1: ◆ZTPjpycbhE 2016/03/30(水) 14:57:50.09 ID:3qgTubnH0
善子「誰か早く来ないかなー」ソワソワ

善子「あっ!」パアアアアアアア

ダイヤ「っ!」スッ

ダイヤ「ふぅ」

ダイヤ「生徒会室に行ってから、こっちに顔を出すことにしましょう」

善子「ちょっとちょっと! なんで一回開けて閉めたのよ!」

ダイヤ「用事を思い出しまして。少し生徒会室の方に行ってきますね」ニコッ

善子「絶対嘘! ヨハネにはわかるんだから!」

ダイヤ「決してあなたに関わると面倒くさいことになりそうとか思ったわけではなくてよ?」

善子「面倒くさいって何よ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1459317469

引用元: 【ラブライブ!サンシャイン!!】善子「そわそわ」ダイヤ「……」 


 

ラブライブ! サンシャイン!! B2タペストリー
ブロッコリー (2016-04-30)
売り上げランキング: 18,383
2: ◆ZTPjpycbhE 2016/03/30(水) 15:03:44.70 ID:3qgTubnH0
ダイヤ「だって、普段から面倒くさいのに今日はいつにも増してそわそわして」

ダイヤ「わたくしを見つけたときの目の輝きでろくなことではないと」

善子「普段から面倒くさいってどういうことよ」ムスッ

善子「ヨハネに出会えたことが既に幸運なのに! こうしてヨハネと話せるってことを感謝するべきなのに! 面倒くさいなんて! 天罰が下るんだから!」

ダイヤ「……まあそういうわけだから善子さん。わたくしは生徒会室に行きますので」

善子「善子じゃなくてヨハネ! 絶対逃がさないんだから!」ギュッ

ダイヤ「ちょ、ちょっと、離しなさい!」グイグイッ

善子「やっと捕まえた獲物を逃がしてなるものですか!」ギューッ

3: ◆ZTPjpycbhE 2016/03/30(水) 15:07:57.54 ID:3qgTubnH0
ダイヤ「離れなさい!」

善子「離れない!」ギュッ

ダイヤ「くっ……!」ググッ

善子「むむっ……!」ギュッ

――

ダイヤ「どれだけしつこいんですか……」ハァハァ

善子「だって一番最初に来たのがあなただったし!」ギュギュッ

ダイヤ「仕方ないですね、少しだけ、ほんの少しだけ付き合ってあげるわ」

善子「やった!」

4: ◆ZTPjpycbhE 2016/03/30(水) 15:11:57.16 ID:3qgTubnH0
ダイヤ「で? 何をそわそわしていたの?」

善子「面白い遊びを見つけてきたの!」

ダイヤ「面白い遊び?」

善子「10回ゲームっていうんだけど、知ってる?」

ダイヤ「10回ゲーム……。聞いたことないですね」

善子「! じゃあまず例題を出すわ。ピザって10回言ってみて」

ダイヤ「は? なぜそんなことをするんですか?」

善子「そういうゲームだから!」

ダイヤ「? ピザピザピザピザ――」

5: ◆ZTPjpycbhE 2016/03/30(水) 15:15:10.86 ID:3qgTubnH0
善子「じゃあここは?」ヒザチョン

ダイヤ「膝でしょう?」

善子「! 引っかかったわね! 正解は肘よ!」

ダイヤ「肘はこっちだけど」チョンチョン

善子「あぁっ! 間違えた!」

ダイヤ「……何がしたかったの?」

善子「こ、今回はヨハネの負けだけど次は絶対引っ掛けるんだから!」ムキーッ

ダイヤ「? はあ……」

6: ◆ZTPjpycbhE 2016/03/30(水) 15:18:55.59 ID:3qgTubnH0
善子「ざっとって10回言って」

ダイヤ「素晴らしいくらいの日本語英語ね」

善子「ヨハネの発音はどうでもいいの!」

ダイヤ「That,That,That――」

善子「これはペンですって言って」

ダイヤ「This is a Pen.」

善子「やった!」

ダイヤ「何? 合っているでしょう?」

7: ◆ZTPjpycbhE 2016/03/30(水) 15:21:41.22 ID:3qgTubnH0
善子「ヨハネはただこれはペンですって言うように言っただけだけど?」

ダイヤ「だからThis is a Penと――」

ダイヤ「英語でなんて一言も言ってないっていうこと?」

善子「すっごく流暢な英語で堂々と間違えるなんて」クスクス

ダイヤ「なっ……!」カアアアアアアアア

ダイヤ「今のは油断していただけですから!」

善子「じゃあもう一問ね」

8: ◆ZTPjpycbhE 2016/03/30(水) 15:26:51.33 ID:3qgTubnH0
善子「シャンデリアって10回言ってみて」

ダイヤ「シャンデリアシャンデリアシャンデリア――」

善子「毒リンゴを食べたのは?」

ダイヤ「シンデレ――白雪姫ね」

善子「言いかけてたでしょ」

ダイヤ「言い直したから正解でしょ?」

善子「途中まで言ったんだから引っかかった!」

ダイヤ「最後まで言ってないからわたくしの勝ち!」

善子「むーっ」

ダイヤ「では、100歩譲って引き分けにしましょう、不本意ですけど」

善子「分かったわ、決着は次ってことね」

9: ◆ZTPjpycbhE 2016/03/30(水) 15:30:04.71 ID:3qgTubnH0
善子「今度は白雪姫って10回言ってみて」

ダイヤ「白雪姫白雪姫白雪姫――」

善子「ガラスの靴を拾ったのは?」

ダイヤ「わたくしも舐められたものね」

ダイヤ「白雪姫と言わせたいのでしょうが、引っかかりませんよ?」

ダイヤ「答えはシンデレラ!」ドヤァ

善子「……」

ダイヤ「正解でしょう?」

善子「残念ながら! 不正解よ!」

ダイヤ「はあっ!?」

10: ◆ZTPjpycbhE 2016/03/30(水) 15:35:21.48 ID:3qgTubnH0
ダイヤ「ガラスの靴と言えばシンデレラでしょう!?」

善子「ヨハネはガラスの靴を拾ったのは? って聞いたんだけど?」ニヤニヤ

ダイヤ「だから、シンデレラが――」ハッ

ダイヤ「拾ったのは王子様……」

善子「気持ちいいくらい引っかかってくれて最高だったわ」

善子「特に! 答えたときのドヤ顔! 傑作ねっ!」クスクス

善子「ヨハネの勝ちよ」ドヤァ

ダイヤ「くっ……」ギリギリ

11: ◆ZTPjpycbhE 2016/03/30(水) 15:38:11.46 ID:3qgTubnH0
ダイヤ「少しだけ付き合ってあげるといいましたね?」

ダイヤ「気が変わったわ、とことん付き合ってあげましょう!」

善子「えー、でもヨハネの勝ちだしー」

ダイヤ「元々あなたからふっかけてきたんでしょう?」

善子「! じゃあ、いいわ、延長戦をしてヨハネが勝ったらこれからヨハネのことはヨハネって呼ぶこと!」

ダイヤ「? あなたは善子さんでしょう?」

善子「だーかーらー! ヨハネはヨハネなんだってば!」

12: ◆ZTPjpycbhE 2016/03/30(水) 15:41:45.45 ID:3qgTubnH0
善子「いいわよね、あなたは元々名前がかっこよくて」ブツブツ

ダイヤ「勝ったらどうとか、そういうのはなしでも――」

善子「負けるのが怖いの?」ニヤニヤ

ダイヤ「っ! そうは言っていないでしょう!?」

ダイヤ「いいでしょう、その勝負受けて立ちます」

ダイヤ「私が勝った時は、そうですね……。私のことは敬うこと!」

ダイヤ「2度とそのようなわたくしの対抗心を煽るような発言は控えてもらいます」

善子「いいわ、まあヨハネが勝つんだけど」

ダイヤ「わたくしを本気にさせたことを後悔させてあげるわ」

13: ◆ZTPjpycbhE 2016/03/30(水) 15:43:55.35 ID:3qgTubnH0
善子「じゃあ少し出題形式を変えるわ」

善子「ヨハネの言葉を繰り返して」

ダイヤ「繰り返す? あなたが言った言葉をそのまま復唱すればいいの?」

善子「そうよ、あなたが間違えるかヨハネが手を叩いたら終了の合図ね。じゃあスタート!」

善子「りんご」

ダイヤ「りんご」

善子「みかん」

ダイヤ「みかん」

善子「隣の客はよく柿食う客だ」

ダイヤ「隣の客はよく柿食う客だ」ドヤァ

14: ◆ZTPjpycbhE 2016/03/30(水) 15:47:24.61 ID:3qgTubnH0
善子「坊主が屏風に上手に坊主の絵を書いた」

ダイヤ「坊主が屏風に上手に坊主の絵を書いた」

善子「バスガスばくはひゅっ!」

ダイヤ「……あなたが言えてないじゃない」ハァ

善子「あなたの負けよ!」ビシィッ

ダイヤ「あなたが噛んだのだから繰り返す必要もないでしょう?」

善子「わざと噛んだのよ、そのまま繰り返さないと」

善子「ばしゅがしゅばくはちゅくらい言えるわ」

ダイヤ「…………ぷっ」

善子「あーっ! 今笑ったでしょ!」

ダイヤ「だって、さっきよりもひどくなって……っ!」プルプル

善子「と、とにかく! ヨハネの勝ちだから!」カアアアアアアアア

15: ◆ZTPjpycbhE 2016/03/30(水) 15:51:28.11 ID:3qgTubnH0
ダイヤ「確かに提示された条件ではあなたの勝ちと言えるかもしれませんね、認めましょう」

善子「じゃあヨハネのことはヨハネって――」

ダイヤ「まさか、これで終わりではないですよね?」

善子「? 今ヨハネが勝ったじゃない」

ダイヤ「もしかして、これ以上やったら勝つ自信がないのかしら?」

善子「っ! 何問やってもヨハネが勝つの!」

ダイヤ「では、善子さんばかり出題というのも不公平ですし次はわたくしから」

善子「受けて立とうじゃない!」

ダイヤ「わたくしからも先ほどのあなたと同じ問題を出しますね」

ダイヤ「わたくしの言葉を繰り返してください」

善子「! 負ける気がしないわ!」

16: ◆ZTPjpycbhE 2016/03/30(水) 15:55:45.21 ID:3qgTubnH0
ダイヤ「では、はじめっ!」

ダイヤ「私は津島善子です」

善子「っ! わ、私は津島善子です」

ダイヤ「断じてヨハネなどというふざけた名前ではありません」

善子「……断じてヨハネなどというふざけた名前ではありません」ワナワナ

ダイヤ「……」ジッ

善子「………?」

ダイヤ「今までじっくり見たことがありませんでしたが、意外と可愛らしい顔立ちをしているのですね」ジッ

善子「なっ……!」カアアアアアアアアア

善子「あなたに褒められたって嬉しくもなんともないわよ!」

ダイヤ「はい、あなたの負け」

善子「あーっ! ずるい!」

17: ◆ZTPjpycbhE 2016/03/30(水) 15:57:22.01 ID:3qgTubnH0
ダイヤ「終了の合図はしていなかったでしょう?」

善子「長すぎよ!」

ダイヤ「そんなの取り決めをしていなくてよ?」

善子「……。いいわ、潔く負けを認める」

善子「次で本当の本当に決着なんだから!」

ダイヤ「えぇ、次で正真正銘最後の問題にしましょう」

ダイヤ「そろそろ皆さんも来るころですし」

18: ◆ZTPjpycbhE 2016/03/30(水) 16:02:00.51 ID:3qgTubnH0
善子「じゃあ問題、あなたはバスの運転手です。最初に9人乗って次のバス停で2人降りて、次のバス停で3人乗ってきました」

ダイヤ「9人乗って、2人降りて、3人乗る」

善子「さて、バスの運転手は何歳?」

ダイヤ「何歳って、出てきた数字を計算すると……10歳?」

善子「あなた10歳なの?」クスクス

ダイヤ「はあ? なんでわたくしが10歳っていうことになるのかしら?」

善子「最初に『あなたはバスの運転手です』って言ったでしょ?」

ダイヤ「あぁ、なるほど。そういうことでしたか」

19: ◆ZTPjpycbhE 2016/03/30(水) 16:04:47.58 ID:3qgTubnH0
善子「というわけで、やっぱりヨハネの勝ちね」

ダイヤ「これは認めざるをえませんね」

善子「じゃあ早速! ヨハネって呼びなさい!」

ダイヤ「……ヨハネさん」

善子「あれだけ呼びたくなかった名前で呼ばされるなんてどんな気分? ねえ?」ニヤニヤ

ダイヤ「最悪ね」ハァ

善子「あ、あと」

ダイヤ「何? 取り決めてあったのはひとつだけでしょう?」

善子「さんはいらないわ」

ダイヤ「はあ?」

善子「ヨハネでいいって言ってるの」

21: ◆ZTPjpycbhE 2016/03/30(水) 16:08:21.87 ID:3qgTubnH0
ダイヤ「まあ確かにさんを付けるものでもないかもしれませんね」

ダイヤ「では、改めて、んっ……。ヨハネ」

善子「それでいいわ」ニコニコ

善子「そうね、私の方からも何か特別な名前を――」

ダイヤ「結構です」

善子「そう言わないで。そうねーリリーはリリーだし、ダイヤだから……」

善子「そもそもの名前がかっこいいしつけづらいわ」ウーン

ダイヤ「だからそのまま呼べばいいじゃない」

22: ◆ZTPjpycbhE 2016/03/30(水) 16:11:12.89 ID:3qgTubnH0
善子「あっ!」ピーン

ダイヤ「……何か思いついて?」

善子「ルビィちゃんのお姉ちゃんだから!」

善子「お姉さま、どう?」

ダイヤ「お、お姉さま!?」

善子「ほら、ヨハネとあなたって似てるところがあると思うの」

善子「釣り目とかー髪とか!」

ダイヤ「だからってわたくしはあなたのような妹はお断りよ」

ダイヤ「ただでさえ手のかかる妹がいるというのにさらに面倒くさいのが増えたらと思うだけで目眩が」クラッ

23: ◆ZTPjpycbhE 2016/03/30(水) 16:15:01.64 ID:3qgTubnH0
善子「いいじゃない、本当に妹になるわけじゃないんだし!」

善子「決定! お姉さまね!」

ダイヤ「わたくしはまだ認めたわけでは――」

善子「お姉さま、お姉さま!」

ダイヤ「そんなに呼ぶ必要はないでしょう!?」

花丸「こんにち――」ガタッ

ルビィ「よ、善子ちゃんがお姉ちゃんのことお姉さまって」

ダイヤ「花丸さんに、ルビィ……!」

善子「そうよ、今日からお姉さまになったの」ニコニコ

24: ◆ZTPjpycbhE 2016/03/30(水) 16:18:21.15 ID:3qgTubnH0
ルビィ「ルビィが出来損ないだから捨てられちゃったんだ」ウワーン

ダイヤ「そんなわけないでしょう! ヨハネが勝手に――」

花丸「ヨハネ? 確か今まで善子さんって――」

花丸「なるほど、そういうことずら」メモメモ

善子「? 何メモしてるのよ」

花丸「時代はよしダイずら」

善子「よしダイ……?」

ルビィ「お姉ちゃんに見捨てられちゃった」グスン

ダイヤ「だから、ヨハネが勝手に!」

善子「? なんだかみんな忙しそうね」

ダイヤ「誰のせいだと思ってるのよ……」

25: ◆ZTPjpycbhE 2016/03/30(水) 16:21:11.93 ID:3qgTubnH0
善子「お姉さまがルビィちゃんを捨てたんでしょ? お姉さまのせいね」

ダイヤ「あなたのせいよ、第一わたくしはルビィを見捨てていませんから」

ルビィ「本当に? お姉ちゃん……」

ダイヤ「不肖の妹だけど、血を分けた妹ですし、見捨てられたとかそんなこと考える必要ないわ」

ルビィ「お姉ちゃん!」ダキッ

ダイヤ「全く、いつまで経っても成長しない妹ね」ハァ

善子「……」ジッ

善子「お姉さま、ヨハネも!」ダキッ

ダイヤ「あなたは! 血を分けていないでしょう!?」グググ

26: ◆ZTPjpycbhE 2016/03/30(水) 16:25:12.81 ID:3qgTubnH0
ルビィ「お姉ちゃんはルビィのだもん!」グイッ

善子「お姉さまはヨハネのよ!」グイッ

ダイヤ「両方から引っ張らないでくださる!?」

花丸「なるほど、よし→ダイ←ルビずら」フムフム

花丸「マル的には姉妹も捨てがたいけどよしダイっていう化学反応も見てみたいような」ムムム

花丸「あっ! でも梨子ちゃんが善子ちゃんのことを好きなはずで!」

花丸「好きじゃなかったらよっちゃんなんて呼ばないずら……」

花丸「梨子ちゃんは千歌ちゃんのこともきっと好きで、曜ちゃんは千歌ちゃんで、他にも果南ちゃんや鞠莉ちゃんは――」

花丸「Aqoursの闇は深いずら」ハァ

おわり