1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 23:51:58.05 ID:8rPhnM5tO
一夏「うへへへ」

シャル「もう!一夏のエッチ!」

シャル「そ、そんなことしなくても一夏なら言ってくれれば」

一夏「・・・・・・違う」

引用元: 一夏「スカートめくり参上!」バサッ シャル「きゃっ」 


 

IS<インフィニット・ストラトス>10 (オーバーラップ文庫)
弓弦イズル
オーバーラップ (2015-07-23)
売り上げランキング: 29,014
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 00:10:13.43 ID:ySTUVFI0O
シャル「え?」

一夏「いや、違うな…まだその段階じゃない、というべきか」

シャル「ねぇ、一夏?」

一夏「あぁ、悪いなシャル。今のお前の反応はもう少しイベントを消化してから見たいんだ」

シャル「イベント?」

一夏「そうだ。うーん…なんて言うべきか…フランス人相手だと文化違うし、説明が難しいな」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 00:15:05.85 ID:ySTUVFI0O
一夏「うーん…」

シャル「ね、ねぇ一夏?さっきの僕の反応がいけなかったのかな?
だったらどこか指摘してくれれば直すから…」

一夏「いや、だからマズくはない!むしろ攻略後には理想的なんだ!
だが、俺は攻略前の不器用なイベントが一番好きなんだ!」

シャル(ワケガワカラナイ)

一夏「ん?あそこにいるのは…」

鈴「~♪」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 00:18:49.76 ID:ySTUVFI0O
一夏「調度いい。シャル、見ていろ。今のお前に必要なリアクションがある」

シャル「へ?うん、わかった」

一夏「おーい!鈴ー!」

鈴「ん?一夏じゃない、どうしたの?」

一夏「それー!」スカートメクリブアサ

鈴・シャル「「!!!???」」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 00:25:24.86 ID:ySTUVFI0O
シャル「ちょ、ちょっと!一夏、なにやってるの!?」

一夏「お前にやったことと同じことだが?
まぁ、いい。今から瞬きは禁止な。見て覚えるんだぞ」

シャル「えぇ…?」

鈴「な……」プルプル

一夏「な?」ワクワク

鈴「なぁにするかぁあああああ!!!!」ボディブロー

一夏「ぐぼぁああああ!!!!」アリガトウゴザイマス!ミタカシャル!

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 00:31:28.52 ID:ySTUVFI0O
鈴「もう!信じられない!サイッテー!」プンスカ

シャル「一夏、大丈夫!?」オロオロ

一夏「ふへへ…今はこの痛みすら蜜のように甘く感じられるぜ…」ヨロヨロ

シャル「で、ボクに何を教えたかったの?」

一夏「は?おい、シャル…ソレ本気で言ってるのか?ないわー」

シャル「」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 00:39:29.49 ID:ySTUVFI0O
一夏「いいか?シャル…今のは初級編だ。誰でも真似しやすいリアクション、王道パターンだな」

シャル「はぁ…」

一夏「スカートめくりからの恥じらいの余りダイレクトアタック…スカートめくられビギナーの定番だ」

シャル「あの…ボクも恥ずかしかったんだけど…」

一夏「しかし、その後で嬉しそうにしてしまったろ。甘い、減点だ」

シャル「えー…」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 00:45:09.52 ID:ySTUVFI0O
一夏「それとも何か?フランスはスカートめくりされて喜ぶ文化なのか?」

シャル「そんなのはないけど…でも、好きな人にされることだから…嬉しいというか、その…」

一夏「気持ちは嬉しいが、今はスカートめくりの話だ。まだお前はめくられビギナーだろ、分不相応な真似はするな」

シャル「ハイ、ごめんなさい…」(あれ?なんで謝ってるの?というかスルー?)

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 00:49:55.12 ID:ySTUVFI0O
一夏「まぁいい…次は…とりあえずミドルクラスを試すか」

シャル「え?ミドル!?いるの!?」

一夏「当たり前だ。入学から目をつけて育てているサラブレッドがいる」

シャル「え、誰それは…」(ドン引き)

一夏「なに、シャルもサラブレッドさ…一緒に頑張ろう!お、いたいた!おーい!」

シャル(誉められた気はするけど嬉しくない…)

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 00:52:44.76 ID:ySTUVFI0O
セシリア「あら、一夏さん!なんですの?」

シャル(え、セシリアぁ!?)

一夏「セシリア、そぉれぇー♪」ブァサ

セシリア「いやん♪こぉら、一夏さん。こんな所でオイタはダメですわよ?」オデココツン

一夏「てへへー、ゴメンよセシリアー」

シャル「」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 00:57:08.77 ID:ySTUVFI0O
セシリア「では、一夏さん、また」バイバイ

一夏「おう!」バイバイ

シャル「一夏選手、質問があります」

一夏「おう、なんだ。言ってみろ、シャル選手」

シャル「今の小芝居はなんですか?コント?」

一夏「今のか?今のは『恥ずかしながらも優しく諭すお姉さん』リアクションだ」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 00:59:58.17 ID:ySTUVFI0O
シャル「」ハァ

一夏「おい、シャルぅ!今馬鹿にしたろ!絶対に馬鹿にしたよな!!」

シャル「違うよ…好きな人のこんなシーン見せられても今だに好きな自分に愕然としたんだよ…」

一夏「ん?そうか?ありがとな
で、話をスカートめくりに戻すとだな…」

シャル(また流された…)

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 01:03:40.09 ID:ySTUVFI0O
一夏「という訳で恥じらいながらも優しく諭す大人の余裕、これこそ『美』の形なんだよ」

シャル「はぁ…」

一夏「だめか?同じユーロ圏だからシャルにも真似できるかと思ったんだが…」
シャル「ボクにはハードルが高すぎてくぐれちゃうレベルかなぁ…って、まさかラウラにも!?」

一夏「見くびってもらっちゃ困る」

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 01:07:19.54 ID:ySTUVFI0O
シャル「まさか!?」

一夏「する訳ないだろう…ラウラにそんなことしたら後のアイツのアプローチが凄くなりそうで困る…
俺にはシャルがいるのに…」

シャル「そっか…ん?今凄いこと言わなかった?」

一夏「それにラウラはズボンみたいな制服だ。スカートじゃないので論外」

シャル「おーい、一夏さーん。一つ前の台詞ワンモアプリーズ」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 01:13:06.53 ID:ySTUVFI0O
一夏「という訳で最後はハイクラスだな」

シャル「もういいよ…」グスン

一夏「今のシャルに見せるかは迷ったが、やはり後学のため見せることにした」

シャル「頼んでないけどね」

一夏「まぁ、本物の大和撫子って奴を感じるのも一興だろ」
一夏「そう…最強の大和撫子、千冬姉を…」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 01:16:33.89 ID:ySTUVFI0O
シャル「……え?」

一夏「ん?」

シャル「箒じゃないんだ?」

一夏「あぁ、まぁな」

シャル「理由は聞いてもいい?」

一夏「アイツのスペックは恐ろしく高い…黒髪ロング、おっぱい、巫女コス…それは認めよう」

シャル「ならどうして?」

一夏「アイツのリアクションには…恥じらいではなく暴力だからだ…」

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 01:20:09.54 ID:ySTUVFI0O
シャル「暴力?なら、鈴も…」

一夏「違うよ、シャル。鈴の拳には恥じらいの味があるんだ…
しかし、箒にはない。これは致命的だ…欠陥とも言える」

一夏「アイツのミニスカから覗ける太股、そしてパンツ!実に絶景だろう…」

一夏「だがしかし!アイツのリアクションはダメージだけで、至福がないんだ…!」

シャル「」

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 01:25:04.77 ID:ySTUVFI0O
一夏「なぁ、シャル…スカートめくりはパンツを見て、ハイおしまい、じゃないんだ」
一夏「パンツをみて…更にそれに恥じらいを見せる女の子の姿にときめく…」
一夏「だから、俺はめくり方に妥協はしないし、いつも全力でいく。そうでないと失礼だからな」
一夏「スカートめくりはな…
高尚なコミュニケーションツールなんだよ」

シャル(カッコイイのに凄く叩きたいよ、一夏…)

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 01:30:00.74 ID:ySTUVFI0O
一夏「おっと…無駄話がすぎたな…」

シャル「この行為自体が無駄な気がするけどね」

一夏「さて…ハイクラスに行くか…しばらくぶりだな」

シャル「ねぇ、本当にいくの?やめようよ!」

一夏「俺はこの文化を、生き様を残したい。
意地があんだよ!スケベ男子(おとこのこ)にはァ!!」

シャル「い、いちかああああああ!!!!」

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 01:34:37.37 ID:ySTUVFI0O
千冬「ん、一夏か…どうしt…ム!」キュピーン

一夏「千冬姉!そぉーr」

千冬「ふん」ガッメキャゴキュゴリゴリギィーン(※サブミッション)

シャル「一夏ぁああああああああ!!!!」



一夏「あああありがとうございまずうあああうううう!!!!!」ビクンビクン

<おわり>