1: ◆6VQTT2mStRY1 2013/10/18(金) 00:14:29.47 ID:QcoNMOG30

苗木「いや、その声は霧切さんだよね」

『…私メリーさん。今あなたの部屋の前にいるの』

苗木「部屋に入って直接喋ったら?」

『それには及ばないわ』ファサ

苗木「そう…ところでメリーさんに相談があるんだけど」

『なにかしら?』

苗木「最近友達からストーカ被害を被ってるんだけどどうしたらいいかな?」

『問題ないわ。なぜなら友達じゃなくて恋人同士なのだから』

苗木「やっぱり霧切さんだよね?」

『……』ガチャ

苗木「…切れちゃった」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1382022869

引用元: 苗木「メリーさん?」霧切「そうよ」 


 

ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS Vita
スパイク・チュンソフト (2017-01-12)
売り上げランキング: 113
2: ◆6VQTT2mStRY1 2013/10/18(金) 00:15:30.74 ID:QcoNMOG30

苗木「…ということがあったんだけど、どうすればいいかな?」

舞園「じゃあ私と付き合いましょう」

苗木「え?なんでそうなるの!?」

舞園「苗木君と私がラブラブなところを見せ付ければ霧切さんの行為は止まると思います!」

苗木「いや、でもそれじゃあ…」

舞園「苗木君は私と付き合うの嫌ですか?」

苗木「いやいやいやいやいや!そうじゃなくって…」

Prrrrrrrrrrrrrrr!

苗木「あっごめん。電話出るね」


3: ◆6VQTT2mStRY1 2013/10/18(金) 00:16:08.35 ID:QcoNMOG30

苗木「もしもし」

『私メリーさん。今食堂にいるの』

苗木「…あんな物陰に隠れてないで出てきたら?」

『なぜあなたは霧切響子という恋人がいながら他の女の子といるのかしら?』

苗木「…いつ僕と霧切さんは恋人になったの?」

『…!苗木君の馬鹿!一生背が伸びない呪いをかけてやるんだから!』ガチャ

苗木「…その呪いはちょっとやだな」

舞園「なんだかんだで仲良さそうですね」

苗木「え?そうかな?」

舞園「苗木君の馬鹿。私も苗木君に一生不運が付きまとう呪いをかけますから、それでは」

苗木「ちょ、ちょっと待ってよ」

苗木「…なにか怒らせるようなことしたかな?」


4: ◆6VQTT2mStRY1 2013/10/18(金) 00:17:06.31 ID:QcoNMOG30

苗木「困ったな。こんなこと舞園さん以外で相談できそうな人なんていないのに」

苗木「霧切さんに直接会おうとしても避けられるし」

Prrrrrrrrrrrrrrr!

苗木「でもなぜか電話はかけてくるんだよな」

苗木「もしもし」

『私メリーさん。今あなたのうしろにいるの』

苗木「うん、知ってる。後方10mくらいだね」

苗木「なんで超高校級の探偵なのに尾行下手くそなの?わざと?」

『私メリーさん。彼女はあなたを尾行してるわけじゃないわ』

『彼女があそこにいるのは運命よ』

苗木「もしかして声でもかけて欲しいの?近づいたら逃げるのに…」

『逃げられるのなら抱きしめて逃げられないようにすればいいんじゃないかしら?』

苗木「じゃあそうするよ」

『…!』ガチャ

苗木「あっすごい速さで逃げちゃったよ」


5: ◆6VQTT2mStRY1 2013/10/18(金) 00:18:04.32 ID:QcoNMOG30

苗木「霧切さんと直接話すいい方法はないかな」

大神「苗木よ、少しいいか?」

苗木「あっ大神さん。どうしたの?」

大神「今さっき霧切がすごい勢いで走っていくのを見たが何かあったのか?」

苗木「それなんだけど僕が近づいただけで逃げちゃうんだよ」

Prrrrrrrrrrrrrrr!

苗木「こんな風に電話はかけてくるんだけどね」

苗木「もしもし」

『私メリーさん。今あなたのうしろにいるの』

苗木「え?ああ、あそこね」

『また他の女の子と話してるのね』

苗木「僕は霧切さんと直接話をしたいんだけどね」

『私と話したければ私を捕まえることね』

苗木「…君ってメリーさんじゃなかったの?それに普通メリーさんが追いかけるものだよね?」

『苗木君のくせに生意気よ』ガチャ


6: ◆6VQTT2mStRY1 2013/10/18(金) 00:20:08.88 ID:QcoNMOG30

苗木「また切られちゃったよ」

苗木「こんな感じなんだけど、どう思う?」

大神「それはニゲデレというものだな」

苗木「へ?にげでれ?」

大神「うむ、逃げてる理由はわからんが追いかけて欲しいことは間違いあるまい」

苗木「やっぱりそうなのかな」

大神「男ならしっかりと捕まえてやらないといかん。また見失う前に追いかけるがいい」

苗木「うん!ありがとう、大神さん!」

大神「…ふっ、礼には及ばぬ」


――――
――


苗木「結局夜になっちゃたよ。全然捕まらなかったな」

苗木「超高校級の探偵は尾行だけじゃなくて逃げるのも得意なんだな」

苗木「今日はもう疲れたからこのまま寝よう」

Prrrrrrrrrrrrrrr!

苗木「こんな時間に電話?なんだろう」


7: ◆6VQTT2mStRY1 2013/10/18(金) 00:21:10.09 ID:QcoNMOG30

苗木「もしもし」

『私メリーさん。今あなたのうしろにいるの』

苗木「うしろ?僕は今ベッドでねっころがってるんだけどな」

『私メリーさん。今あなたのうしろにいるの』ガチャ

苗木「…切れちゃった。どういうことだろう?」

苗木「まさかベッドの下にいるなんてことないよね…」

苗木「一応確認しようかな」











  ベッドの下

霧切<●> <●>響子


苗木「うわああああああああああああああああ!!!」


8: ◆6VQTT2mStRY1 2013/10/18(金) 00:22:11.19 ID:QcoNMOG30

苗木「な、な、ななななんで霧切さんがこんなところに…」

苗木「………」

苗木「…ってあれ?」

苗木「もしかしてこれ抱き枕?」

苗木「なんだびっくりしたよ、あははは」

苗木「………」

苗木「今日は部屋の鍵閉めてたはずなんだけどな」

苗木「まあ霧切さんだから合鍵を無断で作っててもおかしくはないけど…」

苗木「なんでベッドで寝てたことを知ってたんだろう」

苗木「もしかして監視カメラが!?」

苗木「…見当たらないよね」

苗木「あっ抱き枕に盗聴器が」


9: ◆6VQTT2mStRY1 2013/10/18(金) 00:23:12.54 ID:QcoNMOG30

―――次の日

苗木「さて、今日はどうしようかな」

不二咲「おはよう、苗木君」

苗木「おはよう、不二咲さん」

不二咲「何か悩んでたみたいだけど何かあったのぉ?」

苗木「実は最近霧切さんに避けられてるんだ」

不二咲「でもあそこで苗木君を監視してるのって霧切さんだよね?」

苗木「うん、電話をかけてきたりストーキングはするのにこっちから近づくと逃げるんだ」

不二咲「それは困ったねぇ」

Prrrrrrrrrrrrrrr!

苗木「もしもし」

『私メリーさん。今あなたのうしろにいるの』

苗木「うん、僕は正面から向かい合って喋りたいな」

『なぜあなたはいつも霧切響子以外の女の子とお喋りを始めるのかしら?』

苗木「それは霧切さんが逃げるからだよ。どうしたらいいと思う?メリーさん」

『メリーさんにもわからないことはあるの』ガチャ

苗木「うーん、どうしようかな」

不二咲「僕が追跡プログラムを作ってあげようか?」


10: ◆6VQTT2mStRY1 2013/10/18(金) 00:24:10.78 ID:QcoNMOG30

苗木「そんなの作れるの?」

不二咲「今までの行動パターンがわかってるならある程度の予測は可能だと思うよぉ」

苗木「ぜひお願いするよ」

不二咲「まかせてよ、えへへ」


→不二咲ルーム


不二咲「出来たよ、苗木君。霧切さん追跡プログラムだよ」

苗木「さて、さっそく使ってみよう。今霧切さんはどこにいるのか…な…」

不二咲「………」

苗木「となりの朝日奈さんの部屋にいるね」

不二咲「なんだか僕怖くなってきたよぉ」

不二咲「でもこれはあくまで予測プログラムだから実際は違うかも…」

Prrrrrrrrrrrrrrr!

不二咲「…電話なってるよ」

苗木「今はあまりとりたくないな」

苗木「まあとるけどね、もしもし」


11: ◆6VQTT2mStRY1 2013/10/18(金) 00:25:12.81 ID:QcoNMOG30

『私メリーさん。今あなたの部屋のとなりにいるの』

苗木「もしかしてこっちの部屋監視してる?」

『あなたの行動なんて予測済みよ。プログラムなんて使わなくてもね』

苗木「…朝日奈さんは?」

『プールに行ってるわ』

苗木「ああ、そうなんだ」

『即興で作ったプログラムじゃ私の相手にはならないわよ』

苗木「うん、なんだか意味ない気がしてきたよ」

『…プログラムなんかに頼らなくても霧切さんのことわかるようにならなきゃ駄目よ』ガチャ

不二咲「…ごめんねぇ、僕は役に立ちそうにないよ」

苗木「不二咲さんのせいじゃないよ」

苗木「なんかあらためて超高校級の才能の凄さを思い知らされちゃったな」


12: ◆6VQTT2mStRY1 2013/10/18(金) 00:26:09.96 ID:QcoNMOG30

苗木「しかたがない。自分でどうにかするしかないか」

戦刃「私が協力してあげよっか」

苗木「うわっ、戦刃さんか。いつも神出鬼没だね」

戦刃「うん、たまたまね。それより何かあったの?」

苗木「実は…」


――――
――


戦刃「そうなんだ。どうしても霧切さんと直接話したいの?」

苗木「うん、電話ごしじゃちょっとね」

戦刃「苗木君がそれを望むなら…協力するよ」

苗木「ありがとう、戦刃さん」

戦刃「…いいの、苗木君のためなんだから」ギュッ

苗木「!?何してるの!?いきなり抱きついて…」

戦刃「少しの間我慢してね」

苗木「あれ?なんだか縛られてるような…」

戦刃「よし、それじゃあ行こう」

苗木「行くってどこへ?」

戦刃「さっき苗木君の話に出てた植物庭園まで」


13: ◆6VQTT2mStRY1 2013/10/18(金) 00:27:14.34 ID:QcoNMOG30

苗木「植物庭園へ?というか縛られて動けないんだけど」

戦刃「大丈夫。私が抱きかかえていくから」

Prrrrrrrrrrrrrrr!

苗木「電話とれないよ」

戦刃「その内本人が出てくるから大丈夫」


苗木「鳴り止んだね」

戦刃「そろそろ来るね、行くよ」



――――
――



→植物庭園

戦刃「さてここなら誰にも邪魔が入らない」

戦刃「苗木君とふたりきり」

苗木「あはは、これって霧切さんをおびき出す作戦だよね?」

戦刃「違うよ、私たちがふたりきりで…」

霧切「ちょっと待ちなさい」

戦刃「…もう少し遅くてもよかったのに」

苗木「霧切さん!」

霧切「あ…苗木君///」

戦刃「ほら、苗木君。捕まえなきゃ」

苗木「あ、うん。えいっ!」ダキッ

霧切「ちょ、ちょっとなにするのよ」

苗木「霧切さんにどうしても直接聞きたいことがあるんだ」


14: ◆6VQTT2mStRY1 2013/10/18(金) 00:28:07.47 ID:QcoNMOG30

苗木「僕が前にここで告白したこと覚えてる?」

霧切「…ええ」

苗木「それから避けるようになったけどもしかして僕のこと嫌いになった?」

霧切「そ、それは…違うのよ」

霧切「その…私こういうの初めてで…」

霧切「正直苗木君が私のことを好きだといってくれたのは嬉しかったんだけど…」

霧切「もしそれが冗談だったらどうしようかとも思ったりして…」

霧切「なんだか恥ずかしくて顔を合わせられなかっただけなの…」

苗木「僕は霧切さんのことが好きだよ」

霧切「…ええ、私も苗木君のことが…好き…よ」

苗木「…よかった。その言葉を直接聞きたかったんだ」

霧切「ごめんなさい。なんだか遠回りなことにちゃって」

苗木「いいんだ。好きだよ、霧切さん」ダキッ

霧切「…うん。私も苗木君のことが好きよ」ダキッ


15: ◆6VQTT2mStRY1 2013/10/18(金) 00:29:16.66 ID:QcoNMOG30

戦刃「…私のこと忘れてない?」

苗木「あっごめん。それと…ありがとう」

戦刃「…いいの。苗木君がそれで幸せなら」

戦刃「じゃあ私は邪魔者みたいだから帰るね」

霧切「戦刃さん…いいの?」

戦刃「うn」

江ノ島「うぷぷぷ!お姉ちゃん失恋してやんの!うける~!」

苗木「え、江ノ島さん?」

江ノ島「いや~残念だったね!もう少し霧切が遅く来てれば既成事実を作れたかもしれないのにね!」

江ノ島「絶望的でテンションあがるわ~!うぷぷぷ!」

江ノ島「残姉ちゃんの残念失恋パーティーでもしようか!みんなも呼んでさ!」

戦刃「も、もうやめてよぉ。今かっこよく決めるつもりだったのにぃ」

江ノ島「このくらいが残姉ちゃんにはちょうどいいよ!」

戦刃「こんなときくらいもう少し気を使ってよ、もー」




苗木「あははは、なんだか雰囲気ぶち壊しだね」

霧切「そうね、でもなんだか今とてもいい気分だわ」

苗木「これからもよろしくね、霧切さん」

霧切「ええ、こちらこそよろしくね、苗木君」






おしまい