2 :1:2013/12/30(月) 15:24:36 ID:O.VaquH6

ミカサ(……よし)カタン

ミカサ(我ながらうまく髪を切れた、後ろの方まで完璧)

ミカサ(…………)

ミカサ(エレンとアルミンに誉めて貰いに行こう)イソイソ



ミカサ(!)

ミカサ(エレンとアルミン……見つけ…)タタタ…


「よ、よぉ!ミカサ」

ミカサ「……ジャン」

ジャン「お前髪切ったのか?似合って…」

ミカサ「すまないけれど、ジャン。急いでいるので」

ジャン「そっか」

ミカサ「エレン、アルミン!」タタタ…


進撃の巨人(20) (週刊少年マガジンコミックス)
講談社 (2016-08-09)
売り上げランキング: 45
3 :1:2013/12/30(月) 15:25:18 ID:O.VaquH6

――――――――


――――――


――――


――


― 

4 :1:2013/12/30(月) 15:26:50 ID:O.VaquH6

キース「では各自、ペアを組む様に!」

「「「はいっ!!」」」



ミカサ(ペアを組まなくては……)キョロキョロ 


5 :1:2013/12/30(月) 15:28:04 ID:O.VaquH6

ミカサ(エレンは)キョロキョロ

ミカサ(アニと組んでる)シュン



ミカサ(アルミン)キョロキョロ

ミカサ(マルコ、と……)シュン



ミカサ(では、誰と組もう……ライナーはベルトルトと組んでるし、サシャもミーナも…)



ジャン「おい!ミカサ」

ミカサ「……ジャン」

ジャン「余っているなら、俺と組もうぜ!」

ミカサ「結構です、お気遣いなく」スタスタ



ジャン(敬語で断られるって、結構つらいな)シュン 

6 :1:2013/12/30(月) 15:28:48 ID:O.VaquH6

――――――――


――――――


――――


――


― 

7 :1:2013/12/30(月) 15:29:41 ID:O.VaquH6

ミカサ(夕食の時間、エレンとアルミンは……)

ミカサ(!! いた)

ミカサ「エレン、アルミン――夕食を一緒に…」

エレン「あぁ、ミカサすまない。今日は男子で集まろうってさ」

アルミン「ごめんね、ミカサ」

ミカサ「そう」シュン

アルミン「その代り、明日の朝は一緒に食べよう?」

ミカサ「わかった」



ミカサ(では。食器を片付けやすいよう、給仕場の近くのテーブルに…) 

8 :1:2013/12/30(月) 15:30:45 ID:O.VaquH6

クリスタ「ミカサ!」

ミカサ「!」

クリスタ「私たちと一緒に食べない?」

サシャ「一緒に食べましょうよ!」

ミカサ「い、いいの…」ピタッ

ユミル「…………」ジー

ミカサ(不機嫌そう)

ユミル「…………」チョイチョイ

ミカサ(!! おいでおいでしてくれた)タタタ… 

9 :1:2013/12/30(月) 15:32:03 ID:O.VaquH6

ミカサ「で、では。ご一緒してもいいだろうか」

クリスタ「ふふ、誘ったのは私達なんだから。遠慮なくどうぞ」

サシャ「ミカサは小食ですか?もし残すのであれば、私は大歓迎ですからね!」

ユミル「ま、遠慮すんな」

クリスタ「もうユミルったら、また不機嫌そうな顔で言って!」

ユミル「地顔なんだから、仕方ないだろ」

サシャ「気にしないで下さいね、ユミルはこれがデフォなので」

ミカサ「そうだったの――では、気にしない事にする」

ユミル「お前は言葉使いを気に掛けろよ」 

10 :1:2013/12/30(月) 15:32:48 ID:O.VaquH6

――――――――


――――――


――――


――


― 

11 :1:2013/12/30(月) 15:35:24 ID:O.VaquH6

ミカサ「と、言う訳なので。その際にはトリガーを下に向けて撃つと良い」

クリスタ「ふんふん、なるほどね」

ユミル「真面目ちゃんと主席様が揃うとこんな話になるのか、マジで暇」

サシャ「私は真剣にご飯を食べていたので、もう完食してしまいました!」エッヘン

クリスタ「サシャ偉いね。そうだよね、食事の時間なんだし私も食べなきゃ」ウン!

ユミル「んな事に一生懸命になるなよクリスタぁ」

ミカサ「一生懸命になるのはとても良い事、私もクリスタを見習おう」

ユミル「――ん?」

ミカサ「?」

ユミル「一生懸命は、見習う事?」

ミカサ「えぇ、そう」

ユミル「じゃあ、なんでジャンは…」 

12 :1:2013/12/30(月) 15:36:46 ID:O.VaquH6

ミカサ「…………」





ミカサ「私とした事が、墓穴を掘ってしまった」

クリスタ「え、そんなに固まるくらいの出来事だったの!?」 

13 :1:2013/12/30(月) 15:38:50 ID:O.VaquH6

サシャ「でも墓穴を掘ってしまったって事は、ジャンが一生懸命な事には気が付いていたんですよね?」

ユミル「お前にしては珍しく鋭いな、芋」

サシャ「私も結構、ジャンと話しますから。ジャンの健気な気持ちくらいはわかりますよ」

ユミル「だははは!健気って!健気ってそんなキャラじゃねぇだろアイツ!!」

クリスタ「もうユミル!そんな事を言っちゃダメ!」

サシャ「でもミカサ、気が付いているならもう少し優しくしてあげてください」

ミカサ「?」

サシャ「最近ジャンが落ち込んでいるんです」

ミカサ「…………」 

14 :1:2013/12/30(月) 15:40:36 ID:O.VaquH6

ミカサ「駄目、出来ない」

サシャ「なんでなんですか!?あんなに頑張っているのに!」

クリスタ「だ、駄目だよサシャ!そんな他人の事に過干渉になったら!」

ユミル「ま、クリスタの意見もわかるが――サシャの意見もわかるな。なぁミカサ、なんでなんだ?」

ミカサ「…………」

ユミル「言える範囲で良いぜ、ちょっと言ってみろよ」

ミカサ「……こう言った場合」





ミカサ「過度な期待を持たせる言動は、いけないと思った」 

15 :1:2013/12/30(月) 15:43:27 ID:O.VaquH6

ユミル「あ?」

サシャ「えっ」

クリスタ「ミカサ?」

ミカサ「私は――家族愛と女性として持つべき愛情の間で、少し苦しくなる事がある」



ユミル(エレンか)

サシャ(エレンですね)



ミカサ「ので、過剰は期待はさせたくない」

クリスタ「まぁ、それはちょっとわかる部分もあるけど」

ミカサ「それに……ただでさえジャンは、とても優秀は兵士」

ミカサ「彼の気持ちを乱す事は、私の本意でもない」 

16 :1:2013/12/30(月) 15:44:47 ID:O.VaquH6

サシャ「えぇっと、つまりミカサは」

クリスタ「ジャンが嫌いでは、ない……の?」

ミカサ「?」

ミカサ「なんで嫌う必要があるの?いつもエレンと仲良くして貰っているのに」



ユミル(あれってミカサ視点だと仲良しなんだ。にしてもこれは……)

サシャ(ジャンにとっては、少し可哀想な気がしますね)

クリスタ(ミカサの気持ちもわかる、わかるけど……!)



(((嫌われている訳じゃないのに、あんなに露骨に避けられているジャンが――不憫じゃん)))





ミカサの【ジャンに対する、彼女なりの思いやりの行動とその結果】 

17 :1:2013/12/30(月) 15:47:00 ID:O.VaquH6

クリスタ「ねぇユミル」

ユミル「ん、今日も……か」

クリスタ「そう、お願いできる?」

ユミル「まぁ、いいけど――そっちに行くぞ」

クリスタ「うん」



ごそごそ

――もふっ



クリスタ「ふふ、ユミルいらっしゃい」

ユミル「あぁ、ほら……もう寝るぞ」

クリスタ「はーい」

クリスタ(ユミルの腕の中は……本当に温かいなぁ) 

18 :1:2013/12/30(月) 15:49:37 ID:O.VaquH6

――――――――


――――――


――――


――


― 

19 :1:2013/12/30(月) 15:50:59 ID:O.VaquH6

ユミル「…………」

クリスタ「…………」

ユミル「……ぅ……ん」

クリスタ「…………」



クリスタ(――ユミル、寝ちゃった?)ゴソゴソ

クリスタ(ふふ、普段あんなに眠りが浅いのに。私の隣で寝ている時は本当に無防備)ツンツン

クリスタ(私が眠れないからって、お願いして一緒に寝て貰っているけど)

クリスタ(本当はユミルの為なんだからね)



クリスタ「……おやすみなさい、ユミル」チュッ

クリスタ「さて、私も寝ようっと」 


20 :1:2013/12/30(月) 15:51:43 ID:O.VaquH6

――――――――


――――――


――――


――


― 

21 :1:2013/12/30(月) 15:53:08 ID:O.VaquH6

ユミル「……デコチューされた」ボソッ

ユミル「不意打ちすぎるだろ、こいつ」ツンツン



ユミル(にしても私が気付いていないと、本当に思っているんだなぁ)

ユミル(まぁ、狸寝入りをしている時くらいしか――こいつは私に対しては素直にならないからって)

ユミル(いつも寝たふりをしてしまう私も私なんだがな)

ユミル(ま、それはともかく)



ユミル「ちょっと動かすぞ、クリスタ」

ユミル「……っと、これで良し」

ユミル「ま、いい夢見ろよ」ナデナデ 

22 :1:2013/12/30(月) 15:55:36 ID:O.VaquH6

クリスタ「ん……お母さ…」

ユミル「愛しているぞ、クリスタ」



ユミル(やっぱり抱きしめている時は、穏やかに寝てくれるな)

ユミル(色々とあっただろうが――そりゃあそうだよな)

ユミル(開拓地に送られた際のこいつの年齢の事を考えると、親が必要な年だったもんな)

ユミル(お前が寝ている時くらい、いくらでも甘やかしてやる。その代わり、訓練の時間は甘やかしてやらないけど)



ユミル「おやすみ」





ユミルとクリスタの【抱きしめられているのは、どっちだろう】 

23 :1:2013/12/30(月) 15:59:01 ID:O.VaquH6

ユミル「第一回、どきどき☆巨人組での赤裸々対談!はーじまーるよー」

ライナー「無表情かつ死んだ目で言うな!違和感満載だ!」

ユミル「ポロリはないよ。期待した皆さん、残念でしたぁ」

ベルトルト「棒読み無表情、続けるんだ」

エレン「ポロリ、か。そうだな……男女比率的に、ポロリがあったら放送事故の可能性が高いしな」

ユミル「でもアニキックはあるからぁ、真面目にやるようにぃ」

アニ「今の所、あんたが一番真面目っぽくないんだけど」シュッシュッ

ベルトルト「アニもやる気満々で準備しないで!」 

24 :1:2013/12/30(月) 16:00:36 ID:O.VaquH6

ユミル「では始めます、第一回のトークテーマは『ラスボスは誰が似合うか』だそうだ」

ライナー「ま、今の所最有力は獣の巨人だがな」

ユミル「そこは除外で」

ベルトルト「この中だったら一番可能性が高いのは君なんじゃない?」

ユミル「……?」クルッ

エレン「なんで後ろを振り向くんだよ、指さされた先にはお前いないだろ!」

ユミル「私、か」

ライナー「首をかしげても可愛くなぃ……うわっ!」

ユミル「条件反射の行動に、ガタガタ文句を言うんじゃねぇよゴリラ」

エレン「いいパンチだ」

アニ「まぁ……あんたが一番色んな物を背負いそうだからね、妥当」 

25 :1:2013/12/30(月) 16:03:48 ID:O.VaquH6

ライナー「背負う物としては、クリスタの幸せや安全」

ユミル「お前が脅す材料にした物だな」

ベルトルト「結局僕らも見捨てられなかったから、なんだかんだ巨人の事情も背負いそうだよね」

ユミル「それはお前が情けない声を出したからだろ」

エレン「普段は自分本位の癖に、切り替え早く不幸を背負い込んだし」

ユミル「お前はすぐに仲間の事を害虫呼ばわりしてたな、驚くべき切り替えの早さだったぞ」

アニ「ま、総合的にみると――あんたが一番可能性が高いね」

ユミル「うわぁ、それ嫌だなぁ」

ライナー「まぁそう言う運命だ、諦めろ」

ユミル「そう言うお前はどうだ、ライナーさんよ。お前は一応、山奥組のリーダー格なんだろ」 

26 :1:2013/12/30(月) 16:05:35 ID:O.VaquH6

ライナー「自分で言うのもなんだが、俺はラスボスに向いているとは思えない」

ユミル「確かにそうだな。ミカサに投げ飛ばされ、アニに蹴り倒されている所を見るにチョロそうだ」

ライナー「戦士と兵士に分裂してしまうと言う致命傷をも負ってしまった」

ベルトルト「それに関してはフォローしかねるよ」

ライナー「それにクリスタに心奪われていると言う事態もある」

アニ「敵方に心奪われる人が現れる展開って、使いっ走りの印象があるね」

ライナー「せめてロミジュリ展開くらいのイメージを持ってくれ」

ユミル「それに物語の中盤なのに、主人公と思いっきり肉弾戦で戦ってしまったし」

エレン「確かに展開的にはラスボスはあり得なさそうだ」

ライナー「……お前ら、少しはフォローしろよ」

ベルトルト「えぇっと――そうだね、一言付け加えるとすると」

ライナー「ベルトルト」 

27 :1:2013/12/30(月) 16:06:39 ID:O.VaquH6

ベルトルト「ライナーはラスボス関わらず……」

ライナー「うんうん」

ベルトルト「倒される際に『一人の兵士としてお前らと出会いたかった』とか、微妙な泣き言を言いそう」

ライナー「フォローしてくれないのかよ!なんで、倒される前提で話してんの!?そして泣き言って何!?」

アニ「ベルトルトが毒舌になってる」

エレン「溜まっていたんだな」

ユミル「普段、感情を押し殺している奴が怒ると怖い法則って奴か」

エレン「だったら、山奥組の中ではベルトルトが最有力候補じゃないか?」

ベルトルト「僕?」 

28 :1:2013/12/30(月) 16:07:47 ID:O.VaquH6

エレン「無表情で、感情を奥深くにやるのが上手いって言う不気味さもあるし」

ベルトルト「…………」

アニ「そうだね、それにあんたは責任を妙に背負い込んで――一人で闇の奥深くに踏み込んでしまいそうだ」

ベルトルト「…………」

ライナー「コミュニケーション不足で、俺達と連絡が取れず戸惑う事もありそうだな」

ベルトルト「…………」

ユミル「つまり総合すると。無表情で話下手で、責任背負い込んで、勘違いをして闇に消えると」

ベルトルト「そんな風に僕の事を理解してくれているんだったら止めて!そんな展開になる前に!」

ライナー「理解してくれているんだったらって――お前自身もそう思っているのかよ」

ユミル「で、ラストの一言は泣き言だよな。今の所、一番泣き言を言っている印象があるし」

ベルトルト「うわーん!!」ダダダ…

エレン「ベルトルトがログアウトしました」

アニ「支障はないから続けようか」 

29 :1:2013/12/30(月) 16:11:54 ID:O.VaquH6

エレン「で、山奥組の最後の一人はアニだが……」

アニ「…………」

ライナー「無いな」

ユミル「無いだろ」

エレン「アニがラスボスってのは無い無い」

アニ「素っ気なさすぎるコメントだね」

ライナー「小さくて可愛いし」

アニ「…………」

ユミル「女型の巨人との格闘戦が中ボスって感じだったしな」

アニ「…………」

エレン「あるとしたら、最終決戦で駆けつけて来てくれるとかじゃないか?」

アニ「それってつまり」

ライナー「人類側の仲間になるポジションって事だ」

ユミル「案外一番いいポジションだよなぁ――昔の仲間と敵対する可能性はあるけど」 

30 :1:2013/12/30(月) 16:13:05 ID:O.VaquH6

ユミル「で、最後に残ったのが…」

ベルトルト「……ぅぅ、ぐすっ。ただいま」

ライナー「戻ってきたか」

アニ「お帰り、もう私の所までは終わったよ」

ベルトルト「えぇ!!アニの所終わっちゃったの!?」

アニ「あんたが逃げ出したのが悪い」

ベルトルト「――ごめん」

アニ「ま、あんたが居ても居なくても一緒だっただろうけど」

ベルトルト「…………」シュン

ライナー「元気出せ」



ユミル「おーい、話を戻すぞ。そこの幼馴染の奴ら」

エレン「話を戻すって、もう終わりだろ」

ユミル「何を言っているんだ、お前が残っているじゃないか」 

31 :1:2013/12/30(月) 16:17:23 ID:O.VaquH6

アニ「私が人類側になり、ライナーも兵士としての自我を持って人類側に合流」

ベルトルト「意思がない僕が、二人についていって」

ユミル「私も人類側につくと言う、そう言う事があり得るなら」

エレン「確かに、主人公が闇に染まってしまうのもあり……ってそんな!」

ユミル「はーい!駆逐系男子一名闇の奥底にご案内!」

ライナー「精神の分裂を教えるのは俺に任せろ!」

ユミル「頼もしいぜ、経験者!」

ライナー「意外と簡単に出来るからな。なぁエレン、ちょっと闇に染まる展開も考えてみろよ」

ユミル「よいではないか、よいではないか」

エレン「お前ら二人悪ノリしすぎ……ちょ。や、やめろー!!」 


32 :1:2013/12/30(月) 16:18:58 ID:O.VaquH6

アニ「ねぇ、ベルトルト」

ベルトルト「なぁに、アニ」

アニ「この話の落ちは、つけられるのかな」

ベルトルト「無理なんじゃないかな」

アニ「だね」

ベルトルト「じゃ、ここ辺りで終わっておこうか」

アニ「あぁ、じゃあ最後に一言たのむよ」

ベルトルト「えっと、閲覧ありがとうございました」

アニ「次回にご期待……しないでください」





巨人組で【ラスボスをやるとしたら】