1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/26(金) 17:58:46 ID:/zdszpCM
↓元ネタ。手軽に遊べるフリーゲームなので是非プレイしてみよう。
http://games.kids.yahoo.co.jp/sports/013.html


~荒川グラウンド~

シロえもん「みんな聞け。今度開かれる大会『かぶと虫杯』への出場が決まった」

シロえもん「ドラーズも出場するらしい。絶対にリベンジするぞ」

平井「この時を待っていたぜ! 新魔球WWWボールで優勝だ!」

小松川「あの魔球さえあれば怖いものなしだな!」

シロえもん「甘いっっ!!!」クワッ

小松川「」ビクッ

シロえもん「クロえもん……ヤツのことだ、何かしら対策は練ってくるだろう」 



ドラベース ドラえもん超野球(スーパーベースボール)外伝 23 (てんとう虫コロコロコミックス)
むぎわら しんたろう 藤子プロ
小学館 (2011-10-28)
売り上げランキング: 37,824
2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/26(金) 18:00:28 ID:/zdszpCM
シロえもん「だからオレ達も更にレベルアップする必要がある」

シロえもん「ヤツらの想定以上の力で捻じ伏せてやろうぜ」

平井「そういう事か。考えが甘かったぜ」

小松川「そうと決まれば早速練習だ!」

シロえもん「ああ……でも今まで通りの練習で足りるとは思わないほうが良い」

平井「特訓か。具体的にどんな事をするんだ?」

小松川「ドラーズは無人島での合宿で強くなったらしいよ」

平井「合宿か。確かにいつもと違う環境での練習は効果的かもな」

小松川「オレたちも無人島へ行けばいいんじゃないかな?」

平井「無人島か。あのダメロボット共に出来たんだ、オレ達に出来ない訳がねえ!」

シロえもん「却下だ。ダメロボットの真似なんてしてたまるか」

小松川(相変わらず変なところでプライドが高いな……)

平井「却下か。じゃあ他に何か案があるのか?」

シロえもん「むう……」 


3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/26(金) 18:01:26 ID:/zdszpCM
ポコえもん「その話、聞かせてもらいましたよ」ポン

小松川「うわっ!? 何だいきなり!?」

シロえもん「こいつはポコえもんだ。 いったい何の用だ?」

ポコえもん「ボクの知り合いに、凄い野球集団がいるんです。クマ繋がりで」ポン

平井(どう見てもタヌキだろ……)

ポコえもん「そのかた達と一緒に特訓をされてはどうですか?」

シロえもん「面白い話だが、やけに協力的だな」

シロえもん「お前はクロえもんの味方だと思っていたが」

ポコえもん「ボクは野球を愛する者の味方です」

シロえもん「そうかそうか」 

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/26(金) 18:02:24 ID:/zdszpCM
ポコえもん「で、どうします?」

ポコえもん「きっと皆さんのレベルアップに繋がると思いますよ」

小松川「なあシロ、こいつ信用して大丈夫なのか?」

シロえもん「大丈夫だ。インチキ臭いヤツだが意外と嘘は吐かない……はずだ、多分。うん」

シロえもん「よし、乗った。その野球集団の所へ連れて行ってくれ」

ポコえもん「30万」

シロえもん「えっ」 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/26(金) 18:03:15 ID:/zdszpCM
ポコえもん「紹介料です。希望者はあなた方3人ですか?」

ポコえもん「でしたら合計90万円ですね」

平井「カネ取んのかよ!」

小松川「そんな大金払えないよ!」

ポコえもん「それだけの覚悟が無ければ紹介する訳にはいかない、という事です」

ポコえもん「それに平井さんと小松川さんはともかく、シロさん」

シロえもん「ぎく」 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/26(金) 18:04:45 ID:/zdszpCM
ポコえもん「あなたはプロ野球の東京ヤンキースから裏がn」
シロえもん「プライベートでの個人的なお小遣いだ!!!」

ポコえもん「……とにかく30万円くらい払えるのでは?」

シロえもん(このタヌキ野郎……大会で当たったら魔球ホワイトビーンボールの餌食だ)

ポコえもん「ちなみにボクはかぶと虫杯に出場しません」ポン

シロえもん(タヌキ……)

平井「よく分かんねえけど、シロ、お前金持ちだったのか?」

シロえもん「そ、それなりにな」 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/26(金) 18:06:24 ID:/zdszpCM
シロえもん「でも90万は流石に無理だ。オレ1人で行かせてくれないか」

小松川「うん」

平井「うん」

シロえもん「ほら、30万円だ」ドサッ

ポコえもん「すみませんね、本当にすみません」

ポコえもん「故郷を守るには多額のドネートが必要なんです」

シロえもん「そうかそうか。さっさと案内しろ」


________
______
____ 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/26(金) 18:07:44 ID:/zdszpCM
ポコえもん「着きましたよ」ザッ

シロえもん「こんな森で野球をするのか?」ザッ

ポコえもん「ではボクはこの辺で失礼します」ドロン

シロえもん「お、おい! ……本当にいなくなりやがった」

シロえもん「……」ポツーン



「おーい!」



シロえもん「ん? 誰かいるのか?」 


9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/26(金) 18:09:16 ID:/zdszpCM
ロビン「やあ、待っていたよ。君がシロえもんだよね?」

シロえもん「ああ……それでお前は誰だ?」

ロビン「僕はクリストファーロビン」

ロビン「ポコえもんから頼まれて、森での君の生活をサポートすることになったんだ」

シロえもん「なるほど、ポコの知り合いか。よろしく」

ロビン「よろしくね」 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/26(金) 18:10:06 ID:/zdszpCM
ロビン「とりあえず僕について来てもらえるかな? 話はそれからだ」スタスタ

シロえもん「ああ」テクテク




ロビン「着いたよ。お疲れ様」ザッ

シロえもん「ここは?」

ロビン「ここは100エーカーの森球場。今日から君が修行する場所だよ」

シロえもん(雑な球場だな……マウンドなんてただの切り株じゃないか)

シロえもん「……ん?」


プー「?」チョコン 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/26(金) 18:11:10 ID:/zdszpCM
シロえもん(これは……クマ?のぬいぐるみか?)

プー「やあロビン。その猫型ロボットは誰だい?」

シロえもん「ぬいぐるみが喋った!?」

ロビン「ぬいぐるみじゃないよ。僕の親友、くまのプーさんだよ」

プー「僕はプー。きみは?」

シロえもん「あ、ああ……オレはシロえもんだ、よろしく」

プー「よろしくね、シロ」 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/26(金) 18:12:11 ID:/zdszpCM
ロビン「プーは凄いよ。この森で一番のスラッガーさ」

シロえもん「えっ」

プー「シロはピッチャーかい? それともバッターかい?」

シロえもん「あ、ああ……ピッチャーだ」

プー「なら丁度いいや。さっそく僕と勝負しようよ」

ロビン「いい提案だね。僕としてもシロえもんの実力を把握しておきたいからね」

シロえもん(こんな小熊を相手に……舐めてやがるのか) 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/26(金) 18:13:23 ID:/zdszpCM
シロえもん「まあいい。ルールはどうするんだ?」

プー「50球勝負だよ」

シロえもん「変わったルールだな。何球抑えればオレの勝ちになるんだ?」

プー「11球以上抑えればシロの勝ちさ」

シロえもん(たったの11球でいいのか?)

シロえもん(明らかに打者側が不利だぞ) 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/26(金) 18:14:30 ID:/zdszpCM
プー「逆に40球以上『ホームラン』になったら僕の勝ちだよ」

シロえもん「なんだって!?!?」

ロビン「えっ……どうかしたの?」

シロえもん「おかしいだろ! ホームラン以外は全部ピッチャー側の得点になるのかよ!?」

プー「だってホームラン以外の打球に価値なんて無いでしょ?」

ロビン「僕らのシマじゃヒットはノーカンだから」

シロえもん(こいつら……舐めやがって) 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/26(金) 18:15:54 ID:/zdszpCM
プー「どうするんだい?」

シロえもん「……いいぜ。受けて立つ」

シロえもん「ただしノルマが何球だろうが……」

シロえもん「一球たりとも打たせる気はないからな!」

プー「大した自信だね。君とは良いライバルになれそうだよ」

シロえもん「今からウォーミングアップをするから待っていろ」タッタッタッ


・ 

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/27(土) 21:58:01 ID:XSf94wbA
シロえもん「待たせたな」ザッ

プー「それじゃあ勝負といこうか」スッ


ティガー「お! あいつは新しい友達か?」

ルー「友達か?」

ロビン「うん! シロえもんっていうんだ」

オウル「ホホーウ。この森にロボットが来るとは珍しいのう」


シロえもん(まずはストレートで様子見、と行きたいところだが)

シロえもん(一球も打たせないと決めたんだ。最初からWボールだ!)

シロえもん「いくぜ!」ビシュ

シュン シュン シュン シュン

プー「……」グッ 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/27(土) 21:58:53 ID:XSf94wbA
パガッ

シロえもん「なにっ!?」

ギューーーン


イーヨー「わあ……流石プー。いきなりホームランですね」

ルー「今の球、カンガルーボールと同じだ!」

ピグレット「飛距離は160メートルくらいかなあ……」


プー「うーん……打ち損じちゃったよ」

シロえもん(あの飛距離で打ち損じだって!? 何言ってやがる!?) 

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/27(土) 22:00:07 ID:XSf94wbA
シロえもん(こいつ、只者じゃない……出し惜しみしている場合じゃない!)ピョーン

シロえもん「WWWボールだ!」ビシュ

ギュルルルルルルルル


ロビン「すごい!さっきよりも大きな変化球だ!」

ロビン「でも……プーに縦変化は通用しないよ」


パガッ

ギューーーーーン


ティガー「やっぱりプーは凄いな!」ピョンピョン

ルー「今のは200メートル以上飛んだね!」ピョンピョン


シロえもん「」 

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/27(土) 22:00:56 ID:XSf94wbA
プー「どうしたのシロ? もう終わりかい? だらしないなぁ」

シロえもん「」ビシュ

パガッ

ギューーーーーン


・ 

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/27(土) 22:01:57 ID:XSf94wbA
ロビン「スコアはプーが46点、シロえもんが4点か……」

ロビン「まあ大体予想通りの結果だね」

シロえもん「」

ロビン「まずはティガー達と練習して、ここの環境に慣れれば良いんじゃないかな」

ティガー「よろしくな、シロ!」ピョンピョン

シロえもん「」


・ 

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/27(土) 22:02:58 ID:XSf94wbA
ピグレット「あの……ちょっとは落ち着いた?」

シロえもん「もう大丈夫だ、迷惑をかけたな」フーッ

ティガー「気にするなよ!……ところで、さっきのピッチングだが」

ゴーファー「なんつうか、淡泊だったな」

シロえもん「悔しいけどその通りだ」

シロえもん「オレは周りよりちょっと野球が上手いからって慢心していたんだ」

シロえもん「試合中でさえ、壁にでも投げ込むような感覚でマウンドに立っていた……それが淡泊さの原因かもしれない」 

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/27(土) 22:04:04 ID:XSf94wbA
オウル「ホホーウ、そういう事ならラビットから指導を受けると良いかもしれんの」

ラビット「ふーむ……確かに『ラビットボール』を覚えれば投球に駆け引きが生まれるな」

シロえもん「いったいどんな球なんだ?」

ルー「シロも打席に立って見てみるといいよ!」

シロえもん「ただ見るだけじゃ面白くないな。10球勝負だ!」

ティガー「シロはバッティングが得意なのか?」

シロえもん「そ、それなりに……プーと比べると霞むけどな……」


・ 


27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/27(土) 22:05:41 ID:XSf94wbA
ラビット「さあ準備ができたぞ」ザッ

シロえもん「来い」ブンブン

ラビット「ふっ!」シュッ

フワー......

シロえもん(お、遅いな……超スローボー)

ゴォォォオオ

シロえもん「る!?」ブン

ゴーファー「ストライーク!」ズバァン

シロえもん「何が起こった……スローボールかと思ったらいきなり加速しやがった」ゴクリ

ラビット「どんどん行くぞ!」


・ 

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/27(土) 22:07:07 ID:XSf94wbA
シロえもん「なんだかんだ2本はホームランを打てたぜ」

ラビット「この球ばかり投げても打たれやすいのがネックだな」

シロえもん「とはいえ、この球で駆け引きを鍛えれば淡泊さが解消されるかもしれない」

シロえもん「頼む、オレにラビットボールを教えてくれ!」

ラビット「こんな球で良ければな」

ラビット「まず握りはこうで……」

シロえもん「ふむふむ」

ラビット「体を起こして、背筋を伸ばして……」

シロえもん「なるほど」


________
______
____ 

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/27(土) 22:07:57 ID:XSf94wbA
~2週間後~

シロえもん「……という訳で50球勝負だ、プー!!」

プー「うん。わかったよ」

ロビン「久しぶりの勝負だね。特訓の成果が見られると良いなぁ」

シロえもん「オレの肩はもう温まってるぜ。早く打席に立ちな」ザッ

プー「……」スッ 

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/27(土) 22:09:40 ID:XSf94wbA
シロえもん「はぁっ!」ビシュ

グンッ


ロビン「あれは初日にプーが苦戦(フェンス直撃)したカーブだ!」

ロビン「……でも」


パガッ

ギューーーーン

シロえもん「くっ……!」

プー「あの時は初めて見るカーブにびっくりしたけど、今はもう平気だよ?」

シロえもん(やっぱりダメか、なら次はこの球だ!)グッ 

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/27(土) 22:11:18 ID:XSf94wbA
シロえもん「はぁっ!」シュッ

フワー......


ロビン「へえ……ラビットボールを覚えてきたんだね」


ゴォォォオオ

パガッ

シロえもん「うっ……」

ギューーーーーン

シロえもん(ラビットボールでもだめか……)

シロえもん(でも慌てるな、まだ48球も残っているんだ)

シロえもん(勝負はこれからだ!)キッ 

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/27(土) 22:12:18 ID:XSf94wbA
シロえもん(もう1球、ラビットボールだ!)シュッ

フワー......

ゴォォォオオ

プー(同じ球……もしかしてもう手詰まりなのかな?)

パガッ

ギューーーーーン


ロビン「……」

ロビン(確かに、ラビットボールを習得したのは凄いよ)

ロビン(でも今はこれで精一杯みたいだね)ウーン

ロビン(やっぱり、この短期間でプーに勝つなんて無理があったんだ) 

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/27(土) 22:14:26 ID:XSf94wbA
シロえもん(……とでも思っているはずだ)

シロえもん(ここで、とっておきの魔球の出番だ!!)

シロえもん「はぁっ!」ヒュン

フッ


ロビン「消えた!?」


プー「わあ、ティガーボールだね」

カッ

シューーン

プー「……ライト前に落ちたね」

シロえもん「どうだ! 見たか!」ガッツポ

シロえもん「4球目にして1点を奪ってやったぜ!」(打ち取ったとは言っていない) 

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/27(土) 22:15:54 ID:XSf94wbA
ロビン「まさかティガーボールまで習得していたなんてね」

ロビン「君なら、もしかしたらプーにも勝てるかもしれない……」


シロえもん(けど今のは初見殺しも同然だ。きっと二度目は通用しない)

シロえもん(勝つためには何とかしてプーの裏をかく必要がある)

シロえもん「この駆け引きの楽しさ……すっかり忘れていたぜ」

プー「次は打つよ」スッ

シロえもん「行くぜ、プー!」ビシュ


________
______
____ 

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/27(土) 22:21:14 ID:XSf94wbA
ピグレット「あ! シロが帰ってきたよ」

シロえもん「……」ズーン

ティガー(あっ、これ負けたな)

ラビット「一応聞いておくが、結果はどうだった?」

シロえもん「スコアはプーが44点、オレが6点だ……」

シロえもん「……新しい魔球を2つも覚えたのに、初日と殆ど変わらないだなんて」ズーン

オウル「ティガーボール、ラビットボール、カンガルーボール、オウルボール」

オウル「それらを全部投げられるロビンでも、プーには勝てないからのう」

ティガー「悔しいけど、俺様たちが力を合わせてもプーには勝てないって事だ」 

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/27(土) 22:22:28 ID:XSf94wbA
シロえもん「力を合わせても敵わない、か……」

シロえもん(オレが今まで1人で倒してきたチームの奴らも、こんな気持ちだったんだろうな)

シロえもん(でも……ドラーズは力を合わせてホワイターズに勝ったんだ)

シロえもん(皆で戦えば、無理なんてことはないはずだ) 


39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/27(土) 23:05:55 ID:XSf94wbA
シロえもん(消える魔球、ティガーボール)

シロえもん(加速する魔球、ラビットボール)

シロえもん(縦にジグザグの魔球、カンガルーボール)

シロえもん(横にジグザグの魔球、オウルボール)

シロえもん(限界を超えた変化をする魔球、WWWボール)

シロえもん「皆で戦えば……はっ!」ピコーン

ルー「どうしたの?」

シロえもん「この手があった! ゴーファー、ちょっと付き合ってくれ!」ガシッ

ゴーファー「おいィ!? なんだよ急に!?」グイッ

シロえもん「特訓だ!」ダダダダ

________
______
____ 

40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/27(土) 23:06:51 ID:XSf94wbA
その後、シロえもんは寝る間も惜しんで特訓に明け暮れた。


シロえもん「くっ……」ビシュ

ズバァン

シロえもん「はぁっ……はぁっ……」

ロビン「シロえもん、少しは休んだら?」

シロえもん「だめだ……」

シロえもん「なんとしてでも……この新魔球を完成させなきゃいけないんだ……」ギラリ 

41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/27(土) 23:07:51 ID:XSf94wbA
ロビン(凄い気迫だ……)

ロビン「そんなに無理してまで、急いでプーに勝ちたいの?」

シロえもん「それもある……けど……」

シロえもん「他に……絶対に、負けたくないヤツがいるんだ……」

ロビン「……分かったよ。君の覚悟は伝わった」

ロビン「ちょっと待っててね」タタタタ


・ 

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/27(土) 23:08:58 ID:XSf94wbA
ロビン「これを使うといいよ」スッ

シロえもん「なんだこれは? シロップ?」

ロビン「これはね、この森に伝わる秘薬『8Mi-2』だよ」

ロビン「本当なら森の住人にしか使う事を許されないけど……」

ロビン「シロえもんは特別さ。きっと皆も分かってくれる」 

43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/27(土) 23:10:38 ID:XSf94wbA
ロビン「さあ、舐めてごらん」

シロえもん「……」ペロッ

シロえもん「……」

シロえもん「!!!」

シロえもん「す、すごい……体の内側から力が湧いてくるぞ!」ホカホカ

シロえもん「それにこの高揚感……アーイイ……遥かに良いです……」ウットリ

ロビン「効果てきめんだね!」

シロえもん「よっしゃぁぁあああ!! オレはやるぞぉぉおおおお!!!」


________
______
____ 

46 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/28(日) 23:46:31 ID:jU17c5ag
~大会前日~

シロえもん「みんな、今日でオレは荒川に帰らないといけない」

オウル「寂しくなるのう」

シロえもん「だから、プー」

シロえもん「最後にオレと勝負してくれ」

プー「待っていたよ。君はずいぶん頑張っていたみたいだからね」

シロえもん「ああ……特訓の成果を見せてやる!」


・ 

47 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/28(日) 23:47:16 ID:jU17c5ag
シロえもん「ルールはいつも通り、50球勝負だ」ザッ

シロえもん「準備はいいか?」

プー「いつでもどうぞ」スッ

シロえもん「……いくぜ!」キッ

ピョーン

プー(跳んだ……WWWボールかな?) 


48 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/28(日) 23:49:08 ID:jU17c5ag
シロえもん「はぁっ!」ビシュ

フワー......

プー(いや……この球速はラビットボールかな?)

フッ

プー「わあ、消えた」

プー(これはティガーボール?)

ズバァン

ゴーファー「ストライーク!!」

シロえもん「どうだ! これがオレの新魔球だぜ!」グッ

プー「びっくりしたよ……ラビットボールとティガーボールの合わせ技かな?」 

49 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/28(日) 23:49:58 ID:jU17c5ag
シロえもん「それだけじゃないぜ」

シロえもん「この魔球はなあ」

シロえもん「消えて」

シロえもん「加速して」

シロえもん「斜めにジグザグに」

シロえもん「大きく変化する魔球だ!!」ドーン

シロえもん「名付けて『ハニーボール』!」


ティガー「皆の力をハチミツのように混ぜ合わせた魔球ってことか!」

ラビット「とんでもない魔球だ……シロえもん、なんてヤツだ!」 

50 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/28(日) 23:50:49 ID:jU17c5ag
シロえもん「どんどん行くぜ!」ビシュ

プー「わあ」ブン

ゴーファー「ストライーク!」ズバァン

シロえもん「オレは負けない!」ビシュ

プー「う~ん」カッ

ゴーファー「ファール!」


________
______
____ 

51 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/28(日) 23:52:31 ID:jU17c5ag
ロビン「スコアはプーが19点、シロえもんが31点だね」

シロえもん「よし! 初めて勝った!」ガッツポ

プー「完敗だよ。これが皆の力かあ……」

プー「今まで気付かなかったよ、皆で力を合わせることの大切さに」

プー「なにしろ、この森に本職のバッターは僕しかいないからね」

プー「周りはみんな対戦相手だったからね」

ロビン「そっか……ごめんよ、プー」

ロビン「君はずっと、孤独に戦い続けてきたんだね……」 

52 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/28(日) 23:53:31 ID:jU17c5ag
シロえもん「ちょっと前まではオレも独りで野球をしていた」

シロえもん「そんなオレでも変われたんだ。きっとプーも上手くいくさ」

プー「シロ……ありがとう」

ロビン「今日からは僕たちも頑張ってバッティングを練習するよ」

ロビン「プーと一緒にね!」

ラビット「シロ、次に会った時はわしがバッターとして勝負しよう」

シロえもん「ああ!」

シロえもん「……さてと」

ピグレット「シロ、やっぱり帰っちゃうの?」 

53 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/28(日) 23:55:05 ID:jU17c5ag
シロえもん「オレもな、一緒に頑張りたいチームメイトがいるんだ」

ティガー「また来いよ、シロ!」

ピグレット「あの……チームメイトによろしくね」


シロえもん「……」スタスタ

シロえもん「……」チラ

シロえもん「……!」ガッツポ


プー「……!」ガッツポ

プー「シロ、忘れないで」

プー「僕はここにいるよ」

プー「僕たちはずーっと、ここにいるよ――」



~ WINNIE THE POOH ~


________
______
____ 

54 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/28(日) 23:56:22 ID:jU17c5ag
~江戸川グラウンド~

シロえもん「よお」

クロえもん「し、シロ? いったい何の用だ?」

シロえもん「クロ! 俺と勝負しろ!」

クロえもん「なんだよ、大会まで待てないのか?」

シロえもん「ああ、はやく特訓の成果を見せたくてウズウズしているんだ」ギラリ

シロえもん「お前も野球バカなら分かるだろ? この気持ちが」

クロえもん「ははっ。やっぱりお前も、どうしようもないダメロボットみたいだな」

クロえもん「いいぜ、受けて立つ!」

シロえもん「そう来なくちゃな」 

55 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/28(日) 23:58:27 ID:jU17c5ag
クロえもん「で、ルールはどうするんだ? 1打席勝負か?」

シロえもん「いや、50球勝負だ」

クロえもん「何だっていいぜ!」

クロえもん「だけど、どのくらいヒットを打てばオレの勝ちになるんだ? 3割くらいか?」

シロえもん「はぁ……」

シロえもん「いちいち説明しなきゃ分からないのか? ダメロボットめ」フーッ

シロえもん「まあいい、教えてやる。50球のうち……」




シロえもん「40球以上ホームランでお前の勝ちだ!」

クロえもん「ファッ!?」


おしまい 

56 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/12/28(日) 23:59:51 ID:jU17c5ag
くぅ疲これ完!
以下、シロ達のみんなへのメッセジをどぞ!

シロえもん「あまーい……アーイイ……遥かに良いです」ペロペロ

ポコえもん「http://games.kids.yahoo.co.jp/sports/013.html」

クロえもん「http://kids.disney.co.jp/game/3039.html」

終