1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 18:10:10.09 ID:souCZuv+O
俺母「あなたもいよいよ三年生ね、新しい環境だけれども、気合いいれて行きなさいよ!」

俺父「いよいよ受験生だな、でも進路とかそんな事より父さんは、お前が今まで健康に育ってきてくれて、これからも健康で元気でいてくれるだけでいいんだぞ」

俺「父さん…照れるな…じゃあ、始業式行ってきます!」

引用元: 梓「私が本当の中野梓ではないと言ったら皆さん…どうしますか…?」 



 

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 18:12:07.77 ID:souCZuv+O
俺(俺の名前は俺、普通の公立校に通う普通の男子高校生だったが。訳あって新しい高校に転校する事になった。)

俺母「鍵忘れてるわよ?もう、しっかりなさい」

俺「へへ…こりゃうっかり…じゃあ行ってきます!」

俺両親「行ってらっしゃい!」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 18:13:33.12 ID:souCZuv+O
俺(こんな感じで両親にも恵まれ、幸せに暮らしてきた。)

俺(始めての道だな…学校は…こっちか…)

俺(この信号を渡って…あれ…あの少女…信号赤なのに…)

俺(え…右からトラック!?危ない!)


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 18:14:55.23 ID:souCZuv+O
俺「おい!少女!危ないぞっ」ダッ

少女「え?!」ビクッ

俺(ああ…俺…死んだな……あの少女だけは…)

トラック「どーーーーーーーーーーーーーーーーーんwwwwwwwwwwwwwwwww」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 18:16:09.32 ID:souCZuv+O
俺(ここは……)

?「さ……ずさ……」

俺(誰か…名前を呼んでる…)

俺(そうか…俺は事故にあって…)


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 18:18:19.04 ID:souCZuv+O
俺(…ずさ?)

?「あずさ!梓!梓!」

俺(…誰だこの人……)

俺「だ…れ…」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 18:19:29.63 ID:souCZuv+O
梓母「良かった!気がついたのね…あなたの母よ…」ダキッ

俺「……母さん…じゃない…?」

医者「ショックによる記憶障害ですね…まあ、脳に異常は無いので大丈夫ですよ、思い出す筈です」

俺「は…?」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 18:20:35.72 ID:souCZuv+O
梓母「良かったわ…あなたが生きてて良かった…」ポロポロ

俺(見た事ない人だ…いや…俺が助けたあの少女に似てる…あの少女の顔は今でもハッキリ覚えてる…事故の事は鮮明に…)

俺(痛…頭痛がする…指動かせるかな…あれ…指こんなに小さかったっけ…まあいいや…尿意が…)

俺「ごめんなさい…トイレ行かしてくれますか?」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 18:21:49.33 ID:souCZuv+O
梓母「あっごめんね…」

俺(何でこの人は俺に泣いてるんだろう…それに梓って誰だ?まあいいや、トイレにいこう…)

男子トイレ

俺(ふぅ…)スカッ


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 18:22:59.83 ID:souCZuv+O
俺(…?)スカッ

俺(あれ…?)スカッ

俺「ちんこが…無い…」スカッ

俺(まさか…鏡…鏡は…)


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 18:24:31.42 ID:souCZuv+O
梓(俺)「うわぁ!!!!」

梓「幽霊かと思った…って…少女!?」

梓「俺…あの少女になってる…?」

梓「そうか…あの人の呼んでる名前…梓って俺の事だったのか…………」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 18:25:27.34 ID:souCZuv+O
梓(でも何でだろう…俺の本の身体は?ってか俺は?この梓って少女の魂は?そもそも理論的にあり得るのか…?)

梓(考えても仕方無い…取り敢えず、無駄な混乱を避けるために梓になりきらなければ…)

病室

梓母「遅かったけど大丈夫だった?」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 18:27:07.69 ID:souCZuv+O
梓「うん、大丈夫だよ母さ…お母さん」

医者「大事に至る怪我も、あの青年のお陰で無かったし、もう退院しても大丈夫でしょう」

梓(大丈夫じゃねーよ…って、あの青年って…俺か…?)


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 18:28:45.64 ID:souCZuv+O
梓「あの青年ってもしかして…」

梓母「あなたが轢かれる寸前、あなたを助けた命の恩人よ…」

梓「その人は…」

医者「内臓破裂、肋骨複雑骨折、即死でした…」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 18:29:50.17 ID:souCZuv+O
梓母「…取り敢えず、今はあなたの回復が優先よ…帰って休みましょ…」

梓(俺はこの少女を果たして助ける事が出来たのか…魂をのっとって…でも…もう俺は…死んだのか……父さん…母さん…)ポロッ

梓母「梓っ…」ダキッ

梓(いつの間にか、俺は複雑な心境に泣いていた…この梓母の温もりは…母さんの温もりと同じだった…)

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 18:31:23.14 ID:souCZuv+O
梓の家

梓(ふぅ…やる事がいっぱいだ…どうやら一番の良策は梓になりきる事らしい…無駄な混乱を招く。落ち着いて、様子を見よう。しかし、俺は俺だ。この梓なんていう赤の他人の、しかも女の事なんて微塵も分からない…日記かメールを見れば少しは分かるかも…)

梓(携帯電話が見つかった。かなりの情報源だ。しかし人の携帯なんて見ても…いや、今俺は中野梓だ、なりきらなければいけない…人の携帯じゃない、自分のだから大丈夫ということにしておこう…しかし心が痛む…)

梓「一人称も、私に言い換えないとね…」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 18:32:12.89 ID:souCZuv+O
数時間後

梓(なる程、把握した…どうやら軽音楽という部活主体に女子校でワイワイしてるようだ…主要人物はさわ子、憂、純、唯、紬、澪、律、の七人か、後者4人は先輩か、大体性格も把握した)

梓母「ご飯できたわよ~食べれる?」

梓「はーい!」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 18:33:12.40 ID:souCZuv+O
梓(両親は共働きで音楽関係の仕事か、うちと同じだな…いやしかし…中学時代にギターとかトランペットとかやってて良かった…不幸中の幸いだ…)

梓「ご馳走様でした、お父さんは?」

梓母「パパならいま出張中よ…あなたのこと滅茶苦茶心配してたんだから…」

梓「そっか…」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 18:33:55.57 ID:souCZuv+O
梓母「もうお風呂入って今日は寝なさい…明日学校大丈夫?」

梓「大丈夫だよ…え…風呂…?」

梓母「もう沸かしてるわよ?どうしたの?」

梓「いや…何も…」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 18:35:34.69 ID:souCZuv+O
風呂場

梓(女の裸や下着ってこんなもんか…なんか興奮するとか思ったけども全然だったな…やっぱりもう本当に女になってしまったのか…)ヌギヌギ

梓「熱っ」ザー

梓「熱いって感じる…ご飯も美味しいって感じれた…」

梓「生きてる…」ポロッ

梓「俺…まだ生きてるんだ…」ポロポロ


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 18:36:24.63 ID:souCZuv+O
次の日

目覚まし「ジリジリジリジリジリジリジリジリ」

梓「もううるさいなあ…」

梓(そうか、学校か…ちゃんと昨日の内に用意しておいて良かった…)


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 18:37:02.55 ID:souCZuv+O
梓(おや、置き手紙が…なになに?母は仕事に行きます、鍵とご飯は置いときます、無理しないでね…か…)

梓「ご馳走様!(良い母さんだな…さて、ムスタング(楽器)も持ったし、課題もちゃんと荷物に入れた…行くか…)」

梓「家に誰もいないけど、行ってきます!」

梓(ヤバい…学校何処か調べるの忘れた…)


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 18:37:49.51 ID:souCZuv+O
梓(ってか、ここ何処だ…?)

梓(あ、同じ制服の人に付いて行けば大丈夫か…)

梓(そういえば、母さん、昨日は始業式って言ってたな…俺の学校より遅いのか…)

律「おーい梓ー!」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 18:38:21.59 ID:souCZuv+O
梓「ん?」

律「梓ー!久しぶり!元気だった?」

梓(どうやらこの明るさは…メールで明るかった唯先輩だな…)

梓「まあ少し色々ありましたけど…元気です!」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 18:39:50.73 ID:souCZuv+O
律「それは良かった、もう少しで多分澪も追いつくからゆっくり行こうぜ!」

梓「はい!」

数分後

澪「ふぅ…追い付いた…」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 18:40:49.04 ID:souCZuv+O
梓「あ、澪先輩おはようございます!」

澪「おお、おはよう梓と合流してたのか、久しぶりだな!」

律「久しぶりだな澪」

澪「お前とは昨日合ったばかりだろ!」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 18:41:42.69 ID:souCZuv+O
律「てへっ☆」

梓(こいつら漫才師かよ…)

梓(この黒髪は澪先輩か…こんな感じならバレそうにないな…そもそもバレる訳無いか)

律「あ、あれムギじゃね…?」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 18:42:20.10 ID:souCZuv+O
梓「あの金髪か…」ボソッ

澪「梓…どうした…?」

梓「あっいや、何でも無いです!!(やべー…それでも気をつけないとボロが出る…)」

澪「気のせいか…」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 18:43:25.97 ID:souCZuv+O
紬「あ、みんな!あれ?唯ちゃんは…?」

梓(これはボケなのか?突っ込んだ方が良いのか…?)

澪「唯は先に行ってるってメール来たぞ」

梓「何言ってるんですか、唯先輩いるじゃないですか!」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 18:45:02.88 ID:souCZuv+O
紬律澪「え?」

梓「え…(しまった…このカチューシャしてる奴唯先輩じゃなかったのか…じゃあ残りの律先輩か…)」

梓「なーんて冗談言ってみたりして…」

律「梓…変わったな…」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 18:48:28.21 ID:souCZuv+O
紬「あれ…ここに花束があるわ…」

律「そういえばこのあたり、一昨日人身事故があったらしいぜ…怖いよなぁ…ん…梓?」

梓「…」

澪「梓?どうかしたのか…?」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 18:50:55.62 ID:souCZuv+O
梓「すいません…後で詳しく話します…」ダッ

澪「おいっ、梓!」

紬「梓ちゃん大丈夫かしら…」

律「梓っ…朝練しようと思ったけど……それどころじゃない様子だったな…」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 18:54:04.16 ID:souCZuv+O
梓(人前で泣き出しそうになって思わず逃げてしまった…)

梓(でも走ってる時聞こえたあの音は何だったんだろう…)

憂「梓ちゃーん!」

純「梓?久しぶりー」

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 18:56:09.78 ID:souCZuv+O
梓「あっ純にう…憂…?」

憂「どうしたの?」

梓「いやっ何でもないよ…」

純「春休みどうだった~?」

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 18:58:34.52 ID:souCZuv+O
何だかんだで放課後

梓(ふう、やっぱりメールを把握しとくのは正解だった。意外にすんなりと馴染めたな…)

梓(で…部室だよな部室…部室何処だ…?)

唯「あっあずにゃ~ん!」ダキッ

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 19:02:23.00 ID:souCZuv+O
梓「おふぅ…キツい…(男だったら最高なんだろな…)」

律「おっ梓!私たちも今から部室行くところだったんだ。唯の奴梓が真っ先に会ってくれなかったって落ち込んでたぜ?」
梓「す…すいません(恋人かよ…)」

唯「あずにゃんぶん補給~♪」

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 19:05:17.59 ID:souCZuv+O
澪「今日は珍しく嫌がらないな?」

律「満更でもないのか?」

梓(え…いつも嫌がってたのか…?嫌がんないと駄目なのか?)

唯「もうみんな!変なこと言わないでよ!」

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 19:08:25.39 ID:souCZuv+O
部室

唯「でクラスがみんな同じにさわちゃんがしてくれたんだよ~」

梓「へー(さわちゃん?さわ子先生の事か…)」
律「で、朝一体どうしたんだ?」

紬「あ…りっちゃん…」

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 19:13:45.88 ID:souCZuv+O
律「あっスマン、ちょっと気を遣わなかったな…聞かなかった事にしてくれ…」

梓「あっ全然いいですよ…話します。(良い先輩方だな…)」

梓「実はですね…」

梓(俺は出来る限り梓目線で、本当の事実をうまく隠して言った。本当の事実を知ったら…彼女達はどうなってしまうのだろうか…胸が痛んだ…)

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 19:17:36.35 ID:souCZuv+O
梓「まあでも、お…私は大丈夫です、身体は元気ですから…」

律「そうだな…その男は可哀想だけれど、でもそのお陰で梓が生きてるんだ、私達は本当に感謝しなきゃな…」

唯「そうだ、今から花束買ってみんなでお参りしにいこうよ!」

梓(本当は俺じゃなくて…梓という少女に…)

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 19:22:19.33 ID:souCZuv+O
交差点

梓「………」ポロッ

澪「梓、泣かないで、笑顔の方が、きっと男も喜ぶ、助けたかいがあったと思うよ…」イイコイイコ

梓(違うんだ…違うんだよ…でも…みんなを…悲しませたく…ない…)

律「今日は…これで解散だな…明日からは、新歓ライブの練習しないとな…」

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 19:27:08.31 ID:souCZuv+O
家に帰宅

梓(あの後、みんなから励ましと元気を貰った…)

梓(どうやら先輩達からの情報が行ったらしく、純や憂からも励ましのメールを貰ったしかし、ここで一つの大きな疑問…)

俺 は 生 き て て 良 か っ た の か ?

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 19:30:22.66 ID:souCZuv+O
次の日放課後

梓(俺って環境適応能力早いな…もう馴れたぜ…)

憂「じゃあ二人とも部活頑張ってね!」

梓純「うん!」

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 19:32:57.52 ID:souCZuv+O
部室

梓「こんにちは!(みんな揃ってる…あの人は…さわ子先生か…たしかコスプレ好きの…)」

唯「あーずにゃん」ダキッ
梓「もう先輩いきなりやめてくださいよ!」

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 19:35:34.01 ID:souCZuv+O
梓「もう先輩やめてくださいよ!(こんな感じかな?)」

律「おっいつもの梓だな!」

澪「さ、みんな揃った所だし!」

梓「セッションですか!?(譜読みもバッチリだぜ!)」

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 19:37:46.06 ID:souCZuv+O
律「お茶にするか!ムギ!」

紬「はーい♪」

さわ子「賛成!賛成!」
澪「おい…ま、いっか」

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 19:40:04.44 ID:souCZuv+O
梓「そうですか…(ダメダメな部活だったのか…お菓子は確かに凄く旨い…)」

数時間後

律「ふぅ、そろそろ練習するか…」

唯「よしきた!」

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 19:42:02.27 ID:souCZuv+O
律「じゃあさわ子先生評価お願いしま~す!」

さわ子「いいわよ!」

ジャーン♪

演奏終了

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 19:46:26.59 ID:souCZuv+O
唯「あずにゃんどうしたの?」

さわ子(唯ちゃん鋭いわね…)

梓「あれ…なんか少し鈍っちゃってますね…(おっかしーな…完璧に弾いたのに合わない…やはりまだバンドの雰囲気に合わないのか…)」

さわ子「久しぶりだからよ…きっとバンドの音楽性を少し忘れてるんだわ…」

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 19:48:26.53 ID:souCZuv+O
さらに数時間後

律「結構まとまってきたんじゃね?」

澪「律は少し走りすぎだ!」

紬「でも、最初より断然上手くなってる!」

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 19:51:57.09 ID:souCZuv+O
律「ふう、今日の練習はこのぐらいにしよう…」

澪「そうだな…でもみんな前より上手くなってるじゃないか!」

梓(ダメダメな部活かと思ったけど、みんなちゃんと家とかで練習してるんだな…)

さわ子「ちょうど、もうそろそろ下校時間よ!」

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 19:53:27.03 ID:souCZuv+O
梓「あ、すいません」

律「どうした?」

梓「明日部活休ませて下さい…」

澪「珍しいな、どうしたんだ?」

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 19:55:46.68 ID:souCZuv+O
梓「実は…私を助けた男の人のお葬式が…」

律「…わかった」

唯「私達も…!」

さわ子「駄目よ、あなた達は直接的に関係ないもの…お葬式はそういうものよ…」

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 19:59:30.70 ID:souCZuv+O
次の日

梓(この交差点を渡る時はいつも緊張するな…)
梓(っ…頭痛と…変な音…この交差点を一人で通るといつもだ…)

梓(多分精神的なものだろうけど…一応病院に行ってみるか…)

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 20:03:06.23 ID:souCZuv+O
葬式会場

梓(俺が俺を悔やむってのも…なんかな…あ…あれは…)

梓父「本当にすいませんでした…」

梓母「私の娘がお陰で…」

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 20:07:11.48 ID:souCZuv+O
俺母「いえいえ、それより、息子の助けた娘さんは、元気でいらっしゃいますか?」

梓母「梓…来なさい…」
梓「初めまして…(母さん…父さん……)」

俺父「元気そうだ、お礼はそれだけで十分ですよ…」ナデナデ

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 20:11:46.71 ID:souCZuv+O
梓(俺は事実を言えなかった…今は事実を言ってはなんとなくいけない気がした…)

俺父「息子の為にわざわざ来て頂いて、本当にありがとう御座いました」
梓父「とんでもない………」

梓母「梓…あなた…本当に良かったわね…」

梓(事実を言ってはいけないような気がした…)

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 20:16:31.43 ID:souCZuv+O
帰宅…

梓「ふぅ…(何故かもの凄く疲れた)」

梓(何より精神的苦痛がかなり大きい…また頭痛…変な音はないが…近々病院行こう)

梓(父さん、母さん、必ずまた会いに行くから…)

121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 21:27:44.00 ID:souCZuv+O
新歓ライブ

律「いよいよ新歓ライブだな、梓の後輩じゃんじゃん入れるぞっ!」

唯「その意気込みだよりっちゃん!」フンス

紬「梓ちゃんと、この部活の為にも頑張りましょう!」

123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 21:30:34.11 ID:souCZuv+O
梓「澪先輩大丈夫ですか…?(この人こんな臆病だったんだ…)」

澪「コワクナイコワクナイコワクナイ…」

律「…澪、深呼吸!」

澪「すーっはーっ…少し落ち着いた、ありがとう、律」

125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 21:34:10.75 ID:souCZuv+O
梓(なんだかんだで、本当に良い部活だな…あれ…また頭痛…しかも変な音……いや…声…?)

律「梓!いくぞっ!」

梓「あっはいっ!(治った…本当にちょっと病院行こう…)」

唯「あずにゃん、頑張ろうねっ!」

126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 21:38:00.69 ID:souCZuv+O
アナウンサー「次は放課後ティータイム、新歓ライブです」

唯「えー私達は…(ry」
唯「それでは一曲目、私の恋はホッチキス!」

律「1、2、3、4!」ジャーン…………

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 21:40:50.84 ID:souCZuv+O
唯「ふぅ…終わった…」

梓「もう駄目だぁ…」

律「梓…珍しいな…」ボソッ

紬「澪ちゃん!ビラ配りにいきましょ!」フンス

澪「あ…うん!」

135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 21:45:48.51 ID:souCZuv+O
数時間後

唯「来ないねー…」

律「しかし梓、ライブん時かなりアピールしてたのにな!」

梓「あ…はい(やっぱりライブは目立ってナンボでしょう…いや、少し自分が目立ちたかっただけなんだけどね…)」

136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 21:49:37.45 ID:souCZuv+O
唯「……」

唯「私…このままでもいいかな…後輩が入ってこなくても、私達はこのままでいいんだよ…」

紬「唯ちゃん…」

梓「…そうですね…私もこのままでも良いと思ってました…」

137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 21:53:37.60 ID:souCZuv+O
澪「梓…」

唯「私達はいつでもどこでも、放課後ティータイムのままだよ!」

律「ちょっと意味わかんないけど、そうだな!」
梓「…はいっ(多分…俺じゃなくて梓でも、俺と同じ事を思うんだろうな…)」

139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 21:55:58.31 ID:souCZuv+O
唯「じゃあ今日は帰ろー!」

律「あ、ちょっとみんな、先帰ってて、梓に話がある」

梓「へっ!?あ、はい…」ビクッ

紬唯澪「じゃあお先にー」

143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 21:59:46.33 ID:souCZuv+O
律「梓…何かあったら私に言えよ…?」

梓「え…でも後輩が居なくてもこのままで…」

律「いや、違うんだ…いや、いいよ、うん、兎に角、何かあったら私に相談しろ、一人で悩むな!」

梓「はい…(気付いてるのか…いや、有り得ない…自分なりに完璧に演じてる筈…でも…)」

145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 22:03:41.15 ID:souCZuv+O
梓「あの…もしかして…(イチかバチか、怪しまれるかもしれないけれど…)」

律「どうした…?」

梓「私らしくないとか思ってるんですか?(これで肯定したら策をねなければ…)」

律「……そんな事ないよ、梓は梓だよ…じゃあ、帰ろう」

146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 22:06:38.00 ID:souCZuv+O
梓(今の反応…取り敢えず、安心していいのかな…)

澪「何の話してたんだ?」

律「他愛もない世間話だよ」

唯「ずるーい!あずにゃんと秘密ごとー?」

紬「まあまあまあまあ…」

149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 22:11:08.24 ID:souCZuv+O
帰宅

梓(なんでこんなに頑なに秘密にしてるんだろう…)

梓(はっ?危ない危ない、もしバラしてみてでもしろ…それこそ、部活も家族も崩壊だぞ…例え律先輩だけにも話す事さえ危険だ…)

梓(でも…いつか言わなきゃ父さんと母さんと梓が報われない…みんなを騙してる…俺の心が保たない…)

151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 22:15:03.77 ID:souCZuv+O
病院

医者「異常はありませんね、全て正常ですよ、安心して下さい。一応頭痛薬をだしときますので、頭痛の時は服用して下さい」

梓母「良かったわ…」

梓(はぁ…やっぱりこの医者はアテにならないなぁ…頭痛薬なんかで治ったら最初からしてるよ…)

154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 22:22:39.74 ID:souCZuv+O
夏休み

梓(あれから特に普通に暮らしてきた…特に疑われる事もなく、変わった事といえば、たまに父さんと母さんが中野家に遊びに来るようになった事、俺に弟が出来そうな事だ)

梓(つまり俺の本物の母さんが妊娠したという事だ。勿論、嬉しい。俺の父さんも母さんも少し以前より明るいなった気がする)

梓(だが、俺の父さん、母さんへの態度はあくまでも中野家の娘として接している。頭痛も収まらないが、酷くなる事もないので特に気にしていなかった)

156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 22:26:54.46 ID:souCZuv+O
部室

梓「もーせっかくクーラー手に入れたのに唯先輩がクーラー駄目なんじゃ意味無いじゃないですか…」グダー

唯「あずにゃんこわいよー」

律「扇風機も壊れて駄目だぞー」ア゛ー


紬「みんなー氷水持ってきたよー♪」フンス

157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 22:29:46.19 ID:souCZuv+O
澪「圧縮をします!」

一同「!?」

澪「合宿をします!」

律「賛成!ムギ宿の手配は?」

紬「出来てます!」

梓「早っ!?」

159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 22:33:48.78 ID:souCZuv+O
さわ子「今年は私もちゃんと行くわ!」

澪「去年みたいに驚かさないで下さいね!」

梓(ヤバい…去年の事なんて分かんねーよ…いや今までも乗り切れたし、大丈夫か…?取り敢えずノッとくか…)

梓「そうですよ、全く!」

162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 22:36:28.03 ID:souCZuv+O
唯「たーのしみだなー」

律「みんなで水着買いにいこうぜ!」

澪「遊びに行くんじゃなーい!」

澪「文化祭に向けての強化合宿だ!」

165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 22:45:18.33 ID:souCZuv+O
合宿当日

梓「でかっ…」

唯「でかい…」

澪「コレよりまだ大きいのがあるのか…」

167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 22:49:34.76 ID:souCZuv+O
紬「ごめんなさい、これ以上大きい別荘はないの…」

律「ニヤリ…やーい澪の知ったか知ったか!」ベー

澪「うるさい!」ゴチン

律「あイタッ」

168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 22:52:47.98 ID:souCZuv+O
唯「澪ちゃんもはしゃぎたいんでしょー!」

澪「う…うん…」

梓「所で律先輩、さわ子先生は…?」

律「あ、集合場所教えるの忘れた…」

唯澪律紬梓「…。」

170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 22:55:48.37 ID:souCZuv+O
梓「はやく、遊びましょう!」

律「……」

律「そうだな!」

唯「遊ぶぞーっ!」

紬「おーっ!」

171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 22:58:39.10 ID:souCZuv+O
梓(めちゃくちゃ遊んだ、こんなに楽しいのは死んでから始めてだ…)

梓(いつまでもこんな楽しい日が続けばいいのに…)

梓(いつまでも…)

梓(梓…)ズキ…

172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 23:02:52.10 ID:souCZuv+O
唯「あ…あずにゃん大丈夫…?」

梓「だ…大丈夫です…ちょっとハシャぎ過ぎましたね…(こいつの身体日焼け体質だったのか…つい癖で日焼け止め塗り忘れてたが…これはキツい…)」

澪「もうそろそろ、練習しようか…」

紬「うん!そうしましょ!」

174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 23:12:53.98 ID:souCZuv+O
ジャーン

澪「良い感じだな…」

律「本当に、最後の合宿なんだな…」

唯「明日もこの調子で頑張るよー!」

紬「温泉あるわよ~!」
澪律唯「わーい!」

梓「え…?」

176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 23:18:23.03 ID:souCZuv+O
温泉

梓(やっぱり全然興奮しないわ…でも女子高生ってこんなもんなんだ…)
唯「あずにゃん湯船に浸からないの?あ、日焼けか…」

紬「たしかぬるま湯からゆっくり慣らしていけば良いみたい!」

律「梓、この柔らかいタワシ使え!」ポイッ

澪「タワシは柔らかくても痛いだろ!」

177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 23:20:47.06 ID:souCZuv+O
なんだかんだで楽しい時はあっという間に過ぎて…合宿最後の日

梓(…もう…耐えられない)

梓(この先輩達を騙したくない…)

梓「みなさん…聴いて下さい…」

179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 23:22:33.15 ID:souCZuv+O
澪「どうした?そんな真剣な顔をして…」

唯「あずにゃん…?」

紬「?」

律「梓……」

182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 23:25:02.70 ID:souCZuv+O







梓(私が本当の中野梓でないとしたら…どうしますか?)









185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 23:33:32.75 ID:souCZuv+O
梓(言え…言うんだ…)




梓「私が本当の中野梓でな…(何だこの頭痛は
頭が…割れる…)」バタッ




ピーポーピーポーピーポー………

193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 23:59:23.31 ID:souCZuv+O
俺(俺は気付いた…
最初から俺なんて居ない事に…
俺はもう死んだ時から存在しない
存在出来ない
ただ、地縛霊なら存在できた未練を残した…
俺の未練…
それは…少女の安否だ…俺は気付いた…
あの頭痛、声が少女だということを気付いてしまった
その瞬間、呪いはとけた俺は成仏してしまったのだ…
少女、梓の人格俺の呪いからとけたから元に戻るだろう…
誰にも…別れを告げずに…
言いたかったな…さよならを…みんな…)


bad end