4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/26(木) 23:11:31.18 ID:9uPeMK3dO
P「おーっす」

春香「あ、おはようございますプロデューサーさん!」

美希「ハニーっ!」ガバッ

P「お、おいおい美希…あんまり抱きつくんじゃない」

美希「だって美希はハニーを愛してるの」

春香「ぐ、ぐぬぬ…」

やよい「わー…大胆発言ですー…」

P「頼むから事務所の外ではそんなこと言わないでくれよ…?」

引用元: P「アイドルが毎月一人ずつ死んでいく呪い……?」 


 

アイドルマスター プラチナスターズ
バンダイナムコエンターテインメント (2016-07-28)
売り上げランキング: 815
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/26(木) 23:18:18.63 ID:9uPeMK3dO
響「プロデューサー、おはようだぞ!」

貴音「おはようございます、あなた様」

P「おう。今日は5人だけか?」

小鳥「他の子達はみんな出てますよ」

P「そうですか。だんだんと仕事が増えてきたみたいだな」

美希「ミキももっと仕事したいのハニー!」

P「わかってるよ。じゃあ一緒に営業いってくるか」

美希「はーいなのー!」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/26(木) 23:23:33.53 ID:9uPeMK3dO
P「うちの美希をよろしくお願いします!」

美希「お願いします!」

スタッフ「765プロのアイドルか。よし、機会があれば是非呼ばせてもらおう」

P「ありがとうございます!」

美希「ありがとうございますなの!」


P「いやー美希もアイドルが大分板についてきたよな」

美希「当然なの。ミキがやる気を出せばすぐに売れっ子なの」

P「よし、今日は美希にご褒美だ。ご飯食べに連れてってやる」

美希「ハニーとご飯!嬉しいの!」

P「はっはっは。素直に喜ばれると連れてくかいがあるってもんだ」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/26(木) 23:29:39.53 ID:9uPeMK3dO
P「といっても金に余裕がない俺はファミレスくらいしかつれてけないんだけどな…」

美希「そ、そんなの気にしないの。ミキはハニーと一緒ならなんでもいいの」

P「美希はいい子だなぁ…」ナデナデ

美希「あ…そ、そんなハニー…照れちゃうの…///」

P「お、おっといかんいかん…こんなとこ誰かに写真でも撮られたりしたら大変だ」

美希「ミキは別にかまわないの」

P「大人をからかうんじゃない」

美希「えへへ…でも二人っきりでご飯にくるなんてまるでデートみたいなの…」

P「…ったく、美希はマセガキという奴だな…」

美希「照れちゃって、ハニーったら可愛い」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/26(木) 23:36:38.08 ID:9uPeMK3dO
店員「お待たせいたしましたー」

P「お、きたか」

美希「ねぇねぇハニー…」

P「なんだ?」

美希「ミキが頼んだジュース…一緒に飲も?」

P「な…!これはいわゆるカップルで飲む時に使うというハート型のストロー!」

美希「ハニーと一緒にチューチューしたいの…だめ?」

P「だだ、駄目だ駄目だ!こんな恥ずかしい真似できるか!」

美希「もーハニーったら~ミキより大人のくせに反応がウブすぎるの~」

P「う…!ちょ、ちょっとトイレいってくる!美希は先に食ってろ!」ガタッ

美希「あっ…ハニー…」

美希「…ちょっとからかいすぎたの。失敗失敗」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/26(木) 23:41:57.22 ID:9uPeMK3dO
P「…ふぅ。いかんいかん、あれだから俺はアイドル達にからかわれてしまうんだ」

P「もっと大人の威厳を見せつけないとな…でも断ると美希、がっかりするかな…」

P「…ちょ、ちょっとだけ付き合ってやってもよかったかもしれんな…うん」

P「…うんこかと思われたくないし、さっさと出るか…」ガチャ


P「美希ーおまたせ…あれ?いないぞ」

P「美希のやつ、どこいったんだ?うんこか?」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/26(木) 23:46:32.14 ID:9uPeMK3dO
10分後

P「…さすがに遅いな…」

P「メールしてみるか…」ピッポッパッ

ミキ、ダイスキダ!ミキ、ダイスキダ!

P「うわっ!びっくりした!俺の声じゃねーか!」

P「いつのまに録音してたんだ…って携帯置いてってるのかよ」

P「…ええい、もし本当にうんこなら後で怒られそうだけど…」

P「店員さん!女子トイレに誰かいないか見てきてもらえませんか!?」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/26(木) 23:53:12.80 ID:9uPeMK3dO
P「いない…!?美希のやつ、勝手にどこへ…!」ピッポッパッ

小鳥『はい、わたしです!プロデューサーさん!』

P「こ、小鳥さん!あのですね…」

小鳥『私の声が聞きたくなってつい電話しちゃったんですか?もう!嬉しいことしてくれるじゃないですかぁ~!』

P「美希は戻ってませんか!?」

小鳥『え?美希ちゃん?プロデューサーさんと一緒じゃないんですか?』

P「…!!し、失礼します!!」

小鳥『あっ…』プツン

P「…美希…」

P「まさか…誘拐とかじゃないだろうな…!」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/26(木) 23:59:57.53 ID:9uPeMK3dO
P「い、いや美希は元々気まぐれな奴だし…俺を置いてショッピングかなんかにいったのかもしれん…」

P「…きっとそうだ…そうであってくれ…!」

P「……探さなきゃ…」


小鳥「どうしたのかしら…やけに挙動不審だったけど」

小鳥「私のこと好きすぎて緊張しちゃったのかしら!きゃっ///」

響「ぴよ子がおかしくなっちゃったぞ…」

貴音「面妖な」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 00:07:00.02 ID:83Hn4y8eO
P「……ただいま」

小鳥「遅かったですね。もうみんな帰っちゃいましたよ?」

P「…………」

小鳥「もしやこのタイミングを見計らって帰ってきたんですか?私と二人っきりになりたくて??」

P「……音無さん…」

小鳥「はいっ!私はいつでも覚悟はできてますっ!どんときてくださいぃっ!!」

P「…美希が…」

P「…亡くなりました…」

小鳥「…………え?」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 00:14:03.22 ID:83Hn4y8eO
小鳥「た、たちの悪い冗談やめてくださいよ…」

P「…………」

小鳥「プロデューサーさん!」

P「…俺のせいなんです…美希を一人にしたから…っ!」

小鳥「……本当…なんですか…?」

P「…事故死でした…車に轢かれて…」

小鳥「なんで…そんな…」

P「道路に飛び出したらしいです…なんでも男に絡まれて、それで逃げようとした先が車道で…」

小鳥「…………」

P「俺が…美希を一人にしたから…美希…」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 00:23:48.72 ID:83Hn4y8eO
P「…今まで警察で事情聴取されてました」

小鳥「…………美希ちゃん…」

P「…………」

小鳥「…あんまり自分を責めないでくださいね…」

P「…………」

小鳥「悪いのは美希ちゃんに絡んできた人達なのですから…その…」

P「…慰めなんてやめてください音無さん……」

小鳥「…どうか辞めないでくださいね…他のアイドル達もいるんですから…」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 00:28:48.29 ID:83Hn4y8eO
P「…おはよう」

春香「おはようございます!」

真美「兄ちゃんにおはようの膝かっくん!」

P「……」バタッ

真美「…あ、あれ?兄ちゃん?」

雪歩「プロデューサーさん…だ、大丈夫ですか…?」

P「…あぁ。大丈夫大丈夫」

真美「ご、ごめんね?兄ちゃん…」

P「はは…気にしてないよ」ナデナデ

春香「あれ?今日は美希いないけどお仕事?」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 00:33:09.34 ID:83Hn4y8eO
P「美希はな…家の都合で765プロを辞めたんだ」

春香「えぇ!?」

真美「ミキミキが!?本当なの兄ちゃん!?」

真「そ、そんな…」

P「…本当だ。別れの挨拶もできなかったけど…………うっ…」

雪歩「プロデューサーさん…泣いてるんですか…?」

真美「に、兄ちゃん!元気だしてよ!アイドル辞めてもまた会えるんでしょ!?」

P「もう会えないんだ…遠い所にいっちゃったから…」

春香「そんな…」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 00:45:40.88 ID:83Hn4y8eO
P(親御さんの意向で美希の死はテレビなどで報道されないようにした)

P(他のアイドル達のコンディションに関わることだと社長が判断し、美希はアイドルを辞めたということにした)

P(嘘をつくのは心が痛んだが、アイドル達の心まで傷つけるわけにもいかなかった)


P「雪歩、営業いこうか」

雪歩「はい、プロデューサー」

P「…雪歩、前よりも堂々としてるな」

雪歩「はい。私も強くならないとって思って…」

雪歩「いつまでもプロデューサーに迷惑かけられないです。プロデューサーには笑っていてほしいから」

P「雪歩…」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 00:52:59.85 ID:83Hn4y8eO
P「…心配かけちゃったみたいだな…」

雪歩「いえ…私達も辛いですから…」

P「…よし!俺も仕事頑張るからな。いつまでもうじうじしてられん」

P「ありがとな雪歩…雪歩から元気もらったよ」

雪歩「い、いえ…私なんか…///」

P「いくぞ雪歩!今のお前なら相撲部屋のリポートの仕事だって余裕だろうな!」

雪歩「汗にまみれた男のひとがくんずほぐれつのあの相撲部屋…!?む、無理ですぅ…」

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 00:59:48.59 ID:83Hn4y8eO
P「なんか調子いいな。今日だけで5本も仕事がとれたぞ」

雪歩「すごいですプロデューサー!」

P「これも雪歩が可愛いおかげだな」

雪歩「か、かわいい!?そ、そそそんなことないですぅ!///」

雪歩「私なんてドジだしマヌケだしおっちょこちょいで後ろ向きでダンスも駄目でみんなの足を引っ張って…」

P「お、おい?雪歩?」

雪歩「も、もう私なんて埋まってますぅぅぅぅ!!」

P「おいばかやめろ!」ギュッ

雪歩「は、はううう!?///」

P「あ、すまん!男が苦手な雪歩にこんなにくっついちゃって…」

雪歩「は、離しちゃ駄目ですぅ…///」

P「ゆ、雪歩?」

雪歩「はふぅぅ…///」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 01:08:10.27 ID:83Hn4y8eO
P「雪歩…もういいか?」

雪歩「は、はい…堪能しました…」ホッコリ

P「結局なんだったんだ?離すな、だなんて…」

雪歩「そ、それは…その…」

P「男嫌いを克服するための修行かなんかか?」

雪歩「な、なんですかそれぇ…もう平気ですよ…プロデューサーだけは…」

P「俺だけ?」

雪歩「は、はい…///」

P「あ、そうか。もう大分一緒にいるんだもんな。兄ちゃんみたいに感じるのか」

雪歩「もう!プロデューサーはいじわるですぅー!」ダッ

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 01:14:31.52 ID:83Hn4y8eO
P「あ、おい雪歩。そんないきなり走ったら…」

P「…!?おい雪歩!!」

雪歩「は、はい!?」ピタッ

P「俺から離れるな!!戻ってこい!!」

雪歩「え…!そ、それってプロデューサー…///」

P「雪歩!!上だ!逃げろ!」

雪歩「上…?あ、なんか降ってきて…」

雪歩「…え…」

グシャッ

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 01:18:59.48 ID:83Hn4y8eO
P「雪歩!!」ダッ

雪歩「……ぷ、ろ…」ピクピク

P「くそ!!なんでこんな…!」

雪歩「…ぷろでゅーさ…」

雪歩「…すき、でした…」

P「ゆきっ…!!」

雪歩「」ダラン

P「雪歩!!雪歩ぉっ…!!」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 01:24:45.84 ID:83Hn4y8eO
小鳥「…そんな…雪歩ちゃんが…!?」

小鳥「…はい…はい……建設中の建物から…鉄骨が…落下…!?」

小鳥「そ、それが雪歩ちゃんに落ちたっていうんですか!?そんなのあんまりじゃないですか!!」

小鳥「…そんなのって…あんまりですよ…」

小鳥「……即死…ですか…」

小鳥「………はい…わかりました…アイドル達には内密に…ですね…」

小鳥「…………では」

小鳥「…………」

小鳥「うぅ…ううぅぅぅ…!」

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 01:32:34.47 ID:83Hn4y8eO
律子「…どう?」

春香「…だめ…繋がらない…」

律子「そう…」

伊織「まったく…あいつがこないと始まらないってのに…」

真美「いおりんは竜宮小町のお仕事があるじゃん」

伊織「仕事の問題じゃなくて…気持ちの問題というか…」

亜美「ふっふっふ…いおりんは兄ちゃんラブと見た!」

伊織「ち、違うわよ!あんな変態!」

あずさ「でも心配ねぇ…プロデューサーさんが来なくなったのって雪歩ちゃんがお仕事やめてからよねぇ?」

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 01:40:42.42 ID:83Hn4y8eO
律子「さすがにもう見過ごすわけにはいかないわね…」

春香「で、でもまだ心の整理ができてないんじゃ…」

律子「もうたっぷり時間はあげたわよ。プロデューサーが来なくなってからもう3週間よ?」

春香「はい…寂しいです…」

真美「その間お仕事もほとんどないしねー…」

春香「一応雪歩がやるはずだったお仕事は回ってきたけどね」

真美「はるるん以外にねー」

春香「…………」

伊織「電話が繋がらないんじゃ直接乗り込むしかないわね」

あずさ「あらあら~プロデューサーさんのおうちにお泊まり?」

伊織「と、泊まらないわよ!///」

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 01:47:05.23 ID:83Hn4y8eO
ピンポーン

P『…はい』

伊織「わざわざこの伊織ちゃんが来てやったわよ!ありがたく思いなさい!」

P『伊織…なんで…?』

伊織「とりあえず開けなさいよ。中に入れて?」

P『あ、アイドルが男の部屋になんて入っちゃだめじゃないか…』

伊織「いいから中に入れなさい!」

P『は、はい…!』

ガチャ

P「どうぞ…」

伊織「ふん。はやくしなさいよねまったく」

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 01:52:31.16 ID:83Hn4y8eO
伊織「うわっ…なにこの部屋は…ごみだらけじゃない…」

P「す、すまん…今掃除するよ…」

伊織「こんな部屋で過ごしてたらそりゃ気が滅入るわよね…はぁ…」

P「ごめんな…伊織みたいな売れっ子アイドルをこんなごみ屋敷に入れちゃって…」

伊織「ちょ、ちょっと!なに卑屈になってるのよ!」

P「だって…」

伊織「ふ、ふん!いいから掃除するわよ!この伊織ちゃんが手伝ってあげるんだからしゃきっとしなさいよね!」

P「伊織…」

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 02:01:09.21 ID:83Hn4y8eO
伊織「よいしょ…よいしょ…」

P「伊織、疲れてないか?ちょっとジュースでも買ってこようか?」

伊織「私はいいから手を動かしなさいよね。まだ全然片付いてないわよ?」

P「あ、ああ」

P「……」ソワソワ

伊織「……」

P「……」チラチラ

伊織「あーもー!なんなのよさっきから!」

P「だ、だってさ…伊織は765プロの人気アイドルなんだから…大事にしたいなって…」

伊織「ちょ…だ、大事にしたいって…///」

P「こんな汚れ仕事させてもし体調が悪くなったりしたら…」

伊織「…いい!?プロデューサー!」

P「は、はい」

伊織「今の私は超売れっ子アイドルの伊織ちゃんじゃなくて、女の子の伊織ちゃんよ!」

伊織「わ、私にとってもプロデューサーは…だ、大事なんだからね…お手伝いくらいさせなさいよ…!」

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 02:09:57.91 ID:83Hn4y8eO
P「伊織…ありがとう…俺を励ましにきてくれたんだな…」

伊織「ふ、ふん…別に…ただ春香たちが寂しそうにしてたから…」

P「あれ?伊織は寂しくなかったのか?」

伊織「む、なによ調子にのってぇ!」

P「ははは、いや伊織も寂しがってくれたらそれはとても嬉しいなって」

伊織「…………っ」

伊織「…さ、寂しかった…わょ…」ボソ

P「え?なんて?」

伊織「き、聞こえてないならいい!///」

P「どうしたんだ伊織。顔が赤いぞ」

伊織「なんでもないっ!もう出ていきなさいよっ!」ポカポカ

P「いたっ!いてててわかったよ」ガチャバタン

P「…俺の部屋なのに追い出されちまった……ジュース買ってくるか…」

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 02:17:20.59 ID:83Hn4y8eO
P「ふー…しばらく外出てなかったからわかんなかったけど、夜でも結構温かくなってたんだな…」

P「美希が亡くなった春から2ヶ月も経ってるんだもんな…」

P「…美希…雪歩…」

P「…いや、せっかく伊織が励ましてくれたんだ。無理矢理にでも元気出さないと心配かけちまう」

P「よし!今日からまた頑張るぞ!」



伊織「ふー…大分片付いてきたわね」

伊織「…ふふ、よかった。プロデューサーが元気になってくれて…」

伊織「…プロデューサー…///」

ガチャ

伊織「あ、帰ってきた?」

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 02:25:02.75 ID:83Hn4y8eO
P「へへ、久しぶりに酒を買っちゃった。たまには飲みたくなるときもあるんだよな」

P「伊織には飲ませられないけど、まぁ飲みたがったらおちょこ一杯くらいならあげてもいいかな」

P「もしかしたら怒られるかもな。まぁそんな伊織も見てて楽しいんだが」

P「…あれ?俺んちのドア、開きっぱなし?」

P「伊織のやつ、何をやって…」

P「…………あれ………まさか…………」

P「伊織!!」ダッ

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 02:32:25.08 ID:83Hn4y8eO
P「伊織!!無事か!?」

男「…!?」

伊織「ぷ、プロデューサー…!」

P「お前、伊織になにをするきだ!?」

男「…どけっ!!」ガッ

P「ぐあっ…!」

伊織「プロデューサー!!」

P「逃がさねぇぞ…」

男「…離せ!!」グサッ

P「う…!?な、ナイフ…!」

男「死ね…」

伊織「や、やめてぇっ!!」

グサッ

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 02:37:03.82 ID:83Hn4y8eO
P「……え…」

男「……」

伊織「う、うぅ…」

P「い、伊織!大丈夫か!?伊織!」

伊織「プロデューサー…は…無事…?」

P「俺のことはどうだっていい!今すぐ病院に連れてって…」

グサッ

伊織「いぎぃ!!」

P「お、お前!!」

男「……」

グサッ

伊織「あぐ…!」

P「い、伊織!どいてくれ!俺なんかを庇うな!!」

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 02:43:31.88 ID:83Hn4y8eO
グサッ

伊織「ぐぅ…!!…俺なんかって…言わないでよ…」

P「伊織…どいてくれよ…!」

グサッ

伊織「…っ!…みんな、には…あんたが必要なん、だから…」

P「やめてくれ…刺さないでください…」

グサッ

伊織「…だから…ぷろでゅ」

P「やめてください…やめてください…」

グサッ

伊織「………さ…」

P「伊織…嫌だ…死なないでくれ…」

グサッ

伊織「」ガクン

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 02:49:13.06 ID:83Hn4y8eO
P「伊織…伊織…」

男「」ダッ

P「まて…まてよ人殺し…」

P「なんで…伊織に…こんなことするんだ…!!」

P「うわぁぁぁぁぁぁぁ!!」



小鳥「今度は…殺人…」

小鳥「なんで…?どうしてなの…?なんでうちのアイドルばっかり…」

小鳥「…うぅっ…うえぇぇっ…!」

小鳥「はぁ…はぁ…おかしいですよこんなの…」

小鳥「誰かがなにかをしてるんだ…絶対そうだ…」

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 02:57:44.49 ID:83Hn4y8eO
小鳥「社長、お話があります」

社長「なんだね」

小鳥「3ヶ月連続でうちのアイドルが死んでいます」

社長「……」

小鳥「これが偶然とはとても思えません。伊織ちゃんの時に限っては殺人なんですよ?」

社長「……」

小鳥「伊織ちゃんは水瀬グループのご令嬢です。しかしお金が目的なら誘拐して脅迫するはず。殺したりなんかしたらまるで意味がありません」

小鳥「つまり伊織ちゃんが殺された理由はお金とかではなく、単純な恨み…」

社長「……」

小鳥「社長、この765プロに恨みを持っている人物に心当たりはありませんか?」

129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 14:03:50.65 ID:83Hn4y8eO
小鳥「プロデューサーさん…ちょっといいですか?」

P「…はい、なんですか」

小鳥「プロデューサーさんも今回の伊織ちゃんのことでお気づきだと思いますが…」

P「…………」

小鳥「美希ちゃん、雪歩ちゃんの事件にも裏があったと思われます」

P「…裏、とは…?」

小鳥「……誰かが意図的にアイドル達を殺したんじゃないかってことですよ」

P「……はい…」

小鳥「そのことでお話があったのですが…」

小鳥「…今はやめておきましょうか…プロデューサーさん、お辛そうです…」

P「…伊織は…俺の目の前で殺されました」

131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 14:15:12.45 ID:83Hn4y8eO
P「俺を庇って…俺の代わりに刺されて…」

P「何度も何度も身体を貫かれて…」

P「俺がどけといっても言うこときかないで…でもすごい力で俺を守って…死にました」

小鳥「プロデューサーさん…」

P「俺を押さえる力もどんどん弱っていくのがわかりました…伊織が弱っていく姿を…俺はただ見てることしかできなかったんです…!」

P「伊織が死にそうなのに!俺はそれを見てただけなんですよ!」

小鳥「お、落ち着いてください…そんなに自分を責めないでください」

P「くそ…くそ…!」

133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 14:25:52.32 ID:83Hn4y8eO
小鳥「伊織ちゃんの気持ちもわかってあげてください」

P「…伊織の気持ち…?」

小鳥「伊織ちゃんは本当にプロデューサーさんが好きだったんです」

P「…………」

小鳥「プロデューサーさんだって、好きな人が危ないときは守ってあげたいと思うでしょう?」

小鳥「たしかに伊織ちゃんは酷い殺され方をしましたけれど…それはプロデューサーさんのせいでは決してありません」

P「…………」

小鳥「だからプロデューサーさんは伊織ちゃんの気持ちをくんであげてください…」

P「…………」


『みんなにはあんたが必要なんだから』


P「う…うぅ…ちくしょう伊織のやつ…」ポロポロ

P「最後まで俺の言うことをきかないんだからよ…」ポロポロ

137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 14:35:35.20 ID:83Hn4y8eO
春香「プロデューサーさーん!おはようございまーす!」

P「お、元気だな春香。なにか良いことあったのか?」

春香「え、えへへ…プロデューサーさんの顔が見れて…嬉し

響「プロデューサー!お仕事いくぞー!」

P「あぁわかった。ごめんな春香」

春香「あっ…いってらっしゃーい…」

春香「…わーたしはー…今日もおひまー…」

143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 14:45:18.01 ID:83Hn4y8eO
P「そういえば響は竜宮小町の仕事はないのか?」

響「今日は貴音とのお仕事だぞ。自分のプロデューサーはいつまでもプロデューサーさー」

P「…竜宮小町の方はもう慣れたか?」

響「うん。結構忙しいぞ?だからあんまりプロデューサーと話せないのが不満だなー」

P「仕事がいっぱいあるのは良いことじゃないか」

響「うーん…でも竜宮の人気は伊織達の人気だからなー」

P「…………」

響「なんでこんなに人気だったのにアイドル辞めちゃったのかな…自分寂しいぞ」

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 14:54:02.02 ID:83Hn4y8eO
春香「あ~暇だな~」

春香「事務所には私しかいないし~お仕事もないし~」

春香「あ~…」

ガチャ

千早「…あら?春香?」

春香「千早ちゃーん!」

千早「今日は春香、仕事ないんじゃ…」

春香「な、ないけどつい事務所に顔出しちゃうんだよね…えへへ」

春香「千早ちゃんは?」

千早「私はちょっとプロデューサーに用があったのだけど…いないみたいね」

春香「なら一緒に遊ぼう千早ちゃん!」

千早「え、あ、春香?」

148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 14:57:27.77 ID:83Hn4y8eO
P「貴音は現場にいるのか?」

響「らぁめん食べにいくって言ってたぞ」

P「またラーメンか…じゃあラーメン屋に寄って貴音を拾ってからいくぞ」

響「はいさーい!」



貴音「美味でした」

P「今から撮影なんだから控えてほしかったんだがな…」

貴音「控えめに致しました」

P「2杯も食っといてよくいう…」

響「くいしんぼだな貴音は」

150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 15:09:53.28 ID:83Hn4y8eO
P「えーと…ドラマの撮影か?」

貴音「えぇ。わたくしが犯人役を演じております」

響「貴音は殺人犯の役なんだぞー」

P「……そうか」

響「もうプロ顔負けの迫真の演技!貴音はアイドルよりも女優のほうが向いてるなきっと」

P「そうだな。期待してるぞ貴音」

貴音「あなた様が見ていてくれるのなら演技にも熱が入るというものです」

貴音「今日は本当の殺人犯貴音をお見せいたしましょう」

響「貴音かっこいいー!」

P「…………」

153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 15:20:18.45 ID:83Hn4y8eO
P「こ、こんなとこで撮影するのか?」

響「今日はいきなりクライマックスシーンだからな」

P(高層ビルの屋上…)

P「な、なぁ…やっぱりこの仕事、キャンセルしないか?」

響「な、なにをいってるんだプロデューサー!?」

貴音「…録り終えたシーンも他にありますし、今からやめるとなると…」

P「えと…まだドラマは二人には早かったんじゃないか?他の女優さんにこのシーンを任せるとか…」

響「なにいってんだかさっぱりだぞプロデューサー…この仕事取ってきたのプロデューサーだし…」

P「うぅ…」

貴音「…あなた様。一体なにを危惧しているのか教えてくれませんか?」

154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 15:29:32.97 ID:83Hn4y8eO
P「だって…こんな高いとこれで撮影なんかして…もし落ちたりしたら…」

響「…………」

貴音「…………」

P「あ、危ない…じゃないか…」

響「ぷっ、あははは!落ちるわけないさー!」

貴音「ふふ、あなた様は心配しすぎです」

P「だってだなぁ…」

響「大丈夫!そんなにはじっこで演じる訳じゃないぞ!台本見てなかったのか?」

P「えーと…犯人役の貴音が屋上に逃げるが、探偵補佐役の響が追い詰める」

P「しかし貴音は持っていたナイフで響に襲いかかり、人質にされるってシーンか」

貴音「その後探偵役の主演男優の方が駆けつけて響を助けだし、わたくしを捕まえるのです」

P「なるほど」

156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 15:36:47.75 ID:83Hn4y8eO
響「な?別に屋上から飛び降りるシーンでもないし、心配ないさ!」

P「そ、そうだな…これなら安心だ…」

貴音「お分かりいただけましたか?」

P「あぁ…俺の大事な響と貴音になにかあったら大変だ…」

響「ふ、ふぇ?」

P「ん?」

響「い、今…俺のって…」

P「あ…す、すまん。言葉のあやだ…765プロの、だな」

貴音「思わず本心が出てしまったのでしょうか」

響「な、なるほど…普段からプロデューサーは自分達のことを俺のものって思ってたんだな…」ゴクリ

P「ち、ちがうぞ!」

貴音「ふふ…わたくしはあなた様のものになっても構いませんよ?」

P「えっ…」

響「えっ…」

157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 15:42:30.44 ID:83Hn4y8eO
貴音「わたくしはあなた様のことをお慕いしておりますから」

P「お、おま…そういうことは事務所で言え!」

響「じ、事務所の中だとプロデューサーと貴音はラブラブなのか!?うわぁぁあー!」

P「大きな声でラブラブとか言うな!そんな事実はない!」

貴音「わたくしの心はあなた様だけのものです…」ギュッ

P「ぎゃー!」

響「や、やっぱり!」

貴音「くすくす…わたくしの演技力はどうでしたか?」

P「からかうんじゃない!…貴音の冗談は心臓に悪いな…」

貴音「…冗談ではありませんよ」ボソッ

160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 15:49:38.72 ID:83Hn4y8eO
響「うぅー…な、なら自分もプロデューサーのこと大好きだぞ!」

P「だからそういうことを大声で…」

貴音「あら。ならばライバルというやつですね」

響「望むところだぞ!自分、完璧だからな!」

P「こらこら…」

響「ぷ、プロデューサー…」

P「なんだ?」

響「ちょっとしゃがんで…?」

P「?いいけど」

響「…んっ」チュッ

P「いぃ!?」

貴音「なんと」

161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 15:54:48.72 ID:83Hn4y8eO
響「へ、へへ…ほっぺたにちゅーしてやったぞ…///」

貴音「やりますね響…」

P「なにするんだ響!?」

響「プロデューサーは…嫌だったか…?」

P「え?」

響「その…自分にちゅうされて…嫌だった…?」

P「…嫌じゃない。むしろ幸せだ」

響「…プロデューサー!」ギュ

P「た、ただお前はアイドルなんだからこんなことやっちゃだめだからな!」

響「えへへ…なんくるないさー!」

164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 16:04:36.94 ID:83Hn4y8eO
響「じゃーいってくるなー!」

貴音「あなた様、見守っていてくださいね」

P「はいよ」

P「響はもちろん…貴音も意外と子供っぽいところがあるよな」


貴音「はぁ…はぁ…ここまでくれば…」

P「しかし演技に入るとちゃんと切り替えられる。さすがだ」

響「追い詰めたぞー!覚悟しろ!」

P「響はどこか浮かれてるな…顔もまだ赤いし」

カットー!

響「えー!?なんでー!?」

P「よし、響のおやつは抜きだ」

167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 16:21:25.95 ID:83Hn4y8eO
響「うわぁー!助けてぇー!」

貴音「さぁあなたも返り討ちにしてあげます!」

響「ひぃっ!?」

P「迫力あるなぁ…やっぱり貴音は女優だな、うん」

貴音「命乞いをなさい…あなたは今ここで死ぬのだから!」チャキッ

響「そ、そんな…ナイフを置いてよ!怖い…!」

P「まぁ模造ナイフだからそこは迫力に欠けるが…」

響「…痛っ…」

貴音「……?」

171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 16:27:05.06 ID:83Hn4y8eO
貴音「あの…このナイフ…尖端に本物の刃がついておりますが…」

スタッフ「え!?」

P「なに!?響大丈夫か!?」

響「う、うん…チクッとした…」

P「ち、血が出てるぞ…」

響「大したことないさー」

貴音「あ、あの…響…わたくし…」

響「大丈夫だってば!自分は人質なんだし、首筋に刃を突き立てるのも演技だったんだから」

貴音「ごめんなさい…」

P「おいこんなナイフ用意したの誰だ!?うちのアイドルになにかあったらどうする!?」

173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 16:32:17.71 ID:83Hn4y8eO
P(くそ…まさかこの撮影現場に犯人が隠れてやがるのか!?)

P(今すぐ探しだしてぶん殴ってやりたいが…今は響と貴音が心配だ)

P(とりあえず犯人の思惑も外れたようで響は死ななかったし、安心だ)

響「血も止まったし、撮影続行しよう!」

貴音「大丈夫なのですか?響…」

P「少し休んだ方が…」

響「二人とも心配しすぎだぞ!さぁ続きだ貴音!」

貴音「え、えぇ…」

176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 16:39:46.65 ID:83Hn4y8eO
響「うー!はなせー!」ジタバタ

貴音「おとなしくなさい!どうせ誰も助けになんかこないわ!」

P「…響の体調に変化はないし…演技も大丈夫そうだな…」

響「そんなことない!いつもあの人は自分を助けてくれるもん!」

貴音「あの人…?そんな方はどこにもいませんが?」

響「自分がピンチの時はいつも助け…………っ……」

貴音「…………響?」

響「……っ………!」

貴音「……響?どうしましたか?響!?」

P「響…!?」

178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 16:46:33.82 ID:83Hn4y8eO
貴音「響!?どうしたんですか!?響!!」

P「響!!」

響「痛い…身体が…いた、い……」

P「響、しっかりしろ!」

貴音「いや…響…いやです…!」

響「く、るしい…!ぷろ…でゅ、さ……!」

P「救急車だ!!はやくしろぉっ!!」

貴音「響…響…」

響「たすけて…ぷ、ろ………っ……」

響「」ガクン

P「おい…嘘だろ…響っ!!」

貴音「あ、あぁぁぁ……」

181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 16:51:31.16 ID:83Hn4y8eO
P「ひび…き…」

響「」

貴音「わたくし、ですか…?わたくしが…さっき…」

P「……貴音…?」

貴音「わたくしが響を…こ、ころし…」

P「違う…!貴音…違うぞ…!」

貴音「わたくしが…わたくしが…殺しっ……」

貴音「いやぁぁぁぁぁぁ!!」

P「おい貴音!そっちへ動くな!ここに…」

貴音「響…ごめんなさい…ごめんなさい…」ヒュッ

P「た、貴音ー!!」

貴音「ごめんなさい…ごめんなさい…ごめ」

グシャ

183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 16:56:36.02 ID:83Hn4y8eO
小鳥「…響ちゃんの遺体から…毒が…」

小鳥「…そうですか…はい…はい…」

小鳥「…そうですね…今回のことはさすがに隠せそうにありませんね…」

小鳥「貴音ちゃんが撮影中に高層ビルから転落死…」

小鳥「もう新聞にも大きく取り上げられてます」

小鳥「これを知ったら…残された子達はどう思うか…」

187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 17:10:07.17 ID:83Hn4y8eO
P「社長!!教えてください!一体誰がこんなことをするんですか!?」

小鳥「うちに恨みを持ってそうな人物は本当にいないんですか!?」

社長「…いることは、いる」

P「!!…そいつだ…そいつに決まってるじゃないですか!」

社長「しかし、彼は私の古くからの友人でもあるのだよ…彼が殺しまでするとは私には思えない…」

小鳥「それは社長の考えでしょう?相手がそうとは限りませんよ」

社長「…………」

P「いいから教えてくださいよ!人の命がかかってんですよ!?」

189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 17:17:15.87 ID:83Hn4y8eO
小鳥「……961プロ、かぁ…」

P「ふざけやがって…黒井とかいう野郎…」

小鳥「でも証拠がないですよ…下手に動けば私たちの首を絞めることに…」

P「関係ないだろ!もう5人も死んでるんだぞ!?」

小鳥「関係なくないですよ!私たちの事務所が潰されたりでもしたら、残ったアイドルたちはどうなるんですか!?」

P「それは…」

小鳥「貴音ちゃんが亡くなったことはもう知られてるんです!そんなみんなが不安になってる時に、あなたが冷静でなくてどうするんですか!?」

P「…すいません、音無さん…」

小鳥「いえ…お疲れでしょう。休んでくださいプロデューサーさん…」

193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 17:23:52.06 ID:83Hn4y8eO
春香「あれ…?プロデューサーさん、今日はお休みだったんですか?」

律子「えぇ…心身ともにまいっちゃってるみたいね」

真「貴音が亡くなった時に居合わせてたの、プロデューサーですからね…」

真美「兄ちゃん…」

亜美「なんだか事務所のふいんきも暗くなっちゃったね…」

あずさ「そうね…響ちゃんも実家に帰っちゃったらしいし…」

やよい「うぅ…最近は悲しいことばかりおきます…」

千早(…………)

211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 18:08:35.59 ID:83Hn4y8eO
P「おはようございます」

春香「おはようございます!プロデューサーさーん!」

真美「兄ちゃんおはよ→!」

真「おはようございまーす!」

P「なんだみんな思ったより元気だな」

春香「そりゃープロデューサーさんに会えたんですから!」

真美「お姫ちんのことは悲しいけど…いつまでもくよくよしてられないっしょ!」

真「もう嫌ってほど悲しみましたから。だからボクはプロデューサーを元気にしてあげたいです!」

P「うぅ…いい子だなぁみんな…」

215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 18:18:52.06 ID:83Hn4y8eO
P「ほかのみんなはお仕事か?」

真「はい。あずささんと亜美は竜宮小町をやってた時に貰った単独の仕事にいってるらしいです」

真美「律っちゃんは亜美の付き添いだってさ→」

P「え…てことはあずささん1人?」

真「そうみたいです。でもスタッフもいっぱいいるみたいだし心配ないんじゃないですか?」

真美「ふっふっふ…あずさお姉ちゃんは海でグラビア撮影だってYO!」

P「海でグラビア…だと…」

春香「あー!なに鼻の下伸ばしてるんですか!?」

P「伸ばしてない伸ばしてない!」

218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 18:24:46.55 ID:83Hn4y8eO
P「でもあずささん帰りはどうするんだろ…」

真「電車があるじゃないですか」

真美「まこちん、あずさお姉ちゃんが1人で電車乗れると思う?」

真「…駅に辿り着くのがまず無理だと思う」

真美「でしょ→」

P「あぁ心配だな…ちょっとあずささんとこいってくるよ」

春香「えぇ!?プロデューサーさんいっちゃうんですか!?」

P「あぁ!留守番頼むな!」

春香「……おーるすーばーんー…」

222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 18:37:51.84 ID:83Hn4y8eO
スタッフ「お疲れ様でしたー」

あずさ「はぁ~い」

P「あずささーん!」

あずさ「あらプロデューサーさん?来てくださったんですか?」

P「えぇ、お迎えにきましたよ」

あずさ「あらあら~なんだか私の王子様みたいね~

P「ははは…そんなこといわれたら本気にしちゃいますよ?」

あずさ「構いませんよ~」

P「え…ま、マジすか…!?」

あずさ「なーんて冗談ですけど。半分」

P「半分本気だったんですか…」

225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 18:43:56.21 ID:83Hn4y8eO
P「では車に乗ってください」

あずさ「はい」

スタッフ「あ、ちょっとまってください!」

P「はい?」

スタッフ「船を借りられましたので今から船の上で撮影をさせてもらえませんか?」

P「今からですか?」

あずさ「船ですか。いいですね~」

P「大丈夫ですか?あずささん」

あずさ「どうせこのあとは予定がありませんし、やりましょうよプロデューサーさん」

P「…そうですね。わかりました」

234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 18:58:52.47 ID:83Hn4y8eO
あずさ「わぁ…綺麗ですね…」

P「ほんとですね…」

あずさ「プロデューサーさんと一緒に海が見れてよかった…」

P「ま、また冗談ですか?」

あずさ「うふふ、本心ですよ」

P「……海よりもあずささんのほうが綺麗ですよ」

あずさ「あらあら。お世辞が上手いんですね」

P「本心ですよ。ははは」

あずさ「ふふ…私、もしも結婚したら…こんな風に旦那さんとおしゃべりしながら出掛けたいなぁ」

あずさ「こんなに幸せな気持ちになれるんですから」

P「あずささん…」

240: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 19:12:14.97 ID:83Hn4y8eO
P「あずささん…あずささんは美人だしスタイルもいいし何より優しいし…」

P「いい人ならすぐに見つかりますよ」

あずさ「そうですか…?」

P「はい!もう世の男はみんなあずささんをほっとけませんから!」

あずさ「それは…プロデューサーさんも同じですか…?」

P「え…」

あずさ「……」ジー

P「そ、そりゃ…俺だってあずささんのこと…意識してますよ…今もかなり…」

あずさ「そ、そうですか…」

あずさ「あの…わ、私も…」

P「え…」

あずさ「私も、プロデューサーさんの隣にいると…胸がドキドキして止まらないんです…」

P「あ、あずささん…」ゴクリ

241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 19:21:24.81 ID:83Hn4y8eO
あずさ「プロデューサーさん…」

P「あずささん…」

スタッフ「準備できましたんで撮影に入りたいんですけどー!」

あずさ「ひゃ、ひゃい!?」

P「はっ!あ、あぶねぇ…理性が飛んでいたぞ…」

あずさ「ぷ、プロデューサーさん!いってきますね!」

P「は、はい!いってらっしゃいです!」

あずさ(あら…顔があっついわ…///)

あずさ「ちょっとだけ涼みにいきましょう…」

243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 19:31:51.48 ID:83Hn4y8eO
あずさ「…潮風が気持ちいいわね」

あずさ「でも結構速いのねこの船」

あずさ「落ちたりしたら帰ってこれないわね…」

あずさ「…でもいざというときはプロデューサーさんが守ってくれるかしら…」

あずさ「いつも私を見つけて、迎えにきてくれるものね」

あずさ「……ふふ。そろそろ戻りましょう」




P「え…あずささんがいない!?」

246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 19:40:21.25 ID:83Hn4y8eO
スタッフ「呼びにいこうとおもったんですけど…見つからなくて」

P「な…み、見つからないわけないでしょう!ここは船なんですよ!?いくらあずささんでも船から消えたなんてあるはずがない!!」

P「俺も探します!みなさんもお願いします!!」



小鳥「……そうですか……」

小鳥「あずささんの死体が見つかりましたか…」

小鳥「………溺死体……」

249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 19:47:04.86 ID:83Hn4y8eO
P「ふざけんな!!お前らの中の誰かがあずささんを落としたに決まってる!!」

スタッフ「そ、そんな…勘弁してくださいよ…」

P「そうだ…船での撮影を頼んだのもお前らだ!!」

P「いるんだろ!?961プロの回し者がぁ!!」

スタッフ「な、なにを言ってるんですか…」

P「ちくしょうが!!あずささんを返せ!!返せよぉ!!」

P「うわぁぁぁぁぁぁあ!!」

251: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 19:56:12.22 ID:83Hn4y8eO
P「…………」

小鳥「プロデューサーさん…」

P「…駄目です…もう…」
小鳥「え…!?」

P「もう辞めます…辞めさせてください」

小鳥「な、なに馬鹿なこと言ってるんですか!?」

P「だって…美希も…雪歩も…伊織も…」

P「響も貴音もあずささんもみんな…俺が近くにいたから死んだんです」

P「考えないようにしてました…俺は誰よりもアイドル達のことを考えてるつもりです…でも…」

小鳥「……?」

P「本当は俺が…みんなを殺したんじゃないかって…」

254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 20:05:49.54 ID:83Hn4y8eO
小鳥「なっ…!」

P「俺が美希を車道へ突き飛ばして」

P「俺が雪歩を鉄骨が落ちる場所に誘導して」

P「俺が伊織を突き殺して」

P「俺がナイフに毒を塗って響を殺して」

P「俺が貴音をビルの上から突き落として」

P「俺があずささんを後ろから海に押し飛ばした」

P「ほら…全部俺がやったんですよ…全然覚えてないけど…ははは!」

258: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 20:18:02.16 ID:83Hn4y8eO
春香「プロデューサーさーん…遊びにきましたよー?」

P「…あぁ、春香か」

春香「具合は大丈夫ですか…?」

P「あぁ…迷惑かけたな


春香「いえ…それよりいつ頃退院できそうなんですか?」

P「あと2、3日だそうだ。すぐ復帰するよ」

春香「2、3日かぁ…せっかくしばらくプロデューサーさんと二人っきりだったのになぁ」

P「春香はよくお見舞いきてくれたよな。嬉しかったぞ」

春香「えへへ…///」

261: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 20:28:23.31 ID:83Hn4y8eO
P「他のみんなも来てくれたけど、春香が一番来てくれたな」

春香「え?みんなもお見舞いに来てたんですか?」

P「あぁ。亜美と真美はお見舞いってよりいたずらしに、だけどな」

春香「…ぶう」

P「どうした?」

春香「別になんでもないですよ~だ」

P「変な春香だな」

春香「まーでも私が一番ですからいーです」

P「回数なら圧倒的だったぞ」

春香「……お仕事がないもんで…」ショボーン

P「あ…」

264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 20:38:14.00 ID:83Hn4y8eO
P「ま、まぁ春香は仕事がなくたって765プロの引っ張り役だからな!仕事がなくたって俺たちには春香が必要だよ!仕事がなくたって!」

春香「うぅぅぅぅ…もういいですぅー帰りますぅー…」シクシク

春香「あ、これ私が作ってきたクッキーですぅー食べてくださいぃー…」ダッ

P「あ、春香ぁー!」

P「うむぅ…春香を泣かせてしまった…帰ったら一番に謝らないとな…」


「こんにちは兄ちゃん!」

「さて、どっちがどっちでしょう?」

P「出たな双子」

268: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 20:52:02.13 ID:83Hn4y8eO
亜美「ちょっと兄ちゃん!ちゃんと当ててくれなきゃクイズになんないYO!」

P「双子は双子だろう。ついでに今出てきた方が亜美だな」

亜美「あ、しまった」

真美「もー隠れなきゃばれちゃうでしょー」

亜美「すまねーすまねーお詫びにこのクッキーをあげちゃう」

真美「おー太っ腹ー!」

P「俺が春香から貰ったクッキーだぞ」

亜美「そーいや兄ちゃん!はるるん泣かせちゃ駄目だよ!」ムシャムシャ

真美「そーだよ!兄ちゃんのせいではるるん転んじゃってたよ!」ムシャムシャ

P「いつものことだろ。それは俺のせいじゃなーい」

亜美「そりゃそーだ!」

真美「こりゃまた失礼!」

276: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 21:10:27.69 ID:83Hn4y8eO
P「んで?今日はどんなイタズラを思い付いてきたんだ?」

亜美「むー!亜美達がイタズラしかできないみたいな言い方だねー?」

真美「失礼しちゃうよねー?真美達何でもできるのに」

亜美「あれとこれとそれとどれと…」

P「何を指してあれとかいってんだよ」

真美「兄ちゃんを誘惑!」

亜美「兄ちゃんを悩殺!」

亜美真美「うっふ→ん!」

P「ん?お遊戯会か?」

亜美「よーし兄ちゃんは亜美達にお世話されちゃうの刑DA!」

真美「意義なし!以上!閉廷!がしゃーん!」

280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 21:15:04.86 ID:83Hn4y8eO
僕もお腹すいたんでクッキー食べてきます
30分ください

291: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 21:53:33.85 ID:83Hn4y8eO
P「はぁ…お世話?」

亜美「そ→そ→」

真美「兄ちゃんには日頃お世話になってますから!」

P「そ、そうか?でも別に世話するようなことはないぞ」

亜美「うししし」

真美「いひひひ」

P「な、なんだよその笑いは…」

亜美「亜美達がトイレに連れてってあげようそうしよう!」

P「いい!1人でできるから!」

真美「そう?じゃあおまる持ってきてあげる」

P「歩けるっての…」

亜美「残念無念」

真美「また来週」

P「今週中に退院だ馬鹿者」

293: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 22:00:09.35 ID:83Hn4y8eO
亜美「じゃあお世話しようがないじゃ→ん」

真美「てかぴんぴんしてるじゃ→ん」

P「肉体的には何の心配もいらん」

亜美「ちぇっ、いきなり任務失敗だよ」

真美「真美達何しにきたんだっけ?」

P「じゃあ事務所のこと話してくれよ」

亜美「え?」

P「なにか変わったことないか?」

真美「んーそうだねー…」

296: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 22:11:39.79 ID:83Hn4y8eO
亜美「もう大分寂しくなっちゃたよね」

真美「うん…あずさお姉ちゃんもアイドルやめちゃったし」

亜美「おかげで亜美は律っちゃんのお小言光線を1人で受けなくちゃいけなくなったよ」

P「そっか…律子の担当はもう亜美だけなのか…」

亜美「うん。でも最近はまこちんにもよく話しかけてるよね」

真美「今はまこちんが一番忙しいもんね」

P「そうか…俺の代わりに律子も頑張ってくれてるんだなぁ」

真美「他はそんなに変わってないかな」

亜美「あ、でも千早お姉ちゃんの様子が最近変かも」

P「千早が?」

299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 22:21:22.37 ID:83Hn4y8eO
亜美「うん。亜美達が兄ちゃんのお見舞いという名のイタズラをしにいくときに」

P「自覚はあったんだな」

真美「私のプロデューサーに近づかないで!」

亜美「みたいなこと言われちゃった」

P「は、はぁ?」

真美「むふふ、兄ちゃんもすみにおけないねぇ…」

P「あの千早が?それだけはありえないだろ」

亜美「えー!なんで?」

真美「兄ちゃんにも困ったもんだね。千早お姉ちゃん、絶対兄ちゃんのこと好きだよ」

P「ば、馬鹿な…」

302: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 22:31:56.46 ID:83Hn4y8eO
P「そうなのか…いやだってあの千早だぞ…?」

真美「兄ちゃんったら女心がわかってないんだからー」

亜美「すごい剣幕だったよ?あれは兄ちゃんにドップリ惚れちゃってるね」

P「うーむ…アイドルとの恋愛はご法度だからなぁ…」

真美「え?だめなの?」

P「え?」

亜美「亜美達も兄ちゃん狙ってたのに」

304: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 22:40:00.67 ID:83Hn4y8eO
P「え…お、お前達…」

真美「兄ちゃん…」

亜美「好き…だよ…?」

P「亜美…真美…」

真美「兄ちゃん…」

P「…ぷっ!あっはっはっは!またお前達は俺をからかいやがって!」

亜美「なにおう!?」

P「歳の差を考えろ歳の差を。まだお前達は子供じゃないか」

亜美「失礼しちゃう!こう見えてもちょっとは成長してるんだからね!」

P「まだまだちんちくりんだってのー」

真美「兄ちゃん…」

310: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 22:57:20.32 ID:83Hn4y8eO
P「お前達はアイドルなんだから、冗談でも男に好きって言っちゃ駄目だぞ?」

亜美「じゃあ女の子ならいいの?兄ちゃんの趣味はよくわからないなぁ→」

P「違うっつーの」

真美「兄ちゃん、真美達飲み物でも買ってこよっか?」

P「ん?気がきくな真美」

真美「うん…今日は兄ちゃんのお世話をしにきたからね」

P「よし、お小遣いやるから好きなの買ってこい」

亜美「わぁ!兄ちゃんありがとう!いこう真美!」

真美「う、うん!」


P「……ごめんな、真美」

316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 23:09:11.27 ID:83Hn4y8eO
真美「駄目だったね…」

亜美「うーん…あれじゃ本気の告白って感じじゃなかったからなー」

真美「二人でやったのがダメだったの?」

亜美「だね→。兄ちゃんと二人っきりの時に真剣に告白すればまた違ったかも」

真美「うーん…1人でかぁ…怖いな…」

亜美「ま→ま→次があるよ真美。兄ちゃんはずっと亜美達のプロデューサーなんだからね!」

真美「…そ→だね!もっと大人になったらリベンジだ!」

亜美「うん!……それはそうと真美」

真美「ん?」

亜美「お腹痛くない?」

324: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 23:27:35.89 ID:83Hn4y8eO
P「んー…あいつら遅いなぁ…」

P「……あれ……この感じ、デジャヴなんだが…」

P「ま、まさか病院でまであんなこと…あるわけ…」

P「…くっ!探しにいかなきゃ…!!」

ドン!

P「いたっ!」

「…気を付けたまえ…」

P「す、すいません!急ぐので失礼します!」

「……ふん。あれが765プロの…」

330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 23:37:01.63 ID:83Hn4y8eO
P「亜美ー!真美ー!」

ナース「院内ではお静かにお願いします」

P「あ、あの!このくらいのちっこいわるがきが2匹セットになってるの見かけませんでした!?」

ナース「あぁはいはい。そこのトイレのほうに」

P「トイレ!?わ、わかりましたありがとうございます!」

ナース「え、あの…」

ガチャ

P「ここか亜美真美ぃぃぃ!」

キャー!!

333: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 23:44:29.75 ID:83Hn4y8eO
亜美「もう…女子トイレに突撃してくるなんて兄ちゃんは変態なんだから」

真美「恥ずかしかったんだからね!」

P「ごめん…二人が緊急事態かと思って…」

亜美「たしかに緊急事態だったけど…」

P「なんだと!?く、詳しく教えてくれ!」

真美「兄ちゃんのTHE変態ー!パーンチ!」

P「ぐはぁっ!」

亜美「お腹壊してただけだよ。もう治ったし」

P「そうか…よかったぁ…」

340: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 00:03:16.47 ID:WowrXSxhO
P「亜美、真美」

亜美「うん?」

真美「なに兄ちゃん?」

P「もう俺から離れるなよ。いや、絶対離さない」

亜美「ふぇ?」

真美「ほぇ…」

P「お前達には俺がずっとそばにいてやる」

亜美「に、兄ちゃん今すごいかっこよかったよ」

真美「うん…ドキドキした…」

P「怪しい人についてっちゃ駄目だからな?」

真美「子供扱いすんな→」

「ふん…765プロのプロデューサーは軟弱だな…」

亜美「あー怪しい人だ」

352: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 00:34:10.10 ID:WowrXSxhO
P「あなたは…さっきの…」

「ふん…高木は元気にしてるかね?」

P「社長…?あなたは一体…」

「お前ら底辺事務所のアイドルでも雀の涙程の仕事はあったろうに…アイドル自体が消えちまったら話にならんな」

P「お、お前まさか…961プロの…」

黒井「底辺プロデューサーが舐めた口をきくな。私が961プロダクションの黒井だ」

P「お前が…!黒井かぁっ!!」グイッ

真美「ちょ…兄ちゃん!?」

353: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 00:40:19.36 ID:WowrXSxhO
P「お前がうちのアイドル達を…!!」ググッ

黒井「ぐ…ま、まて…アイドル達の前だぞ」

亜美「兄ちゃん…」

真美「怖いよ兄ちゃん…」

P「う…すまん亜美、真美。用事ができた。今日のところは帰ってくれないか」

亜美「…わかった」

真美「またね、兄ちゃん」

P「あぁ、またな」

黒井「くっくっく…相変わらず生ぬるい奴らだ」

P「」グイッ

黒井「ぐお…っ」

357: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 00:50:34.44 ID:WowrXSxhO
P「おい糞爺。死ぬまえに言いたいことはあるか」

黒井「ま、まて!今日はその件について話にきたんだ!」

P「言い訳なんぞききたくねぇ。頭蓋食いしばれ」

黒井「お前達のアイドルが単なる里帰りじゃないのはもう知ってる!だがそれは」

P「くたばれ老害!!!!」ミシィッ

黒井「あがぁっ!!」

P「まだまだこんなもんじゃねぇ…うちのアイドル達の苦しみを思いしれ…!!」

黒井「わ、私じゃないんだ!!この件の犯人は!!」

367: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 01:01:43.52 ID:WowrXSxhO
P「…は?」

黒井「お前達の勘違いだ!たしかに私は貴様ら765プロを煩わしく思ってはいるがな!そこまで非道な真似はしない!」

P「…非道な真似?なんで内容をお前が知ってるんだ」

黒井「高木が全てを私に話したんだ」

P「…!社長が…?」

黒井「…私はこの話を聞いたとき、765プロを潰すネタにしようと考えた。アイドルが次々に死んでいってる事実を世間に伝えれば、そんな気味の悪い事務所のアイドルはもう使われないからな」

P「……」

黒井「だが…765プロは私自身の手で潰したかった。そんな殺人犯の手を借りるなんて胸糞悪い真似、私にはできん」

黒井「私は汚い真似だろうがなんでもするがな、プライドだけは売ったりしない」

368: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 01:09:15.98 ID:WowrXSxhO
P「そんな…じゃあ誰がこんな真似をするんだ!」

黒井「私に聞かれてもそんなものは知らん」

P「くっ…」

黒井「いい加減手を離せ芋臭プロデューサー…」

P「…………亜美…真美…」バッ

黒井「ぐっ…」ドサッ

P「亜美!!真美!!」

P(こいつが犯人じゃないなら…誰が犯人なんだ!?)

P(いやそれよりも…無事でいてくれ亜美真美!!)

372: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 01:16:46.80 ID:WowrXSxhO
真美「はぁ…兄ちゃん…」

亜美「落ち込まないの。また明日くればい→じゃん」

真美「うん…」

亜美「…そだ。兄ちゃんから貰ったお金、まだ使ってないや」

真美「そういえば…」

亜美「明日のために兄ちゃんにおみやげ買ってこうよ!」

真美「…い→ね!じゃあなにか面白アイテム探さなきゃね!」

亜美「にししし…明日また兄ちゃんに会えるってだけでワクワクしますな→」

真美「ですな→」

亜美「あれ?真美はドキドキでしょ?」

真美「う、うるさいYO!」

377: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 01:31:03.28 ID:WowrXSxhO
亜美「わぁ!これはいい穴場を発見してしまったー!」

真美「怪しげなお店があると思って入ってみたら怪しげなアイテムがいっぱいあるじゃないですか!」

亜美「この棒みたいなのなんだろ?」

真美「わぁ…なんかへんな形…」

亜美「何に使うのかな…?このリモコンみたいな…むぐっ!?」

真美「亜美ー!これなんかちょ→面白いよ!」

真美「…あれ?亜美?どこい…むぐっ!?」

379: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 01:40:36.82 ID:WowrXSxhO
小鳥「……………………………………………」

小鳥「…………ひどい…………」

小鳥「……死因は…何度も殴られた後が…?……そうですか…」

小鳥「…………え…二人の遺体はそんなところで見つかったんですか…?」

小鳥「…………なんで…そんなところに行ったのよ…!」

小鳥「……なんでもないです…はい…切りますね」

小鳥「……亜美ちゃん…真美ちゃん…」

385: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 01:53:22.65 ID:WowrXSxhO
P「……二人には激しい抵抗のあとがあったと…」

P「…いえ、あの子達はまだ子供です…そういう店だとは知らずにはいったんでしょう…」

P「…その店のすぐ近くの路地裏で発見されたんですね…?」

P「……え…?手にお金を握りしめていた…?」

P「………あ……!」

P「…はい…ありがとうございました…引き続き捜査をお願いします…」


P「……………………」

P「……………………」


『もう俺から離れるなよ。いや、絶対離さない』

『お前達には俺がずっとそばにいてやる』


P「……はぁ……?…馬鹿か俺は…………」

P「……亜美…真美…ごめんな…ごめんな…」

386: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 02:02:33.37 ID:WowrXSxhO
P「…ただいまみんな」

春香「お帰りなさい、プロデューサーさん」

やよい「…プロデューサー…」ギュッ

P「…やよい…!」

やよい「貴音さんに続いて…亜美と真美まで…」

P「……そうだな…」

やよい「アイドルって…アイドルってなんですか!?なんでこんなに死んじゃわなきゃいけないんですか!?」

やよい「私…今まで楽しかったのに…みんなと一緒にアイドルやって…楽しかったのに…!」

春香「や、やよい…落ち着いて…」

やよい「うぅ…もう私…耐えられません…」

P「…………」

389: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 02:09:18.20 ID:WowrXSxhO
P「社長、先程やよいの両親から連絡がありました」

P「アイドル業を…辞めたいと…」

社長「…そうか」

P「…これが正解なのかもしれませんね。うちにいたら命を狙われる…」

社長「……」

P「春香、千早、真にもなんとかして辞めてもらったほうがいいのではないですか?」

社長「…そうだな…」

P「…こんなことを言うのもなんですが…もう765プロは終わりですよ…どこの誰かの策略に屈してしまうのは癪ですが…」

P「もう、解散すべきだと思います」

392: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 02:16:59.39 ID:WowrXSxhO
社長「…キミ」

P「…はい?」

社長「犯人の狙いがこの765プロならば…」

P「…………」

社長「何故私やキミは狙われないのかね…?」

P「……え…それはどういう…」

ガチャ

真「プロデューサー!やよいからお話があるそうですからすぐきてください!」

P「え…でも…」

社長「いってきたまえ。これが最後かもしれないよ」

P「…いってきます」

395: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 02:25:57.67 ID:WowrXSxhO
やよい「…みなさん、今までありがとうございました」

やよい「私は怖くて辞めちゃいますけど…みなさんにはアイドルを続けてほしいです…」

P「やよい…」

やよい「この半年の間でたくさんの人が765プロからいなくなっちゃいました…」

やよい「それが偶然だってわかってます…でも…どうしても怖いんです…!」

律子「…大丈夫、やよいの気持ちはわかってるわ」

やよい「はい…プロデューサーや律子さんが私たちの為に頑張ってくれてるのわかってました…でも…でも…!」

P「……やーよいっ」

やよい「…プロデューサー…」

398: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 02:33:36.46 ID:WowrXSxhO
P「ほれ。ハイターッチ」

やよい「え…」

P「最後くらい、笑って別れようぜやよい。おまえには泣き顔よりも笑顔の方がよく似合う」

春香「そうだよやよい!私達、いつまでも友達だからね!」

千早「高槻さん…寂しいけどこれが最後のお別れじゃないわ」

真「いつでも遊びにいくから…だからまたダンスしようよ!」

律子「ここにくればいつだって会えるわ。だからあんまり思い詰めるんじゃないわよ?」

小鳥「はい。やよいちゃんのチャームポイントは純粋な心ですからね!」

やよい「みなさん…」

P「やよい。んっ!」

やよい「……うっうー!!はいたーっち!!」

パン

401: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 02:41:32.88 ID:WowrXSxhO
やよい「うわぁぁぁん!寂しいですぷろでゅぅさぁぁぁ~!」ギュッ

P「おいおいやよい…泣いたらあかんというのに」

律子「許してあげましょうよプロデューサー殿。こんな可愛い子に抱きつかれるなんてもう一生ないかもしれませんよ?」

P「…そうだなぁ。それはちょっと惜しいよなぁ」ナデナテ

やよい「じゃあ…私毎日ここに…プロデューサーに会いにきますからっ!」

千早「…!」

P「それじゃ今までと変わらんだろうに」ナデナデ

春香「いいなぁやよい…」

真「あはは、やよいらしいなぁ」

千早「…………っ!」ギリッ

404: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 02:58:03.02 ID:WowrXSxhO
P「じゃあ、またなやよい」

春香「またねやよい!」

真「絶対遊びにいくからねー!」

やよい「はい!『また』です!」


P「ふー…この事務所もまた広くなっちまったなぁ」

真「安心してくださいプロデューサー!ボクは絶対辞めませんから!」

春香「わ、私もです!プロデューサーさん!」

P「そ、そうか…ん?千早はどこいった?」

春香「千早ちゃん?さっきやよいの後を追っていきましたけど…」

P「まぁやよいは千早のお気に入りだったみたいだしな…お別れの言葉がいいたりなかったんだろ」

春香「千早ちゃんったら…やよいにはまた会えるのに」

真「気持ちはわかるけどね」

413: もう休まず最後まで書きます 2012/04/28(土) 03:27:21.84 ID:WowrXSxhO
千早「高槻さん!」

やよい「…?千早さん?どうしたんですか?」

千早「…あなたに言いたかったことがあるの」

やよい「はい……?」


千早「もうプロデューサーには近づかないでちょうだい」

やよい「え…」

千早「わかったかしら?高槻さん」

やよい「そんな…嫌です私…ぷろでゅ

千早「高槻さん!!!!」

やよい「ひぃっ!?」

千早「…わかったわね?」

やよい「……は、はい…………」ブルブル

415: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 03:31:17.59 ID:WowrXSxhO
千早「…プロデューサーにさえ近づかないならそれでいいわ」ニコッ

千早「プロデューサーのいない時に、また遊びに来てね。高槻さん」

やよい「はい…」


やよい(千早さん…なんであんなこと言うんだろ…)

やよい(私…またプロデューサーに会いたいです。『また』って約束しました…)

やよい(…プロデューサー…)

417: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 03:40:30.69 ID:WowrXSxhO
春香「あーん。プロデューサーさぁん…暇ですよぉー…」

P「そういうな…ただでさえ取れなかった仕事が更に取れなくなったんだから…」

春香「でも真は今お仕事ですよねー?」

P「あぁ…律子のおかげでな」

春香「はぁ…真はすごいなぁ…いつも安定して仕事があるんだもん」

P「今はアイドル好きも女性のほうが多いからな」
春香「私も男装とかすべきですかね!?」

P「やめとけ。誰も得しない」

春香「……ですよね」

419: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 03:49:03.77 ID:WowrXSxhO
真「ただいま帰りましたー!」

P「おかえり。真、律子」

律子「ふう…真の女性ファンの力強さったらないですね」

P「男より強いですからね女性は」

律子「ですね。あはは」

真「ねぇ春香。ボクがいない間、プロデューサーとなにしてたの?」

春香「え?別に…おしゃべりとか?」

真「本当に?本当にそれだけ?」

春香「ど、どうしたの真?なんでそんなに知りたいの?」

真「だって…」


真「プロデューサーのこともっともっと知りたいんだ、ボク…」

420: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 03:53:44.33 ID:WowrXSxhO
春香「そんなにプロデューサーのこと気になるの?」

真「そりゃそうだよ。なんたってプロデューサーはボクの好きな人だからね」

春香「え…えぇぇー!?」

P「ど、どうした春香?」

春香「いえなんでもないです!どうぞそちらはそちらでお話してください!」

P「そ、そうか…?」

春香「ふー…」

真「春香ったら驚きすぎだよ」

春香「だってそんなさらっと言うんだもん…」

424: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 03:59:09.40 ID:WowrXSxhO
真「でも…春香だってプロデューサーのこと好きでしょ?」

春香「きゃぁぁぁぁぁ!?」ステーン

P「な、なんなんだ一体!?」

春香「なんでもないです!プロデューサーさんは耳を閉じていてください!」

P「そんな無茶な…」

春香「も、もぅ…!なんでそんなあっさり言っちゃうの?」

真「でも、本当なんだろ?」

春香「う、うぅ…///」

春香「」コクン

真「ならボク達はライバルってことになるね。強敵と書いて友と呼ぶ!ってやつだよ」

春香「うわぁー…本当はドロドロの三角関係のはずなのにさわやかだー…」

428: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 04:10:16.88 ID:WowrXSxhO
真「あはは…そうだね。でもちょっと前は三角関係どころじゃなかったんだよね」

春香「…うん」

真「美希は当然だし、雪歩も響もプロデューサーに好意をもってたし」

真「伊織もあんな態度ならバレて当然」

真「貴音もあずささんもわかりにくいけど…プロデューサーのこと好きだったはず」

真「亜美と真美だってかまってほしくてイタズラしてたみたいな節があったし」

真「いなくなったアイドルはみんな…プロデューサーのことが大好きだったんだ」

春香「ま、真は何が言いたいの…?」

真「次は…春香かもしれないよ?」

春香「!!」

429: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 04:16:38.42 ID:WowrXSxhO
真「それに、ボクかもしれない」

春香「や、やめてよ…怖いよ…」

真「怖がらせてごめん。でもボク達は今危険な立ち位置にいるってことは覚えておいた方がいい」

真「やよいはアイドル辞めて正解だったみたいだね。こんなことに巻き込まれないで済む」

春香「真は…」

真「うん?」

春香「真はどうしてそこまでわかってるのに…アイドルを辞めなかったの?」

真「……」

真「まぁボクは殺されない自信があるし…逆でもある」

春香「逆って?」


真「765プロをこんな目にした奴を…殺してやりたいのさ…」

432: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 04:24:37.98 ID:WowrXSxhO
春香「……!そ、そんなの駄目だよ真!!」

真「…………」

春香「そんなことしたら…悪い人になっちゃうんだよ…?亜美と真美を殺した人達と…同じになっちゃうんだよ…?」

真「……春香…」

春香「私、そんなのやだよ…おかしいよ…人に殺されるとか…殺すとか…」

真「……ごめんよ春香。もう言わないよ」

春香「真…」

真「…ただ春香。自分以外は誰であろうと信用しちゃ駄目だ。いつ誰が敵かは誰にもわからない」

春香「そんな…私達は同じ事務所の仲間でしょ…?」

真「ごめん…ボクはもうそんなふうには思えないよ…」ガタッ

春香「あ…真…」

433: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 04:34:14.68 ID:WowrXSxhO
春香「はぁ…」

P「……」カタカタ

春香「はぁ…」

P「……あのなぁ春香…ため息をつくと幸せが逃げていくぞ?」

春香「プロデューサーさん…だって…」

P「…春香は真のことが心配なのか?」

春香「もちろんですよ。今日も真、外に出てるんですよね?」

P「あぁ。ちなみに千早はまたボイトレをやってるはずだ」

律子「あら?千早ならダンスレッスンするって出ていきましたよ?」

P「ダンスレッスン?珍しいな千早のやつ…って律子!」

律子「は、はい?」

P「なんで真と一緒じゃないんだ!?」

律子「え…いえ今日は私も事務の仕事があったので真には1人でいってもらったんですよ」

P「あぁ…真が心配だ…アイドルは1人にしちゃ駄目なんだよ!」

436: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 04:41:31.34 ID:WowrXSxhO
prrrrr

春香「あ、メールですよプロデューサーさん」

P「ええい、こんなときに誰だ…」

P「……え…!」

律子「どうしました?プロデューサー殿…」

P「……………こんなメールが……!!」

765プロの菊地真は預かった
今すぐここに765プロの全財産を持ってこい
でなければ菊地真は殺す


小鳥「これって…」

春香「きょ、脅迫!?」

律子「真が捕まったってこと…」

P「くそ…!どうしよう…どうしよう!」

438: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 04:48:56.55 ID:WowrXSxhO
P「くそ…!とにかく真に連絡だ…!」prrrrr

小鳥「あっ…ちょってまって真ちゃんの携帯は今…!」

P「もしもし!俺だ!」

真『ぷっプロデューサーですか!?助けてください!』

P「落ち着け真!一体どうしたんだ!?」

真『あ、怪しい男に捕まって…手足を縛られてます…』

P「なんだと…その男って…もしかしたら…!」

真『プロデューサー…ボク怖いです…!』

P「くそっ!!まってろ真!今いくからな!絶対助けてやるから!」

真『プロデューサー…ボクまってま

ブツッ

P「真…真ぉぉ!!」

440: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 04:54:20.05 ID:WowrXSxhO
P「俺、ちょっと行ってきます!!」ダッ

小鳥「あ…待ってください!」

律子「いってしまわれましたね」

春香「このままじゃプロデューサーさんも危ないんじゃ…」

律子「…大丈夫よきっと」

春香「え?」

律子「さっきのメール、覚えてる?」

春香「えぇ…あれのどこが大丈夫なんですか?」

律子「あのメールはただのごっこ遊びってことよ」

春香「???」

444: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 05:02:23.82 ID:WowrXSxhO
律子「アイドルを人質にして脅迫するのはわかるわ。でもそれがメールってねぇ…」

春香「なにかおかしいですか?」

律子「こういうのは普通、足が付きにくいように公衆電話とか使ってするものよ。メールなんて問い合わせばすぐに居場所がわかるじゃない」

春香「でも携帯なんて捨てちゃえば関係ないんじゃないですか?」

律子「ところがこの犯人、どこどこへこいって取引の場所を指定してないのよね」

律子「場所を教えてないのに携帯をどこかへ置いてどうするのよ?」

春香「はー…」

律子「おまけに全財産ってアバウトすぎ…そもそもうちの財産なんてたかがしれてるしね」

445: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 05:08:06.23 ID:WowrXSxhO
律子「それにこのメールを送ったのが犯人なら真の携帯は犯人が持ってるはずなのよ?」

律子「それなのにわざわざ真に会話させるためだけに電話に出るかしら」

春香「真が無事なのを教えるためじゃないですか?」

律子「それも大事だけど、もっと大事なことをいくつか伝え忘れてるのよこの犯人」

律子「場所も時間も…」

春香「……つまりこれはいたずら電話ですか?」

律子「そういうことね…それも」

律子「真の自作自演、ね」

447: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 05:15:34.60 ID:WowrXSxhO
真「…ふー…危ない危ない、ボロが出ちゃうとこだったよ」

真「でも…えへへ、プロデューサー必死だったな…」

真「プロデューサーはいざというときすぐにボクを助けに来てくれるんだね」

真「……プロデューサー…」

真「……ボク、ずっと好きだったんです」

真「周りのアイドル達もみんなプロデューサーのことが好きで…男っぽいボクには勝ち目なんかないってずっと思ってて…」

真「いつしかこの気持ちをしまいこんでたけど…」

真「今なら…ボクのこと見てくれますか…?プロデューサー…」




千早「駄目じゃない真…そんなおいたをしたら…」

真「むぐっ…!?」

452: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 05:26:54.32 ID:WowrXSxhO
prrrrr

小鳥「あら電話」

P『すいません!真のやつ、どこにいるか知りませんか!?』

律子「知りませんよ…プロデューサー殿はどこへ真を助けにいったんですか?」

P『とりあえず真の仕事現場へ…』

律子「真の仕事はもうとっくに終わってる時間帯ですから、そこにいても無駄ですよ」

P『えぇっ!?じゃあ真はどこにいるんだ律子!!』

律子「だから知りませんってば。真に直接聞けばいいじゃないですか」

P『えっ…だってさっき電話が切られて…』

律子「今なら犯人さんもそんな野暮なことしないかもしれませんよ?」

P『そ、うだな…電話してみるよ』

律子「頑張ってくださいよ王子殿」

ガチャ

律子「ったく真ったら…迷惑かけて…」

453: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 05:35:13.29 ID:WowrXSxhO
真「…………ん、ここは…?」

真「………なにもないけど建物の中みたいだ。……どうしてボクはこんなところに…」

真「…あ、そうだ…突然口を押さえられて…そして眠っちゃったんだ…」

真「よくドラマとかで見る、吸っちゃうと意識を失う薬みたいなあれかな…」

真「振り向きざまに1発キックをお見舞いしてやったんだけど、駄目だったかぁ…」

ジャラッ

真「鎖…?え、うそ。ボク鎖で繋がれちゃってるじゃん…」

真「こ、これって…ボク、ピンチじゃない…?」

456: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 05:40:18.69 ID:WowrXSxhO
P「真に電話しないと…!」

prrrrr

P「わっ!?逆に電話がかかってきた!」

P「もしもし…」

『…プロデューサーですか?』

P「この声は…千早か!?」

『はい…私です』

P「なにか用事か!?悪いんだが後にして…」

『真と関わるのは、もうやめてください』

P「……え!?」

『手遅れになる前に…出ないと私…』



『殺さなきゃならないことになってしまいます…』

P「…!?」

459: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 05:47:16.66 ID:WowrXSxhO
P「そんな…千早、何を言って…」

『……この話は終わりです。くれぐれも真と関わらないように…では』

P「あ、おいっ!千早!!」

P「くそっ…なにがどうなってるんだよ…」

P「とにかく急いで真に電話しないと…」

prrrrr

P「……真ぉ…」

prrrrr

P「出てくれ、真…!」

ガチャ

P「!!」

461: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 05:55:05.68 ID:WowrXSxhO
P「真!大丈夫か真!!」

『………ぷろ…でゅーさー…?』

P「そうだ!俺だ真!今真はどこにいるんだ!?どこにいるかわかるか!?」

『……えへ…やっぱりぷろでゅさはボクのおうじさまだ……』

P「お、おい…真…?」

『ボク…ぷろでゅ…とあえて…よかっ…よ…?』

P「…おい真…ちゃんと喋ってくれないか…?」

『ボクね…いつか…ぷろ……が…ボクの…おうじ…まになって………』

P「…真…聞こえないよ…真…」ポロ

『…ボ…を…迎え…に…』

『ガシャンッ』

P「真…迎えにいくから…だからなにか話してくれ…」

P「真……」

462: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 06:01:59.34 ID:WowrXSxhO
小鳥「……………真ちゃんが……廃ビルの一室で…」

小鳥「鎖に繋がれて…亡くなっていたと……」

小鳥「…………………今度はガスですか……!!」

小鳥「……携帯がずっと通話中になっていた……?……そう、ですか…」

小鳥「……………そうですか…………」

小鳥「…幸せそうな寝顔でしたか……」

小鳥「……でもこんなの…私は納得できませんよ…」

小鳥「できるわけないじゃないですか……」

463: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 06:09:01.83 ID:WowrXSxhO
春香「プロデューサーさん…」

P「………………」

春香「プロデューサーさん…」

P「………………」

春香「プロデューサーさん…」

P「………………」

春香「プロデューサーさん…」

P「………………」

春香「プロデューサーさん…」

P「………………」

春香「プロデューサーさん…」

P「………………」

春香「プロデューサーさん…」

P「………………」

465: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 06:12:54.96 ID:WowrXSxhO
春香「プロデューサーさん…」

P「………………」

律子「……もうやめなさい春香…」

春香「プロデューサーさん…今日はサーターアンダギー作ってみました」

律子「……仕事ももうないのよ?あなたがここにくる理由はもう…」

春香「プロデューサーさん…響ちゃん程おいしくはないかもしれませんが…食べてくださいね」

P「………………」

律子「…いい加減にしなさいよ!!」

467: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 06:20:29.88 ID:WowrXSxhO
律子「あなたが毎日ここへ通ってるのは知ってるわ…でもそんなことをしてもプロデューサーは…!!」

春香「…っさい…」

律子「春香!!」

春香「うっさい!!プロデューサーさんは私を見捨てたりしない!!もうちょっとしたら起きて私の頭をなででくれるんだ!!」

律子「……春香…」

春香「プロデューサーさん…うるさくしてごめんなさい…今日のお菓子、ここに置いておきますね」

P「………………」

律子「…うっ…うぅ…」ポロポロ

春香「あーん。今日も暇ですよぉー。早く起きて私にお仕事くださいよープロデューサーさーん」

P「………………」




うっうー!!

485: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 08:42:17.35 ID:WowrXSxhO
やよい「みなさーん!お久しぶりですー!」

春香「やよい!?」

律子「やよいじゃない。急にどうしたのよ」

やよい「遊びにきちゃいました!本当はもっと早く来たかったんですけど…」

律子「顔が見れただけでも嬉しいわよ」

やよい「…真さんと千早さんは…?」

律子「…真と千早はアイドルを辞めたわ」

やよい「そうですか…残念です。私が言うなって感じですが」

488: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 08:48:55.51 ID:WowrXSxhO
やよい「…あのぉ、プロデューサーは…」

律子「…プロデューサーはね…その…」

春香「最近疲れちゃったみたいでね。ここしばらくずっと眠ったままなの」

やよい「そんな!?プロデューサー…」

P「………………」

律子「私達も何度も起こそうとしたけど…駄目だった」

やよい「そうなんですか…」

律子「やよいなら起きてくれるかもしれない…起こしてみて」

やよい「私ですか…?」

春香「起きないよ…プロデューサーさんは疲れてるんだ」

489: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 08:53:08.27 ID:WowrXSxhO
やよい「あのー…プロデューサー…」

P「………………」

やよい「あのー起きてくださーい」

P「………………」

やよい「」ペチペチペチ

P「………………」

やよい「起きませんね…」

律子「そうね…」

やよい「あの…起こし方って弟たちにやってる感じでもいいですか…?」

律子「それで構わないわよ」

やよい「わかりました…すぅーっ」

490: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 09:01:17.95 ID:WowrXSxhO
やよい「プロデューサー!!朝ですよー!!」

律子「げっ」ビリビリ

春香「もう夕方なんだけど」

やよい「おねぼうさんは怒られますよー!!なまけものさんになっちゃいますよー!!」

P「………………」

やよい「おへそもとられちゃいますよー!!」

春香「それは違うと思う」

やよい「はぁはぁ…なんで起きてくれないんですか…?」

やよい「また会いましょうって約束したじゃないですか!」

P「…………」

やよい「またプロデューサーとはいたっちしたいです!」

P「……」

やよい「プロデューサー…」

P「」ムクッ

P「…やよい、ハイターッチ」

493: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 09:06:35.04 ID:WowrXSxhO
やよい「プロデューサー!!」

P「…おはよ。やよい、春香、律子」

春香「ぷ…ぷろ、ぷろぷぷプロデューサーさん…」

律子「…お帰りなさい…プロデューサー殿…!」ポロ

P「…ごめんなみんな。ちょっとさぼっちまったよ」

春香「プロデューサーさぁん!!」ギュッ

やよい「うっうー!プロデューサー、はいたーっち!」

P「ターッチ」

パン

495: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 09:11:48.39 ID:WowrXSxhO
P「律子、千早はどうしたんだ?」

律子「千早は…プロデューサー殿が寝たきりになったときにここから出ていきましたよ」

P「そうか…いよいよ本当に765プロもおしまいだな」

春香「ひどいですよプロデューサーさん!まだ私がいるじゃないですか!」

P「しかし…アイドルが1人だけじゃなぁ…」

やよい「それは違いますよプロデューサー!」

P「え?」

やよい「律子さんだってアイドルじゃないですかー!」

497: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 09:17:52.12 ID:WowrXSxhO
律子「なな、なにを言ってるのよ!私はもうアイドルは…」

P「…なるほど。春香と律子のユニットで売り出せばもしかしたら…」

律子「ちょっとプロデューサー殿まで!」

P「ははは、冗談だよ」

やよい「えー?だめですかー?」

律子「駄目に決まってるでしょ…もう765プロは悪い噂ばかり立ってる。もう建て直すことは不可能よ」

やよい「……そうですか」

やよい「…私、765プロになくなってほしくないです」

P「つってもなぁ…律子。俺たちにはもう失うものはないし、やってみるか?」

律子「無理です!営業だってお金がかかるんですから!」


春香「そっか…律子さんも…アイドルだったんだ…」ブツブツ

503: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 09:39:29.33 ID:WowrXSxhO
P「とりあえず今日はもう帰ろう…もうすぐ寒い夜がくる時間帯だ」

律子「もう秋も終わりが見えてきましたしね」

春香「えー私プロデューサーさんとまだまだ話したいことあるのに!」

P「明日にしような春香」

春香「………」

P「お前にはちゃんと帰るとこがあるんだ。今日のところは帰れ」

やよい「帰りましょう、春香さん」

春香「………」

506: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 09:46:41.15 ID:WowrXSxhO
やよい「私も急いでお買い物して帰らなきゃ」

やよい「でも春香さんも律子さんも元気そうでよかったですー」

やよい「プロデューサーも起きてくれましたし、今日はとてもいい1日でした!うっうー!」

やよい「……あれ?あそこにいるのは…まさか!」

やよい「千早さーん!こんばんはー!」

千早「あら高槻さんじゃない!元気だった?」

やよい「私はいつも元気ですよ!アイドルやめたって聞いた時は驚きましたけど、千早さんも元気そうでなりよりです!」

千早「ふふ、変わってないわね高槻さん…それはそうと」

やよい「はい!」




ど う し て や く そ く や ぶ っ た の … ?

509: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 09:54:21.37 ID:WowrXSxhO
やよい「え…約束…?」

もうプロデューサーに会わないって約束したでしょ…?

やよい「あ…!…で、でも私…どうしてもプロデューサーに会いたくて…」

あなたが約束を破ったから…私…



千早「今度こそ…人を殺さなきゃいけない…」

やよい「ち、千早さん…?」

千早「…高槻さん…私…」

やよい「泣いてるんですか…?」

511: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 10:05:07.21 ID:WowrXSxhO
翌日

P「…………」

P「…………はっ…」

P「なんだよ…!どうなってんだよ…!」

P「意味わかんねぇ…誰がこんなことを…!!」

社長「……久しぶりにきてみれば…これは悲惨なことになっているね…」

P「社長…」

社長「……中に誰かいたのかい…?」

P「…えぇ。おそらく…律子が…」

社長「…そうか…」

514: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 10:10:59.36 ID:WowrXSxhO
黒井「…………」ペラ

黒井「…ちっ!胸糞が悪い!」バサッ

黒井「結局最後まで私が手を下すことはできなかったか…」

黒井「……………」グシャッ




原因は不審火か!?
765プロダクション本社ビル、焼却!
犠牲者1名、秋月律子

517: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 10:15:18.23 ID:WowrXSxhO
P「……」

prrrrr prrrrr

P「くそ…小鳥も繋がらない…か…」

P「…………」

P「やよいにも繋がらない…千早にも繋がらない…」

P「…………春香は……」


P「死んじまった……」

P「家族ごと…家ごと…」

P「燃え死んじまったよ……」

519: >>517ミス。小鳥→音無さん 2012/04/28(土) 10:22:08.82 ID:WowrXSxhO
765プロダクション…そして天海春香の実家が同じ日のうちに何者かに放火され、燃え尽きた

犠牲者は秋月律子と天海一家…

この2つの事件の犯人は同一だと俺は確信していた

アイドルと事務所を消す…動機はわからないが、俺に心当たりといえる人物が1人だけいた


如月千早…

524: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 10:29:25.51 ID:WowrXSxhO
俺は千早を探した
しかし、完全に行方を眩ました千早をみつけることはとうとう俺にはできなかった

千早の失踪と同時に高槻やよいの姿も消えた
親族は警察やら探偵やらに依頼し懸命に探したがやはり見つけることはできなかった

考えたくもない最悪の結果が、常に頭の片隅に存在している

高槻やよいはすでに…



がむしゃらに探しては結果を出せない日々が続き、美希が死んだ日から丁度8ヶ月が経った

533: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 10:40:03.27 ID:WowrXSxhO
P「…………」

P「……去年の今日…お前達はここでクリスマスパーティーをしたんだってな?」

P「あんな事件があってもやっぱ忘れられないか…?だよな。俺は事務所の中では一番の新参ものだが、お前たちと過ごした思い出の大切さだけは誰にも負けないよ」

P「なんでこうなっちゃったんだろうな…?なにがいけなかったんだろう…」

P「なぁ…どうか俺に教えてくれよ…」


P「千早」

千早「…プロデューサー…」

539: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 10:55:30.08 ID:WowrXSxhO
千早「…………」

P「…どうした?こんな日に765プロダクション跡地にくるなんてな。感傷に浸りたい気分だったか?」

千早「何故プロデューサーはここに?」

P「……お前が化け物なのかどうなのかを知りたかったんだ」

千早「……とは?」

P「俺はみんなのことを思い出しにここに来てるんだ。毎日来てる。つまりお前が春香達のことなんて毛ほども思ってないような化け物ならここにきて俺と会うこともないってことさ」

千早「…ひどい暴論ですよ、それ」

P「でも今日お前が来てくれたから…確信した。お前は人殺しなんてするような奴じゃない」

千早「…………」

P「千早、教えてくれ。春香を殺したのは誰か…みんなを殺したのは誰か」

千早「…………相変わらず人間らしい人ですね」

千早「でも鈍感でした…最初から最後まで私達の気持ちなんてわからなかった…」

P「千早…」

千早「でも私は人を殺そうと思えば殺せます。見くびらないでくださいプロデューサー」

543: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 11:05:04.11 ID:WowrXSxhO
P「千早…嘘をつくな」

千早「はぁ?何を根拠にそんなことを言ってるんですか?よく聞いてくださいねプロデューサー」

千早「春香も高槻さんも律子も!」

千早「亜美も真美も真も!!」

千早「あずささんも水瀬さんも四条さんも!!!」

千早「萩原さんも美希も…みんな!!!!」

千早「私が殺したんです!!!!」

P「……!!」

550: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 11:11:19.09 ID:WowrXSxhO
千早「はぁ…はぁ…」

P「…………本当、なのか?千早…」

千早「えぇ…私が全員殺したんです…」

P「…本当に、765プロのアイドルを全員殺したんだな?」

千早「殺しましたよ!そう言ってるじゃないですか!しつこいですよ!」

P「…………そうか…」

千早「わかりましたか…本当の私が…」

P「あぁ…よくわかったよ…ところで千早」

千早「なんですか?」




P「ハム蔵、今どこにいるか知ってるか?」

553: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 11:14:55.64 ID:WowrXSxhO
千早「ハム蔵…?我那覇さんのペットの……」

P「あぁ。響の友達さ」

千早「…そりゃ…我那覇さんと一緒に帰ったんじゃ…」

P「千早」

千早「…もうなんなんですか!?」




P「響は死んだんだよ。知らなかったのか?」

557: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 11:20:34.83 ID:WowrXSxhO
千早「…しん…だ…?」

P「あぁ…響は死んだんだ…」

千早「そんな…だ、だってプロデューサー…我那覇さんは里帰りって…」

P「あぁ。言ったな。いや、響だけじゃない。美希も雪歩も伊織も実家に帰ったってちゃんと教えたはずだ」

P「なのにどうして響だけを里帰りしたって信じたんだ?」

千早「…だって……!」

千早「呪いは…1ヶ月に1人のはずじゃ…」

P「…呪いだと…?」

569: 意識が飛んでました 2012/04/28(土) 11:55:12.02 ID:WowrXSxhO
P「呪い…?1ヶ月に1人…?」

4月に美希
5月に雪歩
6月に伊織
7月に貴音と響
8月にあずささん
9月に亜美と真美
10月に真
11月に律子…と春香とやよい…?
そして今月は…

「今月は如月千早ですよ~」

P「!?」

千早「なんで…あなたがここにいるの…?」

580: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 12:08:06.53 ID:WowrXSxhO
春香「千早ちゃんこそ…なにプロデューサーさんにばらしているの?」

千早「春香…」

P「春香…生きていたのか…」

春香「えへ!プロデューサーさん!私が死んだと聞いたとき、悲しかったですか!?私と会えなくて、寂しかったですか!?」

春香「私はとってもとっても悲しかったし、寂しかった…!かわいい子は寂しいと死んじゃうって本当だったんですね!」

春香「私、何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も死にたくなりました!でも死にたくもなかったんです!」

春香「だって邪魔な奴はみんな死んだから!プロデューサーと二人っきりになれるって考えてたから!」

春香「二人っきり!なんていい言葉なんでしょう!二人っきり!プロデューサーと二人っきり!」

春香「私の居場所はプロデューサーの隣だけ!だからもう私には家も家族も事務所だっていらないんです!」

P「……春香……お前…」

春香「だってだって!プロデューサーがいるんですもん!きゃっ♪」

592: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 12:28:49.28 ID:WowrXSxhO
P「春香…自分の家や…事務所を燃やしたのはお前なんだな…?」

春香「違いますよ」ニコッ

P「なに?」

春香「私の家が燃えたのはきっとお母さんが火をつけっぱなしで昼寝してたからです」

春香「事務所が燃えたのはきっと律子さんの不注意です。どちらも自業自得です」

P「…そんな出来すぎた話があるか」

春香「ですが私がやったって証拠はありません。もっとも、全部燃えちゃったので目撃者でも現れないかぎり証拠なんて出しようがないですけどね」

P「…………」

春香「私が悪者に見えますか?でも私、1度もこの手を汚していませんから!綺麗なまんまです!ただ私は呪っただけ…」

春香「それが罪になりますか?」

P「呪い…か。詳しくきかせろ春香」

春香「プロデューサーが望むことならなんでもします!」

596: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 12:40:01.03 ID:WowrXSxhO
P「アイドルが毎月一人ずつ死んでいく呪い……?」

春香「はい!もっとも、私はただの遊びだと思ってやってました。殺意は一切ありませんでしたからね!」

P「…いちいち防衛線を張るんじゃない…」

春香「でも千早ちゃんには殺意、あったんじゃないかなぁ~?」

千早「…………」

P「千早もやってたのか、呪い」

千早「…………はい」

P「…そうか」

千早「春香に誘われ……じゃない、春香と一緒にこの『遊び』をしてました…」

春香「そしたら本当にみんなどんどん死んじゃうんですもん。私、驚いちゃいました」

春香「最初に美希が死んだときはホントにスカッとしちゃいましたよ!私のプロデューサーにいっつもくっついてるくっつき虫でしたからね!」

春香「虫は駆除しないといけませんよ!うん!」フンス

600: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 12:48:39.15 ID:WowrXSxhO
P「じゃあ春香…美希は呪いで死んだってのか?馬鹿馬鹿しいことをいうな!」

春香「じゃあただの事故なんじゃないんですか?」

P「事故…だと…?」

春香「私は車の免許なんて持ってないから美希を轢き殺すなんて真似できないし、そもそも美希がどこで死んだかなんて把握してません」

春香「美希が死んだ瞬間に私は事務所にいたんですよ?私にどうやって美希を殺せるっていうんですか…?」

P「…美希が死んだのは偶然だって?…そんな馬鹿な…」

春香「美希だけじゃない…全員分そうですよ」

春香「私は…呪っただけ…」

601: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 12:58:12.57 ID:WowrXSxhO
春香「ただ響ちゃんに関してだけは私も予想外でしたけどねー…」

P「なに…?」

春香「私があの日呪ったのは四条さんだけですよ。響ちゃんなんて眼中になかったですね」

春香「ま、響ちゃんも偶然一緒に死んでくれましたし、そこは私達にとってラッキーでしたね。文字通り噛ませ犬ってやつでしたね。ねー千早ちゃーん」

千早「………………」

春香「ちなみにプロデューサーさん。さっきかっこよく千早ちゃんを問い詰めてましたけど…結局ハム蔵はどうなったんです?」

P「…今は俺の部屋だ」

春香「わーおハム蔵ったら私の愛しのプロデューサーさんといっちょまえに同棲なんて信じらんない」

春香「私がプロデューサーさんの家に同棲しにいったら速攻、事故のふりをして潰し殺さなきゃねっ」

P「………………」

607: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 13:07:07.11 ID:WowrXSxhO
P「わかったよ春香…お前の言い分は全部わかった…」

春香「あぁっ!私のことを全部理解してくれてるだなんて!やっぱりプロデューサーさんは私の運命の人なんですねっ!」

P「千早…お前もみんなに死んでほしくて春香と一緒に呪ったのか?」

千早「…………」

千早「…プロデューサー…私…」

千早「プロデューサーのことを…愛していました…」

P「!?」

春香「!?!?!?」

千早「こんなことしたくありませんでした…でも、春香に誘われたから…断れなかった」

千早「でも美希や他のアイドルに対してまったく悪意がなかったとも言えません…きっと私は心の奥底で…」

千早「プロデューサーと仲良くしてたアイドルを…呪っていたんだと思います」

P「……千早…」

610: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 13:17:07.76 ID:WowrXSxhO
千早「でも…四条さんが本当に亡くなったときいて…本当に後悔しました…」

千早「私が愚かだったんです…最低だったんです…」

千早「だから春香に内緒で亜美達に忠告したり、真を誰にも見つからないとこに移動させたり…出来るだけ死なせないように動きました…いえ、動いたつもりでした…」

P「そうか…千早のあの電話はそういうことだったのか…」

千早「このままアイドル達が死んでいくようなら…もう私が春香を殺して止めなければ…そうも思いました…」

千早「でも出来なかった…春香は…春香は私の大事な友達だから…」ポロポロ

P「千早…千早もういい!お前はよく頑張った…今まで辛かったな…」ギュゥ

千早「プロデューサー…」ポロポロ






 ナ に ヲ し て ル の チ ハ や チ ャ ン ?

614: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 13:28:34.69 ID:WowrXSxhO
P「春香…」

春香「私がプロデューサーさんのことを好きって知ってるくせにそういうことするんだ千早ちゃん?私の目の前でプロデューサーさんをとろうとするんだ?」

千早「春香…」

春香「私に話し掛けるな!!!!裏切り者!!!!」

春香「まだ今月は誰も呪いで死んでないんだよねぇ…どうせやよいは千早ちゃんが匿ってるんでしょお?」

千早「高槻さんだけは…私が命をかけて守ってみせるわ…!」

春香「じゃあ今月の生け贄がいないじゃない?あはは…大変だよこれはぁ…」

春香「だから死んでよ千早ちゃん!!」

P「春香!!もうやめろ!!」

ターン!

618: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 13:38:57.15 ID:WowrXSxhO
P「はっ…!?」

千早「銃声…!?」

春香「……?」

春香「…あっ…」ドサッ

P「春香!」

千早「春香ぁ!」

春香「撃たれたの…私かぁ…」

千早「春香…こんなに血がいっぱい…!?」

P「今すぐ救急車を呼ぶ!まってろ春香!!」

春香「…プロデューサーさん、救急車よりもしてほしいことがあるの…」

P「え…!?」

春香「……ギュって…私も抱き締めてくれないかな…?」

620: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 13:47:53.98 ID:WowrXSxhO
P「春香…!」

春香「…だめ?私のこと…嫌いになった…?」

P「…俺は一番最初からずっと…お前たちを嫌いになったことなんてないよ」ギュッ

春香「…やっぱ…大好き…」

P「春香…」

春香「…こうしたかっただけなの…プロデューサーさんとこうして…」

千早「春香…!」

春香「…酷いこといってごめんなさい…千早ちゃん…」

千早「死なないでよ…私を一人にしないで…」

春香「…765プロ…ファイト…」グッ

千早「…春香……」

P「……………………」

ピーポーピーポー

622: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 13:52:57.80 ID:WowrXSxhO
P「……」

小鳥「…プロデューサーさん、お久しぶりです」

P「あぁ音無さん!やっと連絡ついたと思ったら急に会おうだなんてどうしたんです?」

ギュッ

P「え…ちょっ…音無さん…?」

小鳥「プロデューサーさん…会いたかったです…」

P「…そうですよね。いろいろありましたもんね…」

小鳥「そうなんです…すぐにプロデューサーさんに会いにきたかったけど…余裕がなくて…」

P「大丈夫ですよ音無さん…これからはずっと一緒ですから」

小鳥「プロデューサーさん…」

626: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 13:59:14.59 ID:WowrXSxhO
P「…独房とね」

チャキッ

小鳥「えっ…!?」

社長「私には挨拶なしかい音無くん?事務所をほったらかして一体どこへいってたのかな」

小鳥「社長…?そ、その銃をお、お、お、おろして…」ガタガタ

小鳥「…くださいよっ!!」チャキッ

黒井「おらっ!!」バキッ

小鳥「いたっ…!」

黒井「往生際が悪いんじゃないのか?…これだから底辺事務員は…」

小鳥「な、なんでこんなことするんですか皆さん…!?私が何をしたっていうんですかぁっ!!」

629: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 14:06:01.16 ID:WowrXSxhO
P「音無さん、あなたなんですよね?アイドル達の殺しを根回ししたのは」

小鳥「はい…?わ、私なんのことだかわかりません…」

P「あなたは事務員です。ですからいっつも事務員にいたはずです」

P「しかし春香もまた、仕事がなくて事務所で暇を潰していたため、いっつも事務所にいたんです」

小鳥「は、はい…それはその通りですが…」

P「じゃあ春香と千早が『遊んで』いたのもまた…事務所の中なんですよね」

636: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 14:18:46.52 ID:WowrXSxhO
小鳥「それがなんですか…!?子供達が事務所で遊ぶくらいふつうじゃないですかぁっ…」

P「あなたは春香と千早の『遊び』を常に把握できる環境にあったんですよ」

小鳥「だからなんですか…?」

P「つまり実際にアイドルを殺害できたのはあなたしかいないんだ」

小鳥「やめてくださいそんなこじつけ!!私のこと嫌いなんですかプロデューサーさん!」

P「春香達の呪いの内容を聞き、事務机の上にある電話からアイドルを殺すよう手配した」

P「そんな毎度電話をしてたら不自然に写るでしょうけど、事務員のあなたならそれが自然だ」

642: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 14:30:58.33 ID:WowrXSxhO
P「呪いでアイドル達が死んでたまるか。これはあなたが春香に罪を被せた計画された殺人だ!」

P「俺たちの周りにはあなたが手配した殺人犯どもが常にうろうろしてたってわけだなぁ!」

P「万が一本当に呪いで殺せたとしても、だ。4ヶ月目の呪いは貴音を狙ったものだったのに何故か響まで死んでしまった」

P「これはあなたの手配にミスが生じたから!本来は貴音を殺すつもりが誤って響を殺してしまった!」

P「亜美と真美のときもそうだ!春香は真美だけを呪ったんだ…」

P「それがどういうわけか二人一辺に死んじまった!大方どっちが真美かわからなかったとか、二人がずっと一緒にいたから片方だけを殺せなかったんだろうな!!」

P「本当に呪いで人が殺せるんならこんな事態は起きない!!つまりこれは全部人為的な殺人なんだよ!!」

649: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 14:39:58.04 ID:WowrXSxhO
小鳥「く…!」

社長「なにか反論があるのかね?音無君」

小鳥「ひ、ひどいですー!大体私がそんな権力もってるわけないじゃないですかぁーっ!!」

黒井「ウォッホン…最近私の名を名乗ってる輩がいるらしくてね…」

小鳥「……!」

黒井「最近業界のバカどもからいわれのない苦情がきてるんだよ…」

黒井「まぁ貴様とは高木を通じて面識が少々ある程度だったが…」

黒井「まさかうちのプロダクションの情報を盗んでいただなんて思わなかったぞ」

小鳥「…………」

黒井「見下げた屑だな!うちに欲しいくらいだ…はっはっは!!」

653: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 14:52:45.31 ID:WowrXSxhO
P「音無さん…あなたはいつもアイドル達のことを第一に考えていると思ってました。そんなあなたを尊敬してたのに…どうしてこんなことをしたんですか!?」

小鳥「………………」

社長「答えてあげてはどうかね?」

小鳥「………………………………」

黒井「…なんとかいったらどうなんだ行き遅れの初老女ぁっ!!」

小鳥「………………………………………………」
バーン!

黒井「ぎぃやぁっ!!」

社長「だ、大丈夫か…!」

小鳥「五月蝿いですねぇ…ただ私はすべててに入れたかっただけですよ…」

P「音無さん…」

659: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 15:04:41.80 ID:WowrXSxhO
小鳥「行き遅れだぁ…?はっ!結構ですよ!!」バーン!

黒井「うがぁぁっ!!」

社長「お、おい…!もうやめたまえ!」

小鳥「私が欲しかったものはあなたですよプロデューサーさん!!」

P「!!」

小鳥「あなたみたいな上玉、なかなかいませんからね…あとは…地位!!」

社長「地位…だと…?」

小鳥「えぇ。765プロだの961プロだの…多すぎやしませんか?この中ではてっぺんとるのも骨が折れますから…」

小鳥「すべてのアイドルプロダクションを潰す!邪魔な小娘と商売敵を一辺に潰せるんですよ!」

P「…なんてことを…」

665: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 15:18:05.81 ID:WowrXSxhO
小鳥「そしてすべてのプロダクションを一掃したら…」

小鳥「961プロダクションを乗っ取り、新たに510プロダクションを設立するんです!」

小鳥「そのために黒井社長…ここで死んでください」チャキッ

黒井「や、やめろ貴様ぁ!!金が欲しいならくれてやる!!」

P「やめろ音無さん!!」

小鳥「あなたは好きでしたけどここでお別れです。死んでくだ」バッ

小鳥「あら…?」

やよい「ダメです小鳥さん!プロデューサー殺しちゃダメです!」ガシッ

小鳥「ちょ…離して…!」

P「音無さん!頭蓋食いしばってください!!」

バキィッ

675: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 15:30:05.65 ID:WowrXSxhO
音無さんは捕まった
再び外に出るときはもう初老どころではなくなっているだろう

765プロは完全に潰れた、というわけではなく、961プロとの合併を果たし、二人の社長が引っ張っていくことになった
しかし、黒井社長はしばらく入院(銃弾による怪我、頭蓋骨にひびなどの重傷で全治1年)するのであった

そして…

やよい「うっうー!今日からアイドル復帰します高槻やよいです!よろしくお願いします!!」

千早「同じく如月千早です。よろしくお願いします」

社長「うむ。さっそくだが君たちのプロデューサーは…キミだ」

千早「プロデューサー…!」

やよい「プロデューサー、はいたーっち!!」

パン

683: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 15:44:33.72 ID:WowrXSxhO
…………
………
……


亜美「みたいなのど→かな?」

一同「…………」

真美「どしたの?」

P「無理に決まってんだろうが!!」

美希「ちょっと!ミキが一番最初に退場なんておかしいの!!」

雪歩「潰されて終わりだなんて…こんな私はもう穴に埋まるしかないですぅー!」

伊織「私の死に方惨すぎるでしょうが!どうにかしなさいよ!」

響「噛ませ犬って…自分そんな立ち位置だったのかー…?」

貴音「…面妖な」


685: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/28(土) 15:45:21.54 ID:WowrXSxhO
あずさ「もう!いくら私でもちょっとは泳げるんだから!」プンプン

真「ボクだって、鎖に縛られて動けなくなるほどヤワな鍛え方してませんよっ!!」

律子「私人知れず孤独に死んだわね…」

春香「…たしかにプロデューサーさんは好きだけどこんなに病んでないよ…」

千早「途中の私、怪しすぎじゃない?そりゃ危険人物だと思われるわよ…」

小鳥「私なんて本物の危険人物じゃないの…失礼しちゃうわね」

やよい「うっうー!でも最後ははいたーっち!できたのでよかったです!」

終わり