1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/12(木) 18:28:01.17 ID:U1rrqAkg0
律子「ええ、そろそろシーズンですよ」

小鳥「毎年のことながら一体どこからウィルスが来るんでしょうね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1484213280

引用元: 小鳥「ヤヨインフルエンザ?」 


 

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/12(木) 18:28:38.74 ID:U1rrqAkg0
律子「感染経路は主に飛沫感染…」

やよい「くしゅん!」

P「やよい風邪か? 大丈夫か?」

やよい「むずむずしただけですよ~。それよりプロデューサーにうつしちゃったら心配かなーって」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/12(木) 18:29:14.58 ID:U1rrqAkg0
律子「または接触感染…」

P「俺のこと心配してくれるのか? やよいはかわいいなあ!!! ごほうびだ!!!」ナデナデナデ

やよい「くすぐったいですー♪」

P「チュッチュッチュッ」

やよい「う~…恥ずかしいです…」

小鳥「ねえちょっと」

P「ハイ、ターッチ!!」

やよい「いえいっ!」パチン

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/12(木) 18:29:42.45 ID:U1rrqAkg0
律子「ごく稀に空気感染…」

P「気分がいいから深呼吸だ!!」スゥゥゥゥ

やよい「はあー」

P「やよいのにおいいい!!」スゥゥゥゥゥゥゥゥ

やよい「えっ?」

P「はぁー。仕事つれえわー。はぁー」



小鳥「一体、どこから感染するっていうの……!?」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/12(木) 18:30:24.88 ID:U1rrqAkg0
数日後

P「やよやよ」

小鳥「大丈夫ですか?」

P「どうも朝から熱っぽくて…。やよやよ」

小鳥「それ咳ですか?」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/12(木) 18:31:15.42 ID:U1rrqAkg0
小鳥「まさか……えーっと、症状は」

小鳥「高熱」

P「朝3…8.41℃だったけど…、でも仕事休めないしなー」

小鳥「全身倦怠感」

P「やよいのロケについていけばよかったなー。やよいがいないなら仕事やってられんわー」

小鳥「関節痛」

P「毎日頼んでるやよいのマッサージないとつらい」ポキポキ

小鳥「食欲不振」

P「はあ~ ゼリーともやししか食う気がしない」

小鳥「大変!!! ヤヨインフルエンザじゃない!!!!」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/12(木) 18:32:06.80 ID:U1rrqAkg0
小鳥「感染力を考えればエピデミックどころかパンデミックになりかねないわ!」

P「やよいぺろぺろ」

小鳥「ああっ! 早くも朦朧とし始めた! いつも通りだけど」

P「やよぺろやよぺろ」

小鳥「私もぺろぺろしてください!!!」

P「No thank you」

小鳥「ですよね!!!!! これお薬です」

P「これは……」

小鳥「マミフルです」

P「マミフル」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/12(木) 18:32:38.28 ID:U1rrqAkg0
P「…」ゴクッ

P「ほわああ…」

P「真美ぃ………」

P「あっ…ダメだ真美…スカートをめくっちゃ」

P「うわああ…そんなせくちーなパンツを……」ドキドキ

小鳥「うらやまけしからんピヨ!!」

律子「話は聞きました!」

小鳥「律子さん!!」

律子「マミフルは幻覚を見せるんです!!」

律子「これを吸わせてください!!」

小鳥「これは……」

律子「イオビルです」

小鳥「イオビル」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/12(木) 18:33:07.62 ID:U1rrqAkg0
P「まみぺろまみぺろ」

小鳥「プロデューサーさん!これを吸ってください!!」

P「ああ…真美のおぱんちゅのニオイ…」スゥゥゥゥ

P「……」

P「いおりん……」

P「ああ、だめだよ…かわいいあんよで…そんなとこ」

P「ああっ!! いおりん!! いおりいいいん!!」

小鳥「太ももには自信あります!!!!」

P「No thank you」

小鳥「はい」

P「ああっ…いおりんっ……いおりんいおりんいおりん……っっ!!!

P「うぐっ!!!!!!!」ドクン

P「……」

P「はっ、ここはどこ…俺は…」

小鳥「まさか記憶が!?」

律子「寛解するまでは仕事休ませてあげましょう」

P「イヤッッフゥゥゥウウゥゥゥゥゥゥウゥ!!!!!」

小鳥「元に戻りました」

律子「さ、仕事しますよ」

P「やよいがいないよーやだよー」ズルズル

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/12(木) 18:33:34.77 ID:U1rrqAkg0
数日後

小鳥「プロデューサーさんも無事に回復しましたね」

律子「ええ、でもまた違うウィルスが流行り始めたみたいですよ」

P「はぁ…はぁ…」

小鳥「プロデューサーさん、お腹の調子悪いんですか?」

P「ノン! この私が腹など壊すか! 吐き気もせん!」ギュルルルル

P「おふうぅぅぅぅん」

P「……少々トイレで今後の計画を練ってくるぞ。アデュー!」

律子「クロウィルスが流行ねえ…」

小鳥「次亜美塩素酸ナトリウムを用意しておきましょう」