2: ◆bvqVN1tP96Fx 2013/10/30(水) 20:58:19.22 ID:+Icjf0v90
□マミさんの家

ベベ「モグモグゴニョ」

マミ「もうベベったら。あんまりお行儀が悪いとチーズになっちゃうわよっ」

ベベ「魔女○ンコカマンベール! 魔女○ンコカマンベール!」

マミ「うふふ」

まどか「本当に仲が良いですね。マミさんとベベ」

まどか「そういえば初めてマミさんと会ったころも、ベベと一緒でしたよね?」

マミ「ええそうよ。ベベは昔からの友達なの」


引用元: マミ「ちょっとだけ叛逆してきたわ」 


 

巴マミの平凡な日常 (3) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
原案:Magica Quartet 漫画:あらたまい
芳文社 (2015-12-12)
売り上げランキング: 34,786
3: ◆bvqVN1tP96Fx 2013/10/30(水) 20:59:41.15 ID:+Icjf0v90

ベベ「じょぼぼ! じゅべべ!」

マミ「出会ったのは随分前。美樹さんや鹿目さんよりもずっと前のことよ」

ほむら「いつからベベがマミさんのところに?」

マミ「ん。暁美さん?」

まどか「?」

ほむら「ちょっと聞いただけ」

まどか(ほむらちゃん・・・?)


4: ◆bvqVN1tP96Fx 2013/10/30(水) 21:00:19.37 ID:+Icjf0v90

マミ「なんだかもう随分昔のことみたい。あのころはね、この街には私しか魔法少女は居なかったの」

マミ「ひとりぼっちの私を支えて励ましてくれたのはベベだけだったのよ」

マミ「この子が居なかったら私はとっくにダメになっていたわ」

ほむら「そんな・・・」

まどか「マミさん・・・大変だったんですね」

6: ◆bvqVN1tP96Fx 2013/10/30(水) 21:01:12.54 ID:+Icjf0v90

ほむら「巴さんはもっと強くてたくましい人です!」

マミ「ありがとう。確かにそうやって頼りがいのある先輩ぶってた時期もあったわね」

マミ「でもね鹿目さんや美樹さんが一人前になって、佐倉さんや暁美さんも味方になってくれて」

マミ「今はこんなに頼れる仲間がいるんですもの」

マミ「私、とっても幸せよ」

まどか「マミさん・・・」

マミ「もう昔みたいに背伸びして頑張る必要はなくなったの」

ベベ「魔女☆ンコ! 魔女○ン@! 魔女マ○○!」

マミ「こーらっ、エッチなのはダメよ」

7: ◆bvqVN1tP96Fx 2013/10/30(水) 21:01:59.75 ID:+Icjf0v90

まどか「えへへ。こういうのなんだかにぎやかで楽しいですね」

マミ「でもそうね、今にして思えば、魔法少女としての運命を受け入れた生き方が
    こんなに充実して素敵なものになるなんて想像もしてなかったわ」

ほむら「・・・巴さん。お茶のおかわり下さい」ゴクゴク

マミ(・・・!?)

マミ「ちょっと待っててね」

マミ「♪」

8: ◆bvqVN1tP96Fx 2013/10/30(水) 21:03:04.98 ID:+Icjf0v90


ほむら「ククク、このときを待っていたわ」

ほむら(時間停止っ)

マミ(やっぱりこの子・・・!)

ベベ「ブギャ!!」

ほむら「ベベ。茶番はもう終わり。見滝原の結界を作ったのは魔女の仕業なのはわかってる」

ベベ「ギューヴェー」



9: ◆bvqVN1tP96Fx 2013/10/30(水) 21:03:37.09 ID:+Icjf0v90


ほむら「思い出したのよ。偽りの記憶をみんなに植えつけてたのもあなたなのね」

ほむら(嫌になるわ。記憶をひとつ思い出すと次から次へと・・・)

ベベ「ギューヴェーギューヴェー」

ほむら(巴マミに這い寄る混沌め!)

ほむら「白状しなさい! こんな回りくどい手口を使って一体何が目的なの?」

ベベ「マジョ○ンコカマンベールゥゥゥゥウ」


11: ◆bvqVN1tP96Fx 2013/10/30(水) 21:04:10.51 ID:+Icjf0v90


マミ「トッカ・スピラーレ!」

ほむら「きゃっ」

マミ「理由がわかるまで、このまま大人しく見守っていようと思ってたけど」

マミ「これ以上ベベを苦しめるなら覚悟しなさい、暁美さん」

ほむら「何故時間停止が・・・まさか」

ほむら(初めからリボンを付けられていた!?)


13: ◆bvqVN1tP96Fx 2013/10/30(水) 21:05:08.99 ID:+Icjf0v90
>>10
初っ端からアレです

14: ◆bvqVN1tP96Fx 2013/10/30(水) 21:06:15.55 ID:+Icjf0v90


マミ「どういうことか説明してくれる?」

ほむら「信じて! この見滝原は本物の見滝原じゃないの」

ほむら「あなたはベベに騙されているの。私達みんな偽りの記憶を植えつけられていたのよ」

マミ「うわぁ・・・暁美さん。いったい何をこじらせたのよ・・・」


16: ◆bvqVN1tP96Fx 2013/10/30(水) 21:06:42.05 ID:+Icjf0v90

ほむら「だから。あいつを倒さないとっ」

マミ「危ない。ベベッ!! 逃げて」



ベベ「ギュベベーィィイ! マジョマ★コカマンベール」



ほむら「へえ? その子に味方するつもりね」

マミ「あたりまえよ。追いかけるのであれば私と戦う羽目になるわ」


17: ◆bvqVN1tP96Fx 2013/10/30(水) 21:07:28.33 ID:+Icjf0v90


ほむら「仕方ないわね・・・」

マミ「どうなっても知らないわよ?」

ほむら「魔法少女暦数年の巴マミに撃ち合いで勝負・・・ふふ」

マミ「どうしたの? この場で謝るのなら考えてあげてもいいけど」


ほむら「闘争の記憶を取り戻した私が負けるはずないわっ」

ほむら「無数の装備、積み重ねた経験値は本物なのだから」

マミ「随分とお行儀が悪いこと」


18: ◆bvqVN1tP96Fx 2013/10/30(水) 21:08:22.28 ID:+Icjf0v90


ほむら「ふんっ。私の重装備を見ても言えるの? 刮目しなさい! MG42よ」

ほむら「『ヒトラーの電動鋸』の異名を持つの。毎分1200発のモーゼル弾があなたを蜂の巣にするわ」


マミ「!」


ほむら「次はスコーピオン。威力は低いけど命中精度は折り紙付きよ! .32ACP弾が~」


マミ「!!」


ほむら「まだまだあるわ。マスケットをちょっと弄った程度で私に勝てるはずもない」


マミ「!!!」


19: ◆bvqVN1tP96Fx 2013/10/30(水) 21:08:54.22 ID:+Icjf0v90


マミ「それでもベベは私の友達。これ以上傷つけるのは許さない!」

ほむら「威勢だけは十分ね、ベベは私の敵なのよ」

ほむら「覚悟しなさい!」


20: ◆bvqVN1tP96Fx 2013/10/30(水) 21:10:00.93 ID:+Icjf0v90

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
二分後。いえ、二分も経っていないと思うのよ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ほむら「死亡フラグを立てても圧倒する自信があったのに」

ほむら「こてんぱんにやられてしまったわ」

さやか「あんた絶好調のマミさんに正面から挑むなんてホント馬鹿」


ほむら「巴マミじゃなくてベベが悪いのよ」

さやか「あれが魔女だったからって襲うのはどうかと思うよ」

ほむら「マミを襲えば良かったの?」

さやか「え?」

ほむら「え?」


21: ◆bvqVN1tP96Fx 2013/10/30(水) 21:10:58.13 ID:+Icjf0v90


マミ(何か暁美さんに圧勝したと思ってたら消火器でベベに手足が生えてる・・・ような)

マミ「いったいどういうこと?」

なぎさ「今まで隠していてごめんなさい。でも落ち着いて話を聞いてほしいのです」

マミ「あなた・・・ベベ?」


22: ◆bvqVN1tP96Fx 2013/10/30(水) 21:12:01.63 ID:+Icjf0v90


なぎさ「百江なぎさ。円環の理の鞄持ちその2なのです」

なぎさ「かつて魔法少女として希望を振り撒き、魔女として絶望を撒き散らした存在と言えば伝わるでしょうか」


マミ「魔女・・・思い出してきたわ。暁美さんがたまに拗らせて言う設定ね」

なぎさ「ほむらは宇宙改変前の記憶を持ち越しているのです」


なぎさ「つまり事実なのです。そしてマミは魔女によって記憶を書き換えられています」

なぎさ「この結界の主によって理想的な先輩の記憶を与えられたというのが正しいですが」


23: ◆bvqVN1tP96Fx 2013/10/30(水) 21:13:09.58 ID:+Icjf0v90


マミ「私がベベと昔からの友達だというのは・・・まさか!」

なぎさ「はい、偽りの記憶なのです。私とマミは友達どころか初対面です」

マミ「なんですって・・・」



マミ「ひとりぼっちの私を支えてくれたのは・・・」

なぎさ「?」

なぎさ「大体の時間軸ではそんな人居ません。ひとりぼっちで駄目人間になってます」

マミ「そんな・・・」


24: ◆bvqVN1tP96Fx 2013/10/30(水) 21:14:51.37 ID:+Icjf0v90


マミ「えっと。私は常に頼り甲斐のある先輩を装ってたと?」

なぎさ「ご名答です。マミは賢いのです」

マミ「ええーっ」



マミ「鹿目さんと美樹さんが魔法少女として一人前になるのは流石に事実・・・」

なぎさ「これは偽りの記憶ですね。おおむね数戦以内でくたばっているのです」

マミ「くすん」


26: ◆bvqVN1tP96Fx 2013/10/30(水) 21:15:56.47 ID:+Icjf0v90


マミ「暁美さんと佐倉さんが味方になるのは覆しようの無い思い出として」

なぎさ「あー残念です。様々な時間軸で裏切ったり裏切られたりで、てんてこ舞いでしたよ」

マミ「やっぱり・・・」



マミ「頼れる仲間が居て、幸せいっぱいの人生を送ってるのは心の中に・・・」

なぎさ「勿論、ひとりぼっちなので不幸いっぱい泣いてばかりの人生でしたよ」

マミ「わぅ・・・」


27: ◆bvqVN1tP96Fx 2013/10/30(水) 21:17:30.07 ID:+Icjf0v90


マミ「背伸びしてた時期もあったけど、今の私同様、魔法少女の運命を受け入れたのよね?」

なぎさ「遺書を残して公園で死ぬくらいには受け入れてましたよ!」

マミ「ぐずっ」

なぎさ「余談ですが、マミが充実して素敵な人生を送ったかどうかは言うまでもないのです」

マミ「いじわる! ベベのいじわる!」


28: ◆bvqVN1tP96Fx 2013/10/30(水) 21:18:24.32 ID:+Icjf0v90


マミ(何よ何よ! こんな結末認められないわ!)

マミ「ハッ! この結界の主は暁美さんね!」

なぎさ「そうなのです。さやかが監視を掻い潜ってヒントを与えている最中だと思うのです」

マミ「ありがとう! 暁美さんを探してくるわ」ダダダダ


29: ◆bvqVN1tP96Fx 2013/10/30(水) 21:19:04.52 ID:+Icjf0v90

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
五分後。くよくよしてる暁美さんを見つけたの。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


マミ「やっと見つけたわ、暁美さん」

ほむら「巴マミ・・・。私、もしかしたら。もしかしたら魔――」

マミ「二週間だけ待って。もうちょっと余韻を! もう少しだけ夢を見ていたいの!」クワッ

ほむら「!?」


30: ◆bvqVN1tP96Fx 2013/10/30(水) 21:19:57.40 ID:+Icjf0v90

マミ「お願い! お願い! 少しだけ、少しだけ私にチャンスを!!」

ほむら「そんな・・・あなたのその必死さで気づいてしまったわ・・・」


     \ Gott ist tot /


ほむら「私はいつの間に――」


     \ Gott ist tot /


マミ 「死んでない! 神は死んでないから! 諦めないで!」

マミ「二週間様子見ましょう? ね? 生き返るかもしれないわ!」


31: ◆bvqVN1tP96Fx 2013/10/30(水) 21:21:11.13 ID:+Icjf0v90


     \ ホームラチャン /
     \ ホームラチャン /


ほむら「――魔女になってしまったの!」


     \ ホームラチャン /
     \ ホームラチャン /



マミ「うわああぁぁぁああんん!!!!!!」


QB「マミ。ちょっとボクの出番を奪わないで欲しいな」

ほむら「だーまーりーなーさぁーーい!」


32: ◆bvqVN1tP96Fx 2013/10/30(水) 21:23:11.29 ID:+Icjf0v90

~~
中略
~~


杏子「胸糞悪くなる夢を見たのさ」

杏子「さやかが死んじまう夢。でもそっちが現実で今戦ってるのが夢なのか・・・」

さやか「夢って言うほど悲しいものじゃないよ。結局あたし、あんたが心残りだったんだよね」


33: ◆bvqVN1tP96Fx 2013/10/30(水) 21:24:12.23 ID:+Icjf0v90


マミ「私も気分が悪くなる夢を見たの」

マミ「美樹さんが亡くなった時、私の発言で佐倉さんと暁美さんが笑いを堪える夢」

マミ「でもそっちが現実で今戦ってるのが夢だったのね・・・」


杏子「マミ! ボケてないで戦ってくれよ」

マミ「ここ夢なのよ! 夢から醒めたくないの!!!」

さやか「マミさん・・・あんた」


34: ◆bvqVN1tP96Fx 2013/10/30(水) 21:27:50.34 ID:+Icjf0v90

なぎさ「なぎさはチーズが食べたかっただけなのです!」

マミ「小学生よね? ベベはチーズで契約したの?」

なぎさ「そうなのです。でも契約した直後、窓からうっかりソウルジェムを落としたのです」

マミ「あらら。それで割れちゃったのね」

なぎさ「病院の駐車場に落っこちたと円環の理が教えてくれました」

なぎさ「奇跡的にソウルジェムは無傷でしたが、100m圏外なのでそのまま濁って・・・」

マミ「まどかだけに・・・窓から」


さやか「あんたらいい加減にしろー!!」


マミ「やあよ。もう少しだけ好き勝手させて貰うわよ!」



ほむら「ねえまどか・・・巴マミが」

まどか「見ちゃダメ」

35: ◆bvqVN1tP96Fx 2013/10/30(水) 21:30:58.85 ID:+Icjf0v90
終わりノ
ただでさえうろ覚えなのに、ここから先の展開が記憶に無いのです