1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 23:14:26.21 ID:doZ0fSp/0
絢辻「……ねぇ?何してるの?」

橘「あ、絢辻さん!?」

橘「違うんだ!これは……その、ね?」

絢辻「……何がどう違うのかわからないけど、話は聞いてあげる」

橘「ぼ、僕は」

橘「見ての通り、絢辻さんの上履きの匂いを嗅いでたんだ」

絢辻「うん、それはわかったから」

絢辻「あたしはね、それの理由を聞いてるんですけど?」

橘「……気になったんだ」

絢辻「はい?」

橘「あ、絢辻さんの上履きってどんな匂いがするのか気になったんだよ!」

絢辻「へぇ、そうなの?それなら仕方ないわね」

橘「そうそう、仕方のないことなんだよね。ははっ」

絢辻「ふふっ、もう橘君ったら!」

引用元: 絢辻「橘君?あたしの上履きに何してるの?」 


 

アマガミSS Blu-rayソロ・コレクション 絢辻 詞編
ポニーキャニオン (2016-12-21)
売り上げランキング: 367
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 23:23:26.85 ID:doZ0fSp/0
絢辻「でね?ビンタされるのと足を思いっきり踏まれるのどっちがいい?」

橘「う~ん、穏やかじゃないなぁ……」

絢辻「え?両方されたいの?」

橘「ま、待って!一度落ち着こう?ね?」

絢辻「……あたしは冷静だけど?」

絢辻「で?どうされたいの?」

橘「しょ、初心者だから!僕は初心者だから優しくして貰えると嬉しいなって!」

絢辻「うん、わかった。優しく、ね?」

橘「さ、さすが絢辻さんだ!話がわかるッ!」

絢辻「するわけないでしょ!?このド変態ッ!」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 23:31:38.25 ID:doZ0fSp/0
橘「うぅ、優しくしてってお願いしたのに……」

橘「身体の至る所がジンジンするよ……」

絢辻「自業自得よ」

絢辻「……で?何で上履きの匂い嗅いでたの?」

橘「えっ?それはもう済んだ話じゃ」

絢辻「これはあたしの単純な好奇心」

橘「好奇心!?」

絢辻「ねぇ?どうしてそういうことをしたくなったの?」

絢辻「あ、わかった!あたしの弱みを握ろうとしたんでしょ?」

絢辻「あたしに辛く当たられる度に『足が臭い癖によく言うね』って心の中でほくそ笑むつもりだったんでしょ?」

橘「ち、違うよ!そんな後ろ向きな理由じゃない!」

絢辻「へぇ?じゃあさ、どんな理由なの?」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 23:39:55.92 ID:doZ0fSp/0
橘「そ、それは……」

絢辻「それは?」

橘「す、好きな人のことをもっとよく知りたいなと思って……」

橘「す、好きな女の子の匂いを嗅ぎたくなっちゃったんだ!!」

橘「い、いけないことだというのはわかってたんだけど……」

橘「でも、絢辻さんへの想いが止まらなくて!」

絢辻「う~ん、変態の考えることはやっぱりわからないわ」

橘「ははっ……すみませんでした」

絢辻「……ん?今さ、何か重大なことを言われた気がするんだけど」

絢辻「え~と、橘君は好きな人の匂いが嗅ぎたくなったわけでしょ?」

絢辻「それで嗅がれてたのはあたしの上履き、と」

絢辻「……」

絢辻「~~~~~!?」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 23:50:26.03 ID:doZ0fSp/0
絢辻「……橘君?あのさ?」

絢辻「もう少し、こうね?」

絢辻「ムードとかあるじゃない?」

絢辻「想いが溢れ出しちゃったのは、わかるんだけどね?」

橘「……うん」

絢辻「やり直して」

橘「えっ?」

絢辻「や、やり直しを要求します!」

橘「やり直し!?」

絢辻「ふ、ふざけないでよ!?考えられる限り最悪の告白でしょ!?」

絢辻「ううん、考えてもみなかった!こんなシチュエーション!」

絢辻「あ、あたしの恋心をどうするつもりなのよ!?ねぇ!?」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 00:06:22.95 ID:t7kUxga+0
橘「あ、絢辻さんの恋心?」

絢辻「そうよ!あたしは上履きをクンカクンカしてる変態が好きなの!大好きなの!」

橘「えぇ!?」

絢辻「なに?何か文句あんの?」

橘「い、いや……文句はないけど」

橘「てっきり嫌われたかと思ったんだけど」

絢辻「何を今更。こんなことで嫌いになるわけないでしょ?」

橘「そ、そうなの?」

絢辻「このあたしとしたことが、不覚にもね」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 00:28:03.47 ID:t7kUxga+0
絢辻「さて、あたしの胸中を吐露したところで」

橘「う、うん?」

絢辻「やり直し……してくれるよね?」

橘「う、うん。絢辻さんの気持ちも知らずに、僕は大変なことをしてしまったよ……」

橘「でも、やり直しはちょっと待って?」

橘「今さっき失敗したばっかりだし、日をあけた方がいいと思うんだ」

絢辻「……それもそうね」

橘「だからさ、僕はクリスマスにもう一度絢辻さんに告白するよ」

橘「陳腐な話かもしれないけど、ちゃんと想いを伝えるには打って付けの日だと思うんだ」

絢辻「本当に陳腐ね」

絢辻「ふふっ、でもそういうの嫌いじゃないわよ?」

絢辻「中途半端なことしたら許さないんだから!」

おわり

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 01:11:32.60 ID:t7kUxga+0
橘「絢辻さん!大変だ!」

絢辻「はいはい、どうしたの?」

橘「な、七咲が……七咲がっ!」

絢辻「七咲?……あぁ、水泳部の一年生だっけ?」

絢辻「で?その七咲さんがどうしたの?」

橘「ぼ、僕の上履きの臭いを嗅いでた!」

絢辻「へぇ、それは大変ね」

絢辻「……って!本当に大変なことになってるじゃない!?」

橘「し、しかも!臭いを嗅いだあとにギュッと抱きしめてた!僕の上履きを!」

絢辻「へ、変態!変態がいますよー!」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 01:23:07.38 ID:t7kUxga+0
橘「あわわわっ!僕はどうしたら!」

絢辻「お、落ち着きなさい!」

パシーン!

橘「えっ……僕なんで頬を叩かれたの?」

絢辻「どう?落ち着いた?」

橘「う、うん。不思議と落ち着いたよ」

絢辻「それで?橘君はそんな七咲さんを目撃してどうしたの?」

橘「ただ事じゃない雰囲気だったから、思わず逃げてきちゃったよ……」

橘「むしろ『や、やぁ!僕の上履きを気に入ってくれたのかい?』って感じで気さくに声をかけるべきだったかな?」

絢辻「いえ、逃げて正解だったと思うわ」

橘「だ、だよね!」

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 01:31:42.06 ID:t7kUxga+0
絢辻「ねぇ?七咲さんって気の毒な子なの?」

橘「い、いや!彼女の名誉の為にもそこは否定させてもらうよ!」

橘「普段の七咲はクールで生意気な所もあるけど、後輩なのに面倒見がよくてお姉さんみたいなしっかりした子なんだ……!」

橘「なのに……なのにっ!何であんなことを!?」

絢辻「あ~、ニュースでよく見るパターンよね」

絢辻「あ、あの人があんなことをするなんて信じられません!ってヤツ」

橘「そ、そんな……七咲は明日の朝刊を飾っちゃうの!?」

橘「だ、ダメだよ!そんなの!!」

絢辻「……そうね、ダメダメね」

橘「な、何とかしなきゃ!」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 01:39:29.37 ID:t7kUxga+0
絢辻「何とかするって、どうするの?」

橘「な、七咲に詳しく話を聞くよ!」

橘「もしかしたら、何か深い事情があったのかもしれないし」

絢辻「……深い事情?」

橘「……うん。深い事情が、ね?」

絢辻「……ありそう?」

橘「……ははっ、ないよね」

絢辻「ま、参考までにだけど」

絢辻「あたしだったら見なかったことにするな」

橘「何で!?七咲が朝刊を飾ってもいいの!?」

絢辻「か、飾るわけないでしょ!?バッカじゃないの!?」

橘「……うん、冷静に考えればそうだよね。僕どうかしてた」

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 01:46:32.58 ID:t7kUxga+0
絢辻「七咲さんの気持ちも考えてみて?」

絢辻「上履きをどうにかしてたところを誰かに目撃された、しかも目撃者は当人だったなんて」

絢辻「……一人の女の子の人生が狂うのには十分すぎる出来事じゃない?」

絢辻「だからね?なかったことにした方がお互いの為になると思うの」

橘「た、確かに……」

絢辻「波風立たせないのが、あたし流だからね」

絢辻「でもさ?こんなこと偉そうに言ってみたものの」

絢辻「……ものすっごく気になるわよね」

橘「うん。ものすっごく気になる」

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 01:54:14.84 ID:t7kUxga+0
絢辻「精神衛生上よくないわ。うん。すっごくよくない」

絢辻「あたしの心をこんなに乱すなんて……責任とりなさいよ?」

橘「え?責任?」

絢辻「もう!女の子に全部言わせるつもりなの?」

絢辻「ちゃ、ちゃんと責任とってよね?……橘君?」

橘「ですよね」

絢辻「そうと決まれば早速行動ね。はい、状況開始ですよー!」

橘「な、七咲の人生は!?」

絢辻「そこを上手くやるのが橘君の腕の見せ所でしょ?」

絢辻「ふふっ、楽しくなってきたわ……!」

橘(あ、悪魔だ!みなさーん!ここに悪魔がいますよー!)

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 02:03:23.99 ID:t7kUxga+0




七咲「あれ?こんな所で何をしてるんですか?」

橘「と、年下のスポーツ少女と一緒にかえりたくなっちゃってね。部活が終わるまで待ってたんだ」

七咲「……出待ち、ですか」

橘「うん、出待ちしてたんだ。七咲を」

七咲「ふふっ、仕方のない先輩ですね。さぁ、帰りましょっか」

橘「うん、帰ろう」

七咲「あ、どこかに寄っていくんですか?」

橘「うん、そのつもりだったけど……時間大丈夫かな?」

七咲「はい。あまり遅くならなければ大丈夫です」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 02:01:49.12 ID:a3geEGfz0
登校して来た時だと玄関に多く人がいるし無理だと思う。
忘れ物取りに戻ったのならどこへ逃げたのか、どこで何を履いて絢辻と会話をしてるのか。

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 02:08:56.28 ID:t7kUxga+0
>>65
忘れ物を取りに戻る

上履きを愛でる七咲を目撃

橘さん逃げる

たまたま下校中の絢辻さん発見

は、話を聞いてもらおう!うん!そうしよう!

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 02:14:58.16 ID:t7kUxga+0
~いつもの公園~

七咲「ブランコに乗るにはもう暗くないですか?」

橘「い、いや。ここなら七咲と二人きりになれると思って」

七咲「はい?まぁ、いいですけど」

七咲「……何か二人きりじゃないとできないお話でもあるんですか?」

橘「う、うん」

七咲「なるほど。では、あそこのベンチに座りましょう」

スタスタ……スッ

七咲「で、お話って何ですか?」

橘(ど、どうしよう!?何て切り出せばいいんだ!?)

橘「え、えーとね?七咲?」

七咲「……はい」

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 02:22:18.78 ID:t7kUxga+0
橘(うぅ……そんな真っ直ぐに僕の目を見ないで!)

橘(す、吸い込まれてしまいそうだよ!)

七咲「……先輩?」

橘「う、うん!あのね!」

七咲「……」キュッ

橘(七咲が胸にもたれかかってきた!?)

橘(というか、これむしろ抱きつかれてるよね!?)

七咲「……」スンスン

橘「な、七咲?」

七咲「先輩の匂い……やっぱり落ち着きますね」

七咲「……わかってますよ、見られてたことくらい」

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 02:29:35.83 ID:t7kUxga+0
七咲「だ、だって仕方ないじゃないですか」

七咲「……急に先輩に会いたくなっちゃったんですから」

七咲「溢れそうな気持ちを鎮める為には、先輩の匂いしかなかったんです」

橘「だ、だけどね?」

七咲「……何ですか?」

橘「な、何もさ?上履きじゃなくてもいいんじゃないかな?」

七咲「いいんです。先輩の匂いに間違いはありませんから」

橘「そ、そうか。間違いはないね。ははっ」

橘(そ、それでいいの!?ねぇ!?)

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 02:41:18.94 ID:t7kUxga+0
七咲「上履きに変なことをしていたのは謝ります」

七咲「……すみませんでした」

橘「い、いやね?別に嫌だったわけじゃないんだよ?」

橘「ちょっと予想外だったから驚いちゃっただけで」

七咲「……そうなんですか?」

七咲「よかった……嫌われてしまったかと……」

七咲「……安心したついでに、甘えたことを言ってもいいですか?」

橘「う、うん?何?」

七咲「私っ……」

七咲「私!もっと先輩の匂いに包まれたいです!」

橘「な、七咲!?」

七咲「……こんな私じゃ、ダメですか?」

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 02:55:05.18 ID:t7kUxga+0
七咲「好き……です……」

七咲「……自分でもどうしようもないくらいに先輩のことが」

七咲「好きなんです!」ギュッ

橘「七咲……」

七咲「す、すみません……ズルいですよね。こんなの」スッ

橘(七咲が僕の身体から離れたけど……)

橘(あんなに目を腫らして……)

七咲「ふふっ、酷い顔してますよね?私ったら」

七咲「……すみません、言い逃げになってしまいますが」

七咲「失礼します!」

ダッタタタッ……

橘「あ、ちょっと!?七咲!?」

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 18:26:45.00 ID:t7kUxga+0




橘「……だってさ」

絢辻「あわわわっ!ど、どうなってるの?」

絢辻「展開早過ぎない?ねぇ?ねぇっ!?」

橘「お、落ち着いて!」

絢辻「あ、ごめん。あたしとしたことが……」

絢辻「うん、そのね?」

絢辻「頑張れ、橘君」

橘「落ち着いた結果が、そのふわふわした答えなの!?」

絢辻「だ、だってそうとしか言えないわよ!?」

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 18:37:35.96 ID:t7kUxga+0
絢辻「上履きを愛でるくらいだから、橘君に好意があるんじゃないかなと思ってたけどね」

絢辻「普通はさ、外堀から埋めて行くじゃない?」

絢辻「誰でもそうする、あたしもそうするわ」

絢辻「そこをまさかの唐突な直球勝負だなんて……さすが体育会系」

橘(体育会系は関係ないと思うけどなぁ)

絢辻「……でさ、返事はまだなのよね?」

橘「うん。呆気に取られてたら七咲に言い逃げされちゃったしね」

絢辻「ね?ね?どうするの?」

橘「えっ?」

絢辻「いや、だからさ?何て返事するの?」


136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 18:59:34.47 ID:t7kUxga+0
絢辻「可愛い後輩にそこまでさせといて返事をしないなんて男らしくないこと、橘君はしないわよね?」

橘「うん。ちゃんと七咲に僕の気持ちを伝えようと思うよ」

絢辻「好きーだよーって?」

橘「う、うん」

絢辻「そう。橘君はやっぱり七咲さんのことが好きだったんだ?」

絢辻「それならさ?」

絢辻「……あたしとは、遊びだったのね!?」

絢辻「あんなことやこんなことも橘君の為にしたのに!……ひどい!」

橘「ひどいのは絢辻さんの大根役者っぷりだと思うな、僕としては」

絢辻「……もう少しノってくれてもいいんじゃない?」

絢辻「絢辻さん傷ついちゃったなー」

141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 19:16:23.41 ID:t7kUxga+0
絢辻「……とまぁ、冗談はここまでにして」

絢辻「返事するなら早い方がいいんじゃない?変に気まずくなる前にさ」

橘「うん。だから今日の放課後にでも七咲に会おうかと」

絢辻「そっか。頑張ってね?」

絢辻「……骨は拾ってあげるから」

橘「えぇ!?どういうことなの!?」

絢辻「万が一、ってのがあるかもしれないわよね?」

橘「そ、そんな!?嘘でしょ!?」





絢辻(他人に無関心だったあたしが、わりと楽しみながら橘君の恋愛を応援しちゃうなんて)

絢辻(詞ちゃん、ついに人間味ゲット?)

絢辻(……なんてね!)

144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 19:25:18.05 ID:t7kUxga+0




七咲「あっ……先輩」

橘「ははっ、今日も七咲を出待ちしちゃったよ」

七咲「い、一緒に……帰れますか?」

橘「うん。そのつもりで待ってたし」

七咲「そ、その……」

橘「今日も公園によっていかない?」

橘「……七咲に伝えたいことがあってさ」

七咲「は、はい!」

145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 19:28:52.20 ID:t7kUxga+0
~公園~

七咲「先輩……その、昨日は色々とすみませんでした」

橘「い、いや、謝らないで?」

七咲「で、でも!」

橘「そうそう、七咲に話したいことってのはね」

七咲「な、何ですか?」

橘「その……七咲?」

七咲「……はい」

橘(よ、よし!僕の気持ちを伝えるぞ!)

七咲「…………」

橘「あのさ?今、水着持ってる?」

七咲「……はい?」

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 19:34:34.59 ID:t7kUxga+0
橘「だから、水着は持ってるかって」

七咲「ぶ、部活帰りだから持ってますけど」

七咲「な、何ですか?私の水着をどうするつもりですか?」

橘「匂いを嗅ごうかなって」

七咲「……これって仕返しですか?」

七咲「私が気持ち悪いことをしたから、やり返そうってことですよね?」

橘「ち、違うよ!」

橘「ぼ、僕!今まさに七咲への気持ちが溢れそうでどうしようもないから!」

橘「七咲の水着の匂いを嗅いで落ちつこうと思って!」

七咲「……先輩ってやっぱりおバカさんなんですね」

橘「えっ?」

149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 19:43:12.12 ID:t7kUxga+0
七咲「私、部活帰りなんですよ?」

七咲「泳いだ後の水着からは塩素消毒の匂いしかしませんって」

橘「あっ……」

七咲「それに……私が目の前にいるのにわ何も水着の匂いで落ち着かなくても」

七咲「……いいですよ?私で落ち着いても」

橘「な、七咲!」ギュッ

七咲「あっ……」

橘「僕も七咲が好きだ!大好きだ!」

七咲「……落ち着くんじゃなかったんですか?」

橘「こ、これは!その……ね?」

七咲「もう、仕方のない先輩ですね?」

七咲「しばらくはそうしてていいんで、しっかり落ち着いて下さいね?」

おわり