さいよ。

「…いいですか?」

「体は資本です、普段から面倒だからってまともな食事摂らないでいるとそのうち倒れちゃいますよ?」

いつもより少し厳し目にプロデューサーに怒ります。

16: ◆yIMyWm13ls 2013/08/10(土) 00:03:44.21 ID:TFEt6LCV0
「プロデューサーを心配してる人は沢山居るんですから!」

「…そのうちプロデューサーの家に乗り込みますよ?」

正直割と本気だ。

「おい、アイドル」

真顔でツッコミを入れてくるプロデューサー。

「こう見えても私、ちょっと変装には自信があるんですよ!」

「はいはい」

「…信じてないですよね?」

ジトーっとした目を意識してプロデューサーを見ます。

17: ◆yIMyWm13ls 2013/08/10(土) 00:04:11.43 ID:TFEt6LCV0
「どっちにしろ駄目だ」

「じゃあ食生活、きちんとしてくださいね?」

プロデューサーは両手を上に挙げて降参のポーズを取ります。

「…参ったなぁ、響子には敵わないよ」

「お昼はお弁当とかどうですか?」

「私、腕によりを掛けて頑張っちゃいますよ!」

荒れている空模様とは裏腹に俄然やる気が湧いて来ました!

18: ◆yIMyWm13ls 2013/08/10(土) 00:04:56.21 ID:TFEt6LCV0
「響子だって人気出てきて忙しいんだからそんなことしてる余裕ないだろ?」

「それとこれとでは話が別ですっ!」

「…昔の響子はもっと素直な可愛い娘だったのになぁ」

「今でも素直ですよっ!?」

むむ、プロデューサー、失礼ですっ!

「えと…い、今は可愛いくないですか……?」

「面倒くさくなったけど可愛いよ」

「…面倒くさいは酷くないですか?」

…可愛いだけだったら良かったのに……。

19: ◆yIMyWm13ls 2013/08/10(土) 00:05:31.90 ID:TFEt6LCV0
「プロデューサーは私のお弁当嫌ですか?」

「いや、凄く有難いけど……」

「はいっ、決定ですっ♪」

我ながら面倒くさいと言われてもしょうがない気もしてきました。

「響子は変なところ変わらないよな」

プロデューサーは はぁ、と息を吐きながら呟きます。

「変なところですか?」

「どこまでも世話焼きなところかな」

ぼやきながらもプロデューサーはなんだか嬉しそうです。

20: ◆yIMyWm13ls 2013/08/10(土) 00:06:06.45 ID:TFEt6LCV0
「全然変なところじゃないじゃないですかっ!」

「び、美点ですよ、美点!」

自分で言うと結構恥ずかしいです。

「アイドル事務所に掃除に洗濯、お料理も、家事ならなんでも任せてくださいっ!なんて言って殴りこんで来るしな」

「パッって思いついたのがそれだったんですよ!」

「結局プロデュースしておいてその言い草はどうかと思います」

「…そうだな、じゃあ変なやつ仲間としてこれからも頑張ろうな」

「頑張りますけど、私、変なやつじゃないですからっ!」

……変じゃないですよね…?

21: ◆yIMyWm13ls 2013/08/10(土) 00:09:17.38 ID:TFEt6LCV0


ガタンガタンと相変わらず窓のサッシは派手に音を立てます

「外、真っ暗になっちゃいましたね」

「もうすぐで日にちも変わるからな…」

「なんだか今日はプロデューサーと一杯お話出来て少し得した気分です♪」

「…そうか?」

「プロデューサーが言ったんじゃないですか、忙しくなってきたって」

「アイドルとして忙しくなるのは嬉しいですけどこうやってプロデューサーとお話する時間が減るのは寂しいですから」

「…そっか、でも睡眠はしっかりと取って貰うぞ」

そう言ってプロデューサーは立ち上がります。

22: ◆yIMyWm13ls 2013/08/10(土) 00:10:08.54 ID:TFEt6LCV0
「ほらっ」

ぱふっ、っと私の頭に四角に畳まれた毛布のようなものが載せられます。

「なんだか頭が重いです」

「ほら、さっさと寝ろ」

やっぱり毛布でしたか。

なんとなく自分で取る気がしなくて、畳まれた毛布を頭に載せたまま立ち上がります。

そのまま椅子に座ったままのプロデューサーの前へ。

23: ◆yIMyWm13ls 2013/08/10(土) 00:11:05.70 ID:TFEt6LCV0
「…膝、開いてください」

「…何でだ?」

毛布を頭に載せたままの私をなにか珍妙なものを見る目で見るプロデューサー。

「…よいしょっ」

私は器用に毛布を頭に載せたまましゃがむとプロデューサーの膝を強引に開きます。

「ふうっ…」

そして、膝と膝の間に潜り込むように私がそこに腰掛けます。

24: ◆yIMyWm13ls 2013/08/10(土) 00:11:49.92 ID:TFEt6LCV0
「響子、セクハラだぞ」

「女の子がすればセクハラじゃないんですよ?」

私は頭に載せた毛布を広げ私とプロデューサーを覆うように広げます。

「どうせ毛布一人分しかないじゃないですか」

「何で知ってるんだ?」

「ふふふふ、事務所の掃除をいつもしてるのは誰だと思ってるんですか?」

「それに泊まりこみで毛布使うのなんてプロデューサー以外居ないじゃないですか」

「そんなことよりこの体勢、とんでもなく恥ずかしいんだが…」

「プロデューサーも年頃の女の子にドキドキしちゃいます?」

わ、私はずっとドキドキしてますけど…。

25: ◆yIMyWm13ls 2013/08/10(土) 00:12:32.00 ID:TFEt6LCV0
「…本当にプロデューサーと会ってからは楽しいこと続きです♪」

「それは良かった」

「はい、色々な人と出会って、歌って、踊って…」

「頼ったり、頼られたり…」

「…プロデューサーには頼ってばっかりだった気もしますけどねっ♪」

「むしろ滅茶苦茶世話焼かれてた記憶しか無いけどなぁ…」

「もうちょっと大人しく世話焼かせてくれると点数上がりますよ?」

「何の点数なんだか」

プロデューサーは暑苦しいとか言いつつも私をそのままにしてくれています。

28: ◆yIMyWm13ls 2013/08/10(土) 12:54:41.22 ID:M53auyXC0
「なんかご機嫌だな」

「ふふ、たまにはこんな日があってもいいなと思いまして♪」

「早く帰ってお風呂に入りたいとか言うほうがアイドルっぽいとは思うけどな」

「……嗅いだら怒りますよ?」

自分からプロデューサーの膝の間に座っておいてこの言い草は無いと我ながら思います。

「…はいはい」

「真っ暗な事務所に二人きり、同じ毛布に包まってるって状況、もうちょっと慌ててくれてもいいと思います」

「…はいはい」

…さっきから はいはいって流されてばっかりな気がします。

29: ◆yIMyWm13ls 2013/08/10(土) 12:55:07.39 ID:M53auyXC0
「ほら、そろそろ寝ろ」

「…プロデューサーはつれないですね」

「プロデューサーだからな」

「…それで、何か言うことは無いんですか?」

「言うことって何だ?」

「日づけはもう変わったんですよ?」

「…せっかちだな」

そうですね、私、せっかちかもしれません。

30: ◆yIMyWm13ls 2013/08/10(土) 12:55:40.40 ID:M53auyXC0
「プロデューサーから直接聞くまでは寝れませんよ♪」

今日は8月10日。

「…誕生日おめでとう、響子」

……私の誕生日。

「結局誕生日プレゼント何にするか決まらなかったんだよなぁ」

「むっ、酷くないですか?」

私は頬を膨らませます。

31: ◆yIMyWm13ls 2013/08/10(土) 12:56:31.30 ID:M53auyXC0
「…決まらなかったから今日決めるよ」

「だからプレゼント選びに付き合ってくれるか?」

「お礼に飯くらいなら奢るぞ?」

「…しょうがないですね、付き合ってあげます」

なんだ、全部織り込み済みじゃないですか。

「なんだか楽しみで余計眠れなくなっちゃいますね♪」

「明日は思う存分振り回しますよ、プロデューサー♪」

今日だけは子供みたいにはしゃいでもいいですよね?

32: ◆yIMyWm13ls 2013/08/10(土) 12:57:38.84 ID:M53auyXC0
「…明日は晴れるといいな」

「そうですね、でもちょっとくらい暑くても我慢してみせます!」

「…それではおやすみなさい!」

私はぎゅっと目をつむり、鼻の高さまで毛布を持ち上げて座ったままのプロデューサーに背を預けます。

「…結局この体勢のままか……」

きっとこの雨風は私が目を覚ますと去っているんだと思います。

そして、プロデューサーは意地らしいほどアスファルトを照らす太陽を見て出掛けるのを渋って……。

そんなプロデューサーを引っ張って外に連れ出すのは私。

誕生日の前日、雨風のひどい日は私にかけがえのない時間をくれました。


END