2: ◆Hnf2jpSB.k 2017/02/25(土) 20:39:27.29 ID:82PlN37Do

私はなんてバカなんだろうと。
最近よくそう思う。

別にアイドルになりたかったわけではない。
それなのに、歌が歌えるなら何でもいいと飛び込んだ。
飛び込んだ先がどういう世界か。
そんなことは何も知らなかったのに。

私はさぞ扱い辛かったことだろう。
振り返った時に自分でそう思うのだから、間違いないと思う。
今はそうではないのかと問われると、即答できかねるのだけれど。

でも、以前よりはマシになっているはず。
きっと、多分。
……そうだといいなぁ。

引用元: 【アイマス】心に従う勇気を 


 

THE IDOLM@STER (6) 特装版 (REXコミックス)
まな 高橋龍也 BNEI/PROJECT iM@S
一迅社 (2016-12-27)
売り上げランキング: 8,477
3: ◆Hnf2jpSB.k 2017/02/25(土) 20:40:40.52 ID:82PlN37Do

「千早、どっちの仕事がいい?」

呆けていると、いつの間にか目の前にプロデューサーがいた。
その手にあるのはテレビの企画書らしい紙束。

一つは正統派の歌番組。
もう一つはバラエティ寄りの旅番組。

「………歌番組の方で」

「分かった。こっちの企画で先方と話を進めてみるよ」

千早ならこっちを選ぶと思ってた。
小さく笑ったその顔がそう言っていた。
確かにそうなのだけれど、そうではないのに。

4: ◆Hnf2jpSB.k 2017/02/25(土) 20:41:17.76 ID:82PlN37Do

以前の私なら、歌以外には目もくれなかっただろう。
でも今は違う。

色んな経験を通じて、如月千早という人間を大きくしていくこと。
それこそが、私の歌をより多くの人たちに響かせるために必要なことなのだと。
そう教えてもらったから。

それなのに、私は無難な選択をしてしまった。
新しいことへの挑戦をためらってしまった。

なぜ?
最高の結果で応えて、プロデューサーに喜んでもらいたいから。
歌番組でなら、それができると思ったから。

5: ◆Hnf2jpSB.k 2017/02/25(土) 20:42:08.20 ID:82PlN37Do

ううん、違うわね。
そんなのはただの言い訳。

たとえ新しいことに挑戦して、失敗してしまったとしても。
プロデューサーは決して笑わない。
挑戦そのものを肯定して受け入れてくれる。
その結果を次につなげるために、全力で取り組んでくれる。

6: ◆Hnf2jpSB.k 2017/02/25(土) 20:42:43.40 ID:82PlN37Do

そんな人だったから、私をここまで変えることが出来たんだと思う。
世間知らずで、意固地で。
そんな私と辛抱強く付き合ってくれた。

私を否定するわけではなく。
私を矯正するわけではなく。

ただ、私が見えていなかったものを教えてくれた。
私の可能性を信じてくれた。

そんな人だったから私は……

7: ◆Hnf2jpSB.k 2017/02/25(土) 20:43:17.92 ID:82PlN37Do

でも、だからこそ、なのだろうか。
私はあの人に格好悪いところを見せたくなかった。
いつでも胸を張って自慢してもらえるような、そんなアイドルでいたかった。

軽い打ち合わせを終え、立ち上がったプロデューサーの背中を目で追う。
事務所の扉が閉まる音に、ため息が重なる。

私はなんてバカなんだろう。

見栄を張る必要なんてないのに。
プロデューサーは、どんな私でも肯定してくれるのに。

8: ◆Hnf2jpSB.k 2017/02/25(土) 20:44:09.30 ID:82PlN37Do

***************************


「お疲れ、千早」

「プロデューサー……」

件の歌番組の収録を終え、楽屋に戻るとプロデューサーが待っていた。
見慣れたその笑顔が私を安心させてくれる。
私はちゃんとやれたんだと、そう教えてくれる。

同時に、少しばかりの後ろめたさが忍び寄ってきた。
挑戦の大切さを教えてくれたこの人の期待に、私は応えられなかったのだから。

「そんな顔するなよ」

私の曇った表情を見て、そんな言葉をかけてくれる。
疲れから来るものではないということも、きっと分かっているんだろうな。

9: ◆Hnf2jpSB.k 2017/02/25(土) 20:44:46.64 ID:82PlN37Do

「今日の千早は、今までで一番良かったぞ?」

でもきっと、肝心なところは気付いていない。
なんで私が歌番組を選んだのか。
なんで私がいいところを見せたいと思ったのか。

ただ私が挑戦に尻込みしてしまっただけ。
そして、そんな自分を責めているのだと。

おそらくプロデューサーは、そんな風に思っているんだろう。

10: ◆Hnf2jpSB.k 2017/02/25(土) 20:45:42.43 ID:82PlN37Do

「これも、今までの積み重ねがあったからだ」

それがないとは言わないけれど。
でも私は気付いてしまっている。
もっと大きな理由があることに。

決して口に出せないこの想い。
眠れない夜に私の胸の中で暴れるこの想い。

分かって欲しい。
気付いて欲しい。
きっと、私の顔にかいてあるから。

11: ◆Hnf2jpSB.k 2017/02/25(土) 20:47:04.51 ID:82PlN37Do

「だから、慌てる必要なんてないんだ」

でも、それではダメなんだ。
何かを変えたいなら、自分で一歩を踏み出さないと。

何が待っているのかは分からない。
今まではそれが怖かった。

けれどもう。
ジリジリと胸を焦がすこの想いをこのままにしておくのは。

12: ◆Hnf2jpSB.k 2017/02/25(土) 20:47:54.94 ID:82PlN37Do

「プロデューサー……」

「ん? どうした?」

言えずに後悔していたこと。
言ったら後悔してしまうかもしれないこと。

その一言は、今まで私が知らなかった世界に通じている。
結果がどうあれ、私とプロデューサーの何かが変わるのは間違いない。

怖い。

でも。

なら。

「私、プロデューサーが――」

衝き動かす心のままに。



<了>